柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

ネット通販で宅急便を利用しています。
毎日、送り状番号の入った控えをもらうのですが、出荷完了してしまえば、不要など思います。
一応、現在何年か前までの分をすべて取ってありますが、そろそろ置き場所にこまってきました。
さて、皆様はこの過去の送り状伝票をどのくらい前まで保存していますか??

A 回答 (2件)

こんにちは。


一般的には、7年間の保存が義務付けられている書類が多く、紙はたまるばかりで、困ってしまいます。
私は、一人ずつ納品書の控えと一緒に綴じて、7年間保存するようにしています。

誰に発送するときに、いくらの送料がかかっているのか、仕事以外のものを送るのに経費を流用していないか、いつ調べられても良いように証拠を残しておくためです。
これは、「売上」を送料込みで計上し、別に「荷造運賃」を立てる場合でも、送料当方負担の場合でも必要だと思います。
また消費税の関係等で、「売上」の金額を膨らませたくない場合、相手方負担の送料を「仮受金等」で処理したい場合には、より一つ一つの対応関係を把握するために必要だと思っています。
ご質問の意図と外れてしまっていたら申し訳ありません。上記の、「経費の中身として、誰に送るのにいくらかかったか」「仕事の経費以外のものが入っていない」ことを証明するための資料が別にあれば話は違いますけれど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。記録はメールで残しておりますが、ある程度は保管しようと思います。

お礼日時:2006/03/24 13:20

送り状の控えは、荷物が相手に届いたことを確認の上処分します。

保管の義務はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。自分もある程度ほかんしようかと思います。

お礼日時:2006/03/24 13:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税法で7年の保管が定められている「送り状」とは何が該当するのでしょうか

税法で7年の保管が定められている「送り状」とは何が該当するのでしょうか?

法人税法で、7年の保管期間が定められているものに、
「注文書、契約書、送り状、領収書、見積書その他これに準ずる書類」
とあるかと思いますが、ここでいう「送り状」とは、宅配業者に依頼して、
送る箱に貼ったりするものも含まれるのでしょうか?

例えば、送る中身がパンフレットや招待状など無料のものの場合にも
保管しなければならないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

送り状保管対象は商品・棚卸資産です。
あなたが印刷業者で配送するパンフレットが印刷注文を受けたもの
であれば保管義務がありますが、パンフレットが商品でなければ
保管義務はありません。

それから送り状というのは商品引渡確認の書類です。
受け取った相手が段ボールに貼ったものでも構わないというのであれ
ば問題ないかもしれませんが、普通は相手が書類として保管できる
状態で渡すと思います。
外箱に貼るにしても、ビニール袋に入れて貼るとか。

Q宅配便伝票(控え)の保存

荷物を預けた人が自分の「控え」を無くしてしまった場合、インターネットなどで配達状況の確認をすることができなくなってしまいます。
伝票の番号などの問い合わせに対して(当然、身分証明などするとして)、その場で応えてくれるのでしょうか?それとも、「店には、記録が残ってないのでわかりません」なんてことになってしまうのでしょうか?

お店では伝票の控えを「いつまで、どのように保存する」のでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

他の方が応えたように、控えをなくされても
最低1~2日で(国内であれば)送り先の管轄の営業所に到着するはずですから出した営業所(コンビニであれば
そのコンビニの管轄営業所)でも到着する着店でも
わかります。
コンビニで出した場合でもとりあえず出した運送会社に問い合わせるのが1番手っ取り早いのではないでしょうか?
最低1年は控えを取ってありますので大丈夫ですよ。
出した場所(例えば東京と**市~町位まで)
がわかればだいたい回答は出来ると思いますよ。

Q送り状・受領書の保管期限

仕事で製品の発送業務をしています。送り状と受領書を整理したいと思っていますが、保管期限は法律とかで決まった期限が定められているのでしょうか?知っている方、教えてください。

Aベストアンサー

税法では7年です。これは、税金の時効期限と考えてください。
商法は10年ですので結局10年間の保存義務が発生することになります。

Q宅急便の領収書がほしい

先日、赴任先から自宅へ帰ることとなり、荷物スーツケースやダンボール箱に梱包したものを数点、赴任先から自宅へ佐川急便で送りました。

その際、赴任先の自分から自宅の自分へ送るように宛名表を書き着払いで送付しました。

自宅にて、荷物が届き、料金を支払い、領収書をお願いしたところ、宛名表が領収書を兼ねているので、別途発行は出来ない との事でした。
配送員もめんどくさそうで事務所に電話して聞いてほしいとの事で、名刺を置いて帰って行きました。

事務所へ電話し、経費で落とすので、宛名を会社にした領収書がほしいこと 出来たら数点あった荷物を1枚にまとめてほしいことを伝えましたが

1、発送表以外の領収書は発行できない決まりになっている。
2、領収書として通用するものなので、それが会社内で通用するかはそちらの問題で佐川急便としては関係ない。
3、宛名表の領収書をあなたは一度受け取っている。再発行になるので出来ない。
4、送付するとき、言ってくれれば対応の仕方はあったが、今となってはもう遅い。
5、会社として佐川急便との契約等はないのか?あれば月末の請求に乗せるので問題は解決するのでは?
と こちらのお願いは聞いて貰えませんでした。

代金を支払って、領収書を貰う場合、宛名はこちらが決めるんじゃないんでしょうか?
発送先が請求先とは限らないとおもうのですが?

法律的に佐川急便の対応は問題はないのでしょうか?
領収書を発行してもらいたいのですが、公的な相談窓口はないのでしょうか?
ご存知の方、教えていただきたいです。

先日、赴任先から自宅へ帰ることとなり、荷物スーツケースやダンボール箱に梱包したものを数点、赴任先から自宅へ佐川急便で送りました。

その際、赴任先の自分から自宅の自分へ送るように宛名表を書き着払いで送付しました。

自宅にて、荷物が届き、料金を支払い、領収書をお願いしたところ、宛名表が領収書を兼ねているので、別途発行は出来ない との事でした。
配送員もめんどくさそうで事務所に電話して聞いてほしいとの事で、名刺を置いて帰って行きました。

事務所へ電話し、経費で落とすので、...続きを読む

Aベストアンサー

> 代金を支払って、領収書を貰う場合、宛名はこちらが決めるんじゃないんでしょうか?

領収書は、お金を支払った人が、お金を受け取った人に対して発行するよう求めることの出来る書面と位置づけることが出来ます(民法486条)。

そうすると、法解釈として、領収書の宛名は「お金を支払った人」になります。それ以外の者を宛名にしてしまうと、領収書とはいえなくなってしまいます。小売店等で「お宛名は?」などと尋ねているのは、法解釈としては「このお金を支払っている人は誰なのですか」と尋ねていることになります。

そのため、お店側は、「お金を支払った人」以外の宛名を求められたときは、領収書の発行を拒否することが出来るといえます。お店を保護する必要があるからです。

そして、ここでいう「お金を支払った人」は、お金を手に取って店員等へ渡した人とは限りません。例えば、お使いの場合には、「お金を支払った人」はお使いに行った人(法律用語でいうところの使者)ではなくお使いに行かせた人となります。また、会社の従業員が買い物をした場合には、会社からの委任を受けて購入したことになり(会社法14条等が根拠)、「お金を支払った人」は従業員ではなく委任した会社となります。

そのため、領収書の発行を求める人は、「お金を支払った人」が自分以外の者であることを理由として、自分以外の宛名にするよう要求できるといえます。

もっとも、「お金を支払った人」が自分以外の者であることを領収書発行を求める人が証明できないときは、お店側は、その人以外の宛名にすることを拒絶することが出来るといえます。お店側から見れば、お金を手に取って店員等へ渡した人が「お金を支払った人」としか見えませんから、証明できないときはお店を保護する必要があります。

そのため、「お金を支払った人」が自分以外の者であることを領収書発行を求める人が証明できないときは、お店側は、その人の求めにも関わらずその人自身を領収書の宛名にして構わないこととなります。

以上より、領収書の宛名は、領収書を受け取る側の完全な自由で決められるものではなく、原則として「お金を支払った人」に限定されるとともに、「お金を支払った人」が実際にお金をお店へ受け渡している自己以外の者であることを証明できないときは、お店はその宛名での発行を拒否することが出来る、といえます。

なお、今回のyasikiさんのケースでは、問題点はむしろ領収書の再発行・差替発行を求めることができるか、という点になります。


> 法律的に佐川急便の対応は問題はないのでしょうか?

領収書については、お店はこれを1回発行すれば発行義務を免れることになります。もっとも、領収書の記載に誤りがあれば、差替発行には応じなければなりません。

今回のyasikiさんのケースでは、領収書の再発行ないし差替発行をお求めであるところ、佐川急便は領収書を既に発行しています。また、お書きの内容からは、記載に誤りはなかったものと考えられます。さらに、yasikiさんは「お金を支払う人」が自分でないことを佐川急便に事前に伝えていません(「お金を支払う人」がyasikiさんでなく会社になるのかどうか疑問が残るところですが、会社になるとしても伝えていなかった点で問題があるといえます)。

したがって、残念ながら、今回のケースにおいては、佐川急便には再発行や差替発行に応じるべき法的義務がありません。

お書きの内容からは他に法的に問題となる点も見られないため、佐川急便の対応には、法的な問題はないといえます。


> 領収書を発行してもらいたいのですが、公的な相談窓口はないのでしょうか?

国民生活センター、消費者センターなどが考えられます。

ただ、法的に義務なきことを要求することになりますから、相談を聞いてはもらえましょうが、それ以上の対応をしてもらうのは難しいかもしれません。

> 代金を支払って、領収書を貰う場合、宛名はこちらが決めるんじゃないんでしょうか?

領収書は、お金を支払った人が、お金を受け取った人に対して発行するよう求めることの出来る書面と位置づけることが出来ます(民法486条)。

そうすると、法解釈として、領収書の宛名は「お金を支払った人」になります。それ以外の者を宛名にしてしまうと、領収書とはいえなくなってしまいます。小売店等で「お宛名は?」などと尋ねているのは、法解釈としては「このお金を支払っている人は誰なのですか」と尋ねてい...続きを読む

Q代理でメールを送信する場合

営業のアシスタント業務を行っています。
代理でメールを送信する場合について教えてください。
通常 代理でメールを送る際は、始めに「●●の代理で・・・」と記しているのですが、「担当営業が既に作成した文章」を代理で送信する場合はどうすれば良いのでしょうか?
担当営業からは「担当営業の名前」で始まっている文章を渡されています。
添付する見積書に 外出中の上司の承認をもらってから送信するのですが、上司が帰社する前に 担当営業が外出してしまうため、代理でメール送信することになりました。
今回は急いでいたため 自己判断で文章に加筆して送信してしまったのですが、今後のこともあるのでご教示いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お世話になっております。
○○より以下のメールを送信するようにとのことですので
(指示がございましたので)、メール文をそのまま貼りつけて
送らせていただきます。
===========================
(何か線など引いて原文貼り付け)
 ・・・・・・
 ・・・・・・
===========================
以上、よろしくお願い致します。

自分の署名


とこんな感じですかね。

Q注文書の保存期間

はじめまして。
生活雑貨商品を通販サイトとカタログにてお客様に提供しております者です。
カタログでお客様より注文を受ける際にFAXにて注文用紙を頂いております。
その際、お客様から送って頂いた注文用紙の保管期間ですが何年間保管しておいたら宜しいでしょうか。
わかりますでしょうか?

教えてください☆

Aベストアンサー

文書情報管理士です。

注文書は 「国税に関わる書類」 と見なされますので、商法では7年、会社法で10年の保管義務があります。
国税庁から経団連やJIIMAに方針の通達があり、今後はネット販売や通販においても 「帳簿」や「関連する書類」 の保管義務は厳しくチェックされるそうです。
ですので、すでに廃棄したものは手遅れですが、今後は必ず保管をしてください。

電子文書での保管ですが、税務署に 「国税関係書類の電磁的記録によるスキャナ保存の承認申請書」 を提出して承認を得る必要があります。
また、そのためのシステム要件などがあります。
詳細は
http://www.e-文書法.jp/ ← IE7以降のURL
http://www.XN--E--5L7DU6CP6N.JP/ ← IE6以前のURL
をよくご覧になってください。

FAXで送られてくるのがほとんど注文書であるのなら、NECのNetSpartが便利でしょう。
http://www.nec.co.jp/pcom/netspart/products/index.html
受信したものが直接、PDF化されます。

文書情報管理士です。

注文書は 「国税に関わる書類」 と見なされますので、商法では7年、会社法で10年の保管義務があります。
国税庁から経団連やJIIMAに方針の通達があり、今後はネット販売や通販においても 「帳簿」や「関連する書類」 の保管義務は厳しくチェックされるそうです。
ですので、すでに廃棄したものは手遅れですが、今後は必ず保管をしてください。

電子文書での保管ですが、税務署に 「国税関係書類の電磁的記録によるスキャナ保存の承認申請書」 を提出して承認を得る必要があります。
また、...続きを読む

Q給与支払報告書の印について

こんにちわ。
もう期限が迫っているのにこんな質問して恐縮ですが、
かなりあせっていますので、どなたか助けてください。

まず、給与支払報告書(総括表)に押す印鑑は、
代表者印でしょうか?角印ではだめなのでしょうか?

また、その他の給与支払報告書と法定調書関係は
どうなのでしょうか?

急ぎめでお返事いただけましたら、幸いです。

Aベストアンサー

給与支払報告書(個人別)印不要。
給与支払報告書(総括表)印不要。
法定調書合計表 代表者の個人印。
が正解です。
ちなみに、総括表を見てみると、
「給与支払者の名称又は氏名」とのみ書いてあり
「給与支払者の名称又は氏名印」とは書いてありません。
記入欄に○印がありますが、これには法的根拠はありません。
法定調書合計表は「代表者氏名印」と書いてありますので、代表者の個人の実印が正式です。

Qどう違うんだ!?「歩引き」と「値引き」

こんばんは。

率直に質問です!
「歩引き」と「値引き」どう違うのですか?

辞書で調べますと・・・
「歩引き」割引すること
「値引き」定価より安くすること。まけること。
とありました・・・。

なんとも明快でない説明に困惑しております。

正味、どう違うんですか?

Aベストアンサー

「歩引き」割引することとは、売上割引の俗称です。売上代金を請求先が定める期日より前に支払を受ける場合や手形払いから現金払いに変更してもらった場合の割引額を指します。得意先から早期の支払を受けることなどに対する金融費用といえます。
「値引き」定価より安くすることで、売上値引の俗称です。売上金額・定価の訂正のような性格があります。

参考URL:http://www.milmal.com/milmal.in/siwake1/kansei01/uriage1/uri19-ribe1.htm,http://www.milmal.com/milmal.in/siwake1/kansei0

Q年末調整に課税?

年末調整の結果、還付金を受け取ることになりました。
それは給料明細には反映されておらず、別に「手当」の明細をもらいました。その金額は年末調整の額とほぼ同じで、年金が引かれていたり課税されていました。
年末調整での還付金は課税されるのでしょうか?

Aベストアンサー

年末調整による還付金は、毎月概算で源泉徴収された所得税が、1年間の所得税を計算した結果、多く源泉徴収されていたものを返金しますよ、という事ですので、当然の事ながら課税対象となる訳はありません。

本当に、年末調整の還付金から所得税や年金等が天引きされていたら、それは完全に誤りです。
(でもそうであれば、それを所得に加えて、再び年末調整して、という事になり、エンドレスになりますよね。)

そうじゃなく、なんらかの手当の支給があった、という事ではないでしょうか?

いずれにしても、会社に確認するより方法はないと思います。
(普通に考えれば、還付金から天引きするような過ちを犯す会社はないとは思いますが)

Q「OKです」の丁寧語を教えてください

ビジネスメールで、「○○はその内容でOKです」又は「○○はその内容で大丈夫です」
という様なことを言いたいとき、どちらもくだけた言い方だと思いますので丁寧な方法で表現できる良い言葉がございましたら教えてください。

Aベストアンサー

OK=問題ございません で結構代用が利くのではないでしょうか。

販売企画の内容は、その内容で問題ございません。
出張の請求については、その内容で問題ございません。
弊社へのご請求は、その内容で問題ございません。

結構通じるように思うのですが、いかがでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報