国立中学、県立高校などの入試問題って、一体誰がつくっているの?

A 回答 (3件)

済みませんちょっと書き方が悪かったみたいです。



言いたかったのは研究のためにはいろんな生徒が必要と言うことです。
賢い生徒ばかりでは研究にならないですものね。
内部生と外部生、一般には外部生の方が成績は上ですが、そればかりが学校の教育ではありませんものね。
筑駒のようにエリート養成校もありますけどね。それはそれでエリートへの教育の研究をしているのかなぁと勘ぐってしまったりします。

日本は馬鹿者を切り捨てるということは少ないと思います。
高校時代海外からの国費留学生が居ましたが、その話を聞くと、
エリートとそうでない人の差が激しいとのことでした。
    • good
    • 0

国立大付属中卒業生です。


問題はその中学校の先生が作っていると、当時先生が言ってた気がします。

さて、回答に対するお礼を見て、
国立大付属学校というのはご存じの通り教育という使命の他、教員養成、教育学の研究材料として使われています。
(学生時代実験的な試みがいろいろありました、タイムカード、週休二日先行、週4日午前中授業およびそれらに対するアンケート等)
そのために(一部の国家エリート養成校を除き)いろいろな生徒を集めることが必要です。入試選抜は、生徒への数々の実験を公正にするための制度であると思っています。君らはモルモットといっている先生も居ましたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。私を受け持たれた先生は、君らは大学のふろくだとおっしゃりましたね。誰か一人が買い食いをすれば、学校の名前が傷つくと、そんなことばかりおっしゃっていたのを記憶しています。
不甲斐ない話です。表向きはどうあれ、中は腐ってるんですよ。
失礼。決してすべての学校にいえることではないとおもいますが。
馬鹿者は切り捨てればいい。そう言う時代だからです。
そこに、国の制度でエスカレーターするものが、少し許せないのですよ。
まぁ、自分もそうなのですがね。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/17 15:12

 国立中学というのは、国立大学の教育学部附属中学校のことだとおもいますが、入学試験をしていますかねえ・・・。

大学によるとは思いますが、成績優秀者を集めると批判が出たため、くじ引きみたいな話も聞きました。
 さて、入試問題ですが、大学で作成しているとすれば、教育学部の教員及び附属中学校の教員などが作成しているはずです。ただし、適性検査や性格検査的なものを実施している場合はそれは専門業者が作成したものです。
 県立高校の場合は、県により方法が異なります。一般的には県教育委員会の指導主事と教育センターの研究員が作成して、高校の先生はノータッチです。ただし、高校独自の入試問題による入試を実施することができる県があります。この場合は当然その学校の先生が問題を作成することになります。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教育地域科学部附属中学校は、入試を行っていますよ。小学校からエスカレーターなのは、昨年話題になった池田附属と、広島・・・?だったかな。でもまぁ、付属小から中学校に上がるにあたって、入試はするけど落とさないってのが増えてますね。小学校の入試って、はっきり言って誰でも入れます。(協調性とか、物事がはっきり言えれば)だから、附属中学校に入る学力レベルもないのに、馬鹿者がそのままエスカレーターなんです。それなら公立小学校の賢い人を入れてあげてほしいですよね。それと、入試受かっているのに、両親の転勤で、毎年何人かいなくなるんですよね。そういうのって、もったいないですよね。他の人を入れてあげればいいのに。
小学生や中学生も大変なんですよ。
解答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/16 16:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報