プロが教えるわが家の防犯対策術!

先日来より質問させていただいているミシンプーリーについて疑問点があるので宜しくお願いいたします。前回の質問で直径の違い過ぎるプーリーを回す時、始動時にモーターに負荷がかかり過ぎるという意見をいただきました。
そこで質問ですが画像のように中間プーリーを入れるとモーター始動時は直径100mmのプーリーを動かすのであまり負荷がかからず始動出来るのでしょうか?それとも結局、全てのプーリーが繋がっているのでモーターの初動負荷は同じなのでしょうか?
宜しくお願いいたします。m(_ _)m

「単独プーリーと中間プーリーを入れた時のモ」の質問画像

A 回答 (2件)

パターンAはモーターからミシンプーリーへの減速比が 50mm/300mm=1/6ですが、パターンBでは減速比は (50mm/300mm)×50mm/100mm=1/12と減速比が大きくなりますのでモータへかかる負荷は半分になります。

従って初動、つまり起動時の負荷も小さくなります。ベルトのスリップをうまく抑えればモータの起動は楽になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最後のプーリーをゆっくり回せばモーターの負荷も少なくなるのですね。ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2017/07/29 22:28

ベルトの緩み分だけ時間差になるから多少は効果があるでしょう。


それより最初に言ったように手送り補助をした方がいいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか、多少効果があるということで今後の検討材料とさせていただきます。手送りはその後の試し縫いで試してみましたが何回もやっていると送り方のコツが分かって少し慣れてきましたので数を踏めば物に出来そうです、貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2017/07/28 17:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング