【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

皆さん教えて下さい!

74歳の父が、先週に肺がんステージ2Bと診断されました涙
大きさは、4センチぐらいだと言っており、手術は行わずに放射線治療、抗がん剤治療などを行うそうです!

そこでお聞きしたいのは、放射線治療と抗がん剤治療はどう思いますか?

A 回答 (5件)

肺がんのタイプ(小細胞肺がんか非小細胞肺がん、もしくは他のタ


イプなのか)が分からないので、何とも言い難いのですが、、、。

小細胞肺がんで有るとしたら、病期ⅡBの治療第1選択肢としては
抗がん剤及び放射線治療になるので、至極妥当な治療方針といえま
す。

非小細胞癌で有るなら、治療第1選択肢としては外科切除及び抗が
ん剤治療が治療方針になるが、御年齢や肺や身体状態を鑑み、小細
胞肺がんの治療方針に準拠し、外科切除は適応範囲外になります。
    • good
    • 0

発見後4年半で妻を肺がんで亡くしました。

肺・すい臓のがんが一番厄介と言われています。

何もしないのが一番いいんですが、そういうわけにも行かず、一番体に優しいといわれる放射線治療24回照射(土・日を除く毎日)を受けました。結果は、何の効果も認められずと。

余命は8か月と宣告されど、体調も良く、それじゃ、残りを想い残すことのないように送ろうよで、二人で行き残した場所に最低でも同じホテルに3~4泊の連泊ののんびり旅行を。これが最後の旅行が、それこそ何度も。

これだけ元気なんだから、それじゃ抗がん治療でもと。21日毎で8回を。あの日より、地獄に行くより厳しい苦しみの始まり。こりゃ、がんで行く前に抗がん剤で逝ってしまうで、中止。

それから、緩和ケアの先生だけのお世話に。4年を過ぎたころに、肺に水が溜まりだし。水が溜まるのは、心臓が弱ってきているからで、いつ容態は急変するかわからないので、その覚悟をと。

それから4か月くらいで、医者の往診もあったので家族が集まって雑談中に、急にだまりで、心臓が停まっていました。69歳11か月の人生でした。

この4年半、入院は一度もなしでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

奥さまは、最後まで幸せだったんですね!
自分も父に残りの人生を悔いの残らない毎日を送ってもらいます!

お礼日時:2020/12/14 23:25

少し前にがんで亡くした父を思い出します。


たぶん医師の方は、お父様の体力面などを考慮し、放射線や抗がん剤で腫瘍を小さくすることを優先されたのだと思います。
がん治療で、まず放射線や抗がん剤から治療することは一般的だと思います。
これらの治療で転移をさせず腫瘍を小さくしてから、より体の負担の少ない手術をされるのかもしれません。
ご家族の応援や支えもきっとお父様のためになると思います。良くなること、願っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます!

お礼日時:2020/12/14 23:14

ステージ2ならまだ良いです。



でも心配ですよね。

私の母はステージ3.5でオペで臓器摘出をしてから放射線治療と抗がん剤治療をしました。

抗がん剤治療はキツイみたいですね。
髪も抜け抗がん剤を投与するとエライと言ってました。

もう手遅れで他界しましたが私が癌になったら抗がん剤は断りますね。
    • good
    • 1

病院の方に聞いてください。

ここで聞いても信用はできません
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング