アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

独身で年収が約500万なんですが住民税が約45万です


これって高くないですかね?

個人事業主なのですがサラリーマンに比べて税率が高いとか?

詳しい方よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>個人事業主なのですがサラリーマンに比べて税率が高いとか?



そのようなことはなく、住民税は一律10%です。


年収500万とお書きですが、年収(年商)ではなく所得(利益)が500万ではないですか。

所得500万-基礎控除33万ーその他控除17万=課税所得450万


住民税額=450万×10%=450万、 (+均等割約4,000円)

独身とお書きですから、妥当な住民税額だと思います。


その他の所得控除(医療費・社会保険料 等)があれば住民税は軽減されます。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうでした!所得が500万ちょいとなりますね^^

やはり独身だと妥当なのでしょうかね・・。


まだ事業主としては未熟者なのでこれから小規模企業共済等考えたいと思います。

お礼日時:2012/06/08 06:33

個人事業主の場合の社会保険料「国民年金・国民健康保険・介護保険料」などが社会保険料控除の対象になります。


また、小規模事業共済・中退共の掛金などは必要経費にはなりませんが所得控除は可能ですので加入を検討する余地はあります。さらに、住宅を購入しての住宅ローンの控除などは数年間にわたる税額控除となります。
    • good
    • 0

専門家紹介

木村正人

職業:ファイナンシャルプランナー

FP1-オフイス21 代表
[ エフピ-ワン-オフイスニジュウイチ ]
あなたの人生のアドバイザーFP1!
家庭のいち専業主婦から世界のトップ企業様までアドバイス!
これが誰にもひらかれたエフピーワンの心意気です!

詳しくはこちら

お問い合わせ先

073-402-5035

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

住民税の税率は一律10%です。



基礎控除33万円に社会保険料控除を考えると、そんなものです。平成19年に所得税を減らし住民税を増やしましたので、住民税が多く感じます。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

一律10%でしたか。

納得ですね。

お礼日時:2012/06/08 06:30

私は、所得2,200万円で、


(妻1人有り)所得税223万円、住民税118万円。
固定資産税=16万円。
介護保険/健康保険料=52万円。

海外と比べると、消費税が少ないだけ、トータルの納税額は少なく、
国の維持には、もう少し税を増やさないといけません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます

所得2200万ですか!

それくらいの方ですと税金もすごいですね

でも税額が多くても生活負担が少ないと感じるレベルではないでしょうか!


個人的には負担が多く感じられますが・・・。

どうでしょう。

税額を増やさなければとの意見ですがもしかして役所関係の方ですかね^^

お礼日時:2012/06/08 06:02

年収500万円って今では、高額所得者の方ですか?


昔私は700万円くらいでしたが、これは普通でした・・・
今の日本経済ってデフレ過ぎていませんか?
あなたの45万円は多すぎるようですが、私の年金も少なすぎます・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

年収500万で高額所得者になるのですかね?


教員とか役所の窓口とかゴミ収集の方とか900万とか1200万とかではなかったですかね


それにくらべればくずみたいなものですよね

しかも公務員は独身手当とかあほみたいなものがあって優遇もてんこ盛りですからね

gusinさんも700万もあったらなバブルの時代でもそこそこの方ですよね

年金は少ないと思いますが・・共済年金ならがっぽりですよね

国民年金なんて・・・。

お礼日時:2012/06/08 06:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年収500万、独身、扶養なしの住民税はどれ位でしょうか?

平成20年1月1日付けで転職しました。
3月末日までは、試用期間として自社の「派遣」扱いで、時給制でした。
(1~3月までは、額面で22万程度。そこから保険等がひかれます)

4月1日より正社員登録となり、月給制に変わりました。
基本給が28万円に、みなし残業や通勤手当などがつき、給与額は33万円。
そこから所得税や社会保険がひかれて、手取りは28万弱です。
(賞与は年2回で、合計3か月分です)

3月末までは、派遣社員扱いだったので気にしていなかったのですが
正社員として働き始めても「住民税」がひかれていません。

来年の6月頃に、まとめて平成20年分の請求が来ると思うのですが
『独身、扶養なし、年収500万円』の場合、
最大でいくら位の請求額になるのでしょうか?

来年春に、結婚を予定しており、彼と私の冬のボーナスなども結婚資金に充てるつもりでいましたが
結婚式後に市民税の徴収が来ると思いますが、油断して使ってしまうと怖いので
あらかじめ今から準備しておきたいと思っています。

大体の概算がわかれば、準備することができて安心できるので
どうぞ、教えてください。

平成20年1月1日付けで転職しました。
3月末日までは、試用期間として自社の「派遣」扱いで、時給制でした。
(1~3月までは、額面で22万程度。そこから保険等がひかれます)

4月1日より正社員登録となり、月給制に変わりました。
基本給が28万円に、みなし残業や通勤手当などがつき、給与額は33万円。
そこから所得税や社会保険がひかれて、手取りは28万弱です。
(賞与は年2回で、合計3か月分です)

3月末までは、派遣社員扱いだったので気にしていなかったのですが
正社員として働き始めても「住民...続きを読む

Aベストアンサー

>来年の6月頃に、まとめて平成20年分の請求が来ると思うのですが
住民税は、前年度の所得に対して課税されます。
ですので、来年課税されるのは、今年の所得に対してで、「平成21年度の課税」ということになります。
今年、課税されるとしたら、去年の所得に対してです。

住民税は、給料から天引き、もしくは、「納付書」が役所から送られてきて自分で納める、2つの方法があります。
会社に勤めている場合は、通常、給料天引きです。
どちらにしろ、去年課税される所得があったなら、今年の5月か6月に課税の通知が来ているはずです。
こないということは、課税される所得(年収で93~100万円以上、市町村によって違います)がなかったということになります。
もし、それ以上の年収があって、課税の通知がきていない、給料天引きされていないなら、役所に確認してみてください。

住民税の課税方法は「地方税法」という法律で定められています。
「均等割」と「所得割」というのがあり、「均等割」の税額と課税の最低基準額が多少違うことはありますが、算出方法が市町村によって違うことはありません。
年収500万円とすると、
そこから、「給与所得控除(収入の額によって違います)」を引いた「所得」が346万円です。
346万円から「社会保険料」概算になりますが約60万円、基礎控除33万円を引き、他に控除がないとして253万円が「課税所得」です。

「均等割」が、4000円(所得に関係なく同じ額。市町村によっては、これより数百円高い場合もあります)
「所得割」が、253万円×10%(税率)=25万3千円
これから、「調整控除」2500円を引き、250,500円

「均等割」と「所得割」を合計し、住民税は254,500円 です。
一括払いではありません。
通常、12等分され毎月の給料(6月~翌年5月)から天引きされます。
万が一会社で天引きしなくて(そんなことないと思いますが)、自分で納める場合でも年4回の分割納付です。

>来年の6月頃に、まとめて平成20年分の請求が来ると思うのですが
住民税は、前年度の所得に対して課税されます。
ですので、来年課税されるのは、今年の所得に対してで、「平成21年度の課税」ということになります。
今年、課税されるとしたら、去年の所得に対してです。

住民税は、給料から天引き、もしくは、「納付書」が役所から送られてきて自分で納める、2つの方法があります。
会社に勤めている場合は、通常、給料天引きです。
どちらにしろ、去年課税される所得があったなら、今年の5月か6月...続きを読む

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。

Q収入が低いのに、住民税が高いのはなぜ?

私は鳶職人です。今高い住民税に悩んでいます。住民税は納付書が届いて払っているのですが、あまりに高くて払うのが大変です。課税総所得金額が2,772,000円に対して、区民税、都民税が278,600円でした。月に平均すると23,216円です!こんなに高いものでしょうか?調べると10%という率が出てきますが、皆さんこんなに払っているのでしょうか?私の義兄はサラリーマンですが、去年の課税総所得金額350万位で現在、毎月15,400円だそうです。私の方が年収が低いのに住民税が高いってどういう事でしょう?誰か分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

職人といったら自分の技術によって稼ぐ人のことで、だれだって個人事業主として確定申告しているものと思うと思います。ましてや住民税を自分で払っていると書かれれば、会社員とは誰も思いません。
会社勤めなら、人から職業を聞かれたら「会社員」と答えるでしょ?せめて「雇われ鳶」と名乗るべきでしょう。
それに、補足の中に「住民税の申告をしている」とありますが、他の収入もあるのでしょうか。だとすればそれも質問で明らかにすべきだったでしょう。給料なら勤め先から住所地の役所に給与支払報告書が提出されるので、それ以外の収入が無いなら申告は不要のはずです。
それはさておき、根本的に税金の計算方法をわかっていないように思います。所得税の計算は、
 (1)収入金額
-(2)必要経費(給与所得の場合は給与所得控除)
=(3)総所得金額
-(4)所得控除(基礎控除、扶養控除など)
=(5)課税総所得金額
×税率=(6)所得に対する所得税額
-(7)税額控除(住宅ローン控除など)
=(8)課税所得税額
-(9)源泉徴収済税額
=(10)納付税額
となります。
あなたの質問や補足を読んでいると、(1)の収入金額と(5)の課税総所得金額がごっちゃになっているように思われます。「課税総所得金額」という場合には、給与所得なら給与所得控除はすでに控除されています。そこからさらに給与所得控除を引くことは有り得ません。
上記は所得税の場合ですが、住民税の場合も基本的には同じです。ただし、(4)所得控除や(7)税額控除の金額や内容が変わります。税率も違います。
義兄の方と比較するに当たり、義兄の方の年収(収入金額)とあなたの課税総所得金額とを比較したのではありませんか?これらは上記のとおり全く別のもので比較になりませんよ?

職人といったら自分の技術によって稼ぐ人のことで、だれだって個人事業主として確定申告しているものと思うと思います。ましてや住民税を自分で払っていると書かれれば、会社員とは誰も思いません。
会社勤めなら、人から職業を聞かれたら「会社員」と答えるでしょ?せめて「雇われ鳶」と名乗るべきでしょう。
それに、補足の中に「住民税の申告をしている」とありますが、他の収入もあるのでしょうか。だとすればそれも質問で明らかにすべきだったでしょう。給料なら勤め先から住所地の役所に給与支払報告書が...続きを読む

Q年収1200万ぐらいのかたの住民税

年収1200万円位で扶養家族がいない方に質問です。
住民税って月々いくらぐらいとられてますか?
急に年収がアップしたため、役所にこの年収の市民税のおおよその額を聞いたら年間75万円といわれました。
月々6万円の計算です。倍以上になってしまったためかなりビックリしたのですが、こんなものでしょうか?
ちなみに私は神奈川の某市に住んでいます。

Aベストアンサー

 うらやましいですね。さて、年収が全額給与でもたらされる場合ですが、まずサラリーマンの必要経費にあたる給与所得控除を適用します。
http://www.taxanser.nta.go.jp/1410.htm
により、その金額は収入×5%+170万円とわかります。
1200万×0.05+170万=230万
給与の場合、所得=収入-給与所得控除ですので所得は
1200万-230万=970万
となります。

 次に、所得から地方税の所得控除を差し引いて課税される所得を求め、その後一定の税率をかけ、定率控除を考慮して税額を求めます。
 所得控除の内容はご質問の文章からは不明ですので、とりあえず独身ということで基礎控除33万円、前年の社会保険料の支払い実績を60万とし、控除の対象となる生命保険料の支払いが7万以上(控除額3万5千円)あったものと仮定します。
33万+60万+3.5万=96.5万(所得控除合計)
970万-96.5万=873.5万(課税される所得金額)

 これに市民税10%県民税3%それぞれの税率を併せた13%をかけ、速算控除を市民税24万、県民税7万をそれぞれ差し引き、定率控除4万(限度額)を考慮すれば

(873.5万×0.13-24万-7万)-4万=785,550

 それに市と県の均等割4,000円をあわせた約79万円が地方住民税になります。

 参考にしたサイトは東京都北区のものですが地方税は全国区どこでも同じ(均等割も平成17年度から同じになります)です。
http://www.city.kita.tokyo.jp/kumin/zeimu/keisan.htm
 高いとお感じかもしれませんが、累進課税ですので収入ののびに比して税率の伸長は大きくなりますのでこういうことになります。私もせめて所得税を払うくらいは稼ぎたいものですが。

 以上はあくまでも計算の一例であり、質問にあげられていない条件によっては税額は変わってきます。たとえば独身であってもご両親を扶養されているとか、離婚して子供を扶養しているとかでも結果は別のものになりますし、社会保険料控除や寄付金控除といったものでも数字は変わってきます。また税額控除に当てはまる条件があればそれも考慮しなければなりません。諸除の内容は下記サイトが参考になるかと思います。
http://www.city.yokohama.jp/me/zaisei/zei/kojin-s2.html#syotokukoujo

 うらやましいですね。さて、年収が全額給与でもたらされる場合ですが、まずサラリーマンの必要経費にあたる給与所得控除を適用します。
http://www.taxanser.nta.go.jp/1410.htm
により、その金額は収入×5%+170万円とわかります。
1200万×0.05+170万=230万
給与の場合、所得=収入-給与所得控除ですので所得は
1200万-230万=970万
となります。

 次に、所得から地方税の所得控除を差し引いて課税される所得を求め、その後一定の税率をかけ、定率控除を考慮して税額を求めます。
 所得控除の...続きを読む

Q個人事業主の場合手取り金額はいくらになりますか?

法人化などをしていない個人事業主の場合の手取り金額を教えてください。

・年収1000万円
・従業員は事業主のみ
・配偶者(公務員・男性)あり、子供なし
・健康保険は国保
・国民年金は未加入

良くある質問かとは思いますが、回答例が殆どサラリーマンだったり扶養者有りだったりする為あまり参考になりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Q
法人化などをしていない個人事業主の場合の手取り金額を教えてください。
A
個人事業主の手取り金額は意味不明ですので、確定申告をした場合の納税計算で回答いたします。

Q
年収1000万円
・従業員は事業主のみ
・配偶者(公務員・男性)あり、子供なし
・健康保険は国保
・国民年金は未加入
A
年収1000万とありますが、個人事業主の場合は経費が認められます。
今回は経費を引いた所得が1000万と仮定します。
国保支払の実額がわからないので50万と仮定します。

計算例
●収入-経費=所得→(1000万)

●控除額
社会保険料控除→50万
配偶者控除→38万
基礎控除→38万
控除額合計金額→(136万)

●課税対象額
1000万-136万=864万

●税額
864万×20%-33万=139万8千円

●実際の納税額
139万8千円×20%=減税額→27万9千6百円
139万8千円-27万9千6百円=納税額→【111万8千4百円】

正確な納税額を計算するのには収入1000万が経費を引いた数字なのか、国保に支払っている金額がいくらなのかが必要です。
また確定申告で払う税金を差し引いた金額が手取りということになりますが、個人事業主の場合は月々の収入から経費を差し引いた所得が手取りと考えてください。

Q
法人化などをしていない個人事業主の場合の手取り金額を教えてください。
A
個人事業主の手取り金額は意味不明ですので、確定申告をした場合の納税計算で回答いたします。

Q
年収1000万円
・従業員は事業主のみ
・配偶者(公務員・男性)あり、子供なし
・健康保険は国保
・国民年金は未加入
A
年収1000万とありますが、個人事業主の場合は経費が認められます。
今回は経費を引いた所得が1000万と仮定します。
国保支払の実額がわからないので50万と仮定します。

計算例
●収入-経...続きを読む

Q個人での飲食って経費になりますか?

個人事業者なのですが、例えば出先でコーヒーやお昼を食べたりした時(1人で)、これは経費になるのでしょうか?
以前年末調整をした際に話した青色申告会の人がこれも計上できると言っていたのですが…。
出来るとしたら勘定科目はなにに当てはまるのか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.基本的には、自営業者個人の食事代や、事業主とその家族だけの食事代は経費にはなりません。
従業員と一緒であれば経費として処理できます。

2.業務上必要な打ち合せの食事代であれば「会議費」・慰労のためであれば「福利厚生費」です。

なお、酒が伴った場合は「接待費」となりますが、法人の場合は、「接待費」が一定額を超えると損金(税務上の経費) に出来ないという制約がありますが、自営業の場合はこの制約が有りません。

3.適用には、「○○他*名 会議のため」等と記入します。

参考URL:http://www.zeimu-soudan.com/report/report01.html

Q税務調査 追徴課税500万! いくら脱税したわけ?

友人の個人事業の会社の話なのですが
税務調査での追徴課税で500万の請求がきたそうです

内容は仕事を他の会社にまわしていて
まわしたことでの手数料を帳簿につけていなかったそうです

その分が3年ほど追徴課税できたとのことでしたが
他の知り合いに話をしたところ「個人事業での500万の追徴課税は大きい脱税だったんでは?」
と言っていました

この場合には友人の個人事業はいくらの脱税をしたことになるのでしょうか?
おおよその金額でいいので教えてください

Aベストアンサー

税務調査の判断基準がありますので、税額で500万円追徴課税されたということであれば、5000万円~3000万円の脱税となります。

過去3年間で、税額500万円であれば、加算税・延滞税・市県民税・健康保険税、総額で800万円を超える追徴税額ということになります。

たぶん、今後事業継続は不可能かと思われます。

税務署によってある程度基準がありますが、1年間に2000万円以上所得をごまかしたりすれば、その個人事業主は、永久管理対象者とされます。

Q個人事業主の所得税について、教えて下さい。

個人事業主です。
今回、初めての確定申告を行います。
勉強不足で、経費の事など、全くわからず困ってます。
会社員の場合は所得税が給料から天引きでしたが、個人事業の場合は
どの様になるのでしょうか?

年間の売上げが1500万円を超えておりまして、外注に支払いをしたり、経費を差し引いた金額が約500万円程になります。

500万円の所得がある場合、かなりの所得税を納める事になるのでしょうか?

後、経費に固定資産税や国民健康保険は含まれるのでしょうか?

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、教えていただけたら幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

個人事業主が納める税金の種類は・・・
1) 所得税(税務署)
  消費税(前々年の売上1,000万円以下は免除。1,000万円超なら事業開始後
      3期目から消費税の申告が必要です。
2) 個人事業税(都道府県税事務所)事業所得290万円以下は免税。
3) 住民税(市県民税)前年の所得に対して課税

質問者様の所得税を大まかに計算して見ましょう。
売上-必要経費=500万円
500万円-各種控除68万円(基礎控除38万円、その他控除30万円)青色申告特別
控除65万円

500万円-68万円-65万円=課税所得金額367万円
(330万円超~695万円以下の税率は、20%です。課税控除額は427,500円)
課税所得金額367万円X所得税率20%-課税控除額427,500円=306,500円

所得税額、「306,500円」となります。

質問者様に配偶者、扶養家族がいらっしゃれば・・・
配偶者控除、扶養控除が、各38万円づつ控除されますので、課税所得金額が
195万円超~330万円以下の税率10%になります。課税控除額は、97,500円です。

ご自分で計算してみて下さい。

個人事業主が納める税金の種類は・・・
1) 所得税(税務署)
  消費税(前々年の売上1,000万円以下は免除。1,000万円超なら事業開始後
      3期目から消費税の申告が必要です。
2) 個人事業税(都道府県税事務所)事業所得290万円以下は免税。
3) 住民税(市県民税)前年の所得に対して課税

質問者様の所得税を大まかに計算して見ましょう。
売上-必要経費=500万円
500万円-各種控除68万円(基礎控除38万円、その他控除30万円)青色申告特別
控除65万円

500万円-68万円-65万円=課...続きを読む

Q年収500万の1年間の国民健康保険料

母が疑問を持っていて、代理で質問です。
父が自営業(有限会社として昨年から)をしております。今現在、母を従業員として雇い、実質、年収500万の収入がありますが、年収があることで、母は父の扶養家族とはならないのですが、母だけ国民健康保険に加入した場合、大体1年間どれぐらいの健康保険料となるのでしょうか?
父は厚生年金(社会保険)に加入します。
自治体によって差が有るとは思いますが大体でいいので知りたいのです。ちなみに神戸市居住です。
補足事項が必要であれば教えてください。宜しく御願いいたします。

Aベストアンサー

No1さんのHP見ましたが神戸市は計算式が難し
いですね。

算定税額=市県民税額(年額)- 県民緑税額 - 特例控除
が解らないと計算しようがないですね。

役所に聞いちゃった方が早そうですね。

たいてい国保の計算式は
1)国保該当者の所得金額の数%(収入金額ではありません)
2)国保該当者の土地建物の評価額の数%
3)国保該当者1人に付数万
4)1世帯当たり数万
で計算されているのですが・・・・・。

神戸市の場合
2)がなくて1)が住民税額から算出するような訳のわから
ない計算式ですね。

Q年収が200万程度なのに健康保険で月3万3千円

説明不足ですいませんが、確定申告で年収が200万程度なのに健康保険で月3万3千円も引かれるのは何故なのでしょうか?

親の年収が200万程度で そこから基本控除 配偶者控除 生命保険控除 社会保険控除 経費の控除 等 引くと 所得は100万程度になるはずなのに そこから月に3万もの国民健康保険料を引いていくなんて鬼畜ではないでしょうか。これでは低所得者が国民年金も払えないはずです。
それにまだ住民税と言う税金もかかります。

Aベストアンサー

>確定申告で年収が200万程度…

所得の区分
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm
は何ですか。
少なくとも給与所得、すなわちサラリーマンではないのですね。

>月に3万もの国民健康保険料を…

年 12回払いで間違いないですか。
国保税は年 4回というところも多いですが、年額13~14万ではありませんか。

>そこから基本控除 配偶者控除 生命保険控除 社会保険控除 経費の控除 等 引くと 所得は100万程度…

何でもかんでも十把一絡げにしてはいけません。
親が白色申告の事業所得者だとして、200万の「売上 = 収入」からその仕事に直接必要な仕入と経費を引いた数字が「粗利益 = 所得」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

国保税の算定基礎になる数字は、「所得」から市県民税の「基礎控除」33万円のみを引いた数字です。
配偶者控除や扶養控除、生保控除などは、国保税の算定には関係しません。

とにかく国保税の算定方法は、
1. 所得割・・・加入者全員の前年の「所得-33万」を元に計算
2. 資産割・・・加入者全員の固定資産税評価額を元に計算・・・ない自治体もある
3. 均等割・・・加入者 1人あたりいくら
4. 平等割・・・加入世帯 1軒あたりいくら

の 4つから算定されます。
しかもそれぞれの料率は自治体によって千差万別ですし、土地や建物をお持ちなのかどうか、家族の中で国保は何人いるのかなどによっても違ってきます。

いずれにしても、親が青色申告をすれば、最大 65万円の青色申告特別控除が受けられますので、国保税もかなり違ってくるはずです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>確定申告で年収が200万程度…

所得の区分
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm
は何ですか。
少なくとも給与所得、すなわちサラリーマンではないのですね。

>月に3万もの国民健康保険料を…

年 12回払いで間違いないですか。
国保税は年 4回というところも多いですが、年額13~14万ではありませんか。

>そこから基本控除 配偶者控除 生命保険控除 社会保険控除 経費の控除 等 引くと 所得は100万程度…

何でもかんでも十把一絡げにしてはいけません。
親が白色申告の事業所得者だとして...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報