スエズ運河株という物の存在がよくわかりません。スエズ運河を建設したのはフランス人技師だからすべてフランスが株を所有しているのではないのですか。イギリスはエジプトから株を買収したとなっているのですが、よくわかりません。またこのあと、イギリスはフランスからも株を買収したということになるのでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

スエズ運河株式会社についてですが、おっしゃる通りこれを建設したのはフランスが中心になって設立した会社です。



ただ、これを作る時に土地の権利を持つものとして(運河建設を許可した)エジプト太守にもこの会社の約45%の株が配分されています。で、エジプト太守は財政難の為にこれを売り払おうとします。それを聞きつけたイギリス首相のディズレーリが議会には事後承諾の形で、資金はロスチャイルド家から借りて買収するわけです。

というわけでエジプトは当初から株を持っていてそれをイギリスが買収したのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、スエズ株の背後関係が大変よくわかることができました。土地の権利を持つ物としてエジプト太守は株を持っていたのですね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/19 02:41

下記のサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか?



参考URL:http://isweb13.infoseek.co.jp/school/bannin02/ko …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。ご紹介してくださったページは普段私も利用しているページです。ただ、スエズ株のことについてあまり載っていなかったので少しまだ疑問点が残るのですが。

お礼日時:2001/10/19 02:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報