質問内容が簿記の内容からは外れているように感じますが、項目としては副産物の評価額です。

問題には、完成品のうち120kgは副産物であり、加工せずにそのまま売却する。副産物1kg当たりの見積額は次の通りである。
見積売却価格 @24円
見積販売価格 @4円
正常利益    @3円

とあり、

回答としては
(@24ー@4ー@3)×120=2040円

となるようですが、実際の商業活動において考えて見れば、24円(1個あたり)で販売。
水道光熱費等で販売費4円(1個あたり)かかる。
となるはずですが、正常利益3円(1個あたり)となるのが、納得行きません。

説明によれば、「副産物は仕損と同じように扱われる」とのことなので、取得原価としては0円。
ならば、
正常利益は(@24ー@4)=@17円
とするのが正常のように感じるのですが、何か慣例や条例等でおけらの正常利益はx円などと決まっているのでしょうか?

また、完成品総合評価学を算定するにあたり、副産物の評価額を控除するようですが、この処理も、「副産物は仕損と同じように扱われる」と考えれば、控除の項目にならないように感じられるのですが、そこはどうなっているのでしょうか?
廃棄する場合は、控除されないということでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2です。



仕損品の見積売却価格ですが、私の見聞した機械メーカの場合は切削ミス等がほとんどの様で、他の切削屑の捨て場に放り込まれ屑として売却されていました。屑の売却代金は製造間接費の戻りとされていたと思います。

なお、仕損品について売却価格を見積もることについては原価計算基準に規定されていますが、原価計算基準は全国の実務者から寄せられた様々なケースを集大成したものだと思います。業種・業態によってはよくあることだろうと思いますが、私は残念ながら実務では見たことがありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただき、ありがとうございました。

「売却価値または利用価値を有する場合と有しない場合」の判断基準は、販売ルートがある場合はその売却価格を、ない場合は原価計算基準を元に計上するということですね。

ひょっとしたら、自由に売却価値は設定できるのかと考えておりましたが、お陰さまで疑問が解決しました。ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/02 15:30

質問者さんの「副産物は仕損と同じように扱われる」との理解からすべての混乱が生じているようです。



まず、仕損について整理してみます。

加工ミス等により規格に満たない製品ができることを仕損といいますが、仕損品は
(1)補修によって良品に回復する場合と
(2)補修しても良品に回復しない場合
に分かれます。そして補修に要する費用は製造原価として計上され、完成品全体で負担することになります。

上記のうち
(1)の場合は補修によって仕損品は良品に生き返りますが、
(2)の場合は仕損品として残ります。そしてこの残った仕損品が売却価値または利用価値を有する場合と有しない場合に分かれるのです。
(2)-1 売却価値または利用価値を有する場合は、その見積額でその仕損品を評価すると同時に製造原価から控除します。
(2)-2 売却価値または利用価値を有しない場合はその仕損品の評価はゼロとなり、製造原価から控除できる金額はありません。

ところで質問者さんは上記の(2)-2が仕損のすべてであると誤解されていませんか。
副産物であれ補修不能の仕損品であれ、処分価値があればその金額だけコストを回収できる訳ですから、その金額は製造原価から控除することになります。

この回答への補足

回答いただきありがとうございます。また、返答が遅れ申し訳ございません。

仕損処理を詳細に分類いただき、大変参考になりました。
加えまして質問なのですが、
>>(2)の場合は仕損品として残ります。そしてこの残った仕損品が売却価値または利用価値を有する場合と有しない場合に分かれるのです。

とありますが、「売却価値または利用価値を有する場合と有しない場合」の判断基準は、私の教材には、質問文中のように見積売却価格はいくらと出ており明解ですが、実務においてはどの様に決まるのでしょうか?
ご存知の範疇でお答えいただければ、幸いです。

補足日時:2011/05/01 11:19
    • good
    • 0

これは観点を変えて、この副産物の原価は平均的にどう推定できるかで見たらよいでしょう。



販売価格-(製造原価+販売費一般管理費)=営業利益
ですね。

この式を変えると
 製造原価=販売価格-営業利益-販売費一般管理費
ということになり上記の答えを同じになります。

この考え方は、副産物でも製品と同じ工程の原価はかかっているので、それを基礎に計算するということでしょう。

 (見積販売価格は見積販売費の間違いですよね)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。また、返答が遅れ申し訳ございません。

その回答に加えて質問させていただきたいのですが、
>>製造原価=販売価格-営業利益-販売費一般管理費

上記の式だと、販売価格及び販売費一般管理費は実際の価格で表示されますが、製造原価を算出する場合、この価格は0≦X≦実際の完成品価格の間で推移すると思うのですが。この式で考えると営業利益は範囲内で自由に設定できると言えると思うのですが、どうなのでしょうか?

>>(見積販売価格は見積販売費の間違いですよね)
すいません、そのとおりです。

お礼日時:2011/05/01 11:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q若葉マークです。どうしても判りません。教えてください。

「つなぎ売り」での一時的な下落のリスクを回避について、下記の内容をご回答されておられます。

「たとえば、250円で現物10000株持っていれば、300円で信用売りしたときに350円になっても
損失はゼロです。現渡しという方法を使えばいいからです。逆に280円まで下落した場合には、
20万円の利益が得られます。現物も20万円の評価損になりますので、実質的な儲けは生まれません
が一時的な下落のリスクを回避することができます。」

ご質問 若葉マークの考え&計算
(1) 持ち株が350円に上昇、1.000.000の利益。300円で信用売り350円に上昇、500.000の損失
  現渡し後、500.000の利益確定(経費別)
  この様な考えです。どうしても・・・損失はゼロ・・にはなりません。
(2) 逆に280円まで下落した場合、
  持ち株が280円に上昇、 300.000の利益。300円で信用売り280円に下降、200.000の利益。
  利益確定はしていませんが、・・・現物も20万円の評価損・・ではなく
  現物も30万円の利益が出ます。・・実質的な儲けは生まれませんが・・
  このまま利益確定をすれば、500.000の利益確定となります。
  この場合も利益が出てしまいます。

  わたくしの考え、計算方法の間違いついてご指摘・ご指導下さい。

「つなぎ売り」での一時的な下落のリスクを回避について、下記の内容をご回答されておられます。

「たとえば、250円で現物10000株持っていれば、300円で信用売りしたときに350円になっても
損失はゼロです。現渡しという方法を使えばいいからです。逆に280円まで下落した場合には、
20万円の利益が得られます。現物も20万円の評価損になりますので、実質的な儲けは生まれません
が一時的な下落のリスクを回避することができます。」

ご質問 若葉マークの考え&計算
(1) 持ち株が350円に上昇、1.000.00...続きを読む

Aベストアンサー

たぶんその回答は私が過去にしたものだと思いますが・・・

どちらも評価益になりますね。
たしかに、ご指摘の通りで「評価損」という言葉の使い方を間違っています。

私が言いたかったのは300円で信用売りしてからの評価損益です。したがって、正確に言い直せば

「たとえば、250円で現物10000株持っていれば、300円で信用売りしたときに350円になっても現物の利益が100万円分あるので、信用売りの損を考えても差し引き50万円の利益を確保できます。現渡しという方法を使えばいいからです。逆に280円まで下落した場合には、信用売りで20万円含み益、現物では30万円の含み益になります。300円の時から比較して実質的な儲けは生まれませんが一時的な下落のリスクを回避することができます。」

Q会計士試験勉強の副産物としての簿記一級

最近、公認会計士を目指そうかと考えているのですが、会計士試験は非常に難しいと聞きました。
しかも大学受験とは違い志望校を下げるというような真似はできず、白か黒か、合格か不合格か2つに1つしかないということは、もし不合格になった場合は何も残るものはなく、それまでの勉強は無駄だったということになります。
ただし、ここでの何も残らないというのは勉強の努力が形あるものとして残らない、また他人にも評価されるものが残らないと考えください。もちろん必死に勉強した経験であるとか、それに伴って身についた知識などのいわゆる形のないものが残ることは分かっています。
ただやはり、僕としては必死に勉強するのなら、だれにでも「あの人は勉強したんだな」とわかる資格という形あるものとして勉強の成果を残したいと思っています。
そこで、以前、簿記一級は会計士を目指している方が肩慣らしに受けることがあると聞きました。これは会計士の勉強をしっかりとしていれば、簿記一級も合格できる知識が身につくということなんですか?試験範囲がかぶっているということなのでしょうか…?

Aベストアンサー

会計士の勉強中の者です。

講師に言われたことばですが、
「会計士はいわば簿記のプロ」です。

簿記1級は会計士試験よりも難易度は低いので、会計士試験に合格するぐらいの力を見につければ合格は可能ですよ。

範囲がかぶっているというよりは、簿記1級は簿記のあらゆる処理を範囲としているのに対し、会計士も同じく簿記のあらゆる処理ができないといけないので、必然的に範囲が一緒(正確には範囲がないとでもいいましょうか)なんですね。

会計士試験の勉強をしてる人で簿記1級を受ける人はたくさんいますよ。
ただ、難易度は会計士試験の方が難しくても、出題パターン(問題形式)が簿記検定とは異なる為、会計士の勉強だけで受かるわけではありません。
一応それなりに過去問やらなにやらで対策すれば、の話です。

ちなみに私はまだ会計士の簿記の範囲が全て終わる前に一度受けてみましたが、やはりダメでしたね。会計士試験2年目の人とかは受かってるみだいでしたよ(^^)私ももう一応全範囲習ったので、今なら受かりそうな気はしますが。

参考になれば幸いです★

Qマークアップとマージンの違いについて教えてください

よろしくお願いします。
マーケティングの価格戦略について勉強しており、マークアップとマージンが違うということは理解できました。

例えば
原価80のものに利益20を上乗せした場合のマークアップは25%(20÷80)になりますよね?
逆に価格100から売上マージンを見た場合は20%(20÷100)になります。
これは言われてみればそれは確かにそうだよねという感じなのですが、この違いを把握するということにどういう意味があるのでしょうか?
分かりやすい例を交えて教えて頂けると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

マークアップとは仕入れ値に一定の比率を加算して販売することです。
マージンとは利ざや,利潤をいいます。

仕入値段=原価80としたら,マージン(利ざや)20をプラスして販売価格とします。←この考えが基本です。
仕入れ値=原価80をそのまま販売したら設けはありません。
仕入れ値=原価80にマージン(利ざや)20を加算して100で販売すれば20の儲けになります。
マージン(利ざや)は,20でも30でも,あなたが自由に決めてよいのです。

Q(120回 第3問)当期純利益と繰越利益剰余金が同じ額なのはどうして?

損益計算書の当期純利益と
貸借対照表の繰越利益剰余金が同じ額(425,000円)ですが
これはどういうことですか?

当期の利益は
損益計算書では「当期純利益」と呼び
貸借対照表では「繰越利益剰余金」と呼び
中身は同じということでしょうか?

私としては
損益計算書の当期純利益に前期の繰越利益剰余金を足して
当期の貸借対照表での繰越利益剰余金になると思っていました。

何かわかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

創業してまだ一年目なんじゃないでしょうか
若しくは、前期以前の利益剰余金をすべて配当により分配したとか、資本金に組み入れたとか
それか前期末で純損失が発生して利益剰余金が0になったということも考えられるん
じゃないでしょうか

Q経常利益は従業員に公表すべき?

会社を経営しています。
有限会社、取締役は私一人で、社員1名、アルバイト30名の規模です。

従業員(アルバイト)からアパートを借りるため、
会社の売上高と経常利益を教えてほしいと言われたのですが、
社員の賃上げ要求を避けるため、
また狭い業界なので競合他社にマークされることを避けるため、
公表したくないのですがそれは可能なのでしょうか?
法律的には正しいことなのでしょうか?

Aベストアンサー

アパートを借りる際の審査に、必要なんですよね。
概算の金額でもいいので、知らせてあげたらと思いますけど

公表はする必要はないですけど・・・

Q工業簿記 間接経費 「測定額」と「支払額」

問題集の第4問に多く出題される
製造間接費の勘定記入の問題で

○経費のデータ
・当月電力料測定額 13,550円
・当月電力料支払額  9,300円

とあり、回答を見ると
「測定額」のみ加算して「支払額」は無視していました。

これは「支払額」には前月分も含まれているかもしれないからですか?
でも問題文には「前月分も含まれている」とも「含まれていない」とも記載されていません。
これは割り切って「測定額のみ加算する」覚えるしかないですか?

アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

支払額というのは仰る通り、前月分や次月分を含む場合(原価計算期間と一致しない場合)があるため、
製造原価を算出する際には関係のない数字になります。
測定額とは、原価計算期間の消費額を測定し、それに基づき計算された金額なので、経費として計上される金額は測定の金額をつかいます。

Q利益率について

一口に利益率といっても、売上総利益率、営業利益率、経常利益率、当期利益率、総資産利益率、総資本利益率、投下資本利益率、さまざまな利益率がありますが一般的に利益率といえば、どれをさすのでしょうか?
また何%ぐらいが会社として理想的なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

みなさんのおっしゃる通り、立場により、状況によりどの利益を重視するかは異なりますし、業種によっても利益率は異なりますので一概には言えません。

具体的にいきましょう。
小売業:売上総利益率は30%前後が一般的と言われていますが、ユニクロやハニーズのようなSPA(製造小売)と呼ばれるところは40%を超えています。
製造業:30~50%くらいが多いです。
半導体検査装置、といった競争が激しくない製品であれば高い売上総利益率になりますし、反面競合の多い業種であれば低くなる傾向があります。
飲食業:ラーメン屋は60~70%程度、居酒屋は50~60%程度が多いです。

*ただし上記の数値は上場企業の一部に限った話で、もっと高い売上総利益率を取っているところもありますし逆に非常に低いところもあります。


そして「利益率」とはどれをさすか?ですが、、、
例えば、、
小売業・飲食業で、同業他社と自社との競争力を比較する場合、まず見る指標は「売上総利益率」です。
投資家が企業を比較する場合、経常利益率、投下資本利益率を見る場合が多いです。
(余談ですが投資家に対する開示義務には売上総利益は含まれておりませんので公表しなくてもよいことになっています。
だから決算短信には記載されず、有価証券報告書に記載されるのですが)

金融機関(銀行)がその会社への融資の可否を判断する際は、総資産利益率、投下資本利益率といった効率性をあらわす指標は重要視されません。
銀行にとってはあまり意味のない指標だからです。
しかし金融機関でもベンチャーキャピタルのような投資家集団は効率性を重視しますので、投下資本利益率は見ます。

おわかりでしょうか。
誰が見るか、どういう状況で見るか、で重視する指標は異なること、また何%がいいのか、はこれという正解を出せるものではないということです。

みなさんのおっしゃる通り、立場により、状況によりどの利益を重視するかは異なりますし、業種によっても利益率は異なりますので一概には言えません。

具体的にいきましょう。
小売業:売上総利益率は30%前後が一般的と言われていますが、ユニクロやハニーズのようなSPA(製造小売)と呼ばれるところは40%を超えています。
製造業:30~50%くらいが多いです。
半導体検査装置、といった競争が激しくない製品であれば高い売上総利益率になりますし、反面競合の多い業種であれば低くなる傾向があります。
...続きを読む

Q企業内で簿記1級と税理士の簿記論どちらが活きるのでしょうか

 年内に簿記2級を取って経理職に転職をしたいと考えています。ただ、経理として成長していくにあたり、簿記1級か、簿記論か、どちらが企業内経理として役に立つのか教えていただきたいと思います。ちなみに税理士として独立するつもりはありません。私としては、財務諸表が作れ、かつ、顧問税理士の方の言うことを鵜呑みにせず、自分でも再度検討してより自社に合う形を提案できるような経理になれたらと考えています。
 また、簿記1級と簿記論はどちらが難易度が高いのでしょうか?転職活動の中で、「現在勉強中です」と言うにあたり、簿記1級と簿記論は企業からはどちらが評価されるのかも気になります。
 色々質問を詰め込んでしまって申し訳ございません。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

純粋に転職だけを考えるのであれば、簿記一級のほうがいいのではないかと思います。

両方合格していますが、私は簿記論のほうが難易度は高いのではないかと思います。
商業簿記、として考えるのであれば、簿記論のほうが難易度は上
原価計算等の勉強範囲を加味して考えるのであれば
同等程度になるのかなぁ、というところです。

一級のほうがいい、という理由。
連結会計をやる。(今は簿記論も連結やるのかも。不明)
会計学、工業簿記をやる。
特に工業簿記をやるということは、対象企業が増える、ということになりますよね。

採用側の立場にたてば、簿記論、といわれると
税理士を目指しているのかな?
それまでの腰掛けかな?という印象を与える可能性があります。

簿記一級を取得して、会計学をより深く勉強し
財務省評論の勉強(要するに会計学の詳細と思っていただければ)
それから、財務諸表分析の勉強をしたほうが
有意義なのではないかと思います。

財務諸表分析ができれば、取引先の信用度等を
経理の立場から判断できることができ
企業内で役にたつことができるでしょう。

純粋に転職だけを考えるのであれば、簿記一級のほうがいいのではないかと思います。

両方合格していますが、私は簿記論のほうが難易度は高いのではないかと思います。
商業簿記、として考えるのであれば、簿記論のほうが難易度は上
原価計算等の勉強範囲を加味して考えるのであれば
同等程度になるのかなぁ、というところです。

一級のほうがいい、という理由。
連結会計をやる。(今は簿記論も連結やるのかも。不明)
会計学、工業簿記をやる。
特に工業簿記をやるということは、対象企業が増える、...続きを読む

Q会社の利益について

初歩的な質問で申し訳御座いませんが、はずかしながら理解できません。
今年、春に入社した社会人1年生になるのですが会社の利益について教えて下さい。
粗利益、営業利益、経常利益、税引後利益の言葉の意味及び順番がわかりません。
粗利益=総売上-材料原価 
税引後利益=最終、会社に残る金額。
と理解しております。
社員の給料等を差し引いたのは営業利益?

粗利益→経常利益→営業利益→税引後利益の順になるのでしょうか?

恐れ入りますが、簡単な例で教えていただければ幸いに存じます。

Aベストアンサー

一般的に言えば・・・

売上-売上原価=売上総利益
売上総利益-販売費及び一般管理費=営業利益
営業利益+営業外収益-営業外費用=経常利益
経常利益+特別利益-特別損失=税引前当期純利益
税引前当期純利益-(法人税、住民税、事業税、等)=当期純利益

参考URL:http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/zaimu/rensai/index.cfm?i=z_imasara02

Q簿記3級 精算表 当期純利益の求め方を教えてください

簿記3級なんですが、精算表の中で「当期純利益」の求め方を教えて下さい。

簿記3級の内容を、独学で勉強しております。
他の決算整理のところは説明もありほぼ理解出来たのですが、
この「当期純利益」に関しては何の説明もなく自分の力では理解出来ませんでした。

この「当期純利益」の求め方を教えてください。

Aベストアンサー

試算表から修正記入を+ -して資本と負債は貸借対照表に 収益と費用は損益計算書に持っていけば
貸借対照表の左右の差と損益計算書左右の差が同じになります、これがあえば修正記入があっているわけです
こんな説明で分かりますか

参考URL:http://www.alpha-net.ne.jp/users2/yokki828/kouza/ss.html


人気Q&Aランキング