出産前後の痔にはご注意!

もちろんのことを英語で一般的には Of Courseといいますよね。この発音ですがオフコースなのかオブコースどちらが正しいのですか?辞書で見たらOfはオブ、OffはオフとなっているんですがCMなんかでは盛んにおふこーすと言ってるようで。教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

#8です。



何か誤解されることがありそうなので、もう一度説明しますね。

of course のf

off courseのff

の発音は同じです。

但し、日本語の「橋」と「箸」のアクセントに違いは当然あるんですね。でもここの「は」の発音は同じなんです。

ところで、日本語でも鼻濁音というものが本来あるのに、そのようなことを意識せず日本人は日本語を発音していますよね。NHKのアナウンサーはそのように発音しています。

参考に:

鼻に抜ける「が」と抜けない「が」は、皆、学校で習いましたよね。明らかな規則があるのを。

単語の先頭についている「が」だけが(が行全部)、日本語では鼻に抜けないga,gi,gu,ge,goになる、というのを。

「がんばる」

「がっこう」

「げんこつ」

などが、鼻に抜けない音。



単語の先頭以外の「が」行、そして助詞の「が」は鼻に抜けた音になる。

つまり、

「わたしが」

「かぎ」

「もぎてん」

「かいがい」

などが、鼻に抜ける音。


だから「厳密」な意味でof courseのofとoff courseのoffには若干違いがあるかも知れませんが、普通の人なら同じように発音します。

ネイティブは当たり前ですが耳で単語を幼いときに覚えるので、スペルとの連動は後になります。だから、ときどき発音とスペルが一致しない単語を良く間違えるんですね。例えば「負ける」のloseをlooseとスペルするとか。人によってはthanをthenとしてしまうことだっってあるんです。そもそもネイティブでない日本人が英語の発音が云々と言っていてもあまり意味ないですしね。

これでいいでしょうか。
    • good
    • 2

Gです。

 書くのを忘れていましたので追加回答させてください。

f/vの発音がふ「フ」と「ブ」の発音とは違うものであるということさえわかっていればカタカナ表示はOKだと思います。 つまり、「コース」にしても日本語の発音とは違うものであるということがわかっているということであればそれでいいと思います。 しかし、わかっていなければ大きな学習の障害になることは明白であり、質問・回答にその前提がはっきり書かれていなければ回答自身にそれを示す必要があると思うわけです。

すべての発音を発音記号で表記することはできないわけですし、このサイトでその発音記号でさえ使えないとなると回答自身が非常に「不親切」ということになると私は思うわけです。

さらにof courseのofとoff courseのoffの母音の発音は微妙に違って発音する人がほとんどですし、イントネーションも違っています。 

また、もちろんさ、というフィーリングをゆっくりいってそのフィーリングを強く出す場合とすらっと言う場合とはfの発音はまったく違ってきます。 ゆっくり言った場合はそれ分Vに違い発音をしOFFの発音に近くは発音することがなくなるのが普通です。

また、アメリカ人ネイティブが自然に発音するのはその状況によって違うフィーリングのレベルを自然に違いを出す必要があるときにはその違いをちゃんと出してその元になるフィーリングを表現しているということにもなるわけです。

of corseという表現はフィーリングというよりももっと強い「感情」を表す表現ですね。 ですから、当然この短い表現でその感情のレベルを表現するには発音、強弱、イントネーション、そして体全体で出そうとするのが普通なわけです。

しかしoff courseの場合は感情的な表現ではないのです。

日本人ネイティブが外国語としての英語のof courseをoff courseと発音すると違和感を感じるのがそれが理由となるわけです。 つまり、たとえばOF  COURSE!!とOFとCOURSEの間を空けてゆっくり「そりゃもちろんですよ」と強い感情を持ちながら言ったときにOFF COURSEの発音ではおかしく感じるわけです。

細かいことはその人それぞれのレベルで学習すべきものだと思います。 しかし、of courseとoff courseが同じ発音だとすることは私にとっては学習の妨げになるのではないかと思います。(個人主張です)

また、この質問と回答を読んで違いがあるということを知ることによって、DVDなどを見るときにもうひとつ注意して「学習できる」課題ができた人もかなりいると思います。

また、上に書いたように、それぞれの母音の発音も違うということも課題にしてみようという人もいることを祈っています。

ではまた。 
    • good
    • 0

私はネイティブですが、オフと言います。



知り合いは皆オフで、オブと発音する人は一人も知りません。

Yes, of course it is!
Our ship is off-course!

ここにあるofとoffの発音は全く同じです。

逆にオブと発音する人がいたら、その方はネイティブではないと感じてしまうだけです。米国なんかでは多いですね、移民は。
    • good
    • 1

 いろいろな英和辞典で調べてみたのですが,半分くらいは発音が載っていませんでした。

載っているもの(ライトハウスを始め,5つほどありました)には,すべて,「弱いア v コース」と「弱いア f コース」が併記されていました。
    • good
    • 0

#5の者です。

何度もすいません。
下記回答中、大きな誤りがありましたので訂正します。
逆行同化と進行同化をごっちゃにして説明してしまっていました。
of courseは、後続する音声が先行する音声に影響を与える「逆行同化」、過去形の件は「進行同化」(先行する音声が後続する音声に影響を与える)に関連することで、少々混乱してました。失礼致しました。

#4さん、同感です。
    • good
    • 0

どう発音するのか明瞭に示そうとゆっくり発声する場合は確実に/v/となされるでしょうが、普段使われる際は/f/となるか/f/に近づきます。

したがって回答としては「どっちも正しい」となるかと思います。
ちなみにこれは「同化」(assimilation)と呼ばれる現象で、後続する無声音/k/に影響を受けて、有声音/v/が無声化しているのです。

of courseと同じような例をあげますと、例えばnewsがあります。
newsのsは、単独では/z/と発音されます。しかしnewspaperとなると、多くの辞書が示しているように/z/だけでなく/s/も許されるようになります。「どっちも正しい」のがおわかりなるかと思います。

直前の音に影響されて次の音が変わる、というのを知っておきますと、過去形のedを/d/で発音するのか/t/で発音するのか、迷わなくて済むようになります。身体で覚えるだけでは足りない!と感じている方は知っておくと便利ではないでしょうか。

余談ですが、ofは古くは/f/と発音されており、文中で強勢を受けない語でした。(強勢を受けるものは後にoffと綴られることとなります。)非常に弱いものですから脱落することもあり、o'clockなどにその残滓が見られます。
現代英語でも日常会話では脱落することも多々ありますし、砕けた会話表現が現れる小説などでは、字面でも頻繁にo'と綴るようなケースはいくらでも見られますよね。

蛇足ですが、
全く発音が異なる言語を教授する際に、日本のように多人数で授業を運営せざるを得ない今の環境では、それっぽい母語(日本語)の音声を橋渡し的に使っていくのは一つ手段として有効ですし、逆にカタカナをうまく利用していく方が学習効果が高い場合もあるというのも一つの考え方です。学研のニュービクトリーアンカーや大修館のベーシックジーニアスなどの英和辞典が工夫をこらしたカタカナ表記を採用し、苦手意識を持っているであろう学習者への利便を図っているのにはそれなりの理由があると思います。だいたい、カタカナ発音であっても文強勢やリズムに気を遣えばかなり英語は通じますし、他のアジアの方々も、それぞれのアクセント(なまり)を持ちながら立派に英語を用いて活躍されています。
したがって、こういったことが日本の英語教育の間違いとは決して思いませんし、そのような中傷などに耳を貸す必要はありませんから、とくに例えば中学校の先生方は是非いろいろな工夫をされながら発音指導に取り組まれてはいかがかと思います。

