runには「経営する」という意味がありますが、この意味の語源ならびにこの意味に達した経緯がお分かりの人は教えていただけますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 動詞の働きは文型によって決定づけられます。

見た目は同じ動詞でも、
  Tom (flew) to Tokyo. 「トムは東京へ(飛んだ)。」
  Tom (flew) a paper plane. 「トムは紙飛行機を(飛ばした)。」
のように、
  自動詞…主語自身が「動く」
  他動詞…主語が目的語を「動かす」
という違いが生じます。run の語源については私にはわかりませんが、基本的な意味は、「連続した速い動作」です。ですから、Tom runs fast. の runs は「走る」と訳して良いですが、Tom runs a restaurant. は、レストランを機械などと同じように「連続して速く動かす」→「せわしく管理する」という意味になり、「経営する」という訳し方になります。
    • good
    • 0

日本語でも「会社をまわす」のような言い方がありますが、それと同じ感じのニュアンスで、勢いで使われ始めたのではないでしょうか。

    • good
    • 0

語源辞典によれば、runは近代英語の動詞で、古英語でrunを意味する単語とcause to runを意味する単語が融合されたものと記載されています。

続けて、runが機械類について使われたのが1562年。さらに、to be in charge ofという意味では1861年が初出とあります。つまり、この頃、「経営する」という意味が生まれたのだと推定できます。
URL: http://tinyurl.com/cewrb

ここまでは書けたのですが、「この意味に達した経緯」で行き詰まりました。
この辞典に加え、いくつか他の辞典も参照し、想像も交えて、どうしてrunに経営という意味が生じたかを考えてみました。
「runが機械について使われたのが1562年」であれば、産業革命に先立つこと約2世紀、当時普通に見られる機械装置といえば、水車小屋の製粉機だったと思います。runとmillが結びついて、A mill runsやrun a millという表現が生まれたのだと思います。その後産業革命で、多種の機械装置が発明され、それを組み合わせて使う工場が登場し、「機械を運転する」、「工場を運営する」、さらには「会社を経営する」につながったのではないかと推測します。
ところで、「ありふれた」という意味のrun-of-the-millという慣用句がありますが、前掲の語源辞典によれば、この表現が使われ始めたのは1909年となっています。とすると、「mill をrunする」からrun-of-the-millまで約250年、ちょっと長いような気もします。
    • good
    • 1

アメリカに36年住んでいる者です。

 私なりに書かせてくださいね。

#1さんの解釈はいいと思います。 このrunは、多くに使い方ある中で、operate, control, manageと言う意味合いでよく使われます。 run a companyと言う言い方をして会社を経営すると言うことになるわけですが、会社を牛耳る、と言うフィーリングで使われるときもあります。

I run a company/businessと言えばその人なしには運営できないと(少なくともその人自身は)言うフィーリングが入ってくるわけです。 社長やオーナーでなくてもいいわけですね。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。  
    • good
    • 0

「会社を動かす」という感じではないのでしょうか。

日本語で「経営する」と訳してしまうと,run の第一義である「走る」と大きく離れてしまっているようですが,英英辞典では,be in charge of とか,manage, organize となっています。「誰かに使われている」というのではなく,「自分が動力部として,動かしている」という感じだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qrun(経営する)は状態動詞ですか?

英語の動詞には動作動詞と状態動詞があり、動作動詞は現在進行形にできるけど、状態動詞は進行形にできないと習いました。

ところでrunという動詞は「走る」という動作動詞の時に、He is running in the park. などと現在進行形にできるのはわかりますが、「経営する」という意味に用いた場合、進行形にできるのでしょうか?

YAHOO!知恵袋には次のようなQ&Aがあって、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1358713038

そこには、
> He is running a shop.
としたら、彼は一時的に、今現在進行形で店を経営しているというニュアンスになり、一日でも休むと即座に店は潰れてしまうという、おかしな解釈になります。<
と書いてあります。

ところが、ある英語の教材に次のような例文がありました。
My family has been running a small jewelry store for 60 years.

これは
My family has run a small jewelry store for 60 years.
と言うべきなのではないでしょうか?

だけど、アルクの英辞郎で調べたら、
He is running a business in Tokyo.(彼は東京で事業を営んでいる)
のような例文も見つかり頭が混乱してきました。

いったい、run(経営する)は状態動詞なのですか、それとも動作動詞なのですか?
どなたか教えて下さい。

英語の動詞には動作動詞と状態動詞があり、動作動詞は現在進行形にできるけど、状態動詞は進行形にできないと習いました。

ところでrunという動詞は「走る」という動作動詞の時に、He is running in the park. などと現在進行形にできるのはわかりますが、「経営する」という意味に用いた場合、進行形にできるのでしょうか?

YAHOO!知恵袋には次のようなQ&Aがあって、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1358713038

そこには、
> He is running a shop.
としたら、彼は一時的に、今現...続きを読む

Aベストアンサー

こういう場合,いわゆる動詞動詞・状態動詞だけでは割り切れません。

run はどちらかというと動作動詞です。
ただ,「経営する」というのは習慣的なことです。

だから,動作動詞ですが,今の状態として会社がある,
誰かが経営しているは単なる現在形で習慣を表します。

He plays tennis. という英語は
彼がクラブに入っていて,日ごろからテニスをしている。
彼はプロの選手で職業としてテニスをしている。

My father works for the bank.
父は銀行に勤めている。

現在形で「~している」という日本語がぴったりです。

My father jogs every morning.
父は毎朝ジョギングしている。

日本語の「~している」は進行形とは限らず,習慣も表します。
これは日本語の問題です。

こういう work だって,jog だって動作動詞ですが,
現在形で習慣を表し「~している」です。

run も現在形で「経営している」という訳でぴったりです。

でも,現在完了進行形は別です。
確かに,基本レベルでは進行形になるものは継続で現在完了進行形,と習います。

実際,run は動作動詞だから進行形になるわけですが,
ふだんは進行形にすると,一時的ですが,こういう継続の場合は現在完了進行形を用います。

ふつう,進行形にならないとされる want なども
have been wanting という現在完了進行形はよく用いられます。

live も,一時的な進行形とは別に「ずっと住んでいる」という継続では
have been living が用いられることもあります。

こういう場合,いわゆる動詞動詞・状態動詞だけでは割り切れません。

run はどちらかというと動作動詞です。
ただ,「経営する」というのは習慣的なことです。

だから,動作動詞ですが,今の状態として会社がある,
誰かが経営しているは単なる現在形で習慣を表します。

He plays tennis. という英語は
彼がクラブに入っていて,日ごろからテニスをしている。
彼はプロの選手で職業としてテニスをしている。

My father works for the bank.
父は銀行に勤めている。

現在形で「~している」という日本語がぴっ...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q経済学部と経営学部の違いは何でしょうか?

経済学部と経営学部は何がどう違うのでしょうか?
たいした中身の差はないのでしょあか?

経済学部経営学科もてあるみたいですね。
これでますます分からなくなりました。

将来。起業するのなら経営学部の方が良いのでしょうか?
経営、経済にとらわれなくても良いのでしょうか?

どうぞ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題に対して常に関わっていくのが経済学であり、家計や企業や政府といった単位で経済の仕組みを考えるのが経済学で、それに対して経営学は、経営者として企業をどう動かしていくのか考えるのが経営学です。経営・会計・流通・情報などに興味があるのだったら経営学部です。

 特に、ブランドや洋服に興味があるんだったら「流通論」や「マーケティング」が絡んでくるから経営学部でしょう。「マーケティング」では、企業の戦略や小売業・卸売業・メーカーが一体となって商品の在庫管理などをとりあげたりして、企業側の戦略や業務分析など現場と密接な関係を持った感じの講義がたくさんあります。将来、企業家を目指すのであれば、経済学より、実践的な経営学をお勧めします。特に、中小企業論や社会起業家論などのゼミを選択されると良いと思います。また、大学によっては起業家をよんできてセミナーをひらいたり、ベンチャービジネスをゼミ単位でやっている大学などもあるようです。

 経済学部は、公務員試験に向けた講義が充実しているから、金融や公務員などを目指す人にお勧めでしょう。経営学部は、流通やサービス・金融などを目指す人に向いていると思います。経済学部に比べて、経営学部は、「実務や現場重視」といった感じがあります。商学部は、経営学部に似ていますが、「会計」「流通」「マーケティング」の比重が高くなります。商学部と経営学部は、商学部・経営学部は、ほぼ同じようなカリキュラムで、似たような講義をしているところもかなりあります。

 リクルートの進学系サイトのURLを載せておきます。大学の教授や学生などの情報ものっているので、参考にされてはいかがでしょうか?

参考になれば幸いです♪

 

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題...続きを読む

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。

Qvery well とvery goodの違いを教えてください。

大体の意味の違いだけでなく形容詞であるwellと goodの違いから教えていただけると光栄です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 wellは基本義は“上手く”という副詞です、形容詞として使うと“けんこうな、とか適切な、とか満足な、好都合な”といった意味になります。
 一方goodの基本義は“良い”という形容詞であり、副詞としては“よく、上手く”というwellと同義になります。
従って、
 very good、、、(形)とてもよい
 very well,,,(副)とても上手、(形)とても元気
と訳すのが一般的だと思います。
以上、期待に添えられましたでしょうか?

Q“each day”と“every day”の違い

“each day”と“every day”は『毎日』と言う意味ですが、この2つには違いがありますか?また同じように代用してもよいのでしょうか??教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

#2さんと同じような回答になります。 つまり、#2さんの「感覚」がこれらの単語の持つフィーリングです。

each dayとは続いている日々の各日と言うフィーリングがあります。 しかし、every daysとすると、その「各」と言うフィーリングが弱くなります。 その代わり、every dayの方は「すべての」と言うフィーリングが強くなります。 しかしallの持つ「まとめてすべて」と言うのとは違いますね。

#2さんの例文がそれをはっきり出していますので私からも書く必要は無いと感じています。

非常に似た表現だと言う事の証明として、each and everyと言う表現は多くの業界、例えばビジネス、で使うことを避けるべきだ、としています。

また、同じフィーリングだけど対象となるものが二つなのか二つ以上なのかでも使い方が変わります。 eachが二つですね。 each shoe/leg/parentと言う感じです。 その反対がbothとなります。

everyが使われる多くの反対がAllになります。(すべてと言う事ではありません。 Not every "every" means opposite of "all, however.

ちょっと時間がないので適当なサイトを今調べてみますね。

良いものがありましたのでご紹介します。 私の回答より良くまとまっていると思います。 (Gの回答はいつもまとまっていないじゃないか!!!)

参考URL:http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/grammar/learnit/learnitv110.shtml

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

#2さんと同じような回答になります。 つまり、#2さんの「感覚」がこれらの単語の持つフィーリングです。

each dayとは続いている日々の各日と言うフィーリングがあります。 しかし、every daysとすると、その「各」と言うフィーリングが弱くなります。 その代わり、every dayの方は「すべての」と言うフィーリングが強くなります。 しかしallの持つ「まとめてすべて」と言うのとは違いますね。

#2さんの例文がそれをはっきり出...続きを読む

QI'm going to の後にgoは必要ありませんか?

I'm going to+動詞の原型で「~するつもり」ですよね?
NHK教材で勉強しているのですが、「今日~の所へ行くつもり」という英文がいくつかあるのですが、どちらもI'm going toの後に「go(to):~へ行く」という動詞がありません。「go(to)」はなくても良いのでしょうか?

例1)I'm going to Yuki's house for dinner~
例2)She and Hiroshi are going to an inn near Mt.Fuji~

このbe going to の後に「go to」は要りませんか?
他の本(参考書や辞書など)にはbe going to の後に「go to」がある場合もありますし、私自身も動詞の原型が来ると覚えていたので分からなくなってしまいました。
英語が苦手なので何故要らないのか分かりやすく教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am going to America. と I am going to go to America. を混同されているようですね。

I am going to do は、I am going to ~ と外見は似ていますが、文法上も、考え方も全く違います。★をよく考えると違いがわかると思います。

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am goin...続きを読む

Q「subway」と「metro」 違い

「subway」と「metro」はともに日本語に訳すと「地下鉄」となると思うのですが、どのような違いがあるのですか?ニュアンスの違いなど細かなことでも結構ですので、教えてください。

Aベストアンサー

ひょっとしたらご質問の趣旨とはズレるのかもしれませんが、日本の鉄道システムについて知らない人が「subway」と言って乗り物の話をした場合、それは、いわゆる「長距離列車」に対する「通勤電車」を指していることがよくあります。というのは、多くの大都市では、「通勤電車といえば地下鉄」と相場が決まっていて、日本のように首都のど真ん中で、超満員の通勤電車が地上を走っているのは珍しいのです。

この場合、日本の鉄道システムの用語に従って「subway=地下を走る電車、もしくは営団および都営・市営地下鉄」だと思っていると、大変に話がややこしくなります。JR山手線はsubwayじゃなくなるし、JR横須賀線は地下を走ってる間だけsubwayなのかな??という、おかしな話が実際によく起きたりします。

なので、「subway」と言われたら「それはcommuter trainのことか?」と確認したほうが間違いありません。

反面、英語で「metro」と言って、いわゆる日本人の感覚の「地下鉄」以外のものを指すことは、まずないと言っていいでしょう。まあ、英語が苦手なフランス人が「metro」と言ったら、「subway」と同義語ということはあり得ますが。

ひょっとしたらご質問の趣旨とはズレるのかもしれませんが、日本の鉄道システムについて知らない人が「subway」と言って乗り物の話をした場合、それは、いわゆる「長距離列車」に対する「通勤電車」を指していることがよくあります。というのは、多くの大都市では、「通勤電車といえば地下鉄」と相場が決まっていて、日本のように首都のど真ん中で、超満員の通勤電車が地上を走っているのは珍しいのです。

この場合、日本の鉄道システムの用語に従って「subway=地下を走る電車、もしくは営団および都営・市営...続きを読む

Qwould like to と  want to の違い

初歩的な質問なのかもしれませんが、
I would like to go .
I wanna go .
両者の違いはどういった点でしょうか。

Aベストアンサー

話し相手に"I want to go.”というと、かなりきつい言い方になります。「俺は行きたいんだから、行かせろ」みたいな。
だから、"I'd like to go."と言えば、「私は行きたいのですが」と、相手の好意を引き出すような言い方になります。

僕は昔、アメリカを旅行中に、ある日本人旅行者に、聞いたことがあるのですが、「飲食店でコーヒーを飲む時、砂糖がほしいので、I want sugar.と言ったら、砂糖をくれなかった。あとで誰かに聞くと、言い方が横柄なのでくれなかったのではないか、こういう時は"Sugar please."が良かったらしい」みたいな話を聞きました。

英語は、敬語はないのですが、相手にお願いをする時には、かなり言葉づかいには気をつけるべきものがあります。お願いする前にはplease,
してもらった後にはthank youは必ず言わなくてはいけません。それと同じで、I want...というのは、他人にお願いする時は避けるべきでしょう。
但し、相手にお願いするのではなく、「私は将来~になりたい」というのであれば、" I wanna be a ~."というのであればいいです。また、相手の言葉を言い換える場合は、wantを使ってもいいです。たとえば、
"I would like to go there."と相手が言った場合、
"Oh, you want to go there. I see."みたいに。

話し相手に"I want to go.”というと、かなりきつい言い方になります。「俺は行きたいんだから、行かせろ」みたいな。
だから、"I'd like to go."と言えば、「私は行きたいのですが」と、相手の好意を引き出すような言い方になります。

僕は昔、アメリカを旅行中に、ある日本人旅行者に、聞いたことがあるのですが、「飲食店でコーヒーを飲む時、砂糖がほしいので、I want sugar.と言ったら、砂糖をくれなかった。あとで誰かに聞くと、言い方が横柄なのでくれなかったのではないか、こういう時は"Sugar please....続きを読む

Qネイティブがよく言う ”I mean”, ”Yon know”の意味を教えて下さい。

ネイティブの方が話しをする時に頻繁に、
"I mean・・・"
"You know・・・"
という上記の言葉をよく話しているのを聞きますが、
日本語でいうと、どのような意味合いになるのでしょうか?
いくつか例文を交えて説明していただけると有難いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

I mean・・・
今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。

I like this book. この本好きなの
It's interesting for me. おもしろいんだよね
I mean, the story was good, and characters, too.
ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね

You know・・・
意味はないです。単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。

You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, too much talked to my client.
あのね 今日すっごい忙しかったよ、あのね、一生懸命仕事してさ、お客さんといっぱい話したしさぁ。

一度覚えると使いやすい言葉ではありますが、多用すると聞き苦しい感じがします。
また両方ともカジュアルな会話で使いますので、使うときは周りの人が使っているかどうかよく確認してからのほうがいいかもしれません。

I mean・・・
今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。

I like this book. この本好きなの
It's interesting for me. おもしろいんだよね
I mean, the story was good, and characters, too.
ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね

You know・・・
意味はないです。単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。

You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, t...続きを読む