うつ病の経験者で、現在通院加療中です。
 卒業論文の仕上げが実質5日後(13日)に迫っているのですが、やる気が起きず、友人に相談はしたものの気分が不安定で(私は男性ですが、もともと気分のぶれが激しく、女性的な心性を多く持っています)、現在辛い状況下にあります。データが集まらない、ネタを集めても文章にできないなど、投げ出したくなる状況です。文献も読みこなせないことで、自己嫌悪感が漂っています。
 テーマが「権力の言説分析」ということで、質的解析が必要なジャンルなのですが、仮説検証に説得力を持たず、そもそも「言説」の定義で迷っています。
 うつの気分はあまりありません。が、ここでの質問の回答が、唯一の安らぎです。
 このような中でやる気を出し、気分を高揚させる、なおかつ論文を書く態勢にさせる方法をご存知の方、教えて下さい。
 文章力の貧困で、思ったことをお伝えできないかもしれません。ご想像の範囲内でお答えいただければ幸いです。補足もできる限りします。
 現在服薬中の薬:
 毎朝トレドミン25ミリ、レキソタン2ミリ
 毎夕リボトリール1ミリ、コントミン25ミリ
 寝る前ロヒプノール3ミリ、デジレル25ミリ
 頓服薬としてレキソタン2ミリ

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

日にちが無いことで焦っておられる様子よくわかります


が、ここは一つ気分転換が必要です。
今日一日は論文のことは忘れて好きなことをしたらいかがですか。
あとは、明日から開き直って、上手に書こうなどと思わずに肩から力を抜いて書ける範囲で書くことです。
あなたの文章はよくわかります、真意はちゃんと伝わっています。
安心して書いてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にそうですね。私の場合、言葉という武器をどのようにして使うかというところで煮詰まってしまっています。
実は、原因はほかにありました。ご迷惑をおかけしました。
あと、私の他の方への回答が舌足らず(?)でご迷惑をおかけしていることがしばしばですので、文言を付け加えておいた次第です。
本当に、ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

私も「適応障害」といううつ病の一種で通院治療中の身で、トレドミン、レキソタン、コンスタン、セニラン等を服用しています。


トレドミンは比較的新しい抗うつ薬でやる気を出させたり、精力を復活させるのにも効き目があるようです。ただ私の場合はトレドミンを朝50ミリ、夜50ミリ飲んでいるので、あなたの場合とは少し違うようです。
主治医に相談して薬の量を増やしてもらうなり、別の薬に変えてもらうなりした方がいいかも知れません。

ただ、あなたがどうしてもやる気が起きないというのであれば、焦らずに1年かかってもいいから、完全に病気を治してから改めて卒論に取り掛かってもいいんじゃないかとも思います。抵抗はあると思いますが、あなたは若いんだから、一生の内の1年なんてほんの小さなものですよ。

ついでに私の場合ですが、私は現在40代半ばで病気のために2ヵ月間休職した後、会社を退職し自宅療養中です。もう5ヵ月も仕事をしていません。今は自宅にいて気が向いたら買い物に行ったり、英会話学校に行ったり、映画を見にいったりしています。
私のカウンセラーは「いやだなと思ったり、無理だなと思ったりしたら、たとえ好きなことであっても絶対にやってはいけない。」と私に忠告しています。病状が悪化するからです。だから、例えば今日は英会話学校の日だなと思っても、どうしても乗り気がしないときは無理して行かないようにしています。
今のところ、いつ働けるようになるかの目途もついていません。(私の年代での再就職は難しいですし)でもカウンセラーの先生も私の家内も「長い一生なんだから無理せず、のんびりと療養した方がいい。」と言ってくれますので、日頃焦ったり、この先どうしようかと悩んだりすることもなくなってきました。

焦りはうつを悪化させるだけなので、この際じっくり構えてのんびりしてみるのはいかがでしょうか?
他人の勝手な忠告で申し訳ありませんが。

この回答への補足

実は、原因は「風邪のひき始め」にあったようです。熱があり、血圧も高いので、大学の講義を聴いていられる状態ではなかったのです。15時に乗った、帰りの電車の中で、そのことに気づきました。
また、市役所の試験に失敗した後遺症も残っていたかもしれません。
質問した後、家で3時間ほど昼寝をしました。そして、ぼんやりと携帯電話の着メロを作りながら過ごしていました。そうしたら、風邪はどこかへ行ってしまったようです。昨日も7時間、ぐっすり寝ました。おかげさまで、今日は晴れやかな気分です。このままいけば、何とか卒業できそうです(就職先がまだ決まっていませんが)。
今回は、医者に行く暇もなく、緊急を要するということで、ここで質問いたしました(本来なら医者にかかるべきところですが、時間のコストが高い)。いわば「駆け込み寺」的利用でした(学問においては、このような質問はしていません)が、多くの方の回答に、心から感謝します。
ポイントは、こちらの判断で進呈します(回答時間、内容等)が、皆様のご回答すべてが役に立つと思います。ポイントには、あまり気にしないで下さい。
本当に、ありがとうございました。

補足日時:2000/12/09 11:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ただ、2浪しているので、もはや後がないといった状況下にあります。
卒論ですが、3分の2は書けたという中途半端なものなので、ここで後退ということもできません。また、休学中も学費はきっちり取られますので、無理はしなければなりません。
「パラサイト・シングル」する分にはよいのですが、その上学費までというわけにはいきませんので、残る4日で決着を付けます。まずは、お礼とさせていただきます。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

気分転換も必要ですが、もう締め切りは迫っています。


誰のためでもなく自分のためです。

どうしても必要ならば、いますぐとりかかるべきです。
そして5日後には自由の身なのだ、ということお忘れなく。
いつまでもつづく苦しみではないのですから、元気を出してください。

もし、どうしても締め切りに間に合うことが重要でないのならじっくり考えることです。
何が自分にとって重要であり、そうでないのか。
守りたいものを守ること。
そうでないものは守りきれなくてもいいのではないでしょうか?
無理をするばかりがいいことだとは思えません。
自分を非力だと思わないでください。

ではでは。

この回答への補足

取り掛かれないから困っていたわけで……。卒論は必修なので、できなければ留年です。親からも「学費はもう出せない」と言われており、ここで「心の避難」を求めたわけです。
後述のとおり、実は他に問題がありました。それでも、無理をしなければならない段階には入っています。
まずは、アドバイスに御礼申し上げます。ありがとうございました。

補足日時:2000/12/09 10:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

13日に論文をできるところまで仕上げ、持参しました。先生は「これでは初めて読む人には分からないねえ」といいつつも、卒業論文認定証を渡してくださいました。
そして20日、卒業論文提出。満足の行く論文ではないけど、なんとかなりました。
ここで相談したのは間違っていなかったと思っています。質問を出してから22時間で締め切りましたが、6名もの方が応じてくださったことに今はただ、感謝、感謝です。
提出がすんだということで、報告とさせていただきます。
本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/20 10:52

私も現在気分障害(うつ病)で通算6年半通院加療中の人間です。



質問を読ませていただいて、まるで自分のことのようだ、と思ってしまいました。
私の卒論は量的解析だったのですが、あなたは質的解析ということで、苦悩が伝わってきます。

うつではなく、やる気が出ない、気分が不安定で、思考がまとまらない(基礎データの収集という時点でも)、ということですね。
気分を転換させる点では、eddyさんの提案はどう感じられましたか?(お酒はダメですよ!薬飲んでるんだから。)

薬を見ると、トレドミンとレキソタンがでてますよね。トレドミンはごく最近出てきた薬で、プロザックより良いデータがでているような抗うつ剤ですから、これで気分は持ち上がるはず。
レキソタンは、(私も飲んでますが)抗不安薬としてはなかなかの切れがあり、複数の薬と併用しやすいので重宝されている薬、で、これで安定感は得られるはず。
あとの薬は、寝る前に飲む薬を別として、あなたの状態に合わせて処方されたものでしょうから、問題ないとお見受けします。
薬の出方を見ると、お医者様は積極的に新しい薬で効くものがあれば、あなたに合わせて処方しようとしています。
一方で、伝統的な薬でも良ければ使うという面も見れます。いずれにしても薬の「切れ味」を相当重視しておられるのが伺えるので、
処方の薬をキッチリ飲んで、「んっ!」と集中できる瞬間(神経伝達物質が適度に放出される瞬間)が、あると思いますから、そのときに頓服のレキソタンを投入してもいいかもしれません。
(何のために頓服が出ているか分からないので、「不安感がキツいとき」のために出たと仮定してます。)

ここまで書くと、やばいかなと思いつつ書いてしまいました。参考程度にしてください。
私の回答が全てではないことは、わかってもらえると思います。

時間があれば、医者に相談して薬を追加してもらえれば、何か変わるかもしれません。それはあなたの時間との関係で検討してみてください。
kyaezawaさんのいうとおりです。少し肩の力を抜きましょう。

がんばりすぎないように。では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

経験者からのご回答、ありがたく拝読しました。
医者に行く時間がもったいないので、ここで応急処置をお願いした次第です。ちなみに自宅は埼玉県所沢市、病院は千葉県船橋市です。
これからも、お互いに支えあってやっていけることを期待しています。ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

閉じこもっていると、どんどん煮詰まってきますよ。


先の回答にあるように、気分転換したほうがいいです。
運動はどうですか。
水泳は楽しいですよ。
体に負担も少ないし。
お酒は飲みますか。
運動のあとのビールはおいしいですよ。
友だちとおしゃべりするのも楽しいです。
気分が晴れると、よく寝れますよ。
街にでると、sassyさんが検証しようとしていることの事例がいっぱい見つかりますよ。
理解できなかった文献も、意味が分かるようになるかもしれません。
これは、sassyさんの性格でも、薬のせいでもありません。
今の状況を打破するには行動が必要です。
煮詰まっている場合じゃありません。
がんばりましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

社会学の場合、フィールドが必要なのですが、私の場合はもはやフィールドが必要ではなく、アームチェアの仕事をしないといけない段階に入っています。
お酒は、肝臓に負担がかかっているので飲めません。
事例は、6月のことを調べていますので、街に出てもあまり見当たりません。
でも、行動は確かに必要ですね。ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

薬を変えてみてはどうでしょうか。

短期間で効果を期待するには、「リタリン」とか「プロザック」がお勧めです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。ただ、短期決戦ですので、薬の問題でもないようです。「リタリン」は実際に持っていますが……。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 野球肩(水泳肩)<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状や原因・診断と治療方法

    野球肩(水泳肩)とはどんな障害か  投球、投てきや水泳、バレーボール、テニスなど肩に力がかかるスポーツで使いすぎにより肩痛を来すことがあります。これを野球肩、水泳肩などといいます。これらには種々の病態、すなわち回旋筋腱板(かいせんきんけんばん)(ローテーターカフ)、関節唇(しん)、二頭筋腱の損傷や炎症、関節周囲の石灰化、亜脱臼(あだっきゅう)障害、滑液包炎(かつえきほうえん)、神経障害、インピンジメント...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卒論を出したけれど

某私立大学4年の者です。
卒業論文を提出したものの、
あまりのクオリティの低さに、不合格が心配です。
締め切りギリギリに書き上げたため、
殆ど見直しもせずに出すことになってしまいました。
まさに「適当」な論文になってしまいました。

実際、卒論の内容があまりにも稚拙で、
卒業ができなかった方いらっしゃいますか?
また、そのような人を知っていますか?

Aベストアンサー

 基本的に落ちません。内容がどんなにひどくても、短くても、あほでもバカでもルールさえ守っていればできるだけ卒業させるのが学部です(それは数値にひびくからです)。

 ルール違反とは何か。

(1)決められた文字、ページ、形式を守っていない(これはある程度、ゆるしてくれるとは思います)

(2)すべてがパクリである(これは発見した場合、教育者として認知できないということもあります)

(3)参考文献を記していない(冊数はたとえ3冊だろうが、慣用にみられる)

 以上はひっかかる恐れがあります。

Q研究室の人間関係で鬱になりました。

研究室の人間関係で鬱になりました。
現在大学4回生ですが、配属された研究室の院生との人間関係で
鬱になりました。
もともと就職活動を6月末までやっており卒業研究が手つかず
だったことで研究室の院生に怒られてから研究室に行きづらくなり
ました。
もともとあまり院生とは仲も良くなく目の敵にされていたので
他の就職活動していた人以上に怒られこともあり精神的に追い詰められ
7月は頑張って行ってましたが8月からは行けなくなりました。
大学のことを考えるだけで気分が悪くなり最初は内科で診察して
いましたが原因がわからず10月に頑張って大学に行って教授に
休んでいた理由を説明したら「誰でも体調は悪いんだ、休んでいたのは
甘えだ、お前なんていらない」と言われました。
たしかに、自分でも甘えていたと思っていました。
友人に相談したところ心療内科で診察してもらうことを薦められ
行ってみたところ鬱状態と診断されました。
主治医には「教授に事情を説明し何故行けなかったのか自分がどのような
状態かを伝え診断書を提出し落ち着くまで休みなさい」と言われました。
ただ、もう研究室行きたくなく教授の顔も見たくないのが本音で
診断書を出せないままで10月末まできてしまいました。
その結果、教授にメールで卒業書類提出期限が切れたというメールがきました。
そのようなものがあることは私は知らずいきなり言われ動揺し
一応教授に診断書と自分状況をメールで返信しましたが返信が返ってきません。
直接行こうにも気力が沸かず行けません。
去年卒業した先輩は12月から卒業研究始めた奴でも卒業できたと励まされましたが
もうあの研究室にいたくありません。
今さら研究室変更はできないものでしょうか。
留年するにしても3回生で研究室が決められるせいでこのままだと同じ研究室に
なります。

研究室の人間関係で鬱になりました。
現在大学4回生ですが、配属された研究室の院生との人間関係で
鬱になりました。
もともと就職活動を6月末までやっており卒業研究が手つかず
だったことで研究室の院生に怒られてから研究室に行きづらくなり
ました。
もともとあまり院生とは仲も良くなく目の敵にされていたので
他の就職活動していた人以上に怒られこともあり精神的に追い詰められ
7月は頑張って行ってましたが8月からは行けなくなりました。
大学のことを考えるだけで気分が悪くなり最初は内科で診察して
い...続きを読む

Aベストアンサー

ログインするのに30分もかかってしまいました、蛇足です。

研究室であまり、人間関係がよくなく、社会にはいってから鬱になったものの意見です。
厳しいことも書いてあるので、嫌と思ったら、読まないで下さい。


















言いたくはないんですが、まず、あなたの落ち度について
1、就職活動に専念するあまりあまり研究室に行かず、最初の人間関係をうまく築けなかったこと(もちろん、今年の情勢では厳しい就職活動であったのではと理解できますが)
2、8月から10月までにどのくらい研究室に行ったかはかかれてませんが、もしかして行かなかったのでは、それについて連絡等はされましたか
3、鬱状態とわかった後すぐに診断書を提出しなかったこと(これもあんまり言いたくはないんですが、最近は、簡単に鬱の診断書書いてくれます)
4、これはあなたが悪いんじゃないんですけど、自分は甘えていると思ってしまったことで(自分も鬱になって初めてわかりましたが、甘えていると鬱はかなり(全くとはいえないけど)違う)病気であることを認識できなかったこと(自分もそうでしたが、鬱のときはがんばちゃいけない)

なぜ、わざわざ嫌なことを書いたかというと、おそらく大学等に相談したときに、指摘される可能性が高いんじゃないかと思うのです。自分はそうだったんですけど、鬱のときはうまく言葉が出ず、うまく話せまんでした。自分なりに、文章にするなりにして、まとめておいたほうがいいかと思います。

で、結論から言うと、このケースは総合的に考えて教授が悪いと思います。

下の回答者さまの回答を参考なされるとして、まず、主治医に、教授が怖くて(若干のPTSDの可能性もあると思います)相談できないことを伝えてください。必要なら、保護者なり、できれば大学の管理を担当する方を連れて行くことも視野に入れたほうがいいかと思います。自分のときは、主治医とあらかじめ復帰の状態や話す内容をある程度相談し、話して欲しくない内容なりを決めてから、上司と医者で3者で面談しました。もし、主治医がそういうのにきちんと対応していただけない方なら、対応してくださる医者に代わるのもいたしかたないと思います(心療内科は、医者の人柄が問われると思います)

あと、大学ならかかりつけの医者の方もいると思いますので、相談できそうなら相談するのもいいかと思います(というのは、自分の大学の教授を悪くしないために、なんでもない、というような人がいるとことになるかもしれないから、秘密を守った上で、きちんと対応してくれる人なら)本当なら、そこから、対応した部署にまわしてくれればたすかると思うんですけどね。

続いて、教授の悪い点について
1、これは絶対とは言い切れないけど、まず自分の研究室の学生があまりこないことについてどれだけの関心をもっていたか(研究者といえど、教育者の側面もあるはず、2に続く
2、これはひどいと思うのですが、「誰でも体調は悪いんだ、休んでいたのは甘えだ、お前なんていらない」という発言(察するに、去るもの追わずという気持ちなのかも知れないけど、社会ならまだしも、先生と学生という立場で向かっていうのは教育者としてどうなのか)
3、教授にメールで卒業書類提出期限が切れたというメールがきた件。先生ならある程度、学生の研究状況は把握していくもの、そろそろ来ないと間に合わないなどどという連絡がなく、いきなりこれでは戸惑うのも無理はない(ただ、個人的にはこれは脅しじゃないのかと思う。聞いたことがないです。これは友人なりに確認したほうがいいと思う)
4、教授に診断書と自分状況をメールで返信したが返信がないこと。学生が連絡しているのに何も対応しないのは、教育者というよりまず大人としてどうかと。

まとめれば、こんなところでしょうか。この記録があれば、保管しておくことはあとあと必要になってくるかと思います。

心配なのは、就職が決まっていて、会社などに診断書を提出しなければならないことがあること(自分は提出しました。そのときは、健康体だったけど)あなたにとって不利になるかもしれない。

あと、諦めないで下さい。今からでも卒業できます(断言はできませんが)
自分の大学だったら、先生が卒業の単位(確か、研究と内容で10単位くらいだったか)を出してくれれば、卒業できました。中には理系なのに卒業研究を出さずに出た(出された)つわものもいます。


最後に、駄文です。
正直、院生の気持ちもわからなくでない。自分も院生やってましたが、研究と就職と就職した友人の楽しそうな生活を聞いていて、焦る気持ちもあったんじゃないかなと思う(だからといって、後輩にきつく当たるのは違うと思うけど)

読まれていて、きつく感じたらすみませんでした。

ログインするのに30分もかかってしまいました、蛇足です。

研究室であまり、人間関係がよくなく、社会にはいってから鬱になったものの意見です。
厳しいことも書いてあるので、嫌と思ったら、読まないで下さい。


















言いたくはないんですが、まず、あなたの落ち度について
1、就職活動に専念するあまりあまり研究室に行かず、最初の人間関係をうまく築けなかったこと(もちろん、今年の情勢では厳しい就職活動であったのではと理解できますが)
2、8月から10月までにどのくらい研究室に行ったか...続きを読む

Q卒論が出来ない→卒業危うし??

毎回お世話になってます。
大学の卒論についてなのですが、10月が終わろうかという今の時期になってもまだ卒論が全然出来ていないというか、ゼミの教授に何回もやり直しをさせられて全然先に進めない(中身に入れない)状態です。このままでは単位は足りているし、内定も決まっているのに卒論が出来ずに留年になってしまいそうです。実際に卒論が出来ずに留年になった方って居られますか?またどこの大学でも卒論はこんなにやり直しばかりさせられるのでしょうか?焦燥感と疲労でうんざりです。千里の道も一歩からってまだ半歩も進めていないし・・・。だんだん教授が憎くなってきました。何かアドバイス等ありましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お疲れ様です。
理系の方か文系の方かわからないのですが、文系だったらだいたい年内、理系だと1-2月の提出ですよね(実験という言葉が出てきていないので文系の方でしょうか…?)。
まず結論から言ってしまうと、よほど厳しい大学でない限り、卒論を提出できないなんてことはありません。
卒論を提出できなくて留年なんて学生を研究室から出してしまうと、先生自身がいろいろと面倒だからです。
そんな先輩いないんですよね。だったら大丈夫ですよ!
文系の場合、私の知っている人で最悪な例では、12月提出で、11月頃になって「そろそろ卒論でも書くか…」と、まるで授業のレポートかのようにして終わった人です。もちろん春からきちんと準備してた人もいますけどね。
理系の場合は言わずもがななのですが、大概は3年の頃から多少なりとも手をつけているもので、10-11月はそろそろデータをまとめて書き始める…といった頃でしょう。
ちなみに理系の私は、もう数え切れないほどリテイクされました。
思い出したくもないです(苦笑)
提出1週間前まで実験をしつつ卒論を書いていたので、文章のリテイクなんてそれこそ10月くらいから提出の数時間前まで何百回されたでしょうか…。まあ周囲にも似たような仲間が結構いましたけどね。
『教授が憎くなってきました』…よくわかります(笑)
だけど大体は自分の論文がダメなせいなので、文句言えないんですよね(^^;)
教授も良いものにしたいので何度も「書き直せ」と言うのだと思いますよ(教授が変な人で、そう言いまくってるんじゃないことを祈りますが…)。

期限が決まっているのに先行きが見えなくて焦りますよね。
本当に終わらないんじゃないか…って。
でも大丈夫、絶対出せます。学生の提出に教員の先行きもかかってますから(笑)
これだけやっているのだから、きっと良い論文になりますよ。頑張ってください!

お疲れ様です。
理系の方か文系の方かわからないのですが、文系だったらだいたい年内、理系だと1-2月の提出ですよね(実験という言葉が出てきていないので文系の方でしょうか…?)。
まず結論から言ってしまうと、よほど厳しい大学でない限り、卒論を提出できないなんてことはありません。
卒論を提出できなくて留年なんて学生を研究室から出してしまうと、先生自身がいろいろと面倒だからです。
そんな先輩いないんですよね。だったら大丈夫ですよ!
文系の場合、私の知っている人で最悪な例では、12月提出...続きを読む

Q未だに卒論の準備してないのはヤバイですか?(4回生です)

僕は就職活動を終えた4回生ですが、
卒論に関して全く準備していません。

何について研究しようかも迷ってるぐらいです。
やり方すらしりません。

これってヤバイですか?
みなさんはこの時期はどうでしたか?

これは僕の癖かもしれませんが、就職活動も3月くらい
から履歴書書き始めたり、大学受験も試験日の1ヶ月くらい前からしかしませんでした。

Aベストアンサー

とりあえず、就職内定、おめでとうございます。
後は卒業することに専念できますね。

文系の方のようですね。
私は理系出身なので、事情は違うと思いますが、気がついたことを、ちょっとだけ言わせて下さい。

実験の必要な理系でさえ、本格的に卒論の研究が始まるのが今頃になってしまう人は、たくさんいると思います。
就職希望者は内定をもらうまでは、就職活動の合間に大学に出てくるというのが実態だと思います。

また、大学院進学希望者の多い所では、院試が終わった今頃になって、ようやく実験が本格的に始まるという人が多いと思います。それまでは院試の受験勉強に専念することが黙認されているというのが実態のようです。

ですから、まだ絶望的ということはありません。
今あせりを感じ始めたということは、とても良いことだと思います。

>ゼミでも卒論指導はまったくなく雑談のみで終わります。
>教授も「なんでも出せばいいと言ってました」

そうだとすると、かなり甘い先生のようですね。
でも、一応、真面目にやろうとしているという態度は見せておいた方が良いと思います。

まずその先生のゼミの卒業生の卒論(大学院があれば、修論も)を調べてみて下さい。
大学の図書館か、その先生の研究室にあるはずです。
いくつか読んでみれば、テーマの選び方とか、論文の書き方とか、何となくつかめると思います。
まず、コレをやってみて下さい。「こんなふうに書けばいいんだ!」とイメージがつかめます。これだけでも、かなり気持が楽になりますよ。

先輩の卒論の最後の方を見ると、やり残した仕事が何なのか、つまりどんなことが今後の課題として残っているかが書いてあるはずです。それを参考にして、自分のテーマを2~3、候補を選びます。

それからゼミの先生の所に行って下さい。
「就職活動に追われていて、卒論の研究はなんにもしていません。もう遅いかもしれませんが、これからできるかぎりのことはしたいので、よろしくお願いします。先輩方の卒論は読ませていただきました。こんなテーマをやってみたいのですが、いかがでしょうか。」
ともちかけます。

たぶんその先生は、winerさんが真面目に卒論に取り組もうとしていることに好感をもち、アドバイスをして下さると思います。

卒論の書き方についても質問されていたので、ついでにこちらに書いちゃいます。
イントロ(序章)は背景説明ですから、先輩の卒論や文献に書かれていることを借用して、自分のテーマについて問題提起します。これは今すぐでもできますね。(ぶっちゃければ、CUT & PASTEみたいなものです。)「・・・以上のような成果を踏まえ、さらに・・・について明らかにすることを目的として本研究を行なった。」という言葉でイントロを締めくくります。

その後に自分の研究の内容を書きます。
この辺については、専門によって書き方があるので、先輩の論文を参考にして下さい。

実際に書く順序に関係なく、思いついた所から、どんどんパソコンに打ち込んでおきます。後で切り貼りして、どうでも修正できるのも、パソコンのありがたいところです。
少しずつでも形になったものができてくると、気持が軽くなります。

引用しそうな文献を整理しておきます。引用文献の入力もけっこう面倒です。時間があるときにやっておきましょう。

最後に謝辞を書きます。指導教授への謝辞を最初に書きます。後は適当でいいです。

まぁ、こんなところで、いかがでしょうか。
とりあえず、開始することはできますよね。
また何か疑問があったら、質問して下さい。

気が重い仕事は、腰をあげるまでが、一番大変なんです。
始めてしまえば、後は勢いで何とか。。。

がんばって下さいね☆

とりあえず、就職内定、おめでとうございます。
後は卒業することに専念できますね。

文系の方のようですね。
私は理系出身なので、事情は違うと思いますが、気がついたことを、ちょっとだけ言わせて下さい。

実験の必要な理系でさえ、本格的に卒論の研究が始まるのが今頃になってしまう人は、たくさんいると思います。
就職希望者は内定をもらうまでは、就職活動の合間に大学に出てくるというのが実態だと思います。

また、大学院進学希望者の多い所では、院試が終わった今頃になって、ようやく実験...続きを読む

Q卒論の中間発表

卒論の中間発表が近いうちにあるのですが、とても不安があります。
一人あたり8分間の発表時間が与えられていて、
本番を考えてシュミレーションしてみたのですが2,3分で終わってしまいました。
私は理系なのですが、研究・調査がまわりの人に比べて遅れているので、発表できることが少ないんです。
それに中間発表というものがどういう位置付けなのかわからないので、
かなり本格的に仕上げるべきなのか、それともとりあえず今までの成果を発表する程度なのかがわかりません。
発表する内容をこれ以上増やすのはかなり難しいのですが、
2,3分で発表が終わるのはまずいでしょうか?

