プロが教えるわが家の防犯対策術!

最近 毎日どこかで"されましたか?"という言葉を聞きますが その使い方がどうも理解できません。意味もわからなくなってしまう時があります。たとえば PCのサポートでは”~設定されましたか?”と聞かれ 髪を切ったら 髪を切られましたか?と言われたり..
切られたんではなくて 自分から進んで切ったのです。
この様な丁寧語?を 最近毎日の様にどこかででくわし その度に頭の中が??です。使い方として正しいのでしょうか?そこで返事に困る私がおかしいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#2・3です。


「されましたか」は、前にも少し触れたように、「される」という尊敬語に「ます」という丁寧語がついたものです。

それから、私が「されましたか」が適切な言い方だとしたのは、あくまで文法的な意味からです。厳密にいうと、文法的、あるいは語法的に見て「されましたが」を用いることが不適切になる場合もありますが、それは、話が煩瑣になるので、ここでは省略させていただきます。(興味がおありでしたら、改めてご質問ください。)

それを踏まえた上で、ご質問された方のお気持ち、疑問はよくわかりました。私も同感です。もし「されました、は間違った言い方だ」とおっしゃりたいのなら、とことん反論しようと思っていましたが、そうではないのですね。

まず、お答えすると、補足の中の「ご覧になる」「なさる」ともに、正しい言い方です。そして、他の回答者の方がおっしゃっていたように、尊敬の度合いは「ご覧になる」と「見られる」、「なさる」と「される」とでは異なっています。

さて、元に戻りましょう。質問者の方は、おそらく「何でもかんでも「~される」と言ってすますような現状に不満を感じる」と思っていらっしゃるのではないでしょうか。その意味で、私は質問者の方に共感するのです。

敬語の本質は相手を敬う心、気恥ずかしい言葉をあえて使えば、相手を思いやる心にあると思います。その気持ちを言葉に乗せて伝えること、それこそが、敬語の神髄だと思います。
そのためには、いわゆる言葉の知識としての「敬語法」を知っておく必要があります。しかし、それを知っているだけでは不十分です。
その知識をもとに、状況に応じて最も心を伝えられる言葉を自ら見つけ出し、伝えることが重要です。
その意味では、「~される」という言い方をマニュアル的に繰り返すだけでは心を伝えられません。
その意味で、質問者の方の抱かれた疑問は当然のものであると思います。

ただ、敬語はとても複雑で、ある意味難解なものです(私自身、会話でも書面でもよく間違いを犯します。この回答自体、正しい文章かどうか・・・)。それで、取り敢えず「尊敬語を作るには、「れる」「られる」をつければよい」と、初学者には教えるのです。

以上、後半は、自分の信条(事実・知っていることだけを客観的に書くこと)に反し、心情を吐露するような形になってしまいました。しかし、私としては非常に勉強になる意見の交換であったと思います。

さらにお考えがあれば、補足・新たな質問の形でお尋ねください。仕事ある身ゆえ、すぐにお返事できるかどうかはわかりませんが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。この回答の前に締め切ろうと思い その文章を考えている最中でした。
確かに皆様のおっしゃるとおりだと思うのですで おそらく納得いかないのは別の部分なのだという私の気持ちをどう文章にしてよいか悩んでおりました。
自分自身 言葉に自信がないので何がどう納得いかないのかすら うまく表せず..
敬語や丁寧語の勉強にもなりましたし 皆様の的確な文章も勉強になりました。
本当に質問してみてよかったです。
皆様 ありがとうございました

お礼日時:2006/09/01 23:52

「した」の尊敬表現は


「された」「なさった」などがあります。
「しただろうか」の丁寧表現は「しましたでしょうか」です。
上記尊敬表現と丁寧表現を組み合わせると、
「されましたでしょうか」「なさいましたでしょうか」となります。
後者の方が聞き手に対する敬意の度合いが高くなります。
前者も正しい日本語です。
「皇太子ご一家がオランダを訪問された。」
も誰か他人の訪問を受けたわけではありません。
「された」は「なさった」のワンランク下の尊敬表現です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。シンプルで非常にわかりやすいご説明です。
国語嫌いだったので ランクのことは頭にうかびませんでした。少し言葉に興味を持つようになりました。
しかし よくよく考えてみると間違えているとは思っていないのです。
多用されているその使い方..そして その中でどさくさにまぎれてあからさまに意味が変になってしまう使い方も混じっています。もっとスマートなというか響きの良いというか..そんな会話ができたらよいのにと思います。

お礼日時:2006/09/02 00:00

私はただの一般人で、正しいかどうか、についてはよくは分かりませんが・・



この場合の使われ方については、特におかしいとは思いません。
感じとしては、だいぶ丁寧に話しかけられているように思います。
ですので、カチンとこられても困ると思いますし、話が進まないような・・・

ただ、よく知らない人、顔も見たことない人との言葉のやり取りはそれ自体、ちょっとした言葉の使い方で、不快な感じを受けたりすることもあるのかもしれませんね。

また、立場や使う状況によっては、どこかおかしいという場合があるのかもしれませんね・・・
必要以上に丁寧に扱われたり、よく知っている人に使われたりすればおかしいのかもしれません。
お互いの距離感の認識が問題というのもあるのかもしれませんね・・
まとまりませんが・・

(私の言葉使いは間違ってるとこ多々あると思いますが、どうぞお許しを・・)

この回答への補足

おっしゃることはよく理解できます。ありがとうございました。

補足日時:2006/09/01 15:46
    • good
    • 1

質問者さんのおっしゃること、何となくわかります。



敬語としての「れる・られる」があるのはわかっているのですが、「何でも”れる・られる”つければいいってもんじゃないでしょ!」と、言いたくなるときもあります(特にここ2~3年)。

最悪なのは、「やられましたか?」ですね。
まぁこれは言葉の使い方として完全におかしいと思いますが・・・。

たとえば、

>~設定されましたか?

だったら、「設定はお済ですか?」もしくは「設定なさいましたか?」の方が私には好ましく感じます。

>髪を切られましたか?

よっぽど上の方以外は、「髪切りましたか?」ですね、私は。

私の場合、敬語としての「れる・られる」にあまりよい印象がないのは、「聞いた時に受け身の意味と混同しやすい」「語感が美しくない(あくまで私の主観です)」、そして何よりも「とりあえずつけときゃいいっていう適当な感じ(場合によりますが)」が嫌なんだと思います。

ですので、可能な限り使わないようにしています。

この回答への補足

考えると されるが間違いではないと思っています。しかし なぜか最近多い..
違う意味にも取れがちなのに あえて"されれましたか?"を使うことが私には耳につくというか..
個人的に嫌いなだけなんですかね..
ひねくれてるのかな?

補足日時:2006/09/01 15:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うまく自分の質問や気持ちを表現できず 的がはずれていってしまったらどうしようかと不安もありました。
同じ様に感じる方がいらして ほっとしました。
ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2006/09/02 00:04

#2です。


一つ言い忘れたので、付け加えます。
敬語には大きく分けて、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の三つがあります。
ご質問の場合は「れる」「られる」という、尊敬語の使い方が問題になっています。
「丁寧語」とは、「です」「ます」といった文末表現や、丁寧さを表す接頭語の「お~」や「ご~」を付けた言葉のことをいいます。

以上です。

この回答への補足

質問の具体的な例が適切でないというか そんな気がしてきました。
事務所の者とお客様との会話で どうされましたか?..それなら電話機を移動されてみてはいどうですか?その後もなんでもかんでもされるの連続..スマートでない機がするのですが 実際私はどうなさいましたか?と様子を伺いますが それはよくないのでしょうか?

補足日時:2006/09/01 16:32
    • good
    • 1

「されましたか」だけでは、適切か否かを決めづらいのですが、ご質問の中の「設定されましたか」「髪を切られましたか」に限っていえば、ともに至極まっとうな敬語表現です。


「助動詞」の「れる」「られる」には、次の四つの意味があります。( )内は意味・用法。「 」内は例文。

1.自発(自然にそうなる)「昔が思い出させる。」
2.受け身(何かをされる)「車にひかれる。」
3.可能(何かをできる)「この花は食べられる。」
 ※いわゆる「ら抜き言葉」は普通、この意味の場合に起こります。「見られる→見れる」
4.尊敬(相手の動作などを高める)「先生が話される。」

そして、五段活用とサ変活用の動詞には「れる」が、それ以外の活用の動詞には「られる」が使われる。

以上が、「れる」「られる」についての、一般的な説明です。

ここでご質問に戻ると、「設定される」はサ変動詞の「設定する」の未然形に「れる」が付いた形で、「~切られた」は五段動詞「切る」の未然形に「れる」が付いた形です。文法的に正しい使い方です。
そして、ともに、誰かが相手(この場合は質問者の方)の動作(この場合は「設定する」「切る」)を高めているわけですから、使用法も全く間違っていません。(この場合の「切る」は、実際に自分の手で切ったわけではなくても、「私は髪を切った。」という言い方が日本語ではできるので、あなたの動作と考えて問題ありません。)

ただし、状況や、使い方によっては「~されました」が使えない場合もあるので、ご注意ください。
さらに疑問の点などありましたら、またご質問ください。

この回答への補足

ご丁寧な回答をありがとうございます。
適切か否かを決めづらいのもわかります。質問をするにあたり 具体的な例をださないと駄目だとも思っておりました。しかし言葉は非常に難しい。
ご説明によると されましたか?は尊敬語にあたりますか?
そうなってくると サポートの人対カスタマーの電話サポートと考えるとその辺に違和感を感じるのでしょうか?設定なさいましたか?と聞くのは失礼にあたりますか?
実は私自身 そういった仕事なのです。言われてみて違和感を感じてしまうので 使う側に立つとどう話してよいか 本当に迷います。
確かにあっているとも思います。しかし以前はこんなに頻繁に使われていなかったと感じます。

補足日時:2006/09/01 16:29
    • good
    • 2

こんにちは!


sisteruさんお悩みの「~られる」「~れる」という助動詞ですが、
「受身」のほかに「可能」「尊敬」「自発」の意味があります。

例えば「思われる」「見られる」というと、
(1)自分は人から活発だと思われる(受身)
(2)ここからは絶景を見られる(可能)
(3)殿様が御城下を見られる(尊敬)
(4)自分には、少子化は深刻な問題だと思われる(自発)
という感じですね。

ですから「~られる」の丁寧語は◎です(^-^)

この回答への補足

ありがとうございます。
理解できます。しかし 殿様が御城下を見られる(尊敬)ですが 私なら殿様が御城下をご覧になる と言葉を選びますが こちらはあってますか?国語は自身ないです。

補足日時:2006/09/01 16:04
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「その後どうなりましたか?」の丁寧な言い方

企画などをクライアントに提案している場合、
なかなか結果がこないときに

「●●の件は、その後どうなりましたでしょうか?」


という内容を問い合わせたいのですが
その丁寧な言い方というのはありますか?
上記のようだと、
少しくだけているような気がいたします。
急かすのは失礼ですが、できるだけ早く結果がほしい、という状況です。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

メールでしたら、

(あいさつ文)・・・
さて、早速でございますが、●●の件につきまして、
その後の経過などお教えいただければとご連絡申し上げる次第です。
つきましては、ご不明な点等ございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ頂きたいと存じます。(←とコミュニケーションを求める)
お忙しいところ誠に恐縮ですが、よろしくご回答のほどお願い申し上げます。

とかで
こちらの急ぐ気持ちを伝えられないでしょうか。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「ありますでしょうか」はアリなんでしょうか?

 最近、ネットやメールで「ありますでしょうか」という言い方をよく目にしますが、これは日本語として正しい形なのですか?

 「でしょうか」は「です」の疑問形と思っているので、「ありますでしょうか」は「ます」と「です」を二重に使っているように感じ、私にはどうもしっくり来ません。

 過去、ファミレスでよく聞く「よろしかったでしょうか」にも違和感を感じましたが、これが実は過去形の「た」ではなく、丁寧語の「た」であり、正しかったという経験以来、自信が揺らいでおります。

 どなたかすっきり説明して頂けないでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして。

「ありますでしょうか」は間違った日本語です。

正しい日本語文法では
「ありますか?」
「あるでしょうか?」
になります。

このどちらも、「ます」「です」といった丁寧語がそれぞれ使われており、敬語を少しでも使っているという点で常体ではなく、相手に失礼な表現にはなりません。

ご質問の例は、「でしょう」が常体だと勘違いしているところから起こった現象だと思われます。「でしょう」=「だ」の丁寧語「です」の未然形+婉曲表現を表す助動詞「う」の複合語だということを知らない人の誤用です。

「でしょう」は既に敬体なので、ます+でしょう=ますでしょうは、2重に丁寧語を遣い、おかしな表現になっているのです。どちらか一方の丁寧語で十分敬語になるのです。

ただ、「ありますでしょうか」が相手への敬意を増幅させるため、2重の丁寧語を使用した形、と言えば何も失礼なことはなく、迷惑のかかる表現でもないので、自然に定着の様相を見せているのでしょう。

これは「アリなんでしょうか」が通じる理由と同じです。この文は「アリ」を名詞化した表現です。分解すると

アリ:
「有る」の名詞化(口語)

なん:
断定の助動詞「だ」の連体形+助詞「の」+断定の助動詞「だ」の終止形=「だのだ」→「なのだ」→「なんだ」と転用したもので、2重に断定を遣っており強い断定になります。ここでは、語幹の「なん」の使用となります。「なの」に比べて「なん」はより口語的になります。

でしょう:
丁寧語「です」の未然形+婉曲の助動詞「う」

か:
疑問の終助詞

口語では、この語がまかり通るように、ご質問の「ありますでしょうか」もまかり通っているということです。ただし、文法的にはどちらも間違いですが、、、。

以上ご参考までに。

はじめまして。

「ありますでしょうか」は間違った日本語です。

正しい日本語文法では
「ありますか?」
「あるでしょうか?」
になります。

このどちらも、「ます」「です」といった丁寧語がそれぞれ使われており、敬語を少しでも使っているという点で常体ではなく、相手に失礼な表現にはなりません。

ご質問の例は、「でしょう」が常体だと勘違いしているところから起こった現象だと思われます。「でしょう」=「だ」の丁寧語「です」の未然形+婉曲表現を表す助動詞「う」の複合語だということ...続きを読む

Q「ご質問があります」「ご回答いたします」 この「ご」はいるの?

先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。」という一文がありました。相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。
自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか?
また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか?
仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。

ちなみに私は下記のようにしています。
質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」
回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。

Aベストアンサー

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと用法的には全く一緒です。

でも、感覚的な問題で「ご質問致します」「ご回答致します」は敬語の使い方としておかしい!と思っている方も多いですから、seven_heavenさんの仰る通り、「ご質問いたします」と書いてくる相手には「ご回答いたします」、そうでない相手には「ご」無しが無難だと思います(^^。

私の場合、質問があるときには、seven_heavenの書かれている例の他、
「いくつかおうかがいしたい点がございます」
も使ったりします。
回答の場合は、(「ご回答」を避けるために)
「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」
と書いたりします。


ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^;

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと...続きを読む

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

Q「承知いたしました」は二重敬語になるでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。「承知」も「いたす」も丁寧な言葉で、「承知いたしました」は二重敬語のような気がします。「承知しました」のほうが「わかりました」の正しい敬語ではと思われます。皆様はどう思われますか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

先の回答にもありますが、「承知」は丁寧な言葉ではなく硬い言葉です。
「承知した」という言い方がありますが、これは敬語表現でもないし丁寧な表現でもありません。

「承知した」
を丁寧な言い方にすると
「承知しました」
になりますし、これをもっと丁寧に敬語(「承知する」は自分の動作なので謙譲語になります)を使うと
「承知いたしました」
となります。
決して二重敬語ではありません。

なお、
「わかりました」
の敬語表現には
「かしこまりました」
もあります。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「~頂けますようお願いします」はおかしくない?

よく「お申し込み頂けますようお願いいたします」という表現を目にしますが、このときに使う「頂けます」は誤用ではないでしょうか?
「頂けます」とは、私の知る限り、可能の意味を表す謙譲語だと思っています。
これをいうなら「頂きます」を使って、「お申し込み頂きますようお願いいたします」と思うのですがどうでしょう?
文法的に上手に説明して頂けると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「頂く」を使うのであれば、おっしゃるとおり、
「お申し込み頂きますようお願いいたします」
としなければなりません。
これが本来の表現でしょう。
ただ、「頂く」は謙譲表現ではありますが、「申し込む」という行為自体が強制的ニュアンスを含んでいるため、自らを下げて相手に敬意を表するという本来の謙譲の意図が全うされているとは言えない印象の文になってしまいます。

そこで、
「(あなたが為すところの)お申し込み(という恩恵を私たちが)頂くことができますようお願いいたします」
という意図で、
「お申し込み頂けますようお願いいたします」
という文が作られたのではないか、と推測します。
この意味で、おっしゃるように可能の用法のつもりで使っているのでしょう。
この場合、「申し込む」の主語と「いただく」の主語は異なることになります。
しかし、この「いただく」は「お申し込み」の補助動詞として使われているため「お申し込みいただく」は一つの動詞とみなされるべきです。
つまり、ひとつの動詞に2つの主語が混在していることになり、それが違和感の原因であり誤用たる理由にもなるのでしょう。

こういった文を作ってしまう方は多いですが、「強制的ニュアンスを消したい、薄めたい」という意図を表わすためには、「お申し込みを賜りますようお願いいたします」などとすれば効果が多少は出るように思います。
  
  

「頂く」を使うのであれば、おっしゃるとおり、
「お申し込み頂きますようお願いいたします」
としなければなりません。
これが本来の表現でしょう。
ただ、「頂く」は謙譲表現ではありますが、「申し込む」という行為自体が強制的ニュアンスを含んでいるため、自らを下げて相手に敬意を表するという本来の謙譲の意図が全うされているとは言えない印象の文になってしまいます。

そこで、
「(あなたが為すところの)お申し込み(という恩恵を私たちが)頂くことができますようお願いいたします」
という意図で、
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング