所得税の事で質問です。個人事業者のとこに勤めてたのですが、昨年9月に突然所得税1割引かなアカンらしいという事で28000円づつ10月11月に天引きされました。12月になって外注扱いにすれば天引きする必要ないらしいわ、と言ってそれからは引かれなかったです。これって悪質ですよね?返してもらおうと思うのですが返してもらえるのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 源泉徴収票も給料明細書も無い会社です。

      補足日時:2016/04/08 10:41

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>返してもらおうと思うのですが返してもらえるのでしょうか?


>源泉徴収票も給料明細書も無い会社です。

給与明細書も源泉徴収票もないのだから、給与ではない。だから、10月と11月に所得税を天引きしたのは”所得税法違反”だから、56,000円(28000円×2)をいますぐ返して下さい、と申し入れましょう。「返さないなら税務署へ通報します。すると恐わ~い税務署員が、とつぜん"査察"にやって来るかも………」と脅しなさい。すぐに払ってくれますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

我が意を得たり!

ありがとうございますm(__)m

お礼日時:2016/04/08 12:31

>源泉徴収票も給料明細書も無い会社です…



何を反発しているんですか。

だから、源泉徴収票の用紙を自分で用意して記入してもらえば良いと言っているでしょう。

給料明細書などはどうでも良いです。
    • good
    • 0

>個人事業者のとこに勤めてたのですが…



普通の事務とか店頭販売員とかですね。
絵描きやデザイン業、設計業だとか、下記にある特定の職種ではありませんね。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

>昨年9月に突然所得税1割引かなアカンらしいという事で…

支払者が個人であろうが法人であろうが、「給与」をもらっている限り、所得税は前払いさせられます。
ただ、その割合は税額表
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …
によるのであって、一律に 1割ではありません (←ここ大事)。

一律に 1割なのは、「給与」ではなく特定の職種で、もらう側も個人事業主の場合です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>外注扱いにすれば天引きする必要ないらしいわ…

普通のサラリーマンと同じく、毎日決められた時間に出社、出店して、一定条件を束縛され、常識の指揮監督の下に仕事をするなら、「雇用」であり、「給与」です。
外注などではありません。

>返してもらおうと思うのですが返してもらえるのでしょうか…

返してもらうって、何でもかんでも全額が返ってくるわけではありませんよ。
給与である以上、本来は支払者が年末調整をすることで、多く前払いしすぎた分は戻ってきますが、ご質問の様子では年末調整などなかったのですね。

では、自分で確定申告をすれば、払いすぎになっている分は返ってきます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm

確定申告には「源泉徴収票」が必要です。
そんな業者なら用紙を税務署へもらいに行くこともしないでしょうから、PDF を印刷して持って行って、これに記入してくださいと言えば良いです。
支払者の判子は無用です。
“外注扱い”と言われた分も、源泉徴収票の「支払金額」に含めてもらいます。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hot …

>これって悪質ですよね…

悪質なのではなく、無知なのです。
給与支払者として最低限やらなければいけないことを知らないようです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2090.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

>これって悪質ですよね?


?????
どのあたりが悪質なポイント?
今まで源泉徴収してなかったところが悪質だってこと?

報酬を支払う場合は普通源泉徴収して支払うんだけど……
外注にすれば外注費用を支払うってだけだから、あなたが自分で税金の処理すれば良いだけの話。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q所得税の還付の申請と所得税の天引きについて

私は2007年の6月末に退職したので所得税の還付の申請をしましたが、
退職後の一ヶ月間、別のところでアルバイトをした際、給料から所得税が天引きされていました。
申請する時にバイトの給料から所得税が天引きされていたことも伝えた方が良かったのでしょか・・・
提出した源泉徴収票は6月末まで働いていた職場のものなのでバイトの所得税は関係ないとは思いますが、
こういった事に関してド素人なので、どなたか分かりやすい説明お願いします(^^;

それから、もう一つ質問です。
8月と9月にそれぞれ別のバイトをしましたが、8月のバイト先からは
給料から所得税が天引きされていましたが、9月は天引きされて
いませんでした。給料は8月、9月どちらも日給で、一ヶ月働いて12万円ほどでした。
なぜ、所得税を引く職場と引かない職場があるんでしょうか。
つたない説明でスミマセンがヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

>申請する時にバイトの給料から所得税が天引きされていたことも伝えた方が良かったのでしょか・・・

本来は、アルバイトを含め、すべての収入について確定申告しなければなりません。でも、給与所得については確定申告の際に源泉徴収票が必要になるので、源泉徴収票のないアルバイト給与は申告できませんね。

>所得税を引く職場と引かない職場があるんでしょうか。

扶養控除等申告書を提出すると所得税が少なくなったり引かれなかったりします。提出しないと所得税が高くなります。また、所得税を引かなければならない時に引かない、いい加減な職場もあります。

Q源泉徴収税額について 3月から働いてるところで毎回引かれる所得税があまりに高く調べると給与所得者の

源泉徴収税額について
3月から働いてるところで毎回引かれる所得税があまりに高く調べると給与所得者の扶養控除等異動申告書を出してなかったので高いことに気付き5月に提出しました。
でも、まだ引かれる額が高く
5月に提出した場合、いつのお給料から引かれる所得税が下がるのでしょうか?
ちなみに、月2回15と月末の給与支払いです。
説明下手ですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

それはその会社のシステムによるところなので、ここで聞くより、会社の担当者に聞いてみて下さい。

>月2回15と月末の給与支払いです。
その締め日は?
自分の会社では給与の締め日までに提出があれば変更しますが、ぎりぎりだと翌月にまわることもあります。

まあ、最終的には年末調整で返ってくるので・・・とは言っても扶養家族が多い場合は影響が大きいですよね。
担当者に聞くのが一番ですね。

Q所得税の年末調整 12月振り込み分で返ってくる

過去の給与明細を見て、疑問に思った事があるので質問します。

契約社員のOLです。

私の会社は毎月1日から月末まで働いた分を、翌月の24日に振り込まれます。
昨年の2011/12/22振り込み分(2012/11/1~2012/11/30労働分)の給与明細を見ているのですが、
所得税がマイナスになっています。

多く源泉徴収した所得税が戻ってくるのは、12月労働分1月振り込み分ではないのでしょうか?
12月の給料振込時に税金は戻ってきてると言う事は、11月までに働いた分で計算されてるということになりますよね?

毎年1/1~12/31の所得税を源泉徴収して、
多く徴収した分を戻す意味でのマイナスだと思うのですが
給料明細を見る限り、1/1~11/30間での所得税の相殺をしてる気がするのですが、私の計算が間違っていますか?

Aベストアンサー

>11月までに働いた分で計算されてるということになりますよね…

給与である限り、いつ働いたかではなく、1/1~12/31 に支給された分がひとくくりです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2509.htm

>給料明細を見る限り、1/1~11/30間での所得税の相殺をしてる…

何でそうなるのですか。
12月支給分まで含めた総支給額から所得税額を計算し、11月までに前払いしてあった分との過不足を是正するのが、年末調整というものです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2662.htm

前払いしたのは、12月に賞与がなければ、たしかに 1/1~11/30 のみです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q所得税の引かれる額 7月の半ばより登録した派遣会社から派遣社員として就業しています。 7・8月は保険

所得税の引かれる額
7月の半ばより登録した派遣会社から派遣社員として就業しています。
7・8月は保険の加入がまだで、8月は所得税として4万ほど引かれていて驚きました。
9月より保険に加入して9月分の給料明細を確認するとまたもや所得税が2万3000円も引かれていました。保険も合わせて5万ちょっと。
なぜここまで引かれるのでしょうか?
前職ではアルバイトで毎月4〜5000円程度の天引き額だった為さほど気にしたことはなかったのですがここまで額が大きいとなにに引かれているのかよくわかりません。
自分でも調べてみましたがいまいちわからないままで困っています。
わかりやすく教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

下記は源泉徴収する時の税額表です。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

8月の4万ということは、
26万位の給料ですね。
26万円の乙欄をみていただければ、
4万円前後源泉徴収されることが
分かります。

9月が2.3万というのは、
社会保険料を引いた金額で
同様に表の乙欄の金額で
所得税を引くからです。

この乙欄を採用している理由は、
扶養控除等申告書を提出していない
状況だからと想定されます。

要は扶養家族の申告をして、
年末に年末調整をするための
手続きができていないのです。

扶養控除等申告書を提出すると、
独身だ、配偶者だ、子がいると
上記税額表の扶養家族の数が
明確になって、その数に応じた
源泉徴収する所得税額が決まる
という仕組みになっているのです。

しかし、年末調整をすれば、
取り過ぎた税金は還付されます。

ご安心ください。

会社に『扶養控除等申告書』の
提出、手続きはどうなっているか?
もしくはどうしたらよいか?
と相談されるとよろしいかと
思います。

いかがでしょうか?

下記は源泉徴収する時の税額表です。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

8月の4万ということは、
26万位の給料ですね。
26万円の乙欄をみていただければ、
4万円前後源泉徴収されることが
分かります。

9月が2.3万というのは、
社会保険料を引いた金額で
同様に表の乙欄の金額で
所得税を引くからです。

この乙欄を採用している理由は、
扶養控除等申告書を提出していない
状況だからと想定されます。

要は扶養家族の申告をして、
年末に年末調整をするための
手続きができていないのです。...続きを読む

Q年末の所得税天引きについて

2016年の年末に1週間短期バイトをしたのですが、稼いだ金額の14%所得税が天引きされてました。働いた分の給料は、前払い制度で年末に自分の口座に振り込まれるシステムです。
あまりの高額に驚いたので会社に聞いたところ、「間違いなく所得税で引かれてます」といわれました。
このような経験された方いらっしゃいますか?

2016年の収入は、4社合わせても90万以下です。

Aベストアンサー

あなたの場合は、確定申告をすれば、天引きされた所得税の全額が戻って来るので、源泉徴収票を揃えて下さい。
《注》所得税が戻る確定申告を「還付申告」とも呼びます。

確定申告では普通は、もらった給与の全部の源泉徴収票が必要になりますが、あなたの場合は、所得税を天引きされた会社の源泉徴収票だけで構いません。

還付申告は、正月明けに受け付けが始まったので、なるべく早く税務署へ申告書を提出して下さい。2月中旬からは税務署が混みますから、今のうちの方が良いですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報