子宮体ガンの手術をひかえている39才です。
ステージ2の頚部にまで広がる段階ですが、おそらく筋肉に1/2まで達していないので、卵巣は残せるかもとの診断ですが、私は転移が怖いので卵巣まで取ってしまいたいのです。 
もちろん、手術中に子宮を調べて卵巣を取らざるを得ない場合は取りますとのことですが、多分私の年齢を考えて卵巣を残したほうがいいとではと考えてくださっているのでしょう。
医師は、転移の恐怖に怯える毎日がいやなら、ホルモンの補充を10年くらいすればいいのでと言われますが、私はそれも新たな乳ガンの不安材料のようで怖いです。
卵巣を取ると現れる更年期の症状は、ホルモンの補充なしではのりきれないほど大変なものなのでしょうか?
どなたか同じ経験をされた方いらっしゃいませんでしょうか?
それとも、ホルモンの補充はガンの心配なく10年も受けられるものでしょうか?
ガンを考えたら、ホルモンの補充はするべきではないのでしょうか?
それなら、医師の診断どおり、転移の不安はあっても私の年齢では卵巣を残せるものなら残しておいたほうがいいのでしょうか?
どなたかお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私の義母は、3年ほど前に子宮ガンの手術を受け、子宮の摘出をしました。


今では、ガンの再発もなく、普通に生活をしています。
現在義母は48歳ですが、子宮を取ってしまったという事で
早くも「更年期障害」には悩まされているようです。
めまいがしたり、体がだるかったりと、そのときによって症状は
異なるようですが。

きっと医者の立場からすると、嫌な言い方ですが「開腹してみないと判らない」
と言うのが正直なところだと思います。
私もつい先日流産で手術を受けたのですが、子宮外妊娠の疑いもあるとのことで
「もしホルモン値が術後に下がらなければおなかを開けて見なければいけない」
と言われました。
やはり、ハイテクが進んでも自分の肉眼で見てみない限り
判らないことも多いのだと思います。
手術をして、実際に見てみて、
転移の可能性があると判断すれば残念ながら摘出という事になると思います。
でも、その可能性がないのならやはり取ることはしないでしょう。
ホルモンバランスが崩れるからです。
義母は特にホルモンを打ったりはしていないようですし、卵巣は残っているのですが、かなり更年期障害は大変そうです。

ホルモンの補充などのことは分からないので、こんなことしか
アドバイスできませんが、申し訳ありません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卵巣を摘出するとどんな症状がでますか?

卵巣を摘出するとどんな症状がでますか?
30代後半独身ですが子宮内膜症で両側卵巣と子宮摘出をします。
卵巣を摘出したらホットフラッシュなどの症状が出るようですが、
髪の毛が薄くなったり肌にしわができたりといった一般に本などには書かれていない症状も
でるんじゃないかと心配です。
具体的にどのような症状がでるのか教えてください。

Aベストアンサー

私も子宮筋腫で40歳の時子宮全摘手術を受けました。
その時医者は夫に卵巣も摘出しておきましょうと云ったそうですが、
夫は卵巣が悪くないなら残してやってくださいといってくれたので、
残っています。子宮を取ったから生理はなくなりましたが、その他は全然異常なしで、
女として十分満足できる人生を送ってきました。
卵巣ホルモンは女性にとって大切なものだと思います。
それがなかったらどうなったかは分かりませんが、
今の私は自分の事で云いずらいですが、
10歳以上は若く見られています。

Q義父(79歳)に肺ガンが見つかりました。 腫瘍は11、5センチ転移はなしだそうです。 医師は取った細

義父(79歳)に肺ガンが見つかりました。
腫瘍は11、5センチ転移はなしだそうです。
医師は取った細胞を調べ今後の治療(抗がん剤、治療放射線など)を決めると仰っていました。
腫瘍が大きいため手術は出来ないそうです。
完治はしないと分かっていますが、治療をして
余命はどの位なんでしょうか?
高齢なので心配です。

Aベストアンサー

肺がんですか、私も70歳ですが昨年の春の肺がんが見つかり手術をして右上葉を切除しました。11.5cmとの大きさなら抗がん剤+放射線の治療が標準になります、転移が無いのであれば医師が言う治療で癌細胞が小さくなれば手術が出来るかもね?当然年齢とか肺機能とか心臓とかの検査をして問題がない場合ですがね、もし先進医療が付いた医療保険に加入していれば陽電子治療とかも有りますが、この治療機器が導入されている病院が未だ少ないです。今細胞を採取して癌の種類(非細胞がんとか小細胞がんとか)ステージはどの位だとかを判断しているのだと思いますよ。肺がんは骨、脳、副腎等に転移しやすいのですが幸いにして転移がないのであればまだまだ治療の方法は有りますよ。

Q卵巣関係の病気の診療方法について

卵巣関係の病気の診察方法は、やはり内診もあるのでしょうか?
高校生の娘が学校の先生に婦人科の受診を勧められたのですが、
なにせ高校生、内診は母親としてもできれば避けたいのですが。
生理痛が少し重いので。。。
劇的に重症な症状でもないのですが。。。
どなたかわかる方教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

私は今30代で子宮内膜症と診断されて不妊治療をし、体調を崩して子宮の治療をしている者です。
前にぽろりと母が「生理が重くなったと知った時に受診を勧めるべきだった」と言っていました。後悔しているようです。
生理が重くなるのは「病気」です。
貴方様の苦悩もわかります。
しかし、高校生の娘さんに内診は辛いですよね。

私が知っている限りではエコーがあります。
お腹の上にジェルを塗って超音波を当てる器具をお腹の上でぐるぐるします。
診察の際に、お医者様に「絶対内診で膣内に入れられるのはイヤです」と言うべきだと思いますよ。お医者さんも拒否されたらその診察方法は避けていましたから。

また、たまたま体調が悪いのかもしれません。
とりあえず2ヶ月ほどお腹を絶対冷やす事無くスパッツや腹巻常備+貧血予防食材(レバーとプルーン)をいっぱい食べさせて生理が重いのなら一度受診をお勧めします。

一応「産婦人科の診療と検査」というHPのアドレスをのせておきます。

参考URL:http://www.toranomon.gr.jp/site/htdocs/sanfujinka/document/gyneexam.html

こんにちは。

私は今30代で子宮内膜症と診断されて不妊治療をし、体調を崩して子宮の治療をしている者です。
前にぽろりと母が「生理が重くなったと知った時に受診を勧めるべきだった」と言っていました。後悔しているようです。
生理が重くなるのは「病気」です。
貴方様の苦悩もわかります。
しかし、高校生の娘さんに内診は辛いですよね。

私が知っている限りではエコーがあります。
お腹の上にジェルを塗って超音波を当てる器具をお腹の上でぐるぐるします。
診察の際に、お医者様に「絶対内診...続きを読む

Qガンの転移について 手術が原因でガン細胞が散って転移する可能性は?

ガンの転移について、以前より気になっていたことを質問します。ガンの手術をすれば誰でもいくらかは出血しますが、その時ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?
つまり、手術によってガンの移転を促進するリスクがあるのでは?と昔からぼんやりと思っていたのですが。

Aベストアンサー

>ガンの手術をすれば・・・・ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?

当然、そのリスクがあります。手術以前に、ガンか否かを調べるために患部の細胞を一部とってきて病理検査(細胞診)をしますが、そのときにさえに転移することが考えられる、と言われます。このことの危険性は一般に知られてないですね。

私の2回目の転移と思われる症状が出たとき、検査(細胞診)をするにあたってこの点を主治医に訊ねたことがありました。主治医は「実は、そのリスクがあるんです。」との回答でした。結果、私は他の所見からガンの転移の可能性が高かったので細胞診を受けず直接手術を受けた経緯がありました。術後の切除物の病理検査の結果はガンでした。そして散ったかもしれないガン細胞や取り残された小さなガン細胞を排除するために、手術と平行して免疫療法を受け、そのときから6年以上経っている現在でも免疫療法を受けてます。

「検査のための細胞診」や「手術を行う際に微細に散るかも知れないガン細胞」「取り残されるかも知れない微細なガン細胞」を排除するためにも、免疫療法の併用が有効と私は考えてます。尚、免疫療法に関しては、私の過去の回答を参考になるものがあるかも知れません(下記URLはその一例)。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=2285689

>ガンの手術をすれば・・・・ガン組織からこぼれおちたガン細胞が血流に乗って全身を漂流し、どこかに漂着するという危険性はないのでしょうか?

当然、そのリスクがあります。手術以前に、ガンか否かを調べるために患部の細胞を一部とってきて病理検査(細胞診)をしますが、そのときにさえに転移することが考えられる、と言われます。このことの危険性は一般に知られてないですね。

私の2回目の転移と思われる症状が出たとき、検査(細胞診)をするにあたってこの点を主治医に訊ねたことがありました。主...続きを読む

Q卵巣の腫れについて質問です。卵巣の腫れで考えられる原因、病気等を思い軽い関係なく教えてくださ

卵巣の腫れについて質問です。

卵巣の腫れで考えられる
原因、病気等を
思い軽い関係なく教えてください。

Aベストアンサー

卵巣嚢腫 卵巣癌 
卵巣不全なんてあるのかな・・
遺伝とか 雑菌とか??

Q肝臓ガンから大腸ガンへの転移

ご教授お願いします。

C型肝炎が原因で、肝臓ガンになった場合、その肝臓ガンが腸へ転移する
可能性はあるのでしょうか?
血液の流れでいうと、大腸への転移の可能性は低いのでしょうか?
できれば詳しく教えて頂けると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大腸から肝臓へと静脈が還っていきますので、通常は大腸がんの肝臓転移の方が多いと思います。肝臓がんの転移としては、肝臓や肺、腎臓、骨などへの血行性転移が多いと聞いています。大腸の癌のようなものが疑われたのならば、腫瘍マーカーを測ってみると大腸に原発した癌か、転移性のものか判断できると思います。肝臓がんの遠隔転移と大腸原発癌はstageが全然違ってくるので、調べた方がいいと思います。拙い内容で申し訳ありません。

参考までに
http://ganjoho.jp/public/cancer/data/liver.html

参考URL:http://ganjoho.jp/public/cancer/data/liver.html

Q卵巣の病気について教えて下さい。

卵巣の病気について教えて下さい。

先日、子宮がん検診に行った際、超音波で診てもらったところ、左卵巣が腫れていると言われました。
6cm程の大きさらしく、その日は血液検査だけして、後日、設備のある病院でMRIを受ける様に言われました。
渡された紹介状に「充実性でした」との記載があり、心配になってネットで調べたところ
「悪性の卵巣腫瘍=卵巣がん」にたどり着きました。
今日、MRI検査を受け、結果はまだ出ていませんが不安で仕方ありません。

自覚症状として腹痛はありませんでした。鈍い腰痛は感じていましたが、もともと腰痛持ちだったので特に気になりませんでした。
ただ、2ヶ月程前から急にお腹が張っているな~とは思っていましたが、少し太った事もあったのでそのままにしていました。
疲労、倦怠感は常にありました。

検査結果を聞くまではわかりませんが、本当に「がん」なのか?と不安でたまりません。

詳しい方、ご意見ください。

Aベストアンサー

はじめまして。20代後半、未婚女性です。
同じような状況なので、思わず書き込みます。

MRIの結果はもう聞きましたでしょうか?

私は昨日MRI検査をして、直後に結果を聞いてきました。
結論としては、5~6cm大の充実性腫瘍(良性:線維腫)でした。

私はたいして情報を調べす、最初に行ったクリニックの先生・紹介先の総合病院の先生ともに、エコーで見たかんじ悪いものではなさそうと言われ、また腫瘍マーカーも問題なしだったので、比較的安心して結果を聞きました。

結果を聞いたのですが、その後調べると、充実性腫瘍の7~8割が悪性らしいですね・・・
それを知ってたら、結果を聞くのがハラハラものだったかもしれません><
でも、私みたいに良性のケースもあるようなので安心してください!!


ちなみに・・・
今の大きさだったら大事な部分(卵巣)を残して腫瘍だけ切り取れるけど、
これ以上大きくなったら全部取らないといけなくなるかもと言われ、手術をすることになりました。
仕事の関係で、12月の予定ですが。

Q胃ガンから肺ガンに転移?至急教えてください

父が3年半前に本当に初期の胃ガンで手術をしました。
術後の経過も良く、大きな病気もほとんど無く過ごしていたのですが・・・

今週の月曜日に、背中が痛くて眠れなかったと病院に行ったところ、検査入院してみましょうということになりました。

インフォームドコンセントで、私も話を聞いたのですが、右肺の上部に白い影があり、肺がしぼんだ状態になっている、この部分になにかあるのでしょうとDrが言われたので、可能性として何があるのですか?と聞いたところ、一番考えられるのはガン、結核と言われました。

肺ガンは、自覚症状が少ないと聞きます。
また、胃ガン手術から5年たっていないので肺への転移?とも考えてしまいます。
ガンは転移していくほど、威力が強くなると聞いたのですが本当なんでしょうか?
また、肺がんの完治は難しいと聞いたことがあります。

父は75歳、喫煙歴55年以上、1日20本ほどです。

Aベストアンサー

不安なお気持ちはお察しいたしますが、ネット上でのやりとりで回答するには少しデリケートな問題と考えます。

癌であるか結核であるか、あるいはそれ以外のものであるかはこれからおそらく行なわれていくであろう検査で調べてみなければはっきりしないのだと思います。血液検査をしたり、痰をとってきてその中に含まれている細胞を調べたり、気管支鏡を使って病気の一部をとってきて顕微鏡で調べたり、あるいは場合によってはCTを使いながら肺に針を刺して病変の一部をとってきたりなどの検査結果をみてみないと現段階では主治医の先生でさえ確定的なことは言えないのではないでしょうか。

 今回に限らず一般的な話としては、以前に癌の既往があってその後別の場所に癌が疑われる病変が見つかったのならば、治療する側の立場としては一応は転移性病変の可能性も視野にいれなければいけないと思います(不安を煽るようで申し訳ありません)。勿論、以前の胃癌とは全く別に新たに肺癌ができることもありうるとは思います。この辺りについても先に挙げた検査をすることで「癌であるかそうでないか」に加えて「もしも癌であったならばその組織型から胃癌の転移か肺原発のものか」についてもある程度判るのではないかと思います。

 また、「癌は転移していくほど威力が強くなるのか」という点に関してですが、一般的な話としては癌が他の臓器に転移するということは血液の中に癌細胞が入り込んで循環しているということですから、腫瘍のある例えば肺のみを治療しても病気全体を治療できたことにはなりません。転移が見つかった時点でその癌は「全身をおかす問題」となりますので治療は困難となっていきます。

 最後になりますが、私は医師として与えられた情報の中で責任をもって回答しているつもりではありますけれども、今回のご質問は非常に重要な事柄を含んでおりますのでこの回答は参考程度に留めていただき実際に主治医の先生にお問い合わせいただくことを望みます。

不安なお気持ちはお察しいたしますが、ネット上でのやりとりで回答するには少しデリケートな問題と考えます。

癌であるか結核であるか、あるいはそれ以外のものであるかはこれからおそらく行なわれていくであろう検査で調べてみなければはっきりしないのだと思います。血液検査をしたり、痰をとってきてその中に含まれている細胞を調べたり、気管支鏡を使って病気の一部をとってきて顕微鏡で調べたり、あるいは場合によってはCTを使いながら肺に針を刺して病変の一部をとってきたりなどの検査結果をみてみない...続きを読む

Q卵巣の病気?

私の姉(32歳)の話なんですが、心配で情報収集しています。
どのくらい前からかははっきり聞いてないんですが(たぶんここ最近だと思います)、毎月生理は順調にきていますがひと月おきに右わき腹が痛くなる・経血の色が小豆色のような色などの症状があるそうです。
2ヶ月に1度とのことなので、排卵した側の卵巣に問題があるのかもしれないと思うのですが(排卵は左右の卵巣が交互に排卵していると聞いたことがあるので)、考えられる病気にはどんなものがありますでしょうか?
2年ほど前に急激な腹痛に襲われ休日診療所に駆け込んだことがあります。これも関係しているのかなとも思います。そのときは診療所で痛みが治まってしまい、さらに婦人科の先生がいなかったので、痛み止めを処方されただけでした。
ちなみに姉は出産経験はありません。
もちろん受診することが一番なんですが、「女医さんに診てもらえるところを探す」と言ってなかなか受診しようとしません。私としては早く受診してもらいたいので、説得のためにも考えられる病気を知っておきたいんです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

右わき腹が痛くなる・経血の色が小豆色のような色などの症状があるそうです。考えられる病気にはどんなものがありますでしょうか?
説得のためにも考えられる病気を知っておきたいんです。

ご心配ですね。初めに、卵巣について少し。
卵巣(らんそう、ovary)とは、動物のメスの生殖器のひとつで、卵子(または卵(らん)ともいう)を作り出す器官。一般的な機能として、卵子のもとになる卵細胞を維持・成熟させ、その後放出する。オスで精子を作り出す精巣と合わせて、生殖巣と呼ばれる。また、脊椎動物の卵巣は、エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌する器官でもあるので、内分泌器官でもある。

ヒトを含む哺乳類の卵巣の内部には、卵胞(らんほう、らんぽう)と呼ばれる構造が多数あり、それぞれ1つずつの卵細胞を包んでいる。卵胞が卵細胞を成熟させ、排卵(はいらん)と呼ばれる、卵巣からの放出を起こさせる。排卵は、動物の種類によって、年に1~2回程度の繁殖期に起こったり、一定の周期(性周期)でくりかえし起こる種などがある。排卵された卵細胞は、一旦は体腔内に出るが、卵管内に吸い込まれ、卵管から子宮へと流れていく。卵細胞を放出した後の卵胞は、その後、黄体(おうたい)へと変化する。卵巣からは、何種類かのホルモンが分泌される。卵胞からはエストロゲンが、黄体からはプロゲステロンおよびエストロゲンが分泌される。これらのホルモンは、メスの体に機能的な変化を起こさせ、排卵とその後の受精、着床、妊娠といった一連の現象を引き起こすために重要である。このホルモンによる作用は生殖器を中心とした変化だが、それ以外にも全身にわたる。

ヒトの場合、女性の性周期は平均28日程度であるが、子宮内膜の剥離に伴う出血(月経)を目安に考えるため、月経周期と呼ばれる。卵巣からの排卵もこの周期にあわせて起こる。月経の時期になると、卵巣内では次回の排卵のために新たな卵胞が発達をはじめ、月経から約2週間程度で卵胞は最大に発達し、卵巣からの排卵が起こる。

ウキペディアより抜粋

ですから、卵巣にもいろいろな病気があります。
卵巣は、アーモンドの粒~親指の先ぐらいの大きさの臓器で、右と左の両方に1個ずつあります。そして、なんと、実は卵巣は体のなかでもっとも腫瘍ができやすい臓器なのです。でも、考えてみれば、生命のもとになる卵子があって、毎月細胞分裂してるところですもん。ま、当然といえば当然ですよね。

そんなわけで卵巣にはさまざまな腫瘍ができますが、その中には大きく分けて、良性のことが多い「卵巣のう腫」と悪性の事が多い「充実性腫瘍」があります。卵巣の腫瘍のうち約9割が「卵巣のう腫」で残りの1割が充実性腫瘍なのですね。

充実性腫瘍の代表例がいわゆる「卵巣がん」です。イメージとしては固いしこりのような感じです。症状としては小さいうちは無症状で、こぶしより大きくなると、固いしこりが下腹部にできたり、腰痛、下腹部痛、生理不順、また、場合によっては、腹水といって、おなかに水がたまったりします。まあ、卵巣がんに関してはこのくらいにして、今回は良性の卵巣のう腫について見てみましょう。
卵巣嚢腫とは

 「卵巣嚢腫とはどんなものか」を簡単に理解しようとするならば、「卵巣に液状成分が溜まって腫れている状態のこと」であると捉えておくと良いでしょう。
 卵巣には実に多種多様の腫瘍が発生することが知られており、そのため過去に様々な分類法がなされてきましたが、その中で経験的に「嚢胞状を呈するものには悪性のものはほとんどない」ということが知られていました。これに加えて、ホルモンの影響などにより発生する非腫瘍性病変もすべて嚢胞状を呈するということもあって、「嚢胞状の腫瘤=悪性の心配はない」と解釈して良いだろうと考えられてきました。このことから、これら「嚢胞状を呈する腫瘤」、すなわち液状成分が溜まって腫れている状態というのはひとくくりにして考えて良いのではないかということになり、これらをまとめて「卵巣嚢腫 ovarian cystoma」と呼ぶようになったものと考えて良いでしょう。
 ところで、非腫瘍性病変による場合というのは、ホルモンの影響などが原因で卵巣内に液状成分が貯留するものであり、たいていは球形・袋状になった外壁とその中に貯留した液状成分で構成されるものです。このような腫瘤は嚢胞 cyst と呼ばれます。
 これに対して腫瘍性病変による場合では、外壁を構成する細胞には腫瘍性の増殖(=自律的増殖、つまり勝手にどんどん大きくなるという性質)が認められるという点、そしてその内容は外壁を構成する腫瘍細胞から分泌されて貯留する液状成分であるという点が異なり、このような腫瘤は嚢腫 cystic tumorと呼ばれます。
 したがって、卵巣嚢腫というのは ovarian cystic tumor、すなわち腫瘍性病変である嚢腫(=ほぼ卵巣の良性腫瘍と考えて良いです)のことのみを指す言葉であって、非腫瘍性病変(=卵巣嚢胞 ovarian cyst)は含まないというのが本来の定義でした。しかし、現状では先述のような理由から非腫瘍性病変・良性腫瘍のいずれをも含めて指す言葉として用いられているのが一般的であると考えた方が良いようです。
 単に言葉の定義上の問題ではあるのですが・・・
 しかし、以上のような背景があるために、卵巣嚢腫という言葉は一般的には非腫瘍性病変を含む嚢胞性腫瘤全般を指して使われているのですが、時として本来の意味である腫瘍性病変に限った嚢胞性腫瘤のみを指す言葉としても使われることがあるので、どちらの意味で使われているのかということには注意が必要かもしれません。
 またさらに、卵巣嚢腫のことを ovarian cyst と呼ぶこともあってしかもこれがけっこう一般的だったりもしますから、混乱ここに極まれりというところでしょうか。
卵巣嚢腫の種類
お話ししましたように、卵巣嚢腫とは卵巣にできる非腫瘍性病変と良性の腫瘍とをあわせた嚢胞性腫瘤全般を指して使われていることが多いので、ここではその両方についてをお話ししておきます。
●非腫瘍性病変
最初に非腫瘍性病変に関してですが、これには以下のようなものが含まれます。
卵胞嚢胞 follicle cyst
卵胞内に分泌物が貯留したもので、 壁面は顆粒膜細胞で構成されるか、あるいは剥脱消失してしまっているかのどちらかである場合が多い。LH、FSHの不均衡により形成されるものと考えられており、自然に消失してしまう場合も多く見られるが、かなり大きくなった場合には手術摘出が必要となる。
黄体嚢胞 corpus luteum cyst
排卵に伴って出血が起こり、一時的に黄体内に血液が貯留するが、通常はこの貯留血液は黄体細胞によって吸収される。この貯留した血液量が多い場合には吸収しきれずに残存して黄体血腫となり、さらに内容が血性透明になって嚢胞化してしまい、黄体嚢胞と呼ばれるものとなる。
通常は次第に吸収され自然に消失するものであるが、時に外傷、性交、運動などが誘因となって排卵による出血が止血されない、または黄体血腫あるいは嚢胞が破裂する、という現象が起こり、腹腔内に大量に出血を来す場合がある。このようなケースでは急激に腹痛を起こし、時に吐き気や嘔吐を伴い、場合によってはショック状態に陥ることさえあるために子宮外妊娠と誤認される場合もある。したがって、救急車で運ばれることもしばしばである。
このようなケースは卵巣出血 ovarian bleeding とも呼ばれ、緊急手術を要することもまれではない。
ルテイン嚢胞 lutein cyst
妊娠初期あるいは絨毛性疾患において、絨毛から分泌される絨毛性ゴナドトロピン(HCG; Human Chorionic Gonadotropin )の卵巣に対する過剰刺激が原因で発生する。内容は黄色透明の液状成分であり、妊娠の場合は妊娠中期に至ることで、絨毛性疾患の場合は腫瘍を摘出等により治療することで、自然に治癒する。
チョコレート嚢胞 chocolate cyst
多嚢胞性卵巣 polycystic ovary (PCO)
下記のURLも参照下さい。
お大事に。

参考URL:http://www2.health.ne.jp/library/womb/

右わき腹が痛くなる・経血の色が小豆色のような色などの症状があるそうです。考えられる病気にはどんなものがありますでしょうか?
説得のためにも考えられる病気を知っておきたいんです。

ご心配ですね。初めに、卵巣について少し。
卵巣(らんそう、ovary)とは、動物のメスの生殖器のひとつで、卵子(または卵(らん)ともいう)を作り出す器官。一般的な機能として、卵子のもとになる卵細胞を維持・成熟させ、その後放出する。オスで精子を作り出す精巣と合わせて、生殖巣と呼ばれる。また、脊椎動物の卵...続きを読む

Q卵巣ガン・・・3種目の抗ガン剤について

58才の妻ですが、3期末卵巣ガン手術を昨年6月終えて、その後カルボプラチン+パクリタキセル6回やるも、マーカーが700台で、今年1月からシスプラチン+トポテシンの変えて2回実施するも効果無く、主治医はガンが耐性を持ってきたため使える薬がないとの説明がありました。本人の体も40kgを下回って体力も低下してきています。左胸に胸水がたまっており、呼吸しにくい状態と咳き込むため体力の消耗があります。シスプラチンの2回目の時は、カリューム不足のため(?)意識が混濁し、慎重な点滴で何とか回復出来た状態です。次回後遺症を回避する目的とガン細胞減少を期待してトポテシンだけの治療をしたいのですが、
3回目の本格的抗ガン剤はあるでしょうか。

Aベストアンサー

ご参考に……
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/200904/510495.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング