以下は英字新聞記事の一部です。

APEC's response to the challenges of the new economy will assume a commitment to marlet-driven principles, but will also recognise that there will be cases of market failure, in which case government facilitation will play an important role.

しかし、どうも in which case の文法がわかりません。この case は、その前に出てくる market failure の一ケースと理解すれば良いのでしょうか。

また、in which government では駄目なのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

この場合、関係詞節の非制限的用法なので、


in which case = in that case = その場合、
となります。

> この case は、その前に出てくる market failure の一ケース

「一ケース」というより、それらのすべての場合だと思います。

さて、
in which government ... とした場合、どうしても
in [which government] と読まれてしまいがちなので、
(それは、先行詞が無いので、間違った読みなのですが)
それを避けたんではないでしょうか?

government の前に冠詞を入れるか、in which を
where に替える( where government...)とすれば、
上の問題は回避できるのですが、それでも
先行詞を caseでなく、market failure としてしまうおそれが残ります。

原文の読み、つまり筆者の意図としては、
government facilitation が重要な役割を果たすのは、
market failure が起こった後なのですが、

先行詞を market failure と読んでしまうと、
government facilitation が重要な役割を果たすのが、
market failure と同時進行 or それ自体であるかのようになってしまうので、
それを避けるために、曖昧性の無い(少ない)
in which case を使ったのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な説明と検討(特に時制に関して)、ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/04 14:37

ご質問の例文は、たまたま前の節に cases という語が含まれている特殊な「ケース」です。


通常、in which case は、前の節全体を受けることが多いので、この文を書いた人は、which case = a case of market failure ではなく、which case = there will be cases of market failure と意識していると思います。

一方、次のように書いたとします。
APEC's ... that there will be cases of market failure, in which government facilitation will play an important role.
この文も、意味は十分に通じるし、文法的にも問題ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすい解説をありがとうございました。

お礼日時:2001/09/04 14:33

このwhichは関係形容詞のwhichだと思います。


先行詞は前の文で、whichの訳し方は「そしてこの~」ですから、
「そしてこのような場合」
この文で言えば、
「そして、市場の失敗があった場合、政府の促進が重要な役目を果たすでしょう」となります。

また

in which case government facilitation will play....
___________________ ________________________________ ___________
副詞句        主語         動詞

となるので、in which governmentにすることはできないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な説明、ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/04 14:38

「in which case」で「~の場合に」という成句です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/04 14:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあまのじゃくってどういう意味ですか?

あまのじゃくってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

かっこつけたり、恥ずかしがったりして、自分の感情や思いをうまく表現できないこと。天邪鬼。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%AE%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8F

Qin case of と in the case of

昨日、前置詞の勉強をしていたのですが、
in case of と in the case of
とがあり苦労しています。この問題は本質的には冠詞の問題になると思いますが、その観点から考えても冠詞がつくつかないがみえてきません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分も、以前疑問に思っていました。違いはtheがあるかないかですが、基本的に、具体化の程度の差と言うことだと感じています。

in case of は、具体化されていない場合、つまり、未来の一般的な事態について述べる場合です。例えば、「地震のときは」、「緊急事態のときは」などであり、いつ、どこでなどの情報が特定されていません。

in the case of の場合は、基本的に未来ではなく、今までに起きたことについて述べる場合です。「基本的に未来でない」とは、つまり未来でも使うということなのですが、今までの経験に基づいて事態のきりわけをしているということです。例えば、「トムの場合は」とか、「トムがアメリカへ行くといった場合は」のように、具体化が進んでいます。

同じことがof が取れても言えます。

Qどういう意味だと思いますか?

彼とLINEしていると
「返事がおくれてごめん、あまのじゃくなもので・・・」と
返事がありました。

たわいもないことをLINEでやりとりしているのですが

あまのじゃくになるというのは・・・
回答に困って返事が遅れるという意味でしょうか?

Aベストアンサー

返事が早かったり遅かったり、気まぐれだということじゃないですか?

遅れてごめんと謝ってくるところが全くあまのじゃくだとは思いませんけどね。

Q「Changes in the economy from one driven by …」の和訳について

初歩的な質問かもしれませんが
よろしくお願いいたします。

下記の英文を訳したいのですが、「Changes in the economy from one driven by …」の部分をどう訳していいのかわかりません。「生産よりも消費によって決定されている経済環境の変化は…」という訳ではおかしいですよね?この文における、fromの役割がわかっていないのかもしれません。ちなみに、「one=経済」という理解でいいのかも自信がありません。ご教授いただければ幸いです。

Changes in the economy from one driven by consumption rather than production, the rise in technology, changing occupational patterns, social disorganisation affecting family and social life, incresing crime and hooliganism, crises in the welfare state, the ecological crisis and various kinds of political unrest hace all been features of capitalism in the late twentieth century.

初歩的な質問かもしれませんが
よろしくお願いいたします。

下記の英文を訳したいのですが、「Changes in the economy from one driven by …」の部分をどう訳していいのかわかりません。「生産よりも消費によって決定されている経済環境の変化は…」という訳ではおかしいですよね?この文における、fromの役割がわかっていないのかもしれません。ちなみに、「one=経済」という理解でいいのかも自信がありません。ご教授いただければ幸いです。

Changes in the economy from one driven by consumption rath...続きを読む

Aベストアンサー

 changes in the economy from ... という形から判断して,やはりこの from は,「~からの変化」と取らざるを得ないと思い,検討してみた結果,以下のサイトに行き着きました。

http://64.233.179.104/search?q=cache:WFmUDE7xJqUJ:www.leeds.ac.uk/disability-studies/archiveuk/Oliver/chapter12.pdf+%22driven+by+consumption+rather+than+production%22+&hl=ja

 この英文中に
 Changes in the economy to one driven by consumption rather than production, the rise in technology ...
という部分があります。
 みなさんの議論に水を差すようで申し訳ございませんが,この from は to の誤植なのだと思います。

Q「あまのじゃく」に相当する英語は?

和英辞書を引いてみますと、色々な英語が出て来ます。
perverse or cussed person; contrarian とか。
それらの英語を逆引きすると、「つむじ曲がりの」とか「意固地な」とかの日本語になって、本来の日本語の意味の「あまのじゃく」に相当しません。

皆がこう言ったらいつも反対あるいは、別のことを言いたがる人。あるいは、何かが評判になったりして、多数の人がそこに殺到する時、その風潮に絶対に乗ろうとしない人。

私が捉えている「あまのじゃく」ですが、こんな性格の人は英米圏には殆んどいないから、それに相当する英語がないと言うことでしょうか?
もし、近い英語があれば教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 yes-man, yes-sayer(はいはいと言うことを聞く人)の対義語、no-man, no-sayer(違う違うとごねる人)が近いだろうと思います。

Qこの場合い in which を of whichに代えてはおかしいでしょうか?

中野幾雄著「技術英語攻略法」 (株)工業調査会 発行 のp144に次の英作文例があります。

和文:
パイプの中を流れる液体の中央部分が,壁に接触している部分よりも速く動くような液体中の内部摩擦を粘性力と言う。

訳例:
Internal friction is fluid in a pipe, in which central portion is moving faster than the portion in contact with the wall, is called the force of viscosity.

説明; (少し前置きが長く申し訳ありません。 自分の頭の整理の都合目的もあります。 ご容赦下さい。 )
訳例を導くのに次の様な解説がされています。
1. 和文の主部・述部の骨幹は
* 液体中の内部摩擦を粘性力と言う。
* Internal friction in fluid is called the force of viscosity.

2.骨幹以外に修飾部の内容は
* パイプの中を流れる液体の中央部分が,壁に接触している部分よりも速く動くような

3.上記2.の修飾部に骨幹部で使われている共通語「液体」があり,さらにその修飾語「パイプの中を流れる」を,幹部の主部に移管する。 よって骨幹部の主部は
* パイプの中を流れる液体中の内部摩擦を粘性力と言う。
* Internal friction flowing in a pipe is called the force of viscosity.

4.上記3.に伴い修飾部の内容は
* 中央部が,壁に接している部分よりも早く動く
* The central portion moves faster than the portion in contact with the wall.

5.上記4.は液体を修飾する語であったので,その様に英語的に並べ代えると
* パイプの中を流れる液体中 [中央部が,壁に接している部分よりも早く動く] の内部摩擦を粘性力と言う。
* 関係代名詞でつなぐとすると,訳例では;
* Internal friction in fluid flowing in a pipe, in which the central portion moves faster than the portion in contact with the wall, is called the force of viscosity.

質問:
1) 訳例ではin whichで文章をつないでいますが,先行詞はfluidと思いますが。 of which 或いはwhoseでついないでも意味は通じると思うのですが如何でしょうか?
 * in which the central portion ・・・ in which = in fluid.
 * of which the central portion ・・・ The central portion of fluid
 * whose central portion ・・・ The fluid’s central portion.

2) 訳例では中央部をcentral portionとされていますが,central areaでは意味が通じませんか?

3) 訳例ではthanの後で再度the portionを使っています。 the oneではダメなのでしょうか?

宜しくご教示お願いします。

中野幾雄著「技術英語攻略法」 (株)工業調査会 発行 のp144に次の英作文例があります。

和文:
パイプの中を流れる液体の中央部分が,壁に接触している部分よりも速く動くような液体中の内部摩擦を粘性力と言う。

訳例:
Internal friction is fluid in a pipe, in which central portion is moving faster than the portion in contact with the wall, is called the force of viscosity.

説明; (少し前置きが長く申し訳ありません。 自分の頭の整理の都合目的もあります。 ご容赦下さい。 ...続きを読む

Aベストアンサー

 英語の専門家でもない私が回答するのは適任(ふさわしくない)ではないか、と思いますが、一参考として読んでもらえばと思います。

質問:
1) 訳例ではin whichで文章をつないでいますが,先行詞はfluidと思いますが。 of which 或いはwhoseでついないでも意味は通じると思うのですが如何でしょうか?

説明:

 質問者は、「of」と「in」との違いを理解する必要があります。すなわち、

「of」の用法:

 次の例文を見てもらえばわかるように、「a ring of gold」の「of」は、リングの材料、性質(つまり、リングの内部に含まれる要因、要素)であることを示しています。もう少し詳しく書けば、「a ring = gold」という「同格的関係」があるわけです。「金」を抜き去ったら、リングも消えるはずです。また、反対に、なにものも含まないリングはあり得ないはずです。

「in」の用法:

 例文を挙げると、「explosives in baggage」というように、「爆発」と「場所」とは異なったものです。つまり、「in」は、別の場を示すために、質問の例文で言えば、「特定の」を示すために、「in」が使われているわけです。これを「of」とすると、「fluid」そのものの内のものとなってしまうおそれがあるわけです。もちろん、「whose」では、「fluid」の一部という意味になってしまうわけですから、ふさわしくないことがわかると思います。

 まとめて書くと、「of」は、そのものの場所、「in」は、新しい範囲、箇所を示すものとなります。区切った箇所を示すときにも使われます。「壁に触れる部分」という、区切った、狭い箇所を示すために、「in」を使うと言うことです。「of」では、バイブ全体となりかねません。


2) 訳例では中央部をcentral portionとされていますが,central areaでは意味が通じませんか?

説明:

 「ビジネス・技術実用英語辞典(海野文男+海野和子著)」の説明では、

● area

 「範囲, 部分, 部位, 面積」となっています。わりと広い面を指しているようです。ちょうど、ボールの頂上がどこまでを指すか難しいように。骰子の面なら、わりと見分けられますね。一面だけを指せばいいんですから。広がりを感じさせる所があります。バイブの内部にはちょっと使いにくいのではないでしょうか。

● portion

 「一部, 部分, #部, #分」という感じです。ちょうど、壁に触れる「部分」といった感じです。そもそも、元の語が、「(ラテン語の)割り当て、分けられた部」というのですから。これに対して、「area」は「空き地、平地」という意味から来ています。ですから、パイプのように、閉じこめられた感じの場の場合は、壁の一部に触れるという意味から、「portion」がいいわけです。

3) 訳例ではthanの後で再度the portionを使っています。 the oneではダメなのでしょうか?

 英語で気をつけたいことは、一度出た語を繰り返して、その語であることを示すためには、itなどの代名詞を使うことです。分かり易く言えば、

イ)パイプの中を流れる液体の中央部分

ロ)壁に接触している部分( イ)とは違う部分(箇所)であるのに注意)

 もし、「the one」だと、「中央部分の」という意味になって、別の箇所の「壁に接触している部分」を意味しません。わかりにくいかな? つまり、英語では、同じ部分を指すときには、itなどの代名詞を使うと言うことです。ちなみに、「the one」の意味は、「同じ、そのもの」ということですから、「接触している部分」でなく、「中央部分」を指すことになります。

 しかし、イ) の箇所とロ)の箇所は別のもの(概念)と受け取っているので、新しい部分を示すために、もう一度同じ語を使っているのです。日本語では、同じ名詞を繰り返しても、同じ対象を指すものと考えるのですが、英語では、別のものを意味するのです。うっかりしやすいので、気をつけてください。

 たとえ、日本語で「安部。。。安部」と書かれてあっても、英語だと、それぞれの安部さんは、別々の人だという意味になります。意外に思われるかもしれませんが、英語の習慣だと思ってください。

 ですから、同じ対象を示すのなら、「it, they, he, one ...」を使うわけですが、「中央部分」と「接触している部分」とは、同じ対象(箇所)でないために、代名詞が使えず、それぞれ同じ語を繰り返しているわけです。

 念のために、他の回答者の意見も聞いてください。公平の取れた知識を持ってもらうためにも。。。

 英語の専門家でもない私が回答するのは適任(ふさわしくない)ではないか、と思いますが、一参考として読んでもらえばと思います。

質問:
1) 訳例ではin whichで文章をつないでいますが,先行詞はfluidと思いますが。 of which 或いはwhoseでついないでも意味は通じると思うのですが如何でしょうか?

説明:

 質問者は、「of」と「in」との違いを理解する必要があります。すなわち、

「of」の用法:

 次の例文を見てもらえばわかるように、「a ring of gold」の「of」は、リングの材料、性...続きを読む

Qあまのじゃくな男性

中学生男子に
あまのじゃくな人は結構いますか?

あと中学生男子は
普通に女子の肩に触れたりは
するもんですか?

回答お願いします(*´∇`*)

Aベストアンサー

中学生はあまのじゃくが多い年代でしょう。

女の子に対し興味が無いようなふりをしたり、悪態をついたり。

肩に触れるのはある程度親しいしるしだと思います。

Qin the case とin case, 英英辞書での説明

in the case of とin case ofの違いを、non-native の外国人に説明しようとしているのですが、困っております。お知恵をお貸し下さい。

これらの使い方の違いについては、別の質問http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1943698.html
とその回答に解説されております。また、英和辞書には必ずといってよいほど、これに関する記載(特にin case of)があり、違い自体の質問ではありません。
--
本題です。non-nativeの外国人と共同で文書を書くことがよくあるのですが、上記の濫用に頻繁に出会います。ただ、説明しても納得されないことのほうが多いです。

実際問題としてin case of とin the case of の濫用は非常によく見かけます。また、比較的大きめの英英辞書などを引いても、それほどはっきりとした記述はありません。

質問は、
1)実際のところ、どうなの? ほんとに違うの?
2)英語で書かれてあり、なおかつ権威のある解説(辞書、著名なwriting styleの本など)をご存知ありませんでしょうか?

お知恵をお貸し下さい。宜しくお願いします。

in the case of とin case ofの違いを、non-native の外国人に説明しようとしているのですが、困っております。お知恵をお貸し下さい。

これらの使い方の違いについては、別の質問http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1943698.html
とその回答に解説されております。また、英和辞書には必ずといってよいほど、これに関する記載(特にin case of)があり、違い自体の質問ではありません。
--
本題です。non-nativeの外国人と共同で文書を書くことがよくあるのですが、上記の濫用に頻繁に出会います。ただ、説明しても...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。お礼をありがとうございました。
どうやら少しはお役に立てたみたいで嬉しいです。

論文の場合ですが 共通言語が英語ですから 様々な国の人が様々な英語で書いていますので そんなに「こいつはアホにちがいない」ということにはならないと思いますが。大切なのは何を書いているかということなので。ただ その表現の使い方によって読む側が混乱をきたしたり 誤解するようでは困りますので 出来るだけきちんと伝わる英語にする必要はあります。
私は応用化学系の論文を読むことが多いのですが ネイティヴの書いたものとそうでないものは書いた人の名前を見なくてもすぐわかります。つまり 日本人の私ですらわかるわけですから ネイティヴが読めばもっと早く 極端に言えばタイトルを読んだだけでもわかるのではないかと思います。(勿論タイトルのつけ方にもよりますが)
英語圏以外の人間が書いた場合 その国特有の間違いと思われるものが別の同国人が書いた論文に見受けられるのはよくあることです。
たとえば 私が読んだ例で言えばフランス人は過去形でよいと思われるところを現在完了にしているとか・・・読んでいるこちらは時折これは過去形なのか現在形なのか混乱します。実験結果を示しているのだから過去形でよかろうに とか思ったりします。ときには 「えっ これってこの状態がまだ続いているの わからん???」てなこともあります。(これはあくまでも私が読んだ範囲ですからフランス人が全てそういう文を書くということではありません。)
まあですから ご提示のものも使い方を間違えると読む側が前後の文脈からどちらの意味で書いたものなのかを推測するということになる微妙な表現ですね。

#1です。お礼をありがとうございました。
どうやら少しはお役に立てたみたいで嬉しいです。

論文の場合ですが 共通言語が英語ですから 様々な国の人が様々な英語で書いていますので そんなに「こいつはアホにちがいない」ということにはならないと思いますが。大切なのは何を書いているかということなので。ただ その表現の使い方によって読む側が混乱をきたしたり 誤解するようでは困りますので 出来るだけきちんと伝わる英語にする必要はあります。
私は応用化学系の論文を読むことが多いのですが...続きを読む

Qあまのじゃく・・・

なんとなく、あまのじゃくな性格です。
この性格ってどうしてこうなるの?
解決する方法とかありますか?

Aベストアンサー

同じくあまのじゃくです(笑)
#1さんのおっしゃること、確かに当たってるような気が・・・。
私は最近は、思わず言い返してしまっても
後で家に帰ってから反省をするようにしています(笑)
あまり役に立つか分かりませんが
参考程度に読んでおいていただけるとありがたいです。

QYou are looking at a man in the prime of his life with 100 plus to go.

70年代の刑事ドラマで英語の学習をしております。

事件解決後の刑事2人の会話です。

B: Guess where I'm gonna spend my next vacation.
A: In the immortal words of my grandmother, "You should live so long."
B: No. No, no. I'm gonna live like those dudes do in X(国名). I'm gonna live!
A: Yeah, well, if I could pronounce it, I might begin to understand what you're talking about. (AはXという国を知らないのか、発音できません)
B: A, it's that village where those people live to 148, and then some.
Oh, forget it. You are looking at a man in the prime of his life with 100 plus to go, huh?

タイトル部分がわかりませんでした。
意訳ですが、
”おまえの目のまえのオレは100歳過ぎても現役だからな”(?)でしょうか?
(Bのこのjoke?にAは大ウケ、という場面です)


なお、この事件で、刑事AはBの命を救っています。
また、episodeの最初の部分に、こんな会話があります。

B: X(国名)のY村じゃ148まで生きてる人がいるんだぜ。雑誌で読んだ。
A: オレはいやだね。80か85だな。
B: オレは140。
A: 冗談だろ。どんな人生なんだよ。歯はねぇ、酒も飲めねぇ、それに… わかるよな…。
B: … おい… 人生には”それ”よりもっと大切なことがあるだろうよ。

お時間ありましたら、お願いいたします。

70年代の刑事ドラマで英語の学習をしております。

事件解決後の刑事2人の会話です。

B: Guess where I'm gonna spend my next vacation.
A: In the immortal words of my grandmother, "You should live so long."
B: No. No, no. I'm gonna live like those dudes do in X(国名). I'm gonna live!
A: Yeah, well, if I could pronounce it, I might begin to understand what you're talking about. (AはXという国を知らないのか、発音できません)
B: A, it's that village where those people live ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

基本的にご理解のとおりで良いと思いますよ。年齢などは会話では year old などの単位を用いないで表現することが多いですし、話の流れや文の意味からも当然年齢のことを言っていることになるでしょう。

ちなみに 

a man in the prime of his life with 100 plus to go

と言っていますので、「現在一番油がのりきった年齢40歳前後で、あとまだ148歳まで 100年ちょっと生きるはずの男(with 100 plus to go)」という意味になります。

字幕ですので、短くするために多少意訳してあるのでしょう。

-- to go はご存じと思いますが、良く使いますね。
I still have three more weeks to go before vacation. 休暇までまだあと三週間あるのよねー。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報