Aベストアンサー

学部や専攻によっても違うので、絶対とはいえませんが・・・2,3分で終わるのもなくはないのでは?ただ、あまりに少ないと「何もやっていない」印象を与えます。
今回がはじめての発表ですか?だとしたら、今までの成果を発表しましょう。研究がどこまで進んでいるかはわかりませんが、研究・調査だけが発表内容ではありません。全く初めてのことをやらせるはずがないので同じようなことをしている文献を読んでますよね。もしくは根拠になる物。それを発表するのも一つの手です。
レジュメは必須ですか?形式が決まっているならなんですが、大体A3用紙裏表で1枚くらいが7~8分程度の内容でしょう。
レジュメに書く内容は、
1.研究題名
2.その研究を選んだ理由
3.研究目的
4.研究のためにどんなことをするのか、何を使うのか
5.現在の状況
6.今後の予定
7.参考文献
あたりが妥当でしょう。表を入れすぎると文字のスペースがなくなってしまうので、機材の用意があるならOHPやパワーポイントで準備します。ないなら、レジュメを表でうめて全部説明するのもありです。
原稿は用意しましたか?漠然と思っていること、わかっていることを口に出して2,3分なら書いたほうがいいです。本番でとちります。できれば話し言葉で書いた方が良いです。
話し方はゆっくり、間をおきながら。一方通行に話してはだめです。内容が変わるときは一息あけましょう。相手に指示を出す(○○を見てください、とか)時は、ほんとに見ているか相手を確かめるぐらいが良いです。
あとは、暇そうな後輩とか知り合い捕まえて実際全部やってみるといいです。もちろんやりっぱなしじゃなくて、わからないところや直した方がいい癖なんかを教えてもらって直せばいいと思います。

一応理系で2ヶ月に1回の中間発表という名の地獄を乗り越えてきた方法です。目的とか方法はしっかり作っておけばそのまま卒論にコピーできるし、口頭試問の時間も確保できます。
一番大切なのは時間じゃなくて何をやったかです。教授の突っ込みにきちんと応答できれば大丈夫ですよ。ファイトです。

学部や専攻によっても違うので、絶対とはいえませんが・・・2,3分で終わるのもなくはないのでは?ただ、あまりに少ないと「何もやっていない」印象を与えます。
今回がはじめての発表ですか?だとしたら、今までの成果を発表しましょう。研究がどこまで進んでいるかはわかりませんが、研究・調査だけが発表内容ではありません。全く初めてのことをやらせるはずがないので同じようなことをしている文献を読んでますよね。もしくは根拠になる物。それを発表するのも一つの手です。
レジュメは必須ですか?形式...続きを読む

Q「うつ」と「甘え」の違いがわからない(長文です)

うつ病って要は、本人の怠惰さからきているものではないんですか?
怠けたい・・・面倒くさい・・・「病気」と言うより、「甘え」という感じがします。誰だって、仕事は休みたいと思うものです。
うつ病と本人が主張すれば、仕事も休め、周囲も気遣ってくれるわけです。作りやすい逃げ道にも思えます。

うつを主張している方々にも本当に重篤な心の病として苦しんでいる方がいるというのは理解できます。こんなことを書けば、病気の本人や、そういった方々のケアにあたっている方々にとても失礼だとも自覚していますし、申し訳ないと思います。
ただ、全ての方が本当に病気なのでしょうか。
単なる甘えなのか病気なのか。

私は、ここ最近ずっと無気力、不快感、嘔気、頭痛、全身倦怠感などに悩まされています。死にたいと思うこともあります。
朝は中々起きれず、仕事に行きたくないというのは毎日です。
人間関係にも悩み、人と話すことにストレスを感じます。
一日中、何もせず何も考えず、布団にくるまっていたいと思うのです。

周囲からうつ病の可能性を指摘され、臨床心理士の方にカウンセリングをお願いしたところ、テストではうつ傾向が出ていました。

しかし「私は自分に甘えているだけなのかもしれない」と思うようになりました。誰だって悩みはあり、滅入ることもある、これがうつであれば、ほとんどの人間がうつにあてはまるような気がします。
「うつ」と「甘え」の境界線がわからないのです。
私自身、うつであれば然るべき医療機関において適切な治療を受けたいです。また、甘えと錯覚する場合があるなら、自分自身に喝を入れ、仕事に集中しなければなりません。「うつ」に対して敏感になっている世の中、「私はうつです」と言えば、周囲は必ず気遣うでしょう。
しかし、果たしてそれでいいのか・・・。

うつ病に苦しんでいて、この文章を読んで気分を害された方がいましたら、本当に申し訳ありません。

うつ病って要は、本人の怠惰さからきているものではないんですか?
怠けたい・・・面倒くさい・・・「病気」と言うより、「甘え」という感じがします。誰だって、仕事は休みたいと思うものです。
うつ病と本人が主張すれば、仕事も休め、周囲も気遣ってくれるわけです。作りやすい逃げ道にも思えます。

うつを主張している方々にも本当に重篤な心の病として苦しんでいる方がいるというのは理解できます。こんなことを書けば、病気の本人や、そういった方々のケアにあたっている方々にとても失礼だとも自覚し...続きを読む

Aベストアンサー

ウィキペディアには有志の方々が、こうまとめています。(一部抜粋)

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。

うつ病は、従来「こころの病気」とされてきたが、最近の研究では「脳の病気」ととらえ、うつ病患者の脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物療法などが主流になってきている。

成因
うつ病の成因論には、生物学的仮説と心理的仮説がある。 ただいずれの成因論もすべてのうつ病の成因を統一的に明らかにするものではなく、学問的には、なお明確な結論は得られていない。 また治療にあたっては、疾患の成因は必ずしも重要なものではない。スキーで骨折したのか、階段から落ちて骨折したのかによって、治療が変わるものでもない。治療場面では、なぜうつ病になったかという問いよりも、今できることは何かを問うべきである。この意味で、成因論は、学問的関心事ではあるが、臨床場面での有用性は限定的である。

等、丁寧にまとめてあります。只、うつ状態であれば(それだけではないですが)、思考すること自体がきついと思う思われるので、出来るだけ分かりやすい言葉で、簡単に書きます。

●上記のように、「今出来ることは何か」これに尽きるのではないかと思います。

定番の説明で行くと、
・真面目なLVが高い程なりやすいとか、
・責任感が強い人
・追求型人間
とか有りますね。
大まかに捉えると、妥協しないタイプがなりやすいそうです。
たしかに、言葉は悪いですが、ノーテンキな人や、自己中心の人は
少ないです。人に迷惑をかけて悪いと思わない人に関しては、
(まじめな話、正式医学用語○○バカという病名です。)

●更に現場の立場から言うと、
(1)自分の理想と違う体、職業、恋愛、人生に対する絶望の度合い
(2)生活習慣
(3)生活リズム
これを付け足します。

(1)に関しては、そのままです。
(2)は、食事のバランスが悪いとか、見落としがちな所が発端ということがあります。
(3)これは、日光に当たらないとか有る程度の生活リズムがずれるとかで、体内時計が狂うとか、体調が狂うとか。

●私は、特に、食事を大事にして欲しいと思います。(短時間で作れて、食べ易いもの)
連鎖するからです。
順番は前後したりするにせよ、↓
食事バランスが悪い

体調が悪い・だるい

やせる 太る
筋力低下

体調が悪い・だるい

更に体型変化

(繰り返し)

本来の自分では無いことへの絶望

引きこもる

人生、人付き合いに影響

や、そういったこと以外にも、根本として、
●まともな食事や、筋力、運動能力が無い人間が、
まともな思考能力をする事自体、かなりの負担です。

仕事柄、自殺者を見てきましたが、食事が変な人生を送ってきた方が多いです。
変なこだわりとか、変な知識とか・・・情報過多の弊害です。
本当の意味で、安全で正しい食材による食事は、脳のエネルギー源です。食事無しに、自分で作ることは出来ないのです。

●アメリカの、少年刑務所で、こういったデータがあります。
日頃の習慣の、カフェインの多い炭酸飲料を、オレンジジュースに変えただけで、刑務所内の態度や、再犯率が減った。(非難しているのではないです。)

何が、どう作用するのか、人間は2007年現在、有る程度こういう原因だろうと推測又は、解明されているものも有ると言う良い例です。
こういった身近な例も糸口になるかもしれません。

2007年現在、鬱に関しても、大分解明されてきています。
そして、何より大事なのは、皆さんも書き込んで下さっているように、一人で思い詰めるのではなく、診察に行く事が何よりも大事な事だと思います。
私が若い頃、世間は変な目で差別する時代でした。
あの頃の私は、間違い無く欝でした。
死ぬほど苦しかったのを覚えています。
色んな友人や恋人と離れ、その期間の人生をかなりロスしました。
ネットや、医学書等、今に至るまで、少しずつ勉強して、家族に迷惑がかかるからと、病院に通わせてもらえなかった為、苦しみの中、少ない力を振り絞って、生きていた時期があります。
貴方には万が一でも、そうなって欲しくは有りません。
今はそうでなくても、なる可能性だって有る訳ですから。

●こういう言葉があります。
「欝は、風邪を引いたのと同じ感覚で、行きましょう。必ず治る脳の病気です。」と。原因は色々有れど、ひとつではない場合もあるし、誤診だってあるでしょう。
でも、もやもやした状態のままというのは、凄く危険な事です。

一度良さそうな病院を調べて行って、胸を張って行く事をお勧めします。
どういう結果が出ても、貴方の行動は人生を前進する為の一歩ですから、これだけでも、実は重要な事ですよね。

仮に鬱でも、今は治る病気として、常識化しています。
繰り返しますが、不明なもやもやは専門家へ。
(鬱を悪用する人、医者は確かにいますし、実際、最近院長が逮捕されましたよね。人は人です。気にしないことです。)

どんな結果であれ、忙しくとも少しの時間でも、ゆっくりリラックスで生きて行けるといいですね。
( ´ゝ`) (´ι _`  ) ←何でも話せる仲間・

ウィキペディアには有志の方々が、こうまとめています。(一部抜粋)

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。

うつ病は、従来「こころの病気」とされてきたが、最近の研究では「脳の病気」ととらえ、うつ病患者の脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物療法などが主流になってきている。

成因
うつ病の成因論には、生物学...続きを読む

Q卒論で鬱になってしまいました

現在大学4年生です。卒論を書いています。

まちづくりに関しての卒論を書いており、
対象地を自分の地元に設定していました。
自分は建築学科で研究室は歴史的建築物保存などをやっています。
当初、自分もその線で卒論を進める予定でしたが、
地元にはそういったものはなく、テーマを変えて研究することになりました。

地元に帰ってはアンケートを取るなどしていました。
地元の人はとても優しく、親切にしていただき、
アンケートも順調にとることができました。
それはよかったのですが、そのとき卒論を地元に提出すること約束してしまったのです。

そして今アンケートをもとに卒論を書いているのですが、
もともと私のアンケートの質問が下手だったせいもあり、
うまくまとめることができないでいます。

卒論提出まであと2週間ですが
うまく書けないプレッシャーと
卒論を地元に提出しなくてはいけないプレッシャーで
押しつぶされそうになっています。

やらなきゃいけないと思ってパソコンに向かうのですが、書く気になれず、
不安で最近は眠ることもできません。

もう限界です。
なにが質問なのかもわかりませんが
自分ではどうしようもなくなってしまいここに書いてしまいました。

現在大学4年生です。卒論を書いています。

まちづくりに関しての卒論を書いており、
対象地を自分の地元に設定していました。
自分は建築学科で研究室は歴史的建築物保存などをやっています。
当初、自分もその線で卒論を進める予定でしたが、
地元にはそういったものはなく、テーマを変えて研究することになりました。

地元に帰ってはアンケートを取るなどしていました。
地元の人はとても優しく、親切にしていただき、
アンケートも順調にとることができました。
それはよかったのですが、そのとき...続きを読む

Aベストアンサー

プレッシャーに押しつぶされそうになり、涙ちょちょぎらせ、しょんべんチビそうになりながら書くのが卒論というものです。そうやって書くということに卒論の意味があるのです。(修論もそうだけどね。)あとから見れば、2~3日あれば書けたように思えるのも卒論です。2週間もあれば充分です。自分をどのくらい信じられるかが試されているのです。まずはハッタリで書き、辻褄は後で合わせれば良いのです。頑張って下さい。良い卒論になりそうですね。

Q就活も卒論も行き詰まっている

こんにちは。
実家暮らしの大学4年生です。

3年の8月から就活をしていましたが、体調を崩してドクターストップが掛かっていたため、最近就活を再開したのでこの時期まで内定がありません。しかも卒業論文も重なっているため、どうしようもなく困っています。
今はハローワークや中途の採用のHPなどを見て応募していますが、面接までになかなか辿り着けない状況です。

しかも気分が不安定で対人能力も低く、自己管理能力も低く、すぐ気に病んでしまうので、社会人としても結婚してもやっていけないだろうなとつらい気持ちです。

体調を崩したときに就職課から、「ゆっくりいきましょう。ダメでも研究生になれば新卒で採ってくれるから」と声を掛けていただき、先生からも「落ちてもいいから何社か受けてみたら」と言われていたのですが、
最近就職課からは「研究生は留年のような扱いになる。かと言って今はもう良い企業がない」と言われ、先生からも「どうして後がないと分かっていながらもっとアピールできなかったのか」と言われ、
こんなことになるならどうしてもっと早く言ってくれなかったの、と人のせいにしてしまいます。

ゼミは先生も放置、ゼミ生も集まらず、卒業論文も書けていません。でも卒業出来なくて困るのは自分だし、やっぱり周りに流れさています。

卒業して正社員にならないと、親や親戚や友達に顔向け出来ないです。
親や祖母が過保護で身の回りのことはだいたいしてもらっています。
前は反発していましたが、今はもう反発する元気もなく、ただただ無力感に襲われています。自分の選択が信用出来ず、自分で人生を生きていくことも出来ません。もう誰にも知られず死んでしまいたいです。
恵まれた環境にいて、甘ったれですみません。
何か一言でもいいのでお言葉をください。
長文乱文失礼しました。

こんにちは。
実家暮らしの大学4年生です。

3年の8月から就活をしていましたが、体調を崩してドクターストップが掛かっていたため、最近就活を再開したのでこの時期まで内定がありません。しかも卒業論文も重なっているため、どうしようもなく困っています。
今はハローワークや中途の採用のHPなどを見て応募していますが、面接までになかなか辿り着けない状況です。

しかも気分が不安定で対人能力も低く、自己管理能力も低く、すぐ気に病んでしまうので、社会人としても結婚してもやっていけないだろうな...続きを読む

Aベストアンサー

42歳女性、技術職です。

私が就職先を探していた時は男尊女卑が甚だしく同じ学歴を有していても女性はアシスタント業務しか無かったりアルバイト枠だったり、「女性は事務職で就職して1年経過後業種転向して下さい」と言われたのを信じて事務職で受けて最終面接までいったのに「工学部卒の事務職は要らない」という理由で落とされたり。散々でした。

ご質問者様と一緒でゼミの先生はご自身の研究に忙しく放置されていましたが、幸いなことに学部長の教授でしたので、大学院の推薦枠を1、確保して下さったんですよ。しかし経済的な理由で大学院は難しく、先生の秘書兼助手として就職することにしたら、ダメ元で受けた超大手の内定が何故かしら決まり、「そりゃ良かった、さっさと就職しなさい」と中途半端な卒論だったのに卒業してしまいました。No.3様のおっしゃる事情を考慮して卒業レポートでOK出したパターンですね。

院生の先輩に助けて貰って何とかした人、後輩総動員で何とかした人、OB達のレポートをミックスして別物にした人、いっぱいいましたねぇ、そう言えば。

ところで、ご質問者様は何を望んで進学し、何を求めて学生生活を送っていらしたのでしょう?。何となく、ご質問者様の学生生活は曖昧なままに流れていたように見受けられるのですが、いかがでしょう?。土台を作ることなく高く積み上げた積み木の上で、ぐらぐら揺れている、そんな印象を受けました。私には卒論よりもその方が気になります。卒論は、今からでも教授や先輩を捕まえてヒントをいっぱい貰えば何とかなりそうな気がします。

ご質問者様は、ご自身の人生をどのようにデザインするのでしょう?。ご両親に守られて一生を過ごすのでしょうか。どうやって生活されるおつもりですか?。

20代で失敗したのを挽回できず、生活費に苦しむ方の質問がこのサイトにどれだけ溢れているかを考えれば、ご質問者様の今がどれだけ大切かが分かります。

>ドクターストップは精神的なものだったので、どうしてあのとき頑張れなかったんだと自分を責める気持ちでいっぱいです。

その時も精神的に追い詰められて、だったのでは無いでしょうか?。また逃げるのか乗り越えるのか。人生の正念場ですね。

よくよく考えて行動してください。

42歳女性、技術職です。

私が就職先を探していた時は男尊女卑が甚だしく同じ学歴を有していても女性はアシスタント業務しか無かったりアルバイト枠だったり、「女性は事務職で就職して1年経過後業種転向して下さい」と言われたのを信じて事務職で受けて最終面接までいったのに「工学部卒の事務職は要らない」という理由で落とされたり。散々でした。

ご質問者様と一緒でゼミの先生はご自身の研究に忙しく放置されていましたが、幸いなことに学部長の教授でしたので、大学院の推薦枠を1、確保して下さっ...続きを読む

Q卒論のテーマが決められない・・

 最近(去年から)、卒論のことで頭がいっぱいで、周りのことを考えられません。
昔から人と接する時は、反射的に笑顔になるのですが、友達・彼氏に会っても空元気で、

「卒論進んでる?」「さっさと適当に書いちゃえばいいんだよ」とか、
「卒論でお前は、いったい何がやりたいんだ?」など、

卒論の話題を聞かれると、意識しても笑えなくなり、気を落としてしまい、
周りに気を遣わせてしまいます。

それと、些細なことでも傷ついてしまいます。

父に電話で、「卒論はどうだ?」と聞かれて、「2ヶ月考えて、新しく決めたテーマも、先生と話し合って、変えないといけなくなった」と伝えて、「え?何、じゃあまた振り出し?」と言われただけで、涙が出てきてしまいます。

母は、私の弱気な発言に嫌気がさしていて、留年してからは、聞いてもくれません。

去年は、教育実習、介護体験、就活、卒論などで、精神的に参っていて、卒論が進まない不安・焦りで不眠、過眠、無気力、そしてまた焦りの繰り返しで、咳払いがとまらず、普段はおとなしめの性格なのに、大声で怒ったり泣いたりと、おかしな状態でした。

そんな状態だったので、卒論が完成できるか不安で、「後期休学したい」と言ったのですが、親や教務課の人からは「逃げない方がいい」と反対され、卒論を続けましたが、テーマもあやふやで決められず、今年の3月に、留年してしまいました。

留年してから、テーマを変えてやり直すことに決め、また図書館に頻繁に通って、「論文とは?」という基本的なところから勉強し直しました。
先生から、学術論文をたくさん読め、と言われ、今まで50本くらいは読んだのですが、それなのにテーマが決められません。


前、よく知らない教務課の人に、

「そんな性格だから、卒論のテーマも決められないんだ。」
「やっても、出せないのが一番最悪だよ。」

と言われ、
去年、4ヶ月毎日のように図書館に通って必死でやろうとしていたのに、何も知らない人に、簡単にそう言われて、悔しくて泣いてしまい、過呼吸になりました。

しかし、最近は、こんなにもテーマが決められなくて、教務課の人に言われたように、自分はダメな性格なんだ・・・と落ち込んでしまいます。

親に授業料を払ってもらっているので、やらなければ!!と思うのですが、やらなければ!!と思うと、余計自分が何をやりたいのかが見えないです。。。

前期の卒論提出まで、3ヶ月を切っているのに、テーマが決らず、絶望的です。
うちのゼミでは、調査をしなければならないので、半ば、前期卒業を諦めてしまっています・・・

何が言いたいのか、わからない長文文章になってしまいましたが、

どうしたらいいのかわかりません・・・・何かアドバイスをお願いします!!(>_<)

 最近(去年から)、卒論のことで頭がいっぱいで、周りのことを考えられません。
昔から人と接する時は、反射的に笑顔になるのですが、友達・彼氏に会っても空元気で、

「卒論進んでる?」「さっさと適当に書いちゃえばいいんだよ」とか、
「卒論でお前は、いったい何がやりたいんだ?」など、

卒論の話題を聞かれると、意識しても笑えなくなり、気を落としてしまい、
周りに気を遣わせてしまいます。

それと、些細なことでも傷ついてしまいます。

父に電話で、「卒論はどうだ?」と聞かれて、「...続きを読む

Aベストアンサー

 教務課の人が何を言おうと、研究する苦労はまじめに研究しようとする人にしかわからないと思います。ご両親がその辺を理解できないのも、ある意味仕方ない面があるのかもしれません。

 とはいえ、何とか気持ちが楽になるアドバイスを、と考えさせていただきました。(調査という言葉から、文系の研究室をイメージしています)

○テーマ(というか「問い」)が、よい論文かどうか決める要素の7~8割を占めるので、そこで苦労しても不思議はない

○まじめに書こうとしすぎる人ほど書くのが難しくなる
 卒業さえできればよいとか、なるべく手抜きをして書こうとする人ほどあっさり論文を書いてしまったりします(質はともかく)。逆に、自分のやりたいことと完璧にマッチする、すばらしい水準のものを書こうとすると、それだけでプレッシャーだと思いますよ。
 自分に要求する水準を、少し下げてはいかがでしょうか。ひとまず制限ある時間と資源を使って、書けるものを書く、というふうに。あなたは大変まじめそうな方なので、そう思ってもいい加減な論文にはならないでしょう。

○テーマを選択する基準
 大きく分けると、(1)自分の興味関心が持てそうな分野から探す、(2)学問分野の流れのなかで、論点になっている部分から探す、ということでしょうか。これは自分に合いそうな方法を選ばれたらよいでしょう。

○卒論に求められる水準、許容範囲を把握する
 これは研究室によってかなり異なり、ひどいところでは2冊の本を混ぜながら写すだけで通ったりするので、先輩のものなどを見てみてください。
 ただ、基本的に卒論はほとんどの場合お蔵入りして日の目をみません。周りの人がいかに誇らしげに話を振ってきたところで、広い目で見れば所詮その程度です。あまり気にされないように。

 最後に、何をやるにしても体が資本ですから、健康に十分注意して作業してください。前期に卒業するメリットが絶大でなければ、多少余裕をもてる後期卒業でもいいのではないでしょうか。半年分の授業料くらい、働けばすぐに返せますよ。

 教務課の人が何を言おうと、研究する苦労はまじめに研究しようとする人にしかわからないと思います。ご両親がその辺を理解できないのも、ある意味仕方ない面があるのかもしれません。

 とはいえ、何とか気持ちが楽になるアドバイスを、と考えさせていただきました。(調査という言葉から、文系の研究室をイメージしています)

○テーマ(というか「問い」)が、よい論文かどうか決める要素の7~8割を占めるので、そこで苦労しても不思議はない

○まじめに書こうとしすぎる人ほど書くのが難しくなる
...続きを読む

Qうつ病で留年(休学)したけど、無事卒業できた方いますか?

大学3年生の息子が、この春からうつ病になってしまいました。
授業にほとんど出ることができず、前期試験も受けられませんでした。
留年決定です。

かなり回復してきて、表情も明るくなってきたと思うのですが、
まだ、寝ている時間も多く、まだちょっと時間がかかるのかなと
いう感じです。

親としては心配でたまりません。

うつ病になったけど、回復して卒業できた方いらっしゃいますか。
どのようなことがきっかけで復学できたか、家族としてどのように
対応したらよいのか、なんでもいいのでアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

大学4年の夏にうつ病と診断され、休学しました。
今年の春から復学しています。
まだ卒業していないので、質問の条件に当てはまっていないのですが、
一応無事卒業はできそうなので、回答させていただきます^^;
参考にならなかったらすみません。

息子さんがうつ病ということで、親御さんとしてはとても心配かと
思われますが、私の個人的経験だと、親の態度で望ましいのは、
「どーんと大船に乗って、元気を回復させることに専念しなさい」
というような、すべて受け止めます的な態度だと思います。

うつ病にかかると、将来のことはすべて悲観的に考えてしまうし、
親に対する申し訳なさもすごく感じます。
だから、親がおろおろしたり、心配を態度で見せてしまうと、
余計申し訳なさや、不安に拍車がかかってしまいます。
ですから、親御さんには、どーんとしたうろたえない態度で
普段どおりにしていただけるのが、一番かと思います。
抱えきれない心配などは、主治医の先生や、
区役所の保健師さんなどに相談し、
本人に不安や心配をぶつけないことが一番大切かと。

ちなみに私の親の話で恐縮ですが、
私が、もう卒業できない、仕事もできない、なにもできなくなった、
これからもいいことなんてない、野垂れ死にする…
みたいなことを延々と(毎日)親に話していると、
とにかくひたすら、平気だから、だいじょうぶ、任せなさい、
勉強のことも仕事のことも今は考えないくていい、と
のれんに腕押し作戦を実行していました。
けっこうこの作戦は有効だったと思います。

復学のきっかけは・・・元気になったから、自然に復学した
感じですね。
もちろん主治医の許可を得て、ですが。
私は夏に休学してから、来年の春には復学しようと思っていたので、
その前に、学校に慣らしに行ってみたり、友達と旅行に行ってみたり
試運転をしていました。
復学に際しては、勉強できるのか、知り合いがいなくなっている、
等不安が多々ありましたが、それはもう受け止めるしかないですね。
あと、大学にカウンセラーのいる相談機関があったので、
事前にそこへ行って、悩みはなるべく抱え込まないようにしました。
やはり専門家ですので、進路などに対する知識も豊富なため、
頼りになりました。

あと、復帰した直後は、なかなか授業に集中できなかったり、
疲れやすかったり、勉強しようとしても頭が回らなかったりしました。
でもそれも3ヶ月くらいすると、だいぶ平気になりましたね。
なので息子さんも、復学する際に、単位をたくさんとらなくちゃと
慌てていっぱい授業を詰め込むと、辛くなってまたぶり返す、
ということがあるかもしれませんので、
この病気は、あとのほうが必ず回復していますので、
大変な授業は4年生に回すなどの、「焦らない勇気」みたいな
ものも、必要になってくるかと思います。

とにかく、本からの受け売りですが、
・焦らない・焦らせない
・特別扱いしない(自分も周囲も、この子はうつなんだから特別という認識を植えつけないこと)
・できることはする、できないことはしない(ある種のあきらめの境地です。でも本人ができることはできるだけ本人がやることで自信がつきます)
という感じで、とにかくまぁ気楽に行こうというのが大切かと思います。

大学4年の夏にうつ病と診断され、休学しました。
今年の春から復学しています。
まだ卒業していないので、質問の条件に当てはまっていないのですが、
一応無事卒業はできそうなので、回答させていただきます^^;
参考にならなかったらすみません。

息子さんがうつ病ということで、親御さんとしてはとても心配かと
思われますが、私の個人的経験だと、親の態度で望ましいのは、
「どーんと大船に乗って、元気を回復させることに専念しなさい」
というような、すべて受け止めます的な態度だと思います。...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報