人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

中国は改革開放以後、外貨獲得のため、経済特区などを設置しましたが、そもそもなぜ外貨が必要なのでしょうか?外貨の使い道を教えてくれないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「貿易赤字は悪である」は「経済学の神話」


 中国が経済特区を設置したのは「外貨獲得のため」ではなくて「経済発展」のためだったと思います。その違いは「外貨を誰が保有するか?」です。経済特区を設置し、輸出を奨励したのは「先に豊かになれる者から豊かになる」政策の実行です。輸出をし、外貨を稼ぐのは私企業であり、それを税金として徴収してはじめて、中国政府が外貨を保有することになります。もし経済特区での企業の発展を支援するために税金を免除したら政府の外貨準備金は増えません。経済特区を設置したために、もしかしたら外資の導入で、外貨が増えるどころか外国への借金が増えたかもしれません。
 金本位制・為替固定相場制から通貨管理制度・変動相場制に変わり国家が外貨を保有する必要性は減ったと思います。自国の通貨を高く維持したいときに、外貨(実際は米ドル)を使って自国通貨を買う場合には外貨が必要になる、程度でしょう。それでも、「私企業が輸出を伸ばし外貨を稼ぐことは良いことだ」との固定観念は根強いようですね。ミルトン・フリードマンやポール・クルグマンが「貿易赤字はそれほど悪いことではない」と言っているのですが、これを分かりやすく説明するには、このスペースでは、とても出来ません。「貿易赤字は悪である」は「経済学の神話」です。「経済学の神話」をキーワードに検索すると参考になるサイトがあるかも知れませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。外貨の使用用途についても教えていただけると幸いです。

お礼日時:2005/01/30 09:43

質問を考えるのに10分、答えを用意するのに丸一日


 私が尊敬するジョージ・スティグラー(アメリカのノーベル賞受賞経済学者)が書いています「私は政府審議会の委員になりたくない。委員会で私に質問する人はせいぜい10分程度考えただけで質問してくる。しかしそれに答える私は、研究室のスタッフも動員して丸一日かかって資料を用意する。これでは私の経済学の研究は進まない。こうした訳で私は政府審議会の委員にはなりたくない」と。
 アマチュア・エコノミストの私でも、どの程度の知的レベルか分からない人に、分かりやすく、しかも他の人に読まれても恥をかかない程度のレベルの高さを保って書くのにはけっこう時間がかかり、精神的負担にもなります。
 ということで後は自分で苦心して理解しようとして下さい。次の言葉をキーワードに検索すると参考になるサイトがあるでしょう。
「グローバリゼーションによって社会は進化する ニクソン・ショックの意味」
「地域通貨は金融経済学の最適教材か?」
「景気対策、日銀にできること、できないこと 」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。よい気づきを頂きました。

お礼日時:2005/01/31 07:40

 管理通貨制度では外貨の使い道は少ない


 外貨の使い道に付いてはNo.1で書いたように「自国の通貨を高く維持したいときに、外貨(実際は米ドル)を使って自国通貨を買う場合には外貨が必要になる、程度でしょう。」ということです。これは管理通貨制度・変動相場制での話。金本位制度・固定相場制では違います。外貨がいっぱいあればそれで金を外国から買い、その金を保証に通貨を発行することが出来る。そうすることによって成長通貨を供給し、経済と成長させる事ができる。ケインズが『一般理論』(The General Theory of Employment, Interst, and Money)を発表したのは1936年、このころはほとんどの国が金本位制度・固定相場制で、本格的に管理通貨制度・変動相場制に移行したのは1971年8月15日ニクソン大統領がドル防衛の「新経済政策」を発表したときからです。つまり長い間経済学では金本位制度・固定相場制を前提として研究が進められたので、通貨に関してもその考えが抜けないでいるようです。
 上に書いたように、現在の管理通貨制度・変動相場制では政府が外貨を持つことの意味はあまりありません。「政府が外貨を沢山持つべきだ」「経済特区を作り外貨を貯めるべきだ」と言うのは金本位制度・固定相場制の考えです。一度金本位制度・固定相場制と管理通貨制度・変動相場制との違いを勉強するといいでしょう。経済学の中でも特に「貨幣理論」は面白いですよ。ここでミルトン・フリードマンの言葉を紹介しましょう。
 貨幣理論は日本庭園と同じである。日本庭園には多様性から生じた審美的な統一性がある。複雑な真相を覆い隠す外見の質素さであり、深い奥行きの広がりの中に溶け込む表層的な風景である。それを心行くまで堪能するには、多角的に検証し、しかもじっくりと腰を落ち着けて深く吟味しなくてはならない。貨幣理論も日本庭園も同じである。しかも、両者とも全体から切り離して、それだけでも楽しめる部分を有し、全体から取り出した一部分からでも全体的な認識を得ることができる。

この回答への補足

ありがとうございます。おっしゃるとおり管理通貨制度・変動相場制では、外貨獲得は意味がないかもしれません。では、中国のような固定相場制の下では、外貨獲得の意義、外貨の使い道はどのようなことがあるのでしょうか?TANAKA1942b様のご意見は非常に勉強になるので教えて頂きたいと思います。

補足日時:2005/01/30 20:53
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資源がない国は外貨獲得が重要?

このようなことを目にします。
------
日本は、石油や原材料など多くの物を輸入に頼っている。
輸入するには外貨が必要になる。
なので外貨を獲得できる輸出が重要。
------

質問1

このことが正しいとします。
もし輸出が不調で外貨をあまり獲得できない場合は、
日本円からドルに換える人が多くなり(円建てでもドル建てでも?)、
円安になるのでしょうか?

質問2

質問1のシナリオになった場合、
様々な物の価格があがり、管理できないインフレ状態になる可能性があるでしょうか。

質問3

食糧自給率の向上、新たな燃料や資源の研究、掘削などは、
外国に頼らない長期的な視点での戦略。
輸出産業を支援、優遇する円安政策は、当面の日本を支える(と思われる)
短期的な戦略。

このような理解は正しいでしょうか。


わかりにく所もあるかと思いますが、
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、前提条件の部分。
戦前の日本では、日本円を国際取引では利用できませんでしたから、海外で資源を手に入れる必要がありました。
ところが、現在の日本円は「ハードカレンシー」と言って、円を国際取引の場でも利用できるので、あえて「外貨を獲得する」必要はありません。

仮に輸出が不調であったとしても、「外貨が不足する」事で資源不足に陥る事はありません。

ただ、原油を始めとする資源は投機対象となりやすい為、純粋な市場原理ではなく、投機筋の私利私欲によって価格が決まるケースが殆どです。

また、リーマンショック等の海外発の経済危機によっても資源価格は大幅に変動します。

これらの価格変動は全て海外の事由で発生しており、ここに為替変動が介入する余地はありません。

国内で資源や食糧を確保しようとする傾向は、この様な海外事由での資源や食糧価格の影響から国内経済を守ろうとする発想からおきるものと想定されます。

Q日本政府は外貨獲得のために円安にしてますが、日本っ

日本政府は外貨獲得のために円安にしてますが、日本って輸入大国ですよね?スマホとかほとんどが外国製で、アメリカで安いスマホを日本の円安で国民は高く買って大きい出費です。で、円安で安い日本円を大量に使って外国製品を買ってたら、外貨獲得どころが日本円が大量に国外に出て行っているのではないでしょうか?

外貨獲得の為に日本円を大量に流出させる政策が円安ですか?円安って何が良いのでしょう?安い外国製品を高く買わされて国民はハッピーなのですか?

Aベストアンサー

>日本政府は外貨獲得のために円安にしてますが

資本の移動が自由であれば、
高金利の国にお金が集まり、
日本のような低金利の国にはお金が集まりません。

低金利であれば、むしろ日本で資金調達して外貨を買うという状態になり
円安に拍車がかかります。

Q国が「外貨を稼ぐ」とは?

国が「外貨を稼ぐ」とは具体的に何をすることなのでしょう?
また
輸出するのと輸入するのとどちらを行なうと外貨を稼ぐことになるのですか?

Aベストアンサー

>国が「外貨を稼ぐ」とは具体的に何

輸出をして外国の通貨の所有量が増えることを言います。

>輸出するのと輸入するのとどちらを行なうと外貨を稼ぐことになるのですか?

輸出です。
日本からの輸出は売り上げが主にドルで入ります。
輸出業者は、そのドルを銀行で円に変えて支払いをします。
日本の銀行にはドル(外貨)がたまってゆきます。
これが外貨を稼いだ状態です。
輸入の場合は逆になります。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q外貨の獲得とは何ですか?

端的に言うと、タイトルの通りなのですが、もう少し詳しく。経済のケの字も知らないような頓珍漢な質問かと思いますが、お付き合い頂きたいです。

よく外貨の獲得と随所で窺いますが、本当に物理的に外貨が日本国に入ってくる訳ではないのですよね?(日本円が海外に逃げるなども同様です)空想の市場があって、原理的に外貨云々という話ですか?
そして、もう一つ疑問なのは、毎年?日本円(お金)を刷っていますが、この時通貨の絶対量は増えていますよね?そうなると、日本円の信任が落ちますよね?では、信任を上げるには供給量を減らす訳ですが、一度世に送り出した通貨はどうやって回収しているのですか?正に物理的に細々と長い年月をかけて回収しているわけですか?
そう考えると確かに時々昭和38年の10円玉などを見かけるので辻褄が合いますが。回収してそれを再利用して新しい通貨を造幣しているのですか?
古いお金と新しいお金の循環がどうなっているのか知りたいです。

質問ばかりで申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>本当に物理的に外貨が日本国に入ってくる訳ではないのですよね?(日本円が海外に逃げるなども同様です)空想の市場があって、原理的に外貨云々という話ですか?

実際に入ってくる場合もあるし、データ上の数字が積み上がる場合もある
それは、貴方の身の回りでも同じではないのか?
現金で給与を貰う場合もあれば、単なる銀行口座上の数字が増えるだけの場合もある
口座の残高が増えたことを、空想世界とは言わないでしょ? <-現金化の裏付けがあるから
外貨の世界だって同じ、数字だけであってもその数字に信用や裏付けがあれば現金と同等に扱うことが可能

>日本円(お金)を刷っていますが、この時通貨の絶対量は増えていますよね?
現実的に供給量の調整を行っているけど
同時に古くなった紙幣を回収している分の補充としての意味もある
紙幣を刷った分だけ自動的に増加している訳では無い

>世に送り出した通貨はどうやって回収しているのですか?
市中の銀行に入金された紙幣は、一定量以上は支店内に残さないで全て銀行毎に収集する
それをまた、日銀の支店に集める
で、その中で劣化した紙幣などは廃棄処分されその分を新券で補充する

紙幣の場合は再利用できません、小間微塵に裁断して廃棄されます
貨幣の場合は、金属として再利用は可能

>本当に物理的に外貨が日本国に入ってくる訳ではないのですよね?(日本円が海外に逃げるなども同様です)空想の市場があって、原理的に外貨云々という話ですか?

実際に入ってくる場合もあるし、データ上の数字が積み上がる場合もある
それは、貴方の身の回りでも同じではないのか?
現金で給与を貰う場合もあれば、単なる銀行口座上の数字が増えるだけの場合もある
口座の残高が増えたことを、空想世界とは言わないでしょ? <-現金化の裏付けがあるから
外貨の世界だって同じ、数字だけであってもその数...続きを読む

Q手前を変えるって?

よく直線を向くときに手前を変えるって言うじゃないですか、それって何ですか?
それと、その時の変えさせる方法ってあるんですかね?

Aベストアンサー

●手前を変えるとは
馬の駆歩は、半身に構えた肢勢で、左肢に比べ右肢が前に出た肢勢と、その逆の肢勢があります。前者を「右手前」の駆歩、後者を「左手前」の駆歩と呼んでいます。
右手前の襲歩では、次のようにして1完歩が完成です。
1.左前肢 
2.右前肢を上げこれを前方に送る。
3.右前肢を地面に着け、左後肢で地面を蹴る。
4.前方に伸ばした前肢を軸にして、体を支えながら前方へ送る。
5.四本の肢を宙に浮かし、後肢を前に運んで着地の態勢を整える。
6.左後肢を地面に着け、体を前へ送りながら、右後肢を地面に着ける。
馬は元々左利きで左手前の駆歩が得意だそうです。しかし、左前肢だけで走る癖をつけると、そっちにばかり負担がかかり、故障も起こり易いし、疲れて伸びがなくなります。適当に手前を変えることの出来る馬は、ラストで二の脚を繰り出します。テイエムオペラオーなどは、最後の直線で手前を変えるのがうまいそうです。また、コーナーを回るには、右回りなら右手前、左回りなら左手前で走らないと無理があるので、必ず調教されるもののようです。

●手前を変える方法
例は乗馬の場合で、右手前から左手前に変える方法ですが。
適切なタイミングで、扶助を与える、という方法になるるかと思います。
どういうことかというと、手前を変える最初の段階では馬は重心を僅かに右から左に移すそうです。なのでタイミングを見て、騎乗者が右足で馬を押して扶助してあげる方法がとられると思われます。
なお、手綱は左の手綱を十分譲って、右手綱を控えながら、押し手で馬の肩をちょっと押してあげるようです。

500kgの重さのものが、時速60kmの速さで前進しながら微妙に重心を移すわけですから、ちょっとしたズレから大きな故障が発生しやすくなるのではないでしょうか。サイレンススズカも、勝負どころで手前を変える時に故障が発生したものと思われます。

参考URL:http://dion.keibado.ne.jp/keibabook/000612/esc.html

●手前を変えるとは
馬の駆歩は、半身に構えた肢勢で、左肢に比べ右肢が前に出た肢勢と、その逆の肢勢があります。前者を「右手前」の駆歩、後者を「左手前」の駆歩と呼んでいます。
右手前の襲歩では、次のようにして1完歩が完成です。
1.左前肢 
2.右前肢を上げこれを前方に送る。
3.右前肢を地面に着け、左後肢で地面を蹴る。
4.前方に伸ばした前肢を軸にして、体を支えながら前方へ送る。
5.四本の肢を宙に浮かし、後肢を前に運んで着地の態勢を整える。
6.左後肢を地面に着け、体を前へ...続きを読む

Qベトナムは「社会主義」の国なんでしょうか?

資本主義の国、アメリカとベトナム戦争を戦ったベトナムですが、
当時は、ソ連や中国は、社会主義の国としてベトナムを支援して
ました。(かどうか詳しくは知りません。)

ソ連がなくなり、中国も経済的には資本主義を目指そうという今、
ベトナムはどうなっているんでしょう?
経済的には、社会主義を目指しているんでしょうか?

Aベストアンサー

以下の参考URLが参考になりますでしょうか?
「外務省:ヴィエトナム社会主義共和国」
●http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/vietnam/

「ドイモイ政策」は有名ですね?

ご参考まで。

参考URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/vietnam/data.html

Q「初め」か「始め」どちら?

「社長さまをはじめとする職員の皆様には・・・」

この文章のなかの「はじめ」を漢字にすると
「初め」でしょうか?「始め」でしょうか?

Aベストアンサー

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多くの中で、主となるもの。また、先に立つもの。「校長を―、教師全員」「米を―として食品の多くが」」
  …
「◆ふつう345は「初め」と書くとあります。つまり、5の文例は「初め」を慣用とするとしているようです。

岩波国語辞典では、
「はじめ【始め・初め】」としているだけで、特にどちらを(が)用いる・用いられるかは明確にしていません。ただし、副詞に限っては「初め」としています。

新明解国語辞典
「はじめ【初め】」として、末尾に「「始め」とも書く」としています。

Windows付属のIMEでは、
始め: [一般的][物事に関して][動詞的]
初め: [時間に関して][副詞的]
としています。

IMEだけは、はっきりと「校長を始めとして」と用例をあげています。しかし根拠は ? です。

漢字の由来としては、
「始」は「終わり」に対する「始め」の意味だけです。
[始皇帝、終始、始終、始末、始めは処女のごとく後には脱兎のごとく]
ま、大辞林のとおりですね。

IME他、時間的な始まりと物事の始まり、という分け方をしているものを時々みかけますが、どうでしょうか。
「並んでいる一番目」「第一の」というようにとらえれば「初め」になるようです。初恋、初陣、初夜などは時間とばかりはいえないでしょう。

少なくとも、「社長をはじめ、職員の…」であれば「はじめ」は動詞・連用形と考えられるので「始め」になります。
しかし、「社長をはじめとする職員の…」となると「ははじめ」は名詞ですから、やはり ? です。

歯切れのいい回答にならず申しわけありません。

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多く...続きを読む

Qアフリカは、なぜ、貧困なのか・・・

アフリカでは、今も病気で死ぬ人や食べられない人が大勢います。そもそも何でアフリカの地域は、貧困が多いのでしょうか?ダイヤなどの資源がとれるので、貧困にならないような気がするのですが・・・民族に対する差別的な意見(なまけものだから・・・)などじゃくて。。。ちゃんとした理由がわかる人がいればご指導ください。また、どうすれば、経済というのは発展するのでしょうか?解決策も教えてください。

Aベストアンサー

当然の疑問だと思います。
アフリカはあなたのおっしゃるようにダイヤや石油・希少鉱物など天然地下資源も豊富で、しかも農作物も実は生産量は高いです。
ではどうして今の状況にあるかと言えば世界の近代史を知る事で見えてきます。

アフリカはナイル川流域のエジプト文明に代表されるように、古代から文明の栄えた地でもあります。数々の王国が栄え、ローマ帝国やイスラム帝国、オスマン帝国との興亡もありました。
しかしアフリカの人は豊かに暮らしていました。これは北米や南米・オーストラリアの原住民も同じです。
そして白人が来ます。時は大航海時代です。アフリカ人は捕らえられ、船積みされ世界中に奴隷として売り飛ばされました。南米・北米・オーストラリアの人は虐殺され土地を奪われました。北米のインディアンなどがそうですね。「最後のタスマニア人のトルガニーニ」のように絶滅した民族もあります。

