確定申告が近づいてきました。
消費税の経費計上について教えてください。

経費にできる消費税というのはどの消費税をさしているのでしょうか??

1、例えば、外注費の支払時に支払った消費税。
2、昨年度分を税務署に納付した消費税。

混乱してきまして思考能力ゼロになってしまいました。。
何言ってんだ、こいつバカかと思うと思いますが何卒よろしくお願いします。

1or2でお答えいただけたら結構でございます。

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    ご回答ありがとうございます。
    私は課税事業者で前回の確定申告で初めて26年度の消費税を納付しました。
    外注はしておりません。
    ですので、2のみでいいと思うのですが回答が一律ではないので確信を得たいです。
    まとめますと、

    「前回納付した消費税(26年度)を全額、今回の確定申告で租税公課として経費計上していい。」

    ということで間違いないでしょうか??

      補足日時:2016/02/03 10:03

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

失礼ながら、ご質問文に曖昧なところがあるので、間違った回答がついてしまうように存じます。



平成26年分の消費税申告書を平成27年になってから税務署に提出し、それによって納税すべき消費税を平成27年中に納付した場合に、平成27年の個人所得税確定申告書に添付する収支内訳書または青色申告決算書の作成過程で、納付した消費税を経費として計上できるか、どうかですよね。

消費税は申告書を提出した年の経費とできます。
租税公課で処理します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

言葉足らずの質問失礼しました。
わかりやすい回答、曖昧な質問に色々察していただきありがとうございます。
まさにズバリそういう事です。
ありがとうございました。

お礼日時:2016/02/04 09:50

No.1と4です。

回答文に重大な誤りがったので回答文を全面的に書き変えます。


>「前回納付した消費税(26年度)を全額、今回の確定申告で租税公課として経費計上していい。」ということで間違いないでしょうか??

この書き方ですと、どのケースにおいても「・・全額、今回の確定申告で租税公課として経費計上」するのは誤りであると言わざるを得ません。租税公課として経費計上できる場合もあり、できない場合もあるからです。


まず、一般的な原則を書きますが・・

①税抜経理方式を選択している課税事業者の場合:

課税売上げに対する消費税等の額は仮受消費税等とし、また、課税仕入れに対する消費税等の額は仮払消費税等とします。したがって、事業者が簡易課税制度の適用を受けない場合には、その課税期間の仮受消費税等の金額から仮払消費税等の金額を控除した金額が納付すべき税額又は還付を受ける税額となります。ですから、消費税を納付するときは、会計的には「未払消費税」の支払となり、「租税公課」に計上する余地がありません。
 ただし、簡易課税制度を選択している課税事業者の場合は、事業者の仕入控除税額は、その課税期間の課税標準額に対する消費税額にみなし仕入率を掛けて計算した金額とされますので、簡易課税制度による納付すべき税額と、前記の仮受消費税等の金額から仮払消費税等の金額を控除した金額との間に差額が生じます。 この場合には、個人事業者においては、その課税期間を含む年の事業所得等の金額の計算上、その差額を総収入金額又は必要経費に算入します。

つまり「差額」のみ「総収入金額(雑収入)」または「必要経費(租税公課)」に計上する、ということです。納付した消費税の全額を「必要経費(租税公課)」に計上するのは間違いです。


②税込経理方式を選択している課税事業者の場合:

課税売上げに対する消費税等の額は収入金額(売上)又は収益に含まれ、また、課税仕入れに対する消費税等の額は仕入金額や経費などの額に含まれます。 この場合は、納付すべき消費税等の額は、租税公課として必要経費に算入し、還付を受ける消費税等の額は、雑収入などとして総収入金額に算入します。
 なお、この場合の納付すべき消費税等の額及び還付を受ける消費税等の額の計上時期は、原則として、消費税申告書が提出された日の属する年です。


ですから質問者の場合は、平成26年分の消費税申告書は、平成27年に提出して、納税したはずですが、その消費税は、
〔a〕税抜経理方式を選択しており、
(イ)本則課税の場合は、1円たりとも「租税公課」に計上する余地がありません。できません。
(ロ)簡易課税の場合は、前記の「差額」についてだけ、平成27年分の事業所得の計算において雑収入または租税公課に計上します。できます。
〔b〕税込経理方式を選択している場合は、納付した消費税は、平成27年分の事業所得の計算において租税公課として計上します。できます。


以上、ご検討下さい。失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しくありがとうございました。

お礼日時:2016/02/04 09:51

>「前回納付した消費税(26年度)を全額、今回の確定申告で租税公課として経費計上していい。

」ということで間違いないでしょうか??

この質問文なら分かりやすい。

税務の立場でいうと、納付した消費税(※)は必要経費に算入できません。
会計の立場でいうと、納付した消費税(※)は費用(租税公課)として計上できません。

※消費税本体も、消費税に伴う加算税や延滞税も、だめです。
    • good
    • 0

免税事業者なら1で、課税事業者なら1と2ですね。

    • good
    • 0

専門家紹介

税理士_中川祐輔

職業:税理士

「税務相談」はTRUSTAX認定税理士の中川祐輔にお任せください。

学生時代に税理士試験に合格し、会計事務所に就職。
中小企業の記帳代行から決算業務までを担当する。
その後、大手税理士法人に転職し、大企業の決算業務に加えて
中小企業の事業再生や金融機関交渉といったコンサルティング業務も担当する。
また、事業承継やM&A、飲食店の資金調達などのスポット業務も数多くこなす。
独立後も様々な案件に携わってきたが、中でも中小企業の業務効率化に興味を持ち
freeeやMFクラウドを専門に扱うクラウド会計専門の税理士事務所を立ち上げる。
ITを活用した低価格の税務顧問サービスはお客様からの評価も高い。

https://trustax.jp/tax_accountants/90057040

詳しくはこちら

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

2です。




免税事業者であったら「消費税額を経費にできるかどうか」という話は出てきません。
課税事業者の場合、「消費税申告書を提出して納税義務が発生した消費税」については「事業の経費」です。
租税公課で処理します。

個人事業者の方からの質問だと存じますが、法人でも同様です。

なお1は外注費そのものが事業所得の計算において経費です。
10、000円に消費税800円を加算して10,800円の外注費を支払ったら「10,800円が経費計上できます。
    • good
    • 2

2、は経費にできません。


1、の消費税のうち、免税事業者が支払った消費税だけが経費になります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未払い消費税、前払い消費税の経費計上について

青色申告で複式簿記をしております。

19年度分(平成20年3月申告分)まで、
9月27日中間納付の際と期末に
 9/27
 借方      貸方
前払い消費税  普通預金

 12/31
 借方      貸方
公租公課    未払い消費税
公租公課    前払い消費税

と処理して、その年の消費税をその年に経費で計上していましたが、
20年は思うように利益が上がらなかったので来年21年度に経費計上したいのですが、今までその方法でしていたので変更してはいけないのでしょうか?
又、問題ない場合、その方法は期末に振り替える処理をしないでそのままにしておけばでよいのでしょうか?

どなたか教えて下さいませ。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

利益が上がらなかったので来年に回したいと言うことですが
どんな意図があるのでしょうか。

まず企業会計原則上の「継続性の原則」に反します。
次に一種の粉飾決算に当ります。
各年分の売上・利益等の比較がしにくくなります。

税務上はどうか。
粉飾決算をし、わざわざ税金を多く払っている人に
間違っているから直せとは言いません。
税務上は問題ないです。

Q確定申告書の消費税及び地方消費税の合計額と会計システムでの納税額(消費税及び地方消費税合算)との差額について

今年4月から経理を担当することになりました。新米なのでいろいろ教えて下さい。まず、会社では会計システムで消費税を計算し納税額(消費税及び地方消費税の合計)を計算できるソフトになっており、100円未満の端数は雑収入として処理しています。それを元に税務署から届いた「課税期間分の消費税及び地方消費税の確定申告書」に記入していますが、100円未満の端数を切り捨てることから、会計システムでの納税額と申告書での消費税及び地方消費税の合計税額に100円差額が生じています。申告書の額で納税すると全体の納税額に100円不足となります。システムでの納税額を記入するのか、申告書の計算どおりに記入すべきか悩んでいます。皆さんはどのように考え対応しますか。

Aベストアンサー

消費税の税抜経理を行っている場合の雑収入なり雑損に計上すべき端数金額は、申告書で計算された納税額と帳簿上の仮受消費税・仮払消費税との差額であって、会計ソフトで計算するのではありません。申告書で納税額を算出する前に雑収入に計上しているようですが、それが間違いです。
ただし、会計システムが申告書における計算方法とまったく同じ方法で計算している場合、両者は一致するはずなので、結果に差が出るのであれば、申告書の記入が間違っているのかもしれません。


根拠通達「消費税法等の施行に伴う法人税の取扱いについて(平成元年3月1日直法2-1)」
(仮払消費税等及び仮受消費税等の清算)
6  法人が消費税等の経理処理について税抜経理方式を適用している場合において、消費税法第37条第1項((中小事業者の仕入れに係る消費税額の控除の特例))の規定の適用を受けたこと等により、同法第19条第1項((課税期間))に規定する課税期間の終了の時における仮受消費税等の金額から仮払消費税等の金額(控除対象外消費税額等に相当する金額を除く。)を控除した金額と当該課税期間に係る納付すべき消費税等の額又は還付を受ける消費税等の額とに差額が生じたときは、当該差額については、当該課税期間を含む事業年度において益金の額又は損金の額に算入するものとする。

消費税の税抜経理を行っている場合の雑収入なり雑損に計上すべき端数金額は、申告書で計算された納税額と帳簿上の仮受消費税・仮払消費税との差額であって、会計ソフトで計算するのではありません。申告書で納税額を算出する前に雑収入に計上しているようですが、それが間違いです。
ただし、会計システムが申告書における計算方法とまったく同じ方法で計算している場合、両者は一致するはずなので、結果に差が出るのであれば、申告書の記入が間違っているのかもしれません。


根拠通達「消費税法等の施行に...続きを読む

Q法人の決算は支払消費税と受消費税は相殺するのですか

お恥ずかしい話ですが、私、営業の現場ばかりで、会社決算のイロハを知りません。ある時、商品の販売価格について検討する中、粗利益率について論議中、この疑問に行き当たりました。どうかお願い致します。木造住宅建築業に従事しています。

Aベストアンサー

あなたの会社が「税込経理」を取っているなら、受け入れた消費税は「売上」に、支払った消費税は「仕入」あるいは「経費」にそれぞれ含まれるだけですから、粗利率にも影響してきます。

一方、「税抜経理」なら、消費税は受け入れも支払いも、本体の取引とは完全に分離していますので、粗利率には何の関係もしません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6375.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q仮払消費税が仮受消費税を上回る消費税の確定申告

教えてください。
3月11日に発生した東日本大震災・大津波で被災した法人です。
会計年度は4月から3月末です。
平成23年度の売上は殆ど見込めない状況にあり、施設が流失したものですから、年度内に建物外の復旧に大きな額を支出します。
この場合の例として、1年間の仮払消費税が10,000,000円となって、仮受消費税が500,000円とした場合に差額が9,500,000円となりますが、大雑把な例として9,500,000円は確定申告後に還付されるものでしょうか。
なお、本年度は中間納付がないものとしてご指導ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>大雑把な例として9,500,000円は確定申告後に還付されるものでしょうか…

今年 (期) 分が本則課税で申告することになっているなら、基本的には還付されます。
950万丸ごと還付かどうかは、細かく吟味しないと何とも言えませんけど。

簡易課税なら還付はありません。

Q税理士報酬の支払手数料・源泉所得税・消費税の仕分けの仕方

はじめまして、経理を始めたばかりなので初歩的な質問ですがよろしくお願いします。
税理報酬の計算書には合計が9,0000円 源泉徴収税額が10%の9,000円です。消費税が4,500円。請求金額は85,500円です。この場合の振替伝票の書き方を教えて下さい。借方科目の支払手数料が90,0000円 仮払消費税が4500円。貸方科目はまだ支払ってないので未払いが85,500円。預かり9,000円でよいのですか?
この9,000円は租税公課なのでしょうか?
よくわからないのでよろしくお願いします

Aベストアンサー

>税金を支払った時に振替伝票の記載に租税公課(9,000円)にするのですよね?まだよくわからなくってすみません。それとも9,0000円の支払報酬の中に含まれているのですか?

いいえ、9,000円については差し引かれている訳ですので、源泉徴収義務者であるご質問者様の会社が納付しなければなりません。
税金の支払い時には、「租税公課」ではなく「預り金」を使用します。
これにより、税理士の源泉税にかかる「預り金」の残高が0円となる訳です。
(最初の仕訳で、預り金が貸方に発生し、税金支払い時に、預り金を借方で処理しますので、それにより、この分の預り金残高が0円となります。)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報