以上、長々失礼しました、ご参考まで。
    • good
    • 1

 残念ながら,ここで発音記号を表示することはできません。

f, v などはアルファベットと同じですが何とかなりますが,母音はここでは表示できません。ここで回答している多くの人が仕方なくカタカナを使っているのだと思います。確かに,of のような前置詞は「弱いア」だけ,[v]だけのように発音されるのでしょう。of course も略式では単に course と言うこともあるようですから,of の発音なんてどうでもいいことかもしれません。でもそんなこと言ってしまったら,質問する人も回答する人も立つ瀬がないというものです。
日本の英語教育もある程度効果が上がっていると思います。アルファベットを用い,発音も大きく異なる英語に勇ましく挑んでいっていると思います。現代では英語が国際語となっているため,日本人は英語ができない,と言われてしまいますが,本来言語に優劣はありません。将来,英語がラテン語のような運命とたどることもあるかもしれませんし,中国語が英語に取って代わるかもしれません。そんな肩肘張らずに少しずつ努力していけばいいと思います。
 一方,日本での英語教育での文法重視を反省して,10数年前から高校で「オーラルコミュニケーション」の授業が実施されていますが,成果は上がっていないようです。授業時間の減少とも相まって,文法力が不足し,授業についていけない生徒が多く,日本の教育現場は大きな苦境に立たされています。週に一度,このような機会を設けても返って逆効果なのでしょうか。本当に英語力をつけようと思えば,英語に囲まれた環境で生活するしかないのかもしれません。でも私たちは英語の学習のために,アメリカに何年も行くということはできないのです。
 古くから外国文化のよいところを吸収し,発展させてきた日本という国に誇りを持っています。日本語を大切にしながら,英語という外国語に取り組んでいきたいと思います。
 規約違反の回答になり,ごめんなさい。
    • good
    • 0

アメリカに36年住んでいる者です。

 私なりに書かせてくださいね。

>この発音ですがオフコースなのかオブコースどちらが正しいのですか?

英語を使いたいのであれば両方だめだと思ってください。

ご紹介のURLでも私はいったように、off-courseと言う人はまずいないでしょう。 しかしov courceと言う人もたくさんいるでしょう。 残りの人はvとffにならない間のすべて音は疲れます。

日本の英語教育の間違いはとんでもないものがたくさんありましたしいまだに残っています。

of courceを軽く言うときの発音とoff-courseの発音をネイティブにしてもらえばその違いは明白です。 カタカナに頼る事、また、違いをハッキリさせすぎる日本での発音の問題点がいまだ直っていないと言う事にもなります。

Eはイーでは決してないし、Iはイと発音されることはまずないでしょう。 Oはオでもアもありません。 

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 
    • good
    • 1

#1の方の紹介されている回答を見させていただいて気づいた点を申し上げたいと思います。


 日本では昔から,of course は「オフコース」と発音すると教えられてきました。日本の英語学習者の大半は「オフコース」だと思っています。今の学校の先生もみんなこう習ってきたし,そう教えることになると思います。
 これは loose を「ルーズ」と言ったり,smooth を「スムース」と言ったりする誤りとは異なるものです。これは明らかに誤りです。
 しかし,ある人の回答にもあったように,「無声化」というのはあるのです。
 今手元にはないのですが,何かの辞書には,of course の発音として,「オフコース」と「オブコース」が併記されており,「オブコース」ということもあるんだ,と思った記憶があります。
 回答を見ていると,アメリカ人は「オブ」という感じですが,「オフ」でもいいと思います。
    • good
    • 0
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qof courseの発音

テレビなどでよく聞くのですが、of courseの発音を「オフコース」と言ったり、また雑誌などでそのように書いてあるのが目につきます。
ofは「オヴ」としか発音しないと思うのですが。以前、小田和正さんがテレビで、「もちろん」の英語を「オフコース」と言っていました。off courseの名を「もちろん」の意味でつけたの? まさか! (ならず者の意味のはず)ぺ・ヨンジュンのコマーシャルのメーカーサイトでも、彼が「オフコース」と言っていると書かれています。(私はオヴコースと聞こえるのですが)子供の家庭教師もその友達も「オヴ」とは読まないと言います。
ofは次にcourseがくると、「オフ」と読むのでしょうか?
それとも私の読みが間違っているのでしょうか?
低レベルな質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

アメリカに36年近く住んでいる者です。

私なりに書かせてくださいね。

of courseのfが濁らないと断言する事は間違っていると思います. (ごめんなさい) 人によって、Vにもfに近い音でも発音されます. また、さらにその中間と思われるものもあります. どちらの発音がされても問題は起きません.

もっとはっきり言うとof courseをoff courseと同じように発音する人はかえって少ないと思います. このグループの名前はOff Courseだと言った時に、スペルを聞いて見てください. ちゃんと、Off Courseと綴ると思います.

じゃ、Of Courseは?とVの発音で言えばちゃんと Of Courseとスペルしてくれるでしょう.

つまり、意識的には違いを理解しているわけです. しかし、聞く耳にはfに近く聴こえる、と言う現象が起きているだけのことだと思います.

Of Courseと言われた時気をつけて聞けば、offのfではなくちゃんとVの発音をしていることが(何らかの濁りはある)普通だと思います. fは聞いた事がある、と言うレベルです. ただ私にはアメリカ以外の英語の実情はわかりません. イギリスなどではfになるのかもしれませんね.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに36年近く住んでいる者です。

私なりに書かせてくださいね。

of courseのfが濁らないと断言する事は間違っていると思います. (ごめんなさい) 人によって、Vにもfに近い音でも発音されます. また、さらにその中間と思われるものもあります. どちらの発音がされても問題は起きません.

もっとはっきり言うとof courseをoff courseと同じように発音する人はかえって少ないと思います. このグループの名前はOff Courseだと言った時に、スペルを聞いて見てください. ちゃんと、Off Courseと...続きを読む

Q「もちろん!」について。教えて下さい。

先日、期末考査の○付けをしたのですが。
「of course.」と答えるところを「off course.」と書いている生徒がいました。「f」を余分に足してしまったのだろうと思いその生徒に聞いてみると・・・「新聞の<英会話>の記事にはこう書いてあった。」と言うのです。
他の先生に聞いても、「of course.」なんです。
果たして「off course.」でも「もちろん」の意味として使えるのか。知っている方がいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

新聞に書いてあったとしても、意味違いのことを勘違いして覚えているのではないでしょうか

もちろん=of course
off courseだと、「ちょっと外れますが」っぽいニュアンスで使うと思いますが

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Qofとoffの違いについて

英語の宿題でofとoffの違いについて以下の項目を調べるように言われました。
offのfを取るとどうしてofになるのか?
語源的にはどう違うのか?
手持ちの辞書やサイト、図書館などで調べて見たのですが、
なかなか見つかりません。
どんな些細な事でも構いません。教えてください!!
お願いします。

Aベストアンサー

図書館に英語の語源辞典があると思いますが、そこにof,とoffどのように使い分けられてきたか、時代と共に少しづつ意味が離れ(14-16世紀)17世紀には現在のような形で定着した事が説明されています。語源的にはofが古く、15世紀ごろまでは現在のoffの意味でofを使っていたようです。詳しくは語源辞典を見て下さい。

Qエルサレムに、なぜ3宗教の聖地が在るのですか?

エルサレムでは、紛争が延々続いていますね。
あんなに狭い所に、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という3宗教が聖地を持っているから、トラブルが起きるのは当たり前だとは、とは思います。その3つの宗教は、ユダヤ教、それから発生したキリスト教、そしてそれらと影響のあるイスラム教、という関連のある宗教ですね。
世俗的には、エレサレムの街自体は、たとえば交通の要所とかではなく、たいして重要な街とは思えません。
それなのに、、なぜ3宗教は、エルサレムに聖地を持っているのですか?
たまたまエルサレムに3聖地が混在するだけなのですか? あるいは、歴史上や宗教上で、何か慨依性を持っているのですか?

Aベストアンサー

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ(イスラエル)の地にやってきて、神様は「よーしお前ら、ここをお前たちに与える」と畏れ多くもありがたくおっしゃいました。しかしそこは当然先住民がおりまして、「なんか、先に住んでる人がいますけどこれはどうすればいいですか?」と伺いましたところ、「お前たちに与えたから殺しちゃってオッケーよ」とおっしゃいました(本当)。かくして彼らはそこにユダヤ人国家を作りました。ユダヤ人がイスラエルを「約束の地」と呼ぶのはそういうことです。
そんなこんなの経緯は旧約聖書に書かれています。

さて、ユダヤ教徒はエルサレムに神様を祭る壮大な神殿を作りました。その頃がユダヤ教とユダヤ王国の絶頂だったといえるでしょう。その後神殿は破壊されてしまい、その一部が残るのみとなりました。その遺跡が「嘆きの壁」と呼ばれるところで、そこでは常に敬虔なユダヤ教徒が祈りをささげていますが、そのお祈りの内容は、「神様、あの栄光の日々がまた訪れますように」というものです。その「また訪れてほしい栄光の日々」とは3000年くらい前の話なんですけどね。

ユダヤ人の国は、あんなこんながイロイロとありまして分裂したりして、やがてローマ帝国の属州となりました。ローマ帝国ってところは実は非常に寛大な帝国で、帝国に従うなら信教の自由も認められていました。日本人レベルでいえば、「それならいいじゃん」というものですが、「この世で神様とお呼びしていいのはおひとりだけ」と信じる彼らにとって異教徒がウロウロしているのが非常に気に障って障ってしょうがないのです。イスラエルでは、ローマ帝国に対するテロ活動が盛んでした。
ユダヤ教徒の歴史では、そういう「ユダヤ人受難のとき」にはエリヤとか神様の言葉を預かる「預言者」が登場して人々を導きました。ユダヤ教徒たちは、そういう「救世主」が出てくることを待ち望んでいたのです。

そういったタイミングに登場したのが、ナザレ生まれのイエスでした。イエスはユダヤ教史上、というか宗教史上において革命的な言葉を発しました。「ベイベー、愛だぜ」と。彼は、あの神様のことを「父ちゃん(アバ)」と呼びました。後になんだかんだでイエスは神の子となりました。マリア様が処女のまま神の子を受胎したお話はご存知でしょ?
それがどれだけ革命的であったのはまた別の機会に譲るとして、「憎みあうより、愛し合おうぜ」と言い出したイエスは人々からローマ帝国を排除する指導者となることを熱望されましたが、「だから俺は憎みあうのは嫌なんだよ。愛し合おうぜ」といって人々を失望させ、エルサレムからすぐ外に出たところのゴルゴタの丘で十字架にかけられてしまいました。
その後、実は一度もイエスと会ったことがないパウロが「イエスは救世主(キリスト)だったー!」と言い出してキリスト教が誕生します。なお、旧約聖書では「救世主はベツレヘムに生まれるよ」と書いてあったので、イエスはベツレヘムで生まれたことになりました。
当然のことながら、キリスト教にとってエルサレムは「イエスが十字架にかけられた場所」ですので極めて重要な聖地であります。

そのイエスが十字架にかけられて50年くらい経ったとき、「もう我慢ならねえ、ローマ人は出ていけ!」とユダヤ人は反乱を起こしました。それ以上にブチ切れたのはローマ人です。「人が下手にでてりゃあ属州のくせにでけえ態度をしやがって。ローマ帝国の恐ろしさを骨の髄まで教えたるわ」と本気で怒り、反乱を鎮めただけではなく、何かとややこしい神殿を破壊し、「ややこしい神を信じてるお前らはこの辺りに住むんじゃねえ」とユダヤ人をパレスチナから追放しました。
これがディアスポラです。以来約2000年、ユダヤ人はイスラエルの地に再びユダヤ人の国を再興することを願いながら世界中でお金を稼ぐこととなります。

時代はずーっと下りまして、メッカの洞窟で、青年ムハンマド(マホメット)の前に大天使ガブリエルが現れて「君が預言者だよーん」と告げました。イスラム教の誕生です。ムハンマドの元にガブリエルを派遣したのはあの、例の、何かとややこしい「神様」でいらっしゃいます。そういや、マリア様の前に「あなたは神様の子を宿したよ。おめでとう」と告げに来たのもガブリエルでした。ガブリエルさんはどうもややこしいお仕事を何度もされているようです。
ムハンマドのあまりに偉大な足跡に関していちゃもんをつけると冗談抜きでアルカイダから死刑宣告されてしまいますので、それについては割愛します。
イスラム教にとって最も重要な聖地は、ムハンマドが神の啓示をうけたメッカです。しかしムハンマドは一神教教徒なわけですから、「死ぬまでに偉大な神殿があったエルサレムで死にたいなあ」と当然といえば当然で、ややっこしくなることを願います。
そして、そのエルサレムの地で天に旅立ってしまったのです。エルサレムはイスラム教にとっても「教祖様が入滅された場所」となってしまったのです。

かくして、エルサレムの地はユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒が俺の場所だ、いいや俺の場所だと大変にややこしい場所となってしまいました。

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ...続きを読む

QHow about you の意味と使い方がわかりません

How about you の意味と使い方がわかりません。
あなたはどう思っていますか?のような使い方だとは思うのですが、外人が話しているのを聞くとどうしてもいろんな使い方をしているような感じがして質問しました。使い方や話のどういう流れで使えばいいのか教えていただけませんか?よろしくお願いします

Aベストアンサー

あなたはどうなの?的な表現ですね。

例えば、

A:How's it going? (調子どう?)
B:Nothing much. (たいしたことないよ。)
How about you? (君はどんな感じ?)
A: Well, I'm alright. You know what? I've decided to move to NY next month. (まあまあかな。そういえば来月にNYに引っ越すことに決めたんだ)

------------------

A: Are you hungry? (おなかすいた?)
B: Yeah, a little bit, how about you? (うん、ちょっとだけ、君は?)


のような感じでしょうか。

QNIKEでおなじみの【JUST DO IT】とは・・・

NIKEのキャッチフレーズ?でよく聞く、

【JUST DO IT】

とは、和訳すると、どんな意味なのでしょうか?

どうぞ宜しくお願い致します☆

Aベストアンサー

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このJust do it!はやらなくてはいけない人に向かって「グツグツいわないでやれ」と言う意味で使われ、フィーリングとしては「やれば俺は黙るから」「愚痴は聞きたくないね」「言い訳は通用しないよ」等が含まれて使われることが多いですね。

それに似て「何を躊躇しているんだよ、早くやれよ」と言うフィーリングでも使いますね。 ちょっと高いところから飛び降りない臆病者なんかに言える表現ですね。

また、準備をあれこれして「そしてやるだけさ」とか「行動に移すだけ」と言う意味合いにも使います。

さてNikeですが、私の知っているコマーシャルは野球場で4人の観衆の表情を見るだけのものと「いわくつきの物」があります。

画面が変わるたびに画面の中央にある小さな年も距離計みたいに変わります。 やるけのことさ、をこのように何年もやってきた、と言いたいのではないかなと思います。

余談が次の「いわくつき」のものです。 1990年になる前に(もうないキーをストップするものはいない」と言う時代ですね。 そのときに、アフリカの土着民に靴を見せているシーンなんですが、(マーケティングとしては、靴を履いていないから売れない、ではなく、靴を履いていないから売れる!!!と言う観念を引っ掛けていたんだと思いますが) その画面で土着民の一人が彼らの言語で何かを言います。 その字幕として、Just do itが使われたんですね。 いくつかのシーンをもちろん撮ったわけですがこのシーン自体が一番よかったのでしょう。 しかし、後になって、その土着民がしゃべってのはJust do itを彼らの言葉で言ったのではなく、これは大きすぎるよ、と言ったと言うのが事実らしかった、と言うことでその時分はかなり話題となりました。 (ネットで検索すればまだその頃のことが残っているんじゃないかな)

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このJust do it!はやらなくてはいけない人に向かって「グツグツいわないでやれ」と言う意味で使われ、フィーリングとしては「やれば俺は黙るから」「愚痴は聞きたくないね」「言い訳は通用しないよ」等が含まれて使われることが多いですね。

それに似て「何を躊躇しているんだよ、早くやれよ」と言うフィーリングでも使いますね。 ちょっと高いところから飛び降りない臆病者なんかに言える表現ですね。

また、準備をあれこれして「そし...続きを読む

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Q[no]と[not]の違いを教えてください。

NHKテレビ英会話講座より
There's no getting around housework.
どう見ても家事をするのは避けられないようだ。

(質問1)noをnotに置き換えた場合、意味上、文法上どんな間違いが指摘されますか?
(質問2)No thanksとは言うが、Not thanksとは言いません。何故でしょうか?
(質問3)noとnotを間違いなく使いこなしたいのです。どなたか易しくご指導お願いいたします。

初心者です。愚問ですが、よろしくお願いいたします。  以上

Aベストアンサー

notは副詞です。ですから、動詞や助動詞、形容詞を否定します。noは形容詞ですから名詞につきます。

There's no getting around housework.
どう見ても家事をするのは避けられないようだ。

(質問1)noをnotに置き換えた場合、意味上、文法上どんな間違いが指摘されますか?

getting around は、ここでは名詞として使われています。There is a pen. のa pen と同じ形ですから。
そのため、notを置くことは出来ません。

(質問2)No thanksとは言うが、Not thanksとは言いません。何故でしょうか?

thanks は名詞ですから、notと言う副詞を使えません。

(質問3)noとnotを間違いなく使いこなしたいのです。どなたか易しくご指導お願いいたします。

基本的に、no は、not よりも強い否定を表します。これは、副詞と言う動詞に依存する表現よりも、名詞に依存する形容詞のほうが、印象が強いからでしょう。名詞と動詞を比べれば、名詞のほうが、ちゃんと存在すると言う意味で具体的であり、はっきりしていますから。また、動詞は、時制も表現していて、そのときそのときと言う制限がありますが、名詞は、時を超越しています。

これから、次のようなことが言えます。

He is not a fool. 彼は馬鹿じゃないよ。普通の人間さ。

He is no fool.彼が馬鹿だなんてとんでもない。実際は賢いんだ。


He does not have any friends.「友達がいない。だけど、他の場所や今後は友人が出来るかもね。」

He has no friends.「友人なんている分けない。それだけ孤立しているんだ。」

のような意味の違いが生まれます。

notは副詞です。ですから、動詞や助動詞、形容詞を否定します。noは形容詞ですから名詞につきます。

There's no getting around housework.
どう見ても家事をするのは避けられないようだ。

(質問1)noをnotに置き換えた場合、意味上、文法上どんな間違いが指摘されますか?

getting around は、ここでは名詞として使われています。There is a pen. のa pen と同じ形ですから。
そのため、notを置くことは出来ません。

(質問2)No thanksとは言うが、Not thanksとは言いません。何故でしょうか?

th...続きを読む

QI don't know. / I'm not sure. 使い分けは?

「分かりません」ということを表現するのに、I don't know. と言うと無責任で突き放したような意味になるから、I'm not sure. と言いなさい、と教えられたことがあったように思うのですが、これは正しいのでしょうか?

しかし、実際にアメリカで暮らしてみて、I don't know. という表現も意外と聞きます。となると、どういう風にこの2つの表現を使い分けたらいいのでしょうか。いまだに「分かりません」と言いたい時に、どちらの表現を使っていいのかとまどっています。

Aベストアンサー

実用的な面からの回答ですが、

 I don't know where he is.彼がどこにいるか知らない。
 I'm not sure where he is.彼がどこにいるか、確かではない。(漠然とした、アイディアはある。)

というのが、基本的な考え方だと思います。

何か質問されて答えを知らない時は、I don't know、何かしらの情報はあるけど、自信がない時は、I'm not sure、という使い分けです。

ただし、あなたの職責上、知っていて当然の事を訊ねられた場合、話が違ってきます。これが、まさにあなたが受けたアドバイスの当てはまる状況ではないかと思われます。

上記の例で、あなたが、「彼」の秘書だったとしましょう。
そうすると、ボスがどこにいるか聞かれて、「知りません」と答える秘書は、秘書として失格であり、「何、この人?」ということになり、場合によっては、ケンカ売っている or ボスから「奴から電話きても絶対に取り次ぐな」と言われていると思われる可能性すらあるでしょう。

ところが、これが I'm not sureに変わると、「本来知っていてしかるべきなんですが、たまたま上司が行き先を告げずに外出してしまったんです」、というニュアンスになり、ダメな秘書な感じは大幅に緩和され、日常のありがちな状況に変わることになります。(厳密には、そこまで劇的な効果はないでしょうけど...)

無論、ここでのボスと秘書という例だけでなく、あなたが営業を担当している製品について質問された場合でも、ほぼ同じ構図が成り立つと思いますし、他にも色々似た状況はあるでしょう。

しかし、より重要なのは、I don't knowやI'm not sureで会話を終了させずに、
  Have you talked with xxx? (xxxさんは、答えを知ってそうな人)
  Let me check. I'll get back to you soon.
といった感じで、質問に対して最善を尽くす姿勢を示す事だと思います。

実用的な面からの回答ですが、

 I don't know where he is.彼がどこにいるか知らない。
 I'm not sure where he is.彼がどこにいるか、確かではない。(漠然とした、アイディアはある。)

というのが、基本的な考え方だと思います。

何か質問されて答えを知らない時は、I don't know、何かしらの情報はあるけど、自信がない時は、I'm not sure、という使い分けです。

ただし、あなたの職責上、知っていて当然の事を訊ねられた場合、話が違ってきます。これが、まさにあなたが受けたアドバイスの当て...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング