父親はサラリーマンですので源泉徴収票の「支払金額」ということはわかるのですがパートの母親はやはり「支払金額」なのでしょうか?これだと年収・所得の上限を超えてしまいます。課税証明書では合計所得の給与所得は配偶者控除等によりもっと少ない額ですのでこの「給与所得」ならセーフなのですが。
ちなみに父親の年収のなかには昨年だけの「前払い退職一時金」が合算されて「支払額」になっていますが実際には「雑所得」として給与所得以上の課税がされていて納得できません。会社がなにも子供の進学時にこんなことしなければよかったのですが。
ほんとうに困っています。
妙案はありませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>やはり総収入のようなのです。


そうですか。それでは支払総額となるでしょうね。

>「雑所得」のみ分離する方法はないものでしょうか?
何故これが雑所得だとお考えですか?
前払い退職金は税法上は給与所得になるはずです。
だから給与所得の源泉徴収票の支払総額に含めているのだと思います。
もし雑所得であれば別途確定申告しなければならないはずです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

大変お礼が遅くなったことをお許しください。
勤務先で前払い退職金を除いた「給与支払い証明」を書いてもらいました。
課税証明書と「給与支払い証明」で受け付けてもらえました。
今回はこれでよかったのですがもし、前払い退職金が月払いで年収の上限を超えた場合はダメだそうです。
私の場合は昨年、勤務先の退職金・年金の改定があったためであくまで特殊なケースです。
勤務先の都合によって年収が超えているなんて言われても納得できませんよね。
いろいろと参考になりました。
ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2005/05/01 05:39

何度もすいません。


参考までにいいますと給与所得1200万だと、年収にして1450万ほどになります。そんなに収入があれば奨学金は必要ないだろうということでしょうね。

あと課税証明書で「給与所得」と書かれている部分があれば、それが給与所得です。でこれには配偶者控除などはひかれていません。給与所得はあくまで収入から給与所得控除を引いただけです。
配偶者控除などは合計所得から差し引かれて、課税所得を求めるときに使われます。

では。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
HPには「源泉徴収票の支払い金額」とあるので
やはり総収入のようなのです。質問させていただいた
「雑所得」のみ分離する方法はないものでしょうか?

補足日時:2005/04/14 00:45
    • good
    • 4

まずきちんと条件を確認しましょう。


ご質問では高校なのか大学なのかもわかりませんが、とりあえず大学の例だと日本学生支援機構のサイトから、
http://www.jasso.go.jp/saiyou/daigaku.html

   給与所得   給与以外の所得
1,254万円     719万円

です。給与所得者であれば給与所得が上記以下ということなので、給与所得が1254万以下であれば受けられるということになります。

で、ここからが本題なのですが、「収入」「所得」「課税所得」この3つにはそれぞれ意味があり、以下の関係にあります。

収入:総支給額に相当し税込み年収などとも呼ばれます。

所得=収入-経費
給与所得の場合はみなし経費により、
給与所得=収入-給与所得者控除(収入金額により変わる)

課税所得=所得-所得控除

となっています。
ですから、ご質問で年収・所得と書かれていますが、年収と所得は違います。年収は通常年間収入、つまり税込みを表し、年間所得であれば給与所得、つまり給与所得者控除後の金額になります。

さて、問題の制限は「給与所得」ですから、これは源泉徴収票(年末調整済みのもの)の「給与所得控除後の金額」とかかれたところの金額が給与所得です。

ですから父の分と母の分についてその欄の金額を合計すればよいです。

ちなみに雑所得は上記サイトを見る限り関係がないようですから含める必要はないでしょう。源泉徴収票で確認するものと思われます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q奨学金第二種に落ちました

今年の春に大学生になり、奨学金の申請をしました
一種と二種のどちらとも申し込んだのですが、前者は落ちても後者は落ちないだろうと考えていました。
しかし最近の発表では二種までも落ちてしまいました。
もう辛いです。
私の親は年収が1000万ちょっとあります。
ですがいろいろ家庭の事情がございまして本当に経済的に余裕がない状態です。
やはりこの年収では落とされる要因になってしまうのでしょうか?
日ごろの親の苦労を見ているので、なんて伝えればいいかと思うと泣きたくなります。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

日本学生支援機構は各学校に1種○名、2種○名と枠を決めておりそのなかで学校の基準で家計・人物・健康・成績にて点数化し上下をつけて採用を決めていると思います。
 所得が1,000万あってなぜ奨学金を受けないと困るのか、きちんと伝わらなかったんだと思います。
 これから夏ぐらいに追加募集があると思いますので今年度はまだチャンスがあります。
 申込の際扶養家族や入院している家族がいるなど家計の特別な理由、諸事情を記入する欄があるのでここをきちんと記入する必要があります。奨学金採用担当の人と直接話せるなら事情を話しておいた方がいいと思います。

 日本学生支援機構の奨学金を受けるにはもちろん年収の上限があります。保護者の方の年収1,000万位というのは給与所得ですよね。(サラリーマンで会社より給与をもらっている)であれば申込基準は私立なら1,300万ほどなので大丈夫です。

Q奨学金 第2種不採用の理由

誰でも借りれると思っていた、日本学生支援機構の第2種奨学金が不採用になり、あせっています。
親になんて言えばいいのかわかりません。
理由を教えていただきたいです。
自分で思いあたることは・・・
・成績が悪い。(単位を2つ落としています)
・親が今年定年退職したので、退職金があると思われた
・共働き、一人っ子、国立
・ブラックリストに載っている(クレジットカードで300円の小物を買ったのですが、すっかり忘れていて載ってしまいました)

これくらいです。
特にクレジットの件が気になります。
これのせいで落とされたのなら、就職活動時などもブラックリスト照会されて、落とされてしまうのではないかな・・と。
わかる範囲でいいので教えていただきたいです。

Aベストアンサー

 何度か学生の面接をしました。明るい話はでてこないのですが、学生が落ち込んでいないように感じたのが救いでした。

1 保護者の収入が多すぎた
 2種の不採用は、保護者の収入が多すぎた、以外は経験がありません。
 収入は、今年度のものがでていないので、前年度のもので審査されます。この場合、収入が多いと、退職金も多いだろう、と判断されたかも。
 また、他の家計、例えば母親の収入や、家主だった場合の家賃収入、土地の所有なんぞも合算されます。

2 単純に、希望者が多かった。
 以前は、枠が少なかったので、500万を超えると駄目な場合も。最近は1000万を越えても、兄弟姉妹3人が大学、なんぞだと本学ならOKです。

3 面接時に1種にこだわった。
 「1種はいるが、2種は不要」と返答した。これと同様で、「10万円必要では」と進めても、「3万円」とこだわった。『3万円でよいのなら、なくても』と感じたりする。

 ブラックリストは、関係ありません(大学は知りようが無い、知る気も無い)。
 また、2種では、成績は関係ありません。留年は、アウトです。が、申請のときに受け付けないでしょう。

 以前は、後期にも募集があったのですが。また、来年度も募集があるハズです。本学だと、2年生以上の枠がありました。

 何度か学生の面接をしました。明るい話はでてこないのですが、学生が落ち込んでいないように感じたのが救いでした。

1 保護者の収入が多すぎた
 2種の不採用は、保護者の収入が多すぎた、以外は経験がありません。
 収入は、今年度のものがでていないので、前年度のもので審査されます。この場合、収入が多いと、退職金も多いだろう、と判断されたかも。
 また、他の家計、例えば母親の収入や、家主だった場合の家賃収入、土地の所有なんぞも合算されます。

2 単純に、希望者が多かった。
 以前...続きを読む

Q親の収入が十分な場合の、奨学金の申請について

私は、今、大学院2年生です。
この度、彼女との間に子供ができ、結婚すると親に告げました。
私の親は猛反対で、「親子の縁を切る」と言っており、今後、学費も仕送りも一切援助を打ち切られます。
今後のことを考えると、就職も内定が出ているので、大学院を卒業するのが、一番生活が安定しますし、自分はもちろん、彼女と子供にとっても良いことだと思っています。

彼女は、社会人で働いており、貯金もあるため、彼女の生活は何とかなるようです。
そこで、問題は、私の生活です。
学費は、なんとかなるのですが、日々の生活費をアルバイトで稼ぐとなると、学業に支障が出てくると思うので、奨学金の申請を考えています。

奨学金を受けられるかどうかは、親の収入が大きく影響してくるようですが、私の両親は、共に公務員のため、奨学金審査のボーダーを上回ることは確実です。

このような場合、奨学金は、どのようにしても受けることができないのでしょうか?
アドバイス頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

経験から言いますと、申請時の書類で親の年収を記載する項目がありますから、そこがネックになってきます。
まず、親に安定収入がありながら奨学金申請はできません。ですから親と縁が切れていることを証明する書類が必要になります。
それが用意できないようでしたら、親族の疾病証明(治療にお金がかかっていると見せかける)を用意するか、または奨学金でも理系などならわりと研究成果をみてくれる部類のものがあると思いますから、それを探してみましょう。研究助成系ですね。

以下余談です。

私の場合は父親が年収2000万円あるにも関わらず、家には一円もくれない人だったのですが、世の中すべての家庭が父親はお金を家に入れないと思っていた私は、
「ん? どうして父親の年収を書く欄があるんだろう?」
とふしぎに思いつつも真実の「年収は2000万円」と記入して提出、見事に跳ね除けられました。その後事情を説明してもまったく取り合ってもらえなかったので、初期ミスだけは気をつけてください。

結局、私は大学行きながら夜間バイト・早朝バイト・土日バイトをして毎日三時間睡眠で、学費も払えたし生活もできました。質問者様は就職が決まっておられるのですし、それまでの勝負でちょっと根性みせる、ってのもアリじゃないかと思います。基礎体力づくりにもなるし、バイトもそれほど悪影響ばかりじゃないです。また、家庭教師は高い割りに移動で時間を取られますから、個人的には塾などがおすすめです。週5回の4時間勤務でも、ひと月に12万円は稼げます。

経験から言いますと、申請時の書類で親の年収を記載する項目がありますから、そこがネックになってきます。
まず、親に安定収入がありながら奨学金申請はできません。ですから親と縁が切れていることを証明する書類が必要になります。
それが用意できないようでしたら、親族の疾病証明(治療にお金がかかっていると見せかける)を用意するか、または奨学金でも理系などならわりと研究成果をみてくれる部類のものがあると思いますから、それを探してみましょう。研究助成系ですね。

以下余談です。

私の場...続きを読む

Q給与所得と給与収入の違いを教えてください。また、年収はどちらで答えればよいか?

こんにちは。

給与収入と給与所得の違いを教えてください。また、年収はどちらで答えればよいでしょうか?

Aベストアンサー

年収は給与収入です。

給与所得は給与収入から経費を差し引いた金額です。
この経費というのは年収に応じていくら!と決まっ
ています。

確定申告や年末調整の手引きなどにはこの表が載っ
ています。

自営業は、領収書で経費差し引けますがサラリーマ
ンなどはそういうのが認められていないので、国が
年収に応じて経費を算出しました。
サラリーマンといえども、仕事の為に靴は買う!
スーツは買う!などしますからね。

Q奨学金 所得制限なし

私は大学の一回生(国立・理系)なのですが、大学が遠くて、
通学に時間がかかること、
料理などを自分でしたいこと、親と仲が悪く、家にいるのが苦痛なことが理由で一人暮らしがしたいと思っています。
もちろんそのような理由はわがままだとはわかっています。
また、嫌いな親に金銭面で頼るのはおかしいとも
わかります。

また、大学を選ぶ時から親には"下宿はさせない"と、言われていましたし、

今回、親に言ってみると、やはり反対されました。金銭面の理由です。

そして、自分で有利子の奨学金を借りてしろ、と言われました。

そこで調べてみたのですが、所得制限があるものしかなく、
私のうちの所得だとひっかかってしまい、借りることができません。

所得制限のない奨学金は存在しますか?

まだ、すぐに踏み出そうとは思っていないのですが、
知りたいと思い、質問させていただきました。

長文失礼しました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>親に言ってみると、やはり反対されました。金銭面の理由です。
所得制限で奨学金を借りられないということは、かなり裕福だということです。
それなのに、一人暮らしをさせないというのは、仲が悪いとはいえよくもケチな親ですね。

>自分で有利子の奨学金を借りてしろ、と言われました。
それもひどいですね。
有利子でももちろん所得制限あります。
ウチは、所得制限かかりませんが、無利子なら借りて有利子ならやめましたよ。
なので、2人の子のうち、1人は借り1人は有利子なら借りられるのに借りてません。

>所得制限のない奨学金は存在しますか?
母子家庭なら借りられる”母子寡婦福祉資金(奨学金のようなもの)”あり、それは所得制限ありません。
一般家庭ではないでしょう。
自治体の奨学金などで所得制限がない場合もありえますが、人数に制限があり生活に困窮している程度が高い家庭が優先的に借りられるというのが一般的です。
奨学金というのは、生活困窮世帯の子が進学するためにあるものです。
なので、貴方の場合、残念ながら、借りられる奨学金はありません。

なお、教育ローンというのもありますが、それは、貴方ではなく親が借りるものですから、貴方の場合は無理ですよね。
あとは、高収入が見込めるバイトを見つけるかでしょう。
でも、あんまり稼ぐ(年間103万円超)と親が税金上の扶養控除受けられなくなるので、親が反対するでしょうね。

>親に言ってみると、やはり反対されました。金銭面の理由です。
所得制限で奨学金を借りられないということは、かなり裕福だということです。
それなのに、一人暮らしをさせないというのは、仲が悪いとはいえよくもケチな親ですね。

>自分で有利子の奨学金を借りてしろ、と言われました。
それもひどいですね。
有利子でももちろん所得制限あります。
ウチは、所得制限かかりませんが、無利子なら借りて有利子ならやめましたよ。
なので、2人の子のうち、1人は借り1人は有利子なら借りられるのに借りてませ...続きを読む

Q予約奨学金第一種(無利子)に不採用

大学入試を控え、高校に予約奨学金第一種(無利子)を申し込みましたが
不採用でした。基準に合致しているが順位付けによるとの理由です。

第二種(有利子)を申し込むか、大学入学後に再度第一種を申し込むか
週末までに決めなければいけません。

サラリーマンで所得は650万、4人家族、通学できる範囲に大学が無いため、必ず下宿になります。
弟も進学を希望しており、二人とも下宿生活を免れません。
申し込み理由は、祖母の介護の出費がかさみ、親からの援助が当てにできないことです。
できれば無利子で借りたいとの希望がありますが、大学入学後慣れない環境で
申し込みを失念したりと考えると、高校でとりまとめてくれる今の方が無難かとも思えます。

上記のような条件や理由では第一種(無利子)に入学後に再度申し込んでも採用は難しいのでしょうか?

Aベストアンサー

もう第二種に申込まれているかも知れませんが、参考に。

現在大学一年生です。

私は、現役時に第一種予約を却下され、浪人後、大学において再度申請し
無事通過致しました。(無論第一種です)

親の年収は給与所得で800万円を僅かに超過しておりました。ちなみに4人家族です。

ですので、希望はありますよ。諦めないで下さい。
申込みに関しては入学手続時においてガイダンスがありましたので、気を失ってない限りは大丈夫かと。

今は、希望の大学に合格する事だけを考えて下さい。

良い条件で貸与を受けたければ、なるべく良い大学へ行かれた方が可能性は広がります。

Q利率の低い教育ローンを教えて下さい。

利率の低い教育ローンを教えて下さい。

貯金が足りないので300万円を
教育ローンで補いたいのですが

調べた中では、日本政策金融公庫の
利率2.65%が一番低いのです
(平成22年2月15日現在)

返済期間 5年で
保証料は 78,105円払います



他にもっと利率が低い教育ローンがあれば
教えていだけたらと思います。

ちなみに年収は480万円ぐらいで妻は120万円ぐらいです。

Aベストアンサー

日本政策金融公庫の『国の教育ローン』の利率は、本日(平成22年8月2日)現在、年利2.75%です。

> 他にもっと利率が低い教育ローンがあれば教えていだけたらと思います。
私が調べた範囲では、金利がもっと低いものはあることはありました。
地方公共団体が実施している教育ローンで、年利1.70%(固定金利型)です。
http://lgportal.city.kakegawa.shizuoka.jp/sigoto/kinnrouhukusi/kyouikukasituke.html
ご質問者さまがお住まいの地方公共団体にこういったものはありませんか?

また、利用者が医師に限定されている大阪府医師信用組合の教育ローンも、年利1.775%(変動金利型。要不動産担保)でした。

多くの人が広く使えるという意味で、一番低いのは『国の教育ローン』でした。

少し前には、信販会社か保険会社の関係で、3.00%程度の金利のものを見かけたのですが、どちらの会社だったか忘れてしまいました。

ただし、民間金融機関等の教育ローンは、変動金利型の商品が多いんですよ。
そちらもやはり変動金利型でした。
ですが、『国の教育ローン』は固定金利型です。
利率だけではなく、「金利パターン」にも注意してみてください。

> 貯金が足りないので300万円を教育ローンで補いたい
民間金融機関の教育ローン商品では、「カードローンタイプ」のものがあったり、必要額の証明が必要なかったりします。

対して、『国の教育ローン』で借りることができるのは、「この先1年以内に必要な額」で、しかも「必要額の証明書類」の提出が必要だったりします。
『国の教育ローン』の場合、「大学の4年間で必要な額を、入学時にまとめて借りておこう」ということができないんですよ。

そういった「利便性」と「金利」を比較してみて、ご自身の「目的」にあったものを探されるとよろしいかと思います。
ですが、金利面だけの話で、多くの人が使える「教育ローン」限定のお話ならば、『国の教育ローン』が1番低いと思います。

> 返済期間 5年で
> 保証料は 78,105円払います
ということは、据置期間なし、ボーナス返済なし…のパターンですね。

『国の教育ローン』で、教育資金融資保証基金の保証をご利用の場合、保証料を別途支払う必要はありません。
融資額から保証料が差し引かれて資金実行しますので。
ですから、「300万円借りたい」と思って、借入希望額を300万円として申し込まれても、お手元に300万円は入りませんので。

日本政策金融公庫の『国の教育ローン』の利率は、本日(平成22年8月2日)現在、年利2.75%です。

> 他にもっと利率が低い教育ローンがあれば教えていだけたらと思います。
私が調べた範囲では、金利がもっと低いものはあることはありました。
地方公共団体が実施している教育ローンで、年利1.70%(固定金利型)です。
http://lgportal.city.kakegawa.shizuoka.jp/sigoto/kinnrouhukusi/kyouikukasituke.html
ご質問者さまがお住まいの地方公共団体にこういったものはありませんか?

また、利用者が医師に...続きを読む

Q奨学金を申し込むときの家計基準の考え方

日本学生支援機構の奨学金の申込み基準には「学力基準」のほかに「家計基準」があり、家計の判定については「主たる家計支持者一人の前年の収入金額」が所定の収入基準額(上限額)以下であることが条件とされていますが、これでは、主たる家計支持者以外に収入のある世帯員(配偶者など)がいてもその収入が算入されないことから、対象者の選考が公平にならないような気がします。
一般的な教育ローンなどでは「世帯の収入」が貸付けの判定基準とされることが多く、これが合理的な基準だと思いますが、奨学金の審査は考え方が違うのでしょうか。

Aベストアンサー

ANo1です。

専業主婦家庭はさらに収入を増やすことができますので、同じ世帯所得なら共働き家庭よりも豊だと思います。

通常のローンは「いかに収入があるか」ということの証明ですが、奨学金の場合は「いかに収入が少ないか」ということの証明です。申請する人がすべての収入を届け出るか判らないということもあり、主たる家計支持者の収入で十分であると考えているのだと思います。

Q二種奨学金ってお得ですか?

現在日本学生支援機構の第二種奨学金を受けています。
3万、5万、8万、10万から借りれますがたくさん借りれば借りるほど利子が多くなりますよね。
総額120万借りれば返還期間12年で利子約25万。
総額240万借りれば返還期間15年で利子約60万という利子3%とした返還例があります。
銀行とかから借りるより安いことはわかりますが、自分は利子が25万だとか何十万とかがすごく高いような気がします。
最終的には自分で返さ
ないといけないし。借りなければ利子を何10万も払わなくて良いですし。
なので利子が一番少なくなるように、月3万円だけ借りてます。

でも友達が月10万借りていて、車買うときとか、就職後の新生活のお金とかのために多めに借りています。
車買うときにローン組むんなら、奨学金で借りたお金使ったほうが安く抑えられると言います。
返還金も上乗せして早く返せば利子も少なくて済むそうです。

自分も車買うときローンを組むと思うのでそういった場合ために奨学金を多めに借りようと思いました。

質問ですが2種奨学金は多めに借りておけば、後々ほかで借りるより良いですか?
奨学金返還中の人の意見も聴ければいいです。

また、自分はローン等のことに関して全くわからないので
ついででいいですが、車のローンを組む時の支払総額は利子どれくらいになるのですか?
適当な具体例をあげてくれればうれしいです。

アドバイスお願いします。

現在日本学生支援機構の第二種奨学金を受けています。
3万、5万、8万、10万から借りれますがたくさん借りれば借りるほど利子が多くなりますよね。
総額120万借りれば返還期間12年で利子約25万。
総額240万借りれば返還期間15年で利子約60万という利子3%とした返還例があります。
銀行とかから借りるより安いことはわかりますが、自分は利子が25万だとか何十万とかがすごく高いような気がします。
最終的には自分で返さ
ないといけないし。借りなければ利子を何10万も払わなくて良いですし...続きを読む

Aベストアンサー

>自分は利子が25万だとか何十万とかがすごく高いような気がします。

そりゃあ、4年間借りたものを13年掛けて返すのですから積み上げて高くなるのは当たり前です。
前倒しして返せば、利子の総額は減ります。

>車買うときにローン組むんなら、奨学金で借りたお金使ったほうが安く抑えられると言います。

車を買うために奨学金を借りるという考えは倫理的にも正しくありませんし
結果的にも正しくならないでしょう。

友達のようなケースだと卒業後に間違いなく返還に苦しみます。
月10万、計480万借りると、卒業後の20年間毎月27000円を支払わないといけないからです。
さらにマイカーローンの残額もあります。
結婚や子供の教育費用・・・と、就職した後でもお金は何かと必要です。
多くの奨学金利用者は、将来を考えて前倒しで奨学金を返還していると聞きます。

結論から言うと、学生時代にローンを組むのは止めておいた方がいいです。
奨学金が既にローンな訳ですし、さらにマイカーローンまで組むと多重債務者となってしまう可能性が高いです。
それに月10万借りて、マイカーローンのために5万を取っておく、というような
生活ができるとは到底思えませんしね・・・

学生時代に車を持つことについても、私はあまり感心しません。
もしどうしても車が欲しいのであれば、親に買って貰うか
最低でも、自分で(現金で)買えるレベルの車にすべきです。

車はホントにお金が掛かりますよ。
私も学生時代に車を持ちましたが、先輩からタダで譲って貰ったにも関わらず
ガソリン代、駐車場代、自動車税、任意保険、車検・・・と
必要最低限なものだけでも月あたり2万円は掛かるんじゃないでしょうか。
任意保険なんかは、21歳未満は割高ですし。

就職後の新生活についてですが、内定を貰ってからでも卒業までにアルバイトすれば
お金は結構貯まります。
今からあまり心配しなくてもいいのではないでしょうか。

>自分は利子が25万だとか何十万とかがすごく高いような気がします。

そりゃあ、4年間借りたものを13年掛けて返すのですから積み上げて高くなるのは当たり前です。
前倒しして返せば、利子の総額は減ります。

>車買うときにローン組むんなら、奨学金で借りたお金使ったほうが安く抑えられると言います。

車を買うために奨学金を借りるという考えは倫理的にも正しくありませんし
結果的にも正しくならないでしょう。

友達のようなケースだと卒業後に間違いなく返還に苦しみます。
月10万、計480万借...続きを読む

Q奨学金をいくら借りるべきか

来年度大学に進学希望のものです。(現在高三)

 親族からの資金援助が一切ないため、学費・生活費を全て自分で支払わなくてはいけません。アルバイトもするつもりですがそれだけでは到底足りません。そこでJASSOがもうすぐ予約採用をはじめるので申し込もうと思っています。一種・二種を併用して借りれるだけ借りれば(規定の成績・収入は満たしています)やっていけるのですが、それだと総額700万を超え、貸与終了後の月々の支払いが4万前後になってしまい、それが20年も続くので生活できるか不安です。そこで奨学金の借入額を見直そうと思うのですがどれだけ必要なのかわかりません。平均的な大学生の収入・支出から見てどの程度必要でしょうか?
(ちなみに学費の免除・学生寮に入るなどの不確定要素はすべて排除して考えています)

ちなみに大学は都内(23区外)の国立大を目指しています。

Aベストアンサー

私も計算してみましたが、借家(アパートなど)で自炊、学費自己負担、東京郊外の国立大ですと、倹約生活をこころがけても、有利子の二種奨学金で月8万円コースを選択しないと学生生活が維持できなくなりそうです。

卒業後の返済は辛いですが、現実問題として、このようなシミュレーションに立った倹約学生生活を続けるという覚悟を決めた方がいいと思います。

その上で、

・入学直後までのもろもろの経費は親族にも補助していただく
・家庭教師のアルバイトを増やす(一橋大、外語大なら有利)
・学費減免措置を申請する
・他の贈与奨学金を申請する

などで状況を好転させる可能性はありますが、何と言っても大きいのは、質問者が今は考慮に入れないとおっしゃっている「学生寮に入る」ことです(ないとは思いますが、学生寮のない大学は志望から外す)。生活費が劇的に少なくなり、二種奨学金を月5万円コースにできます(頑張れば3万円コースも可能)。卒業後の返済負担を減らすならば、学生寮入寮が絶対条件と考えておいた方がいいでしょう。

なお、国立大は独立行政法人化されてから経営をしなければならなくなりましたが、それでも予算にしめる学費依存度は25%以下で、私立大とは違いますので、苦学生には親身になって相談にのってくれます。

質問者はたいへん立派な意志を持たれた方ですので、成せば成るで頑張ってください。

私も計算してみましたが、借家(アパートなど)で自炊、学費自己負担、東京郊外の国立大ですと、倹約生活をこころがけても、有利子の二種奨学金で月8万円コースを選択しないと学生生活が維持できなくなりそうです。

卒業後の返済は辛いですが、現実問題として、このようなシミュレーションに立った倹約学生生活を続けるという覚悟を決めた方がいいと思います。

その上で、

・入学直後までのもろもろの経費は親族にも補助していただく
・家庭教師のアルバイトを増やす(一橋大、外語大なら有利)
・学費...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング