最近の研究では、肉の脂は今まで身体に悪いとされていましたが、特にそういう事はないと言われるようになってきたと聞いたのですが、どうなのですか。やはり魚の方が良いのですか。

A 回答 (3件)

スーパーなどに行くと


肉売り場にラードが置いてありますね

ラードが溶けないのは肉売り場の温度が低いからです
暑い所に置けば当然溶けてしまいます

牛などの体温より人の体温の方が低く
つまりラードが人の体に入ると当然温度が低い為に
スーパーに置いてあるラードのように溶けなくなります

ニワトリなどは牛より体温が高いですね

魚類がいいというのは
魚の体温は低く、魚の脂などは人間の体内に入ってしまうと
体温が高いので溶けてしまいます

魚類がいいというのはそういうことです
    • good
    • 8

「過ぎたるはなお及ばざるが如し」



何でも度が過ぎれば、よいことなどない、というわけです。
肉の脂は脂肪肝、コレステロール、ドロドロ血などあまり良い印象はありますが、必須脂肪酸でもあります。魚の方がよいだとか、そういう発想の方が危険だと思いますよ。
高脂血しょうとか医者に言われているなら、動物性脂質中心の食事は避けるべきです。肥満気味であれば、野菜や魚中心の食事が良いのは、魚の脂質は体脂肪を燃焼しやすくさせる効果があると分かっているからです。
 食物は、食べ方次第では、毒にも薬にもなります。これを食べたから良い、これを食べたから悪い、という単純なものではありませんし、もたらす効果もそれぞれ別にありますから、良し悪しはつけられませんよね。現在の体調や疾患など、それにあわせたバランスの良い食事を摂るのがベスト、としか言いようがありません。
    • good
    • 8

肉好きの人はガンにかかりやすい。

体にいいわけない。どうやって肉の脂を消化までもっていくのか、体に負担がかかるのは普通の感性ならわかるはず。
    • good
    • 8
  • 単純性肥満<子どもの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    単純性肥満とはどんな病気か  体脂肪が異常に蓄積した状態を肥満といいます。その原因として、ホルモンや生まれつきの異常などの特別な理由がなく、食事で摂取したエネルギーが、消費するエネルギー(基礎代謝、運動、成長)よりも多いために起きた状態を単純性肥満といいます。単に「肥満」という場合は、単純性肥満を指します。それに対して、何らかの疾病が原因で肥満した場合を症候性肥満(しょうこうせいひまん)といいます...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q豚肉の脂肪って体にいいの?悪いの?

最近、自炊に目覚め、豚肉使って生姜焼きなど頻繁に作るようになった
40代独身男です。
一般的に、豚肉の脂肪は
『ビタミンB1が含まれていて良質のたんぱく質なので疲労回復や風邪の時の体力回復にも役に立つ食材である』ことは承知しております。
が、イメージ的に、その『あぶら』が、そのままお腹につきそうで、
体にいいから摂取した方がいいのか、
摂取した余分が、脂肪として体についちゃうのか
悩むところです。

ーーーー運動らしい運動はやってません。
また、角煮みたいな油ギッシュなものは
大嫌いでたべません。
カツ丼などのロースのあぶら部分も嫌いで
食べません。ーーーー
そういう前提条件として、
体にいいという以前に、
摂取しない方が
太らなくていいような気もしますが
どうなんでしょうか?
エキスパートの方
アドバイス御願いします。

運動しなさい、というような
アドバイスじゃなくて、
あくまでも、
日常生活で、
通勤、そこそこ歩く(脂肪燃焼系の歩きではない)、
たまにはコンピューターの前に
ずっと座ってる、みたいな生活を
変えない、大食漢ではない
男としては小食なほう、
という条件での、脂肪についての
質問です。
よろしく御願いします。

補足
167cm、体重65kg、腹回りは85cmくらいです。

最近、自炊に目覚め、豚肉使って生姜焼きなど頻繁に作るようになった
40代独身男です。
一般的に、豚肉の脂肪は
『ビタミンB1が含まれていて良質のたんぱく質なので疲労回復や風邪の時の体力回復にも役に立つ食材である』ことは承知しております。
が、イメージ的に、その『あぶら』が、そのままお腹につきそうで、
体にいいから摂取した方がいいのか、
摂取した余分が、脂肪として体についちゃうのか
悩むところです。

ーーーー運動らしい運動はやってません。
また、角煮みたいな油ギッシュなもの...続きを読む

Aベストアンサー

BMIは23程度なのに、腹回りは85cmですか~。悩みどころですね(苦笑)

本当ならもう少し運動量を増やすのが早道のような気もしますが、今回は敢えて食餌療法に限って説明しますね。

質問者さんもご存知のことと思いますが、人間の体につく脂肪というのは、特に脂肪を多く摂取したからつくというものではなく、摂取した総カロリーのうち、消費されずに余った分が脂肪として蓄積されるものです。
つまり、「何を食べたとしても、消費量よりたくさん食べたら太る」ということです。
そういう意味では、肉の赤身の部分を食べようと、脂身の部分を食べようと、消費カロリーに見合った分量であれば同じことです。
ただし、同じ1gでも炭水化物やたんぱく質なら4kcalなのに対し、脂肪は9kcalに相当します。
ですから同じ見た目、重さの食品なら、脂肪を食べるよりはたんぱく質を食べたほうがダイエット的には有利、ということになります。

豚肉は質問者さんのおっしゃるとおり、栄養的に優れた食品ですので、ダイエット中はむしろ積極的に摂取して欲しいくらいです。
たとえば、衣を着けて脂で揚げるとんかつよりは、しょうが焼きなどフライパンで焼くとか、さらに食べるときは脂身部分をはずすとか、いっそしゃぶしゃぶにして余分な脂はおとすとか。
脂身のおいしさを楽しみたいときは、肉の量自体を減らし気味にして、一緒に野菜を食べて満足感を出す方法もいいですよ。
野菜炒めに豚肉を使い、キムチやカレー粉で風味付けするとか。
にんじんやアスパラガスなどの野菜を薄切りの豚肉で巻いて、炭火焼やフライパンで焼いて食べるとか、たくさんのキャベツやもやしなどの野菜と一緒に鍋物やセイロ蒸しにして、ポン酢などであっさり食べるなどの方法なら、暑い夏でも食欲をそそります。

このように調理法や食べ方を工夫して余分な脂減らすことで、カロリーを落とすことができます。

脂を減らすことにあまり神経質になる必要はありません。
体に必要な各種栄養素には脂溶性のものも多いし、体の調子を整える各種ホルモンの原料は脂質なので、ある程度の脂肪はむしろ摂取しなくてはなりません。
たまに極端な油抜きダイエットがありますが、疲労や視力低下、疲労の増強などがおこりやすく、健康的なダイエット方法とはいえません。

詳しくは食品成分表や、厚生労働省HPなどで何をどれだけ食べたらいいか確認してもらえばわかりやすいと思います。

参考URL「厚生労働省 食事バランスガイド」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/metabo02/yobou/syokuji/index.html

それから、できたらこちらにも目を通して、現在の自分の運動量がどの程度か確認しておいてくださいね
「厚生労働省 エクササイズガイド」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/metabo02/yobou/undo/index.html

BMIは23程度なのに、腹回りは85cmですか~。悩みどころですね(苦笑)

本当ならもう少し運動量を増やすのが早道のような気もしますが、今回は敢えて食餌療法に限って説明しますね。

質問者さんもご存知のことと思いますが、人間の体につく脂肪というのは、特に脂肪を多く摂取したからつくというものではなく、摂取した総カロリーのうち、消費されずに余った分が脂肪として蓄積されるものです。
つまり、「何を食べたとしても、消費量よりたくさん食べたら太る」ということです。
そういう意味では、肉の赤...続きを読む

Q豚肉の脂身は栄養(や摂取するメリット)がある?→その回答を牛肉に適用しても同じ?

掲題通りです。
・脂身に栄養素はありますか?
・脂身を摂るメリットはありますか?
・脂身を摂るデメリットはありますか?

・脂身を取って調理するメリットは有りますか?

・牛肉も同様の回答ですか?

分かる分だけでも構いません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

脂でも少量は良いです。
近年は中国で豚に筋肉増強剤を与えて赤身を増やす試みがあった位ですので、
やはり脂身は敬遠した方が良い様です。
この豚、結婚式に出されて来客300人が食べて、
病院送りになりました。
当然、筋肉増強剤使用禁止になりました。
健康豚でも同じく、
脂身は控えた方が良いです。
牛肉だと但馬牛の脂は融点が低いですが、
その他はこれより高いです。
牛だと更に悪いです。

Q鶏の皮は食べた方がいいですか?

鶏の皮は気持ち悪いのと、カロリーが高いので取り除いて食べません。
しかし皮はコラーゲンが含まれていて、素肌にいいと聞きました。
それで、どの調理法でもコラーゲンが取れるのですか?
でも、肉の部分よりカロリーが高いから食べる回数が多いとカロリーオーバーになりやすいですよね?
あと、栄養的にはどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

コラーゲンの摂取に関しては諸説あって、「食べても肌には届かない」とか「化粧品として塗ってもダメで食べなきゃいけない」とか。。。

どれを信じるかによりますが、「鶏の皮を食べると良い」を信じる弊害としてはなんといってもカロリーですね。 (><)

ちなみに栄養は
ニワトリ・胸肉・皮
http://food.tokyo.jst.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=11_11234_5

ニワトリ・胸肉・皮無し
http://food.tokyo.jst.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=11_11214_5

これを比較してみると、どの栄養素も格段に普通の胸肉の方が多いですよね。 脂質以外は。(笑)
ただし、レチノールは皮の方がめちゃ多いですね。
レチノールはビタミンAの一種で肌にとてもいいです。

コラーゲンの話に戻りますが、鶏の皮を積極的に摂るよりは、鶏肉自体を食べるようにした方がいいのではないでしょうか。 特に鶏肉の部位でコラーゲンが多いとされているのは皮の他に、軟骨、手羽があります。
そして鶏皮以外でコラーゲンがあると言われている食品も他にいっぱいあります。
がんばって鶏皮を食べることで、コラーゲンとカロリーをたくさん摂らなくてもいいのではないでしょうか??

ちなみに私は鶏の皮が大好物です。 太るから困ります。。。

コラーゲンの摂取に関しては諸説あって、「食べても肌には届かない」とか「化粧品として塗ってもダメで食べなきゃいけない」とか。。。

どれを信じるかによりますが、「鶏の皮を食べると良い」を信じる弊害としてはなんといってもカロリーですね。 (><)

ちなみに栄養は
ニワトリ・胸肉・皮
http://food.tokyo.jst.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=11_11234_5

ニワトリ・胸肉・皮無し
http://food.tokyo.jst.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=11_11214_5

これを比較してみると、どの栄養素...続きを読む

Qサバの水煮の缶詰を毎日一缶(190g)食べていると健康上問題ありますか?

なぜ毎日食べるかというと:
1.栄養がいい・・・一缶にDHAが4,000mg、EPAが3,200mg入っている
2.大変うまい
3.ダイエットになる・・・私は就寝の前になるとかなり腹が減るんです。寝る前の空腹は我慢できないんです。そういう時、多くの人はインスタントラーメンを食べると思うんです。でも、ラーメンは毎日食べると体に悪いっていうのは常識だし、カロリーも高い。だから、代わりに私はサバの缶詰を毎晩食べるんです。そうすると、空腹がほぼ完全に満たされるんです。そして、約2時間後に眠りに付きます。

Aベストアンサー

不飽和脂肪酸がたくさんとれて体にいいと思います。
強いて悪い点をあげれば、塩分が2.3グラム入っている点くらいでしょうか?
1日の目標摂取量が10グラムを超えないように注意した方がいいと思います。
あとは、同じ加工食品を毎日食べることがなんとなく不安ということはあるかもしれません。
サバ缶ばっかりではなく、日によって豆腐やナッツ類や野菜類などに変えることができれば、より好ましいとは思います。
野菜は人参やキャベツなどならば生で食べられるので料理の手間はかからず、それなりにおなかに残ります。

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q鶏肉って健康に良い

鶏肉はヘルシー、とよく言われますが、本当に健康に良いんですか?
時々メディアでは単に低カロリーのことをヘルシーと言っていると感じますが、これもそうでしょうか。
(私は必要カロリーは人によって違うのと、低カロリーであっても偏った食材ばかり摂取するのは不健康であること、また糖質などの食品成分の関係という理由から低カロリー=健康に良い、とは到底思えませんが)
もし真実ならその理由も教えてください。

Aベストアンサー

食品関係の仕事をしています
メディアでは「低カロリー=ヘルシー」と言っている事が多いという点には同意します。
ヘルシーというだけで鶏肉のみを好んで食するというのは間違っていると思います。

鶏肉がヘルシーだといわれるのは、
・高タンパク質低脂肪の代表的な食材
・肉部分にコレステロールの量を改善するナイアシンが豊富に含まれている
・必須アミノ酸のメチオニンを多く含む(肝機能を向上させ血中脂質の沈着を防ぐ)
・肝臓の余分な脂肪を包み込んで乳化し、脂肪肝を防ぐ
等の理由が挙げられるからだと思います。

また鶏肉は肉の中に脂肪層がなく、皮部分に脂肪があるために取り除きやすい。
脂肪を食べるとしても、鶏肉の脂肪には不飽和脂肪酸のオイレン酸などが多く含まれ、
血中脂肪を下げる=動脈硬化の予防という作用があります。


鶏肉の良い点ばかりが上がってきますが、身体に必要な栄養としては他の肉類…牛・豚なども
摂取した方が良いと思います。


豚肉は脂肪が多いと敬遠されがちですが、実は牛肉よりも脂質は少ないです。
豚肉の脂肪は、オレイン酸やステアリン酸を多く含み、鶏肉と同じくコレステロールを低下する作用があり動脈硬化を予防します。
他に良質のタンパク質も豊富に含まれ、これらの栄養素から作られるポークペプチドにもコレステロールを下げる働きがあるそうです。
ポークペプチドは肝機能を活発にしアルコールを分解する作用を促します。
また豚肉にはビタミンB1が牛肉の約10倍ほど含まれています。
ビタミンB1は糖質の代謝を促進しエネルギーに変換、体内に疲労が溜まるのを防いでくれます。
夏バテ予防に豚肉が良いとされるのはこのためです。
疲労時の他にストレスでいらいらする時にもビタミンB1は多く消費されるので、この場合も豚肉を食べると良いとされています。



動物性脂肪が気になる牛肉ですが、鉄分・亜鉛・葉酸・ビタミン・アミノ酸などの重要な栄養素を含む食品です。
牛肉のたんぱく質は必須アミノ酸がバランス良く含まれている良質なたんぱく質であり、
消化吸収も良く、身体に不足しがちなリジンが多く含まれていますので、
体力の増強に繋がります。
他にはユビデカレノンという物質も含まれていますので、貧血や低血圧の体質改善に効果的です。
心拍を高める効果もあるので血流を良くする効果も期待できます。


低カロリー食品ばかりを摂取すると、身体に必要な栄養素が足りなくなり、
基礎代謝量以下のカロリー摂取を延々と続けると、身体を構成する筋肉や骨などから栄養を排出し始め、
骨粗しょう症等の病気になってしまう恐れもあります。


以上の理由から食品の偏った摂取は避けるべきだと思います。
またメディアは一部の利点だけを抜き出してヘルシーだと言っていると考えています。
嘘じゃないけど、全部正しいわけじゃないって感じでしょうか。

長文でごめんなさい

食品関係の仕事をしています
メディアでは「低カロリー=ヘルシー」と言っている事が多いという点には同意します。
ヘルシーというだけで鶏肉のみを好んで食するというのは間違っていると思います。

鶏肉がヘルシーだといわれるのは、
・高タンパク質低脂肪の代表的な食材
・肉部分にコレステロールの量を改善するナイアシンが豊富に含まれている
・必須アミノ酸のメチオニンを多く含む(肝機能を向上させ血中脂質の沈着を防ぐ)
・肝臓の余分な脂肪を包み込んで乳化し、脂肪肝を防ぐ
等の理由が挙げられるからだ...続きを読む

Q牛肉や豚肉の油のかたまりは食べた方が良い?

肉の脂は食べた方がいいのでしょうか?ステーキ等で脂の固まりがくっついでいるのを見ると、残してはいけないとのマナー?と、同時に魚の脂は良いけど牛、豚は良くないとの知識でジレンマに陥っています。

健康上は食べない方が良いと思うのですが、みなさんはどのようにされて
いますか?

Aベストアンサー

健康上は食べない方が良いと思います。
飽和脂肪酸はコレステロールを増やします。
しかし料理に出された場合などに残すのはお行儀が悪いですから、私は食べちゃいます。

Q脂質と炭水化物どっちを減らすほうがダイエットにはいい??

テレビで「脂質は1g9kcalで炭水化物が1g4kcalであり、脂質を控えることはダイエットにもっともいい。」というようなことを言っていました。

しかし炭水化物を控えるほうが有用なのではないかと思いました。理由としては以下のことを考えております。

・確かに脂質はエネルギーが高いと思うのですが、日本人の場合炭水化物に比べると摂取量は圧倒的に少なく炭水化物を控える方が有用なのではないか
・炭水化物(主に日本人の場合、お米)は単糖に分解しやすく吸収しやすいのではないか?

実際はどうなのでしょうか?もしわかりましたら教えて頂けたら幸いです。(ちなみに食生活は主食がお米の平均的な日本人の食生活をイメージしています。)

Aベストアンサー

ダイエットで重要なのは蛋白質、資質、炭水化物の三大栄養素です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維も大切な栄養ですが、
それらは熱量が微量なのでダイエットでは考慮しません。

いろいろなサイトで栄養バランスについて書かれていますが、
それらは栄養バランスの簡便法にしかすぎません。
もしも、効果的なダイエット法を構築したいのでしたら、
その基本になっている栄養必要量を知っておく必要があると思います。

まず、蛋白質については、医学的に体重1Kgあたり0.64gが基本的な必要量です。
厚労省の栄養基準では、この基本量にアミノ酸スコアや吸収率と安全率を加算して
いますが、この安全率をはずして、ぎりぎりのダイエット法を考える場合は、
たとえば、仮に、あなたの体重が60Kgとすると、
60 * 0.64 = 38.4g が蛋白質の最小必要量です。

次に、脂質については、標準体重における基礎代謝の25%を摂るのが良いと思います。
すなわち、一般的な男性の基礎代謝を1600Kcalとすると、
脂質の最低必要量は、1600 * 0.25 / 9 = 44g となります。

次に炭水化物ですが、
脳のエネルギーはブドウ糖で1時間あたり6g消費します。
また、全身の細胞が1時間あたり1.5gのブドウ糖を消費します。
これらを合わせると、人体は1日に180gのブドウ糖を消費します。
炭水化物というのは、ブドウ糖と食物繊維の合計で、食物繊維の必要量が約20gですから、
結局、炭水化物の最小必要量はに200gということになります。

これらの栄養が1日の最小必要量です。
これらをカロリー比で表すと、1・3・6になります。

脂質と炭水化物のどちらが減らしやすいかということですが、
カロリー制限のテクニックについていえば、
脂身の多い肉やマーガリン、サラダ油など脂質を減らすのが最も簡単です。

もうすでに、脂質を減らした食事をしているのであれば、あとは炭水化物を減らすしかありません。
人体の炭水化物の必要量は200gですから、1日の摂取量が200gを切ると、
不足した炭水化物は体脂肪の消費で補われます。
たとえば、炭水化物の摂取量を200gから100gに減らすと、
不足分の400Kcalを補うために、1日あたり44gの体脂肪が減少します。

それでは、炭水化物をどんどん減らせば良いかというとそうではありません。
たとえば、今、若い女性の間で炭水化物抜きダイエットが流行っています。
炭水化物を減らすと、空腹感が働きにくくなるので、急激な体重減少も可能です。
そして、ダイエットが楽しくなり、どんどん体重を減らしていって最後には
拒食症になってしまいます。

炭水化物の制限すると、身体は体脂肪を燃やして不足分を補いますが、
摂取量が100gを切ると、身体は今度は筋肉をつぶして脳のエネルギー不足を補います。
そのような栄養状態を飢餓といいますが、飢餓を放置すると、身体は生命維持のために、
今度は過食をはじめます。

このように、無理なダイエットで摂食障害に陥る危険性がありますが、
身体に必要な最小限度の必要量を知っていれば、摂食障害になることなく、最大限の効果があげることができます。

ダイエットで重要なのは蛋白質、資質、炭水化物の三大栄養素です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維も大切な栄養ですが、
それらは熱量が微量なのでダイエットでは考慮しません。

いろいろなサイトで栄養バランスについて書かれていますが、
それらは栄養バランスの簡便法にしかすぎません。
もしも、効果的なダイエット法を構築したいのでしたら、
その基本になっている栄養必要量を知っておく必要があると思います。

まず、蛋白質については、医学的に体重1Kgあたり0.64gが基本的な必要量です。
厚労...続きを読む

Q卵は一日何個まで?

卵が大好き家族ですが、コレステロールの含有量から一日に1、2個までとか、10個まではへいきだとか、いろいろ言われて混乱してます。実際はどうなのでしょうか?卵の功罪、本当のところを教えてください。特にコレステロール値が現在高いわけではありません。

Aベストアンサー

管理栄養士です。日本人のコレステロール摂取量は一日あたり100-500mg、このうち卵は1個で250mgになりますので、卵の個数が一日のコレステロール摂取量を大きく左右すると言っても過言ではありません。

ただ、体内では肝臓で一日1000-1500mgのコレステロールが合成されていて、細胞膜の構成成分やホルモンの原料、神経伝達物質として使われています。コレステロールの摂取量が増えれば、肝臓での合成量を減らしてコレステロール量を調節する機構が生体には備わっています。

ですから、ある程度若い人が1年に数回卵を10個食べる日があっても全く問題ないでしょう。

ただしこの調節機構が生まれつきうまくいかない人もいますし、加齢によってコレステロールの代謝量は低下します。

卵が一日1-2個というのは、子供から高齢者、健常者から病人までのいろんな条件のひとを含めて設定された目安です。高コレステロール血症の人は1日300mg以下に抑えるように指導されますので、卵1日1個までなら大丈夫です。卵は良質タンパク質やビタミン類の重要な供給源なので高齢者で食の細い方には、ぜひ1個は食べるようにしていただきたいです。

私は健康な人に同じ質問を投げかけられたら「1週間に7個前後が適性ですよ」とお答えするようにしています。つまり、1週間で毎日1個食べても良いし、3個、0個、0個、1個、2個、0個、1個…というように多少ならリズムを持たせてもOKです。もちろんたまにであれば1週間に10個とか14個の週があっても全然問題ないと思います。

ですが、若い方ならともかく1日5個とか10個とかの食生活が定着してしまうとと中年以降に影響が出てくる可能性は大です。小さいお子さんがいらっしゃるご家庭なら、生涯使える適切な食習慣を身につけて貰うためにも一日1-2個くらいと教えてあげて下さい。

管理栄養士です。日本人のコレステロール摂取量は一日あたり100-500mg、このうち卵は1個で250mgになりますので、卵の個数が一日のコレステロール摂取量を大きく左右すると言っても過言ではありません。

ただ、体内では肝臓で一日1000-1500mgのコレステロールが合成されていて、細胞膜の構成成分やホルモンの原料、神経伝達物質として使われています。コレステロールの摂取量が増えれば、肝臓での合成量を減らしてコレステロール量を調節する機構が生体には備わっています。

ですから、ある程度若い人が1年...続きを読む

Q炊いたご飯。冷蔵庫で何日くらい保存できますか?

日曜の朝に炊いたご飯を、水曜の夕飯の時に食べたいと思っています。
冷凍庫に入れないで、冷蔵庫に入れたままにしても大丈夫ですか?
ちなみに冷蔵庫の開け閉めの頻度は少ないです。

Aベストアンサー

3~4日ぐらいなら冷蔵庫でも大丈夫だと思いますよ。
1週間程度なら冷蔵庫で保存していたことがあります。
乾燥してかたくはなりますが、レンジで温めればやわらかくなりました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報