忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

前回支給のボーナス(去年の冬)と 総支給額は同じなのに
今年の夏のボーナスの所得税が前回に比べ3倍ほどになってます
なぜでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>扶養家族等の変更は一切ありません、条件は前回支給時と変わりありません


 ・扶養家族の年齢構成はどの様になっていますか
 ・今年から扶養家族に関する、年尐扶養親族(扶養親族のうち、年齢16歳未満の者)に対する扶養控除が廃止されたのはご存じだと思います
 ・扶養家族の中に16歳未満の方がいる場合、その人数を昨年の人数から引いた分が今年の人数ですから
  その上で#1さん提示の賞与の算出率をご覧下さい
 ・また16歳以上19歳未満の方がいる場合は控除額が63万から38万に25万減額されます・・この分は年末調整時に調整されます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました 勉強になりました

お礼日時:2011/07/24 15:15

>なぜでしょうか



去年の冬と今年の夏のどちらかにおいて、経理部がボーナスの所得税の計算を間違えたものと思われます。経理部に対して「合理的な説明をして下さい」と申し入れてはいかがですか。

その結果、今年の夏のボーナスにおける所得税額が規定(※)よりも多かった場合は、違法ですから、その差額を直ちに支払うように要求しましょう。

※ボーナスの所得税額の計算方法は、所得税法で詳しく規定されているので、ボーナスの所得税額が多すぎたり少なすぎたりするのは、計算を間違えたということです。計算を間違えたままで年末まで放置するのは違法なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました 勉強になりました

お礼日時:2011/07/24 15:15

次の2つの可能性が考えられます。


(源泉徴収額の計算にはいろいろ細かいルールがあるのですが、分りやすいようにかなりはしょった書き方をします。)

1.賞与の直前に支払われた給与の金額が異なるケース
賞与に対する源泉徴収額の割合は、支払われる賞与の額ではなく、直前に支払われた給与の額(残業代なども含みます)で決まります。従って、今年の夏の賞与の直前に支払われた給与が、去年の冬の賞与の直前に支払われた給与よりも高かった場合、源泉徴収の額が大きくなることは考えられます。ただし、これが原因で賞与の源泉徴収額が3倍になっているとしたら、給与の額が少なくとも5割くらい高い必要があります。

2.冬の賞与の源泉徴収額に年末調整の還付が織り込まれているケース
年末調整は年の最後の給与で行われることが多いですが、12月に賞与が支払われて、その後にもう1回給与の支払がある場合、賞与で一旦調整して、給与で再調整することも出来ます(所得税法190-6)。この場合、年末調整の還付があれば、賞与から控除される源泉徴収額が見かけ上小さくなりますので、冬・夏の源泉徴収額に差が出ます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました 勉強になりました

お礼日時:2011/07/24 15:15

普通は↓の表で天引き額が決まりますので、扶養親族の数が変わったとかではないでしょうか(会社に提出した書類上)。


http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

なお、所得税は1年間(1/1~12/31)の収入及び控除によって決まりますので、もし今の段階で間違っていても年末時点(年末調整または確定申告)で清算されますので問題はありません。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます

もう少し教えて下さい

扶養家族等の変更は一切ありません
条件は前回支給時と変わりありません

年末調整で清算されるとありますが
所得税が3倍前後に上がった(間違った?)理由として
考えられる事は どんなことが考えられるでしょうか

補足日時:2011/07/24 10:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました 勉強になりました

お礼日時:2011/07/24 15:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q所得税が急に増えたのですが。。。

本日、賞与支給で喜んでいたのですが、帰ってきて昨年の明細と比較して見ると、昨年の所得税による控除額と今年の所得税による控除額が2倍近く多くなっていることがわかり、驚いてしまいました。
妻も同じ会社の社員で明細を見せてもらうと支給額はほぼ同じであり、
妻のほうは昨年の所得税による控除額と今年の所得税による控除額はほとんど変わっていません。
妻と違うところがあるとすれば、残業時間が多く年間所得に差があるのですが、去年も今年も残業時間としては大きな差はなく、所得税がそれほど増えるような原因が思い当たりません。所得税がこのように突然増えるようなことがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

一応計算してみました。
*扶養家族0人の場合の計算です

     【昨年】         【本年】
5月給与       227,300        284,600
時間外        119,215        180,280 
 計           346,515        464,880

社会保険等       38,131         47,145

差引給与       308,384        417,735

源泉徴収税額票より   8%          14%

賞与額         631,000        658,300
社会保険等        69,813         70,216
差引給与        561,187        588,084
源泉所得税        44,894         82,331

確かに倍近くになってますね・・・

Q所得税が急に増えた?

働き始めて1年で、無知な質問だったら申し訳ありません。
昨日、今月の給与明細を受け取りました。
扶養家族があり、先月までは手取りで25万円程度だったものが今月は21万円ほどになっていました。
明細を見ると、基本給がなぜか1万円下がっており、所得税が6千数百円から3万数千円に上がっていました。
基本給の方は心当たりがないでもないのですが、所得税の方はよく分かりません。
普通、こういうことがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1「去年の所得に対しての住民税が引かれた」説

いかに去年の所得が高くても、給与から引かれるのは6月からなので、これではない。

2「去年の年末調整で不足額が出たのでそれを徴収された」説
還付額が大きいために1月2月にまで還付されて、貰う金額が増えることがある。しかし、不足額は昨年末の給与から徴収されるので、翌年の1月2月から徴収されるということはありえないので、これではない。

3「扶養控除申告書をその年初めて給与支払を受ける日までに提出していない」説

仮に給与額が25万円だとした時

扶養控除申告書を出してるときの源泉徴収税額   4,820円
扶養控除申告書を出してないときの源泉徴収税額  35,700円

多分これでしょう。

会社から扶養控除申告書というA4の大きさの書類提出を依頼されてませんか。
もし、提出してたとしたら、会社経理の間違いです。
提出してないなら、これからでも提出しましょう。

毎月の源泉徴収税額がまるっきり違います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報