【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

建築確認申請後に工事完了し検査済書を受け取りました。
その後に申請者の名前の漢字の誤記が分かり、訂正の依頼をしましたが、すでに検査済書を発行の上で受け取りまでしているので出来ないと言われてしまい困っています。
何か訂正する事が出来ないのでしょうか。
建物は、4号建物(一戸建て住宅)で、審査は市役所です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

残念ながらまだ日本ではタイムマシンが発明されていないので、時間をさかのぼって補正はできません。


検査済証の交付で、一連の手続きはすでに完結しています。
訂正は不可。
済証の再発行も不可。
特定行政庁が情報で管理している建築確認支援システムの中での訂正自体ができませんので無理。
あきらめてください。

私が担当なら、法第12条5項による報告を建築主の名前で出させますね。
その中で建築主名に誤記があったことを報告し、特定行政庁に受理してもらいます。
出すのは2部。
一部を受けとってもらい、もう一部は副本(控え)として特定行政庁の受領印を捺印したものを返してもらいます。
ここがキモ。
12条5項の報告の中で、確認の情報(番号と日付)、土地の情報(地番)で物件は特定できます。
受領印を押して返してもらうことは、正式に特庁に受理をされた証明です。
これで建築主名に誤記があったと正式に記録に残したことになるます。
で、確認済証、検査済証、12条5項の報告書の報告書、この3部で1セット。
建築主には大事に保管してもらいましょう。
    • good
    • 1

すまぬ。


最後から2行目と3行目に誤字発見。
以下、誤記訂正。
 ↓
これで建築主名に誤記があったと正式に記録に残したことになります。
で、確認済証、検査済証、12条5項の報告書、この3部で1セット。
    • good
    • 0

記載事項変更、報告事項変更などの届出書式はありますので、


誤記として出すほかないような。
荻と萩とか、達と逹とか、パッと見間違えそうな字は確かにあるのですが…
どのようにしたらいいのか、
提出先の担当に聞いてみてはいかがですか。
    • good
    • 0

よく解りませんが、ここで相談されるより、市役所の「建築主事」に相談するほうが、


確実で、早いと、思います。

建築指導課を訪ねて、建築主事をお願いし、事情を話して、善後策を
検討してもらうのが、良い、と思います。

ここでいくら相談されても、正直なところ、本来、有り得ない相談なので、
どなたも解決策を出せないでしょう。

建築確認申請自体は、建築基準法に照らして、合法であることを「確認」して
もらう手続ですので、もう一度、同じ敷地で、確認申請を提出することは可能だと
思いますが、「検査済書」の発行まで行っているとなると、判断できません。

恐らく、親切に相談に乗ってくれると思います。
市役所に全く落ち度がなかったか?と言えば、多少の疑問符も付くように
思いますので。

頑張ってください。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築確認申請 完了検査後の変更は可能ですか

家を新築し建築確認申請の完了検査後検査済証の交付を受けましたが、建築地(3筆)の内の1筆が
隣地になっていました。
その土地は実際に建物が建っているわけではないのですが、接道の為に建築地に含めたのですが、その地番が誤りで隣の敷地だったようです。
検査済証交付後に銀行の融資の際に発覚したのですが、変更は可能でしょうか?
変更できないとしたら、再度取り下げをして確認申請のやり直しなど方法があるのでしょうか?
融資が受けられなくなると非常に困ります。良い方法をご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。
回答らしきものを。

検査済証の交付で、一連の流れが完結したことはお話ししました。
この流れは戻せません。

仮に、変更後の計画がすべて合法であれば、変更内容を整理して、特定行政庁に相談してみましょう。
建築基準法第12条第5項の報告という手続きがあります。

一連の流れとは別途に、本計画が建築基準法及び他関係法令に全て適合していることを書面一式で提出し、内容の審査を受けて受理してもらうことです。
確認処分とは違いますから、「通知書」のようなものは発行されません。
そのまま返却されず、特定行政庁側に受理されることが大切です。
同じものを2部作成し、受理されたら1部に受領の押印を受けて返却してもらうのです。
この手続きは、指定確認検査機関ではできません。

受領印を押印され、返却された「控え」が、当面は確認通知書などに代わって第三者には、変更後の内容が適法として行政に処理された証明になります。
ただ、確認済証や検査済証とは性格が違いますから、これを金融機関が担保としてくれるかはわかりません。
金融機関にも並行して相談しましょう。
融資にまで波及するご相談なら、1つの機関だけでは解決できそうもありません。

くどいですが、変更後の内容が全て適法であることが大前提です。

ところで、施主のあなたではなく、設計者や営業は対処しないのですか?
どこにボタンの掛け違いがあったかは存じませんが、事前調査を行った営業や建築士は動かないのですか?

No.2です。
回答らしきものを。

検査済証の交付で、一連の流れが完結したことはお話ししました。
この流れは戻せません。

仮に、変更後の計画がすべて合法であれば、変更内容を整理して、特定行政庁に相談してみましょう。
建築基準法第12条第5項の報告という手続きがあります。

一連の流れとは別途に、本計画が建築基準法及び他関係法令に全て適合していることを書面一式で提出し、内容の審査を受けて受理してもらうことです。
確認処分とは違いますから、「通知書」のようなものは発行されません。
そのま...続きを読む

Q建築基準法第12条5項による報告

旅館に勤務している者です。
現在、倉庫として使用している場所を宴会場として
改装することになりました。(100平米超、倉庫として建築確認済)
基準法上現在のままでは問題があるということで法に沿って
必要な設備工事等を行います。
設計士によれば、建築基準法12条5項による報告のみで法的に
クリアーとなる旨の説明を受けています。(倉庫→居室)
素人ながらいろいろ調べてみたのですが、いまひとつ理解できていません。
そもそもこの12条5項は、どのような時にどのような目的で
報告するのものなのでしょうか?
また、事前に報告書を提出し、県の建築主事の決裁がでれば
完了後の検査などもないように聞いています。
正直、書面だけでいいの?という気がするのですが・・・
設計士を信じていない訳ではないのですが、どうも腑に落ちなくて
こちらで質問させて頂きました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>そもそもこの12条5項は、どのような時にどのような目的で
>報告するのものなのでしょうか?
法第十二条の5 は、
『特定行政庁、建築主事又は建築監視員』が、
『土地・建物の、それに関わる人々』に対して、
『報告を求める事が出来る』旨が書かれています。

つまり、今回のケースですと、
例えば倉庫が宴会場として使われている
(あるいは使おうとして計画している)
それが発覚して、『行政』が、『持ち主等』に対して、
倉庫ってなってるけど実際どうなのか報告しなさい!
って言える→これが12条5です。

そして、報告内容としては
『倉庫だけど宴会場として使用してます。』
です。

勿論
>また、事前に報告書を提出し、県の建築主事の決裁がでれば
>完了後の検査などもないように聞いています。
こうなる訳ではなく、

基準法9条~の規定により、安全に使えるように是正してくださいって命令されます。
そして、そのままでは使用制限など命ぜられるので

他の方も仰るように第87条の用途変更申請をします。
(12条の6によって検査される場合もあると思います。)
大規模の模様替え・修繕が必要になれば、その確認申請も必要です。
(この場合、完了検査も必要です。)

だいたいこんな流れです。

ココまで書いて考えましたが
単独で、倉庫→宴会場での場合を書きましたが、
大旅館での一室を倉庫→宴会場とするのなら
確かに(12条5ではないですが)不要かも知れません
どっちにしろ、
建築士に行政の意見を聞いてもらった方がいいと思います。
付随して、消防関連の規定に合致してるかも確認しておいて下さい。

>そもそもこの12条5項は、どのような時にどのような目的で
>報告するのものなのでしょうか?
法第十二条の5 は、
『特定行政庁、建築主事又は建築監視員』が、
『土地・建物の、それに関わる人々』に対して、
『報告を求める事が出来る』旨が書かれています。

つまり、今回のケースですと、
例えば倉庫が宴会場として使われている
(あるいは使おうとして計画している)
それが発覚して、『行政』が、『持ち主等』に対して、
倉庫ってなってるけど実際どうなのか報告しなさい!
って言える→これが...続きを読む

Q建築確認申請の地番訂正

現在2世帯の自宅(親の家)空きスペースに別棟(私の家)を新築中です。
現住所で建築確認を取り着工の後、別棟部分の分筆作業に取り掛かりました。
分筆を行うにあたり、土地図面や測量を行ったところ、分筆する箇所が現住所の地番とは異なることが判明しました。
(建築確認では現住所である「12番地の一部」と表記しましたが、実際に分筆・建築する地番はすっぽり「13番地」に入っていたのです。)
住宅ローンを組むにあたり、銀行からは抵当権設定の関係で建築確認と異なるので住宅ローンの実行が出来ない。建築確認を訂正してほしいと依頼が来ました。
住宅メーカー、土地家屋調査士に相談したところ、「そんな話は聞いたことが無い」と言います。
実際、完成間近で建物表題登記は分筆後の地番(建築確認は当初のもので変更せず)で出来ています。

家は完成しているのに住宅ローンが実行できず困っています。
こういうケースは完成後に建築確認の取り直しをしなければならないのでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして!
直ぐに建築確認記載事項変更届を所轄自治体に提出しましょう。
HMの設計者に連絡を取ってやらせましょう。
最寄の地方振興局建築課に行けば、変更届の用紙があります。
参考まで

Q確認申請  小数点 四捨五入?

ちょっと、おしえてください。
今、申請書を書いています。
今時、考えられない急ぎの申請です。
まだ、余裕をもつという事を知らない人々がいるのです(笑)。

私は、ずっと、面積関係、ケンペイ率、容積率等の
小数点は切り捨てとしていました。

43.999ならば43.99と。

最近、申請もエクセルで打ち込むと数値が出るものが
あり、四捨五入しているのです。

今、もしかして、小数点第3位は、四捨五入?
ですか?

Aベストアンサー

そうですね、余裕をみて切り捨てたり、切り上げたりしても、申請は通りますから、
質問に対するダイレクトな答えとしては「四捨五入以外でもOKです」となるかと思います。

以下、余分な話をさせていただきますと↓

注意点は、切り捨て、切り上げ、四捨五入などの複数の「数値の丸め方」が、
一つの申請書類の中で混在しないことですね。これが一番だめなんです。

それと、建築って工学じゃないですか、その工学は四捨五入が原則なんですね。
だからその工学の分野の教育を受けた場合、それが理由(癖)で四捨五入する人は多いかもしれません。

お勧めは、四捨五入で統一です。申請以外でも問題が起こることはないと思います。
また、手法を統一することで、不本意なミスを避ける効果があるかもしれませんね。

Q木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

1、構造用合板を使った耐力壁は、幅が最低600mm必要だと質問の中で見つけましたが、
  これは何かにはっきりと記載されているものなのでしょうか?
  軸組工法だと最低900mm必要という文章もありました。

2、筋交いを使った耐力壁は、最低900mm必要ということですが、
  以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
  まで耐力壁とみなす、というのを教えてもらったことがあるのですが、
  これは間違っているのでしょうか?
  同じく、この事も何かに記載されていますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木造軸組工法の耐力壁については、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」をご覧下さい。
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html


P60の解説欄には

1、構造用合板を使った耐力壁の前提条件は、L≧60センチ且つH/L≦5

2、筋交いを使った耐力壁の前提条件は、L≧90センチ且つH/L≦3.5

ですから、面材で、60センチ以下、筋交いで90センチ以下は、耐力壁として算定出来ません。

>以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
2008年12月以降、90センチ以下の筋交いは、算定出来ません。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html

Q建物の庇について

庇の建築面積算定はわかりますが、床面積には含まれるのでしょうか?(1階、2階どちらに算定でしょうか?)

Aベストアンサー

1階の庇の場合,#1さんの指摘の通り,通常は床面積に含まれませんが,自転車置き場などの室内的用途(生活上又は部品の格納の目的で雨露をしのぐ用途)のある場合は,建築面積と同じ計算方法で,庇の先端から1mを超える部分を1階の床面積に算入します。例えば,1本柱の傘のような建物の場合,周囲の先端から1mを差し引いて床面積とする,と言うことです。

2階以上の場合で,その階のテラスなどに突き出ている庇の場合は,用途に関係なく,先端から2mを超える部分をその階の床面積に算入します。2m以上の庇が有れば,十分に室内的用途に使えるという判断です。即ち,2m以上突き出ている場合で,両側に壁等がない場合は,(庇の出-2m)x(庇の幅-2mx両側2箇所)を床面積として算入します。片側に壁がある場合は,(庇の出-2m)x(庇の幅-片側2m)で,両側に壁等が有る場合は,(庇の出-2m)x(庇の幅)になります。

Q天井高さが3m以上の排煙計算について

いつもお世話になっております。
下記の条件の場合の排煙計算について教えて下さい。

床面積:12.0m2
天井高さ:3.315m
開口部種類:引き違い窓
高さ:FL+750 
寸法:H1.300m×W1.800

開口は上記1ヶ所のみです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

廊下(避難路ですから免除なし)ではなく、部屋ですよね
この窓では有効開口にならないので
H12建・告1436号内装不燃(下地とも)で免除でよろしいのでは?

室 :H12建・告1436-4-ハ(2)
居室:H12建・告1436-4-ハ(4)

Q戸建住宅駐車場の傾斜は何%にすれば良いの?

新築戸建の着工を11月17日に控えていますが、外構部分の打合せがやっと昨日始まったところで、いきなり難題が発生!
「駐車場スペースの傾斜は2.8%で良いですか?」というものです。
初めての経験で見当がつかず、決めかねています。そこで、皆様のご意見を是非お伺いしたく投稿してみました。
駐車スペースは縦列駐車型で全長11m。入口部分を±0とすると最終的に+30cmになります。
私達の希望は、なるべく平に近い状態で作りたい。という事です。
積雪地域(積もっても15cmぐらいですが)の為、スリップは避けたいと思っている為です。2.8%は急坂の方ですか? また何か良い案をお持ちの方は是非教えて下さい!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

駐車場の傾斜としては、1/100だとかなりゆるくて排水がきちんとなされにくいほどになります。見た目は全く平坦です。ただこれだと傾斜がゆるすぎるので、水があまり流れずにたまるところが生じる可能性があり、寒冷地では逆にそこが凍ることも考えられますので、もっと傾斜させた方がよいです。

故に傾斜は2~3/100程度は欲しいところです。提案では2.8%(2.8/100)とのことですから、見た目はほとんど平坦に近く、通常傾斜を感じることはないけど、水は流れるので駐車場にたまってしまうことは避けられるのではと思われます。

Q建築確認申請書・確認済証はどこからもらうもの?

今住宅ローンの借り換えを考えております。

審査の必要書類をそろえていたところ「建築確認申請書・確認済証」の2点がどうしても見当たりません。

今の家は5年前に分譲住宅を新築で購入しました。

この2点の書類について聞くとしたらどこに聞けばよいのでしょうか?
それと再交付などはしてもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

重複する点もありますが。

基本的に、施工者あるいは設計者が審査機関から受取、引渡時に建築主に渡されるます。

ただ、ローンの借り換えとなると、当社のローンがあるわけですよね。
その当初ローンの審査の際に、建築主から、あるいは施工者(設計者)から銀行に一度行っているはずです。
まれですが、返却されていないこともあるのではないでしょうか。私は建築会社 営業やってますが、過去にそういう例が一度だけありました。

ですので、竣工書類、あるいは当初のローンの書類と一緒になっていないか。銀行に貸したままになっていないか。あるいは、なんらかの理由で施工者(設計者)の手元にないか確認してみてください。

あと、確認申請、済証の番号は、引渡書類に記載がある場合があるので、確認してみてください。(施工会社によって異なりますが)

Q建築確認申請書の敷地面積は実測か?

建築確認申請書の敷地面積は実測か?

金融機関で不動産担保融資業務を行っています。
田舎などの土地には登記簿謄本の面積と実測が異なるケースがあります。
このような土地に新築する際、建築確認申請書の敷地面積は土地の登記簿謄本の面積ではなく、地積測量図などより実測面積に近い書類が根拠となっていると考えてよろしいのでしょうか?
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確認申請の時には、求積図を求められます。これは一般的に三斜をきったものが利用されます。
座標点で出した時、審査機関から三斜にしてと言われた事があります。

あくまで実測なのですが実測と測量図が近似していれば同じ数値で記入するのが普通だと思います。
建築士の利用する測量器具よりずっと測量屋さんのほうがいい機械ですからね。
建築士が行う一番簡単なテープ測量では気温によっても長さが変わるのは知られていますし、傾斜地では誤差も多いです。でも、実測なのでそれで申請できます。

地域によって公図を提出するということはありますがあくまで土地の状況の確認で面積確認のために測量図や公図、謄本を提出することはありません。
蛇足ですが)開発の場合はもちろんそちらの申請で測量図や公図、謄本を求められます。
その場合確認申請の建築敷地と面積が合わないと通りませんので、この場合は測量図と全く同じ求積図で提出させていただくことになります。


人気Q&Aランキング