【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

癌に なる 要因は 何だと思われますか
遺伝 食生活 ストレス 性格
でしょうか??

gooドクター

A 回答 (9件)

人間の体は、口から食べる食物だけで作られています。


癌になる原因は、色々と考えられますが、
癌になる最大原因は、間違った食生活であり、
癌細胞が消去できない原因は、低下した脳幹機能です。

癌の問題には、2つの原因があります。
→①癌細胞が 作られる原因 ②癌細胞が 消去できない原因

癌細胞が①作られる原因は、食生活に問題がある為です。
… 食生活の良し悪しは、毎日の 大便が教えています。

➔癌患者の共通点は、≪便通異常≫と≪悪臭便≫であると言われています。

ウンコが、出ないのは 異常ですが、
ウンコが出過ぎるのも 異常です。
悪臭とは、腐敗臭の事であり、自分が食べた食物が悪い為に、
食物が、大腸の中で腐っているのです。

腐っている為に、悪臭(腐敗臭)が発生しているのです。
➔原因あっての結果です。

大腸の中が、善玉菌の占有率が高ければ、食物が 発酵しますので、
大便には悪臭がなくて 便器や紙が汚れないスムーズな排便になります。

悪玉菌の占有率が高ければ、食物が 腐敗しますので、
大便には 悪臭(腐敗臭)があって、便器や紙が汚れ、
便秘とか下痢のような便通異常が起きるのです。

大便は、大切な 便りなのです!

癌細胞が②消去できない原因は、脳幹機能の低下です。
… 免疫力とは、具体的には 脳幹機能の事を言います。
この脳幹機能が 低下している為に、癌細胞の消去ができないのです。

スポーツ選手を見れば、現役時代には、
ほとんど癌になる人がいません。
これは、スポーツで体を動かしている為に、
脳幹機能が 正常に働いているのです。

人間は、動物です。
動物の体に備わった機能は、
体を動かす事によって機能する仕組みになっているのです。

十分に動いている時には、脳幹機能が 正常に働きますので、
食生活の問題があって癌細胞ができたとしても、
癌細胞は瞬時にして消去されてしまうのです。

ところが残念な事に、貯金する事ができないのです。
だから、現役を引退すると 癌になる選手がでてきます。
ベテラン選手の一部には、癌になる人がいますが、
若い選手と違い動かなくなっているのだと思われます。
いずれにしても、現役時代には ほとんどいません。

昔、癌が少なかった時代を考えれば、生活が全く違うのです。
食生活が変わり、動かなくなったのです。
お金持ち以外は、肉や卵など 動物性食物を
毎日食べるという事はありませんでした。
特に、糖尿病などは≪贅沢病≫と呼ばれていて、
お金持ちだけの 特別な病気だったのです。
ところが、肉や卵が安価になって
一般 庶民の手に届くようになり、糖尿病が増えたのです。

昔の食生活と言えば、丼飯におかずが少しという、
まさに歯型に従った食生活でした。
ところが間違った栄養学により、栄養、栄養と お題目のように言われ、
今日のような、食生活の習慣が原因で起こる生活習慣病ばかりが
増え続けているのです。 (原因) → (結果)

人間の歯型は、32本生えるうちの、
20本(62,5%)が臼歯(穀物を食べる歯型)、
8本が門歯(野菜・海藻を食べる歯型)、
4本が犬歯(魚を食べる歯型)です。

➔肉食用の鋭く尖った歯型は、ありません。
肉食動物は、気が荒く、
他の動物に危害を加え、非常に短命です。
草食動物は、気が穏やかで、
他の動物に危害を加える事がなく、非常に長命です。

このように毎日、食べる食物によって性格や寿命が違うように、
食べる食物によって、病気にも 健康にもなるのです。

精進料理を食べる禅宗のお坊さんは、心が穏やかで、
肌がキレイで、非常に長生きをしています。
一度、永平寺などに行って、自分の目で 確かめて下さい。

人間の体は、自分が口から食べる 食物だけで作られています。
人間が 頭で考えた学問で判断するよりも、
毎日の 大切な 便りが、自分の食べた食物が、
良いのか悪いのかを 教えてくれているのです。

昔から、乳児の健康状態は ➔大便を見て判断していましたし、
動物園の動物の健康状態は ➔大便を見て判断しています。

*良い食生活であれば、大便に悪臭(腐敗臭)がなくて、
 便器や 紙が汚れないスムーズな排便になります。
*悪い食生活であれば、大便に悪臭(腐敗臭)があって、
 便器や 紙が汚れて、便通異常が起きるのです。

食生活以外にも、原因は考えられますが、
人間の体を作っている間違った食事が、最大の原因です。

その証拠に、食生活を正す事によって、
数多くの癌の人が、健康を取り戻しているのです。

人間は、動物です。
便利な物に囲まれた生活により、
人間の脳幹機能が低下している為に、
癌細胞の消去ができなくなっているのです。

脳幹トレーニングを行うだけで、
余命宣告を受けていた末期癌患者が、
簡単に回復している事実を見ても、その事が解ります。

2年前から、国立がんセンターでも、
脳幹の研究に入っているようですが、
脳幹の事が騒がれるようになるには、
まだ、あと10年から20年は、かかるように感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます

脳幹トレーニング 初めて ききました
凄く 参考になりました

お礼日時:2021/09/05 09:15

昔は肝臓癌の原因は酒の飲み過ぎ


胃がんは暴飲暴食と言われていました
しかし近年は肝臓癌の主な原因はB型肝炎やC型肝炎ウィルスと
わかり、胃がんはピロリ菌と言われています
同じように子宮頸がんも人パピローマウィルスが原因と言われています

しかし、ピロリ菌があるから肝炎ウィルスに感染しているから
100パーセントガンになるわけではないため
もう一つの要因があると言われています

ストレスや食生活で免疫機能が低下すると言われています
なので複合的な原因だと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2021/09/05 09:14

がんは、がん遺伝子が発生した1個の癌細胞が、白血球の免疫の目を逃れて分裂増殖したものです。


また、がん抑制遺伝子(分裂を阻止する遺伝子)の欠落による場合もあるとされています。

●癌は遺伝性がある様にも見えます。
 その理由としてはっきりしているのは、がんを起こすウイルス=腫瘍ウイルスの伝播です。
具体例では、沖縄・九州・四国の西南岸に患者数が多く遺伝性癌と見られていました成人T細胞白血病(ATL)が、1981年に京都大学の日沼頼夫博士らによりその原因ウイルスとしてレトロウイルスに属する成人T細胞白血病ウイルス(HTlV-1)が明らかとなり、大陸から渡った民族移動よる伝播と推測されています。このウイルスは母乳に含まれるリンパ球にひそんでいることから、授乳により子に伝わります。感染したウイルスは次第に増えて壮年期に白血病(ATL)を起こしますので、保有が解れば授乳しないように指導され、撲滅が期待されています。

ウイルスによる発癌は、正常細胞の遺伝子にウイルス遺伝子を挿入し、それが癌遺伝子として働くことからです。
現在ではHTlV-1ほか、子宮頸部癌を起こすパピローマウイルス、肝癌を起こすC型やB型の肝炎ウイルス、上咽頭癌・悪性リンパ腫・胃癌の一部にEBウイルスが発癌ウイルスとして知られています。
なお、ウイルスが不明の癌もウイルスが主な原因と考えるべきだろうと私は思います。添付しました図は成人T細胞白血病ウイルス(HTlV-1)の増殖過程です。ウイルス性DNAが癌遺伝子ともなります。
---------------------
以上のことから、腫瘍ウイルスが主で、ストレスや免疫が低下するものも誘因となると考えれます。
「癌に なる 要因は 何だと思われますか 」の回答画像7
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます

詳しく説明して頂いて 有難うございたす
良くわかりました。

お礼日時:2021/09/05 09:16

部位によって異なります。


例えば子宮頸がんなんかはほとんどの場合ウイルス感染によるものです。他のケースがないわけではありませんが可能性は極めて低いためセックスしたことのない人はがん検診を受けなくて良いくらいです。

遺伝や食生活、生活習慣は大きく影響しますが、
肺がんなら煙草、胃がんなら食生活、舌がんなら舌を噛む習慣、乳がんなら遺伝…など、部位によって影響の大きいものは異なります。
でも、全体として「睡眠不足」は大きいかな。
人間、がん細胞って普通に毎日生まれてて、睡眠中にそれをやっつけてるそうです。
やっつけきれなくなったときに悪性のがんとして育ちます。
睡眠不足でやっつける時間が足りてない、眠りの質が悪くてやっつける機能が衰えるなどがあれば、その可能性は高まるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます

お礼日時:2021/09/05 09:16

さだめ ですかね 


通常の細胞が急に変異すると言われています
乳乳癌検診で細胞を取って異常が無かったのに その部分がビックリして癌細胞になった人もいます。
祖父が癌で看病に通っていた母親が癌で亡くなったという人もいます。
原因が分かればこんなにかかる人もいないですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます
ビックリして その部分が 癌に なるだなんて
細胞も感じがあるんですね

お礼日時:2021/09/05 09:18

ウィルス、外的刺激(物理的刺激、紫外線、放射線、、、)、化学物質(酒、たばこ、食物、添加物等を含む)、老化劣化、、


等でがん細胞ができ、

それを抑えこむ免疫が機能しないとガンとして成長していく

ストレスなどの環境要因は、免疫機能に影響する可能性は高いけど、遺伝は、抑え込む側の問題だけでなく、発生要因になっている可能性もある。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます

お礼日時:2021/09/05 09:19

今のところ、ガン細胞をやっつける細胞の働きが少ないから、という所まで分かっているようです。



なぜ少ないのかは、いろんな原因があるようです。
遺伝は、人間の遺伝子はほぼみな同じなので、ガンになる遺伝子も全員が持っているそうです。
発症するかしないかは、ガン細胞を喰う遺伝子が元気に働くかどうか。
喰う遺伝子も同じように持っているけど、働きが強い人と弱い人がいます。

働きが弱い原因は、ストレスなどと考えられています。

性格は、直接原因ではないですが、自分にストレスを与えやすい性格、ものの考え方なら、結果的にストレスを増やすので、間接原因にはなるかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます

私も ストレスは 最大の 敵 だと思います

お礼日時:2021/09/05 09:20

生活習慣や遺伝子など様々です



国立がん研究センターHP がんの発生要因
https://ganjoho.jp/public/pre_scr/cause_preventi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

癌情報 有難うございます

読ませて頂きました

お礼日時:2021/09/05 09:21

炎症です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます

お礼日時:2021/09/05 09:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング