位置情報で子どもの居場所をお知らせ

今、書類を整理していて思ったのですが、「かた」と「方」の使い方ですが。
例えば、「そちらのほう」と「そちらの方」はどっちが正しいのでしょうか。「話しの方を聞いて」と「話のほうを聞いて」ですが。何か定義のようなものがあればお教え下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 こんばんは。



 「方」は、一般的には、人(「かた」と読みます)か、方角(「ほう」と読みます)、方法の略(「ほう」または「かた」と読みます)として使います。
 以上を前提に、

>「そちらのほう」と「そちらの方」はどっちが正しいのでしょうか。

 どちらでも間違いではありませんが、文書で書くときは「そちらの方」とかくと「方角」か「人」のどちらを表しているのか分かりませんので、前者がいいと思います。前後の文章から判断できるようでしたら、どちらでもいいと思います。
 ただ使い方によっては間違いの事もあります。
 例えば、
 「そちらの方(ほう)←<物です>も、お願いします。」はいいです。
 「そちらの方(ほう)←<人です>は、いかがですか?」は「そちらは、いかがですか?」でいいと思います。

>「話しの方を聞いて」と「話のほうを聞いて」ですが

 これは、どちらも日本語としてはおかしいですね。現在では通じると思いますが。正しくは「話を聞いて」で「ほう(方)」は不要です。ファミレスやコンビニ言葉につられた使い方ですね。

 つまり、ファミレスで使われる、「ご注文の方(ほう)、確認いたします。」と同じ使い方ですね。これも、「ご注文を確認いたします。」が正しいです。
    • good
    • 3

言葉にうるさい方には嫌われる表現ですね。

文章にしたらもっと嫌がられそうです。

そもそも、口語でしか使われない表現なので、漢字表記かひらがな表記かという区別は意味がないと思います。
そちらの「方」と書いたら「かた」と読まれるでしょう。

メリットを挙げるとすれば、「方」(ほう)が会話に入ると、言葉がそこで句切られて相手に伝わりやすい効果があるか、と思います。
「代金のほう、頂戴します」
「代金を頂戴します」
いきなり本題を述べずにクッションがあるので発語しやすいかも知れません。
    • good
    • 0

まず「話の方を聞いて」という日本語が正しくありません。


丁寧にしようとしすぎて、変な敬語になっています。
「お話しを伺って」「話を聞いて」だと思います。

「そちらの方(ほう)」も、あまり使わない方が良いと思います(笑)
「そちら」で良いのでは?
また、人を指すのなら「そちらの方」で良いのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q方(かた)の使い方

こんにちは。
このごろ、職場でこんな業務連絡が回ってくるのですが。

「(なんとかの件につきましては)周知方お願い致します。」
「(なんとかの件につきましては)出席方お願い致します。」
これは
「周知して下さいますようお願い致します」
「出席して下さいますようお願い致します」
という意味だと思います。
意味はわかるのですが、ちょっぴり気になるのです。
「方」という字を、こんなふうに使ってもいいのでしたっけ?
これは江戸時代か何かの使い回しの名残りでしょうか?
どなたか、この「方」の妥当性について、或は由来について、
教えてください。
どうぞ宜しくご回答「方」お願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<これは~という意味だと思います。>

ご質問にある解釈で結構です。

この「方」は動詞の連用形、サ変動詞の語幹について「それをすること」という、名詞句として使われています。


ご質問2:
<「方」という字を、こんなふうに使ってもいいのでしたっけ?>

1.古くから使われていた語法なので、使っていけない、ということはありません。

2.ただ、現代ではあまり使わない表現だと思います。


ご質問3:
<これは江戸時代か何かの使い回しの名残りでしょうか?>

1.この語法は既に鎌倉時代には使われていたようです。
例:
「御取計ひ方願ひ上げ候」
=「お取計らいいただくようお願い申し上げます」

2.この用法は元々は古語の「方」=「方法」「手段」からきています。これが、動詞の連用形について「~の仕方」という使われ方をするようになりました。
例:
話し方=「話す方法」

4.動詞が「方法」のニュアンスと相俟って
「~し方」
→「~するやり方で」
→「~するように」
と副詞句的に流れて訳されてきたのが、この語法になります。

5.例えば英語でa way「方法」「やり方」という名詞が、in a way「やり方で」「~のように」という副詞句に使われる用法と同様です。


以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<これは~という意味だと思います。>

ご質問にある解釈で結構です。

この「方」は動詞の連用形、サ変動詞の語幹について「それをすること」という、名詞句として使われています。


ご質問2:
<「方」という字を、こんなふうに使ってもいいのでしたっけ?>

1.古くから使われていた語法なので、使っていけない、ということはありません。

2.ただ、現代ではあまり使わない表現だと思います。


ご質問3:
<これは江戸時代か何かの使い回しの名残りで...続きを読む

Q~の方(ほう)という言葉遣いについて

このサイトでも他のところでも「~の方」の使い方が気になるというのを見かけたことがあり、私はそれまで知らず知らずに結構使ってしまっていたような気がします。

それなので、
この使い方は大丈夫なのではないか。
この使い方はしない方がいいのではないか。
(この“しない方”の使い方も間違っていたら説明をお願いします)
その辺りを教えてください。その中で、例文を書いていただけると助かります。

あと、次のような使い方は大丈夫でしょうか?

AさんとBさんについて聞かれて答えるときに
「Aさんも好きだけど、Bさんの方がもっと好きです」

最後にこのような言葉遣いについてまとめている
サイトがありましたらあわせて教えてください。
いろいろと質問が多いですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> この使い方はしない方がいいのではないか。
> 「Aさんも好きだけど、Bさんの方がもっと好きです」
両方とも比較ですから正しい使い方です。
今問題になっているのは、婉曲話法といって、なるべく物をはっきり言わない話法です。
「ご注文の方はこれで宜しかったでしょうか」
「オプションの方は別料金になります」
「定休日の方は月曜日となっております」
など、至るところで癪に障る言い方をされますが、いざ例文を挙げようとすると直ぐには出て来ません。
関係ありませんが、昔から有名な消火器の訪問販売のセリフ:「消防署の方から来ました。」
文句を言われたら「消防署の方角から来ましたが何か?」

Q~~の方(ほう)おつけしますか?とかの「方(ほう)」の使い方。

自分でもおかしいとは思いながらつい使ってしまったり
するんですが、

~~の方、おつけしますか?とか例えばおはしの方おつけしますか?とか請求書の方を作成して頂きましたので~とか

つい、つい方を使いたくなってしまいます。
この「方」って使い方はおかしいんですよね?
何故使ってしまっちゃうんでしょう。なんか
丁寧な感じに聞こえますか?
言われた方は不快ですかね?
教えて下さい。

Aベストアンサー

「~の方」というのは、物事そのものではなく曖昧にして言うときに用いられます。
「私の家は西の方にあります。」
と言うように方角につけて言うのならなんら違和感はないのですが、
「これからバスは平安神宮の方に向かいます。」
と言われると、バスの行き先は平安神宮ではなく、平安神宮のある方角にすぎないように聞こえます。しかし、「平安神宮の方に」と言いながら、そのバスの目的地は平安神宮であるわけです。
「お箸の方おつけしますか?」
と言われると、実際にコンビニなどでもらうのはお箸そのものですから、なんだか違和感を感じます。
「お箸」と言うのはぼかして言う必要のないものですよね。
ご質問のあった「~の方」という表現は、文法上誤った表現であるということになります。

「~の方」という言い方は、どうやら若い世代に多いようです。また、元々はファミリーレストランやコンビニエンスストアなどで多用されていたようです。
丁寧に話そうという意気込みがずれてしまうのでしょう。適切な敬語表現というのは確かに難しいものです。ひとつひとつは正しい敬語であっても過剰な装飾や重ねすぎた敬語表現は、敬意ではなく慇懃無礼という印象を相手に与えてしまうこともあります。

日本語自体が物事そのものではなくどこか曖昧に表現することが多い、というのはあります。
自分で「こうだろう」と思っていても、それを発言するときには「こうですよね?」と疑問形で言い、相手に同意を求めようとする、というのも、日本語の特徴の一つでしょう。最近はそれが多すぎるようです。

とは言え、最近は新語のみならず新表現も多くなっており、
世代ごとに日本語表現への違和感も増えているのでしょうね。
日本語自体が時代によって変化しているのは事実ですが、昔から伝わってきた、今ある表現が変質していってしまうのは寂しいことです。

「~の方」というのは、物事そのものではなく曖昧にして言うときに用いられます。
「私の家は西の方にあります。」
と言うように方角につけて言うのならなんら違和感はないのですが、
「これからバスは平安神宮の方に向かいます。」
と言われると、バスの行き先は平安神宮ではなく、平安神宮のある方角にすぎないように聞こえます。しかし、「平安神宮の方に」と言いながら、そのバスの目的地は平安神宮であるわけです。
「お箸の方おつけしますか?」
と言われると、実際にコンビニなどでもらうのはお箸そ...続きを読む

Q文章で対象者を「人」というか「方」と言うか?

「まだ、申し込みがお済みでない方は、手続きをしてください。」
「まだ、申し込みがお済みでない人は、手続きをしてください。」

どちらも、申し込みをしていない第三者を対象としている文章ですが、「方」と「人」の使い分けは国語的には決まっているのでしょうか?

Aベストアンサー

「人」は直接的ですよね?
一方の「方」と言うのは間接的であり、直接表現するコトを憚った、遠慮した呼び方なんですよ。

例えば「奥方」は、「奥向きのことをなされる方」と言う、すごく婉曲・遠回しな表現で、「夫人」を表しているんです。

従い「人」より「方」の方が敬意が高い表現です。

因みに「方」は「其方(そなた)」「此方(こなた)」などと「なた」とも読み、これらは廃れましたが、「貴方・彼方(あなた)」「何方(どなた)」などは生き残ってますね。

「誰?」って言うより「どなた?」の方が、丁寧でしょ?
「人」と「方」も同じ様な感じかと思います。

とは言え「お済みでない人」も、国語的には間違いではありませんよ。
「お済みでない」場合は「人」はダメ!って言う、決まりがあるワケではないです。

でもNo.2さんが言われる様に「お済みでない方」の方が、バランスは良いと感じますし、一般的でしょうね。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「通り」と「とおり」の違いについて

予定「通り」や、次の「とおり」のように、漢字で書く場合と平仮名で書く場合があるようですが、違いはなんでしょう?また、どちらが正しいのでしょうか?知っておられる方が居られれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

>予定「通り」や、次の「とおり」のように…

あなたが公務員で公式文書を書くのなら、それは仮名書きにしないといけません。
民間企業でのビジネス文書もこれに準じるのが良いです。
個人の詩歌や小説などはこの限りではありません。

このことは、昭和24年4月4日付けで政府が策定した『公用文作成の要領』で定義され、その後常用漢字表の部分改正などに伴って、その都度追認されています。
直近は菅総理の名前で、昨年11月に出されています。
http://www5d.biglobe.ne.jp/Jusl/Bunsyo/BunKanjiH22.html

Q「方たち(かたたち)」と「方々(かたがた)」では、どちらも正しい表現な

「方たち(かたたち)」と「方々(かたがた)」では、どちらも正しい表現なんでしょうか。どちらも使ってよいでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

もちろん、どちらも正しい表現ですが、
しかし、
「51番から55番までの札をお持ちの方々は、Aの窓口へいらっしゃいませ。」
とは言いますが、
「51番から55番までの札をお持ちの方達は、Aの窓口へいらっしゃいませ。」
という言い方は聞いたことがありませんね。

No.1さまのご意見に同意です。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q「様(よう)」「方(ほう)」の使い方について

基本的な質問ですが宜しくお願いします。

  ・スタッフの方まで御連絡

  ・暖かい物が飲める様なコップ
  ・一人で昼食を買う様なこと
  ・通院する様な怪我

上記「方」「様」を仕事上の案内書で使用
したところ、「ほう」「よう」というひらがなに
直されてきました。文法上、用法上に間
違いはないと考えていますが、いかがで
しょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>  ・スタッフの方まで御連絡

「方」か「ほう」かについては「ほう」が一般的です。
その前に、「スタッフのほうまで」の「~のほう」はコンビニ・ファミレス用語などで批判の多い「あいまい表現」ですね。
明確に「スタッフまで」と言い切ったほうが良いのではないでしょうか。
「御連絡」の「御」は、公用文では「御+漢字」「ご+仮名書き」が原則です。
新聞などでは、漢字で書く慣習の強い一部の語を除き「ご」と仮名書きするのが原則です。「お」と読ませる場合は仮名書き。「ギョ」「オン」と読ませる場合は漢字の「御」が原則です。

>  ・暖かい物が飲める様なコップ
>  ・一人で昼食を買う様なこと
>  ・通院する様な怪我

「様」について
名詞形の場合は「様」と書くのが一般的です。「一様・多様・同様・異様・各人各様・文様・紋様」など。
助動詞や接尾語の場合は「よう」と書きます。「~のように」「~のようだ」「夢のよう」「喜びよう」「いかようにも」など。

飲み物などは「暖かい」ではなく「温かい」が原則です。
「暖」は「寒」の対語。「暖かい部屋」⇔「寒い部屋」
「温」は「冷」の対語。「温かい飲み物」⇔「冷たい飲み物」

「怪我」は、常用漢字表では「怪」を「ケ」と読めないので、「けが」と仮名書きするのが一般的です。「け我」と混ぜ書きすることはありません。
「通院するようなけがをした」のように平仮名に埋もれて読みにくい場合は、インフォーマルな文章では「ケガ」と片仮名書きすることもあります。


ということで、望ましい書き方は…
 ・スタッフの方まで御連絡   → スタッフまでご連絡
 ・暖かい物が飲める様なコップ → 温かい飲み物が飲めるようなコップ
 ・一人で昼食を買う様なこと  → 一人で昼食を買うような
 ・通院する様な怪我      → 通院するようなけが

>  ・スタッフの方まで御連絡

「方」か「ほう」かについては「ほう」が一般的です。
その前に、「スタッフのほうまで」の「~のほう」はコンビニ・ファミレス用語などで批判の多い「あいまい表現」ですね。
明確に「スタッフまで」と言い切ったほうが良いのではないでしょうか。
「御連絡」の「御」は、公用文では「御+漢字」「ご+仮名書き」が原則です。
新聞などでは、漢字で書く慣習の強い一部の語を除き「ご」と仮名書きするのが原則です。「お」と読ませる場合は仮名書き。「ギョ」「オン」と読...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング