翻訳機では分かりにくくて、この長文の日本語訳を教えていただけたらと思います。お願いします。
"But Lulu and Sophia are different people," Jed pointed out.
"Oh no, not this," I said, rolling my eyes. "Everyone is special in their special own way," I mimicked sarcastically. "Even losers are special in their own special way. Well don't worry, you don't have to lift a finger. I'm willing to put in as long as it takes, and I'm happy to be the one hated. And you can be the one they adore because you make them pancakes and take them to Yankees games."
I rolled up my sleeves and went back to Lulu. I used every weapon and tactic I could think of. We worked right through dinner into the night, and I wouldn't let Lulu get up, not for water, not even to go to the bathroom. The house became a war zone, and I lost my voice yelling, but still there seemed to be only negative progress, and even I began to have doubts.
Then, out of the blue, Lulu did it. Her hands suddenly came together—her right and left hands each doing their own imperturbable thing—just like that.
Lulu realized it the same time I did. I held my breath. She tried it tentatively again. Then she played it more confidently and faster, and still the rhythm held. A moment later, she was beaming.
"Mommy, look—it's easy!" After that, she wanted to play the piece over and over and wouldn't leave the piano. That night, she came to sleep in my bed, and we snuggled and hugged, cracking each other up. When she performed "The Little White Donkey" at a recital a few weeks later, parents came up to me and said, "What a perfect piece for Lulu—it's so spunky and so her."
Even Jed gave me credit for that one. Western parents worry a lot about their children's self-esteem. But as a parent, one of the worst things you can do for your child's self-esteem is to let them give up. On the flip side, there's nothing better for building confidence than learning you can do something you thought you couldn't.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「でもルルとソフィアは別の人間だ」とジェドが指摘した。


「ああ、そんなこと言ってるんじゃなくて」と私は目を見開いて言った。
「誰もが彼らなりに特別なのよ」と私は皮肉を込めて真似した。
「失敗した人たちでさえ彼らなりに特別なのだから。
あなたは何もしなくていいわ。私はとことん付き合うつもりだから。私は嫌われ役で幸せよ。あなたが好かれるほうになればいい。パンケーキを作ってあげたりヤンキースのゲームに連れて行ってあげたりできるもの。」
私は腕まくりしてルルのところにもどった。考え付く武器も、戦略も、全て使った。
もう夕食時から真夜中まで、このことに取り組んでいた。
たとえ水を飲むためでも、風呂に入るためでも、ルルに立ち上がることを許さなかった。家は戦場となり、私は声を失い、でも、事態は悪いほうへしか進んでいないように見えた、私さえも疑いの念を持ち始めていた。
その時、突然降て湧いたように、ルルはそれをやったのだ。ルルの両手が寄り集まって、
右手と左手がそれぞれに淡々とことをやり遂げた。そんな感じだった。
ルルは、私と同時にそれに気づいた。私は息を飲んだ。彼女は再び試した。
こんどは彼女は、より確かに、より早く、かつ、リズムを維持したまま、弾くことが出来た。
一瞬ののち、彼女の顔は輝いた。
「ママ、見て!簡単だよ!」その後、彼女はこの曲を何度も何度も繰り返し引きたがって、決してピアノから離れようとはしなかった、その晩、彼女は私のベッドにもぐりこんできて、私たちはお互いくっつきあって抱きあい、大笑いした。
彼女が数週間後の発表会で「小さな白いロバ」を弾いた時、両親は私のところに来て、「ルルにお誂え向きの曲ですね。すごく元気のいい曲ですよ、あの子みたいに!」と言った。
ジェドさえこの事で私を信頼するに至った。
西洋の親たちは、子供の自尊心が傷つくのを過剰に心配する。でも、親として子供の自尊心のために一番やってはいけないことの一つは、彼らを、あきらめさせることなのだ。
裏を返せば、今まで出来ないと思っていた事が、実は出来ると、学び取ることこそ、自信をつけさせるのに最良の方法なのだ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/11 14:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報