仕訳について教えてください!!
中古車両購入時のリサイクル料の仕訳について
12月に中古車を購入しました、個人事業主ですが、未払のまま確定申告をするので、質問です。
未払金/車両本体代
未払金/リサイクル料
の仕訳でよろしいのでしょうか?
減価償却は、定額法なので償却基礎金額に車両本体代を入れて、リサイクル料は、全く別勘定としておけばよろしいのでしょうか?

支払った時に、車両本体価格とリサイクル料を支払えばよろしいですか?
どうか、お知恵のある方教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>未払金/車両本体代


 未払金/リサイクル料
 の仕訳でよろしいのでしょうか?

いいえ、基本的に貸借(左右)逆です

・12月購入時
車両(本体)100万 未払金 100万
預託金    5万 未払金  5万

などとします

>支払った時に、車両本体価格とリサイクル料を支払えばよろしいですか?

支払ったときに「計上」すればよろしいですか、ということなら、

車両本体については支払ったときの計上は誤り(12月納車時に未払金等で計上します)、リサイクル費用については支払ったときの計上でもよいです。
(リサクル料金は「預託金」「長期前払費用」の類ですので、支払ったときの損金にはなりませんが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
よく分かりました。訂正します。

お礼日時:2017/01/30 17:48

>支払った時に、車両本体価格とリサイクル料を支払えば…



支払った時に支払えばって日本語が分かりませんが、支払ったときは未払金が消えるだけです。

【現金 or 普通預金 100円/未払金 100円】

その他はおおむね合っています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前期の未払金を消す仕訳処理(前期未払費用が減額変更)

前期の未払金を今期で消す処理での質問です。

(例)前期に計上された未払金20,000円(事務用品費)を今期に支払処理したが、先方の都合で1,000円値引きしてくれた。その場合その差額は雑収入?それとも事務用品費のマイナス?

一会計期間内でしたら、未払金を消す処理は事務用品費のマイナスになると思いますが、前期の未払金が減った場合は今期の費用のマイナスではないので雑収入で未払金を消すのでしょうか?

【A案】
(借方)未払金20000 (貸方)現金19000
          (貸方)雑収入1000

【B案】
(借方)未払金20000 (貸方)現金19000
          (貸方)事務用品費1000

Aベストアンサー

No.2の者です。

会計理論上、仕訳を切る日付(会計事実を認識・計上する日付)は事実の発生日となります。事実発生日において、事実を認識・計上することになります。

この点、前期に締結した売買契約の対価の額すなわち売買価格を契約の変更によって当期に減額変更した場合には、「値引」という事実の発生日が当期になります。そのため、当期の値引として認識すべきことになります。特別利益扱いにはなりません(重要性の原則が適用される場合を除きます)。

もっとも、kame-tamagoさんのケースでは決済処理の関係によるとのことなので、営業外収益である「雑収入」で構いません。また、金額が寡少であれば、重要性の原則により、「事務用品費」のマイナスでも構いません。

Q車両購入時の仕訳と減価償却について

いつもいろいろこちらでお世話になっている経理初心者です。
車両購入時の仕訳と減価減価償却について多々質問/回答がありますが、弊社の場合についてもご教授頂ければ幸いです。

(1)車両購入時の仕訳
【車両運搬具】1.車両本体価格
         2.オプション価格
         3.付属品価格
【租税公課】 1.自動車税
         2.自動車取得税
         3.自動車重量税
【損害保険料】1.自賠責保険料
【支払手数料】1.検査登録手続代行費用
         2.車庫証明手続代行費用
         3.希望番号手続代行費用
         4.希望番号手続費用(3とは別の費用)
↑こちらは他の方の質問/回答を見て判断しました。

その他に『預り法定費用』として「新規検査登録手数料」と「車庫証明手数料」、『リサイクル法関連費用』として「預りリサイクル預託金」と「資金管理料金」が明細に載っていました。
『預り法定費用』は中身が手数料となっているので【支払手数料】として、『リサイクル法関連費用』は「預りリサイクル預託金」を【長期前払費用】と処理してよろしいのでしょうか?
また、「資金管理料金」はどのような処理が適当でしょうか?

こちら全て込みの金額(\3,100,000)を60回のローン支払にしているので、【長期借入金】としてそれぞれ処理して大丈夫でしょうか?
ローンですが、実質年率4.9%で、明細には月々の支払元金と利息分の詳細が書かれておらず、単純に初回支払額\61,824、以降毎月\58,300×59回としかありませんでした。

他の方々の質問/回答を拝見し、支払利息(今回\401,524)は上記の【長期借入金】として購入時に計上せず、支払時に

【長期借入金】*** / 【預金】***
【支払利息】 ○○○ / 【預金】○○○

として処理するとあったのですが、月々支払う元金と利息の詳細がわからないので、どうしたらいいのかと悩んでいます。

(2)決算時の減価償却(H18.2.24設立、H19.1.31決算、定額法)
今回の車は車検証に『H18.10.31、小型・貨物・自家用』として登録されているのですが、これを減価償却する場合、以下のような計算と処理でよろしいでしょうか?

取得価額\2,824,330(上記の車両運搬具計上額)-残存価額\282,433×償却率(貨物登録なので5年)0.200×4ヶ月/12ヶ月=\169,459(小数点以下は切り捨てていいのでしょうか?)

【減価償却費】169,459 / 【車両運搬具】169,459  ※直接法

弊社では弥生会計を導入しておりまして、固定資産税登録のところに「償却資産税」の可否区分の欄があるのですが、「課税・非課税・対象外」のどれを選択すればよろしいのでしょうか?

長々と申し訳ございません。よろしくお願い致します。

いつもいろいろこちらでお世話になっている経理初心者です。
車両購入時の仕訳と減価減価償却について多々質問/回答がありますが、弊社の場合についてもご教授頂ければ幸いです。

(1)車両購入時の仕訳
【車両運搬具】1.車両本体価格
         2.オプション価格
         3.付属品価格
【租税公課】 1.自動車税
         2.自動車取得税
         3.自動車重量税
【損害保険料】1.自賠責保険料
【支払手数料】1.検査登録手続代行費用
         2.車庫...続きを読む

Aベストアンサー

>月々支払う元金と利息の詳細がわからないので、どうしたらいいのかと悩んでいます。

たぶん元利均等だと思われるので、毎月の元本返済額と支払利息は異なります。
Excelで返済表作成するのが手っ取り早いですが…。

減価償却はその資産を事業の用に供した日が起算日となるため、10月末日の登録では4ヶ月分の償却費を計上するのは無理ではないでしょうか。なお、ナンバー付の自動車は償却資産税は対象外となります。

Q減価償却中の車両を売却(下取り)した場合の仕訳

今まで、税理士にお願いをして青色申告をしておりました。
今回から自分でやろうと思っているのですが、素人なので仕訳の仕方がまったく分かっておりません。
借方、貸方の意味も良く分かっていないので、どなたかご教授願います。

減価償却中の車を下取りに出して、車を買い替えました。

未償却残高が60万で下取り価格が70万の場合の仕訳は

取引内容               借方       貸方
車の売却代金(未償却残高分)  現金 700000 車両運搬具 600000
車の売却益                  事業主借  100000

というようにつけるのは色々調べて分かったのですが、
按分率が50%の場合、どのように仕訳ければよいでしょうか?
下記のように貸方に事業主貸をつけるのはおかしい?

