プロが教えるわが家の防犯対策術!

日本製のコロナワクチンっていつでるんすか?

質問者からの補足コメント

  • いや。出ると思いますか?出るとしたらいつ頃でしょうか

      補足日時:2021/12/13 19:40
教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

一昨日の国会で岸田首相が国産ワクチンの実用化に全力を尽くすと明言してくれました。

多額の国家予算が投入されると思います。

パンデミックの長期化も考慮して、日本製のコロナワクチンは有効性は多少低めでも出ることは確かだと思います。しかし、残念ながら明確な実用化の時期や、接種の選択方法などは具体的なことは決まっていないような大臣の答弁でした。

大臣がはっきりと明言した事は、当面のオミクロン株に備えたブースター接種には現行のファイザーとモデルナが使用されるという事です。同時に未接種者への接種も引き続き行うそうです。それ以外の選択肢は現時点での明言はしませんでした。因みにモデルナは二倍に希釈して使用するそうです。もともと有効成分がファイザーの四倍だそうですから、…いかにも試行中といった感じですね‥冷汗。

現在の日本の水際対策は第6派への対策整備の貴重な『時間稼ぎ』だそうです。今回のオミクロン株対策には国産ワクチン実用化は間に合わないようですね‥汗。早く実用化出来るように頑張ってほしいです。特に鼻腔に噴霧するタイプに期待しています!!
    • good
    • 0

現時点で早そうな順に…



*米ノババックス(日本では武田薬品が国内生産)
遺伝子組み換えタンパクワクチン
年明け1億5000万回供給分を厚生労働省と契約済み

*塩野義製薬
遺伝子組み換えタンパクワクチン
最短年度内(2022年3月)、恐らく4月?

*第一三共
mRNAワクチン
2022年内

*KMバイオロジクス
不活化ワクチン
2022年度内

*田辺三菱製薬
植物由来ウイルス様粒子ワクチン
2022年度中申請予定

*アンジェス
DNAワクチン
失敗→2023年以降
    • good
    • 0

ワクチンの承認をえるまでには3段階の治験(P1からP3まであります)を経て申請→承認となります。


現在日本製のワクチン開発状況は以下の通りです。

1.塩野議(組み換えタンパク)とKMバイオロジクス(不活化)→P2/P3
※P2/P3とは2段階目と3段階目の治験を一緒にやると言う意味です。
2.第一三共(mRNA)→P2
それ以外のアンジェスやIPファーマは治験がまだP1/P2かそれ以前なので出るとしても来年後半になるでしょう。

で、塩野義も第一三共も日本国内の新型コロナ感染者数の激減で治験の参加者を国内だけで十分な数集めるのが困難になったので、韓国、シンガポールなどのアジアの国でも募集してやっています。
その結果が満足いくものであった場合でも来年3月以降になるでしょうね。
    • good
    • 0

コロナワクチンを作るためには、実際に試してみなければなりません。



今、日本では新規の感染者は大きく減少していますから、日本には試せる人がいません。

海外で、となると莫大な費用がかかってしまいます。

そうなると製薬会社は何もできません。

日本製のワクチンが、いつ販売になるのかはまったく分かりません。
このままだと、日本製のワクチンはナシということもあるでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング