女子大学生です。中学2年生の家庭教師をしています。

今日指導に行ってきたのですが、「この文で動詞はどれ?」と言ったら「動詞って何?」と言われてしまい、うまく説明できませんでした。自分が習ったときは、割とすんなり飲み込めたせいだと思うんですが。
また「Many people live in Tokyo」のような文で「Many peopleが主語だよね」と言ったら、「えっ、主語って単語のことだと思ってた」と言われました。

成績は中の下くらいのコです。he-his-himの変化を今でも覚えられていません(I、you、sheは覚えているのですが)。

主語、動詞などについて、中学生にも分かりやすいような説明を教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まずは単語を覚えてもらいましょう。

今の中学生は、「覚える」という努力をさせられていません。格変化が覚えられていないのも、努力をしていないからです。今のたいていの公立学校は、「単語は、そのうちに覚えてね~」って感じです。

で、主語、動詞についてですが、まず、動詞とは何か。日本語にして語尾を延ばしたときに「ウ」となるもの、です。「走るぅ」「住むぅ」「起きるぅ」「働くぅ」などなど。
なので、Manyの意味は?「たくさんの」。peopleの意味は?「人々」。liveの意味は?「住む」。inの意味は?「どこそこに」。Tokyoの意味は?「東京」。と一つずつ答えて貰って、「語尾を延ばしてウになるものはどれかな?」と確認しましょう。「たくさんのぉ」「ひとびとぉ」「住むぅ」あ、ウになった!って感じですよね。
そして、主語とは。動詞の前にある名詞の単語のかたまり。です。名詞とは?物の名前です。これでいいと思います。
中学生に、小難しい文法用語はいりません。これで、話が通じると思いますよ。

頑張ってくださいね。
    • good
    • 62
この回答へのお礼

>伸ばして「ウ」となるもの
あっ、確かにそれ習いましたね!

>主語は名詞の固まり
>名詞はものの名前
そうか…。
そうですよね、難しいことはいりませんよね。

格変化も、最初はI、youも全然把握してませんでした。
数字の1から10も、練習して覚えさせました。
個人の資質の問題かと思ってたんですけど、公立中の問題ということもあるんですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/24 23:41

kizakurakarenさん、今晩は。



直接のご質問ではないのかもしれませんが、he-his-himの変化を覚えられないというお子さんに以下のような覚え方はいかがでしょうか?

私も一生懸命I-my-me-mine...と暗唱させられた口ですが。

主格は理解されているとのことでしたら、
I like their dog. 彼らの(犬)
I like them. 彼らを
I like theirs. 彼らのものを,が

のような簡単な文や、
their father, their books、
for them, with them
と実際に使われる形を提示して、何度も声に出して言って覚えさせるやりかたです。

今後、もっと大変な思いをされることと思いますが、くじけそうになったらこのサイトで今回のようにいろいろな回答者のご意見を参考にして、頑張ってご指導を続けてくださいね。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

やってます、やってます。
「あなたが好きですは、I love youだね、じゃあ彼は?」とか聞くと「えーと、I love his」とか言われるし、「私のペンは my penだね、彼のペンは?」「うーん、him pen」ってなかんじです(T_T)

覚えるまで毎回言って徹底させるしかないですね。

ありがとうございました。
いいお話がたくさん聞けて励みになります。

お礼日時:2003/09/26 01:08

よい質問をありがとうございます。

私もう回答を参考にさせて頂きたく…かつ、自分なりの説明方法、ちょっと書きます。

まず主語、述語の構成と品詞とに分けてます。
いまの中学生は漢字の意味から知らないので、「詞」が言葉というところからいきます。つまり…
名詞  → ものの名前を表す言葉で、数えられる・数えられないがあり、一般的と固有のものがある。
動詞  → 動きを表す言葉で、やる、やったがあるように時間の影響を受ける。
形容詞 → ものの形を表す言葉で、色や大きさなどあり名詞につく
助動詞 → 動詞を助けてその持つ意味を広げる言葉で使い方は丸暗記が必要。

そう説明してしまいます。副詞はもう少しあと送りでも平気です。

そのあとで、教える側が昔習った(ハズ)のように、文章の構成SVOOCの構造を日本語に置き換えて説明し、Sは主に名詞であり、Vは動詞とざっぱに区切っています。
I MY MEの格を教える時に便利だったのが「川の鬼へ」です。読み替えて「がは・の・をにへ」にして、これが主格、所有格、目的格の見分け方だというと、子供はriddleが好きなので喜んでくれました。…中2ではもう無理かなぁ?
Taro & Hanako = They と複数になる、のも理解できにくいようですね。I my meは覚え歌もあるので、英語の歌で探せるといいのですが…。
頑張って下さい (^^)/~
    • good
    • 12
この回答へのお礼

>「詞」が「ことば」
なるほど~。そうすると、少しは分かりやすくなるかもしれませんね。

「河の鬼へ」は使えそうです。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/26 01:03

私は学習塾で中学生を教えています。



今までの方のご回答にもあるように、中学生に文法を教えるのは難しいですね。
公立の学校では主語・動詞ということはあまり徹底していないようです。(先生にもよるのでしょうが…)

それに加え、今の中学生は英語以前に国文法ができていません。
一応、品詞は中1の国語で習っているはずなのですが、まず理解できていないと思ったほうがいいでしょう。

成績は中の下くらいのコということですのでなおさらです。
まずは、教科書本文の単語練習&和訳⇔英訳の繰り返しが定期テストの成績アップの近道です。
(それだけでは入試&高校進学後に大変なのですが…。)

そして、ある程度和訳ができるようになってくると、
「~は」「~が」に当たるものが『主語』!
まずはこれを徹底します。
(小学校でも習うためか、主語はまだわかっているようです。)

次に動詞ですが、これは本当に難しいです。
まずは「be動詞」の徹底です。(最近、この言葉さえ教科書にはでてきません。)
中2なら、「be動詞」=「is・am・are・was・were」があれば無条件で動詞!
後はykazuo様の指導法が私に近いです。

ここで注意していただきたいのは、
1. 「述語」=「動詞」としてしまうと、[English is easy.]等、「形容詞」が出てきたときに困ります。
2. 語尾が「ウ」は、[I want a bike.]=「わたしは自転車がほしい。」等で困ってしまいます。

例外を挙げたらきりがないですが、上記2点を徹底しすぎると、逆に混乱してしまいますので、ご注意ください。

教えることは大変ですが、「先生のおかげで勉強がおもしろくなってきた。」なんて言われると、涙でちゃいそうになりますよ。
成績が上がったときの生徒や親御さんのうれしそうな顔を見るのも最高です。

家庭教師がんばってくださいね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

>品詞は中一で習うが、理解できてない
私の担当してるコも多分そうだと思います。

単語暗記と、教科書和訳などは今もさせています。
とりあえず、そうやってテストの点が上がれば頑張ろうって気になるかと思って。

be動詞の説明は確かに難しいですよね。
「無条件に動詞」方式で行こうと思います。

注意の2点は確かにですね。

いろいろありがとうございます。

お礼日時:2003/09/26 01:01

kizakurakarenさん今晩は。



私も今中学生を教えています。
本当に英語が苦手な子が多くて多くて・・・。

私の場合、名詞は「物・もしくは人の名前」と覚えてもらってます。そして主語は文章の頭にある名前の塊と説明してます。
動詞はとりあえず「述語」と説明して、その主語の動作を表している単語と説明してます。
その後で、文章の基本は主語+動詞+その他の要素の順でできると説明します。本当にしつこくらいこれを繰り返します。少しでも詰まったらこれを繰り返させてます。(本当はもっと細かく言ってますが)

ただ、正直、中三にもなればこのやり方で通用しますが、中二中一は英語になれない子が本当に多いので、とにかく教科書を読ませる、暗証させる、書かせる、和→英訳、空で本文を掛ける様にする。
とにかく今のうちに慣れさせてしまう方が先決だと思います。文法は後でついてくると思います。

たとえばelephantという単語の意味がわからなくて、私達なら「動物で鼻が長くて耳が大きくて灰色でアフリカに住んでいて、大きい・・・」などと説明すればああ、象かもと理解できますが、これを子供に教えるならelephantは象と何度も何度も繰り替えさえた方が覚えるわけで・・・

と後半は関係ない話になってしまいましたが、とにかく家庭教師(でしょうか)がんばってくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>動詞=述語=主語の動作
なるほどです。

私も繰り返しと音読、単語強化をすすめています。
宿題で出した単語はきっちり覚えてくれるのが救いです。(1月から12月とか)

家庭教師は初めてでして、始める前は簡単だろうと思ってたのですが、とんでもないです。
毎回計画を立てていくのですが、帰りはいつも「今日の教え方もいまいちだった…」と反省してます。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/26 00:56

kizakurakarenさん: 昨日何した~?


中学生: 遊びに行った~。
k: 誰が~?
中: 誰がって? 私が・・・。
k:「私」が主語ね。「遊びに行く」が動詞ね。
k: お母さん、今何してる?
中: 分からん。たぶん料理してるんじゃない?
k:「お母さん」が主語ね。「料理する」が動詞ね。
k: つまり、誰がやってるかが主語、何をやってるかが動詞ね。

[ここでそれを後で見て分かるように紙に書く。]

主語(誰がやってるか)---動詞(何をやってるか)

私---遊びに行く
お母さん---料理する

k: じゃあ、今、英語を教えてるのは誰?
中: 先生~。
k: じゃあ主語は?
中: う~ん・・・、先生?
k: そうそう。じゃあ、動詞は?
中: 教えてる?
k: そうそう、すごいすごい。[褒めるのは大事^^] じゃあ、「たくさんの人が東京に住んでいる」だったら?
(中略)
k: 今度はそれを英語でやってみようか?
(中略)
k: だから、こういう風になる。[また紙に書く]

主語(誰がやってるか)---動詞(何をやってるか)

私---遊びに行く
お母さん---料理する
たくさんの人---住んでいる
Many people---live

こんな感じでどうでしょう? 専門家の方に突っ込まれそうですが・・・。(^^;
    • good
    • 5
この回答へのお礼

>「私が」が主語、「遊びに行く」が動詞
 「お母さんが」が主語、「料理する」が動詞

なるほど。日本語で考えさせればいいんですね!
とても分かりやすくて助かりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/24 23:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDoとDoesの使い方

DoとDoesの使い方がよくわかりません。
それで、問題集をやっていたのですが、
( )Mark and judy study jyapanese?
の質問文の( )に入るのはDOとDOESどちらですか?
私はdoを入れたのですが、なんとなくでよくわかっていません。
どなたか、英語がものすごく苦手な自分にも分かるようにDOとDOESの使い方を教えて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

簡単ですよ。難しく考えないことです。
 
主語が「I」と「YOU」以外の単数(一人、一つのもの)ならDoesを使います。これだけです。 

 ・主語が単数(一人、ひとつ)ならDoesで、複数(二つ以上)はDoです。
 ・「I」と「You」は例外です いつでもDoです。

この場合主語はMark and Judy(二人)で複数ですから、正解はDoです。

 中1で完全にわかることは難しいので、このくらいの覚え方でいいと思いますよ。あきらめずに続けていれば、だんだんとわかります。たくさんの例文を暗記していくと、はじめ質問者様のように、混乱することもありますが、あきらめずに暗記を続け、文法問題を少しずつこなしていくと整理がついてきます。気になったら学校の先生にすぐ教えてもらうことです。一番安くて身近ですから。
頑張ってください。

Q過去分詞ってなんですか?(>д<;)

こんにちわ。

英語苦手です・・・。
配られたプリントに『過去分詞』と書いてありました。
私は中2でして、習った覚えもないし、誰かに聞いても『過去分詞は過去分詞でしょww』っていわれて中々、参考になりません。

題名のとおり、過去分詞ってなんですか?
私にも分かるように分かりやすく、例文などを用いて(難しいですね;;)教えてくれれば幸いです。

Aベストアンサー

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形とはまったく関係ありません。「過去」という語がまぎらわしく「受け身・完了形」という呼び名にすればいいのにと私は思っています。
受け身・完了形ーーなのです。つまり、受け身(受動態とも言います)と完了に使うからです。
分詞というのは、2つの役割に分かれるということを意味します。動詞としての役割と形容詞としての役割です。

★過去分詞の例
まず、動詞の5つの変化の例文を書きます。
1. Tom and I do the work every day.
2. Tom does the work every day.
3. Tom did the work yesterday.
4. The work is done by Tom.
5. Tom has done the work.
6. Tom is doing the work now.
このうち、4番目と5番目が過去分詞の例です。
4. The work is done by Tom. (その仕事はトムによってなされる)
5. Tom has done the work.  (トムはその仕事をやったところです)

4は受動態(受け身)の例です。be動詞+過去分詞で使います。他の例題と主語が違うところが注意です。他の例で動詞の後にくるthe workが主語になっていますね。その仕事はトムによってなされるーーという受け身の意味となるからです。

5は4の受動態とは全く関係がありません。別物です。have (主語が単数ならhas)+過去分詞で使う現在完了形です。

もう1度確認します。
     受動態ーーbe + 過去分詞
     現在完了形ーーhave (has) + 過去分詞

これが過去分詞の使い方です。

★普通の動詞は、過去形と過去分詞形が全く同じです。

work 原形
worked  過去形
worked  過去分詞

ところがdoのようないくつかの動詞は、不規則な変化をし、その中でも過去形と過去分詞が違うものがあります。

do 原形
did   過去形
done  過去分詞

go 原形
went   過去形
gone   過去分詞

take 原形
took   過去形
taken  過去分詞

以上、ご参考になればと思います。

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

QDoとDoesの使い方の違い

もうすぐテストで英語を勉強をしていたんですが、ふと突然忘れていた事に気づきまして、気になってしょうがありません。
ぜひ、教えて下さい。

疑問文のDoとDoesの使い方の違いが分かりません。
多分、どっちかがIとYOUが主語のときで、
もう一つが逆だったと思います。

どうかお願いいたします。

Aベストアンサー

Do も Does も日本語で言うと「か」という意味になります。日本語では疑問文の「か」は一番最後につけますが、英語では、
You have a pen.
というふつう文のその前につけて、
Do you have a pen?
とします。
Do も Does も「か」という意味ですが、その後に何が来るかでどっちかを選びます。
Do you ...
Does he ...
のように使います。
>多分、どっちかがIとYOUが主語のときで、
Do の時は、主語が I か You か複数
Does の時は、主語が、I You 以外の単数ということになります。

http://morimine.sakura.ne.jp/c/x_wiki/wiki.cgi?page=%BB%B0%BF%CD%BE%CE%C3%B1%BF%F4%B8%BD%BA%DF

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

QHow about you の意味と使い方がわかりません

How about you の意味と使い方がわかりません。
あなたはどう思っていますか?のような使い方だとは思うのですが、外人が話しているのを聞くとどうしてもいろんな使い方をしているような感じがして質問しました。使い方や話のどういう流れで使えばいいのか教えていただけませんか?よろしくお願いします

Aベストアンサー

あなたはどうなの?的な表現ですね。

例えば、

A:How's it going? (調子どう?)
B:Nothing much. (たいしたことないよ。)
How about you? (君はどんな感じ?)
A: Well, I'm alright. You know what? I've decided to move to NY next month. (まあまあかな。そういえば来月にNYに引っ越すことに決めたんだ)

------------------

A: Are you hungry? (おなかすいた?)
B: Yeah, a little bit, how about you? (うん、ちょっとだけ、君は?)


のような感じでしょうか。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q英語初心者です。I amと I'mの違いがわかりません。

I amと I'm
I willと I’ll

この違いはなんですか!?
略されている意味がわかりません。

どういう時に略して、
どういう時に略さないか教えてください!

お願いします!!

Aベストアンサー

いつ何時でも略してかまいません。

意味の違いはまったくありません。
まったく同じです。

単に簡単に書くだけ、言うだけの話です。
いう時なら アイムといったほうが簡単だから
そういうだけです。

ただ、はっきりしていることを聞かれて
当たり前だ!俺だよ俺!といいたい場合には
ただ、いぇーーーーす、あい あむ!
と協調して言うことはあります。

どんなときに・・
気分次第です。

どちらでもかまいませんので気にしないで使って下さい。
まぁ、一般的には文語であっても口語であっても
I'm であり I'll です。

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング