普段、人が住んでいる住宅のことで質問します。
住宅とは、人が居住していればいいのでしょうか。
それとも、建築基準法の建築確認許可を受けたものをいうのでしょうか。
それとも、建築確認はなくても、家屋の登記ができていればいいのでしょうか。
誰かおしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

住宅とは、



「人が、日常、起臥寝食のために使用することを目的として造られた建造物で、屋根・壁などによって雨・風を防ぎ、上記の目的を達成するために必要な構造を有する物」

といったところです。

 従いまして、現に人が居住していなくても、人が日常起臥寝食をするためという目的のために造られ、そのための構造を有してさえいれば、建築基準法の建築確認を受けているかどうかに関わらず、また、登記のあるなしに関わらず、その建造物は『住宅』です。

 具体的にいいますと、布団をしまうための押入れだとか、上下水道、トイレ、風呂場などを有していることです。
 但し、これら全てを一つの建物の中に完璧に備えていなければならないわけではありません。付属施設・設備あるいは別棟などに、それらの用を足すための施設・設備が備えられている場合であっても、造られた目的が上記の目的を有し、全体としての機能的構造として人の起臥寝食の用を足すための構造を有する建造物であれば、例え掘立て小屋であっても、プレハブであっても、その建造物は『住宅』であると考えられています。

 逆に、人が日常起臥寝食をするための構造を有していない神社などは、どんなに立派な材料を使い、高いお金をかけて豪華絢爛に造られていても、単なる『建造物』であって『住宅』ではありません。


>プレハブは動かすことができます。
>でも、そこに人が住むことで動かせないもの(不動産)となるのでしょうか。

 kattiさんのおっしゃっておられる「壁・屋根で囲われた不動産(動かせないもの)」とあるのは、分かりやすく説明しようとなされただけです。

 プレハブに限らず、通常の木造住宅も、鉄筋コンクリート造りのビルも、動かすことは出来ます。この建物を動かす工事を一般には『引き家』工事と言います。

 この様に、動かそうと思えば動かすことは出来ますが、現在の日本の法律上の区分としては、「土地」と共にその「土地に定着させた構造物」を『不動産』として分類しています。
    • good
    • 1

はじめまして、建築屋・不動産屋です。


私が知っている範囲でお答えします。
何十年か前の表記では、
住宅とは、壁・屋根で囲われた不動産(動かせないもの)のことを言います。
たとえ人が住んでない店舗でも住宅です。
人が住める状態のことを居宅と言い、この段階で店舗等と隔離しています。
ここで問題なのが駐車場カーポートのように屋根があるが壁で囲われていないものは住宅とは言わず、インナーガレージのような壁で囲われているものは住宅内の駐車場と表示します。

ただし、何十年か前から上記住宅のことを関係法令では、建築物又は建物と表示するようになりました。
その中で人が住む事が目的の建物又は建物内の部分を住宅、営業目的の建物又は建物内の部分を店舗・・・・・その他いろいろ有りますが・・・

登記は全く関係ないと思います。

こんな感じで解りますか?

この回答への補足

プレハブでも、そこに人が住んでいればいいのですか。
動かせないもの(不動産)とありますが、プレハブは動かすことができます。
でも、そこに人が住むことで動かせないもの(不動産)となるのでしょうか。

補足日時:2001/04/26 11:34
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、このホームページに「住宅の定義」とかってのは載ってますよ。



参考URL:http://www1.odn.ne.jp/yuwa/jutakuhosyou.htm
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q30年前、戸建住宅として買ったが、建築申請は連棟住宅と判明。道路の明示もなし。建築販売業者の責任はどうなる?

30年余り前、一戸建てとして現住宅を購入。最近隣家が売却しようとしたところ、当家を含め3戸が連棟住宅になっていると判明しました。土地建物の登記は各戸ごとになされていますが、私道部分の登記はありません。地積図は、建築販売業者が建築前に市役所に提出したらしき書類とは異なるほか、「道路がない」状態になっています。
30年以上も前に購入したことでもあり、権利書以外の書類はもらっていません。市役所と善後策を相談しますが、建築販売業者(現存)に責任は問えないのでしょうか。

Aベストアンサー

 30年以上前だと売買契約書の付属資料として重要事項説明書が義務付けされていたか定かでありません。

 業者が存在するのですから、今後も業を継続するのなら市の許認可が必要だろうから、この案件について無視したり、時効を主張はできないと考えます。

 責任追及と言うよりは、市の力を借りて進入路の確保など前向きな解決策を引っ張り出すのが、大人の解決ということでは。
 市役所は介入は嫌がるところが多いんですけど。
 
>土地建物の登記は各戸ごとになされていますが、3戸が連棟住宅になっていると判明しました。
 ってどんなことになっているのでしょうか。建物が共同住宅として登記されている? 建築申請だけが連棟式だが、そのとおりに建てられていない違法な建築になっている? 敷地に対して進入路がひとつで建物は一棟しか建たないのに、実際は3戸になっていて道路の要件に違反している?

 いろんなことが想像できます。

Q建築許可証ってUR住宅だと認可降りないの?

こんにちは。
ある建築会社の社長をしています。
会社設立前からUR(昔の公団)に住んでいて、会社は少し離れたところに事務所を賃貸で借りています。

20年前会社を設立のしたとき、会社の所在地(住所)を自宅と同じ住所(公団)にしたかったのですが、当時の会計事務所の先生に、
「住所が"公団住宅"では法務局から"建設業の許可票"の発行認可がおりない。だから家賃が発生してしまうが、別の住所で事務所を借りなさい。」
と言われたので、やむを得ず今の事務所を借りました。

あれから20年経過しましたし、公団も民営化してURに変わりました。
今もそうなのでしょうか?

Aベストアンサー

法律に違反することになりますので、現在でも原則としてできません。

公団は民営化してURになったといっても、独立行政法人です。

以下のサイトQ5によると公営住宅等の場合、公営住宅法第27条第3項により、使用用途の変更が原則禁止されているため、事業主体の許可がなければ、認められないとのことです。
http://www.pref.yamaguchi.jp/gyosei/kanri/pdf/kyoka/manual6.pdf

UR住宅は公営住宅同様、公営住宅法に基づき建設・運営されています。つまり、事業主(UR)の許可がなければ、公営住宅法に違反することになりますので、以前同様認められないことになります。

Q一般住宅の表示登記と保存登記

全く知識がないので、検討ハズレな質問かもしれませんが…。
一般住宅の表示登記を行ってから、保存登記を行うまでの期間に制約はあるのでしょうか?
例えば、表示登記を行ってから、1ヶ月以内に保存登記を行わなければならない…みたいなものはあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

保存登記とは「所有権保存登記」のことと思いますが,表示の登記と違っていつまでにしなさいという決まりはありません。
一般的に,その住宅を担保にローンを組むとか,勤め先の住居手当をもらうときにしなければならない場合がありますが,表示の登記と違って所有権保存の登記は登録免許税いう税金がかかりますので(基本的に家屋の評価額の1000分の2です。専用住宅では1000分の1.5になる特例があります。)特に必要がなければしなくて結構です。

Q建築確認申請書の申請建築者はどうしたら??

家を新築するにあたって,建物の名義を共有名義にするつもりです。
建築確認申請書は,主人の名前のみで申請者・建築主としてすでに申請しました。
ですが,確認申請書の中で,他の所を変更申請し直す為に,ついでに申請者(建築主)も共有名義にし直したほうが良いのか,それともこのままで良いのか相談です。
後々,家が完成したときの登記などで何か不都合なことがあるのでしょうか。
月曜日には,返事しなくてはなりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

登記の手続き上はまったく問題はありません。
確認申請の申請者と建物の所有者が一致しない場合の登記では、担当の司法書士が上申書を作成してくれますのでその際印鑑証明が求められます。
はじめに、二人の申請にされておいた方がよかったのですが、書類が一枚増えるだけで、税制上も含め何の問題もありませんよ。

Q家屋未登記

現在住んでいる家屋の隣に新築一戸建てを建てようと住宅会社に調べてもらったところ、家屋が未登記であることが判明しました。
建物は、昭和20年代にたてられているみたいなのですが、証明できません。
土地が調整区域であり、色々な制約があるみたいです。
近くの田んぼに、弟が将来新築一戸建てをたてたいみたいなのですが、家屋の登記がされてないということで、
弟は家を建てられないと言われました。
登記を今からしようと思っても、建築基準が厳しくなっているため、大がかりな補修をしないといけないと言われました。
何とか、同じ地域の調整区域内で新築一戸建て2棟建てれるいい方法はないものでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

登記は建築基準法不適合でも可能です。
未登記でも固定資産税が課税されていれば、市町村の家屋台帳に記載がありますから、課税上の建築年は判ります。
最悪、「建築年月日不詳」でも可能かもしれません。
登記については土地家屋調査士に相談下さい。

>現在住んでいる家屋の隣に新築一戸建てを建てようと
市街化地域でも、一つの敷地は1つの住居しか建てられないのが原則です。

>近くの田んぼに、弟が将来新築一戸建てをたてたい
農地の宅地への転用が必要ですし、弟さんが農家の分家として将来、農業に従事する事などの条件が筆世です。
詳しくは農業委員会委に相談して下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報