現在大学3年に所属している者なんですが、最近将来についての悩みの中で、公認会計士に興味を抱いております。そこで、次の点についてお聞きしたいのですが、よろしくお願いします。

 まず女性の進出度や監査法人や会計事務所における女性の平均年齢、勤務時間帯・及び年間スケジュール、転勤の有無、家庭との両立はどうかという点なのですが。

 またもし子育て等でブランクを作ってしまった場合の復帰度、また許容範囲のブランクの期間、一生の資格と考えられるか、についても教えていただければと思います。

 また勉強面に関しては、まったくの初心者のため、在学中に今から合格するのは厳しいかなと考え、監査法人に一般就職として入って、その業務に携わりながら勉強をしていくことは出来ないものか・・・と思っているのですが、どうでしょうか?そのような方はいっらっしゃるんでしょうか?

 最後に現在公認会計士をなさっている方でもしよければ、仕事における魅力及びストレスを感じるところ等教えていただけると幸いです。

 私自身女性として家庭を持ちたいという気持ちも強いですし、またそれと伴に例え子育てでブランクを空けても復帰できる仕事を見つけたいと思っています。そこで資格について色々調べた結果、脈略はないのですがこの公認会計士と司法書士(この資格については後日教えていただければと思います。)、また一生続けるなら公務員(都庁志望)と絞られてきました。その中で現在統計を学んでいる事もあり、監査法人兼コンサルティング会社でそれを生かしながら勉強していけたらという思いがあり、業務内容・形態(特に女性として)をお聞きしたいと思っております。長くなりましたが、よろしくお願いします。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ここあたりはどうでしょうか。


これを書いているのは男性会計士ですが。

参考URL:http://www.spokslog.com/contents/kaikeisi_ha_jos …
    • good
    • 1

NO1を読み返してみると、ずいぶん否定的なことばかり書いてしまったように思います。

COCOさんのやる気を損ねたのではないかと、少々不安です。
決して悪いことばかりではありません。会社と言うものを、会計の立場から客観的にみられますし、教えられることもたくさんあります。実際2次試験受かりたての会計士補より、会社の経理担当の管理職の方のほうが知識の絶対量は多いですから。
私はバブルの崩壊前後に監査法人にいたので、バブルのころの住宅専門金融機関のようすをまぢかに見る機会もありました。その後は皆さんご存知の通りですが。他に数年前破綻した銀行の子会社の監査も一昨年携わる機会があり、破綻にいたった無謀な融資の実態をみることもできました。社会の動きをじかに知る機会を、監査をやっていると持つことが出来ます。
会計士の気概ということですが、これは人それぞれです。資格があれば何とかなるだろうと思って会計士になった人、心から会計を通じての社会貢献と思っている人、生活の手段と考える人などいろいろです。もちろん、各部署のカラーというものはなんとなくありますが、監査法人ごとのカラーというより、上にいる代表社員・社員(会社組織で言う管理職のようなものです)で違っているようです。入所する際は、その点に気をつけられたほうが良いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

つい最近某予備校の説明会に行ってきました。そこでは会計士業界での女性の仕事としてのパート形態等聞くことが出来ましたが、ただその方が男性であったこともあり、tomoko-tさんのような実態のお話までは聞けなかった様に思います。私の周りには女性の公認会計士経験のあるかたはいらっしゃらないので、tomoko-tさんのご意見はとても貴重でした。ありがとうございました。
私自身会計自体はまったくの初心者なので、不安なところも多く、また適正についてもまだ見極めかねております。どのような適正が求められているのでしょうか・・・。まだ民間との迷いもあり、目指すかどうかも決めかねている状態です。もし良かったらtomoko-tさんや周りの方が目指そうと踏み切ったきっかけについて、もしお時間あれば教えてください。よろしくお願いします。

お礼日時:2001/06/18 00:15

私が会計士になってからすでに8年が経ち、2次試験に合格してからだとすでに11年が過ぎました。

現在と当時では状況が違うと思いますが、参考までに私の体験を述べます。
私の同期の女性は8人いましたが、そのうち今現在も監査法人でフルタイムで働いているのは4人です。そのうち独身が2名、子供なし1名、子供あり1名です。他にパートで監査法人の仕事をしている人が1名います。
給与に男女差がない分仕事にも男女差がなく、人によりますが出張はしばしばあり(私はひどいときは月の内3週間が出張でした。)、接待もあり(ホステスいのいるクラブに連れて行かれたこともあります。)、残業も多く、体力的にきついとも言えます。私は身体を壊したのと、流産が原因で辞めました。男女を問わず、結構辞めていきます。辞めた人は殆どが税務の仕事をしています。
監査法人に一般職ではいるのは辞めたほうがいいと思います。無資格の人を監査の現場に連れて行くことはありませんし(部署によってはまれにあるようですが)、
一般職と会計士補では仕事の内容が違います。また、2次試験の勉強には時間が必要です。私は朝8時から夜9時まで、土日関係なく勉強しました。まわりも皆そうでした。
資格があれば子育て後も簡単に復帰できるかと言うとそうでもなく、日々変わっていく会計を取り巻く状況を把握していなければいけません。税務をはじめる人が多いようです。
以上、とりとめなく書きましたが参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼遅くなってしまって申し訳ありません。とても具体的なお話で参考になりました。
ありがとうございます!あともしお時間あったら公認会計士の方々がどのような気概を持って
いらっしゃる方が多いか等、業界のカラーを教えていただけると嬉しいです。

お礼日時:2001/06/05 00:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公認会計士についてです。今公認会計士の資格の勉強をしているものなのですが、監査法人での公認会計士の

公認会計士についてです。
今公認会計士の資格の勉強をしているものなのですが、監査法人での公認会計士のお仕事の魅力を教えてほしいです(>_<)

Aベストアンサー

私は公認会計士ではありません。
税理士試験挫折者ですので、税理士でもありません。
しかし、会計業界に在籍し、公認会計士の友人もいるなかで見聞きした話です。

公認会計士が監査法人に勤務したとしても、すべての公認会計士が監査業務に携わるものでもありません。大企業などのM&Aなどの業務もあります。さらには、監査の専門家として、ISOとかの認定業務にかかわったりすることもあるようです。

監査などであれば、監査対象の企業の経理や総務などの部署の人たちからは嫌われる存在となることでしょう。問題を洗い出して指摘されるわけですからね。しかし、監査により関与企業が正しく評価されることで、その企業の発展につながるかもしれませんし、監査の業務の中で経営者などから信頼を得られる仕事かもしれません。

友人の公認会計士は、企業合併における業務に携わり、提携の弁護士とタッグを組んでの業務を行っていました。当然関与企業からの依頼に沿った実現を目指すわけですから公認会計士としての信頼から成り立つ業務となることでしょう。

嫌われることを嫌う人は厳しいかもしれませんが、正しいことを正しいという評価を行う、これらのためのアドバイスを行うというような立場としてもやりがいがあることでしょう。

私の友人は公認会計士業務の中で、公認会計士として学ぶべき法律関係が多く、将来独立などを視野に入れることで、弁護士や司法書士などと対等な関係でビジネスを行うという意味で、公認会計士として監査法人に勤務しながら司法書士試験を学び、合格するという結果につなげたようです。

友人は、普段の業務以上に将来の独立に対して気持ちを持っていたようです。最近は連絡を取ることが少ないですが、20年近く同じ監査法人で勤務しているようです。
お分かりだとは思いますが、公認会計士は、無試験で税理士と行政書士の登録が可能であり、一定範囲の社会保険業務や商業登記業務を行えます。こちらに司法書士資格を含めることで、独立後に顧客と慣れうであろう中小零細企業の事業承継や相続などについてもワンストップで受けたいと言っていましたね。
ただ、無試験で税理士となることができる、公認会計士試験に租税科目もあると言っても、すぐに税理士業務を通常の税理士と同等に能力を持っているわけではないという理解をしていました。可能であれば監査法人の提携の税理士法人に移籍して経験を積みたいとも言っていましたね。

社会的評価や将来性のあるのが公認会計士だと思います。
私の友人以外の知り合いの公認会計士は、公認会計士登録の要件と実績のための監査法人勤務後、独立して税理士事務所中心の事務所運営をされている方が多いように思います。

頑張って下さい。

私は公認会計士ではありません。
税理士試験挫折者ですので、税理士でもありません。
しかし、会計業界に在籍し、公認会計士の友人もいるなかで見聞きした話です。

公認会計士が監査法人に勤務したとしても、すべての公認会計士が監査業務に携わるものでもありません。大企業などのM&Aなどの業務もあります。さらには、監査の専門家として、ISOとかの認定業務にかかわったりすることもあるようです。

監査などであれば、監査対象の企業の経理や総務などの部署の人たちからは嫌われる存在となることでしょ...続きを読む

Q監査法人の公認会計士が企業の会計士となれるか?

私は経理をやっていますが、ふと疑問に思ったことがあります。
監査法人に勤務する公認会計士が、一般の関係ない会社の会計士の仕事を兼務できるものなのでしょうか?
また、もし可能であった場合、何らかの制限はあるものでしょうか?
ネットで探した限りはそのような禁止事項はないみたいですが、もしご存じの方がいましたら教えてください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

一般の関係ない会社の会計士の仕事って、何なのでしょうか?

会計士の業務は、監査業務でしょう。
一個人として、監査法人の利害関係者にない会社に就職して、一社員として会計士の知識を生かした決算や財務などの業務を行う分には、監査法人の就業規則などに反しない限り問題ないのではないですか?

Q高校生で『司法試験・公認会計士』試験に合格した人はいますか?また中学生でも『司法試験・公認会計士』試験に受験できますか?

高校生で、『日商簿記1級』に合格するのは、新聞に載るくらい珍しいと聞いたことがあります。

ここからが質問なのですが、高校一年生で、『司法試験』『公認会計士』試験に合格した人っているのでしょうか?
また、『司法試験』も『公認会計士』試験も、受験資格は「誰でも受験可能」とか「特に無し」と書いてあります。
と言う事は、中学生でも、極端に言えば小学生でも受験可能と言う事でしょうか?
とても気になるので、知っている方は是非教えて下さい。

Aベストアンサー

<司法試験について>
旧制度の司法試験では、年齢や資格等による受験の制限は特にありません。
ただし、高校生の場合には短答式試験および論文式試験からなる教養試験の第一次試験は免除されません。
この第一次試験については、過去に高校生が合格したことが新聞記事になりました。

旧制度の司法試験制度廃止までは、極端なことをいえば中学生でも、小学生でも受験可能です。

2011年以降の新司法試験からは法科大学院課程を修了することが必須条件になるため、法科大学院を修了せず新司法試験を受験するには予備試験の受験および合格が必須となります。


<公認会計士試験について>
2006年度から公認会計士法の改正により、試験制度が変更になり受験者資格が原則廃止になったため、司法試験と同じく高校生、中学生でも受験可能です。

Q私が30歳までに公認会計士試験に合格した場合、大手監査法人に就職できる可能性はあるでしょうか?

 私は現在27歳で、フリーターです。少し長くなりますが、質問にお答えいただくため、まずこれまでの経緯を並べます。
 
 (1)大学は京都大学(総合人間学部)に現役で入学しました。
 (2)大学時代、フランス関係に関心があったことから、大学卒業後の8月に外務省専門職員試験という試験に一度目で合格し、外務省の内定をいただきました。
 (3)が、色々と考えるところもあり、その内定を辞退し、司法試験の勉強を始めました。勉強開始からおよそ3年半が経過し(この間フリーター生活)、現在にいたります。残念ながら試験には合格できていません。

 平成17年ころから司法試験の論文試験は、(信じてもらえないかもしれませんが)筆記速度が相当重要なものとなりました。ところが、勉強開始当初まったく考えてもいなかったのですが、私は尋常でなく筆記速度が遅いことが分かりました。私が思うに、京都大学の入試や、専門職試験という程度では、考える力か作業力のいずれかがある程度優れていれば合格可能です。これまで筆記速度の遅さはまったく気にもならなかったのです。ネットでの情報収集、ペン習字教室の受講、筆記速度の速い知人への聞き込み・観察等々、相当行いましたが、筆記速度は改善されませんでした。筆記速度が敗因の全てだとはさすがに思いませんが、最低限度の筆記速度がない以上、土俵にも立てません。受験科目の理解の向上は毎年感じますが、筆記速度の向上は全く目処が立ちません。

 つきまして、司法試験はあきらめようかと考えています。そして、業務内容や将来性といった点から、司法書士試験ではなく、公認会計士試験の受験を検討するに至りました。

 受験勉強自体は不得手ではないと思います。司法試験の短答試験は、勉強開始から半年の猛勉強で合格点の1点下まで達し、翌年には無事合格しました。
 そこで、とりあえず1年間は集中して勉強できるだけの資金を集めることに専念し、1年間~2年間での合格を目指そうと考えています。
 そうすると、仮に計画通りに試験に合格できたとして、合格時の私の年齢は29歳~30歳になるわけです。
 つきまして皆さんにお尋ねしたいのですが、私のようなものが仮に29歳~30歳で試験に合格できたとして、大手監査法人に就職できる可能性はあるのでしょうか?正社員の経験もありませんので、厳しいだろうとは思っています。
 司法試験をあきらめ公認会計士試験を選択するという選択自体にもご批判はおありでしょうが、その点については度外視した上でご回答いただければと思っています。よろしくお願いします。

 私は現在27歳で、フリーターです。少し長くなりますが、質問にお答えいただくため、まずこれまでの経緯を並べます。
 
 (1)大学は京都大学(総合人間学部)に現役で入学しました。
 (2)大学時代、フランス関係に関心があったことから、大学卒業後の8月に外務省専門職員試験という試験に一度目で合格し、外務省の内定をいただきました。
 (3)が、色々と考えるところもあり、その内定を辞退し、司法試験の勉強を始めました。勉強開始からおよそ3年半が経過し(この間フリーター生活)、現在にいたります。...続きを読む

Aベストアンサー

特に問題はないと思います。

私は今年論文式試験を受け、現在合格発表待ちです。
すでに内定ももらっております。

ご存知かとは思いますが、会計士は、8月の論文式試験が終わったらすぐに就職活動をし、9月には内定をもらい、合格発表後受かっていたら12月から働きはじめます。

というわけで、論文式を受けた人はほとんどみんな就職活動します。
私はまだ20代前半ですが、友達には28歳の人や31歳、32歳の人と、色んな年齢層の人がいます。
あくまでも今年(平成20年度)の就職状況では、それらの人はみんな内定もらってました。全員大手4大監査法人です。
逆に、もっと若い人でも、内定をもらえない人もいました。
私が面接等受けた印象では、社交性や協調性のある人材、そして目標や考えなどがしっかりしていて、合格可能性のある人が優先的に採用されていました。(面接で、模試の成績などを聞かれたりしたので。)
学歴や年齢はあまり関係ないと感じました。
社交的な高卒、27歳の友達も内定出てたので。

また、東京の方が地方よりも就職状況が若干厳しく感じられました。
やはり人がたくさんいるせいだとは思いますが。
ですので、、単に「大手監査法人」に就職したいのであれば、つまり地方でもどこでも良いのであれば、きっと問題なく就職できるかと思います。質問者様がコミュニケーション能力に長けた方であればさらに可能性は高まるでしょう。

ちなみに去年は就職天国でした。
ほぼ全員が内定もらえる勢いでした。
今年は去年に比べて若干厳しくはなりました。
来年以降がどうなるかはわかりませんが、それだけの学歴をお持ちで、「就職できないかもしれないから」で諦めるのでしたら辞めておいたほうがいいとは思います。
「何が何でも受かって、就職してやる」という気迫があれば、多分就職できると思いますよ。そういう熱意を伝えられるような面接はしてくれますから。話はちゃんと聞いてくれます。

余談ですが、論文式は、書く「量」はありますけど、書くスピードはそこまで重視されないと思います。もちろん1文字1文字丁寧に書いてる時間はありませんけどね。
電卓の速さはそれなりに必要だとは思います。
おまけですが、電卓は左打ちの練習を初期からしたほうがいいですよ。
私は電卓も書くのも右手で、論文前に腱鞘炎になりましたから。

特に問題はないと思います。

私は今年論文式試験を受け、現在合格発表待ちです。
すでに内定ももらっております。

ご存知かとは思いますが、会計士は、8月の論文式試験が終わったらすぐに就職活動をし、9月には内定をもらい、合格発表後受かっていたら12月から働きはじめます。

というわけで、論文式を受けた人はほとんどみんな就職活動します。
私はまだ20代前半ですが、友達には28歳の人や31歳、32歳の人と、色んな年齢層の人がいます。
あくまでも今年(平成20年度)の就職状況では...続きを読む

Q公認会計士を取得して監査法人での年収

公認会計士の資格を取得して大手といわれる監査法人に勤めるとします。年齢にもよるとは思いますが、最初の年の年収、10年後の年の年収は平均してどのくらいあるでしょうか?もちろん役職によってかわってくるのは承知しています。だいたいどのくらいあるのかなと思いまして質問させて頂きます。

Aベストアンサー

 
 初年度: 550万+残業代100~150くらい→残業代込み650~700
  それ以降は徐々に上昇
 5年目くらい:残業代込み900くらい(ジュニア、シニア)
 6年目以降、残業代が出なくなるので、800位に一度下がる(マネージャー、シニアマネージャー)
 その後はチビチビ伸びていく。
 その後パートナーになれれば(早くて15年くらい?だけど、なれない人は永遠になれない。) それ以後は能力給。平均2000くらい?

 ただ、合格者が増えていることから来年度以降から基本給を減らす大手監査法人も出てきています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報