人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

理由を説明するときに、
「それは~~だからです」ということがありますが、
これは文法的に正しいのでしょうか?

「会話」ではなく、「書く」場合で、お尋ねします。


この場合の「それは」は、「その理由は」を省略したものかと思いますが、

例えば、
「それは、A氏が不在だったからだ」と言った場合、
一つの文に主語が2つ入るような形になります。

●これは文法的に正しい日本語なのでしょうか?(また句読点は必須でしょうか?)

「なぜなら、A氏が不在だったからだ」と言えますが、
「なぜなら」を使うと、理由を述べている感じが強くなる気がします。
(個人的な感覚かもしれませんが…。)

●自然に理由を述べたい場合に、よい表現方法があれば、教えていただけますか?

以上の2点、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「それは、A氏が不在だったからです」は、文法的に正しい日本語です。

理由を述べるのに、これ以上に自然な表現法はありません。「なぜなら」という言い回しは、中学生・高校生の英文和訳では多用されますが、一般にはほとんど用いられませんので、「なぜなら」を連発した場合、英文和訳のような変な日本語と思われるでしょう。

「それは」は「その理由は」の省略ではありません。上の例文が理由の説明になっているのは「~だったからです」と理由をあらわすことばがあるからで、理由を説明する以外にもいろいろ使われます。たとえば、「それは、A氏が不在だったときのことだった」といえばある事柄の起きた時間を説明することになります。

「~だから」という言い回しで、理由の説明であることは明確ですから、さらに重ねて理由の説明であることを示すことばをくわえる必要はないのです。

一つの文に主語が2つあることを気にされているようですが、全く問題ありません。英語のit is that he is …といった構文で、itとhe2つの主語があるのと同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

D-Gabacho様

とてもわかりやすい説明を、どうもありがとうございます!

確かに「なぜなら」というのは、和訳調ですよね。

教えていただいたように、それは…という言い方は、理由だけでなく、
他の場面でも使います。英語の例文もとても参考になりました。

辞書やネット上で調べて、はっきり分からずお尋ねしました。
これで、自信を持って、この表現を使うことができます。
本当に助かりました。

どうもありがとうございました!

お礼日時:2012/08/06 18:56

 最初にお話し申し上げますが、例文の「「それは、A氏が不在だったからだと言った場合、一つの文に主語が2つ入るような形になります」


 これは誤解です。この文章の骨格は「それは~だった」であり、主語は「それは」であり述語は「だった」です。「A氏が不在だった」の「A氏は」の「は」は不在を示す内容であり「A氏という対象に関する説明」であり、この部分は修飾語(日本語には「目的語」および「補語」の概念はありません)に相当します。
 質問1→「なぜなら、A氏が不在だったからだ」との表現に文法上の祖語はありません。「なぜなら~だから」として一つのセンテンスで「理由を説明する」ことにおいて完結しているからです。
 質問2→自然に表現したいも意図的に表現したいも違いはありません。共に「理由を説明する」のであれば、そこに正否を問うなどの問題は派生しないからです。

 あまり杓子定規に文法にとらわれては語学を学ぶことの意味において「言葉に制限を加える」結果にもなりますので、「文法は取り敢えずの約束事」くらいの理解に留めておかれることをお勧めします。

また「書く場合」と「話す場合」を余り厳密に分ける必要もありません。言文一致体の下では「解りやすく相手に伝える」ことが目的です。ですから、最低限のマナーやルールを守っての言葉遣いに注意するなどの気配りで十分です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

TANUHACHI様

ご回答、ありがとうございます!

この表現を割とよく使っていましたが、いつもどこかに疑問があり、
今回、思い切って質問させていただきました。
主語、述語の関係も含めて、分かりやすく説明していただき、とても感謝しています。

TANUHACHIさんのおっしゃる通り、杓子定規に文法にとらわれ過ぎるのもよくありませんね。
「分かりやすく相手に伝える」ことを第一にしていきます!

どうもありがとうございました。

お礼日時:2012/08/06 21:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの表現は正しいですか?

大学の志望動機書を書いているのですが、

「その理由は・・・・・・からです。」

という呼応表現は正しいですか?
改めて推敲すると違和感を感じてしまって・・・。

Aベストアンサー

#2です。

>尚、「その理由は」という出だしにこだわるのは、「この文では前文の理由を語ります」と始めに明示した方が、「それは・・・・・・からです。」のような後だしより読みやすい文章だろうという考えからです。

わかりました。

>「私は将来○○になりたいと考えています。その理由は、・・・・・・にやりがいを感じることです。」
は正しいですか?
「理由」を「こと」で受けるのもやや違和感を感じるのですが・・・。

そうですね。
おっしゃるように、これも若干不自然に感じます。
たとえば、似た意味の「原因」という言葉に置き換えると、その不自然さがわかりやすくなるかもしれません。
×あの事故の原因はスピードを出しすぎたからだ。
△あの事故の原因はスピードを出しすぎたことだ。
〇あの事故の原因はスピードの出しすぎだ。

「その理由は」を文頭にするのであれば、
「私は将来○○になりたいと考えています。その理由は、・・・・・・への(に対する)やりがいです。」
あるいは、
「私は将来○○になりたいと考えています。最も大きな理由は、・・・・・・への(に対する)やりがいです。」
などが思い浮かびます。
他の自然な表現としては、以下のような文面が思い浮かびます。

・私は将来○○になりたいと考えています。その理由として、・・・・・・にやりがいを感じることが一番に挙げられます。

・私は将来○○になりたいと考えています。それは、・・・・・・にやりがいを感じるからです。

一素人にすぎませんが、私の感覚としては以上です。
  

#2です。

>尚、「その理由は」という出だしにこだわるのは、「この文では前文の理由を語ります」と始めに明示した方が、「それは・・・・・・からです。」のような後だしより読みやすい文章だろうという考えからです。

わかりました。

>「私は将来○○になりたいと考えています。その理由は、・・・・・・にやりがいを感じることです。」
は正しいですか?
「理由」を「こと」で受けるのもやや違和感を感じるのですが・・・。

そうですね。
おっしゃるように、これも若干不自然に感じます。
たとえば、...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「を通じて」と「を通して」の使い分け

 私は中国人で、日本語を勉強中です。「を通じて」と「を通して」は形的にも意味的にも非常に似ています。皆様はどのように使い分けをするのでしょうか。中国人の著者が書く参考書で調べてみたのですが、使い分けの説明が付かずに例文しか並んでいません。疑問に感じるのですが、下記の例文の中の「を通じて」と「を通して」とお互いに交換できるでしょうか。また、これらの例文は中国人の著者が作った例文なので、不自然のところがありましたら、ご指摘いただけますと幸いです。

P.S.「を通じて」の「一年を通じて」、「一生を通じて」、「生涯を通じて」のような使い方はさておき。

「を通じて」
1.秘書を通じて社長との面会を乞う。
2.学生会を通じて、学校側に意見を出した。
3.テレビを通じて広告をする。
4.問題があると、民主的論議を通じて解決する。

「を通して」
1.書物を通して世界を知る。
2.両国の文化交流を通して、相互理解を深める。
3.仲人を通して娘の縁談を進める。
4.臨床実践を通して治療経験を積み重ねる。

 また、質問文に不自然な箇所がありましたら、併せてご指摘いただけますと幸いです。どうか、よろしくお願い致します。

 私は中国人で、日本語を勉強中です。「を通じて」と「を通して」は形的にも意味的にも非常に似ています。皆様はどのように使い分けをするのでしょうか。中国人の著者が書く参考書で調べてみたのですが、使い分けの説明が付かずに例文しか並んでいません。疑問に感じるのですが、下記の例文の中の「を通じて」と「を通して」とお互いに交換できるでしょうか。また、これらの例文は中国人の著者が作った例文なので、不自然のところがありましたら、ご指摘いただけますと幸いです。

P.S.「を通じて」の「一年を...続きを読む

Aベストアンサー

他の方(No.4の方)にもお答えいただいて、よかったです。
私の自信のない(誤っているかもしれない)回答で、質問者の方が誤解したまま終わってしまうようなことがあったらいけないですから。

#2でも少し書きましたし、No.4のご回答でも似た指摘がありますが、
>4.臨床実践を通して治療経験を積み重ねる。
という文は、(「通して」「通じて」の問題以前に)
意味がわかりにくく、何か読みにくいような、くどいような、自然でない印象を受けます。
(でも、「日本人はこんな文は書かない」と言えるほど不自然な文ではないです。)
なぜそう思うのかはよくわからないのですが、以下の理由があると思います。
・「臨床実践」という言葉を聞き慣れない。医学の世界ではどうか知らないが、普通の日本人が使うような言葉ではない(#4のご回答でも指摘がある。)
・「臨床実践」「治療経験」・・・四字の漢語が二つもあって、重苦しい印象を受ける。更に「積み重ねる」があることによってごてごてした印象を受ける。

私なら、もっと軽い感じに、
「実践的な臨床経験を積み重ねる。」
「臨床経験を積み重ねる。」
「臨床の経験を重ねる。」
「臨床の実践経験を積む。」
などなどでもよさそうに思います。


#4の方もおっしゃっている通り、質問の例文に関しては、#2と#4は、似ているようです。
特に、思うのは、

>4.問題があると、民主的論議を通じて解決する。
→このとおり「つうじて」
>2.両国の文化交流を通して、相互理解を深める。
→「つうじて」
>3.仲人を通して娘の縁談を進める。
→このとおり「とおして」

この三例は、#2と#4で同じですし、自分が改めて考えても、この通りでおさまりがいいと思います。
改めて、いくつか意見を述べておきます。

一つ目は、
「民主的論議」「文化交流」などの長めの漢語があると「をつうじて」で、
「仲人」というような和語だと「をとおして」の傾向があるのではないか、
ということです。
(短めの漢語は、中間。)

二つ目は、
「を通じて」というのが、何か形式的な印象を与える、ということです。
「仲人をつうじて」とはあまり言わないような気がしますが、
もし「仲人をつうじて」と言えば、何か仲人を(人ではなくて)道具のように扱っている感じがします。

三つ目は、
「を通じて」は、二つのものの間に「何かが挟まっている」が、その間に挟まっているものそのもの(秘書、書物、・・・)を重要視せず、二つのものの関係を重要視している。
「をとおして」は、「間に挟まっているもの」を重要視している、ということです。

四つ目は、
「を通じて」という表現は、公式であり外向きであるが、
「をとおして」という表現が、ややくだけた表現だということです。

これらは、「まあそんな気がするかな」程度の意見なので、きちんと詳しく検討する必要があるだろうと思います。

改めて考えても、#2#3も、#4のご回答も、みんな正しいような気がするのです。

#4では
>「通して」という場合,文字通り「それを通り道にして」という意味があるように思います.(q304さんの#3のご意見と矛盾してしまうのですが...あくまで私の個人的印象です.)
とのご指摘がありますが、必ずしも矛盾とまでは言えず、別のご指摘かもしれません。
#3では
>「秘書を通じて」というのは、秘書を、単にそういう地位とか役割のようにとらえていて、
>(秘書を単なる「とおりみち」のようにとらえている。)
>具体的な人を思い浮かべていないんじゃないかな、
>ということです。

「秘書を単なる「とおりみち」のようにとらえている」
というのは、"単なる" に意味の重点があって、
「秘書に重きをおかない」という意味です。


ところで、質問では、
「皆様はどのように使い分けをするのでしょうか。中国人の著者が書く参考書で調べてみたのですが、使い分けの説明が付かずに例文しか並んでいません。」
とありますが、
この著者自身、本当に使い分けすべきと考えているのでしょうか。

他の方(No.4の方)にもお答えいただいて、よかったです。
私の自信のない(誤っているかもしれない)回答で、質問者の方が誤解したまま終わってしまうようなことがあったらいけないですから。

#2でも少し書きましたし、No.4のご回答でも似た指摘がありますが、
>4.臨床実践を通して治療経験を積み重ねる。
という文は、(「通して」「通じて」の問題以前に)
意味がわかりにくく、何か読みにくいような、くどいような、自然でない印象を受けます。
(でも、「日本人はこんな文は書かない」と言えるほど...続きを読む

Qこれは主語ですか。

「今日は忙しい。」の「今日は」は主語でしょうか。
もし主語でないならば、理由を教えて下さい。

Aベストアンサー

主語から考えていくとわかりにくい場合があります。述語から考えていけばわかりやすいかもしれません。

現在の学校文法では、
述語は、まともな文なら、一番最後の文節で、その文の言いたいことを言います。
主語は、その述語の正体や、その性質をもつ物、その述語の動作をしている物です。

「忙しい」が述語であれば、その忙しいという性質をもつ存在が主語です。
もし「今日」という存在が忙しいのであれば、「今日」に存在するすべてのものが忙しいことになります。

このように、述語から考えていき、主語をみつけます。書かれていなければ、省略されているのです。

Q公式な文章での一つ目、二つ目、、の言い方

志望理由書において
志望理由は三つあります。
一つ目は・・
二つ目は・・
三つ目は・・
という言い方は話し言葉のような気がするのですが、何か正式な表現はありますか?
第一に、第二に、第三に、
かとも思いましたが、これは順位付けになってしまいますよね?

Aベストアンサー

『1つ目は』『2つ目は』『3つ目は』という表現が,どうも自分にしっくり来ないようでしたら,
----------------------------------------------------
『志望理由は3つあります.』
『先ず,・・・・・』
『次に,・・・・・・』
『最後の理由としては,・・・・・』
----------------------------------------------------
これでは如何でしょうか。

ご諮問内容に,
“言い方は話し言葉のような気がするのですが”
とありますが,志望理由を面接官に話すのですか。それとも,志望理由という項目を埋めて提出する書類ですか.

書類であれば,
----------------------------------------------------
志望理由は下記の3つの通りです.
1.
2.
3.
----------------------------------------------------
これで十分です.
きれいにまとめあげれば,相手方が読み易い内容証明郵便等の法的にも通用する文面となります.

以上,ご参考までに.

『1つ目は』『2つ目は』『3つ目は』という表現が,どうも自分にしっくり来ないようでしたら,
----------------------------------------------------
『志望理由は3つあります.』
『先ず,・・・・・』
『次に,・・・・・・』
『最後の理由としては,・・・・・』
----------------------------------------------------
これでは如何でしょうか。

ご諮問内容に,
“言い方は話し言葉のような気がするのですが”
とありますが,志望理由を面接官に話すのですか。それとも,志望理由という項目を埋めて提出す...続きを読む

Qなぜなら~で始まった文章の終わりは?

接続詞なぜなら(Because)・・・で始まった文章の文末は、~だからです。だけでしょうか?それとも、「なぜなら、ここに紙と鉛筆があるのです」という文法も成り立ちますか?
「なぜなら、ここに紙と鉛筆があるからです」という表現だけでしょうか。

Aベストアンサー

No.1です。
なんと、答えを書き間違えてしまいました。大変申し訳ありません。m(_ _)m。
皆さんの仰るように、「なぜなら・・・・から」で一語です。

「なぜなら、ここに紙と鉛筆がある(から)です」あるいは、
「なぜなら、ここに紙と鉛筆がある(から・な)のです」のように、
「から」を抜かずに言わないと、文は成り立ちません。

「ら抜き言葉」のように「○抜き言葉」を使ってしまっていても、
同じ間違いをしている人同士にはそれで通じるので、
「それが普通だ」と思ったり、「皆が言うからそれで良いのだ」と
思ってしまう人が非常に多いようですね。
教職者でも堂々と間違えているという昨今ですから、本当に悩みますね。

こういう問題は多数決の大勢に吊られずに、自分だけ正しい事を
実行していけば良いと思います。

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q「なぜなら~からです」と「なぜなら~ですから」

いつもお世話になっており、ありがとうございます。

「なぜなら~からです。」それとも「なぜなら~ですから。」という形でしょうか。困っております。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

awayuki_chさん、こんにちは。

>「なぜなら~からです。」それとも「なぜなら~ですから。」という形でしょうか。

どちらの言い方が正しいか?ということですね。

「なぜなら~からです」のほうが自然ですね。
「なぜなら~ですから」のほうは、ちょっとキツイ言い方かな?と感じます。

例文です。

「日本人は、家では靴をはきません。
なぜなら、たたみで生活しているので、そういう習慣だからです」

といわれると、ああそうか、日本人はたたみで生活しているので
家の中では靴をはかないのだな、と思いますよね。

「日本人は、家では靴をはきません。
なぜなら、たたみで生活しているので、そういう習慣ですから」

と言ってしまうと、「そういう習慣って言ってるでしょう!(納得しなさい)」
と、ちょっと誇張するとそういうきつい意味にも取れます。

なので、
「なぜなら~~からです」
と、普通に説明してあげる言い方のほうが、感じがいいです。

>普通、「あれは赤くて甘い果物です。なぜなら、いちごですから。」 と「ここはシーンとしてるね。なぜなら、静かですから。」は言わないでしょうか

言わないですね。
「なぜならいちごですから」とは言わないですね。

「あれは赤くて甘い果物です。いちごです」
というのが普通です。
「なぜならいちごですから」
のように、わざわざ説明するような言い方はしないです。

ただし、
「この赤くて甘い果物、いちごは、日本では非常に高価です。
何故なら、いちごはあまり沢山収穫されないからです」

という言い方だとOKです。
いちごが高価である理由を、「あまり沢山収穫されないから」と説明しているからです。

「ここはシーンとしているね。なぜなら静かですから」
という言い方もおかしいです。

シーンとしている = 静か
ということですから、同じことを繰り返して言うのも変です。

しかし、
「ここはシーンとしているね。
 何故なら、人がいないからです」

という言い方ならOKです。
シーンとしている=静か の状態の原因「人がいないこと」をあげて説明しているからです。

>「なぜなら、私たちは神の子なのですから。」(名詞)

「なぜなら~~ですから」は、強調したいときに使います。
この文章も、「私たちは神の子である」ということを強調したいんですね。
だから、「神の子なのですから」と使っている。

また、この文章には後に続くニュアンスがあります。

「なぜなら私たちは神の子なのですから(何があっても大丈夫です)」
のような後に続く意味を持たせています。

>「あれは赤くて甘い果物です。なぜなら、いちごなのですから。」
「ここはシーンとしてるね。なぜなら、静かなのですから。」

形容詞だ、名詞だということの前に、
「なぜなら」で始まる部分が、その前の文章の説明になっているかどうか?
が大事だと思います。

「あれは赤くて甘い果物です」という文章に対して
「なぜならいちごですから」の「いちごです」という部分は説明になっていますか?
なっていないですね。
ところが、

「日本人は家では靴をはきません」という文章に対して
「何故ならたたみで生活しているので、そういう習慣だからです」
の「習慣だからです」というのは、説明していますよね?

今回は大変難しいと思いますが、何かを説明したいときには、
「なぜなら~だからです」
という言い方を使われるといいと思います。

awayuki_chさん、こんにちは。

>「なぜなら~からです。」それとも「なぜなら~ですから。」という形でしょうか。

どちらの言い方が正しいか?ということですね。

「なぜなら~からです」のほうが自然ですね。
「なぜなら~ですから」のほうは、ちょっとキツイ言い方かな?と感じます。

例文です。

「日本人は、家では靴をはきません。
なぜなら、たたみで生活しているので、そういう習慣だからです」

といわれると、ああそうか、日本人はたたみで生活しているので
家の中では靴をはかない...続きを読む

Q「だから~」を敬語に直すと??

Because の意味の「だから~」という言葉を敬語に直すとどうなりますか?

こんな感じで使います。

「私はテニスが好きです。だから、私はテニス部に所属しています」

この文の「だから」を敬語になおしたいんです。

Aベストアンサー

#10です。
敬語の種類について、皆さん誤解されているようなので一言。

敬語というものがあって、その中に次のような種類があります。
(1)尊敬語・・相手を直接高める言い方。
(2)謙譲語・・自分を低めて間接的に相手を高める言い方。
(3)丁寧語・・言葉遣いを丁寧にすることで聞き手を高める言い方。

#11さんは、「尊敬語」を「敬語」と混同されているようですね。

質問者の方が学生・生徒さんであった場合、その違いを理解していないと、試験や学校の授業で混乱をきたす可能性があるので、敢えて老婆心を発揮しました。
失礼の段はおわびします。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング