最新閲覧日:

子宮体ガンの手術をひかえている39才です。
ステージ2の頚部にまで広がる段階ですが、おそらく筋肉に1/2まで達していないので、卵巣は残せるかもとの診断ですが、私は転移が怖いので卵巣まで取ってしまいたいのです。 
もちろん、手術中に子宮を調べて卵巣を取らざるを得ない場合は取りますとのことですが、多分私の年齢を考えて卵巣を残したほうがいいとではと考えてくださっているのでしょう。
医師は、転移の恐怖に怯える毎日がいやなら、ホルモンの補充を10年くらいすればいいのでと言われますが、私はそれも新たな乳ガンの不安材料のようで怖いです。
卵巣を取ると現れる更年期の症状は、ホルモンの補充なしではのりきれないほど大変なものなのでしょうか?
どなたか同じ経験をされた方いらっしゃいませんでしょうか?
それとも、ホルモンの補充はガンの心配なく10年も受けられるものでしょうか?
ガンを考えたら、ホルモンの補充はするべきではないのでしょうか?
それなら、医師の診断どおり、転移の不安はあっても私の年齢では卵巣を残せるものなら残しておいたほうがいいのでしょうか?
どなたかお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (1件)

私の義母は、3年ほど前に子宮ガンの手術を受け、子宮の摘出をしました。


今では、ガンの再発もなく、普通に生活をしています。
現在義母は48歳ですが、子宮を取ってしまったという事で
早くも「更年期障害」には悩まされているようです。
めまいがしたり、体がだるかったりと、そのときによって症状は
異なるようですが。

きっと医者の立場からすると、嫌な言い方ですが「開腹してみないと判らない」
と言うのが正直なところだと思います。
私もつい先日流産で手術を受けたのですが、子宮外妊娠の疑いもあるとのことで
「もしホルモン値が術後に下がらなければおなかを開けて見なければいけない」
と言われました。
やはり、ハイテクが進んでも自分の肉眼で見てみない限り
判らないことも多いのだと思います。
手術をして、実際に見てみて、
転移の可能性があると判断すれば残念ながら摘出という事になると思います。
でも、その可能性がないのならやはり取ることはしないでしょう。
ホルモンバランスが崩れるからです。
義母は特にホルモンを打ったりはしていないようですし、卵巣は残っているのですが、かなり更年期障害は大変そうです。

ホルモンの補充などのことは分からないので、こんなことしか
アドバイスできませんが、申し訳ありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