ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

学校の先生は often を 「オーフン」と発音しますが、
外国人の先生は 「オフテン」と発音します

どちらが正しいのでしょうか。教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

こんばんわ


英語ネイティブの人でもこのoftenのtを発音する人、しない人、どちらもいます

大きくわけるとBritishはtあり、Americanはtなしと大別されるのかもしれません
でもアメリカでも、特にNew England州など北東部の人は「tあり」で発音をします
そして、語尾のrの発音もしません
この点からいくと、New Englandの人たちの発音はBritshなのかというとそうでもないと思います

私はNew England出身の先生に2度教えてもらったことがあるのですが
母音の発音やアクセントのつけ方はやはりアメリカ英語だなと思いました

質問の方の先生はどこ出身なんでしょうか
訪ねてみるといいかもしれません
私はアメリカでこの発音をしているのは東海岸地域ということしか知らないのですが、他の地域でも「oftn」と発音している地域はあるかもしれませんね

歴史的には「tあり」のものが/t/が後に脱落して「オフン」になったものです
音韻的に言うと、/t/は/f/と/n/に挟まれた状態で発音されることになり、また次の音が/n/で/t/の舌の位置全く同じですので、/t/は発音されず、次の/n/に移行します(/oftn/→/ofn/)
だから/t/は発音されないことになります

ちょっと原理は違いますが、o'clock はもともとof clock だったというのはご存じですね
これもofの/v/が/f/になり、最終的には発音されなくなったわけです
「'」を使うのはその意味です(He'sもそうですよね)

歴史は詳しくないのですが、New Englandというとイギリスからアメリカに入植したもっとも古い地域です
現在そこに住む人らは、そういう歴史を非常に誇りに思っているでしょうね
であれば、昔の発音をそのまま残したいとか思うのではないでしょうか
New England出身の先生の発音は本当に「綺麗」でした
彼女の発音からは気品が感じられ、本当に美しい発音でした

たぶん/t/を発音するのは少数派だと思いますが、どこの出身の人というのを発音だけでわかるというのはおもしろいと思いませんか?

あ、ということで、どちらの発音もありです
どちらがいい悪いではなく、またどちらが新しい古いでもなく、単なるidentityの一つと言ってもいいでしょう
ちなみに、私も/t/は発音する方なんですが、早く話すと/t/が脱落することがしばしばです
    • good
    • 6
この回答へのお礼

どちらもあるんですね!
ちなみに先生はジャマイカ出身です。
詳しく教えてくださり、ありがとうございます。

お礼日時:2012/06/11 23:55

Merriam-Webster によるとオーフンの方が普通で、オフトゥンの方については「教養のある話し方ではあるが一部の人が問題視している発音」ということだそうです。

つづりや語源など専門的な反対理由だそうです。詳しくは
http://www.merriam-webster.com/help/pronguide.htm
の割り算マークの説明のところをご覧下さい。(The obelus, or division sign, is placed before で始まる文節です)

Merriam-Webster がそういっているとすれば、どちらでも良いというような解釈をするよりは日本人はとりあえずオーフンで通す方が良さそうですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど。
回答ありがとうございました!

お礼日時:2012/06/11 23:58

この発音のことはいろいろな辞書や辞典に出ていますが,


特に英米は関係なく,t を発音することが増えているようです。

#3 で説明したように,t あり→なしで定着→復活(しつつある)

ただ,アメリカではこの t を認めない人がいる
(t を発音するのは British だという)
南英では特に t を発音することが多い。

とにかく,t を発音するアメリカ人も多いですし,
イギリスにおいても t がない方が基本に違いありません。

実際,イギリス系のコウビルド英英辞典でも t なししか出ていません。
o- の部分だけイギリスは「オ」,アメリカは「オー」と分けていますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

o- の部分も国や人によって違うけど、どちらも正しいのですね。
ありがとうございます!

お礼日時:2012/06/12 00:15

> 外国人の先生は 「オフテン」と発音します



あ、けっこういますよ。珍しくも何もありません。

あと、あなたの先生の出身国によっては、
todayを「トゥデイ」と発音せず
「トゥダイ」という先生もいるでしょうね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

そうなんですか! 
おお、todayにも違いがあるんですね。
回答ありがとうございました!

お礼日時:2012/06/12 00:13

アメリカ式は「オーフン」、イギリス式が「オフテン」となります。

どちらも正しいです。日本で習う英語はアメリカ式なので、そのなかにイギリス式の発音が混ざると、不自然になります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ああ、確かに。そうですね。
イギリス式があることすら、数年前は知りませんでした。
回答ありがとうございました!

お礼日時:2012/06/12 00:11

カタカナで書くのは正しくないので、自分で発音を聞くと良いでしょう。


http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej3/58710/m0u/o …
[音声を再生] を押せば聞かれます。
しいていえば、「オフテン」と読みますが、耳で聞くと「オーフン」と聞こえる感じです。
だからと言って、「オーフン」と発音してもネイティブには通じないですよ。
「Open」や「Oven」に聞こえてしまいますからね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

オーフン では通じないのですね!
今までオーフンオーフン言ってました…。
回答ありがとうございます!

お礼日時:2012/06/12 00:09

どちらも間違いではありません。


もともとこの t は発音されていたのですが,
いったん発音されなくなり,それが定着しました。

それが最近この t を発音することが復活してきています。

だから,外国人の先生が t を発音しても不思議ではありません。
一方,日本人は代々,先生から次の先生へと受け継がれて
(言葉が変わらないと勝手に決め付けているのか)
t を発音しない,したら誤りと教えます。

特殊なことをしっかりとパターン化して身につけていくところが日本人のすぐれたところであり,
一方,柔軟性のないところです。

of course も普通の of と違って「オフ コース」とずっとやっているのですが,
「オブ コース」と発音するアメリカ人もたくさんいます。

逆に,「オフ コース」は和製英語の一つ,としているサイトを見たことがあります。
(そんなことはなく,「オフ コース」も正しいです)

o- の部分はイギリスなら「オ」,アメリカなら「ア」か「オー」
これもいろいろあります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

of course の話は驚きました。
確かに、誤りと教えられましたね。
詳しい回答ありがとうございます!

お礼日時:2012/06/12 00:07

大まかに言うと


英・豪では「オフテン」と発音し
米では「オフン」と発音します。
もちろん、英国や豪州でも「オフン」と発音する地域もあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

同じ英語でも地域によってちがうんですね。
おもしろいです。回答ありがとうございました!

お礼日時:2012/06/12 00:03

    両方とも正しいです。

 下記のスピーカーの印をクリックしてみてください、左のは often の t の無い方、右は t のある方です。僕は日本の学校で t の無い方を習いました。
http://www.merriam-webster.com/dictionary/often

    歴史的には t が無い方が自然の成り行きで t をいれるのは spelling pronunciation だと思います。「和らげる」は t のない soften ですが。これも t を入れる人がいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私も日本人の先生には t のないほうを教わりました。
両方正しいのですね。回答ありがとうございます!

お礼日時:2012/06/12 00:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

QDoとDoesの使い方

DoとDoesの使い方がよくわかりません。
それで、問題集をやっていたのですが、
( )Mark and judy study jyapanese?
の質問文の( )に入るのはDOとDOESどちらですか?
私はdoを入れたのですが、なんとなくでよくわかっていません。
どなたか、英語がものすごく苦手な自分にも分かるようにDOとDOESの使い方を教えて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

簡単ですよ。難しく考えないことです。
 
主語が「I」と「YOU」以外の単数(一人、一つのもの)ならDoesを使います。これだけです。 

 ・主語が単数(一人、ひとつ)ならDoesで、複数(二つ以上)はDoです。
 ・「I」と「You」は例外です いつでもDoです。

この場合主語はMark and Judy(二人)で複数ですから、正解はDoです。

 中1で完全にわかることは難しいので、このくらいの覚え方でいいと思いますよ。あきらめずに続けていれば、だんだんとわかります。たくさんの例文を暗記していくと、はじめ質問者様のように、混乱することもありますが、あきらめずに暗記を続け、文法問題を少しずつこなしていくと整理がついてきます。気になったら学校の先生にすぐ教えてもらうことです。一番安くて身近ですから。
頑張ってください。

QI'm going to の後にgoは必要ありませんか?

I'm going to+動詞の原型で「~するつもり」ですよね?
NHK教材で勉強しているのですが、「今日~の所へ行くつもり」という英文がいくつかあるのですが、どちらもI'm going toの後に「go(to):~へ行く」という動詞がありません。「go(to)」はなくても良いのでしょうか?

例1)I'm going to Yuki's house for dinner~
例2)She and Hiroshi are going to an inn near Mt.Fuji~

このbe going to の後に「go to」は要りませんか?
他の本(参考書や辞書など)にはbe going to の後に「go to」がある場合もありますし、私自身も動詞の原型が来ると覚えていたので分からなくなってしまいました。
英語が苦手なので何故要らないのか分かりやすく教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am going to America. と I am going to go to America. を混同されているようですね。

I am going to do は、I am going to ~ と外見は似ていますが、文法上も、考え方も全く違います。★をよく考えると違いがわかると思います。

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am goin...続きを読む

Q過去分詞ってなんですか?(>д<;)

こんにちわ。

英語苦手です・・・。
配られたプリントに『過去分詞』と書いてありました。
私は中2でして、習った覚えもないし、誰かに聞いても『過去分詞は過去分詞でしょww』っていわれて中々、参考になりません。

題名のとおり、過去分詞ってなんですか?
私にも分かるように分かりやすく、例文などを用いて(難しいですね;;)教えてくれれば幸いです。

Aベストアンサー

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形とはまったく関係ありません。「過去」という語がまぎらわしく「受け身・完了形」という呼び名にすればいいのにと私は思っています。
受け身・完了形ーーなのです。つまり、受け身(受動態とも言います)と完了に使うからです。
分詞というのは、2つの役割に分かれるということを意味します。動詞としての役割と形容詞としての役割です。

★過去分詞の例
まず、動詞の5つの変化の例文を書きます。
1. Tom and I do the work every day.
2. Tom does the work every day.
3. Tom did the work yesterday.
4. The work is done by Tom.
5. Tom has done the work.
6. Tom is doing the work now.
このうち、4番目と5番目が過去分詞の例です。
4. The work is done by Tom. (その仕事はトムによってなされる)
5. Tom has done the work.  (トムはその仕事をやったところです)

4は受動態(受け身)の例です。be動詞+過去分詞で使います。他の例題と主語が違うところが注意です。他の例で動詞の後にくるthe workが主語になっていますね。その仕事はトムによってなされるーーという受け身の意味となるからです。

5は4の受動態とは全く関係がありません。別物です。have (主語が単数ならhas)+過去分詞で使う現在完了形です。

もう1度確認します。
     受動態ーーbe + 過去分詞
     現在完了形ーーhave (has) + 過去分詞

これが過去分詞の使い方です。

★普通の動詞は、過去形と過去分詞形が全く同じです。

work 原形
worked  過去形
worked  過去分詞

ところがdoのようないくつかの動詞は、不規則な変化をし、その中でも過去形と過去分詞が違うものがあります。

do 原形
did   過去形
done  過去分詞

go 原形
went   過去形
gone   過去分詞

take 原形
took   過去形
taken  過去分詞

以上、ご参考になればと思います。

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形...続きを読む

Qネイティブがよく言う ”I mean”, ”Yon know”の意味を教えて下さい。

ネイティブの方が話しをする時に頻繁に、
"I mean・・・"
"You know・・・"
という上記の言葉をよく話しているのを聞きますが、
日本語でいうと、どのような意味合いになるのでしょうか?
いくつか例文を交えて説明していただけると有難いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

I mean・・・
今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。

I like this book. この本好きなの
It's interesting for me. おもしろいんだよね
I mean, the story was good, and characters, too.
ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね

You know・・・
意味はないです。単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。

You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, too much talked to my client.
あのね 今日すっごい忙しかったよ、あのね、一生懸命仕事してさ、お客さんといっぱい話したしさぁ。

一度覚えると使いやすい言葉ではありますが、多用すると聞き苦しい感じがします。
また両方ともカジュアルな会話で使いますので、使うときは周りの人が使っているかどうかよく確認してからのほうがいいかもしれません。

I mean・・・
今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。

I like this book. この本好きなの
It's interesting for me. おもしろいんだよね
I mean, the story was good, and characters, too.
ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね

You know・・・
意味はないです。単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。

You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, t...続きを読む

Q「映画をみる」を英語に訳すと。

今まで「see a movie」と訳してきましたが、今日の参考書に「watch a movie」と書いてありました。

どちらが正しいんですか?
また、両方正解なら、どういったニュアンスの違いがありますか?

高1です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。

こう考えてもいいと思いますよ。

see a movie
watch a movie

は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now.などですね。

seeは見ると言う経験をする
watchは観ると言う行為をする。

I saw the movie 見た経験・事がある
I watched the movie. 観た

I am seeing the movie now. 使わない (下を参照)
I am watching the movie. 観ている

I will see the movie. 見る経験を持つ予定
I will watch the movie. 観るつもり

I'm gonna see a movie tongiht. 見る経験を持つつもり
I'm gonna watch a movie tonight. 観るつもり

上のI'm seeing the movieですが、今進行しているという言い方では使わないですが、未来形としての現在の予定、と言う意味では問題なく使います。 I'm seeing the movie next week with Jackie.と言う感じですね。

確かにwatch a movieと言うとビデオやテレビで見るというフィーリングがありますが、見たという経験を言いたいのであれば、I saw the movie on TVと言う表現は全く問題ないわけです。 テレビで見た経験があるよ、すなわち、テレビで見たよ、と言うことになり、テレビで見たよ、はI watched the movie on TVは、テレビで見た行為をした(これも日本語では、テレビで見たよ、となりますね)、と言うフィーリングになるわけです。

I saw him. 彼を(そのときの)みた経験がある、すなわち、彼を見かけた、と言うことになり、I watched him.と言うと彼を見る行為をした、すなわち、彼を観察した、と言うことになるわけです。

ちょっと断言しすぎたところはあると思いますが、このmovieについてはこのようなフィーリングを元に使っています。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。

こう考えてもいいと思いますよ。

see a movie
watch a movie

は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now.などですね。

seeは見ると言う経験をする
watchは観ると言う行為をする。

I saw the movie 見た経験・事がある
I watched the movie. 観た

I am seeing the movie now. 使わない (下を参照)
I am ...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q「たまに」「ときどき」「たいてい」

頻度を表す英語表現を整理したいと思います。

ざっと考えてみると
He rarely eats salad.
He often eats salad.
He sometimes eats salad.
He every time eats salad.

oftenとsometimesはどちらが頻度が高い、などあるのでしょうか?

上記の間を補完するものがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。
20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。
「ときどき」という訳よりも、
「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。
頻度について聞かれて、ちょっと答えをあいまいにしたい時なんかも実は便利ですね
別70%、80%でもsometimesと答えても嘘ではないのだと思います。
「そういうときもある」ので。

oftenの場合はたとえば50~70%とか、多少頻度高めのあたりで固定と感じます。


%って、
100をalways 0をnever
とした感覚での表現ですが、
私の感覚なのでご参考程度までに ^^;



だいたいこんな感覚でいます

never 0
rarely, hardly 0-5%
once in a while / from time to time 0-15%前後
occasionally 0-20%
sometimes 20%-50%
often, frequently 50-70%
usually 80-99%
almost always 90%前後
always 100%


この中でよく使うのは、sometimes, often, usually, always, neverかなと思います


怒った時などは、気持ちの部分が入っちゃって、客観的な頻度は別として
強調的にneverやalwaysを使っちゃうことは、日本語でも同じだと思います。

「あなたはちっとも○○してくれない」とか
「いつも○○じゃない」とか

sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。
20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。
「ときどき」という訳よりも、
「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。
頻度について聞かれて、ちょっと答えをあいまいにしたい時なんかも実は便利ですね
別70%、80%でもsometimesと答えても嘘ではないのだと思います。
「そういうときもある」ので。

oftenの場合はたとえば50~70%とか、多少頻度高めのあたりで固定と感じます。
...続きを読む

QHow about you の意味と使い方がわかりません

How about you の意味と使い方がわかりません。
あなたはどう思っていますか?のような使い方だとは思うのですが、外人が話しているのを聞くとどうしてもいろんな使い方をしているような感じがして質問しました。使い方や話のどういう流れで使えばいいのか教えていただけませんか?よろしくお願いします

Aベストアンサー

あなたはどうなの?的な表現ですね。

例えば、

A:How's it going? (調子どう?)
B:Nothing much. (たいしたことないよ。)
How about you? (君はどんな感じ?)
A: Well, I'm alright. You know what? I've decided to move to NY next month. (まあまあかな。そういえば来月にNYに引っ越すことに決めたんだ)

------------------

A: Are you hungry? (おなかすいた?)
B: Yeah, a little bit, how about you? (うん、ちょっとだけ、君は?)


のような感じでしょうか。


人気Q&Aランキング