私は現在25歳(女)で派遣で経理の仕事をしております。
大卒後、証券会社に入社しましたが、業務を行っていくうちに会社や税金についてのスペシャリストになりたいと思い公認会計士になるために退職しました。

その後、無職で貯金を切り崩しながら会計士の勉強を1年半ほどしていましたが、試験は不合格。
生活費が底を尽きたため仕方なく派遣で働き始めました。

仕事をしながらも勉強できると思っておりましたが、やはり両立させるのは大変でなかなか勉強できず、また長引けば長引くほどモチベーションは下がり、でも将来への不安は募るという状態が続いておりました。

年齢も考えると、正社員として就職できるのもだんだんと難しくなってくるだろうと思い、会計士試験をあきらめることにいたしました。

しかし、2年以上も勉強してきた簿記や商法などの知識は無駄にしたくはなく、できればそれを生かした仕事に就きたいと考えいろいろ調べたところ、国税専門官を目指すことにいたしました。

ただ、国家公務員や地方公務員に比べ国税専門官については情報が少なく、専門学校に通ってない私はわからないことが多々あります。

そこで教えていただきたいのは、
(1)国税専門官試験の難易度(国II、地上に比べた)は?
(2)会計士の科目である簿記、財務諸表、商法、民法の基本的知識で国税専門官に太刀打ちできるか(あと2ヶ月で合格は可能か)?
(3)高年齢や女性は採用時に不利になるのか?
(4)職歴は考慮されるのか?
ということです。

どうぞ教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

回答にはならないかもしれませんが、2つほど・・・。



まず「会社や税金のスペシャリスト」という点ですが、簿記、財表の学習経験があり、まだこの目標をお持ちであれば「税理士」もあると思います。特に、会計事務所や税理士法人といったところでは、科目合格者(簿記1級のみの場合も)を採用するケースも多く、正社員として働きながら学習もできる魅力はあります。実際に、私の知人にも何名かこのような立場の方がいます。こういった選択肢はないのでしょうか?

2つめは、たいした情報ではありませんが、同じくらいの年齢の女性(これも知人)が国税専門官に受かりました。特に年齢にこだわらずとも良いと思います。また、試験ですが、人事院より試験科目をご覧になればどのような対策をすべきかはわかると思います。特に会計学と民法、商法は会計士試験の方がレベルが高い(難しい)のでその点は良いと思いますが、教養試験と専門試験の他の科目についてはやはりきちんとした対策が必要でしょう。

以上の情報提供となります。少しでも参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。
税理士科目合格で会計事務所で働くのもいいですね☆

ただ、国税専門官はあと2回しか受けれないので、その残り少ないチャンスを生かしたいと思っております。

どうやら国税専門官になると職種にもよるそうですが10年から15年で税理士の税法(23年ほどで全科目)が免除になるそうなのでそれもとても魅力だと思い、勉強を始めました。

また、国税専門官といえども公務員試験なのでおっしゃるとおり勉強を始めたばかりですがやはり教養試験、専門試験に戸惑っております。
もちろんやるからには絶対合格する気で頑張りたいと思っております。

それにしても同じ年くらいの女性が受かったというのはとても励みになります。
年齢などは気にせず試験合格まで勉強に集中して頑張ろうと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/04/09 01:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国税専門官の会計って日商簿記の内容とは無関係?

国税専門官がらみの質問です。

国税専門官の試験には会計が入っていますが、これは日商簿記などと同じものでしょうか?

採用された際は、税務大学校に入って会計か何かの資格の何級かをとることを求められるようですが、これは日商簿記のようなものでしょうか?

日商簿記3級の資格を一応持っているのですが、国税専門官の会計や仕事内容とはあまり関係がなく、無意味なものとして扱われるのでしょうか?
初歩的な質問で済みませんが回答お願いします。

Aベストアンサー

同じですよ。
ただ、3級よりは少し難しくて2級レベルだと思った方がいいかもしれません。
国税専門官合格後に取らされるのは日商簿記です。
だから簿記は仕事に直結している資格です。
国税専門官の仕事は税に関することですが、税金は簿記で作った帳簿を元に計算されるので仕事に直結している資格といえます。
全然無意味ではなく、むしろ必要な知識です。

Q税理士試験の国税徴収法について

税理士受験にチャレンジしようと思っています。
法学部出身なので国税徴収法からやってみようと思ってテキストと買ってみたのですが、
どこから手をつけていいのかわかりません。
何かテキスト・学校等のいい情報があれば教えていただけないでしょうか?
また受験する科目の順番などアドバイスもあればありがたいと思っております。

Aベストアンサー

 こんにちは。grooveさんがおっしゃっている通り、税理士試験の科目は独学は難しいです。大原とかで勉強するといいでしょう。今からですと今年の試験(7月末か8月の頭)は間に合わないと思いますので、今年の本試験は力試し、感覚をつかむ程度とし、来年に照準をあわせましょう。国税徴収法は簿記の基礎がまだできていない人でも勉強できるでしょう。また、国税徴収法は理論問題で殆どを占めるので、暗記力が求められています。試験委員は国税庁徴収部徴収課長です。ちなみに、他の科目は理論と計算が半々で出題されています。がんばってください。

Q僕は、三流大学生ですが、国家公務員2種採用試験や国税専門官採用試験を受

僕は、三流大学生ですが、国家公務員2種採用試験や国税専門官採用試験を受験しようと思っています。

しかし、三流大学出身者と有名大学出身者を比べると、面接のときに最初の印象が三流大学生では、少し弱いように感じます。

そこで、何か資格を取ろうと思ったのですが、パソコンの資格は、勉強すれば誰でも簡単に取れ、英語の資格は、それほど必要とされていないと聞きました。(本当かどうかは分かりません)

何か自分をアピールできるような資格や、将来役に立つような資格があれば教えてください。また、その資格の中でもレベルが分かれているのなら(TOEIC何点以上など)どのレベルまでいけばいいのか教えてください。

Aベストアンサー

公務員試験は普通の就職活動とは違うので資格などは特に不要です。
学歴、職歴も不問で年齢の条件さえ通っていればほぼ平等に評価してもらえますよ。(それが公務員の特長)
というか、公務員自体がかなりの難関なので一般企業の就職活動をする予定がないのでしたら資格は特にアピールする事にはなりません。(しても構いませんが)

それよりも地方公務員でしたら「地域との関わり合い」などが仕事と直結してきますので、市がやっているボランティア活動などに参加する方がよっぽどアピールになり、かつ志望動機にもつながって行くと思います。

そして地方公務員は面接が重視されるのに対して、国家公務員と国税専門官は面接の重要性が低い事も有名です。
点数化されるにあたっても地方公務員の半分程度です。
つまり国家公務員や国税専門官は筆記重視なので大半の受験生は筆記を固めてきます。
これらが地方公務員よりも志望度が高いようでしたら筆記の勉強に打ち込むことが何よりの対策になります。

その上でもさらに資格を重視するのならば簿記をオススメします。
国税専門官には会計学(つまり簿記)の試験があるのですが、大半の公務員受験生は会計学を苦手としています。
会計学は国税専門官のみの試験なので他と併願してくるような受験生は他の科目で手一杯で会計学を完全に切ってしまうことも結構あります。
なので会計学をコンスタントに取れると試験対策としてはいいかと思います。

それに国税専門官に合格後はほぼ必須で簿記を取るように言われるので取っておいて損の無い資格だと思います。
一応、一般企業の就活のアピールにもなりますし。
簿記はマルチで活躍しますよ。

公務員試験は普通の就職活動とは違うので資格などは特に不要です。
学歴、職歴も不問で年齢の条件さえ通っていればほぼ平等に評価してもらえますよ。(それが公務員の特長)
というか、公務員自体がかなりの難関なので一般企業の就職活動をする予定がないのでしたら資格は特にアピールする事にはなりません。(しても構いませんが)

それよりも地方公務員でしたら「地域との関わり合い」などが仕事と直結してきますので、市がやっているボランティア活動などに参加する方がよっぽどアピールになり、かつ志望...続きを読む

Q27歳、ゼロから目指す資格

現在27歳です。
今まで将来を真剣に考えず過ごしてきたので、派遣社員として何とか生活をしています。

超が付くほど遅いのですが、一生自分で食べていけるようにキチンと就職したいと考え始めました。

が、職歴も誇れる様なものはなく、資格もない私がすんなり就職できないのはわかっています。

そこで、何か資格を。と思っているのですが、どんな資格を取れば有利なのかすらよくわかりません。

今から勉強を始めるにはどういったものがオススメでしょうか?
沢山知識を付ける事にも、そのために努力する事にも抵抗はありません。

同じ様な年齢から資格を取られた方がいらっしゃいましたら、経験談も聞かせて頂きたいです。

Aベストアンサー

http://okwave.jp/qa2490679.html
http://okwave.jp/qa2912491.html
http://okwave.jp/qa1123527.html
http://okwave.jp/qa2127089.html
http://okwave.jp/qa215206.html

どのような方面に就職したいのでしょうか?

もちろん、医師や司法試験などの高難易度で業務独占資格が一番ですよね。
難易度の低い資格をいっぱい持っていても仕方がないですし。

まずはパソコン操作の「Word」「Excel」あたりはどの職種でも持っていると良いかなぁ...

Q国税専門官と公務員試験再受験

こんばんは。
昨年に民間企業をやめ、今年、国税専門官採用試験と国家二種採用試験に合格しました。
そして、国税専門官として、内々定も頂いています。

しかし、民間企業を辞めてから、地元の政令市に受かるために勉強してきました。
一次試験には合格。しかし、面接で失敗。
本音を言えば、国税専門官を辞退して、もう一度政令市を受けたい。
しかし、来年受けたとしても、今年のように政令市に一次試験に受かる保証もない、
しかも、また面接で落とされる恐れもある。
リスクもでかすぎる。
満足度で言えば、今のところ60点くらいだと思います。

こういうとき、どのように考えればいいでしょう。
中途半端な気持ちで税務署の職員にはなりたくないので、今、考えています。

何か、アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

現職の公務員です。
あなたは地元の政令市が第一志望ですね。年齢的にまだ受験できるなら、とりあえず国税専門官として就職し、その上で政令市を来年受験されてはいかがですか。ただ、国税専門官は最初の半年は税務大学校で研修(寮に入る)がありますので、その間は他の公務員試験の勉強は難しいかも知れません。確かここで税法や簿記などを勉強する(簿記2級取得が目的)とのことですから、当然そちらが優先されます。再来年でも受験できるなら、税務署に配属されてから、自分で政令市の準備をし、再来年にかけるのも一つの方法でしょう。でも、国税専門官って、厳しい面はありますが、難関の税理士への道もあるし、悪くないですよ。

Q建設業経理士のDVD

前回建設業経理士2級を受けたんですが、不合格でした涙”立場上、次の9月の試験では絶対に受からないといけないのですが・・・
田舎に住んでいるので、教室通学などもできず家でDVD講座をしようかと思っています。なにかお勧めのDVD講座などありますでしょうか??そもそもDVD講座そのものはやる価値ありですか??><
今までに資格関係のDVDなど購入したことがないもので、値段も高いので躊躇しているんですが・・・;
「ユーキャンは趣味のようなものだからあまり受からないよ」という情報も聞きました。TACなどは少し値が高い気がするので、自分ではイーアカウントなどがいいのかなあと考え中です。
ちなみに高卒(普通科)の簿記などの知識が全くないものです・・涙)
どなたかおすすめの講座をご存知でしたらよろしくお願いします!!!!><