取引内容               借方       貸方
車の売却代金(未償却残高分)  現金 700000 車両運搬具 600000
車の売却益(事業分)            事業主借   50000
車の売却益(家事分)            事業主貸   50000

今まで、税理士にお願いをして青色申告をしておりました。
今回から自分でやろうと思っているのですが、素人なので仕訳の仕方がまったく分かっておりません。
借方、貸方の意味も良く分かっていないので、どなたかご教授願います。

減価償却中の車を下取りに出して、車を買い替えました。

未償却残高が60万で下取り価格が70万の場合の仕訳は

取引内容               借方       貸方
車の売却代金(未償却残高分)  現金 700000 車両運搬具 600000
車の売却益           ...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

>未償却残高が60万で下取り価格が70万・・
>按分率が50%の場合

未償却残高が60万円で、按分率が50%ならば、事業主の帳簿価格は半分の「30万円」のはずですから、下取り価格も半分の「35万円」です。

仕訳は、

〔借方〕現金350,000/〔貸方〕車両・運搬具300,000
〔借方〕………{空欄}………/〔貸方〕事業主借   50,000

事業主貸と事業主借を両建てにする仕訳は誤りです。

Q車両の減価償却仕訳(半分家事消費での)

教えて下さい
青色申告 決算中です ギリギリ(-"-)
車両の減価償却についての質問です
車両を仕事・家事と50%で使用しています
前年度は新規に購入した年で しかも会計ソフトも初めて使ったので
ソフトの仕分けに任せていたのですが・・・・

今期決算での転送された減価償却の仕訳は

減価償却/事業主貸 175,995 になります

減価償却/車両運搬具 の仕訳もあっていいものだと思いますが

私の解釈は間違っているのでしょうか?

償却資産表は
普通償却額  351,990
当期償却費用 175,995
償却費累計  674,647


質問さえ間違った言い方になってしまっているかもですが
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

>減価償却/事業主貸 175,995 になります…

事業主貸が右側に来ることは、通常ありません。
左右が逆です。

>減価償却/車両運搬具 の仕訳もあっていいものだと…

12/31 付けで入力してください。
【減価償却費 351,990円/車両運搬具 351,990円】
【事業主貸 175,995円/減価償却費 175,995円】

Q中古車両の減価償却費の計算について

法人の決算にあたり、中古車の減価償却費の計算について悩んでいます。

平成17年2月初期登録の排気量2300ccの自家用車を平成20年5月に購入しました。
法定耐用年数をタックスアンサーなどで調べ計算したところ、
48.8か月で4年としました。

ローンを組んで購入しているため、まずは以下のように記帳しました。
(金額はおおよそです。)

借方/貸方
車両購入日付で振替伝票で:
車両運搬具 130万円/未払い金 187万5千円
租税公課  6万5千円/
保険料   3万円/
支払手数料(登録代行など) 6万円/
支払利息  42万円/

引落し日付に振替伝票で:
未払い金 3万2千円/普通預金 3万2千円

定率法で 4年→0.438 を乗じるとなっていたため
車両本体取得額 130万円のみに0.438を乗じて

決算期末で振替伝票に:
減価償却費 56万4千円/車両運搬具 56万4千円

となる、と考えたのですが、これでいいのでしょうか?

何分簿記についてはほとんど知識がなく、
本をよみながら、弥生会計をいじりながら
暗中模索で行っておりいます。
どうぞアドバイスをよろしくお願いいたします。

法人の決算にあたり、中古車の減価償却費の計算について悩んでいます。

平成17年2月初期登録の排気量2300ccの自家用車を平成20年5月に購入しました。
法定耐用年数をタックスアンサーなどで調べ計算したところ、
48.8か月で4年としました。

ローンを組んで購入しているため、まずは以下のように記帳しました。
(金額はおおよそです。)

借方/貸方
車両購入日付で振替伝票で:
車両運搬具 130万円/未払い金 187万5千円
租税公課  6万5千円/
保険料   3万円/
支払手数料(登録代行など...続きを読む

Aベストアンサー

中古資産の簡便法を使って耐用年数を計算するとお得です。(経費にできる金額が増えます。)
法定耐用年数の一部が経過しているもの。
(法定耐用年数ー経過年数)+経過年数X0.2=耐用年数にできます。ご質問の場合、自家用車の耐用年数は6年ですから、(6-3)+3X0.2=3.6年から3年とすることができるはずです。リンク先参照。

利息については、支払った都度に計上する方が良いでしょう。
全期分を先に払った訳ではないので、1年分を経費にするのは、無理でしょう。 

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5404.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報