先日、顧問税理士が火災保険を社長(父)に勧め契約させました。
社長は断ったのだそうですが、断り切れずしかたなかったと言っています。
弊社は、赤字続きの零細企業で(売上1000万程度)保険料は節税対策にはなりません。

おそらく、保険会社からのリベートが目的なのだろうと思うのですが、他に理由があるでしょうか?

代理店になっている税理士にいくらキックバックされるのか詳細はしりませんが、
始めから、リベート目的で、断っている人間に保険を売って、保険料を払わせるというのは、
詐欺には当たらないのでしょうか。

ちなみに、まだ黒字が出ていた頃、私に生命保険を掛け(受取は法人)保険料を
損金にしていました。今も払っています。

私がいない間に契約させていてどうにもなりません。
とりあえず地震保険は断れと言っていますが、断れるか心配です。

余談ですが、目もあわせず、含み笑いで帰って行った保険会社の社員には
憤りを覚えます。

私の理解に誤りがあれば、ご指摘をお願いします。
また、対策などがあれば、ご教示くださればありがたいです。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

だいぶ辛い境遇のようですね。



私であれば、親から切られるのであれば、独立などを考えます。
発展的発想や現状維持の経営が出来ない親族経営の会社にいればいるほど、最終的には自分に回ってきてしまうかもしれませんからね。

それであれば、協力できる範囲を狭め、外からの収入を得ることで、第三者的協力者となり、精神的な負担も軽減できるのではないですかね。

状況によっては、あなたを保証人とする話だって出てくるかもしれませんよ。

税理士も営利を追及します。優しすぎる税理士で、未収の顧問料を回収できない税理士もいます。逆に、税理士自身の営利だけを追求し、顧問先は顧問料などを得るための道具などと考えている場合もありますからね。

立場は違いますが、私は兄弟で会社経営し、弟として協力しています。兄が私を卑下すれば協力がなくなり、今以上の支出やデメリットが生じることでしょう。さらに、法的知識も専門家ほどではないにしろ、兄より得意ということも、兄は理解しています。ですので、兄は私を切りたくても切れません。そのような関係もありつつ、お互いの信用も築いていますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々返事が遅れてすみません。

まあ、要するに、良質の客層は親がもっていて、
しかし、機材関連は、私がいないと動かない。

そういった状況で、現状維持が無難なのです。

なんども回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/07 18:02

お礼を読ませていただきました。



質問者様や質問者様のお父様について、私には理解しがたい部分があります。

別表を読む力があるようですし、税理士を信用していない状態で、なぜ顧問契約を継続しているのでしょうか?顧問契約の内容で特別な制約が無ければ、あなた方からの通知一つで顧問契約の解約は可能でしょう。

保険についても、あくまでも税理士は代理店でしょう。保険会社と直接手続きをして、解約も可能でしょう。

税理士は、税理士試験という難易度の高い国家試験の合格が必要です。これが免除されるのは、法改正前の大学院の修士課程を二つ以上や20年近い公務員などで無い限り難しいでしょう。それなりの知識とお金が無ければ、簡単に税理士にはなれません。
ただし、税理士の指揮命令の元で補助者になるのには、試験も研修も必要ではありません。もしかしたら、単なる無資格補助者で、税理士の家族の顧客を食い物にしているだけかもしれませんね。

会社が赤字であれば、省けるものは省くべきです。税理士が尻拭いしてくれるわけではありませんよ。顧問料なども安い税理士はいくらでもいると思いますよ。

私自身は税理士ではありませんが、無資格補助者としての経験があります。補助者ですので税理士の指揮命令に従うわけですが、私のいた事務所の税理士にお金を支払うメリットは感じませんでしたね。現在経営者となったことで、そのような税理士がいることも勉強になりましたし、実質業務上の指揮命令もなかったため、実務の勉強にはなりましたので、個人的には感謝していますがね。

納得できない税理士のために働くのは、出来るだけ早くやめることをおすすめします。
行政書士や司法書士へ相談料を払ってでも、顧問契約解除の通知を出した方が、あなた方の役員報酬などの確保がしやすかったり、保険料負担を削ることでの事業資金の確保にもつながると思いますよ。

私は現在経営コンサルタントを副業としており、税理士報酬を無駄に支払ったりしている経営者が多いことに矛盾を感じています。税理士はサービス業であり、顧客が満足して初めて成り立つものだと思います。不満を与えれば顧客が減るのは当たり前の話だと思いますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々、丁寧な回答ありがとうございます。
また、返事がおくれてすみません。

今回の質問で、私と父とに違和感を感じられたのは当然だと思います。

私自身、回答者様と全く同意見で、ここ10年来、父に同じことをいっております。

しかし、残念ながら、父は知恵が遅れているのではないかと疑うくらい愚鈍で、
まともに会話が成立したことすらありません。検査をしたわけではないのですが、
おそらく、小学校低学年程度の理解力しかないだろうと思うのです。

さらに、件の税理士は、父と中学からの同級生で、
たとえば、他に、裏金で歯医者になったのとか(本人以外、町中がしっています)、
銀行につとめて、客の預金を横領して捕まったやつとか、
まあ、ろくでもない連中ばかりの集まりなのです。
(ちなみに、親でなければ、一番最初に切るのは父です。)

さらにさらに、父は私をけぎらいしておりまして、何を言っても
聞く耳をもたないか、あまのじゃくで、反対のことをし、私と反対の意見を
吹き込まれると無条件に反射、まさに反射的にそっちを採ります。
私は、あまりの怒りで、右の奥歯がかけております。医者にはなるべくストレスをかけないように
とアドバイスされる状況です。

愚痴っぽくなったので、ついでにかくと、

祖父が個人でやっていたのを、法人にしたのはその税理士。
バブル期に8000万からの借金をさせて、規模を膨らませたのもその税理士。
(おかげで、私は17年借金を返すだけの人生でした、まだ終ってないけど。)
で、先先年借金がおわり、去年抵当を抜いた(はず、付き添ってないので。)ら、
その税理士に、

”そろそろ自立して、親を楽にさせる気はないのか”

といわれる始末。

ようするに、何をするにしても税理士のいいなりで、わたしはお手上げなのです。

その他、昔からついてくれている固定客は、両親を信頼して(何故か、優しいいい人に見えるらしい、害はないのだが。)
いるので、引退させて私ひとりで今の規模をまわせるかというとおそらく無理でしょう。
本来、町の家族経営でほそぼそと経営しているはずが、やたらと規模が大きいのです。
というより、父を引退させるなど、その税理士が許さんでしょうね。
そんな権限がないのは重々承知してますが、私をクビにしろといわれれば、私の方をクビにするでしょう。(たぶん。)

長い話しになってしまいましたが、私自身はたからみたら、自分がバカに見えることでしょう。
ですから、回答者さまが理解不能なのもごもっともなことで。

今回の件も、

税理士は、ほぼ間違いなく保険代理店であること。
場合によっては、保険を売ることをメインにして、顧問料を安くするということで
会社にはいってくること(全員ではないとことわってます。)
たちの悪いのは、リベートをとってしまえば、会社がどうなろうと知ったことではないこと。

など、必死で説明して、両親を追い込んだのですが、返ってきたことばは、”長いつき合いだから”でおわりでした。

この不景気のなか、あせって行動をおこすとろくなことはないでしょうから、
しばらく流されながらぼちぼちやっていきます。

かえすがえす、ご意見ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/02 16:37

保険会社代理店の税理士に、契約している保険の解約を申し出ればよいのではないですか?



