律令国家における農民の負担についての知りたいのでできるだけ
詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、この時代では主に男子に税が課されており、


17~20歳の男子を「少丁(中男)」、21~60歳の男子を「正丁」61~65歳の男子を「次丁(老丁)」といいます。
正丁を基準として税制をまとめると、下のようになります。(女子についてはたぶん租だけが課されていると思います。)

「租」:田一段につき2束2把を納めます。(収穫の3%)これは男女ともで、
年齢も関係ありません。

「調」:絹・糸・布などのうち1種類を納める。少丁は正丁の4分の1、次丁は正丁の2分の1を納めます。

「庸」:都での労役の代わりに布を2丈6尺納めます。次丁は正丁の2分の1(1丈3尺)で、少丁には課されません。

「雑徭」:国司の命で国が(←漢字がありませんでした)の雑用や土木工事をします。年間で60日程度です。少丁は正丁の4分の1(15日程度)で、次丁は正丁の2分の1(30日程度)です。

「兵役」:正丁の3人に1人の割合で諸国の軍団で訓練させられます。(庸、雑徭は免除)宮城や京内の警備をするのが「衛士」、九州北岸の警備をするのが「防人」です。ちなみに、このとき装備と食料は自己負担でした。

「義倉」:凶作などに備えて戸の等級に応じて粟を納めさせます。

租は主に国がの財源、調と庸は主に中央の財源となり、その調と庸は農民の手によって都に運ばれ、その農民を「運脚」といいます。

あと、これは農民の負担といっていいのかよくわかりませんが、
「出挙」という稲(種籾)の貸付をするものがあります。それには「公出挙」と「私出挙」があって、「公出挙」は国家が稲を貸し付けて、秋に5割の利息とともに返すもので、「私出挙」は豪族などが個人の営利の為に稲を貸し付けたもので利息は10割となります。

まあ、こんなところではないでしょうか?お役に立ちましたでしょうか?
わからないところがありましたらメールでも下さい。できる限りお答えします。
    • good
    • 1

たしか.税金を都に納めに行くのも農民の負担だったと思います。


つまり.途中で事故に遭って.(船や人が)帰ってこないこともあったようです。
又.関東地区にかぎられるようですが.大宰府の警備に人がかき集められていたようです(食費自腹のようです.往復の交通の食料か.滞在中の食料かは不明です)。
    • good
    • 0

 大化の改新(645)によって班田収授の法がつくられ、律令国家の建設を目指しました。

「租・庸・調・雑徭(ぞうよう)という税金の制度が全国統一的に施行されました。おもなものは、
「租 」  田地にかかる租税(収穫の約3%の稲)
「庸」  都での10日間の労役または布で納める税
「調」  布や絹などの特産物を納める税
「雑徭」  年間60日の土木工事等の労働に従事する税
 でした。

参考URL:http://www.nagoya.nta.go.jp/chikusa/taxhist.htm
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q律令国家形成の国際的契機という課題に関して

課題で律令国家形成の国際的契機という課題が出題されたのですが、いったい律令国家形成の国際的契機って何なんでしょうか?自分の考えとしては中央集権国家を作っていた唐をまねて律令を作るべく遣唐使を派遣したといったことしか思いつきません。
律令国家形成の国際的契機に該当する意見や関連するWEBページを教えていただけませんでしょうか?どうかお願いします。

Aベストアンサー

第二ヒント

明治維新は、天皇制を復活させるために行われたのではなく、黒船来航による外圧に対して、300諸侯に分かれていたのでは、植民地化されるという危機感があったからです。

というのと、似た構造です。

Q養老律令の内容を確認したい

養老律令のなかに「ある」記述があるといわれていますが、それが本当に書かれているのか自分の目で確かめたいと思っています。この養老律令(原本でなくても、現代風の印刷物、デジタル化でもいいのですが)を見るにはどうしたらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

 No.1の方のものでも良いのですが、質問文の聞き方からして、日本史の史料にあまり詳しくない方のようにお見受けしましたの、お節介ながら、

 「律令」日本思想大系3/井上光貞校注/岩波書店

の方を、お勧めします。

 養老律令の「原本」というものは、現存していません。
 その代わり、「令」については、注釈書が残っており、そこに引用された本文から、ほぼ全容を復元することができます。この注釈書というのが、No.1の方が示されてた「令義解」「令集解」です。
 また「律」については、まとまった注釈書もなく、公文書等に引用されている文を寄せ集めて、江戸時代以来、復元する努力が現在まで続けられています。ただ、それでも分からない部分は、中国の「唐律」で補っているのが現状です。

 No.1の方の「国史大系」は、引用元の原史料を生かす形で掲載されているので、研究者向きですが、単に律令の文を調べたいという方には分かりにくいと思います。これに対し、上に示した「日本思想大系」の方は、「原」養老律令の本文に近い形に編集し直してあるので、単に本文を読みたい方にはお勧めです。解説や目次・索引等も「日本思想大系」の方が、断然、親切です。

 No.1の方のものでも良いのですが、質問文の聞き方からして、日本史の史料にあまり詳しくない方のようにお見受けしましたの、お節介ながら、

 「律令」日本思想大系3/井上光貞校注/岩波書店

の方を、お勧めします。

 養老律令の「原本」というものは、現存していません。
 その代わり、「令」については、注釈書が残っており、そこに引用された本文から、ほぼ全容を復元することができます。この注釈書というのが、No.1の方が示されてた「令義解」「令集解」です。
 また「律」については、ま...続きを読む

Q太政官と太政大臣

太政官と太政大臣って同じですかね?

Aベストアンサー

太政官とは今で言う内閣に相当する官庁のことです。
そして太政官の長官が太政大臣であり、今の内閣総理大臣に相当します。

Q友達から 「何のためにそんなに勉強してるの?」 と聞かれたので 「特待生をとって親の負担を減らしたい

友達から
「何のためにそんなに勉強してるの?」
と聞かれたので
「特待生をとって親の負担を減らしたいと。私、中学校で反抗ばっかりしてたから、勉強頑張らんと良い点数とれんけん。」
と言ったら

「そーゆー頑張る人ダサい」

と言われました。
一生懸命頑張ることはダサいのでしょうか。

Aベストアンサー

いずれダサいのは、自分だとその子も気がつくよ。

あなたは偉い

そのままでいて下さい(^^)

Q律令国家の権力構造

律令国家の権力構造について教えてくれますか?天皇と貴族の関係踏まえて教えてください。
政治の変遷は解るのですが、構造が良くわかりません

Aベストアンサー

 先ずどの時代にあっても「権力の所在」が1人の人物に帰することはありません。言い換えるならば「1人の人物が全権を掌握した時代」などなかった、のです。「権力」を別の表現で言い換えるならば「権力組織」或いは「システムとしての権力装置」でしょう。
 「律令国家」といっても初期から末期に至るまでの幾つかの段階があるので、一言で括ることも難しい。
御質問の背景から推測して「律令成立期」の説明をするならば、権力装置を構成する機関は「太政官」と呼ばれる官僚組織であって、ピラミッド構造に喩えるならばその頂点には「太政大臣・左大臣・右大臣・内大臣」の職があります。このうち常設のポストは左大臣と右大臣であり、「太政大臣」は「有徳の者がその職責に相応しい」として該当する人物がいない場合には不在でも可、として常設ではありません。
 また太政官という表記も「個人を表す指標」ではなく、一般的には「○○内閣」に相当する機関と理解しても差し支えはありません。ですからそこには様々な「官庁」が存在することになります。
 官庁であるからにはそこに「大臣」やそれに続くポストがあって、それぞれ「大納言」「中納言」等々のポストがあります。
 また「貴族」ですが、これは律令に詳細な規定があって「五位以上の者」を指す語で、このうち上級貴族(三位以上)を貴、四・五位にある中・下級貴族を通貴と呼び分け、職務としての太政大臣・左大臣・右大臣・内大臣を公、大納言・中納言・参議、三位以上の者を卿と呼び、両者を総称して公卿と呼びます。位階と官職は「1対1の関係で」対応します。
 位階と官職の関係は「位階相当制」として詳細な内容が「国史大辞典」(吉川弘文館)や「岩波日本史辞典」などに図示されていますので、そちらを参照していただければよく分かります。
 次いでですが、『吾妻鏡』に記されている「二品」がなぜ源頼朝を示すか、などを調べてみても「武家と公家」の関係を位階(序列)の視点から考察する等の研究は山ほどあります。関心がおありでしたら、それらの研究論文をお読みになることをお薦めします。

 先ずどの時代にあっても「権力の所在」が1人の人物に帰することはありません。言い換えるならば「1人の人物が全権を掌握した時代」などなかった、のです。「権力」を別の表現で言い換えるならば「権力組織」或いは「システムとしての権力装置」でしょう。
 「律令国家」といっても初期から末期に至るまでの幾つかの段階があるので、一言で括ることも難しい。
御質問の背景から推測して「律令成立期」の説明をするならば、権力装置を構成する機関は「太政官」と呼ばれる官僚組織であって、ピラミッド構造に喩え...続きを読む

Q大学院進学における

必要な書類の中で
→最終出身校の卒業証明書または卒業見込み証明書

→最終出身校の成績証明書

→学位授与証明書

卒業研究の教授とは関係ありますでしょうか?
教えていただけると幸いです
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

各種証明書はすべて大学の事務(学生課など)で発行されるもので、教授は関係ありません。

ただ、現在の指導教授に黙ってそのような請求をした場合、もし、事務方が教授と親しいと、そういう情報は筒抜けになる可能性があります。また、何らかの理由で、事務方から問い合わせがくるとき、教授に連絡が行く可能性もあります。

Q太政官布告の効力について。 太政官布告のうちの裁判事務心得などの法令は現在でも効力を持つかどうか争い

太政官布告の効力について。

太政官布告のうちの裁判事務心得などの法令は現在でも効力を持つかどうか争いがある、とWikipedia に書いてありました。

法令として効力を持つとすれば、民法等の法律と同列ですか?
そもそも効力のある法令とは何であるかは明文化されていないんですか?

Aベストアンサー

形式的には、法律など法令は、廃止されない限り、存続します。
(もちろん、最高裁により法令違憲とされれば、その条項は無効となる。)
(廃止しなければならない法律を廃止しない立法過誤は、例がある。
ハンセン病患者の人権侵害していた、らい予防法など。)

形式的には存在していても、後の法令により、異なる定めが
設けられた場合、後法が前法に優先するという原則により、
後の法令がある限りで、前法が効力を失う。
この原則は、明文の定めはないが、論理必然のこととして、
確立されている。

太政官布告のほとんどは、後の立法により、廃止されたり
効力を失っているが、後法が存在しないとされる条項は、
なお有効。
後法があるかどうかの判断は人がするから、争いがでる。

国会とかが後法を立法すれば、きれいになるが、
立法するほどの問題は生じてないし、これからも生じない
だろうと思ってるのでしょう。

なお、裁判事務心得は、政府の法令データ提供システム
では、政令扱いで、法律より一段下位の法形式とされています。
なので、民法など法律より一段下位の法形式です。
太政官布告には現在のような、法律(国会が制定)とか政令(政府が
制定)とかの区別がないので、法として効力を残してるとされる
場合、法律扱いか、政令扱いかも解釈による。
爆発物取締罰則なんかは、罪刑法定主義の観点から、
法律と位置付けるしかない。

形式的には、法律など法令は、廃止されない限り、存続します。
(もちろん、最高裁により法令違憲とされれば、その条項は無効となる。)
(廃止しなければならない法律を廃止しない立法過誤は、例がある。
ハンセン病患者の人権侵害していた、らい予防法など。)

形式的には存在していても、後の法令により、異なる定めが
設けられた場合、後法が前法に優先するという原則により、
後の法令がある限りで、前法が効力を失う。
この原則は、明文の定めはないが、論理必然のこととして、
確立されている。

太政官布告の...続きを読む

Q日能研の「知の翼」の負担はどのくらいでしょうか?

現在小2女児です。入学当初からZ会の通信教育を続けていますが、ドリル、テキストとも大体2週間程度ですませてしまいます。3年生から、違った通信教育の受講を検討中です。「知の翼」の資料を請求しましたが、一ヶ月分の分量が今一つ分かりません。
現在「知の翼」を受講しておられる方の御意見を伺いたいと思います。テキスト(問題)の量は如何でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

我が家では、小学3年時に四谷大塚・Z会・知の翼の資料を検討しました結果
ずっと知の翼にお世話になっている、小4男児がおります。

結論から申し上げますと、結構ボリュームはあります。
詳細はHPでもご確認されているとは存じますが(下記URL)

主教材は
1)テキスト、1回毎のテキストに添った演習問題(=冒険シート)、テストの解答と解説(=発見シート)
2)上記1のチャレンジテスト(添削提出用)
3)漢字・計算シート
4)第5教科
です。

1)は1回分ずつ行って20日前後、3)の漢字・計算は20シート(各10回分)あります。

テキストは内容的にみても熟考を要するものが多く、
教科にもよりますが最初はテキスト1回と演習問題1枚に1時間くらいかかったりします。
また、学校での学習とは方法が違うので、解を得るまで根気も必要であり、
最初の1~2ヵ月、国・算については親が一緒にみていました。

教材とともに、予めカリキュラムが印刷された「学習計画表」が毎月来ますので、当初はそれに添って行っても良いですし、お子様のすきなように進めても勿論OKです。
「学習計画表」の印刷の内容変更は、お子様に応じ可能です。

学習の進め方は、毎月の親への副読本にもご紹介がありますが、
毎日1回分のお子様や休日に纏めて進めるお子様等、それぞれのペースのようです。
少なくとも1)を毎日やるか、2)を毎日やるか、どちらかを毎日の習慣づけにしないと毎月教材に追いつかないかな、と思います。

4)の第5教材は、学年に合った時事関係の諸問題や話題性のある関心事を、
調べたり観察したりする内容で、総合学習的な即面を持っていますから休日等親子で共有できる時間がある程度必要ではあります。


我が家の息子は最初こそ半泣きでしたが、今は嬉々として取りくんでいます。
親からみても、勉強する癖と、あきらめない根気良さが身についたと思います。
また、わからないことや困ったことに直面した時に、
アプローチの仕方が複数あることに気付かせてくれたのもこの教材です。

演習問題・テストは答のみを書かせるのではなく、どう考えたかという過程や、自分はどう説明するか、といったことを問われます。
添削も丁寧かつ通り一遍ではなく、印刷されたテスト問題をふまえて展開・派生した より高度な問題と解説が毎回楽しく書かれています。
テストの最後に一言の問いかけ欄が設けてあり、例えば「きみが冬休みにやってみたいことは?」にコメントするのですが、テストそのものより本人はこの欄にてこずっています。

中学受験に成功した高校生の娘は当時通信教育向きではなかったので受講しなかったのですが、
弟の知の翼を知り、テキストや添削内容を非常に羨ましがっています。

1ヶ月分充実した学習量及び内容です。
現在の公立小学校の学習内容に物足りなさを感じている知識欲旺盛なお子様向きだと思います。


長文になってしまい申し訳ありませんでした。

参考URL:http://www.nichinoken.co.jp/wing/wing3_3_2.html

こんにちは。

我が家では、小学3年時に四谷大塚・Z会・知の翼の資料を検討しました結果
ずっと知の翼にお世話になっている、小4男児がおります。

結論から申し上げますと、結構ボリュームはあります。
詳細はHPでもご確認されているとは存じますが(下記URL)

主教材は
1)テキスト、1回毎のテキストに添った演習問題(=冒険シート)、テストの解答と解説(=発見シート)
2)上記1のチャレンジテスト(添削提出用)
3)漢字・計算シート
4)第5教科
です。

1)は1回分ずつ行って...続きを読む

Q太政官札

太政官札とは、初の全国通用貨幣であるということと習いましたが、
この太政官札が発行されたことの意義はどんなことがあげられますか?
何か検索すると江戸時代の貨幣が存在していたから、その貨幣との兼ね合いで発行されたという感じのことが書かれてあったのですが、
江戸時代の貨幣というのは、金貨であれば両、分、朱ですよね?
ちょっといまいちなので教えてください。

Aベストアンサー

#2です。お礼ありがとうございます。

大政奉還が為されたといっても、まだ幕府と新政府は戦争をしていました。例えは悪いですが、今のイラクと同じ状態です。

この時点では、幕府→新政府と外国への窓口は変わりましたが、各藩はどちらにつくか決めかねていました。もちろん軍事力も温存しています。

新政府としては、とにかくはやく日本国内に主権を確立しなければなりませんでした。そのために太政官札を発行し、通貨と経済をコントロールできるようにしたかったのです。これが第1段階です。しかし、太政官札には信用がありませんでした。
その後、天皇の勅旨と各藩がそれに准じるという約束を経て、ようやく太政官札に信用が生まれます。ようやく国内通貨としての地位を確立するのです。これが第2段階です。
そして、通貨単位の変更(円・銭・厘)が行われ、日本国内の通貨体系がひとつになります。(江戸時代は、関東が銀本位制・関西が金本位制で別の通貨体系、藩も藩札など、それぞれ別の通貨体系を持っていました)これで3段階です。
そして、日本銀行券(今の日本の紙幣と同じ)の登場です。ここまで15年かかっています。

最初の太政官札は、どちらかというと借金のために発行したという意味合いが強いのです。新通貨体系に成ってから発行した太政官札は、確かに金や銀の兌換を保障し、藩札の回収や金本位・銀本位をひとつの枠に収めることに成功しました。これは政府に信用があって初めてできることです。
そして、お金(紙幣に限らず)を回収することが出来て初めて、殖産興業にお金を回すことができます。最初は太政官札だけでなく国民銀行券(日銀ではない)もあったようですが、これも政府の信用があって、お金を回すことがでるということに注意が必要です。

#2です。お礼ありがとうございます。

大政奉還が為されたといっても、まだ幕府と新政府は戦争をしていました。例えは悪いですが、今のイラクと同じ状態です。

この時点では、幕府→新政府と外国への窓口は変わりましたが、各藩はどちらにつくか決めかねていました。もちろん軍事力も温存しています。

新政府としては、とにかくはやく日本国内に主権を確立しなければなりませんでした。そのために太政官札を発行し、通貨と経済をコントロールできるようにしたかったのです。これが第1段階です。しかし、...続きを読む

Q卒論:「中性ヨーロッパ農民の生活」の比較対象を検討中

ただいま大学4回生で、卒論に日々追われています。
私の研究テーマは中世ヨーロッパの農民生活についてです。流れとしては、【領主制の下で縛られ、苦しい生活を続けていたイメージが強い農民だが、実はそうではない。自治もあり、比較的裕福な農民も多かった。】この結論に持っていきたいと思っています。

第一章では、中世の時代背景、封建制や領主制について触れています。第二章では、データ等を下に実際は農民がそこまで縛られていなかったのではという仮定を出しています。第三章では、農民の生活(職業、結婚、住居、服装、食事など)について羅列していくつもりです。

そして迷っているのは四章なのですが、この流れで現代との比較を出そうと思っていました。当初の構想は、【現代の生活を同じように羅列→確かに恵まれているが、自由を与えられすぎて飽和状態。不幸、自殺、】等のキーワードを使用して、結果【現代の価値観で見ていたが、中世農民も悪くない!】と締めくくろうと思っていました。
でも、実際に書き出してみると、どうも主観的だし、意見が偏っている、私自身がイメージのみで述べている気がします。無理矢理感が残ります。どうすればいいでしょう?率直な意見をいただけると嬉しいです。歴史に知識のない方でも、思ったことを言ってくださるとありがたいです。

ちなみに、第四章でなんらかの比較は入れたいと思っています。三章だけだと、ボリュームにも欠けますし…教授は同時代他国との比較を入れてみたらとおっしゃいますが、そうすると私が出したい結論にもっていくイメージが浮かびません。

ただいま大学4回生で、卒論に日々追われています。
私の研究テーマは中世ヨーロッパの農民生活についてです。流れとしては、【領主制の下で縛られ、苦しい生活を続けていたイメージが強い農民だが、実はそうではない。自治もあり、比較的裕福な農民も多かった。】この結論に持っていきたいと思っています。

第一章では、中世の時代背景、封建制や領主制について触れています。第二章では、データ等を下に実際は農民がそこまで縛られていなかったのではという仮定を出しています。第三章では、農民の生活(職...続きを読む

Aベストアンサー

>確かに…並べ替えてみると収まりがいいです。しかしそうなると、やはり現代との比較より同時代他国との比較の方がスムーズな気もします。その点、再検討してみます。

 両方(同時代他国との比較・現代との比較)盛り込んだら? 力量とかによるけど、うまくまとめることができれば、読み応えのある論文になるかもしれない。最悪どちらか削る。

 多分、あなたの教授もそう考えたからそういうアドバイス(同時代他国との比較)をしたのではないかな。
 スムーズな論文を目指すか、自分の考えも盛り込むかは、教授と相談しつつ、自分で判断してね。


人気Q&Aランキング