「myself や your self」のmy,yourは、所有格なのに、「herself や himself」のher,himは目的格なのは、どうしてでしょうか。
と言う質問をしたかったのですが、以前同じような質問をされている方が居たので、その回答を読んでみたところ、

 『myself, ourselves, yoursef は、「所有格+self」ではないのです。音韻変化で、現在の英語の所有格と同じ形になってしまったので、本来、my-self は、me self で、所有格 my は、mi だったのです。これらの一見「所有格」に見える my, our, your は、古い英語で、「与格」という格だったのです。』

ということでした。
ということは、もうこの活用(というか、himselfはmyself, yourselfにつられてhisselfとしないということ)は覚えるしかないと言うことでよいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>『myself, ourselves, yoursef は、「所有格+self」ではないのです。

音韻変化で、現在の英語の所有格と同じ形になってしまったので、本来、my-self は、me self で、所有格 my は、mi だったのです。これらの一見「所有格」に見える my, our, your は、古い英語で、「与格」という格だったのです。』

は、歴史的な変遷の経過を述べただけです。どういう意識が、そういう変化を作り出したのかと言う点については、述べていないのです。

言葉は、単に約束事であり、暗記の大規模な集積であるのだ、と言う見方もありますが、それだけではないと感じます。

日常的に、人々が繰り返し使う表現や一定の形式は、やはり、それなりにそれを支える感覚と言うか、意味合いが、人々によって意識されているのだと思います。

さて、myself, yourselfとなるのに、hisself とならずに、himself となるのは、と言う疑問ですが、自分は、人称間の心理的距離感のようなものが働いたからだと感じています。

再帰代名詞は、文章の中の、前方で、「私」、「貴方」、「彼、彼女」のように、一度、対象が示されていて、再度、その対象であることを示す働きがあります。つまり、「再度」と言うことが、再帰代名詞のもっとも特徴的な部分です。

そのため、***self のとき、***の部分は、selfよりも強調されないのが普通です。

meself とかyouself では、あまりにmeやyouが強すぎてしまい、self の意味との競合が起こるとの感覚だと感じます。
つまり、所有格は独立した名詞(句)を作りませんが、目的格はそれだけで独立した名詞として働くので、me,you の部分が強調されてしまい、selfの部分が、強調されなくなると言うことです。
逆から言えば、一人称と二人称については、自分自身と相手ですから、話者と非常に近い感覚があるわけです。ですから、「私が持っている私自身」とか「貴方が持っているあなた自身」のような意味合いで、「だれだれの」と言う所有格が好まれた。

しかし、三人称は、一応、その場に居ない人について言うわけですから、「彼の」とか「彼らの」と言っても、「私の」とか「あなたの」ほどは、はっきりしないわけです。
つまり、hisself とか、theirself では、この単語全体として、あまりにインパクトがないと感じられ、もう少し強調した言い方として目的格+self と言う形が好まれた。

上で述べたことは、あくまで、学会とかで認めらている通説とかではなく、自分がそう感じるということですから、ご質問者の方が、自分で、よくご判断ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
「人称間の心理的距離感のようなもの」。なるほど、と思いました。

お礼日時:2006/05/17 11:37

sasasann33さん、こんにちは。




>ということは、もう……は覚えるしかないと言うことでよいのでしょうか。

おっしゃるとおり、覚えるしかないです。

もしも、sasasann33さんの英語学習における目的が、読み、書き、会話の能力を向上させることであるならば…。
基本的に、英語に限らず外国語の学習では、(文法的な)理由などを考えてもあまり意味のないことがとても多いです。
将来、言語学者にでもなられない限り、理論はほとんど無用といえるでしょう。

知らないと困る知識といえばせいぜい、主語+動詞(+目的語など)といった単語の並びくらいかもしれませんが、これですら、絶対的な規則とはいえません。

お断りしておくと、私は決して、文法の知識が無駄とは思いません。
学校では文法をかなり丁寧に学び、その知識はきっと、今後とも非常に役に立つものばかりだと思います(何百年も前の英語についてはあまり学習しないと思いますが。)。
でも、あまりそれにとらわれていると、能力の向上という点において、なかなかよい結果が出ないようです。
いろいろな国の人と会話してみればお分かりになると思いますが、日本人のように文法のことを大変に気にする外国人は、母国語が英語でなくてもあまりいません。
また、英語の表現の中には、学校的な英語の枠には当てはめられないものが多数存在しています。

だから、学習の仕方としては、とにかくそのまま覚えることです。
この覚える内容には、単語だけではなく、句や文のような長い表現も含まれます。
こうして覚えているうちに、文法的なこともだんだん分かってくるともいえます。

もっとも、英語のできる人であっても、質問文にある「与格」云々の歴史については、知っている人はあまりいないと思いますが…。
もちろん私も知らなかったです。

覚えるときは、口に出して読みながら覚えるのが効率的です。
これは会話の訓練になるだけでなく、記憶しやすさを考えても良いです。
発音し、その音を聞きながらのほうが覚えやすいように人間の体はできているようです。
なぜか、スペリングなどもミスしづらくなる気がします。

ご参考になりましたでしょうか?
dont hesitate, believe 'yourself'!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thanks a lot!!

お礼日時:2006/05/17 11:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「your books」「my homework」などのyourやmyについて

例文 Don't open your books.(本を開いてはいけません。)
Will you help my homework?(宿題を手伝ってくれませんか?)
などの文で、your booksのyourや、my homeworkのmyなどの単語をつけるかつけないかは、どうのように判断すればよいのでしょうか?
また、booksやhomeworkだけではいけない理由は何なのでしょうか?
基本的なことで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>booksやhomeworkだけではいけない理由は何なのでしょうか
ちょっと質問者の方の意図とずれた回答だったようですね。

a,the,my,your などは、全てまとめて決定詞といいます。つまり、所有者が決まっているかいないか、それを示すものと言うグループ分けです。aは、単に「一つの」だけでなく、所有者が決まっていないと言う意味もあります。

たんに、books, homework だけだと、所有者の決定がされているのかどうかあいまいとなって、所有者が決定されているともされていないともとることが出来、混乱すると感じるでしょう。

名詞の複数形には決定詞をつけなくてもいいのですが、これは、いっぱいあるから所有者を決定する必要が当面ないと言う考えが背後にあると思います。

以下は以前書いたものを手直ししてコピーしています。ご参考になれば幸いです。

なぜ英語で冠詞が使われるのかについては、かなり簡単に説明できます。
英語は語順の言語です。日本語は語順がかなり自由で、意味関係は助詞(を、は、が、など)で示されます。
語順を示すものは、名詞と動詞です。よく言われる英語の五文型とは、このことです。

つまり、名詞の比重が日本語に比べて、英語はかなり高いのです。
そのため、名詞に冠詞をつけて、または、複数形にしたりして、さまざまな意味の広がりを示すことができるようにしたのです。
具体的には、difficulty 困難 があります。
the がつけば、特定の場面の互いが、ああ、そういう困難さのことね、と了解ができるものになります。
difficulties となると、今まで経験したさまざまな困難と言う感じの、基本的に過去のことを想定した意味になります。
単にdifficulty なら、頭の中で考えた観念としての困難さみたいな感覚です。

卵なら、an egg は、形のある、ひとつと数えられる卵です。しかし、玉子焼きの切れ端が皿に残っていたりする場合、それは、egg と表現されます。玉子焼きの切れ端を卵として数えることができないからです。


冠詞については、日本語が、農耕民族の言葉で、畑は、その所有者が誰かいちいち明言する必要がないのに対し、英語などは、狩猟民族の言葉で、あの鹿、あのいのししは、誰のだ、何匹いたのか、など、所有権、数量の明示が必要だったと言う説明のほうが簡単かもしれません。

つまり、英語を始めとした、西欧語は、その基礎に、狩猟文化があります。ですから、「あの鹿、このいのしし」と言う感じで、その所有権がまだ決まっていないのか、または、すでに、誰かのものになっているのかを問題にする文化です。動物は、基本的に動き回るので、「あの山で見かけた鹿はだれだれのだ。」というように、つねに明言しないと、所有権が混乱するわけです。

所有権が決まっていないと言う目印が a です。
所有権が決まっていると言う目印が the/my/your/his/her であるわけです。

農耕民族なら、この畑、あの田んぼが誰のモノか、基本的に、田んぼも畑も動くわけではないので、一度所有者が決まれば、互いにその所有権を争うことはないでしょう。

>booksやhomeworkだけではいけない理由は何なのでしょうか
ちょっと質問者の方の意図とずれた回答だったようですね。

a,the,my,your などは、全てまとめて決定詞といいます。つまり、所有者が決まっているかいないか、それを示すものと言うグループ分けです。aは、単に「一つの」だけでなく、所有者が決まっていないと言う意味もあります。

たんに、books, homework だけだと、所有者の決定がされているのかどうかあいまいとなって、所有者が決定されているともされていないともとることが出来、混乱する...続きを読む

Qthis, that, some も所有格?

英語の「所有格」の定義についてについての質問です。
「~の」という意味で、名詞・代名詞であれば全て所有格であると考えてよいのでしょうか?

some friends of mine
this camera of Paul's
that charming smile of hers

のような名詞・代名詞の「二重所有格」の説明を見ていると、「所有格と、所有格に相当するof~の両方を使っているので二重所有格(ロイヤル英文法改訂新版p125)」
と説明されています。

ところで、主格や目的格と一緒に表の中で所有格として説明されているのは名詞・人称代名詞・関係代名詞・疑問代名詞のみに思えますが、不定代名詞や指示代名詞も「~の」という意味なら全部所有格と考えてよいのでしょうか。

Aベストアンサー

二重所有格というのは所有格と of で二重ということです。

a friend of Tom's のような場合に
of という所有格と Tom's という所有格がともに用いられている。

Tom's で「トムのもの」という意味にもなりますが,
mine のような所有代名詞と異なり,
あくまでも Tom's というアポストロフィ・エスは所有格である。

だから Tom's で「トムのもの」という意味になる場合は
独立所有格と言い,所有格に他ならない。

a friend of Tom's は二重所有格でも
a friend of mine は二重所有格ではありません。

まあ,a friend of mine という形を理解していれば二重所有格などという概念は特に考慮する必要はないものです。

ところで問題の this/some などですが,
「この」「いくつかの」の「の」は所有の意味ではありません。

日本式には「この」の this は「指示形容詞」
(あるいは指示代名詞の形容詞的な用法)
some +名詞の場合は「不定形容詞」とされます。

所有格と形容詞は別のもので,後に名詞がくるという点で同じものではあります。
所有格も所有形容詞といって,所有代名詞と区別するという意見もあります。

英米ではこのような this +名詞,some +名詞を「形容詞」とはしていません。
決定詞・限定詞(determiner)と呼んでいます。
もっとも,Tom's のような名詞+アポストロフィ・エスもこれに含めていますので,
「形容詞」というのは日本式で,彼らにとっては所有格と同じようなものなのかもしれません。

ただ,some friends of mine, this friend of hers と同時に用いられるわけですので,
some/this と所有の概念はあくまでも別のものと考えるべきです。

二重所有格というのは所有格と of で二重ということです。

a friend of Tom's のような場合に
of という所有格と Tom's という所有格がともに用いられている。

Tom's で「トムのもの」という意味にもなりますが,
mine のような所有代名詞と異なり,
あくまでも Tom's というアポストロフィ・エスは所有格である。

だから Tom's で「トムのもの」という意味になる場合は
独立所有格と言い,所有格に他ならない。

a friend of Tom's は二重所有格でも
a friend of mine は二重所有格ではありません。

まあ,a ...続きを読む

Qfor my sake/on my account/for myself

お願いします。

”私のために”という意味合いで使われるとき、この3つには
どういったニュアンスの違いがあるのでしょうか?
(ドラマ(70年代)の中でfor my sake, on my accountが使われた場面を書き添えます)

1) for my sake

刑事A,Bが捜査上の意見の食い違いから言い争いをする場面です。
A: Hey, what are you doing?
B: A, for your sake...
A: You're out of your tree.
B: For your sake, it's better this way.
A: For my sake?
B: Yes.

2) on my account

刑事Aがshowgirl,Xに聞き込みをする場面で、
X: You know, I think I should like you.
A: Me? ... Why?
X: You're embarrassing me.
A: I'm embarrassing you?
X: It's just that we're so used to getting dressed and undressed around here. Men come in, and they either don't care or they leer. You're blushing.(とニッコリ)
A: (照れながら、笑顔)…
といったやりとりのあとの、帰り際の会話です。
X: Listen. The next time you see me, I will be dressed.
A: (笑顔で)Don't do anything on my account.

3) シンプルなfor myselfという表現を使う。

お時間ありましたら、お願いします。

お願いします。

”私のために”という意味合いで使われるとき、この3つには
どういったニュアンスの違いがあるのでしょうか?
(ドラマ(70年代)の中でfor my sake, on my accountが使われた場面を書き添えます)

1) for my sake

刑事A,Bが捜査上の意見の食い違いから言い争いをする場面です。
A: Hey, what are you doing?
B: A, for your sake...
A: You're out of your tree.
B: For your sake, it's better this way.
A: For my sake?
B: Yes.

2) on my account

刑事Aがshowgirl,Xに聞き...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

なんだかいつも私で申し訳ないのですが、akijakeです。
一言で言うと同じような意味になりますが、ニュアンス的には微妙に違うように思います。
私の感覚で回答させてもらっちゃいますね^^;

for your/my sake
は「誰かの(利益/助けとなる)ために何かをしてあげる」と言う時に使うことがほとんどですよね。
myでなく他人が入る場合は、日本語で言う「(~に)良かれと思って/~の顔を立てて」的なニュアンスが出る事も多いです。


on my account
は、「~のせいで、~がいるために、~のためだけに」など、【just】や【because】の意味合いを感じる気がします。書き換えると、
just for me, because of me, because I am here
などなど。


例えば下の文を訳すと、

Don't do anything for my sake.
「私のために何もしないで=私に免じて何もしないでおいて」

Don't do anything on my account.
「私のためにそんなことしないで=私がいるせいで何か特別にあなたに面倒になるような事をわざわざする必要はないよ」

みたいな感じでしょうか?
もちろん前後によって、微妙に意味は変わってくるでしょうし、全く同じような意味に解釈されることはあると思いますが・・・。


最後のfor myselfですが、自分が自分のために何かをする時に使いますよね?
Don't do anything for myself.
とは言わない気がするのですが、どうでしょうか?

あくまでも経験上の個人的意見なので、ご参考までに見てください^^;

こんにちは。

なんだかいつも私で申し訳ないのですが、akijakeです。
一言で言うと同じような意味になりますが、ニュアンス的には微妙に違うように思います。
私の感覚で回答させてもらっちゃいますね^^;

for your/my sake
は「誰かの(利益/助けとなる)ために何かをしてあげる」と言う時に使うことがほとんどですよね。
myでなく他人が入る場合は、日本語で言う「(~に)良かれと思って/~の顔を立てて」的なニュアンスが出る事も多いです。


on my account
は、「~のせいで、~がいるため...続きを読む

Qmy his our 所有格のニュアンス

I ran over the cat with our car.
この場合,"our"のニュアンスとしては、”私たちが買って持っている車”ではなく、”私たちが乗っていた車”

I ran over the cat with his car.
この場合,"his"のニュアンスとしては、”彼はその時、乗っていたかどうかは判らないが、彼の持っている車”

I ran ove the cat with my car.
この場合,"my"のニュアンスとしては、”私が持っている車加ではなく、私が一人で乗っていた車”

このようなとき、所有格は、その時の”一時的な状況”を表しのが適当なのか?
”恒久的な状況”を表すのが適当なのか?

NATIV的な感覚はどうなのでしょうか?
宜しくねがいます。

Aベストアンサー

 まあ、I ran over a/the cat.だけで普通は、話し手が車で猫を轢いちゃったと分かってもらえるとは思うんですが、あえて、どういう車かを付け加えたいという状況でしょうかね。

 以下はいずれも猫を轢いちゃったときのドライバーは話し手であるIです。

>I ran over the cat with our car.

 多分、二通りの解釈を想定しておけばよいと思います。
 一つは、家族などで共有している車で猫を轢いちゃった、でしょう。
 もう一つは、我々が乗っている車で猫を轢いちゃった、でしょう。
 どちらになるかは、文脈次第ですね。

>I ran over the cat with his car.

 これは、彼から借りた車で猫を轢いちゃった、の一通りだと思います。同乗者は分かりません(ので文脈次第です)。

>I ran ove the cat with my car.

 これも、多分は二通りあると思います。
 一つは、自分(専用)の車で猫を轢いちゃった、でしょう。
 もう一つは、レンタカーでも彼から借りた車でもいいので、そのときその車に自分に一時的にでも所有権があるような意識があって、猫を轢いちゃったようなときでしょうね。
 ただ、これはあまり言わないかもしれないと感じます。本当に自分の車であれば、あまりに自明なので略すると思います。本来は自分の車ではなくて、それでも誰の車かを意識するなら、myにせず明確に誰の車かいいそうだからです。

 単に、車で轢いたことを強調するためであれば、所有格を用いず、the carかa carにするのではないでしょうか。

 所有格はいろいろな所有を表しますが、大事なのは話し手の意識でしょう。それは文脈から読み取るしかありません。
 my companyと言えるのは、雇われでも社長か、オーナーでしょう。彼らは、会社全体を動かしているか、文字通り所有しているからOKです。
 雇われ社員でしかない人間がmy companyと言ったら、「何様のつもりだ」と笑われるかもしれません。雇われ社員はour companyでなければなりません。
 でも、familyだと、家族の誰でもmy familyです。なんというか、帰属意識の差でしょうかね。

 まあ、I ran over a/the cat.だけで普通は、話し手が車で猫を轢いちゃったと分かってもらえるとは思うんですが、あえて、どういう車かを付け加えたいという状況でしょうかね。

 以下はいずれも猫を轢いちゃったときのドライバーは話し手であるIです。

>I ran over the cat with our car.

 多分、二通りの解釈を想定しておけばよいと思います。
 一つは、家族などで共有している車で猫を轢いちゃった、でしょう。
 もう一つは、我々が乗っている車で猫を轢いちゃった、でしょう。
 どちらになるかは、文...続きを読む

Q定冠詞The と所有格 my his の使い分け

定冠詞Theと人称代名詞の所有格 my,his,our などの使い分けがよくわかりません。
(1)
Our boss is waiting impatiently for you.
The boss is waiting impatiently for you.
どちらの文が自然なのでしょうか?
(2)
(友達と二人でいる時に自分のカバンについて話している)
I bought my bag at that store.
I bought the bag at that store.
どちらの文が自然なのでしょうか?
(3)
There is a bottle of water in the refrigerator. とは言っても
There is a bottle of water in my refrigerator. とは言わないのではないでしょうか?

英作文をする時によく悩んでしまいます。どういう状況には定冠詞、どういう状況には所有格、といった使い分けがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

#4です。

訂正します。
<誤>
したがって、最初の文は「世界中の大勢のbossは待っているかどうか知らない、しかしthe bossは間違いなく待っている」という意味です。
したがって、最初の文はそのような意味を言いたい場合に用います。

<正>
したがって、2番目の文は「世界中の大勢のbossは待っているかどうか知らない、しかしthe bossは間違いなく待っている」という意味です。
したがって、2番目の文はそのような意味を言いたい場合に用います。

補足します。

自分たちのbossについて自分たちだけの間で(例えば、A課のbossについてA課の人たちだけの間で)話をしているという特別な場面について考えます。この場合は、our bossであるかどうかが重要ではなくthe bossであるかどうかが重要なので(別の言い方をすると、A課の人たちにとってはbossに当たる人は世界中にA課のbossだけしかいないためour bossではなくthe bossと言った方が余分な意味や感情が入らないので)、普通は、the boss と言います。

#4です。

訂正します。
<誤>
したがって、最初の文は「世界中の大勢のbossは待っているかどうか知らない、しかしthe bossは間違いなく待っている」という意味です。
したがって、最初の文はそのような意味を言いたい場合に用います。

<正>
したがって、2番目の文は「世界中の大勢のbossは待っているかどうか知らない、しかしthe bossは間違いなく待っている」という意味です。
したがって、2番目の文はそのような意味を言いたい場合に用います。

補足します。

自分たちのbossについて自分たちだ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報