『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

今、中古一戸建ての購入を検討しています。
①土地の所有権付きの4LDK です。
 最寄りの駅までバスで、20分ほどの閑静な住宅 街です…ただ、近くに買い物ができるスーパーは ありません

②借地の中古住宅で、2LDK です…
 バス停も近くで、買い物も歩いて行けるスーパー があります。

 どちらも、購入額は、変わりません。
 ①は、購入後リフォーム代で300万位かかる予定 です。②は、リフォームは、入りませんが、毎月の借地代と更新料が50万くらいかかるようです。

どちらが将来的に購入することがよいのか迷っています。
メリットとデメリットを教えてください。
宜しくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まずどういう間取りを希望されますか?


4LDKと2LDKでは住まわれる人数などが異なりますが。。。
また、(1)は「土地付き」で、(2)は「借地」とのことですが、この点に関する希望は何もないのでしょうか?
借地契約の更新は何年ごとなのでしょう? 毎年の借地代と更新料が(1)との価格差を上回るのは何年後でしょう? あ!、正確には「(1)のリフォーム代を入れた額を上回る」ですね。

あと、日常的に鉄道を利用することはあるのでしょうか?
また、自家用車やバイクではなくバスでの移動を日常的に行われるのでしょうか?
加えて、お住いになられる方の年齢構成はどうなのでしょうか? 病院や学校に関する希望につながるので。

最後に、それぞれ築何年なのでしょう?
(2)もいずれはリフォームが必要になると思いますが、それによって上記の価格差が無くなる年数が変化します。そこも入れて価格差を考えられるとよいと思います。

なお、個人的には(2)は借地という不安定要素があるので好みません。地主は住んでいる人を勝手に追い出すことは出来ませんが、それでも面倒を起こす要素ということで購入候補から外します。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
様々な要素を比較考慮して考えることが大切ですね。

お礼日時:2016/11/23 09:02

②が借地なのに購入代金が同じということは、あきらかに所有権で評価した場合の価値は②の方が高い。


その辺は把握して比較してるのかな?

また、借地の場合、地代や更新料の他にも、建て替えや大規模リフォームの際に承諾料もかかる。
地主が亡くなって代替わりがあると、新しい地主が地代・更新料・承諾料の値上げをふっかけてきたり、立ち退きを要求してくる場合もある。
旧法の借地なのか、新法なのかにもよるけれどね。

この辺が分かっていないと正しく比較検討することは出来ないかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
借地の物件は、もう少し値引きがあるようです。
でも、いろんな事を十分に検討して見ないといけないですね。
よいアドバイスに感謝します

お礼日時:2016/11/24 10:44

①は人口激減時代なので不動産価値は今後低下するしょう。

不便さは解消されず年老いてからは生活に支障がでる可能性があるでしょう。

生活の利便が重要と思います。田舎はどんどん不便になっていくので賃貸で便利な場所に住むという考えもあります。不動産を持つリスクが今後大きくなるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

高齢になると確かに不便かと思います。
ご意見、ありがとうございます。

お礼日時:2016/11/23 08:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング