スエズ運河株という物の存在がよくわかりません。スエズ運河を建設したのはフランス人技師だからすべてフランスが株を所有しているのではないのですか。イギリスはエジプトから株を買収したとなっているのですが、よくわかりません。またこのあと、イギリスはフランスからも株を買収したということになるのでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

スエズ運河株式会社についてですが、おっしゃる通りこれを建設したのはフランスが中心になって設立した会社です。



ただ、これを作る時に土地の権利を持つものとして(運河建設を許可した)エジプト太守にもこの会社の約45%の株が配分されています。で、エジプト太守は財政難の為にこれを売り払おうとします。それを聞きつけたイギリス首相のディズレーリが議会には事後承諾の形で、資金はロスチャイルド家から借りて買収するわけです。

というわけでエジプトは当初から株を持っていてそれをイギリスが買収したのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、スエズ株の背後関係が大変よくわかることができました。土地の権利を持つ物としてエジプト太守は株を持っていたのですね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/19 02:41

下記のサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか?



参考URL:http://isweb13.infoseek.co.jp/school/bannin02/ko …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。ご紹介してくださったページは普段私も利用しているページです。ただ、スエズ株のことについてあまり載っていなかったので少しまだ疑問点が残るのですが。

お礼日時:2001/10/19 02:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXってどんなもの? ハイリスクハイリターンで株より怖い?

最近「FX」が流行ってるみたいですが、どんなものか分かりません・・・ 簡単に教えてください。

ちなみに「株」は250万円の資金でやっています。 「FXのほうが儲かるよ。」とよく言われるのですが仕組みが分かりません。 株とどう違うのでしょうか? 資金力は株と違って少なくて済む? 29歳男

Aベストアンサー

・リスク
 必ずレバレッジ100倍で取引する必要はありません。レバレッジ1倍であれば、1万$購入していて1円の変動があっても1万円のリスクしかありません。株の場合は信用取引をしていなくても、去年のようにあっという間に資産が半分になるケースもありますよね。$円が半分になるということは、アメリカが崩壊するようなもので株かFXかなんて言っている場合じゃないですよね。

・銘柄選択
 株は銘柄選択が大変ですよね。FXは主要通貨のマトリクス分($円、$ポンド、ポンド円など)しかなので、一つの銘柄分析に集中できます。

・その他
 株はその会社のおかれた環境に目がいきますが、FXは原油価格、EUの経済状況などグローバルな視点をもつことになり視野が広がります。

・儲かる?
 これはその人が決めた取引手法が成功するかどうかなので、FXだからというものではないと言えます。テクニカルでもファンダメンタルでも決めた手法を継続して、結果儲かるものだと思います。

・資金力
 NO1さんのとおり、レバレッジを高くすれば資金は少なくて済みますが、リスクは高くなるだけのことです。

FXのことが知りたければ、口座開設してみてくだい。
無料でセミナー、講座、デモトレードなどができる会社がたくさんあります。取引する必要はありません。

・リスク
 必ずレバレッジ100倍で取引する必要はありません。レバレッジ1倍であれば、1万$購入していて1円の変動があっても1万円のリスクしかありません。株の場合は信用取引をしていなくても、去年のようにあっという間に資産が半分になるケースもありますよね。$円が半分になるということは、アメリカが崩壊するようなもので株かFXかなんて言っている場合じゃないですよね。

・銘柄選択
 株は銘柄選択が大変ですよね。FXは主要通貨のマトリクス分($円、$ポンド、ポンド円など)しかなので、一つの...続きを読む

Q世界史です。出エジプト・ヘブライ王国建設までの経緯がよくわかりません。なぜヘブライ人がエジプトにいた

世界史です。出エジプト・ヘブライ王国建設までの経緯がよくわかりません。なぜヘブライ人がエジプトにいたのですか?できるだけ詳しい回答お待ちしています。

Aベストアンサー

元々イラク南部に居住していたヘブライ人集団が指導者に率いられて、現在のイスラエル辺さらには、エジプトに移住した、と言われている。
ゲルマンの移動とは事情が違うようだ。
エジプトでは迫害される側の奴隷として苦労があった。
そこから脱出するのも指導者モーゼが率いてのこと。
かれらにとって、現イスラエル辺が神との約束の地だったとの解釈です。

Q一番ハイリスク・リターンの投資はFXだと思うのですが?

いちばんハイリスク・ハイリターンの投資は
FXだと思うのですが如何ですか?

当方、FX暦2年で負け組です、

投資といえば株、FX、先物が思い浮かびますが
FXほどハイリスク・ハイリターンは無いと思うのですが、

先物はやったことが無いので分かりませんが、
如何でしょうか?

また、他の投資でよく行われるものは何がありますか?

Aベストアンサー

結局、年利が大きくてドローダウンが小さいシステムが優秀です。
以下で、sysman228さんが詳しく解説しています。http://okwave.jp/qa4581895.html
「年利÷最大ドローダウン」が優秀であることが最も重要で、あとはハイリスク・ハイリターンかローリスク・ローリターンかはレバレッジの問題です。

負けているのであれば、システムトレードがお薦めです。
下記サイトで、いろんなシステムトレードの登録と成績(フォワードテスト含む)が見られます。第3者が評価しているので信頼できます。

しかし、基本的にシステム販売は、自分でトレードするよりもシステム販売したほうが儲かるからそうしているだと思って疑ったほうがよいです。特に225先物やFXはカーブフィッティングがひどく、過去の成績をよく見せるだけで販売後はいきなり下降まっしぐらの商材ばかりでうんざりしています。まさに販売目的と言えます。株でよいものがあればと思って探しています。

また、ロジック非公開での売買シグナル配信などは、フォワードテストが良ければ、それなりに信頼できると思いますが、今のところ上記サイトへの売買シグナルの登録はないようです。あきらめずにチェックしています。

結局、年利が大きくてドローダウンが小さいシステムが優秀です。
以下で、sysman228さんが詳しく解説しています。http://okwave.jp/qa4581895.html
「年利÷最大ドローダウン」が優秀であることが最も重要で、あとはハイリスク・ハイリターンかローリスク・ローリターンかはレバレッジの問題です。

負けているのであれば、システムトレードがお薦めです。
下記サイトで、いろんなシステムトレードの登録と成績(フォワードテスト含む)が見られます。第3者が評価しているので信頼できます。

しかし、基本...続きを読む

Q英仏百年戦争はもともとイギリス国王がフランス国王の臣下で、フランスのノ

英仏百年戦争はもともとイギリス国王がフランス国王の臣下で、フランスのノルマンディなどに領土を持っていたことが原因といわれています。しかし1453年に百年戦争が終ったあと、英仏の国境が確定したと歴史の本で読んだことがあり、イギリスはフランスにある領土を失ったと思うのですが、その後イギリスはフランスのかつての領土奪還をあきらめたのでしょうか

Aベストアンサー

ノルマンジー周辺に領地を持っていたノルマンジー公が、イギリスに渡ってイングランドを造り、その後スコットランド・ウエールズ・アイルランドを併合して行きました。
ノルマンジー公はフランス王権についても継承順位を持っており、王権争いが英仏戦争の理由にもなりましたが、結果的にフランスでは反逆者となってしまったので、領地を没収された形になりました。

その後領地奪還を諦めた理由としては、海峡を挟んで進出したとしても陸からの攻勢に守り難い地形であり、そのリスクを負って軍事力を行使する程豊穣な土地では無く、それ以外に進出する地域が沢山あったと言う事でしょう。
欧州においても、フランスから奪取したジブラルタルについては、その地域的戦略性の高さから未だに権利を譲りませんし、マルタ島についても同様にフランスから取り上げかなり最近まで領有していました。

Q株とFXは、どちらが初心者向きか?

給料以外に、副業的なお金が欲しく株かFXを始めたいと思っています。

しかし投資は、リスクとお金が必要なので一歩踏み出せずにいる状態です。

投資が、初心者に向いているのは株、それともFXになるのでしょうか?

Aベストアンサー

どちらともいいかねます。投資資金はどの程度あり、どういうスタンスで投資にのぞむかによってどちらがむいているかは違ってくるからで、初心者であるからどちらという回答にあまり意味があるとは思えません。FXも大きな利益を狙う方法もありますが、同時に、外貨預金がわり的に使う方法もあります。株式についても、一発勝負にいく売買もあれば、大きな損失を出すことを避け長期に少しずつ利益を得ようとするような売買もあります。個人的には、FXと株、どちらが単純かといえば、単に為替レートの変動にかけるFX、どちらが面白いかといえば非常に幅広いことに関わってくる株式投資かなと思います。あれこれ考える前に損失が出てもしょうがないと思える範囲の額、例えば10万とか20万の資金で、まずはじめてみてしまう方が身につくことは多いかもしれません。

Qスエズ運河国有化と株について

世界史の勉強中です。エジプトのスエズ運河国有化について質問します。

エジプトのスエズ運河は、フランスとエジプトが始め株式を保有していました。
イギリスがエジプトから株式を買い取り、スエズ運河をエジプトごと管理下に置きました。

ここまでは正解ですよね?

(1)その後、エジプトの「スエズ運河国有化宣言」があったと思うのですが、イギリスとフランスが所有していたはずの株式はこの時どうなったのですか?紙切れになってしまったのでしょうか?

(2)そうだとしたら、そんなことは資本主義的にあってはならないことだと思うのですが、中東戦争を挑まれたエジプトを国連が支援したのはなぜですか?

(3)また、スエズ運河は結局のところエジプトが国有化したと思うのですが、この一連の流れに関してペナルティなどはなかったのですか?そうだとしたら、理由はなんですか?

質問が多くなってしまいましたが、詳しい方お願いします。お答えはどれかだけでも結構です。

Aベストアンサー

(1)その後、エジプトの「スエズ運河国有化宣言」があったと思うのですが、イギリスとフランスが所有していたはずの株式はこの時どうなったのですか?紙切れになってしまったのでしょうか?

エジプトのスエズ運河国有化法と
その後の国際交渉によるエジプトとフランスの協定により、
スエズ運河会社の改組(エジプト法人としてのスエズ運河会社は解散、
残務処理のためのフランス法人スエズ財務会社へ移行、2050年までに
残務処理を終えるとされ、現在も存続している)と、
株主への補償(英仏両政府を含む全株主へ、エジプト政府が、
国有化宣言直前のパリ株式取引所での時価で計算した買取価格を
支払う)が、されました。

http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/1890/1/A03890546-00-047010001.pdf

(2)そうだとしたら、そんなことは資本主義的にあってはならないことだと思うのですが、中東戦争を挑まれたエジプトを国連が支援したのはなぜですか?



・資本主義的にあってはならないことだと

日本も鉄道、タバコ事業国有化とか、欧米でも 外資を含む国有化は、よくあるが


・国連が支援したのはなぜですか?

スエズ運河の管理権と関係なく、イスラエル軍の侵攻と、英仏軍のスエズ運河占領計画は
国連憲章に違反していると、アイゼンハワー米大統領が主張し、ソ連なども同調したため。


(3)また、スエズ運河は結局のところエジプトが国有化したと思うのですが、この一連の流れに関してペナルティなどはなかったのですか?そうだとしたら、理由はなんですか?

エジプト法人の事業を、エジプト政府が、合法的に接収・国有化したので
そのこと自体は、ペナルティ課せられることではないから。

(1)その後、エジプトの「スエズ運河国有化宣言」があったと思うのですが、イギリスとフランスが所有していたはずの株式はこの時どうなったのですか?紙切れになってしまったのでしょうか?

エジプトのスエズ運河国有化法と
その後の国際交渉によるエジプトとフランスの協定により、
スエズ運河会社の改組(エジプト法人としてのスエズ運河会社は解散、
残務処理のためのフランス法人スエズ財務会社へ移行、2050年までに
残務処理を終えるとされ、現在も存続している)と、
株主への補償(英仏両政府を含む全...続きを読む

Q株とFX

株とFXではどちらがハイリスクハイリターンですか?
どちらが儲けやすいですか?
どちらが分かりやすく簡単ですか?
あと株の世界ではBNFさんや三村さんなどの成功した有名な方がおられますが、FXの世界にもそのような成功した有名人はいますか?

Aベストアンサー

特徴がありますが、株は投資、為替は投機の要素が高いです。
また、株式にも証拠金取引(CFD)というのがあり、FXのようなことができます。

投資は資産として保有しますが、証拠金取引はあくまでも他人の資産を動かして、約定時の利ざやを得る権利を持つだけの行為です。
両方とも投機目的であれば、リスクは全く同じです。

また、値動きの特徴と値動きの理由に違いが出ます。
為替は貿易需要から来る要素と投機目的から来る需要があり、政治的なニュースから突発的に動く値動きがこれに加わります。
一般に為替の値動きの複雑さは、株式と先物の値動きの比ではありません。それだけに為替はチャート分析派の割合がとても高いのも特徴です。
また、為替は取引量が高く、株取引に比べて圧倒的に注文が通りやすいです。
株式は資産保有の意味合いで行う割合が多く、ファンダメンタル要素がやや強めに出ます。チャートグラフにはギャップが多々見られるように、急な値動きが目立ちます。注文が約定しにくく、出遅れるタイプの人はちょっと手こずるケースもありますが、チャート分析ができる人には比較的簡単に利を上げることができるでしょう。


このような違いは、トレードを行う者の正確にマッチするものとマッチしない者が出てきます。これは実際にトレードをしないと分かりません。
マーケットノイズに対してトレードを行い、損切りに引っ掛かってばかりの人は、値動きの複雑な為替の魔の手にかかってしまいます。
逆に、ギャップが出るような激しい値動きになって初めてトレードを行い、出遅れがちな者には、そのような場面での約定の難しい株はリスクが高いでしょうね。

あと、有名人のケースはレアケースなので忘れてください。
宝くじで成功した人の数が圧倒的に多いですよね?
億以上当てる人は年間1000人くらいですから。
それを排除して考えることから、有名人のケースは考えないほうがトレードセンスがあると言うことです。

特徴がありますが、株は投資、為替は投機の要素が高いです。
また、株式にも証拠金取引(CFD)というのがあり、FXのようなことができます。

投資は資産として保有しますが、証拠金取引はあくまでも他人の資産を動かして、約定時の利ざやを得る権利を持つだけの行為です。
両方とも投機目的であれば、リスクは全く同じです。

また、値動きの特徴と値動きの理由に違いが出ます。
為替は貿易需要から来る要素と投機目的から来る需要があり、政治的なニュースから突発的に動く値動きがこれに加わります。
一...続きを読む

Qエジプト・トルコ・イギリスの関係について

●ウィキペディア「エジプトの歴史」の項目に、
1914年には、第一次世界大戦によってイギリスがエジプトの名目上の宗主国であるオスマン帝国と開戦したため、エジプトはオスマン帝国の宗主権から切り離された。
その結果、大戦後の1922年2月28日にエジプト王国が成立し、翌年イギリスはその独立を認めたが、その後もイギリスの間接的な支配体制は続いた。と記載されています。

●そこで質問なんですが、
(1)
「エジプトはオスマン帝国の宗主権から切り離された。」と明記されていますが、具体的にどのように切り離されたのでしょう?
イギリスによる半強制的な切り離しだったのでしょうか?
それとも、エジプトも同意の上での離反?

(2)
「1922年2月28日にエジプト王国が成立し、翌年イギリスはその独立を認めたが、その後もイギリスの間接的な支配体制は続いた。」
とありますが、イギリスの支配体制が完全に終わった詳細な年月を知りたいです。

(3)上記の内容と関係ないのですが、現在のエジプトとトルコの関係について知りたいです。
最近の時事などご存じでしたら、ぜひ教えてください。

何卒よろしくお願いいたします。
夜分遅くに失礼しました。

●ウィキペディア「エジプトの歴史」の項目に、
1914年には、第一次世界大戦によってイギリスがエジプトの名目上の宗主国であるオスマン帝国と開戦したため、エジプトはオスマン帝国の宗主権から切り離された。
その結果、大戦後の1922年2月28日にエジプト王国が成立し、翌年イギリスはその独立を認めたが、その後もイギリスの間接的な支配体制は続いた。と記載されています。

●そこで質問なんですが、
(1)
「エジプトはオスマン帝国の宗主権から切り離された。」と明記されていますが、具体的にどのように...続きを読む

Aベストアンサー

オスマン帝国の支配下にありながらも、エジプトは比較的緩やかな
支配を受けていました。
イギリスのプロパガンダでオスマン帝国は「圧政と残虐な帝国」と
いうイメージを持たれがちですが、民族意識の強い反抗的な地域には
その一面があったものの、エジプトやその他の地域ではそうでも
なかったのです。
たぶんそれは(現在でもそうですが)エジプト人の意外なほどの
民族意識の低さによります。
もちろん、地域愛、郷土意識やアラブ・イスラムとしての連帯感は
ありますが、「エジプト人」という民族意識は薄いようです。
ただし、それはイランを除いた中東地域全般に言えることですが。

経済的にも、エジプトはオスマン帝国の支配下にありながらも
自由な状況にあったのですが、同時にそれはオスマン帝国の下に
どうしてもいなければいけない訳でもなかったため
イギリスと「反オスマン主義者」であるマホメット・アリーの独立
(切り離し)行動には別段反対でも賛成でもなかったのが実情でした。
現在でも多くのトルコ人がエジプトに住んでいることがその証です。
反トルコ意識は、エジプトの人々の間にはあまりありません。

イギリスのトルコ・エジプト切り離し工作や、トルコの近代化による
「親欧州主義政策」により、両国の関係は経済的な関係に比べ
政治的にはあまり接点がありませんでした。
しかし、最近はかなり様相に変化が生じています。
トルコ・エジプトにとって共通する悩みは、イラクやパレスティナ等
の中東地域の混乱です。
この混乱を(アラブ人によって)鎮めたいという意識が生まれつつある
両国は2003年イスタンブールでの会合以降政治的に急速に接近しつつ
あります。
しかも、エネルギー資源に乏しい両国は、最近その埋蔵量が大きいと
判明した「キプロス南海」のガス田を共同開発しようとする動きに
なっています。
もちろん、この動きはイスラエル・イギリス・フランスにとっては
面白くはないでしょうね。

オスマン帝国の支配下にありながらも、エジプトは比較的緩やかな
支配を受けていました。
イギリスのプロパガンダでオスマン帝国は「圧政と残虐な帝国」と
いうイメージを持たれがちですが、民族意識の強い反抗的な地域には
その一面があったものの、エジプトやその他の地域ではそうでも
なかったのです。
たぶんそれは(現在でもそうですが)エジプト人の意外なほどの
民族意識の低さによります。
もちろん、地域愛、郷土意識やアラブ・イスラムとしての連帯感は
ありますが、「エジプト人」という民族...続きを読む

QFXが一番ハイリスク・ハイリターン?

私的にFXがいちばん、株や先物、その他投資に比べてハイリスク・ハイリターンだと思うのですがどうでしょうか?

その最大の理由はレバレッジとロスカットがあるからですが。

いかがでしょうか?

Aベストアンサー

 FX自体が常にハイリスク・ハイリターンではありません。証拠金を大量に預けておいて、レバレッジ1倍でやれば、現物と同じです。

 とは言え、やはりFXのレバレッジは他の金融商品よりもはるかに大きいでしょう。300倍も可能だし。漫画じゃないけど、1日で絶対に大金持ちになりたいならFXでしょう。極端な例ですが、100万円を1日のうちに200万円(失敗したらもちろんゼロ円)にしたいということなら、FXが一番手っ取り早いでしょう。

 おおざっぱに1ドル=100円と計算して、100万円で300倍だと、300万ドル(3億円!)の勝負ができます。33銭上がったら(すなわち1ドル=100.33円)100万円儲け、33銭下がったら(すなわち1ドル=99.67円)100万円損します。33銭なんて1時間以内に動く場合が多いでしょう。

 あくまでも自己責任です。また、損失は急激な円安の場合だと、ロスカットの範囲だけでは済まなくなることも少なくありません。

Qもしイギリスやフランスが

もしイギリスやフランスが大人しい国で、アメリカや他の国に侵略など一切しなかったら、
今の世界はどうなってたと思いますか?

Aベストアンサー

スペインやポルトガルやオランダなどが
植民地経営で赤字出して、
英仏に不良植民地押し付けてるだろうから
大差なし

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz


人気Q&Aランキング

おすすめ情報