卒論で日本とスウェーデンの女性の年金制度、税制度について研究しているのですが、スウェーデンの遺族年金、税金制度(特に女性について)のところがよく分かりません。文献等の情報でもかまいませんので、ご存知の方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以下のサイトは参考URLサイトは如何でしょうか?


そのページからのリンクで、
1.http://www.ier.hit-u.ac.jp/~takayama/keizaikenky …
「年金改革:欧米における最近の動向と日本の課題」
あるいは、
2.http://www.sfc.keio.ac.jp/~okabe/paper/oh/part1. …
(公的年金改革の論点と改革試案)

ご参考まで。

参考URL:http://www.sfc.keio.ac.jp/~s97566ks/ORF99-kgw/ve …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親族の成年後見人制度および遺族年金について

こんにちは、相談に乗ってください。
私には叔母がおり、その叔母が再婚しました。
相手の男性は配偶者と死別・子供が2人あります。叔母には子供はおりません。
老後の生活のための再婚で、叔母と男性の子供とは養子縁組しておりません。相手男性の家と私の家(母と私の二人)とはほとんどお付き合いはありません。

この叔母は現在認知症で施設におります。同じ頃相手男性も入院・寝たきり状態となり、施設の手配は相手男性の子供がすべて行いました。この相手男性の子供(40代以上男性)は手広く商売をしているようですが、叔母の施設費用を母にねだろうとしたり、やや金銭的に信用ならないという印象のある人です。

この相手男性がどうやら亡くなったらしく、遺族年金について叔母夫婦の居住先区役所より私の母に連絡がきました。
相手男性の子供と連絡が取れず、叔母の唯一の親族である私の母に連絡がきたようです。
叔母に遺族年金を受けられるようにするためには母が叔母の成年後見人
になればよいとのことですが、母も高齢で、こういった後見人になるようなエネルギーはありません。薄情なようですが私自身叔母とは疎遠で、経済的に迷惑をかけられたこともあり、正直係わり合いになりたくないというのが本音です。
また、個人情報だからということで、相手男性がいつ亡くなったのか、相続はどうなっているのか、相手男性の子供はどういう対応をしているのかといった情報が一切分からず、また、こちらも相手男性の子供と連絡のつかない状態です。こんな状態で成年後見人になることが非常に不安です。
いずれは叔母の居住地の区役所に出向いて相談しなければならないと思うのですが、母または私が成年後見人になるしか手段はないのか、相談前にしておくべき事、確認すべきことがあればアドバイスお願いいたします。

こんにちは、相談に乗ってください。
私には叔母がおり、その叔母が再婚しました。
相手の男性は配偶者と死別・子供が2人あります。叔母には子供はおりません。
老後の生活のための再婚で、叔母と男性の子供とは養子縁組しておりません。相手男性の家と私の家(母と私の二人)とはほとんどお付き合いはありません。

この叔母は現在認知症で施設におります。同じ頃相手男性も入院・寝たきり状態となり、施設の手配は相手男性の子供がすべて行いました。この相手男性の子供(40代以上男性)は手広く商売をしている...続きを読む

Aベストアンサー

司法書士は成年後見人となり月1回訪問しお金の管理をしています。
1年まとめて裁判所に報告する時に報酬をいただいております。
下記リンクに相談してみてください。

http://www.legal-support.or.jp/

Q企業年金基金 遺族給付金・遺族一時金について

お聞きしたいのですが!限定承認するか、相続放棄するかで迷っています。企業年金基金 遺族給付金・遺族一時金の方は遺族一時金としてある程度が支払われそうですがこの遺族一時金は 遺産相続にあたるのか否かを知りたくて100%自信のある方教えてください。

Aベストアンサー

一般的に、遺族が受取る「遺族一時金」は、相続税法第3条により相続財産となります。
ただし、厚生年金基金からの遺族一時金の場合は相続税の対象となっていません。
(厚生年金保険法136条)

参考urlの中段以降のQ2もご覧ください。

参考URL:http://www.tz.mizuho-tb.co.jp/estate/guide/torihiki/tax/souzokuzei.html

Q遺族年金の質問です。厚生年金から国民年金に変更

今回主人が退職することになりました。退職後は国民年金に加入することになります。
その際の遺族年金がどうなるのか教えてください。

夫→厚生年金200ヶ月(現在はまだ退職日がきてません)
妻→厚生年金51ヶ月その後夫の扶養160ヶ月
子供→一人 8歳

厚生年金での遺族保障は脱退するともらえないのでしょうか?
また主たる生計者との記載があるのですが今後私が主たる生計者になった時、主人の掛けてきた年金での保証はなくなるのでしょうか?

主人が死んだと想定するのはいい話ではないかもしれませんが、私一人の収入では厳しいものがあるので私自身の覚悟と安心が欲しいのでお願いします。
純粋に質問に対してお答えしてくださる方ぜひお願いします。

Aベストアンサー

> 子供が18歳までに他界した時の遺族年金がどうなるかを聞きたかったんです。

あと100か月たたないうちなら,通常なら遺族厚生年金は支給されません。
ただし
厚生年金の被保険者である間に初診日がある病気やけがが原因で、初診日から5年以内に死亡したとき
には支給されます。
つまり,会社を辞めないうちにうつ病が発症してそれを原因として病院で受診して(ここまでは会社を辞めるまでにしておかないと支給されません。),その初診日から5年以内に自殺なんていう状況であれば支給されます。支給額は,老齢厚生年金の額が年金定期便で送られているかと思いますが,それを使って計算してください。以下の計算式になります。
(平成15年3月までの平均標準報酬月額*7.5/1000*300
+ 平成15年4月以降の平均標準報酬月額*5.769/1000*300) *1.031*0.981*3/4

遺族基礎年金は,ちゃんと国民年金を支払っていれば支給されます。786,500円+子の加算(226,300円)=1,012,800円ですね。

Q労災保険法 遺族補償年金の年金額について

お世話になります。
社労士試験の勉強をしている者です。

労災保険法の遺族補償年金の年金額は、受給権者及びその受給権者と生計を同じくしている受給資格者の合計数によって決まりますが、受給権者が複数いる場合は、受給権者同士は生計を同じくする必要はないと考えても良いですか?

例えば、受給権者が死亡した労働者の長男と次男の場合で、長男は労働者の父と生計を同じくしていて、一方、次男は労働者の弟と生計を同じくしているときで、父、弟が受給資格者であり、長男・父と次男・弟は生計が同一でない場合は、遺族4人分の年金額が支給されるという理解でよいでしょうか?

Aベストアンサー

> 受給権者が複数いる場合は、受給権者同士は生計を同じくする必要はないと考えても良いですか?
死亡した被災労働者の収入によって生計を維持している事が、受給権者の要件です。
ですので、文章の枝葉末梢にこだわりますが、遺族が子Aと子Bの2名だけとして、この2名は死亡した被災労働者との間で生計維持関係は成立している訳ですね。
つまり、「子Aと子Bは被災した労働者から生活を維持するために必要なお金を労働者から貰っていたが、AとBの関係を見ると同居はしていない(両方又はどちらかが労働者と別居)」と言う意味で書かれているのであれば、理解は間違っていませんし、子Aと子Bは共に「法第16の2」に定める受給権者になるための条件は所持しております。
 ⇒年齢の問題が残るため、受給権者だとは言い切れない
その上で、AとBの間では生活費の遣り取り・・・例えば、会社員であるAが、大学に通うために別居しているBに生活費を渡していると言う事実があるかどうかは、関係ありません。

法第16条の2に関する行政通達【41.1.32基発73】【41.10.22基発1107】【平2.7.31基発486】を読んで下さい。


> 例えば、受給権者が死亡した労働者の長男と次男の場合で、長男は労働者の父と生計を同じくしていて、
> 一方、次男は労働者の弟と生計を同じくしているときで、父、弟が受給資格者であり、
> 長男・父と次男・弟は生計が同一でない場合は、遺族4人分の年金額が支給されるという理解で
> よいでしょうか
同じ説明を繰返すのは嫌味なので・・・4名が受給権者であるならば、基本的には法第16条の4に定める「受給権の消滅」に該当しない限り4名分が支給されますよ。

序に
(1) この場合の受給者は子供(長男と次男)。
(2) 第一順位者が複数名存在するので、子供2名に各々支給される年金額は「支給総額÷受給者の数」【法第16条の3第2項】
(3) その後は、法第16条の3第3項にしたがい
 ・子供のどちらか一方が受給権を喪失
  ⇒残った方の子供が3名分に減額された年金を全額受取
 ・子供2名が共に受給権を喪失
  ⇒「労働者の父」が2名分に減らされた年金を全額受給
 ・子供2名と「労働者の父」の計3名が受給権を喪失
  ⇒労働者の弟に1名分の年金が支給される
 ※これは当初の受給権者が書いた順番で死亡した場合で書いていますので、受給権を喪失する順番が異なれば、自ずと変わってきます。

> 受給権者が複数いる場合は、受給権者同士は生計を同じくする必要はないと考えても良いですか?
死亡した被災労働者の収入によって生計を維持している事が、受給権者の要件です。
ですので、文章の枝葉末梢にこだわりますが、遺族が子Aと子Bの2名だけとして、この2名は死亡した被災労働者との間で生計維持関係は成立している訳ですね。
つまり、「子Aと子Bは被災した労働者から生活を維持するために必要なお金を労働者から貰っていたが、AとBの関係を見ると同居はしていない(両方又はどちらかが労働者と...続きを読む

Q障害基礎年金と遺族厚生年金の併給について

こんばんは。お尋ねします。

社労士試験の過去問に下記のような問題があります。
「障害基礎年金の受給権者が遺族厚生年金の受給権を取得し、遺族厚生年金の支給を選択した場合において、支給停止されるべき障害基礎年金の支払が行われたときは、その支払われた額については、遺族厚生年金の内払いとみなすことができる。(答えは○)」

「障害基礎年金の受給権者が遺族厚生年金の受給権を取得し、遺族厚生年金の支給を選択した場合」とありますが、そもそも両年金は併給が可能で、選択の可能性がないのではないでしょうか?

「障害基礎年金と遺族厚生年金は併給可能」というルールと問題文のケースとの相違や、私の勘違いにつきましてお手数ですがご指摘いただきたく存じます。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

年度によって違ったのでは?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報