保険会社の社員やその税理士に問題があっても、違法的なことをしていなければ問題ないでしょう。
契約には、契約する方の捺印や署名が必要でしょう。代理店などがどのような目的で勧誘しても、最終的には社長であるお父様が契約したのでしょう。

なにか保険内容でだまされたのでしょうか?
だまされたとしても、証拠が無ければ難しいでしょうね。

ただ、契約するのが任意での自由であるのと一緒で、解約するのも自由でしょう。
私であれば、そのような税理士との顧問契約自体見直しますね。
保険を解約するとなれば、契約してすぐの場合には代理店にペナルティも発生することでしょうね。

法人の代表印などは安易な場所で管理しないことです。貸金庫などに入れておくなどすることで、その場での契約などをしないように出来ることでしょう。さらに、最近では、保険料の集金なども嫌がるため、口座引き落としでしょう。銀行用の代表印などを用意するし、財務関係を担当する人が別に管理すれば、引き落としの契約はすぐに出来ないでしょう。

あなたが後継者であれば、早い段階で継いでしまうことですね。お父様の信用を残したいのであれば、名誉職の会長などにしたりすれば良いでしょう。登記上の役員が必要であれば、平の取締役にしておけばよいでしょう。そうすれば、お父様に契約権限はなくなりますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御回答ありがとうございます。

おっしゃる通り、だまされたわけではなく、無理強いされただけです。
断れないことをいいことに、私が居ない間に契約させたわけです。
だましてないなら、詐欺にはなりませんね。まあ、当然でしょう、向こうも士業ですから罪にならないようにするでしょう。

また、契約を辞めたいのもずっと前からのことです。
この税理士が、高校もろくに出ていない(推測)ようなゴロツキだったのが、兄が公認会計士だったから、
経緯はしりませんが、税理士になったような輩で。

父がボーっとしてるのをいいことに、会社をいいようにあつかってます。
質問しようものなら、逆切れしだす始末。
この間は、

”お前に社長の資格はない”

と暴言をはかれました。

”保険うって稼いでる税理士に経営なんぞ無理やで”って言ったらなんていっておこるんでしょうね。
いろいろな人間関係で顧問契約の解除はできないのです。(死ぬのまつしか。)

ここからは完全に推測なのですが、息子が税理士の資格をとっているらしく、その親父の税理士にくっついて
帳面をみてるのですが、その息子が代理店になったのでしょう。
契約の取り方を、一番やりやすいうちの社長で経験させたのではないかと。

ま、会計ソフトで書類つくって、赤字だから別表も大してかくとこないだろうし。
顧問契約辞められる日がきたら、自分で作業して、個人事業にもどして、という将来をかんがえております。

あまり意味のない質問に、丁寧な回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/27 17:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険の比較サイトを教えてください

生命保険の見直しを考えています。
保険の比較サイトが数多くありますが、偏りを感じずにいられません。
まずは比較サイトを比較するところから始めたいと思うので、
皆さんがご存知の比較サイトを教えていただきたいです。
またこのようなサイトを使った場合のデメリットも教えてください。

Aベストアンサー

保険の資料を請求すると電話やDMがウザかったり(^^;
単なる資料請求サイトは避けたいですよね。

http://www.hoken-erabi.net/
http://www.bang.co.jp/
http://www.insweb.co.jp/
http://www.hokende.com/

Q税理士の方、税理士を目指している方に質問です。

皆さんが税理士を目指した理由を教えていただきたいのです。

私は現在大学二年生で、来年の簿・財同時合格を目指し9月頃から大原などに通う予定です。
そもそも私が税理士を目指したのは、簿記をやってみたら意外と面白く、大学生の間は勉強をしようと考えていたので、
勉強のやりがいがありそうで、年収も安定して、世間に認められている資格である税理士は私にぴったりだと思ったのが理由です。

まだ税理士の勉強は始めてないですが、今はしっかりと毎日勉強して税理士に一歩一歩近づこうという気持ちがあります。
しかしこのようなきっかけで始めた勉強が何年もモチベーションを保てるのかな?という不安もあります。

そこで実際に皆さんの税理士を志した理由や、現在の状況などを教えていただいて、自分のモチベーションにつなげたり、参考にしたいと考えております。

出来るだけたくさんの意見をいただけたらうれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>税理士を目指した理由などを聞かせていただけますか?

私がこれを始めたのは単純な理由です。
私は経理を長年やっていましたが30代の半ばにあるセミナーでよその会社の社員とお会いした時に、他社には良く勉強している人がいると言うことに気が付いたことがきっかけです。
それから再度簿記の基礎からやり直しをし、結局簿記1級まで取りました。そこでここで辞めるのは勿体ないと言う気持ちになり、どうせなら税理士までやってみるかと言う気楽な話でした。
初めは気楽でしたがその後ではこの試験の実態がわかるほど中途半端ではいけないという気持ちになり、結局5年間は本当に真面目に勉強したつもりです。合格は42歳です。
ただ私は最初の動機が上記のとおりなので、開業のつもりはありませんでした。
でもその後は会社の申告は定年までやらせてもらえましたし、国税局の調査も自分で対応し、調査官と方の解釈をめぐって理論闘争をするなど、互角は無駄にはならなかったと思っています。
その間に中高年で転職がありましたがそのときはこの資格は十分役に立ったと思っています。
なお今は年金世代ですがまだフルタイムの現役です。

>税理士を目指した理由などを聞かせていただけますか?

私がこれを始めたのは単純な理由です。
私は経理を長年やっていましたが30代の半ばにあるセミナーでよその会社の社員とお会いした時に、他社には良く勉強している人がいると言うことに気が付いたことがきっかけです。
それから再度簿記の基礎からやり直しをし、結局簿記1級まで取りました。そこでここで辞めるのは勿体ないと言う気持ちになり、どうせなら税理士までやってみるかと言う気楽な話でした。
初めは気楽でしたがその後ではこの試験の実態がわか...続きを読む

Q住宅保険の比較できるサイト

現在火災保険しか入っていませんが、
自然災害もカバーできる保険に入ろうと思います。
各保険会社の保険の内容や掛け金を比較できるサイトはありますでしょうか。

Aベストアンサー

火災保険で補償されるのは火災だけではありませんよ。
住宅火災保険であれば、火災・落雷・破裂(爆発)の他、風・雪・ひょう災もセットされています。
住宅総合保険ではさらに、水災、外来物との衝突、盗難、水漏れ、騒じょうによる損害も補償されます。
住宅火災保険や住宅総合保険は昔からある火災保険で、今となっては少し時代遅れです。
新しいタイプの火災保険は補償を自由に設定できますので、おすすすめです。

火災保険は非常にややこしい保険ですので、一般の方がサイトで比較するのは無理があります。
損保数社に見積りを依頼したほうが確かです。

Q税理士を目指しているのですが、行政書士を取る必要はありませんよね?税理士を取れば付いてきますよね?

税理士を目指しているのですが、行政書士を取る必要はありませんよね?税理士を取れば付いてきますよね?

税理士試験に向けての勉強の過程で行政書士を取るとなにか役に立ちますか?

Aベストアンサー

税理士となる資格を有する者は、行政書士となる資格を有する。
(行政書士法2条5号)

行政書士試験には、税理士試験にない法律科目試験があるから
税法の対象の実体法がわかりよいのでは。
例、会社法とか行政書士試験で出るから、
法人税の理解に役立ちうる。
もちろん、税理士で行政書士業務やるより、両方の試験
に受かってる方が、行政書士業務の信頼度が増すとかあるでしょう。

Q積立貯金と比較したいので学資保険の金利を導き出したい

皆さん、宜しくお願いします。

現在、学資保険の見直しを考えており、乗り換えの対象に積立貯金を考えております。
ただ、学資保険の年金利が分からず比較ができません。

そこで学資保険の年金利の導き方を教えて頂ければと思います。
学資保険で分かっているのは「年払いの金額」「支払期間」「支払総額」「受取総額」です。
これらからの計算方法を教えてください。

また、年金利以外でも比較できる方法があればそちらも教えて頂けるとありがたいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「学資保険と積立貯金と比較したい」ならば、
「学資保険の金利」を計算するのではなく、
いくら払って、いくらもらえるかという
受け取りの率で比較されてはいかがですか?

金利は単純な加減乗除の計算では算出できません。
さらには、税金が異なるなど、金利が高ければ良いという
単純な問題ではありません。

さらには、学資保険の場合、中途解約の時期によって、戻り率が
ことなるという問題もあります。

税金
積立預金=利息に20%課税。
学資保険=一時所得として計算。
(受取金額)-(支払金額)-50万円がプラスならば、
その2分の1を他の所得と合算して課税。

ご参考になれば、幸いです。

Q株で独立したいのですが、税理士を雇う場合、やはり株を専門とする税理士を雇った方がいいですか?

株で独立したいのですが、税理士を雇う場合、やはり株を専門とする税理士を雇った方がいいですか?

Aベストアンサー

株で独立って?
投資家になるという意味?
独立という言葉はふさわしくないように思いますが?投資家の方々では普通なんでしょうかね。

税理士を雇う?
税理士を雇うような人や経営者って、ほとんど聞きませんよ。

税理士を雇うのは良いですが、年収数千万円などとなるような税理士を雇うわけですから、それ以上の給料を払えるのでしょうか?
税理士と顧問契約などをしたとしても、雇用することはまずないでしょう。

株を専門にする税理士って、投資家である税理士ということですか?
株式投資などの申告などを専門にする税理士ということでしょうか?
あまり聞きませんね。

わかりやすい説明をしないとよいアドバイスも得られませんよ。
優秀な税理士であっても、依頼者の期待に応えるためにはわかるまで説明を求めますよ。

Q保険商品の比較検討ってどうやっていますか?

保険に入ろうと思っていますが、膨大な商品の中から比較検討する必要がありますよね。

複数保険会社と契約している代理店の営業マン等にプラン計画を練ってもらうのもありかと思いますが、個人的にはもっと保険商品についての知識を得た上でならその方法もありかと思うのです。

皆様はどのようにして保険商品を比較検討・決定されたのでしょう?

また、保険商品に関して詳しくなる方法はありますか?
書籍等オススメあれば教えてください。

Aベストアンサー

外資の保険会社で働いてるものです。うちに限らず、外資はオーダーメイドという所が多いと思いますが、
うちの場合はオーダーメイドで設計する前に、保険に詳しくなってもらいます。オーダーメイドでオーダーしてもらう為です。

その時話す話として・・・
生命保険はシンプルに考えてもらいます。

・定期保険(掛け捨て)・・・小さな負担で大きな保証 でも期限付き
・養老保険(貯蓄保険)・・・貯金機能付き定期保険 (老後を養う)
・終身保険(色々便利)・・・保証は一生涯 キャッシュバリュー(貯蓄機能あり)

ちょっと雑な言い方ですが、生命保険は上記3種類しかありません。
この3つを色々組み合わせて設計します。

文章にすると長くなるので割愛しますが、要するに上記3つをまず知るところから始めてみては如何でしょうか?

保険商品個別でみたら、会社毎に多少の違いはあれほとんど変わりません。
一番の違いはその保険のセールスマンです。

保険は基本的に一生の付き合いになるものですから、本当に信頼できると思える人から入るのが一番なのは間違いないです。もしその保険を使う時が来てしまった時を考えてください。本当に困った時に力になってくれる、と思う人から入るべきだと思います。

外資の保険会社で働いてるものです。うちに限らず、外資はオーダーメイドという所が多いと思いますが、
うちの場合はオーダーメイドで設計する前に、保険に詳しくなってもらいます。オーダーメイドでオーダーしてもらう為です。

その時話す話として・・・
生命保険はシンプルに考えてもらいます。

・定期保険(掛け捨て)・・・小さな負担で大きな保証 でも期限付き
・養老保険(貯蓄保険)・・・貯金機能付き定期保険 (老後を養う)
・終身保険(色々便利)・・・保証は一生涯 キャッシュバリュー(貯蓄機...続きを読む

Q税理士の年齢

最近税理士を目指す決心をし、大学卒業後は就職をせずに専門学校で税理士の勉強をしようと考えています。
そこで質問なんですが、みなさん税理士試験を5科目合格した時の年齢は平均的にどれくらいなんでしょうか?26~28歳で5科目合格は遅いほうですか? 

Aベストアンサー

こんにちは。
ご質問の年齢で合格されれば上々ではないかと。
ただし、登録時、登録後のことを考えると
就職しないのはもったいないですね。
税理士の登録には試験合格の前後を問わず
実務経験2年が必要です。
税理士事務所でもよいですが、一般企業の
経理部門でも実務経験に該当します。
中小企業の経理部に入れるといいですね。
日商2級をとってアピールするのもいいでしょう。
現在1級を勉強中です(やるやらないは別)と
言えますからね。
3年程度働いてみて、先に将来のクライアントさん
の実態を知っておくのも悪くないと思います。
いろいろと勝手なことを申し上げました。
がんばってください。

Q保険を比較したい

各社の保険を比較したいのですが、
全各社からパンフレットを請求したり、
全社の営業に設計書を作成してもらう以外に、
一目瞭然に比較検討できるものはないのでしょうか。

みなさんはどのように比較検討されているのでしょうか。

生命保険は住宅の次に大きな買い物といわれています。
そう簡単には決めたくはありませんが、
何ヶ月もかけて決めたくもありません。
生保の外交員の方でさえ自分の社の商品すら満足に理解していないという方もみえるとか…。

どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

前回の質問にお答えするのが遅くなり申し訳有りません 信頼できるライフプランナーの探し方ですがこればかりはアドバイスのしようが有りません 私自身が設計するもしくは私の知人の代理店の人間を紹介することなら出来ますがまったく面識の無い代理店をこの人は信頼できますよとお勧めする訳にもいきませんし前にも言いました通り会社に所属するライフプランナーは当たり前ですが自社商品を強く押してきます 単純に商品比較でしたら下に載せたサイトに現在販売されているほとんどのものが載っていますから参考にして下さい ただ一般の方の保険比較というとどうしても値段の比較になってしまいがちです 最近週刊誌に良く載っている保険診断や比較も明らかに素人が書いたと思われる極めてお粗末なものが多いです seihoさんがおっしゃられているように保険というのは大変大きな買い物です 保険料の安いものには安い理由が高いものには高い理由が必ず有りますのでそれも考慮した上でじっくりと比較検討なさって下さい

参考URL:http://www.hoken-de.com/products.htm

Q税理士財務諸表論

2年連続で財務諸表論が不合格Aでした。昨年は大原の上級コースを受けており、金銭的にも同じ授業を何度も受けたくないのでH18試験は直前の答練までは市販の問題集を使ったりして、独学で臨もうと思います。ただ、新規項目や試験の傾向にそった学習ができるかが不安です。どのような形で勉強を進めれば良いか、アドバイスを下さい。

Aベストアンサー

去年2回受けてどうでした?
新規項目とか大して出題されてないでしょう。

大原とTACで手に入る、上級用の問題集を
コピーしては解くの繰り返しで完璧に3回転させれば
100%合格です。

さらに余裕があれば直前の答錬も3回転回してやれば
さらに安心です。

独学は授業に出ない分時間がありますし、他の学校の問題集もやり放題です。

独学の強みを生かして絶対に合格してください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報