たびたび申し訳ありません。この前、言語聴覚士の国家試験の問題を見て、言語聴覚士養成の専門学校に入学して本当について行けるのかどうか不安になりました。やっぱり理系の人でないと実際のところ厳しいのでしょうか。また、国家試験の合格率が40%台ということでさらに不安になりました。どうか、このことについて教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現在の言語聴覚士の合格率は60%程度です。



そして、養成校の新卒者の合格率は全体平均より少し高くなっています。
だいたい80%程度だといわれています。
つまり、養成校でしっかり勉強すればそれほど難しい、厳しい試験ではありません。

言語聴覚士は、1997年に国家資格として位置づけられた新しい資格のため、人が足らないのが現状です。

是非がんばって下さい。

参考URL:http://www.speech-therapist.info/000340.php
    • good
    • 0

 言語聴覚士です。


 言語聴覚士は大半が文系出身者で占められています。授業はハードだけど、ようはやる気の問題です。
 国家試験の合格率の低さは、言語聴覚士が国家資格になったのが最近のため、国家資格化以前に現場で働いていた無資格の言語療法士にも移行措置として5年間受験資格が与えられていたためです。
 現在、移行期間も終わり受験者は養成校出身者のみになっています。まだ合格率は高くはありませんが、今後上昇してくると思います。養成校で、きっちり勉強して卒業すればそんなに合格は難しくないと思います。
    • good
    • 0

入学して本当についていけるのかどうか、というのは、


本人のやる気の問題ではないでしょうか。
本当になりたいと思うのであれば、一度国家試験に落ちても何度も挑戦すればいいことですし。
不安になりすぎて諦めてしまうのが一番ダメですよね。
確かに理系の人の方が勉強は分かりやすいかもしれません。
でも、成績がいい=良い言語聴覚士になれる ではないんです。
勉強はついていくのが精一杯で、たとえ国家試験にギリギリで受かったのだとしても、
それでも本当にやる気があれば頑張れるはずです。

言語聴覚士は今一番足りないと言われています。
それになろうというあなたには頑張って欲しいと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング