はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

日本語を勉強中の中国人です。「ご馳走になりました」と「ご馳走さまでした」の違いがよくわからないのですが、どなたか教えていただけませんか。日本の方はこの二つの表現をどのように使い分けていらっしゃいますか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

食卓で食事を終えて箸を置き、「ご馳走様でした」という。


これは無事食事を終え、命をつなぐことができたことへの感謝を口に出したものです。
だから、一人で食事をした場合でも、「ご馳走様でした」ということはあります。
自宅で、家族で食事をしていた場合は、その食事を用意(調理など)した人と、その食事を用意するために必要だったお金を稼いできた人に対する感謝も含みます。

飲食店で、食事を終えて店を出るときに、「緒馳走様(でした)」と、料理人(姿が見えていれば)や店員に声をかけることもあります。
合理的に考えると、自分はお金を払っている客だからそんなことを言う必要はない、ということになりますが、料理を作り、もてなしをしてくれたことに対して、自分は満足しましたよ、ありがとう、という気持ちを言葉に出します。
もちろん、料理がおいしくなかったり、店員の態度が悪かったりしたら、そんなことは言いません。

職場で上司が、「今日は私がご馳走する(=支払いをする)から、一緒に食事に行こう。」と誘ってきたら、「ご馳走になります。」と答えます。これは、「一緒に行きます。支払いはお任せします。」という意味です。
食事を終えて、会計を済ませた(その上司が支払った)後で、「ご馳走になりました。」とお礼をいいます。

上司や伯父など、目上の人の家に招かれて食事をしたとき、食卓では「ご馳走様でした。」といいます。
ホスト・ホステスに対して、感謝の意もありますが、自分は食事を終えました、と伝える意味合いが強いと思います。
食卓上を片付けて、デザートを出すとか、お茶を出すとかしてもいいですよ、ということになります。
その家を辞するときに「今日は、ご馳走になりました。」といいます。ここで改めてもてなしに対して感謝の意を示すのです。
食事を終えて食卓で、「ご馳走になりました。」ということもありますが、「それでは(=食事は終えたので)、これで帰ります。」というようなニュアンスが漂ってしまうような気がします。
食事をした場所(食堂)から他の部屋に移動するならそれでもいいでしょう。

帰宅後に、家人に「食事(夕食)はどうしますか?(=食べますか?)」あるいは「食事はどうしましたか?」と尋ねたれたら、「○○さんに、ご馳走になりました。」と答えます。
これは、家人が○○さんを知っており、そのことを知っておいてもらう必要がある場合です。
そうではない、自分で支払った食事や、家人に内緒の相手との食事だったら、ただ「(外で)済ませてきました。」と答えます。

翌日、その上司にあったら、「昨日(昨夜)は、ご馳走様でした。」と再度、礼をいいます。
ここで「昨日は、ご馳走になりました。」というのも間違いではありませんが、私は違和感があります。
明確にどのように誤りなのかは指摘できないのですが、「ご馳走様でした。」のほうが自然だと感じます。

自分と相手との関係によってではなく、場面や時によって使い分けられていると思います。
ほとんどの場合は、「ご馳走様でした。」でよいと思います。
「ご馳走になりました。」でなければならないのは、上記の例のように、相手にではなく相手以外の第三者に答える場合だけであると思います。
他の例では、「ご馳走になりました」を「ご馳走様でした」に置き換えても違和感はありません。

強いて言えば、「ご馳走様でした」は食事の終了、「ご馳走になりました」は食事を含めたもてなし全体の完了を意味するように思います。
訪問先を辞去するときに、「ご馳走になりました」といえば、「私は帰ります。」の意を含むし、食事会を終えて店を出て、上司に「ご馳走になりました」といえば、「ここで一旦解散。」の意を含んで、帰宅する人あり、別の店に行く人あり、ということになります。

「ご馳走様でした」はそれだけで充分に丁寧な表現だと思います。
    • good
    • 22
この回答へのお礼

ご丁寧に説明していただき誠にありがとうございます。おかげさまで、シチュエーション別での使い方はだいぶわかるようになりました。

お礼日時:2015/01/02 10:59

「ご馳走さまでした」


もてなしを受けた人などに、食事を終わったあとで
いいます。
料理店などでは店を出る時にも使います。
「ご馳走になりました」
もてなしを受けた人と別れる時にいいます。
これが普通です。

実際には両方が使われていますが、普通の言いかた
をおすすめします。

Aさんが「Bさんの家でご馳走になりました」と
Cさんに話しますが、過去の話では「ご馳走さま
でした」を使わないないのはおわかりでしょう。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。わかりやすいですね。おかげさまで、理解できました。

お礼日時:2015/01/02 11:15

> 質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。



質問文は完璧[かんぺき]です。
日本人が書いた文章に見えます。
日本人でも時々してしまうような敬語の間違いも皆無です。

> 「ご馳走さまでした」に「さま」が入っているのに、
> 砕けた表現になっているのですね。

「様[さま]」は、元々は尊敬をあらわす言葉ですが、
時代を超えて一般に広く用いられているうちに敬意が浅くなり、
現在では、話し手・書き手が敬意を特に示さない場合でも丁寧語として用います。

手紙などを差し出すときに
あて先の個人の名前に付ける「様[さま]」、
あて先の会社や団体の名前に付ける「御中[おんちゅう]」は、
儀礼的に(つまり社会的な礼儀として)用いられています。
付け忘れると、失礼な人だと思われるかもしれません。

> 「ご馳走になりました」と「ご馳走さまでした」の違いがよくわからないのですが

食事を始めるときの「いただきます」と
食事を終えるときの「ご馳走さま(でした)」は
あいさつとして慣用句になっていますが、
「ご馳走になりました」にこの用法は無いと思います。

「ご~になる」「お~になる」は敬意をあらわします。
他方、「ご~さま(です)」「お~さま(です)」は、
丁寧な表現ですが、敬意を特に示さない場合にも用いられます。

☆ 「ご~」と「お~」とを使い分ける目安
動作をあらわす言葉が
漢字だけから成る言葉であれば「ご~」、
日本語に元々ある言葉であれば「お~」。

☆ 「ご~になる」「お~になる」

これらの表現は、~の動作をする人に対する敬意をあらわす尊敬語です。
「ご馳走になる」は馳走を受ける人が主語ですが、
~の動作をする人が主語となる例が多いです。
例:
「皇太子ご夫妻の長女の愛子さまは、
皇太子ご夫妻と一緒にテニスをお楽しみになりました。」
↑ ニュースなどの報道で皇族に対する敬意を示すために、
  このような表現が用いられることがあります。
  一般には、中学生については「テニスを楽しみました」で充分です。
  また、愛子内親王の親である皇太子や皇太子妃が話すときには、
  娘に対しては敬意を示さないので「テニスを楽しみました」となります。
  皇族[こうぞく]は、天皇[てんのう]以外で天皇の一族の人です。
例:
「お掛けになった電話番号は、現在、使われておりません。」
↑ 電話会社にとって電話を掛ける人はお客様なので、
  「掛ける」ではなく尊敬語の「お掛けになる」となっています。

動詞の尊敬語の形を用いて敬意を示すこともできます。
「ご~になる」「お~になる」のほうが敬意が深い印象があります。
(これは聞き手・読み手によって違うかもしれません。)
「ご~になる」動作…尊敬語の形は「~される」。
「お~になる」動作…尊敬語の形は、動詞の未然形+「れる」/「られる」。
この尊敬語の形を用いるときは主語を明示することが多いです。
例:
「皇太子ご夫妻の長女の愛子さまは、
皇太子ご夫妻と一緒にテニスを楽しまれました。」
例:
「天皇、皇后両陛下は12月3日、
広島市安佐南区を訪問され、8月に起きた土砂災害の現場を視察されました。」

「お見えになる」(「たずねて来て姿を見せる」といった意味)は慣用句で、
「見えられる」はあまり用いられません。

なお、
「ご~する」(例:「ご説明する」)や「お~する」(例:「お調べする」)は
本来、主語となる人が自分の動作について謙遜する表現(謙譲語)ですので、
「ご~される」は間違いですが、これを尊敬語のつもりで用いる人もいます。

☆ 「ご~さま(だ/です)」「お~さま(だ/です)」

これらの表現は丁寧な表現(丁寧語)ですが、
敬意を特にあらわさない場合もあります。
~の動作をする人が職場の上司や学校の先輩でも、
その人と対面して話すときには、
これらの表現でも充分であることが多いです。

「ご馳走さま」「ご愁傷[しゅうしょう]さま」には、
丁寧語の用法のほかに、
人をからかったり、冷やかしたりする用法もあります。
両方の用法を辞典で調べてみてください。
https://kotobank.jp/word/%E5%BE%A1%E9%A6%B3%E8%B …
https://kotobank.jp/word/%E5%BE%A1%E6%84%81%E5%8 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に説明していただきありがとうございます。いろいろとても参考になりました。

お礼日時:2015/01/02 11:14

こんにちは。



どちらが丁寧かということではなく、シチュエーションの違いだろうと考えました。

>「ご馳走になりました」のほうが丁寧でしょうか。
>「ご馳走さまでした」に「さま」が入っているのに、砕けた表現になっているのですね。

「ご馳走さまでした」は、料理を作っていただい人への感謝を込めて言いますが、食事が終わって、食べ終わって、その余韻が残っている間に言う言葉だと思います。そこには、料理に対する「お礼」や「美味しい」という表現も含まれていると感じます。そういう意味では、もてなす・もてなされるのは、親しい間柄にはあるのかもしれません。お店でも、料理人にたいして言う場合、同様です。

「ご馳走になりました」は、食事が終わって、別れ際や散会する時に、もてなしをしていただいた人へのお礼として言います。しかし、#2様のおっしゃる通り、他人のお宅に伺って、料理を振る舞われて、帰り際に、その家のご主人に「本日は、ご馳走になりました。」などと、言うのかもしれません。

私個人は、外国人が多い仕事がら、翌日に、持ち越しで「昨日は、ご馳走になりました。」という習慣はありません。しかし、相手が気難しい日本人に対しては、言うかもしれません。

日本人でも、これは難しいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速ご回答いただきありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2015/01/02 11:05

言葉だけの意味で考えると。


違いは「なる」の有無ですね。
「ご馳走さま」は食事そのものに対する感謝。
「ご馳走になりました」は食事を提供した行為に対する謝意。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。とても参考になりました。

お礼日時:2015/01/02 11:00

「ご馳走になりました」は「ご馳走さまでした」の丁寧語



主に 目上の人にご馳走になった時は「ご馳走になりました」  で

気軽な友達 家族等には「ご馳走さまでした」です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。大変参考になりました。「ご馳走になりました」のほうが丁寧でしょうか。「ご馳走さまでした」に「さま」が入っているのに、砕けた表現になっているのですね。てっきりこちらのほうが丁寧だと思ってしまいました。難しいですね。なかなか覚えられません。もしなぜ「ご馳走になりました」のほうが丁寧である理由もご存知でしたら、教えていただければ幸いです。

お礼日時:2014/12/28 09:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年配の人にご馳走になった時の礼儀作法について

よろしくお願い致します。
掲題の件ですが、この場合食事が終わった後にご馳走様でしたと一言お礼を言うのは、常識だと思います。問題は、次の日で次の日も朝などに昨日はご馳走様でしたということをいうのが常識なのかという事です。
次の日、私はその年配の方に「お前以外はみんな今朝挨拶しに来たよ。」と言われました。実際は、何人かは言っていないため事実が異なるのですが…私としては、嘘だけでなく恩着せがましいことまで言われて、これが常識?と思ってしまいました。
どうか、ご教授下さい。

Aベストアンサー

翌日会ったら「昨日はありがとうございました」は当たり前と
思います。
=翌々日はいらないでしょう!

それと、実施していると思いますが、
上司(この場合は年配者)がお金を払うときには、
お店から出て一緒に会計のところに居ないことです。
お会計を済ませて、出口から出てきたときに
「ありがとうございます」ですよーん。

ただし、
>私はその年配の方に「お前以外はみんな今朝挨拶しに来たよ。」と言われました
こういう人はしつこいので、今後のお誘いは極力断るべきですね。

Qご馳走していただき?

先日、お付き合いしている男性のご両親にフレンチのランチをご馳走になり、そのお礼のお手紙を書きたいのですが、まず出だしからつまづいてしまいました。
「先日は美味しいフレンチ料理をごちそうになり、ありがとうございました」
は、人称がずれて文法的におかしいと思うのですが、
「先日は美味しいフレンチ料理をごちそうしていただき、ありがとうございました」
も、どこかシックリこないのですが正しい表現方法を教えてください。
または、言い回しが変わってもかまわないので
綺麗な表現方法を教えてください。
お願いします!!

Aベストアンサー

私なら、こう書きます。
「先日は美味しいフレンチ料理をごちそうしてくださいまして、ありがとうございました」

人称についてですが、
「頂く」は読んで字のごとく、上を指します。
「下さる」は読んで字のごとく、下を指します。
上から頂き、下に下さる。
謙遜、尊敬の極みここに至る、といった感じでしょうか。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q昨日取引先にごちそうになりました お礼の言葉は

いつもお世話になっております。25歳女です。昨日取引先(グループ会社で元上司)に一年ぶりくらいにお会いし、色々業務の打ち合わせをしました。そのあと、お昼ご飯(食堂とは別のちょっといい定食)も夕飯(料亭でふぐコース)も飲み屋(カラオケとかあるスタンド?)もおごっていただいちゃいました。今日お礼のメールをしようと思うのですが、なんとメールをしたらいいでしょうか?「昨日は、おいしい料理をご馳走になり、ありがとうございました。」でいいのでしょうか?もっと丁寧な言い方や、もっとよい言い回しがあれば教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

普通に、昨日はおいしい料理をご馳走になりありがとうございました
でいいとおもいますよ。
またお会いしましょうとか書いてあったら普通にいいと思いますね。

Q謙譲語で「ご馳走する」は正しいですか?

友人に「ご馳走するよ」と言われたんですが、なんだか違和感があって、正しい敬語なのか疑問です。謙譲語で「ご馳走になる」というの言いますが、人に奢るときはわたしは「ご馳走する」とは言わないのですが…
そもそも「ご馳走」というのは、「立派な料理」という意味だと思っていたので(「ご馳走様でした」などというように)、奢る側の人が「ご馳走する」というのは「立派な料理を食べさせてあげる」という感じを受けてしまいします。
「ご馳走する」というのは謙譲語として正しい用法なのですか?

Aベストアンサー

へりくだっていないので謙譲語ではありません。
古くは、「客人に料理を“馳走する”」という使い方でしたが、「ご」を付けた受身に用いることが多いので違和感を覚えるのでしょう。
文法的にはおかしいはずですが、現代語としては「ご馳走する」という使い方も普通になりましたね。言葉は生き物ですからあまり拘る必要はないかもしれません。
謙譲語では「馳走いたす」になると思いますが、これでは時代劇みたいですね。
現代的なら「ご馳走させていただく」になるでしょう。「~させていただく」には“許可を得る・同意を得る”の、へりくだった意味合いがあるので、謙遜を表す謙譲表現になります。
ただ、この「~させていただく」は、あまり好ましい表現ではないとされています。

って、とこです!
それではゴキゲンヨウ!!! (^^)/~~~

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

Q『その旨を伝え』という言葉の意味&読み方を教えて下さい・・・・。

よくみなさん、
内容を言ってから、『その旨を伝えて~して下さい』
などと、文章で書いたりしていますが、

『その旨を伝える』という言葉の意味と、読み方がわかりません・・・・。

読み方は『そのむねを伝える』でしょうか?
意味は『その内容を伝える』ということでしょうか?

一度こんな言葉を使ってみたいものです。

すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ご理解なさっている内容で間違いありません。

が、もし言葉の読み方や意味で悩んだら、一度辞書で調べてみては、と思います。
ネット上でもyahoo辞書などがあり、十分調べられます。

「旨を伝える」ですが、「伝える」の意味はご存じのようですから、
「旨」を調べてみて下さい。ネットなら読み方が分からなくてもコピー&ペーストでいけますね。
「旨」は(述べたことの)中心や趣旨となります。
単に中心という意味もありますし、質問者様のおっしゃるように「内容」という意味もあります。

ですから、例えば電話を受けていた人が「上司にその旨を伝えます」と言っていたら、電話の相手の言っていた内容を上司に伝えるということですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング