ここのページをいろいろ見させていただいて、まだ少しわからないことがあるので、こういう状況の時はどうなのか、ぜひ、意見を聞かせてください。
今、会社を辞めて失業保険を受けようかと思っています。会社を辞める理由は仕事がなくお給料が払えないといわれ、給料を今までの固定制ではなく仕事が入ったときに払うフリー制にして欲しいといわれたからです。家賃などもありますし、いつ入るかわからないお金をあてにするより、やめてほかの会社を探そうと思ったのです。
そこで質問なのですが、ほかの会社を探しながら失業保険をもらい、結局他の会社に就職できず、フリーで前にいた会社の仕事を受ける事ってできますか?失業保険をもらったら、もう前の会社の仕事は就職でなく、バイトという形でも、できないのですか?
なにか法的に問題があるようでしたら、教えてください。もし、就職先が見つからない場合、フリーでいろんなところの仕事を受けたいと思っていて、もしも前の会社から依頼があったときに問題があるのでしたら、断らないとならないので・・・。
ぜひ、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

失業保険の給付期間中のアルバイトのついてですが、結論としてはやっていけない事ではありません。

まず失業保険の支給は月々いくらではなくて一日いくら(基本手当て日額)の一ヶ月間の合計を支給する形です。そして支給期間中は月に一回職安に行って失業認定申告書という書類を提出します。その書類に当該月の転職活動状況を記入するのですが、その中でアルバイトをした日にちを正しく報告すれば問題はありません。アルバイトをしたのが1日だけならその月の基本手当て日額が減る訳で結果的に月の支給額が一日分減って支給されるだけです。
突き詰めて言えば基本手当て日額よりそのアルバイトの日給額が高ければ、収入は多いという事です。もっとも前者は労働していなく後者は労働の対価ですので、考え方は色々ですが。

あとご存知かもしれませんが、退職の理由により失業保険の支給開始日が大きく変わってきます。即ち、自己都合か会社都合かで3ヶ月支給開始が違ってきます。今回のkagariさんの場合は、もしかしたら会社都合として扱われる可能性もあると思いますので職安に電話して聞いてみると良いでしょう。

最後にアルバイトしたとして、職安へのその事実の報告はきちんとしないと後で大変な事になりかねません。うっかり忘れてしまうケースもあるそうですので、その辺気をつけて下さい。

所轄の職安に一度行ってみてはどうでしょうか?
何かと親身に相談にのってくれるはずですよ。
不況で何かと大変ですが転職活動頑張って下さい。
    • good
    • 1

雇用保険の給付を受け終わった後(支給終了)であれば、前の会社に再就職しようがどうしようが、個人の自由ですから、全く問題はありません。


「給付を受け終わったら前の会社に戻る」という約束ができている(いわゆる採用内定をもらっている)状態で、他の会社を探そうとしないのに給付を受けるのであれば不正受給ですが、一生懸命に探したけれども見つからないので、最終的に前の会社に再就職するのは問題ではありません。

ただ、雇用保険受給中は、前の会社であろうと別の会社であろうと、就労した事実があれば、収入の有無に係わらず届出の必要がありますので、その点だけは押さえておいてください。
それから、「フリーでいろんなところの仕事・・」とありますが、雇用保険受給中であれば、自営業に近いものとみなされて、給付が受けれないこともありますので、受給中にフリーで始めるのであれば気をつけてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q60歳以上の方の趣味を教えてください。

こんにちわ。現在、60歳以上の方の趣味を調べています。
そこで60歳以上の方にお聞きしたいのですが、ずばりご趣味はなんですか?
また、年齢、性別も教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の両親のことでもいいですか?