もともと原住民には土地の所有と言う概念はなく、みんなのものと言う意識でした。しかし白人の持ち込んだ価値観により、土地は一部の白人の所有となります。アフリカは植民地となり、白人は農園を開き、現地の人間を労働力として安く使い、生産された利益はすべて白人、つまり欧米諸国に吸い取られました。ここで社会の構造が現地の人を安い労働力としてのみ固定してしまいます。
アフリカと言うとサバンナのイメージがあると思いますが、農業生産も盛んで地下資源の輸出が増えた現代でも、アフリカの輸出品の55%は農産物です。
~~~余談になりますが、地球の人口爆発の原因の最も大きいのはアフリカです。この原因は一人あたまの収入が少なく、また収入の大きな職につけない事で、子供を増やす事が収入を増やす事につながるからです。つまり子供イコール労働力です。一人あたまの収入は少なくても、人数で補おうとする考えです。また貧困の為に乳幼児の生存率が低く、その為また人数を生もうとします。生存率が低いのに一人っ子では、その子が死んでしまえばそれまでだからです。悪い循環になっています。
逆に先進国では一人頭の収入は多いが、子供がいる事で支出が増える為に少子化になっています。
アフリカの人口爆発の原因を教育が遅れているせいだとする人がいますが、それは違います。なぜなら白人が来る前の原住民のあいだでは、人口爆発はなかったからです。白人が作った経済格差と社会構造が人口爆発の原因です。~~~

20世紀に入り植民地支配の時代は終わります。数々の国が独立します。しかし今度は植民地ではないが、欧米諸国の経済支配となります。相変わらず農産物は欧米の多国籍企業がその利益を吸い取ります。
そしてつい最近、ここ数十年で豊富な地下資源が発見されます。独立したアフリカの国は「何とか自国での採掘をしたい」と思います。しかし悲しい事にその為の「資金」も「技術」もありません。欧米にその為の援助・協力を要請しても、絶対にそんな事の為には援助はしません。またすでに欧米に多額の借金もあります。結局はわずかなお金と引き換えに、欧米の多国籍企業にその採掘権を売り渡します。そのせいで、アフリカからどんなに資源が出ても、その利益は欧米に吸い取られ、アフリカは借金が減るどころか増えているのが現状です。事実、アフリカの石油はほとんどがアメリカの企業が持っています。
そして国内に問題も多く、政治的にも不安定で汚職や犯罪・貧困などもはびこっています。それを何とかしたくても、どうにも出来ない・なかなか改革は進展しないというのが現状です。またアメリカにとっても、その状態が都合がいいという事もあります。常に経済的優位に立て、利益を確保できるからです。これはアフリカに限らず、中東のゴタゴタにも多分にアメリカの石油戦略が絡んでいます。イラクの問題もそうですね。イラン・イラク戦争の時、フセインに武器援助をし軍事専門家を派遣し、あそこまで軍事国家に育てたのはアメリカですし、今のアメリカ政府のトップはブッシュ大統領を含めほとんどが石油企業を持っています。ブッシュ大統領の親族企業はビンラディンの兄との共同出資で作った石油企業を持っているのは有名な話ですw。
これが政治というものです。

21世紀でアフリカの貧困はもっとも大きな問題の一つです。これを解決して行くには、欧米・アフリカなどの当事者ではなく、アジアの、特に発展している日本の役割は非常に大きいです。しかしご存知のように、日本はアメリカ追従の姿勢で、アフリカどころかアジアの中でまだゴタゴタをしている国です。「経済は一流、外交は三流」などと揶揄される所以です。最近は経済も二流ですがw。アジアの中で未だに近隣諸国の感情も理解できず、逆なでしているのみの情けない外交です。これはアメリカにとってもそのほうが都合がいいので、なかなかアジアとしてまとまる事ができません。アメリカは中国と日本が接近するのは非常に都合が悪いですし、アジアに共同経済圏・巨大連合体が出来るのは自らの利益を損なう事になります。政治的には反目しあってくれてるくらいがちょうどいいです。

ネットの中でもここを見ていても、中国・韓国の話題がでると非常に感情的な誹謗・中傷や、不毛な議論を始める人が多々います。情けない事です。
もっと歴史を知り、欧米や日本が何をしてきたかを知り、変な思想には惑わされずに事実は事実として受け止め、その上で世界に対して日本が何を出来るかを真剣に考えられる政治家が出てくる事を望みます。
21世紀、日本が中心になってアフリカの問題を良い方向に進められれば、これはすばらしい事ですね。

当然の疑問だと思います。
アフリカはあなたのおっしゃるようにダイヤや石油・希少鉱物など天然地下資源も豊富で、しかも農作物も実は生産量は高いです。
ではどうして今の状況にあるかと言えば世界の近代史を知る事で見えてきます。

アフリカはナイル川流域のエジプト文明に代表されるように、古代から文明の栄えた地でもあります。数々の王国が栄え、ローマ帝国やイスラム帝国、オスマン帝国との興亡もありました。
しかしアフリカの人は豊かに暮らしていました。これは北米や南米・オーストラリアの原住...続きを読む


人気Q&Aランキング