Aベストアンサー

DVDはやめて、日商簿記3級・建設業経理士3級の勉強をオススメします。
私は簿記の知識が全く無くて、独学で始めて去年日商簿記1級・今年建設業経理士1級を合格しました。

やはり基礎の土台が出来ていないといきなり2級からだと無理です。
私のオススメはTACのとおるシリーズのテキスト(日商簿記)か、TACのパターン&解き方(建設業)です。

建設業のTACのパタ解きはこれ1冊でテキスト・問題集になっており、十分網羅してます。しかも質問サイトもあり親切です。
独学だから不合格ではなくて、基礎の土台が出来ておらず要点をおさえていないから不合格なんだと思います。
建設2級は独学でも十分合格できますから、ひとつひとつ基本に戻って勉強してみてください。
自信をもってがんばってください。

合格の秘訣は、簿記を好きになって合格するゾと熱くなることです。

Q将来、国税専門官を目指しているんですが、資格の大原 札幌校は国税専門官

将来、国税専門官を目指しているんですが、資格の大原 札幌校は国税専門官コースは四年生らしいんです。
二年制で国税専門官を目指せるコースはないんでしょうか

Aベストアンサー

大原にききましょう
他の場所では2年制あります
http://sapporo.o-hara.sc/?link_top_shakai=sap

Q経理に有利な資格について

はじめまして、現在、大学一年で将来的に企業の経理に就きたいと考えてるものです。
現在、簿記二級を取得し、一級の勉強をしているのですが、その後どのような資格を目指そうか迷っています。
個人的には税理士、中小企業診断士、ファイナンシャル・プランナー等を考えているのですが、これらの資格が企業にどう評価されるのかをお聞きしたいです。
また、その他にどんな資格が経理の仕事で役に立つか教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。就職面接官もしていた経理、財務、総務等経験者です。

>大学一年で将来的に企業の経理に就きたい
一般的に考えると、まわりから変わった方だと言われませんか?
「どういうキッカケ、あるいは将来的な展望を持って、経理に就きたい
と考えているか?」、資格がどう評価されるかの前に、これらのことを
きちんと整理しておかないと、エントリーシートや、就職面接時の評価
にかなり影響(悪く)すると思います。
 それは、おいておいて、経理(会計、財務)にて評価されるもの
簿記2級 :十分です。 一級の勉強は不要。ただし
大学で、経済学や資本論等の講義を受講して単位取得していませんか?
それらの単位があれば、一級取らなくても税理士を科目ごとに受けら
れます。一級よりも税理士の科目合格の方が評価が高いのは当然でしょう。最近は、社内税理士も結構増えています。

中小企業診断士:あなたが就職する会社に沢山子会社があると、
かなり評価がありますが、加えて、英語力とか中国語力が必要に
なってくるでしょうね。

ファイナンシャル・プランナー:
 これは、どちらかというと人事総務の資格ですね。

固定資産の管理なんかも経理の仕事なので、
 宅地建物取引主任者、不動産鑑定士 なんかも役に立つでしょう。

結構、税理士と宅建主任者、行政書士、弁理士等、学習範囲がかぶる
のでまとめて勉強される方もいらっしゃいますよ。

最初に戻りますが、経理に就職ということで、資格を持っていれば
有利だと安易に思われがちですが、その前に、会社は人を見ます。
そこの会社に入った時に、周りの人が「ぜひ一緒に働きたい」と
思うような人になってください。
資格の優位性が生きるのは、そういう前提条件があってこそです。

こんにちは。就職面接官もしていた経理、財務、総務等経験者です。

>大学一年で将来的に企業の経理に就きたい
一般的に考えると、まわりから変わった方だと言われませんか?
「どういうキッカケ、あるいは将来的な展望を持って、経理に就きたい
と考えているか?」、資格がどう評価されるかの前に、これらのことを
きちんと整理しておかないと、エントリーシートや、就職面接時の評価
にかなり影響(悪く)すると思います。
 それは、おいておいて、経理(会計、財務)にて評価されるもの
簿記2級 :...続きを読む

Q国税専門官の転勤で、採用局管外へ転勤することって頻繁にあるものなんでし

国税専門官の転勤で、採用局管外へ転勤することって頻繁にあるものなんでしょうか?

http://www.nta.go.jp/soshiki/saiyo/saiyo02/qa/qa10/07.htm
たとえば大阪の国税局に採用されたとします。
上のとおり京都、滋賀、兵庫とかならまだしも、東北や九州などに転勤することってあるのでしょうか?


また、そのような採用局管外に転勤させられる人っていうのは大きな失敗とかをした、国家公務員とかでいうキャリア組をはずれた人っていう感じでしょうか?


テレビドラマとかで、過去に失敗した人が、東京から地方に転勤したとかっていう内容とかも見ますが・・・

Aベストアンサー

友人が国税局にいるので、転勤について話を聞いたことがありますが、結論から言うと「割と早いうちにあります。」
はじめ数年間は地元の国税局管内で仕事していました(その間にも業務研修で4ヶ月間関東に行って寮生活を送っています。)が、入局数年で管外に3年ほど転勤しました。
すでに結婚していたので、転勤は大変だったようです。
これは別に仕事上の左遷というわけでもなく、もともと業務経験の一環で行っているようです。

また、国家公務員のキャリア組(1種採用)は、基本的に東京と地方のピンポン異動が多いです。
そして地方の場合は、たいてい3年以内に東京に戻されることが多いです。(給与構造上、3年間は東京での手当が保証されるため。公務員改革でこの制度が今でも残っているかどうかは不明ですが…)1種の地方転勤も人事上の施策ということのようで、必ずしもドロップアウトというわけではないです。

ただ、地方で管理職以上になってくると、国税庁に限らず、どこの国家公務員も全国転勤になっているようです。

Q経営コンサルタント目指しています。

経営コンサルタント目指しています。

中小企業診断士取得しようと思っているんですが、まったくの素人です。簿記の取得から始めたほうがいいのでしょうか?

数字コンプレックスなのですが、計算などは、難しくないですか。

他に有益な資格などの情報も求めます。

Aベストアンサー

私も経営コンサルタント(IT・起業)です。副業ですがね。
経営コンサルタントには資格は不要です。
私自身、民間資格だけです。

経営コンサルタントで財務分野を行うのであれば、決算や経理内容を把握する必要があるでしょう。簿記検定だけでは話にならないと思います。
私は以前税理士を目指しつつ、税理士事務所で働いた経験もあります。また、簿記検定で言えば最上位級を取得しています。

私は零細会社の役員でもありますが、中小企業診断士への依頼のメリットを感じたことがありませんね。
以前であった診断士の先生は、助成金関係の講師や手続き代行を行っているようでした。中小企業庁関係の助成金もありますからね。

税理士や社会保険労務士も経営コンサルタントを名乗ることも多いですよ。他の回答にもあるように中小企業診断士に何か別な資格をつけて、箔をつけるほうが良いと思います。

財務関係であれば、まずは税理士へ相談する人が多いでしょう。税理士以上のアドバイスが出来なければなりませんしね。

数字コンプレックスといっても、お金の計算は出来るでしょう。簿記検定であれば、四則演算程度の計算でしょうね。

私の保有する資格は、全経簿記上級(税理士試験受験資格)と経営調査士とその他税務会計検定などですね。友人には、別の団体の経営士を取得し、団体のセミナーなどを受けている者もいますね。

私も経営コンサルタント(IT・起業)です。副業ですがね。
経営コンサルタントには資格は不要です。
私自身、民間資格だけです。

経営コンサルタントで財務分野を行うのであれば、決算や経理内容を把握する必要があるでしょう。簿記検定だけでは話にならないと思います。
私は以前税理士を目指しつつ、税理士事務所で働いた経験もあります。また、簿記検定で言えば最上位級を取得しています。

私は零細会社の役員でもありますが、中小企業診断士への依頼のメリットを感じたことがありませんね。
以前であった...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報