ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

営利団体でない同窓会のような組織で短期の事務のバイトをお願いした場合、
源泉徴収をしなければならないでしょうか?
バイトの本人に自分で申告するから、引かないでほしいと言われた場合、
単にバイト代として計上するだけでいいのでしょうか?
それとも、普通に源泉徴収が必要でしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

税務署 番号」に関するQ&A: 税務署番号って?

A 回答 (3件)

営利目的であろうとなかろうと、給与を支払えば源泉徴収義務が発生しますよ。


営利目的でない団体の代表が「公務員」であることを考えれば理解できます。
今回の支払は、給与として支払うのではなく、作業に対する謝礼とされたらどうでしょうか。
給与ではないので、源泉徴収義務は発生しません。

受け取った方にとっては、雑所得となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

教えていただいたように処理したいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2011/12/31 23:34

給与を支払うのか、事務委託の報酬を支払うのかをはっきりさせましょう。


事務委託の報酬なら源泉徴収義務は発生しません。
給与と事務委託報酬との違いは検索して確認してください。
税務上の処理は違います。

給与支払のばあい、以下。
1 支払を受ける本人が「源泉徴収しないでくれ」「確定申告するから」と云っても徴収は義務ですので、選択不可です。
 「では、徴収しないでおきます」とした場合は「徴収すべき額」についての納税を税務署から請求されます。
 法律では「徴収しなければならない」となってるからです(所得税法183条)。
2 給与支払事務所の開設届けを税務署に提出します。
 これによって、任意団体(人格無き社団※)の税務署での整理番号が付与され、所得税徴収高計算書が送付されます。
3 源泉徴収義務については、所得税法184条で源泉徴収を要しない給与等の支払い者が決められてます。
 常時2名以下の使用人に対して支払う場合は、徴収不要とされてます。
 ここで使用人とは、いわゆる家政婦・お手伝いさんのことです。
4 税法では個人と法人をわけて考えますが、人格無き社団は税法上の法人として、納税義務を負います(法人税法2条)。
 個人でもない法人でもない、納税義務もない、源泉徴収義務もないとはなりません。
 同業者組合なども人格無き社団です。○○組合に勤めてるという方が「うちは人格なき社団なので、源泉徴収とか年末調整とかしてくれない」というものではありません。
 きちんと法人税法上の法人として源泉徴収義務や法人税・消費税の申告納税をしてるというわけです。
 人格無き社団でも源泉徴収義務は当然にありますが、設立解散が深夜の居酒屋でされてしまうという特殊性がありますので、当局が把握しきれないというのはあるでしょう。
5 給与支払いは一人の源泉徴収義務者としておこない、源泉徴収票の発行や法定調書の作成も義務です。

6 給与と報酬(外注費、作業のお礼など)では、既述のように税務上の処理が変化します。


※営利団体でない同窓会のような組織が、人格無き社団といわれます。
大学の同窓会で、資金があるので同窓会会館を建てるにあたり所有権者を誰にするかというと同窓会の代表者個人で登記をします。
人格無き社団という、そのままに人格がないので、権利の主体になれないので、代表者個人名のものにするということです。
このように、権利の主体になれないのですが、義務はあります。
「同窓会だから、源泉徴収義務はない」というのは、果たして間違いです。

この回答への補足

詳しいご説明ありがとうございます。
同窓会の事務を一人でやっていて(他には誰もいません)
会報の発行で臨時で一人手伝いを頼みました。
封筒に会報を入れるなどの単純作業です。
>常時2名以下の使用人に対して支払う場合は、徴収不要とされてます
には該当しないようですが、非営利の場合でも、これ以外はすべて源泉徴収義務が
発生するのでしょうか?
>事務委託の報酬なら源泉徴収義務は発生しません
前記しました手伝いの場合はどちらに該当するのか教えていただけたら幸いです。
(検索してみたのですが理解力がなくて、申し訳ありません。今回の場合該当せず、
やはり徴収義務があるのかなという認識ですが、正しいでしょうか?)
事務委託とは弁護士費用等以外に外注のようなものも含むのでしょうか?
よいうことは、やはり今回は徴収義務があるということでしょうか?

補足日時:2011/12/30 12:43
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2011/12/31 23:32

人格のない社団には源泉徴収義務はありません。


給与として支払った場合、市町村に給与支払報告書を提出する必要はあります。
総括票は普通徴収として支払明細を渡して確定申告して納税してもらってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
同窓会の事務を一人でやっていて(他には誰もいません)
会報の発行で臨時で一人手伝いを頼みました。
封筒に会報を入れるなどの単純作業です。
>人格のない社団には源泉徴収義務はありません
ということでやらなくていいんだと思ったのですが、
No.2の回答者さんのご意見でわからなくなりました。
理解力がなくて申し訳ないのですが、もう少し回答を待ってみたいと思います。

お礼日時:2011/12/30 12:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同窓会の会費等への課税について

教えてください。まず現状をお伝えします。
『某専門学校で数年前にOBが中心となって同窓会が設立されました。会長、役員は全て卒業生でもちろん無報酬で活動してくれています。設立目的は会員の学術向上と福利厚生の充実みたいな感じです。会費は原則として学生全員が入学時に支払う形になっており、金額は数万円程度です。一度支払えば永久会員としてその後、年会費などは頂くことはありません。年に数十回勉強会を開く際は、参加費として数千円のみ徴収し、実際講師への支払いはほとんど会が負担しています。その他、学生のために図書を購入したり、備品を購入したりと様々な活動を行っています。』
『現在、会の口座には会費として徴収した1千万円ちょっとのお金があり、これからも毎年新入生から約6百万円の会費収入があります。また年に1回、卒業生、在校生らを招き総会を開き、その場で収支報告・予算承認などをきちんとしています。儲ける気持ちは一切なく、出来るだけ還元しようとはしているのですが、どうしても数百万が余ってしまい、毎年繰り越す形になっています。』
そこで質問があるのです。
『このような団体でも課税対象になるのか?なるのであればどこに相談したらよいのか?』
当方はこの学校の職員であり、この会の実質的な運営者でもあります(OB役員等は自身の仕事もあり、月に1回の会議にしか、参加できない)。もちろん課税対象ということであれば、過去にさかのぼって納税しようという気持ちはあります。

教えてください。まず現状をお伝えします。
『某専門学校で数年前にOBが中心となって同窓会が設立されました。会長、役員は全て卒業生でもちろん無報酬で活動してくれています。設立目的は会員の学術向上と福利厚生の充実みたいな感じです。会費は原則として学生全員が入学時に支払う形になっており、金額は数万円程度です。一度支払えば永久会員としてその後、年会費などは頂くことはありません。年に数十回勉強会を開く際は、参加費として数千円のみ徴収し、実際講師への支払いはほとんど会が負担しています...続きを読む

Aベストアンサー

中間法人である場合
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji40.html
Q17  中間法人に対する税の取扱いは,どうなりますか?
A17  法人税については,普通法人並みの課税がされることになっています。したがって,中間法人の各事業年度の全収益を対象に,普通法人と同率の課税がされます。
 登録免許税については,有限責任中間法人に対しては有限会社並みの,無限責任中間法人に対しては合名会社並みの課税がされます。

人格のない社団・財団である場合
http://www.nagoya.nta.go.jp/nagoyanaka/taxguide/kakawari/kaisya.html
・ 収益事業から生じた所得に応じて法人税を納めます。
(PTA、同窓会、学会、各種親善・親睦団体など)

収益事業と今後の動向
http://www.kyodo-cpa.com/html/menu3/2005/20051101150759.html

勉強会の参加費は、収益事業になるのではないでしょうか。
以上参考としてください。

中間法人である場合
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji40.html
Q17  中間法人に対する税の取扱いは,どうなりますか?
A17  法人税については,普通法人並みの課税がされることになっています。したがって,中間法人の各事業年度の全収益を対象に,普通法人と同率の課税がされます。
 登録免許税については,有限責任中間法人に対しては有限会社並みの,無限責任中間法人に対しては合名会社並みの課税がされます。

人格のない社団・財団である場合
http://www.nagoya.nta.go.jp/nagoyanaka/taxguid...続きを読む

Q源泉徴収義務者にあたりますか?

 ある学会に講師を呼び、講師に対して講演料を10万円支払う場合、これは報酬にあたり報酬支払い調書を税務署に提出しなければいけませんよね?この際、源泉徴収もしなければならないのでしょうか?定期的ではなくこのような単発のような場合にも源泉徴収義務者にあたるのでしょうか?源泉徴収義務者はあらかじめ登録のようなものが必要なのだと勝手に思っていたのですが、ある一定額の報酬を支払った者は源泉徴収義務者になるのでしょうか?

Aベストアンサー

再び#3の者です。

>まず、支払い調書を講師に渡し、もう1枚を税務署に提出し、翌月10日までに源泉した所得税を税務署に納付するのですよね。それだけでいいのかと思っていたのですが、手引きを読むとこの調書の他に法定調書合計表なるものも提出しなければいけないみたいなのですが、これは1年に1回報酬を払ったうちのような場合にも合計表の中の報酬の欄だけ記載して翌年の1月までに1年分として税務書に提出するということなのでしょうか?

そうですね、ただ、支払調書について、税務署に提出しなければならないのは、1年間の支払金額の合計額が5万円を超える場合ですから、それより少なければ、必ずしも税務署には提出しなくて良い事となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/7431.htm

それと、講師の方へ渡す分ですが、給与所得の源泉徴収票の場合には、支払った相手へ必ず発行すべき事となっていますが、報酬等の支払調書については、支払った相手へ発行すべき旨は定められていませんので、必ずしも発行しなくても問題にはなりませんし、確定申告の際にも、支払調書の添付は要件とはなっていません。
ただ、発行してあげた方が親切とは思いますが。

法定調書合計表ですが、これは基本的に所得税法上で定めているものではなく、支払調書に添付して提出するようになっていますので、給与の支払いがなくて、単発の報酬のみであれば、必ずしも提出しなくても良さそうな気はしますが、税務署にご確認されるべきものとは思います。
(おそらく提出するように言われるとは思いますが)
http://www.nta.go.jp/category/yousiki/soukatu/annai/23100038.htm

>相手はそれと勤務先の行なう給与の源泉徴収表を持って確定申告するということですか?

その通りです。
但し、その方が給料について年末調整されていて、かつ給与以外の所得が20万円以下であれば、必ずしも確定申告しなくても良い事となります。
ただ、確定申告されれば、還付が見込まれる場合もあるとは思いますので、その場合は確定申告された方がお得という事になります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1900.htm

再び#3の者です。

>まず、支払い調書を講師に渡し、もう1枚を税務署に提出し、翌月10日までに源泉した所得税を税務署に納付するのですよね。それだけでいいのかと思っていたのですが、手引きを読むとこの調書の他に法定調書合計表なるものも提出しなければいけないみたいなのですが、これは1年に1回報酬を払ったうちのような場合にも合計表の中の報酬の欄だけ記載して翌年の1月までに1年分として税務書に提出するということなのでしょうか?

そうですね、ただ、支払調書について、税務署に提出しなけ...続きを読む

Q五万円以下の報酬に対する源泉徴収

私はSOHOでインターネット関係の仕事をしています。それで、今回1回5万円の仕事をもらいました。
一括で月末に支払われるのですが、相手が「5万円以下の場合は源泉徴収しなくていいんだっけ?」といってきました。
私はわからないので、そういうと相手側のほうから「こちらで源泉徴収しときますから」といって差し引いて47500円の支払いという事になりました。これはどういうことですか。金額によってする・しないがあるものなんでしょうか。もしくは相手ではなく、とりあえず5万もらって、私のほうから源泉徴収するというのはできないですか。この方がお得のような気がするのですが・・・どうでしょうか?

Aベストアンサー

司法書士さんなどの場合には1万円、プロボクサーなら5万、保険外交員やホステスの場合などは一定の算式で計算した金額以下の場合には源泉徴収の必要がありません。しかし、SOHOでインターネット関係の仕事という事ですから「デザイン料」に関する源泉徴収でしょうか?。「デザイン料」の場合には金額によって源泉徴収をするしないという事はありません。

「5万円以下の場合は源泉徴収しなくていいんだっけ?」といってきたというのは、相手側の方の勘違いで、年間取引金額が5万円以下の場合には毎年1月末日に税務署に提出する「法定調書合計表」に「支払調書」を添付する必要がないというだけの事で、報酬を受取る側には関係のない事です。

で、47,500円というのは5万円+消費税-5千円で47,500円ですね。ですから、支払者側の計算は間違っていません。正しい取引です。

源泉徴収をしてもらわずに自分で納めるという事はできません。あくまでも源泉徴収義務は支払者側にあるのです。
 でも、実際には全額を貰ってしまうケースもあるでしょう。この様な場合には源泉徴収分を支払者側に返却するか、或いは自分でその会社の名義で翌月10日までにその会社の所轄税務署宛で納付をする(もちろん、その会社に説明・了承を得て、尚且つ領収書を会社に返却する事は勿論です。)必要があります。税務署にこちらから代わりに納付するというのは納期限が間近とか既に過ぎてしまっている場合で、最後の手段ですね。
 もし、源泉徴収が行われていない場合に税務署の調査などでひっかかってしまった場合には、税務署は「支払額」を基準に考えるケースがあります。支払額(例えば銀行振込額)が52,500円だとすると0.9で除して総額を58,333円と割り出して5,333円の源泉所得税の未納があると判断されるケースもあるので注意が必要です。

司法書士さんなどの場合には1万円、プロボクサーなら5万、保険外交員やホステスの場合などは一定の算式で計算した金額以下の場合には源泉徴収の必要がありません。しかし、SOHOでインターネット関係の仕事という事ですから「デザイン料」に関する源泉徴収でしょうか?。「デザイン料」の場合には金額によって源泉徴収をするしないという事はありません。

「5万円以下の場合は源泉徴収しなくていいんだっけ?」といってきたというのは、相手側の方の勘違いで、年間取引金額が5万円以下の場合には毎年1...続きを読む

Q小さな団体からの、源泉徴収されていない給与。確定申告どうすれば?

はじめまして。
小さな任意団体で事務の仕事をしています。
たった一人の事務職員ですので、給料は自分で計算し、
上司の承認をもらい、自分でお金を降ろして現金で受け取っています。
給与明細も領収書も自分でワープロで作っています。
所得税の源泉徴収はしていませんし、
源泉徴収票ももらっていません。

月15万程度の収入になりますので、確定申告をして所得税を支払わなければ
ならないと思うのですが、その際、
自分で源泉徴収額ゼロの源泉徴収票を作って申告すれば良いのでしょうか?
(ネット上にパソコンで印刷できるフォーマットがあるようですが・・)
それとも、給与明細を持っていけば良いのでしょうか?
(先に書いたとおり、これも自作なので、こんなのでいいのかなという気がします)

その任意団体自体は、収益事業を行っていないNPOのため、
税務申告は行っていないようです。

詳しい方がいらしたら、教えていただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>収益事業を行っていないNPOのため、税務申告は行っていない
こういった場合でも、給与を支払っているならば源泉徴収義務者に該当しますので、
そのNPO法人は毎月の給与から源泉徴収を行い納付しなければなりません。

源泉徴収義務者とは
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2502.htm
源泉所得税の納付期限と納期の特例
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2505.htm

第184条 源泉徴収を要しない給与等の支払者
常時2人以下の家事使用人のみに対し給与等の支払をする者は、
その給与等について所得税を徴収して納付することを要しない。
と有りますが、今回の場合、家事使用人ではないと思われます。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2293482.html

所得税が源泉徴収されない場合はありますが、この場合でも、
源泉徴収額が0円の源泉徴収票を発行する義務はあります。
これに違反すれば,罰則もあります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2559844.html

>自分で源泉徴収額ゼロの源泉徴収票を作って申告すれば良いのでしょうか?
勝手に作ってはいけません、会社に作ってもらいます。

といっても、事務員が一人で有れば結論としてあなたが作る事になると思いますが
問題は
 あなたが自分で勝手に作ったものはいけません
 あなたが会社事務員として、会社の承認の上で作ったものはOK
 (この源泉徴収票には、会社の角印など、会社が発行した証明として判を押すのが一般的)

>所得税の源泉徴収はしていません
最初に申し上げましたが、NPO法人は源泉税の納税義務が有りますので
きちんと手続きを行い(最初のリンク2箇所)、納税してもらいましょう。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/gensen.htm

>収益事業を行っていないNPOのため、税務申告は行っていない
こういった場合でも、給与を支払っているならば源泉徴収義務者に該当しますので、
そのNPO法人は毎月の給与から源泉徴収を行い納付しなければなりません。

源泉徴収義務者とは
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2502.htm
源泉所得税の納付期限と納期の特例
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2505.htm

第184条 源泉徴収を要しない給与等の支払者
常時2人以下の家事使用人のみに対し給与等の支払をする者は、
その給与等について所得税を...続きを読む

Q謝礼金は課税ですか?非課税ですか?

経理上の処理でお聞きしたいことがあるのですが、当社の決まりで社員が紹介した求人者を正式採用し、一定期間以上在籍した場合に紹介した社員に謝礼金を支払うことになっています。この際の謝礼金は課税対象となるのでしょうか?それとも非課税となるのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

課税か非課税かって、何の税金のことですか。

所得税なら、給与所得になるか一時所得になるか見解の相違はあっても、課税されることに違いはありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1400.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

もちろん、一時所得となれば、源泉徴収の対象ではなく、もらった者が確定申告をすることになります。
この場合でも、一定の要件の下に、確定申告をしなくて済む場合もあります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

消費税なら、対価を得て行う取引ではありませんから、非課税ではなく「不課税」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6209.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


人気Q&Aランキング