3合炊きで3合炊くのと1合だけで炊くのではどちらが美味しいのでしょうか
いままでは3合炊きで1合以下を炊いて食べていたのですが
1合以下なら1合炊きの方が美味しいと言われたもので
その人が言うには炊飯器はつねに最大の炊ける量が最適みたいなことを言っていたのですが
自分の炊飯器の場合3合で炊いた場合と1合で炊いた場合を比べても3合の方が米がつぶれてやわらかい感じがしてあまりべちゃっとしたご飯が好みではない私は
1合の方が美味しく感じるんですよね・・・
単に炊飯器の能力でかわるものなのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

炊飯器の多くは容量の2/3程度の時 一番うまく炊けるように設定されています。


最悪は容量いっぱいで炊いたときです。
1/3で炊いたとき、おいしく感じるのは正常な味覚を持っておられるためです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど 少なすぎるより多すぎる方が炊飯器はデメリットなのですね
ありがとうございます

お礼日時:2011/04/27 15:10

同じメーカーの同じシリーズの炊飯器で5合炊きと3合炊きがあったとき、3合炊くなら3合炊きが美味しいと思います。


理由は水の量の誤差です。
通常米を炊くときに水を張る場合釜の内側の線を目安に水を張りますよね。
また、同じシリーズで容量が違う場合釜の半径が違うことが多いですよね。小さい容量の方が半径が小さい。
となると、半径が違うのですから同じ量を炊くときの目盛りの位置が変わります。たとえば3合炊きの3合の目盛りが下から15センチで5合炊きだと12センチだったりします。とすると、このときもし水を張る量が5ミリずれると3合炊きなら3.3パーセント少ないか多いことになりますが、5合炊きだと4.1パーセント違いことになります。
つまり、大きな釜で少ない量を炊くとそれだけ水加減が変わりやすいと言うことです。水を計量カップなどできちっとはかる人なら同じ具合になる可能性が高いですけど。
そういう理由で、同じ能力の釜だったら少なく炊くなら小さい物の方が美味しいとはいえます。
ただ、5,000円の1合炊きで1合炊く場合と30,000円の3合炊きで1合炊く場合では当てはまらないかもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど 正確な水量ははかりかねると言う意見は説得力あります
ありがとうございます

お礼日時:2011/04/27 15:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qたくさん炊くとご飯は美味しいのか?

家で炊くご飯、弁当屋で買うご飯、レストラン等で食べるご飯を比較すると、明らかに家のご飯の味が落ちます。

最初は、お店の米は良い物を使っているからだろうと考えていましたが、大手ショッピングセンターで働いている知人から興味深い話を聴きました。

(以下、スーパーで働く知人の話)
「ショッピングセンターの社員食堂でのご飯は、そこのスーパーで売られている一番安い米を使っている、でも明らかに美味しい」
「ご飯はたくさん炊くと美味しくなるのではないか」

と、いいます。
それならば、家のご飯の味が落ちるのは納得できます。
しかし、なぜ沢山炊くと美味しくなるのでしょうか。

メカニズムなどをご存じでしたら、教えていただければ嬉しいです。
また、「沢山炊くと美味しくなるというのは俗説、間違え」でしたら、指摘や解説をして頂ければれば嬉しいです。
(実際にお店で調理に携わっている方のご意見も歓迎いたします)

Aベストアンサー

料理に限らず、作業を大まとめにすると、
色々なものがぶれなくなります。

煮物の味付けやペンキの色の調合など、
みんなそうですよね。
これにより、毎日繰り返す時の再現性が安定し、
美味しい以前に、
「同じ物が確実に作れる」
可能性が高くなります。

例えば水加減、米の量、水温、吸水時間、火加減
などです。
どんなにまめな方でも、
自宅で炊飯する際、
1g単位で重量計測したり、
分解能0.1℃の温度計で水温を計りませんよね?

とすれば、5合(約900cc)程度を扱うのと、
一斗(約18000cc)を扱うのでは、
毎日の経験から来るぶれが、歴然と違います。

900ccは909ccに平気でぶれますが、
18000ccは18180ccにはぶれ難いのです。

それと、炊飯に関して言えば、
お釜の中心と、お釜の肌(外側)とで、
均質ではないですよね?
中心はどちらかというと柔らかめに、
外は固めで、ひょっとするとオコゲもあります。
たくさん炊けば、
中心もたくさん、外側もたくさん出来ます。

そういうものが、合わさって、
「上手に炊けたり」、
「上手に炊けているように、感じられたり」
するのではないでしょうか?

料理に限らず、作業を大まとめにすると、
色々なものがぶれなくなります。

煮物の味付けやペンキの色の調合など、
みんなそうですよね。
これにより、毎日繰り返す時の再現性が安定し、
美味しい以前に、
「同じ物が確実に作れる」
可能性が高くなります。

例えば水加減、米の量、水温、吸水時間、火加減
などです。
どんなにまめな方でも、
自宅で炊飯する際、
1g単位で重量計測したり、
分解能0.1℃の温度計で水温を計りませんよね?

とすれば、5合(約900cc)程度を扱うのと、
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報