初歩的な質問で恥ずかしいのですが、この文章のproposedの意味上の主語を教えて下さい。

The same thing happened with Europe's proposed peace settlements.

このwith以下の部分は

1) peace settlements which were proposed by Europe
2) peace settlements which were proposed to Europe

「ヨーロッパによって提案された平和解決」なのでしょうか?
  それとも
「ヨーロッパに提案された平和解決」
  なのでしょうか?


宜しくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

*〈冠詞+形容詞+名詞〉、または〈代名詞+副詞+形容詞+名詞〉などの語


順パターンは絶対に覚えておくこと。

○ The old bag
× Old the bag
○ Her nicely painted picture
× Painted nicely her picture


http://www.kou-shobo.co.jp/books/index.php?actio …

----------------------

Then you paint color as you like. I like the tool of water color. Well did you finish your painted picture?

http://www.kawasima.co.jp/johosi/joho628e.htm

※your painting picture は圧倒的に使用頻度が低い。

----------------------
proposed についても多くの事例を調べましたが、もっぱら、painted と同様に使われています。これらの事例と同様、proposed の前の所有格代名詞はproposed の主語と考えられます(ほぼ100%)。

日本人には違和感が残りますが、これが現状だと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

沢山調べていただいたようで、ありがとうございます。paintingとpaintedの両方が使われているなんて、、、。your painted pictureで「あなたが描いている絵」となるというのは、なんか妙な感じがします。英語って難しいです!

お礼日時:2005/08/21 09:42

 補足にお答えしますと,his used car「彼の中古車」のような場合,his / used car であり,「彼が中古車の所有者である」ということを表し,his が used の意味上の主語にはなりません。

    • good
    • 0

前後の文がないのではっきりとは言えませんが、


1)と2)、どちらが正しいともいえないと思います。

例えば"my stolen wallet"という表現を考えてみてください。
どう考えても、steelの動作主はwalletでもIでもありませんよね。

"Europe's proposed peace settlements"という表現も、
この文だけからでは、はっきり言えるのはpeace settlementsは
Europeのものであり、proposeされたものだ、ということだけで、
誰がproposeしたのかは明らかになりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。確かにそうですよね、、、。意味上の主語が泥棒なのは分かっていますが、句の中にありませんもんね。勉強になります!

お礼日時:2005/08/21 09:37

(1)の解釈で正しいです。


be proposed という受動態の主語は peace settlements であり,Europe's という部分がさらに「提案される」の主語になるわけではありません。propose は二重目的語を取りませんし,たとえ取ったとしても,意味上の主語の部分が,過去分詞が表す受動関係の主語になることはないと思います。「過去分詞の意味上の主語」という言い方が正しいかどうかわかりませんが,この所有格は,過去分詞を能動態で用いた場合の主語,すなわち,受動態のままで考えると。by ~で表される部分に該当すると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!所有格+過去分詞+名詞の形では、いつも名詞が「過去分詞の意味上の主語」になるのでしょうか?

お礼日時:2005/08/18 19:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過去分詞について出来る限り教えてください。

過去分詞について出来る限り教えてください。


私はいま中2なのですが、英検のため過去分詞を覚えたいです。
できたら、不規則に変化する過去分詞を知ってる限り教えてほしいです><

Aベストアンサー

不規則変化の動詞は教科書の巻末か辞書の巻末に載っています。
全部で60くらいです。
英研で発音問題で取り上げられるのは bought, thought, caught
いずれも「オー」と伸ばす音だが、スペルにつられやすいから。
また現在、過去、過去分詞が同形のものに注意。過去か現在か問われることが多い。
現在形、過去形、過去分詞の順に繰り返し読んだり、書いたりして覚えると早いですよ。大きく5つに分類できます

1 すべてが同形
  cut cut cut, hit hit hit, let let let 等

2 過去と過去分詞が同形
 bring brought brought, teach taught taught, buy bought bought


3 現在と過去分詞が同形
  come came come, become became become

4 過去が a 過去分詞が u
drink drank drunk, swim swam swum, 等

5 すべてが異形
  is(are) was(were) been, drive drove driven,
draw drew drawn, give gave given, など

過去分詞の使い方は

受動態、現在完了、過去完了、分詞が主です

受動態

 English is spoken by many people all over the world.
英語は世界中の多くの人に話されています

現在完了
 
 I have just finished dinner. 今夕食を終えたばかりです
 I have been to the shops. 店に行ってきました

過去完了

 When I got to the station, the train had already gone.
 駅に着いたときは、電車は既に行ってしまっていた。

分詞

 a broken glass 壊れたグラス(壊されたグラス)

a window broken by Tom トムに壊された窓

不規則変化の動詞は教科書の巻末か辞書の巻末に載っています。
全部で60くらいです。
英研で発音問題で取り上げられるのは bought, thought, caught
いずれも「オー」と伸ばす音だが、スペルにつられやすいから。
また現在、過去、過去分詞が同形のものに注意。過去か現在か問われることが多い。
現在形、過去形、過去分詞の順に繰り返し読んだり、書いたりして覚えると早いですよ。大きく5つに分類できます

1 すべてが同形
  cut cut cut, hit hit hit, let let let 等

2 過去と過去分詞が...続きを読む

Qat peace 「平和に、安らかに」

at peace と in peace はどう違うのですか?

Both countries are now at peace.(両国とも今は平和な状態にある)

なぜ in peace と言ってはダメなのですか?

Aベストアンサー

意味が違うので、使う状況が違うということになります。

Both countries are now at peace.
このatは、現時点ではーーというような意味を持っています。3年前はat warという状態だったかもしれません。5年後もそうかもしれません。at warかat peaceかーーということで使われている表現です。

Both countries are now in peace.
これは、inを使うことで、平和の中につつまれているイメージ、あるいは、平和の時代にあるイメージがでます。また、生活したり(live in peace)、貿易したり(grade in peace)することが平和裏に行われるというようなときにも使います。
このBoth countries are now in peace.というのは、この文だけですと、平和の状態に収まったーーという感じがします。極端な例を言いますと、両方の国とも永世中立国となって、平和であるーーというのでしたら、in peaceだと思います。
微妙な違いですが、とりあえず
Both countries are now at peace.
In both countries people live in peace now.
みたいな文で少し理解できるかと思います。
Both countries in peace or in war must depend on America.
こういう文だと、inでしょうね。長い期間を感じさせます。

以上、ご参考になればと思います。

意味が違うので、使う状況が違うということになります。

Both countries are now at peace.
このatは、現時点ではーーというような意味を持っています。3年前はat warという状態だったかもしれません。5年後もそうかもしれません。at warかat peaceかーーということで使われている表現です。

Both countries are now in peace.
これは、inを使うことで、平和の中につつまれているイメージ、あるいは、平和の時代にあるイメージがでます。また、生活したり(live in peace)、貿易したり(grade in peace)すること...続きを読む

Q過去分詞ってなんですか?(>д<;)

こんにちわ。

英語苦手です・・・。
配られたプリントに『過去分詞』と書いてありました。
私は中2でして、習った覚えもないし、誰かに聞いても『過去分詞は過去分詞でしょww』っていわれて中々、参考になりません。

題名のとおり、過去分詞ってなんですか?
私にも分かるように分かりやすく、例文などを用いて(難しいですね;;)教えてくれれば幸いです。

Aベストアンサー

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形とはまったく関係ありません。「過去」という語がまぎらわしく「受け身・完了形」という呼び名にすればいいのにと私は思っています。
受け身・完了形ーーなのです。つまり、受け身(受動態とも言います)と完了に使うからです。
分詞というのは、2つの役割に分かれるということを意味します。動詞としての役割と形容詞としての役割です。

★過去分詞の例
まず、動詞の5つの変化の例文を書きます。
1. Tom and I do the work every day.
2. Tom does the work every day.
3. Tom did the work yesterday.
4. The work is done by Tom.
5. Tom has done the work.
6. Tom is doing the work now.
このうち、4番目と5番目が過去分詞の例です。
4. The work is done by Tom. (その仕事はトムによってなされる)
5. Tom has done the work.  (トムはその仕事をやったところです)

4は受動態(受け身)の例です。be動詞+過去分詞で使います。他の例題と主語が違うところが注意です。他の例で動詞の後にくるthe workが主語になっていますね。その仕事はトムによってなされるーーという受け身の意味となるからです。

5は4の受動態とは全く関係がありません。別物です。have (主語が単数ならhas)+過去分詞で使う現在完了形です。

もう1度確認します。
     受動態ーーbe + 過去分詞
     現在完了形ーーhave (has) + 過去分詞

これが過去分詞の使い方です。

★普通の動詞は、過去形と過去分詞形が全く同じです。

work 原形
worked  過去形
worked  過去分詞

ところがdoのようないくつかの動詞は、不規則な変化をし、その中でも過去形と過去分詞が違うものがあります。

do 原形
did   過去形
done  過去分詞

go 原形
went   過去形
gone   過去分詞

take 原形
took   過去形
taken  過去分詞

以上、ご参考になればと思います。

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形...続きを読む

Qこの例文は誤りなのでしょうか?We were surprised at the way in which he used his tools.

We were surprised at the way in which he used his tools.
という例文があるのですが、"he used his tools."の節の"use"は、他動詞であり、目的語が必要なので関係代名詞を使用するはずなので、この場合"in which"ではなく"which"だけでいいのではないでしょうか?

理由も含め、どなたか御教授いただけませんか?
それではご回答よろしくお願致します。

Aベストアンサー

"used"の目的語は、"his tools"です。"which"が、"used"の目的語というわけではありません。

ご質問の文章を2つの文に分解すると、次のようになります。

He used his tools in a (strange) way.
=彼は、道具を、ある(おかしな)やり方で、使った。

We were suprprised at the way.
私たちは、そのやり方に驚いた。


この2つの文章を、以下の手順で結合すると、ご質問の文章になります。

最初の文で“in a way”となっているところの“a way”を関係代名詞“which”に変身させて“in which”とします。

関係詞は文(と言うか、節?)の最初に来ることになっていますから、“in which”を前に持っていくと、“in which he used his tools”となります。

これを、もうひとつの文と結合すると、“We were surprised at the way in which he used his tools.”になります。

"used"の目的語は、"his tools"です。"which"が、"used"の目的語というわけではありません。

ご質問の文章を2つの文に分解すると、次のようになります。

He used his tools in a (strange) way.
=彼は、道具を、ある(おかしな)やり方で、使った。

We were suprprised at the way.
私たちは、そのやり方に驚いた。


この2つの文章を、以下の手順で結合すると、ご質問の文章になります。

最初の文で“in a way”となっているところの“a way”を関係代名詞“which”に変身させて“in which”としま...続きを読む

Q過去分詞

the doll made in the ・・・


参考書曰く、madeの後ろに目的語が来ないので過去分詞だということが分かる

だそうですが

過去分詞だから来ないのではなく、他動詞が目的語がないことはありえないので
過去分詞だということですよね?

過去分詞も目的語をとる時があったように思ったのでこのように思ったのですが・・・


回答お願いします。

Aベストアンサー

No.2です。
<質問と関係ないですが、分詞を形容詞とみなすとmadeの後ろに目的語があり madeが分詞だとしたら、それも形容詞なんですか?>

今のテーマのように名詞の後に置かれた分詞が(その名詞を形容する)形容詞と見なされる場合は、made は形容詞と見なされます。"I have a doll made in Japan."
今のテーマの用法以外で made の後ろに目的語が来る場合は、made は動詞であって他動詞と呼ばれます。"I have made my home."

QThey were striking to look at with

They were striking to look at with a red circle around his eyes.のstriking to look atの訳は「目を引く」くらいでよいのでしょうか?いまひとつstriking to look atの感覚がつかめません。お願いします。

Aベストアンサー

look at の後に目的語がありません。
すなわち、He is easy to talking to.「彼は話しやすい」と同様の構文になっています。
主語繰上げ構文だとか tough 構文などと言われています。

「見るには目立っている」ということで、「人目を引く」という感じで合っています。

Q過去分詞について

過去分詞の意味(イメージ)が、いまいち分からないのですが、なんなのでしょう。
原型はそのまま「する」、過去形は「した(完了でない)」、現在分詞は「すること」というように、
ほぼ日本語に当てはまってよく分かるのですが、過去分詞はそれでいうとどうなるのでしょうか?
日本語にはならないとしたら、どんなイメージなのでしょうか?

というのも、今年中3になったのですが、過去分詞と言うのを習って、今はそれを利用した文法をやっています。
受動態・現在完了をやったのですが、

受動態は be + 過去分詞 で、日本語で言うと「される」みたいな感じで、
現在完了形は have + 過去分詞 で、過去から今までのときの流れで、
副詞がその流れの具体的な位置とかを示している、というイメージだ(ですよね?)、

ということをそれぞれでは一応理解しているつもりです。

ですが、過去分詞自体がいまいち分かってないので、
何でhaveを使い、何をhaveしているのか、何でbeを使い、何をbeしているのか、
なんでそこで過去分詞が登場するのか、どうしてどちらも過去分詞なのか、
そういうところが全くもってわからないのです。

まとまっていなくて理解しにくい文章で申し訳ないですが、回答していただけると嬉しいです。

過去分詞の意味(イメージ)が、いまいち分からないのですが、なんなのでしょう。
原型はそのまま「する」、過去形は「した(完了でない)」、現在分詞は「すること」というように、
ほぼ日本語に当てはまってよく分かるのですが、過去分詞はそれでいうとどうなるのでしょうか?
日本語にはならないとしたら、どんなイメージなのでしょうか?

というのも、今年中3になったのですが、過去分詞と言うのを習って、今はそれを利用した文法をやっています。
受動態・現在完了をやったのですが、

受動態は be ...続きを読む

Aベストアンサー

分詞一般は、動詞から分かれて出来た形容詞と考えます。
現在分詞は、動詞の現在形から分かれてできた、「している」と言う意味を表す形容詞と考えるわけです。だから、He is busy. と同様に、He is running. と言えるのです。

ご質問の過去分詞は、動詞の過去形から分かれてできた形容詞と考えます。過去形から分かれて出来たので、当然、意味も過去に関係のあるものになります。

完了形:主語+have+過去分詞 で表されますが、過去分詞で表された「~した」と言う過去のことをそのままhaveしている、つまり、持っている、と言う意味です。
I lost my bag.は、「僕はカバンをなくした」と言う過去の出来事を述べていて、今の状態は何も言っていません。つまり、今は、カバンは戻ってきているかもしれないのです。
I have lost my bag.は、「僕は、カバンをなくしてしまっている」のような意味で、lost my bag と言う過去のことを今でも持っていると言う意味です。つまり、カバンはなくした状態でそのままと言うことです。一般的に、完了形は、過去分詞で表されたことの影響を今でも受けていると言う意味になります。

受身:主語+be動詞+過去分詞+...で、「主語が、~された」のような意味を表します。この文型を取るのは二つの意味があります。まず、受身は自分の積極的な動作ではありません。「アリスは彼に好かれている」は、アリスから見れば、「好かれている状態にいる」と言う意味であり、これは、Alice is busy.と同じように、状態を表しているのです。その意味で、be動詞が使われています。次に、過去分詞がなぜ使われるのかと言えば、「~する」と言う動作がまず行われて初めて、それを逆から見て受身、つまり、「~される」と言えるからです。He likes Alice.と言う現実がまずあり、それを逆から見て始めて、Alice is liked by him. と言えるわけです。別の説明の仕方をすれば、「~される」と言うためには、その前に、「~する」と言う動作が必要であり、それは、「~される」と言う立場から見えれば、前、つまり、過去の動作になるので、過去分詞が使われると言うことです。

つまり、過去分詞は、「~した、~してしまった」のような意味と、もう一つは、「~された」と言う意味の二つを持っていることになります。

それにしても、完了とか受身は中3でやるのですか?自分が聞いたところでは、中2でやっているとのことだったのですが、何県なのでしょう?

分詞一般は、動詞から分かれて出来た形容詞と考えます。
現在分詞は、動詞の現在形から分かれてできた、「している」と言う意味を表す形容詞と考えるわけです。だから、He is busy. と同様に、He is running. と言えるのです。

ご質問の過去分詞は、動詞の過去形から分かれてできた形容詞と考えます。過去形から分かれて出来たので、当然、意味も過去に関係のあるものになります。

完了形:主語+have+過去分詞 で表されますが、過去分詞で表された「~した」と言う過去のことをそのままhaveしている、つ...続きを読む

QWhat were they going to do with that all garbage?

What were they going to do with that all garbage?
という文があるのですが、文型(S,V,O,C)に分けるとしたらどうなるのでしょうか?
do witn Oで意味をとってしまうとwhatが入るところがないような気がするのです。
教えてください!

Aベストアンサー

http://www.kenkyusha.co.jp/modules/08_luminous/index.php?content_id=1

この辞書では
do with …

1 [疑問詞 what とともに] …を(どう)処置[処理]する; 扱う《指記号What…doing with—? (成句)》.
・I don't know what to do with this money. この金をどうしたらいいかわからない.
・【言い換え】 What did you do with your summer vacation?=What did you do with yourself during the summer vacation? 夏休みはどうされましたか.

とにかく、普通に what が目的語だと「何をする」という意味でしかなく、
「どうしたの?」という響きの do with ~とは違うものになってしまいます。

what しか使わないという点で
ただの do O とは違うのです。

Qスペイン語:この過去分詞の用法はなんですか?

お世話になります。
お忙しい所、宜しく御ねがします。

●下記の過去分詞の用法は何と言うのでしょうか?

1.haberの現在形+過去分詞は、現在完了形だと思いますが、

2.estarの現在形+過去分詞は?

3.irまたはserの点過去形+過去分詞は?

各2と3は、文法上では、何と言うのでしょうか?
さらに可能であれば、簡単な使用・用法の解釈もお願いします。
※1は違ったら教えて下さい。

以上ですが、教えて下さい。

Aベストアンサー

補足します。

*estarの現在形+過去分詞
初級文法では過去分詞の用法のひとつとして説明され、独立した名前は与えられていません。専門家によって
用語が異なるかも知れませんが、私の手持ちの古い文法書では『動詞補助形』のひとつ(動作の完了状態)として説明されています。

*Ser + 過去分詞
上記と同じく『動詞補助形』のひとつで受動態です。

*Ir+過去分詞はありません

Qwith which について

質問:She had only one dollar and eighty-seven cents
   with which to buy Jim a gift.

オー・ヘンリーの短編(The Gift of the Magi)の一文ですが、
"with which" は文法上どのように説明されるのでしょうか? 
 私の低レベルな英作文で言えば、"with which"が無く、to 不定詞の
形容詞的用法とするところです。

1)文の骨格を ”have A with B” と考えました。
2)"which to buy Jim a gift" が名詞句と思いましたが、
  "a gift" が邪魔で この名詞句の直訳に迷います。

以上よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

> 私の低レベルな英作文で言えば、"with which"が無く、to 不定詞の形容詞的用法とするところです。

 その考え方で構いません。実は「前置詞+関係代名詞(to+原形)」を用いた英文は形式ばった表現で、略式では「to+原形(+前置詞)」で表されることが結構あります。特に手段を表す「with」や場所を表す「in」はその傾向が強いですね。

 「前置詞+関係代名詞(to+原形)」は「前置詞+関係代名詞(主語+動詞)」で書きかえることができますが、その成り立ちを簡単な英文を使って下にまとめておきます。

元の英文: I have some money. I can buy a ticket with it.

(1) I have some money 【with】 which I can buy a ticket.(○)
  →I have some money 【with】 which to buy a ticket.(○)

(2) I have some money which I can buy a ticket 【with】.(○)
  →I have some money which to buy a ticket 【with】.(×)

(3) I have some money to buy a ticket (with).(○)

 上記の英文の中では、前置詞を前に出した(1)がもっとも形式ばった表現です。O.ヘンリーが用いた英文は状況を説明するト書きの部分ですから「with which to buy Jim a gift」という硬い表現を用いたのだと考えられます。これが、もし誰か登場人物の台詞であれば、「She had only one dollar and eighty-seven cents to buy Jim a gift (with).」で十分です。

 次の英文では、文法的な正しさにこだわれば前置詞が必要ですが、文法的な正しさにこだわらなければ前置詞を使わない方が自然です。一般庶民の日常的な会話では前置詞をつけない英文の方が圧倒的に多いでしょう。

(A) I need some scissors to cut the paper (with).
(B) The thief had no car to escape (in).

 ご参考になれば・・・。

> 私の低レベルな英作文で言えば、"with which"が無く、to 不定詞の形容詞的用法とするところです。

 その考え方で構いません。実は「前置詞+関係代名詞(to+原形)」を用いた英文は形式ばった表現で、略式では「to+原形(+前置詞)」で表されることが結構あります。特に手段を表す「with」や場所を表す「in」はその傾向が強いですね。

 「前置詞+関係代名詞(to+原形)」は「前置詞+関係代名詞(主語+動詞)」で書きかえることができますが、その成り立ちを簡単な英文を使って下にまとめておき...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報