母(64歳)
 ・地域の体育施設に通ってエアロビクスと器械体操  の指導を週一回受けている
 ・独学でパソコンの操作を学習
  ワード・エクセルはモチロンの事
  キーパンチもブラインドタッチが出来るまでマスター 
 ・読書
 ・日帰りバスツアー
 ・季節の花めぐりの旅行
 ・シニア料金での映画鑑賞
 ・ベランダ菜園の手入れ、世話
 ・旅日記の編集(PCで)
 ・デジカメ撮影、アルバム作り
 
父(62歳)
 ・競馬
 ・ガーデニング
 ・銭湯めぐり
 ・自宅の手入れ(日曜大工)
 ・パソコンでゲーム 
 ・日帰り旅行

二人で一緒にしている事も多いんです。
この頃とっても仲良しです。 

Q運送会社の社員ですが、給料は歩合制になっていて、仕事がないときは休まされます。

私は63歳で入社して25年になります。最初の15年は自分のトラックで仕事をし、歩合で給料を貰っていましたが、あとの10年は社員として働いています。先代の社長が高齢で引退して、2代目の社長になってから、全くのワンマン社長になりました。基本的に日曜祭日も関係なく、前もって「○日は用事があるので休みたい。」と言っても、「今のところは大丈夫だけど、仕事があれば出てもらう。」と聞く耳を持ちません。ほとんどが、家に帰る前に翌日の予定を言われます。仕事がないときは休みになりますが、「何かあれば電話する。」と言うので、午前中は待機していて、出かけることもできません。
翌日に配達する荷物を積み込みに行っても、積み込みだけの日はお金は出ません(荷物を配達して初めて配達料が入るので・・・)。
 以前は、家族でよく旅行していましたが、休みの予定が前日にならないと決まらないので、ホテルの予約が出来ず、旅行にも行くことが出来なくなりました。もう、私も歳なので会社を辞めても、次の仕事はないだろうと我慢してきましたが、有給休暇もなく、こんな状態で働いているのは理不尽だという思いが最近強くなってきました。社長に自分の思っていることを言っても、「いやなら辞めてくれ。」と言われるのは、今までの言動から目に見えています。
 私は会社に対してどういうことが出来るのでしょうか。また、どんな準備が必要でしょうか。
どなたかいい考えがありましたらご教授下さい。お願いいたします。

私は63歳で入社して25年になります。最初の15年は自分のトラックで仕事をし、歩合で給料を貰っていましたが、あとの10年は社員として働いています。先代の社長が高齢で引退して、2代目の社長になってから、全くのワンマン社長になりました。基本的に日曜祭日も関係なく、前もって「○日は用事があるので休みたい。」と言っても、「今のところは大丈夫だけど、仕事があれば出てもらう。」と聞く耳を持ちません。ほとんどが、家に帰る前に翌日の予定を言われます。仕事がないときは休みになりますが、「何かあれば電...続きを読む

Aベストアンサー

労働基準法 第2条、第13条~  使用者の、労働者に対する雇用契約の必要性。(当然文書です)

労働基準法 第27条、第28条  出来高払制その他の請負制の賃金の保障。

労働基準法 第36条、第37条  時間外労働と賃金。

労働基準法 第39条  年次有給休暇の付与。

労働基準法に記載されていることで、あなたが不利益をこうむっていると思われる事項の抜出です。
以下に、労働基準法と年次有給休暇の付与についての、厚生労働省関係のURLを記しますので、内容を見られてください。
また、違反事項があれば労働基準監督署へ申し出られても良いと思います。

労働基準法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO049.html#1000000000002000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

有給休暇ハンドブック
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kinrou/dl/040324-17a.pdf

労働基準法 第2条、第13条~  使用者の、労働者に対する雇用契約の必要性。(当然文書です)

労働基準法 第27条、第28条  出来高払制その他の請負制の賃金の保障。

労働基準法 第36条、第37条  時間外労働と賃金。

労働基準法 第39条  年次有給休暇の付与。

労働基準法に記載されていることで、あなたが不利益をこうむっていると思われる事項の抜出です。
以下に、労働基準法と年次有給休暇の付与についての、厚生労働省関係のURLを記しますので、内容を見られてください。
また、違...続きを読む

Q60歳以上の人の年金の手続きについて。

10月から新しい社員を雇用したので、
保険の手続をしなければならないのですが、
年金の手続で疑問が生じたので教えてください。

(1)今月から雇用した社員は60歳以上なのですが、
その場合、年金の加入はどうすればよいのでしょうか?
 「社会保険の事務手続」には、「20歳以上60歳未満の人はすべて国民年金に加入する」とありますが、60歳を越えている場合は年金に加入しなくてもいいのでしょうか?

また、その場合、この方の配偶者の年齢は60歳未満で、まだ年金の第3号被保険者になるとおもわれるのですが、配偶者の方についての事務処理はどうしたらいいのでしょうか?

今まで60歳以上の人を雇ったことがないのでよくわからないのですが・・・
お分かりになる方がいらっしゃったら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

雇用された方が一般社員と変わりない勤務実態である場合か、一般社員の4分の3以上の勤務時間と勤務日数の場合として考えると、70歳未満の場合は厚生年金に加入しなければなりません。
「20歳以上60歳未満の人はすべて国民年金に加入する」という文は、あくまでも国民年金に関するものであり、厚生年金は70歳まで加入することとなっています。
もちろんのことながら、健康保険も社会保険または組合保険の保険証を取得することとなります。

雇用された方が一般社員の4分の3未満の勤務実態である場合は、社会保険に加入する資格に届いていませんので、国民年金と国民健康保険となりますが、前記のとおり60歳以上の方は国民年金には加入しなくてよいこととなっています。


さて、その方の60歳未満の配偶者のことですが、だんなさんが65歳未満で、厚生年金に加入している場合は国民年金の第3号被保険者となります。
この場合は国民年金種別変更届にて、社会保険事務所に届け出ることとなっています。

Q今度会社で出来高制の仕事現場ができました。

今度会社で出来高制の仕事現場ができました。
清掃の仕事で1部屋清掃して500円とかの給与です。
1時間に平均して2部屋程は、多くの人が清掃できると思います。
1日5時間の勤務時間で 5×2×500で5000円程の計算となります。
ところが日によっては清掃する部屋の数がたりず、(つまり清掃する部屋があまりない)時間が余ってしまい帰ってもらう時もあります。

支払う賃金についての質問ですが

 (1)Aさんは能力がなく1時間で1.5室程しか清掃できません。
 東京の最低賃金は800円弱ですから最低賃金にも満たないのですが仮に1時間で帰ってもらったら
 750円だけ払えばよいのでしょうか。
 本にあるように1日の約60%の3000円は保障が必要なのでしょうか。
 そもそも1日の平均といっても能力は人それぞれで、把握が困難でもあります。
 5000円と言ったのは大体の平均です。

 (2)このAさんがともかく4時間働いて6室超清掃を終了したとすると時給で見ますと足りないのですが、
 3000円にはなるのだから追加の保障は不要なのでしょうか。

 (3)Bさんは能力があり2室/h清掃できるのですが、清掃する部屋がなく3時間で帰ってもらうケースも合わ せて教えて下さい。お願いいたします。

今度会社で出来高制の仕事現場ができました。
清掃の仕事で1部屋清掃して500円とかの給与です。
1時間に平均して2部屋程は、多くの人が清掃できると思います。
1日5時間の勤務時間で 5×2×500で5000円程の計算となります。
ところが日によっては清掃する部屋の数がたりず、(つまり清掃する部屋があまりない)時間が余ってしまい帰ってもらう時もあります。

支払う賃金についての質問ですが

 (1)Aさんは能力がなく1時間で1.5室程しか清掃できません。
 東京の最低賃金は800円弱ですから最低賃金にも満たないの...続きを読む

Aベストアンサー

出来高制でもらった給料を、実働時間で割って、最低自給を下回っていたら
労働基準法に違反しています。
働いた時間×最低時給 は絶対にもらえると法で保護されると考えてください。
(会社がブラックで支払いを拒むことはありますが・・・)

また契約が1日5時間と決まっているなら
5時間に満たない日には休業補償を請求できる余地はあります。

Q国内どこでも60歳以上が資産6割保有していますか?

国内の金融資産の約6割を、
60歳以上の方が所有していると
聞いたことがあります。

近所(都内)では、団地などで細々と暮らしているご年輩の方が多いです。
ということは、ご年輩の方々の中でも相当な格差があるということでしょうか?

確かに東京の港区(平均所得が23区平均の2約倍)に住んでいる高齢者と、
足立区に住んでいる高齢者では結構な格差があるとは思います。

ただ、足立区に住んでいる高齢者でも、基本的には6割の金融資産を、
60歳以上の方が所有しているという日本の統計に近くなる訳ですよね?

ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

間違って理解されているようですね。

計算が面倒なので、この国の人口を100人、60歳以上の方を20人
国民の総資産を1億円とします。この状態でもし仮に、Aさんが
総資産6000万円で、Aさんの年齢が60歳以上だとすると

「国内の金融資産の約6割を60歳以上の方が所有している」

こういうことになりますが、当然のことながら、残りの60歳以上である
19人の資産が仮にゼロでも、「」内の結論は変わりません。

60歳以上の方の資産が多いんじゃないんです。
資産の多い人は60歳以上である可能性が高い、ってだけです。

Q給料の天引きについて。当方、運送業に勤めております。1、約7年前より給料の5%。2、仕事上で

給料の天引きについて。

当方、運送業に勤めております。
1、約7年前より給料の5%。
2、仕事上で破損したものの賠償金。

これらふたつのお金が給料より天引きされており悩んでいます。

1につきましては私が入社する以前に定められたものであり、私は一切説明を受けております。

2につきましては金額は約30万円。
積込場所のシャッター入り口の天井部外壁の破損によるものです。
積込場所が狭く低く10トンのウイング車ですがエアサスを下げなければ入れないくらい天井が低いです。
積込が終わり出る際にいすゞ車ですとエンジンをかけると自動でエアサスが通常車高に戻ります。その際に当たって破損という状況です。

1と2ともになんの説明も受けずに給料より天引きされております。
2に関しましては行く際に現場状況の説明もなく、またこの会社が運送業として初めて入った会社でして、いすゞのエアサスの仕様についても知りませんでした。
この仕事以前にふそうの大型には乗っていましたがエアサスの仕様が違います。

1、2ともに天引きについては法的には問題はないものなのでしょうか。
また2の事例で会社に現場の説明や車の仕様についての説明責任というものはないのでしょうか。

よろしくお願い致します。

給料の天引きについて。

当方、運送業に勤めております。
1、約7年前より給料の5%。
2、仕事上で破損したものの賠償金。

これらふたつのお金が給料より天引きされており悩んでいます。

1につきましては私が入社する以前に定められたものであり、私は一切説明を受けております。

2につきましては金額は約30万円。
積込場所のシャッター入り口の天井部外壁の破損によるものです。
積込場所が狭く低く10トンのウイング車ですがエアサスを下げなければ入れないくらい天井が低いです。
積込が終わり出...続きを読む

Aベストアンサー

労働基準法第24条に5つの規則が定められています。
通貨で支払うこと、直接支払うこと、全額支払うこと、毎月1回以上支払うこと、一定の期日で支払うこと。
今回は「全額支払う事」に該当し、仕事上生じた損害賠償を給料から天引きすることは違法となります。これに違反すると会社側に30万円以下の罰金が科せられます。
給料から天引き出来るのは、法律で決まっている税金や保険料だけです。他は天引きできません。ただし労働組合と協定を結んでいる場合や、本人が了承していれば天引きも可能では有ります。
基本的に労働に対する対価(給料)は全額支払った上で、損害については別個に会社側と相談のうえ割合を決めて支払う事となります。
全額支払うと言うことは普通では有り得ません。
一般的には、過失のない労働者が注意を払う中で起きた損害は会社が負うべき事業上のリスクで、社員に支払わせるのは不当だと思われます。
労働基準監督署でも良いですし、弁護士や法律事務所などに相談してはどうでしょうか。
他にも労働相談センター
http://www.zenroren.gr.jp/jp/soudan/

アディーレ法律事務所 何度でも無料となっています。
http://www.adire-roudou.jp/

労働基準法第24条に5つの規則が定められています。
通貨で支払うこと、直接支払うこと、全額支払うこと、毎月1回以上支払うこと、一定の期日で支払うこと。
今回は「全額支払う事」に該当し、仕事上生じた損害賠償を給料から天引きすることは違法となります。これに違反すると会社側に30万円以下の罰金が科せられます。
給料から天引き出来るのは、法律で決まっている税金や保険料だけです。他は天引きできません。ただし労働組合と協定を結んでいる場合や、本人が了承していれば天引きも可能では有ります。...続きを読む

Q60歳以上の人が入れる保険

60歳以上の健康な人が入れる死亡、(入院)保険はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

60代の方なら、健康状態に問題がなければ、ほとんどの保険商品に加入可能です。

ただし、保険料の設定は年齢・性別により行われますので、(保険期間をいつまで設定するかによりますが)それ相応の保険料負担が発生することだけは覚悟しなければなりません。

Q困っています。派遣会社から紹介された仕事が実際仕事契約がその会社となかったとのこと

私はある派遣会社に登録をしていて。去年2月から一年以上別の仕事をしていました。3月31日で終了。また新たな仕事を紹介されました。契約内容は4月6日から5月31日まで。でもおかしなことにその新たな仕事ことあるごとにドタキャンを担当者からされていておかしいなぁと思いつつ私達は契約をかわしているので、辞めることもできず。担当者にお給料は大丈夫なんですか?と聞くと給料だけは大丈夫という返答がいつもきていたので。なんだかすっきりしないまま仕事を待ちつづけていて今日に至るんですけど。先週その派遣会社の社長から呼び出しがあり内容としては今回の仕事は担当者が作った嘘の契約で、結果給料が払えないという内容でした。挙句のはて社長は私たちを詐欺よばわり。担当者とぐるになってタイムシートを書いたとすごい言われようで
こちらとしてみたら 担当者から呼び出されタイムシートも担当者付き添いのもとでこのように書いて下さいと言われて書きました。とにかく社長は私たちを詐欺よばわりで 念書を書かないと刑事告訴すると脅されました。念書の内容もすごい内容でハンコを押すなんてとんでもない内容で 出しませんでした。私は6月から留学をする予定で その為に資金が欲しくて契約した仕事だったのに 社長は一銭も出さないと言うし。。。普通は契約書は会社と結んであるから 社長は部下が詐欺行為を働いた場合給料は保証しますよね!?
私はあと2週間しか時間がなく。やはり行政指導してもらっても派遣会社が応じなければお金は頂くことはできないんでしょうか?何かいい方法はないかなぁと思い 質問させていただきました。今回私を含め17人も被害にあっています。4月からの契約私と同じ状況の人は4人です。1人暮らしをしていて生活費がないと生活も厳しい若い子もいます。何かいいアドバイスあったら是非教えて頂きたいです。

私はある派遣会社に登録をしていて。去年2月から一年以上別の仕事をしていました。3月31日で終了。また新たな仕事を紹介されました。契約内容は4月6日から5月31日まで。でもおかしなことにその新たな仕事ことあるごとにドタキャンを担当者からされていておかしいなぁと思いつつ私達は契約をかわしているので、辞めることもできず。担当者にお給料は大丈夫なんですか?と聞くと給料だけは大丈夫という返答がいつもきていたので。なんだかすっきりしないまま仕事を待ちつづけていて今日に至るんですけど。...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。とても酷い内容で、少々驚いてしまいました。
あなたに全く過失はありません。派遣会社側が隠蔽しようと必死なだけです。書面にハンコを押さなかったのは正解ですね。

この内容ですと、行政指導、行政からのあっせんだと相手が応じない&お給料が出ないかと思われます。
法的に争うとなるとお金もかかるでしょう。相談者様は留学予定とのことですので、時間的にも厳しいでしょう。(他の、お金に困っている方も厳しいでしょう)
一番手っ取り早いと思われるのが、騙された派遣社員の方々で労働組合を作ることです。もし、作り方や交渉の仕方が分からない場合は、外部にも「派遣社員でも入れる労働組合」があります。一度、相談なさってみてはどうでしょうか?
「団体交渉」という交渉を申し込んで、直接交渉してみてください。労組も、どこでもいいというわけではなく、一番対応がよかったところ、十分な知識や経験があるところを探してみてください。

もちろん、他の回答者様が回答されているように、労基署から告発してもらってもいいですし、ハードルが高いですが、法的に訴えてみることも出来るかと思います。(証拠が必要ですが・・・)

留学のためにも、頑張ってくださいね。

こんにちは。とても酷い内容で、少々驚いてしまいました。
あなたに全く過失はありません。派遣会社側が隠蔽しようと必死なだけです。書面にハンコを押さなかったのは正解ですね。

この内容ですと、行政指導、行政からのあっせんだと相手が応じない&お給料が出ないかと思われます。
法的に争うとなるとお金もかかるでしょう。相談者様は留学予定とのことですので、時間的にも厳しいでしょう。(他の、お金に困っている方も厳しいでしょう)
一番手っ取り早いと思われるのが、騙された派遣社員の方々で労働...続きを読む

Q60歳以上のアルバイト

60歳以上でアルバイト探しています。神奈川県相模原市ですどこが探しやすいですか

Aベストアンサー

65歳までならアルバイト・パート探しは容易だと思います。
スーパーや外食産業なら大体人手不足で困っているようです。
コンビニもそうですが、オーナーの気持ちひとつで、年齢制限はないものの
若い人を採ろうとする傾向が強いです。(老人は扱いにくいと思われているかもしれません)
と言いましたが、そこで同年齢の方が働いているなら問題ないと思いますが。

Q退職を迫られ、会社都合退職を考えていますが失業保険を即受け取ることができそうにありません

都内の技術者派遣型某IT企業に2年半ほど勤めております。

部長から先日、「進退を考えて欲しい」と伝えられ
会社都合退職を考えていますが、懲戒解雇の可能性がアリ
失業保険を即日受け取れないかもしれないのですが
懲戒解雇を免れる、ないし
免れなかった場合に少しでも多く失業保険を受け取る方法があれば教えてください

---詳細は以下の通りです---
技術者派遣型のIT企業なのですが、新規案件がさっぱり取れず
待機メンバーが全社員の25%くらいになってしまっています。

そこで、前回の客先でクレームをもらってしまい
売り込みが難しいので「進退を考えて欲しい」と先日部長から告げられました。
自主退職しても、失業保険はもらえないし
「今のところ自分から辞める気はない」と伝えたところ
「それなら直接社長と話をすることもできる」と言われたので
(思えばここで猶予をもらえるよう交渉すべきだったとは思っています・・・。)
そのまま社長に直接話しを持っていき
ここで改めて「進退を考えて欲しい」と伝えられました。
また「辞める場合は自主退職か、客先からのクレームという過失がある以上、
就業規則に則って懲戒になる可能性がある。前者なら自分から辞めたので、
経歴に傷はつかないし一ヶ月分の給料は保証するからその間に就職活動もできる。
後者であれば残り一ヶ月分の給料は満額出せないし、経歴にも傷がつく」
と、ここで伝えられました。

ちなみにこの時点で書面はいただいてません。
(ハロワの職員の方に聞いたところ書面でいただいてなくても
直接事業主から話があった場合は30日以内の解雇通告をしたことになってしまうようです。)


その後、猶予をもらったので色々調べたのですが
・失業手当をすぐにもらえる、かつ会社の助成金受給に影響する
会社都合退職、通常解雇、整理解雇

・失業手当の支給が三ヵ月後、かつ会社の助成金受給に影響しない
自主退職、懲戒解雇

と、なっていることがわかりました。

今回はクレームという過失があることから懲戒になる可能性が高く
その場合、すぐに失業保険がでません。

また、会社は助成金を受け取っているのですが
解雇者を出していると助成金の受け取りに影響が出るので
私を会社都合ないし、普通解雇にするメリットがありません。
(自分が仕事でミスをしたのももちろん、クレームという十分な裏づけもあります)

待機メンバーが多くいる現状、会社が社員に十分な仕事を与えられていないのもまた事実ですし
普通解雇等どうにか失業保険をもらえる辞め方にできないか
交渉するなり手をつくしてはみるつもりですが
懲戒解雇を免れる方法
また、もし懲戒解雇になってしまった場合に備えて
少しでも早く、多く失業保険をいただく方法があれば教えてください。
お願いします。

都内の技術者派遣型某IT企業に2年半ほど勤めております。

部長から先日、「進退を考えて欲しい」と伝えられ
会社都合退職を考えていますが、懲戒解雇の可能性がアリ
失業保険を即日受け取れないかもしれないのですが
懲戒解雇を免れる、ないし
免れなかった場合に少しでも多く失業保険を受け取る方法があれば教えてください

---詳細は以下の通りです---
技術者派遣型のIT企業なのですが、新規案件がさっぱり取れず
待機メンバーが全社員の25%くらいになってしまっています。

そこで、前回の客先で...続きを読む

Aベストアンサー

参考にWIKIPEDIAの「懲戒解雇」をご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%87%B2%E6%88%92%E8%A7%A3%E9%9B%87
いわく
「懲戒解雇の理由としては、長期の無断欠勤、会社の金品の横領、職務・会計上での不正、重大な過失による業務の妨害、重大な犯罪行為などが多い。」「使用者が懲戒を適正に行なうためには、就業規則に、その理由となる事由とこれに対する懲戒の種類・程度が明記されて、さらに、当該就業規則が周知されている必要がある。」

このように普通「懲戒解雇」といったら、会社の金を横領する「業務上横領」とか、会社に重大な損害を与えた場合(たとえば、銀行員が担保を取らずに大金を貸し付けして焦げ付かせてしまったとか)の場合に限られます。
質問者様の場合の「客先でクレームをもらってしまい」という程度のこと(会社に実質的な損害を与えていない)で懲戒解雇というのは「解雇権の濫用」といって許されることではありません。
「解雇権の濫用」↓
「解雇権濫用法理とは、昭和50年4月25日の最高裁判決(日本食塩製造事件)において示されたものです。この判決では、「使用者の解雇権の行使も、それが客観的に合理的な理由を欠き社会通念上相当として是認することができない場合には、権利の濫用として無効になると解するのが相当である。」と判示されています。
それを受け、労基法18条の2には、「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。」との規定が設けられ、明文化されています。」
http://www.e-roudou.net/kaiko.htm

もし、懲戒解雇を言われそうだったら、この点を主張して、場合によっては労働監督署に訴える、と脅かしましょう。監督署に持ち込まれたり、裁判ざたになったりと「労使紛争」となれば補助金を受けている会社としてはかなりデメリットですから、考え直す可能性があります。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/location.html
>また、もし懲戒解雇になってしまった場合。
そのときはハローワークで離職理由につき詳しく判断し直してもらえるよう訴えましょう。
そのためには、集められる証拠をなるべく沢山集めてください。特にあなたが受けたクレームについて、会社に損害を与えるような重大クレームなのか、そうでないかが問題になると思います。

参考にWIKIPEDIAの「懲戒解雇」をご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%87%B2%E6%88%92%E8%A7%A3%E9%9B%87
いわく
「懲戒解雇の理由としては、長期の無断欠勤、会社の金品の横領、職務・会計上での不正、重大な過失による業務の妨害、重大な犯罪行為などが多い。」「使用者が懲戒を適正に行なうためには、就業規則に、その理由となる事由とこれに対する懲戒の種類・程度が明記されて、さらに、当該就業規則が周知されている必要がある。」

このように普通「懲戒解雇」といったら、会社の金を横...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング