蜂蜜とイソマルトオリゴ糖、どちらが体にいいでしょうか?
糖分(砂糖)をなるべく控えたいので、甘いものを食べたいときどちらかを使いたいと思っています。(ヨーグルトにかけるなど)

私は、
◎肌が綺麗になりたい。
◎腸をきれいにしたい。
と思っています。

蜂蜜はお肌にいいとききました。
オリゴ糖は、腸を綺麗にする(便秘改善)⇒そのためお肌も綺麗になる、効果があると思いますが・・・。

オリゴ糖は、1kg500円位の安いものしか買う気はないので、それなら効果があるのか、疑問に思えてきます。どうでしょうか?
また、オリゴ糖の原料にオリゴ糖%以上と書いてありましたが、オリゴ糖以外に何が入っているのでしょうか?

この辺も知りたいです。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ハチミツ自体にもオリゴ糖が含まれていますので、ハチミツでいいと思いますが、


摂取しすぎれば糖分の取り過ぎになるのは変わりません。
ハチミツの成分は
ブドウ糖(ショ糖:砂糖にも含まれる甘味成分)、果糖(果物に多く含まれるのでこの名称になった糖で甘味がとても強い)のほかイソマルトオリゴ糖、グルコノラクトン、各種ビタミン、ミネラル、アミノ酸などで高い栄養価をもっています。
1gあたりの熱量は12.307kJ(2.94kcal)。

甘味を加味しないとヨーグルトが食べられないのなら、
寒天を食べた方が食物繊維を摂取でき、腸には良いと思います。
それとビタミン類を摂取する。
寒天が嫌なら、蒸し野菜を食べる、タジンで調理すれば楽です。
蒸し野菜は生野菜より量を食べることができ、茹で野菜よりビタミン類の様な水溶性のものを逃しませんので、



>オリゴ糖の原料にオリゴ糖%以上と書いてありましたが、オリゴ糖以外に何が入っているのでしょうか?
そういう表記は見たことがないです。
それはオリゴ糖を含んだ加工品ではないでしょうか?
オリゴ糖入りはちみつやオリゴ糖入りシロップなど。
そうであるなら、%がどれにかかるかわかりませんが、
成分比率であるなら他の成分はハチミツならハチミツが元から含んでいる成分ということではないでしょうか。

オリゴ糖単品として売っているものは、
イソマルトオリゴ糖なら、現在はトウモロコシのでん粉を原料にしていますので、トウモロコシデンプン(コーンスターチ)と書かれています、その他にショ糖を含めばショ糖と書かれています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
いろんな栄養もあるので蜂蜜の方がよさそうですね。
オリゴ糖が腸にいいというのは、何か腸にいい働きをするもの(菌など)が含まれているのかと思っていましたが、食物繊維が含まれているからということなのでしょうか?

オリゴ糖摂取=食物繊維摂取
つまり、オリゴ糖を採らなくても食物繊維を他でとればいいと?

すみません。オリゴ糖の原料には、オリゴ糖シロップ(イソマルトオリゴ糖50%以上) と書かれていました。

お礼日時:2011/04/10 17:21

#3です。


チューブに入ったシロップです。
珈琲に入れたり、料理に使ったりしてました。
    • good
    • 0

体験から申しますと、おりご糖毎日食べてると、排便が、するっと出ます。

ぬるっという感じかも。最後まで全部でたって感じです。感動します。
この感覚は、経験者しかわからないです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どんなおりご糖を食べられましたか?
それなりに、値段の高いものですか?
蜂蜜と同じような容器に入った、オリゴ糖シロップでも効果あるでしょうか?

お礼日時:2011/04/13 21:58

砂糖(ショ糖)、はちみつ(に含まれる糖分)、オリゴ糖はみんな炭水化物(糖質)で基本的には同じ物ですよ。

。。なので砂糖(ショ糖)を敬遠することに大きな意味は無いと思いますよ。

炭水化物・糖質
http://www.asahiinryo.co.jp/customer/dictionary/ …
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蜂蜜とオリゴ糖ではどっちがいい?

ダイエット中で、砂糖以外の甘味料を探しています。
カロリー的にはオリゴ糖?
でも良く聞くのは素材そのままのものが体にいいとか…となると蜂蜜?
というかんじで迷っています。

どなたかご教授ください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ダイエットの方法にもよると思います。


蜂蜜は、主成分は果糖で、糖分は少ないが、ショ糖よりも体に吸収され易い。また高温では甘味を感じにくくなる。
(砂糖の主成分はショ糖です)

(蜂蜜)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9C%82%E8%9C%9C

果糖は、糖の中でもっとも甘味が強いが、多量摂取すると中性脂肪の増加を招くそうです。

(果糖)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%9C%E7%B3%96

オリゴ糖は、ビフィズス菌などの腸内善玉菌を増やす効果がある事が確認されてます。

(オリゴ糖について)http://sugar.lin.go.jp/tisiki/ti_0410.htm

これらを踏まえると、甘いデザート(ジュースやケーキ)をあまり取らないダイエットならば、普通の精白糖(一般的な砂糖)または三温糖、黒砂糖を使用しても大差はないと思います。

デザートを取りながらのダイエットならば、デザート類には低温かつ少量で強く甘さを感じることができる蜂蜜・果糖を使用すれば良いかと…
蜂蜜は糖分で考えるより、少量で栄養価が高いという点で評価されているのだと思います。

また体調を整えながらのダイエットを目的とするなら、オリゴ糖ではないでしょうか。
オリゴ糖は腸内環境を整えるので、料理用にむいていると思いますが、取り過ぎると通じが良くなりすぎて お腹がゆるくなることがあります。

要は、使い様ですね。

ダイエットの方法にもよると思います。


蜂蜜は、主成分は果糖で、糖分は少ないが、ショ糖よりも体に吸収され易い。また高温では甘味を感じにくくなる。
(砂糖の主成分はショ糖です)

(蜂蜜)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9C%82%E8%9C%9C

果糖は、糖の中でもっとも甘味が強いが、多量摂取すると中性脂肪の増加を招くそうです。

(果糖)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%9C%E7%B3%96

オリゴ糖は、ビフィズス菌などの腸内善玉菌を増やす効果がある事が確認されてます。

(オリゴ糖...続きを読む

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Qお腹にたまっているガスを出す方法を教えてください。

私はよくお腹にガスがたまってお腹が痛くなります。
なかなかガスが出口へ行ってくれません。すごく集中してガスが下に行く様子を頭の中に描いてもう少しでおならが出るぞ~という状態になったのに集中力がふっととぎれただけで、ガスがお腹に逆戻りします。しかも、ひどい時は夜中胃の辺りまで痛んで寝られない時もあります。ガスさえ出れば…。と思います。
おならを出すいい方法は無いですか?教えてください。

Aベストアンサー

ヨガのねじりのポーズが効果的です。
座って左右に捻ります、座り方により捻れる位置が少しずつ変わります。
息を吐きながらやってみてください。
おなかのマッサージはヨガや練功でやります、皆さんの意見に似たりよったりですね。
私の経験では風呂も効果があります、少しあったまった頃正座してみると
ぶくぶくと出てきます。
薬は整腸薬、他にビフィフス菌入りのヨーグルトやタブレットがいいです。

Q目薬で瞳孔開く検査後、どれくらいで元に戻りますか?

お世話になります。

今日ひぶんしょうの検査をするために
目薬で瞳孔を開いて検査しました。
問題はありませんでした。

病院では3,4時間くらいは目が瞳孔ひらきっぱなし
になるときいてたのですが12時間たった今も
ほぼ戻ってはいますが右眼より目薬した左眼のほうが
ふた周りくらい大きいです。

このまま元に戻らないとかあるんでしょうか?
朝まで心配です。

Aベストアンサー

過去何回も瞳孔を開く検査を受けていますが、3~4時間は瞳孔がMax全開でピントが合いづらく、それ以降は徐々に瞳孔が縮まって行き、同時にピントも合うようになってきますね。
12時間経っても多少瞳孔が大きいそうですが、私も同じような感じです。
戻らないことはありませんので大丈夫です。
完全に大きさが戻るのは翌朝ですね。

ところで、ひぶんしょうの検査は片目しかしなかったのですか?
どっちかといえば、そっちのほうが気になりました。

Qオリゴ糖のシロップは安全な食品ですか?

薬局やスーパーなどで売っているオリゴ糖シロップのことで質問です。ここ何年も体調が悪いことや、成人性の気管支喘息になったこと、食の安全のニュースなどを見てようやく食べるものに気をつけるようになりました。
と、いっても徹底的なことはできないので、インスタント食品、ファーストフード、スナック菓子を(なるべく)食べない。
調味料などは無添加なものを選ぶ等です。あとは冷たいものを摂り過ぎない、家での食事は和食を心がけることくらいです。塩は精製されたものではなく天然のもの、砂糖も白砂糖をやめて黒糖を使うようにしました。

母が先日知り合いの人から腸内環境を整えるオリゴ糖がいいと聞いて
有名な某オリゴ糖を買ってきました。その方も食べるものには気を使っているそうなのですが、オリゴ糖ってどうなのでしょうか?
原材料名を見ても「乳化オリゴ糖シロップ」とだけ書かれています。

もう何年も前に「食べてはいけない」とか「危険な食品」とかの本を見たことがあるのですが、そこにオリゴ糖シロップも記載されていたような気がして気になってしまいました。でも、これは記憶違いかもしれません。書店でもそういった本を見てみたのですが私が読んだものとは違うものでわかりませんでした。少し摂るくらいなら神経質になることはないのですが、母が毎日摂る気でいるので質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

薬局やスーパーなどで売っているオリゴ糖シロップのことで質問です。ここ何年も体調が悪いことや、成人性の気管支喘息になったこと、食の安全のニュースなどを見てようやく食べるものに気をつけるようになりました。
と、いっても徹底的なことはできないので、インスタント食品、ファーストフード、スナック菓子を(なるべく)食べない。
調味料などは無添加なものを選ぶ等です。あとは冷たいものを摂り過ぎない、家での食事は和食を心がけることくらいです。塩は精製されたものではなく天然のもの、砂糖も白砂...続きを読む

Aベストアンサー

オリゴ糖と一口にいっても、実はいろんな種類があります。
糖の最小単位を「単糖」って言うんですが、それが化学的にいくつかくっついた塊をオリゴ糖と呼ぶんです。グルコースとかって聞いたことがありますか?これは単糖の一種です。

一般的なお砂糖も実はオリゴ糖。世の中にはいろんな種類のオリゴ糖が存在しています。

オリゴ糖には体に有益な細菌を助けるという働きがあることがわかっていますので、体のことを考えて使われたとしても別に問題ありませんよ。

残念ながらその製品がどのようなオリゴ糖なのかわかりませんからなんともいえない部分もありますが、心配されているような危険性はないと思ってもらっても結構です。(糖は乳化することがないので、乳化オリゴ糖というのはよくわかりませんが。乳糖の読み違いでしょうか?)

自然派のお塩や、黒砂糖を使われていますので「自然のものなのかか?」と言うことなのかもしれませんがその観点で行くと工業的に作られている糖ですから自然派とはいえません。だからといって体に悪い物と考える必要もありません。

オリゴ糖が「食べてはいけない」載っていたかどうかはしりませんがあれは一種のトンデモ本で極端なデータを出して恐がらせることで話題にし本の売り上げを上げようとしているだけです。あんまり鵜呑みにして信用しないほうが良いと思いますよ。
ビタミンEだって大量に摂取すれば肝障害を起こしかねませんからね。ようは量、バランスの問題ってことですね。

オリゴ糖と一口にいっても、実はいろんな種類があります。
糖の最小単位を「単糖」って言うんですが、それが化学的にいくつかくっついた塊をオリゴ糖と呼ぶんです。グルコースとかって聞いたことがありますか?これは単糖の一種です。

一般的なお砂糖も実はオリゴ糖。世の中にはいろんな種類のオリゴ糖が存在しています。

オリゴ糖には体に有益な細菌を助けるという働きがあることがわかっていますので、体のことを考えて使われたとしても別に問題ありませんよ。

残念ながらその製品がどのようなオリゴ...続きを読む

Q寒天とゼラチンの違いを教えて下さい

レシピによって寒天を使用したりゼラチンを使用したり…。
書いてある物と逆の物を有り合わせで使ってはいけないのでしょうか?
まだ試した事はないのですが、どっちでも同じ固まるのには変わりない…そう思うのは私だけ??

Aベストアンサー

寒天とゼラチンの違いというと、原料が植物と動物由来ということです。
寒天は「天草」という海草を煮たものを漉して棒状に固め、それを寒干ししたもの。
ゼラチンは豚などの動物性コラーゲンを精製したもの。(鯨や牛由来の物もあるが、現在はほとんどが豚由来原料)
食感も違います。寒天は「かっちり」固まるので歯ざわりがありますが、ゼラチンは「プリプリ」としているので喉越しが良いです。
寒天は、あんみつ、フルーツポンチ、水羊羹、牛乳かんなどの和菓子に、ゼラチンはゼリー、ババロアなどの洋菓子にという用途が考えられます。
ゼリー代わりに、「寒天」を使う位は問題ないかと思います。
ゼラチンの代用品としては「アガー」というものがあります。
食材専門店、業務用食材を扱う卸店などで購入できます。
よくケーキなどにフルーツが飾られている時その上にゼリー状のものがコ-ティングされていることがあるかと思います。それは「アガー」」を使っています
アガーは植物由来の増粘多糖類で、ゼラチンよりも凝固力が緩いです。
寒天の代用品としては、杏仁(アンズの種の仁)の粉などがあります。これは字からおわかりのように、杏仁豆腐の原料です。本格的な飲茶の杏仁豆腐ではこれを使っています。(逆に寒天での杏仁豆腐は「代用」ともいえます)ただし、杏仁粉は高価ですし、どちらかというと漢方薬として使われることが多いです。

以上のような違いがありますので、ご参考下されば幸いです。

寒天とゼラチンの違いというと、原料が植物と動物由来ということです。
寒天は「天草」という海草を煮たものを漉して棒状に固め、それを寒干ししたもの。
ゼラチンは豚などの動物性コラーゲンを精製したもの。(鯨や牛由来の物もあるが、現在はほとんどが豚由来原料)
食感も違います。寒天は「かっちり」固まるので歯ざわりがありますが、ゼラチンは「プリプリ」としているので喉越しが良いです。
寒天は、あんみつ、フルーツポンチ、水羊羹、牛乳かんなどの和菓子に、ゼラチンはゼリー、ババロアなどの洋菓...続きを読む

Q体をアルカリ性にするには?

こんにちは。
先日病院にて血酸値だか尿酸値が高いとの事で
体をアルカリ性にしなさいと言われました。
そのお医者さんの先輩が痛風持ちの方だったらしいのですが
毎朝バナナを1本食べて酸の値が下がって健康になったとの事で
バナナを勧められました。
ですが買い物に毎日行けない為、バナナは買いだめになり
痛みが早くて困っています。

さてバナナ以外に体をアルカリ性に出来る
食べ物って有りませんでしょうか?
どうか教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっています。
要するに、アルカリ性食品というのは、尿をアルカリ性にする食品ということです。

そして、通風の原因となる尿酸はそのほとんどが尿で排出されますが、アルカリ性の方が溶け出しやすく、スムーズに排出されます。
ですから、尿をアルカリ性にすることは、通風(や尿路結石)の予防・治療に効果があります。


さて、ご質問の食品についてですが、大まかに言うと、リンや硫黄、窒素を多く含むもの(肉・魚)が酸性、カリウムやカルシウムを多く含む物(野菜・果物)がアルカリ性食品です。

具体的には、以下の表を参考にしてください。
http://www.wellba.com/wellness/food/contents/00301/table.html

表の見方の注意ですが、酸度・アルカリ度の数値だけでなく、食べる量も考慮することが大切です。
例えばシイタケはアルカリ度の高い食品ですが、一度にそれほど多く食べるわけではありません。
一方、先生がおっしゃったバナナは、カリウムを豊富に含み、かつそれなりの量を食べられます。

こういったことを加味して効率の良さそうなアルカリ性食品を挙げると、果物、根菜類、芋、あと(表にはありませんが)ワカメはかなりアルカリ度が高く、少量でも意味がありそうです。
一方、大豆や干しいたけはアルカリ性食品ですが、プリン体も多く含みますので、微妙です。

逆に、注意すべき酸性食品は、鶏肉、卵黄(卵白はアルカリ性)、マグロ、玄米あたりでしょうか?

ただし、食品は薬のように即効で効果があるわけではありません。
以下のサイトでも、実際に影響が出るまで1ヶ月以上かかっています。
http://www6.plala.or.jp/yamaski/fruits/alkaline.htm

「バナナを食べればそれでOK」ではなくて、基本的な食生活を改善する(肉や魚介類を控え、野菜をたくさん摂る。アルコールは通風にも悪影響がありますので、お酒は控えめに。など)ことが大切だと思います。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q1/20010117.html

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっ...続きを読む

Q低脂肪牛乳を毎日のんでますが健康にいいですか?

毎日飲んでたコーヒーから低脂肪牛乳を飲むようにしました。健康にいいでしょうか?

Aベストアンサー

低脂肪乳には2つのタイプがあります。

1つは、生乳に脱脂粉乳などと水を加えて味を調整したもの。値段が安いものはだいたいこれです。
もう1つは、生乳から脂肪分だけを取り除いたものです。値段は普通の牛乳とあまり変わらないか若干高いです。

前者は自由に成分を調整できるので、カルシウムを多く含ませたりする、牛乳でお腹がゆるくなる人のために乳糖を分解する、ビタミンやミネラルを追加する、といった加工が可能なため、製品ごとに特徴があります。

後者は、脂肪分を抜いた以外は、栄養的に牛乳と同じで、味も近いです。

このようなことを踏まえて考えると、低脂肪乳は、「低脂肪(低カロリー)」「お腹の弱い人やアレルギーのある人でも飲める製品がある」「カルシウムをはじめとする栄養価が、通常の牛乳よりも高い製品が多い」といったことが特徴です。

ただ、「ものによっては水っぽかったりして味が落ちる」ほか「調子に乗って飲みすぎてしまいカロリーのとりすぎや下痢になる危険がある」といった欠点もあります。

つまりは適量飲むなら体にいいが、飲みすぎれば体に悪いという当たり前の結論に落ち着くわけです。

自分が求めるタイプのものを、毎日コップ1~2杯飲む分には特に問題ありません。

ちなみにコーヒーについても摂りすぎは胃を荒らしたりしますが、適量摂るなら体によい影響を与えるとされます。

なお、製品については厳しい検査をクリアしないかぎり流通しませんし(生乳から基準を超える抗生物質などが見つかろうものなら大問題になります)、BSEが牛乳が原因で感染するなどということはありえないとされていますから(これは常識の範囲内の知識ではありますが)、過剰な心配は無用です。
それでも不安なら通販などで購入するといいでしょう。

どんな食べ物にもメリットとリスクがあります。無神経なのもいけませんが、過剰に心配するのも愚かです。最近は、不安を煽り立てる記事や発言ばかりが乱立していますが、冷静になって調べれば笑ってしまうような、無知や偏見に満ちたものばかりです。

いずれにしても低脂肪乳ばかりに頼らず、多様な食品を少しずつ摂るという食事の基本を守るようにしてください。

低脂肪乳には2つのタイプがあります。

1つは、生乳に脱脂粉乳などと水を加えて味を調整したもの。値段が安いものはだいたいこれです。
もう1つは、生乳から脂肪分だけを取り除いたものです。値段は普通の牛乳とあまり変わらないか若干高いです。

前者は自由に成分を調整できるので、カルシウムを多く含ませたりする、牛乳でお腹がゆるくなる人のために乳糖を分解する、ビタミンやミネラルを追加する、といった加工が可能なため、製品ごとに特徴があります。

後者は、脂肪分を抜いた以外は、栄養的に...続きを読む

Q妊娠中の座り方

妊娠6ヶ月です。5ヶ月終わりごろから胎動を感じるようになって、
ようやく少しずつ実感がわいてきたところです☆

質問はタイトル通りで、妊娠中の良い座り方(家の中)なのですが、
私はついクセで体育座りとかしゃがむような座り方をよく
しているのです。特に文机など低い姿勢で座る時です。
一日中ひっきりなしに動きを感じる赤ちゃんですが、
そのような体育ずわりをしている時に、特に頻繁に動くような
気がするのです。
これは、赤ちゃんにとって苦しいってことなのでしょうか?!
圧迫されて窒息してしまうような事はないのでしょうか??

そんな姿勢を止めればいいということなのかも知れませんが
私自身にはそれがまだあまり苦しい体勢でないので、
ちょっと気になったのです☆

それ以外にも、どのくらいお腹をかばって過ごすべきなのか、
よくわかりません。この皮膚のすぐ下に赤ちゃんがいるのなら、
ちょっとした衝撃(手でポンポンと叩くとかも)でも
赤ちゃんにはダメージなのかも…と不安になってきました。。
でも、こんなボヨンとした私の腹に守られているんだからもしかして
全然平気なのかも?とも思います。
悶々としているので文章がまとまらずすみませんが、
妊婦のおなかをどの程度はれもの扱いしたら良いのか?教えてください!

妊娠6ヶ月です。5ヶ月終わりごろから胎動を感じるようになって、
ようやく少しずつ実感がわいてきたところです☆

質問はタイトル通りで、妊娠中の良い座り方(家の中)なのですが、
私はついクセで体育座りとかしゃがむような座り方をよく
しているのです。特に文机など低い姿勢で座る時です。
一日中ひっきりなしに動きを感じる赤ちゃんですが、
そのような体育ずわりをしている時に、特に頻繁に動くような
気がするのです。
これは、赤ちゃんにとって苦しいってことなのでしょうか?!
圧迫されて窒息...続きを読む

Aベストアンサー

体育すわりで胎動が感じやすいのは、肌が密着しているからではないでしょうか?
お腹の赤ちゃんは羊水で守られていますから、少しの衝撃では大丈夫です。

ただ、お腹を圧迫するような姿勢や締め付けられるような座り方は良くないです。
妊婦さんにお勧めの座り方は「あぐら」です。
骨盤を広げる運動にもなりますし、大きなお腹を圧迫せず楽な姿勢です。
妊婦体操でも基本のポーズですしね。


妊婦さんのあぐらは、病院でも勧めていますので、
長時間座るときはぜひお試し下さい。

Q妊婦が食べれるお菓子

現在7ヶ月にはいったばかりの妊婦です。
安定期真っ只中ということもあってか、食欲旺盛でちょっと困っています。
年末年始ということもあって、先月から今月にかけて今まで以上によく食べました。
その結果、体重がかなり増えてしまって先生に注意を受けました…。
もともとお菓子やケーキなど甘いものが大好きで、妊娠してからあまり体重を増やしたり糖分・塩分は控えめにといわれてきたので我慢はしてきたんですが、どうにも断つことができません…。
子どものため!と思えば多少の我慢はできるんですが、そればっかりだとストレスとまではいかなくても辛いものがあります><;

わがままな質問ですが、妊婦でも食べられるお菓子やジュースなどあれば教えてください!
もちろん、教えていただいたからといって安心して食べすぎないように注意します!!

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。お待たせしてすみません。
さて、先日アドバイスしたいとお話した件ですが、

まず、タバコやアルコールが一時的なストレス解消になるけど、長期的には体を悪くする一因だということはよく知られていますよね。
実は、現在多くの人がふつうのことだと思っている「お菓子を日常的に食べること」も、一時的なストレス解消の代償として、体にとても負荷をかけるんです。
私自身も、「お菓子毎日」は当たり前と思ってた一人なんですけどね。
お店で安く手軽にいくらでも手に入るし、テレビや雑誌でもスイーツ特集とか頻繁にやってて、我慢しろと言われても…って感じです。

でも、人間の体は、「日常的にお菓子を食べる」ことによる糖分の摂取量に、耐えられないのだそうです。
また、現代は調味料類や加工食品にもほぼ必ず砂糖やブドウ糖液などが添加されており、自覚の無いままに摂っている糖分もかなりあります。
糖分過剰摂取の弊害としてほとんど知られていないことに、ビタミンやミネラルの消耗と、血糖値の調整能力が狂うことの2つがあります。

まず、ビタミンやミネラルの消耗について。
糖類や炭水化物をブドウ糖へ分解したり、エネルギーとして燃やすために、ビタミンB群が使われます。
白砂糖やブドウ糖液、また精製され過ぎた炭水化物(白米や白パン、ラーメンなど)、揚げた炭水化物(ポテチなどスナック菓子やフライドポテトなど)のようなものほど、黒糖・さとうきび糖、胚芽米・雑穀等と比べて、代謝のためにより多くのビタミンB群が必要とされます。

すべての栄養素は、互いに働き合って効果を発揮することができるので、不足しているものがあると、全体的にうまく働かなくなります。
また、不足している栄養素があると、生命維持にかかわる部位へ優先的に回されるので、それ以外の部位においては細胞や機能のじんわりとした劣化が始まります。
そうなると、劣化の修復のために、健康的なとき以上に各種栄養素を消耗する体質が出来上がります。
ビタミンB群が足りないと、ブドウ糖をエネルギーとして使えなくなるので、あまったブドウ糖が脂肪に変換されやすくなります。

次に、血糖値の調整能力がおかしくなることについて。
1日に摂ってよい砂糖の量は、その人の体重の約半分相当のグラム量までだそうです。
60キログラムの人なら30グラムまでですね。
これを超える量を、とくにも頻繁に摂取していると、すい臓が疲労してきて血糖値をうまく調節できなくなります。

よく知られているのが高血糖になる糖尿病ですが、
血糖値が低めの数値に長くとどまりやすくなる「機能性低血糖症」という慢性疾患もあります。
こちらのほうは、数値としては正常値の範囲内に入っていることも少なくないので、現在大多数の病院では疾患として認識されていません。
しかし、潜在的にこの疾患にかかっている人はかなり多いと思われます。

血糖値が(正常値の範囲内であっても)低めの数値に長くとどまることは、「どうも頭がスッキリしない」など不快な症状をもたらしますが、
血糖値の調整異常はさらにさまざまな内分泌系の混乱へつながっていくので、いろんな不定愁訴の原因となります。

栄養素の消耗・不足とあわせた症状の例の一部としては、慢性疲労、頭痛・肩こり、冷え性、アレルギー、頭がぼんやりする、イライラしやすいなど、身体症状、精神症状があります。
女性ですと、不妊や子宮内膜症、PMSなどとも関係すると言われます。

そして、お菓子への渇望感も起こりやすいです。
単純においしいというだけでなく、食べないとなんだ落ち着かなかったり、あるいは元気が出ない感じがありませんか。
血糖値が低めになっていたり、また内分泌系の混乱により自律神経が不安定になることで、手軽に血糖値が上がる(元気が出る)糖分を体が求めるんです。
でも、ここで体の欲求に従うと、悪循環になるわけですが。
身体的な依存のメカニズムであり、タバコやお酒をやめるのが大変だというのと同じ理屈です。

糖分過剰摂取に限らず何でもそうなのですが、すでに体が出来ている成人と、今まさに体を作っているところである胎児や、機能が未熟である乳幼児では、受けるダメージの大きさが異なります。

No.4でアレルギーが起こりやすくなるということを書いたのですが、このことについても。
慢性的に血糖値が下がりやすくなると、今度は血糖値を上げようとして、副腎から血糖値を上げるホルモンが分泌されます。
副腎も酷使されることになるわけです。
副腎では、アレルギーを抑えるホルモンも作られるのですが、疲れてアレルギーをうまく抑えられなくなります。
ここのサイトでも、乳児湿疹に悩むママさんがよく相談してますが、ママがどんなものを食べているか聞かれると、「甘いものをよく食べる」と答えているケースがよく見られます。
ビタミンB群や亜鉛、鉄分など各種栄養素が不足していても、皮膚炎などは起きやすくなります。

甘いものをセーブする方法としては、タンパク質を充分に、こまめに摂ることが必要になってきます。
「妊娠・授乳期には低カロリー・高タンパク」と言われるとおりです。
タンパク質は、安定したエネルギー源となり、赤ちゃんにとっても、体のあらゆる部位の材料となります。
肉・魚・豆それぞれの長所があるので、いろいろ取り入れてください。
もちろん、野菜や海藻類、きのこなども。どの栄養素も重要ですから。

毎食タンパク質を取り入れ、さらに、食後2~3時間したら、間食にも煮干(塩分無添加の商品もあります)、豆腐、煮豆(甘くせずに)、豆乳(糖分無添加のもの)、肉などを食べるのが良いです。

白米や白パンなど精製され過ぎた炭水化物も、血糖値の不安定さ(ひいては、お菓子への渇望感)に関係しますので、胚芽米や雑穀、ライ麦パンなどに切り替えることをおすすめします。
調味にも、白砂糖でなく、黒糖やさとうきび糖が良いです。

たぶん、厳し過ぎるアドバイスと思われるでしょうね。
私の場合、「お菓子は体に良くはないだろうけど、そんなに深刻なことにはならないだろう」と高をくくっていたので、お菓子をやめれませんでした。
でも、自分自身も元々あった不定愁訴がひどくなってしまい、子供も卵アレルギーで。
アレルギーのある子って、痒くて不快だからなのでしょうが、よく泣くんですよ。
赤ちゃんもかわいそうだし、産後で疲れてるママもとても大変なんです。

私としては、妊娠中・授乳中は甘味はあくまで避け、授乳終了後に、たまに少量楽しむ食べ方に切り替えることをおすすめしますが、
どうしても無理な場合、ジュースのような糖分を含む液体(スポーツドリンク、健康飲料を含む)、チョコレート、洋菓子系(アイスクリームやケーキ、クッキーなど)は避けることをおすすめします。
糖分を含む液体は、糖分の吸収が急激で負担が大きく、チョコは糖分とカフェインのダブルパンチ、洋菓子系は、私がこういうのをたくさん食べてて子供が卵アレルギーになったからです。
先日ここのサイトで乳児湿疹の相談をなさってたママさんでも、ケーキなど卵を使ったお菓子が大好きと書いていた方がありました。

それと、和菓子や果物であっても、簡単に糖分過剰摂取にはなりますので、少量にとどめてくださいね。
経験から言うと、「ちょっとなら」と思いながら食べ続けるより、思い切って甘味を食べるのをやめたほうが、渇望感をコントロールしやすかったですが。

赤ちゃんが生まれたら、生後3ヶ月からのベビー用ジュースとかお菓子なんかも売られてますが、必要ないです。
間食=お菓子ではなく、栄養補給という感覚が良いです。

長文ですみません。かわいい赤ちゃん楽しみですね。

こんにちは、No.4です。お待たせしてすみません。
さて、先日アドバイスしたいとお話した件ですが、

まず、タバコやアルコールが一時的なストレス解消になるけど、長期的には体を悪くする一因だということはよく知られていますよね。
実は、現在多くの人がふつうのことだと思っている「お菓子を日常的に食べること」も、一時的なストレス解消の代償として、体にとても負荷をかけるんです。
私自身も、「お菓子毎日」は当たり前と思ってた一人なんですけどね。
お店で安く手軽にいくらでも手に入るし、テレ...続きを読む


人気Q&Aランキング