ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

10月19日、基礎の立ち上がりの部分を打設しました。
幅200*高さ1200ミリの部分(ごく一般的な基礎)と
幅700*高さ1200*長さ4000ミリ(かなりボリュウムのある基礎)の2ヶ所です。

当方、北海道です。
最近は気温が日々下がっています。
最近の平均気温では最低3~6度 最高10~14度くらいです。
末には初雪の到来も考えられますし。。。ちょっと心配です(この時期はすぐ消えますが・・・)

特に「幅700*高さ1200*長さ4000ミリ」の部分がリュウベイ数が多いので型枠解体まで何日くらいなのか教えて下さい。
まったく見当がつきません。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.2です。

タイムリーな返信じゃなくて申し訳ありません。
8日待つとの事、厳しい決まりの方を選択するのは施主として賢明な判断と思います。待てるにこした事はありません。ただ、やはり僕が質問者さんを担当していたとしたら、まだ長くなるので専用の説明はしませんが、8日は待たないで脱型する事を協議したと思います。

まず、読み返してみて、自分の文章に間違い発見しました。申し訳ありません。
温度補正ばっかり気にして品質基準強度の+3N忘れてました。まず+3Nに温度補正でさらに+6Nになりますので、21N/mm2の設計基準強度なら30N/mm2、24N/mm2の設計基準強度なら33N/mm2と置き換えて下さい。本当お恥ずかしい・・・・

そして、御心配の温度の事ですが、ちょっと調べてみました。気象庁のデーターベースによると、札幌の観測データは
19日 平均気温:11.7℃ 最低気温:4.1℃
20日 平均気温:11.3℃ 最低気温;6.7℃
21日 平均気温:8.9℃  最低気温:5.5℃
22日 平均気温:7.4℃  最低気温:4.4℃
23日本日は今の所、最高気温:7.5℃ 最低気温:1.3℃かな?
とりあえずは、大丈夫そうです。これで言うと材齢で存置期間決定しても8日間ではなく5日間という事になるでしょう。
で、質問者さんが上記データにを参考に出来る場所にとして、もし本日-2℃になっていたらどうだったかと言う事を説明します。ただ今は微妙な時期なので説明が難しいですが・・・・
厳密に言うと、「打込み後5日間以上はコンクリート温度を2℃以上に保つ」と言う決まりがあります。”気温”ではありません。”コンクリート温度”です。それで言うと質問者さんの基礎CONも、なんらかの保温養生を考えていかなければなりません。
断熱性のある材料で覆う断熱養生をすれば完璧ですが、シート等で覆う被覆養生でも、なんとか保たれるような気もします。いずれにしても手を打つ事が必要でしょう。
で、これは品質を確保する養生となるのですが、同時に、「初期凍害を受ける恐れのある場合は寒中コンクリートに順ずる初期養生を行う事」となっています。
じゃあ、、初期養生を行う期間はいつかと言うとですが、
寒中コンクリートは、「初期凍害を受けないように、軽微な凍結期では3.5N/mm2、凍結作用期では5N/mm2の圧縮強度が得られるまでの凍結を防ぐ」事が目標の一つとなっています。そこまでが初期養生の期間です。
で、その大前提は「打込み後、コンクリートのどの部分についても、その温度が2℃以下にならない方法」(日本建築学会 寒中コンクリート施工指針・同解説による場合0℃以下)と、最初に書いた決まりとほぼ同じ事をするように決められています。
じゃあ、その初期養生が終わった後は、どうでもいいんかい?という事になりますが、
「初期養生終了後の養生(品質確保の為の養生期間)は、コンクリートのどの部分についても、その温度が0℃以下にならない方法で行う事」(日本建築学会 寒中コンクリート施工指針・同解説による場合は、所定の材齢で所要の強度が確認できる場合はコンクリートの急激な冷却を防止できる養生方法で良い)となっているので、先の2℃以上と言うのはなんだったんだって話しになりますが、これを守れば良いと言う事になります。
まとめると、所定の材齢(何の協議もなければ28日。寒中コンクリートの場合は、監督職員の承諾の上で91日以内とする事もできます。)で所定の強度(設計基準強度)が確保されるように管理されていれば、その計画は積算温度と言うものによっていて初期養生期間以降はマイナス温度になる事は初めから見越されているので、以降はマイナス温度になっていても大丈夫ですが、5日目位までは、コンクリートがマイナス温度にならないようしてもらった方がよいです。
しかし、計画管理をしているという事は温度補正や現地温度の記録をしているはずですが、多分していないような気がします。
その場合少なくとも、現場養生による供試体が28日強度で設計基準強度が発現していることを確認するよう求めて下さい。(求められなくとも当たり前ですが・・・)
結果ダメなら問題ですが、それでも、呼び強度24N/mm2で打設していたとして、この位の温度なら一週(7日)強度は17N/mm2位は出てるんじゃないかと僕は思います。
一週強度の発現を確認すると、28日で出る強度の予想ができるので、1月はらはらする必要がありません。
という事で納得できましたか?

初期養生期間の5N/mm2の圧縮強度が得られるまでの凍結を防ぐって言うのは、No.2で言った材齢によらず圧縮強度によって決める型枠存置期間の5N/mm2の確認と同じですよね。前回は2日位かな?といいましたが、もし温度補正無しで呼び強度24N/mm2で打っていたとしたら、微妙なところでもう一日は発現にかかるかもしれません。
そう言うわけで、寒中コンクリートの場合初期養生の打ち切りと、その根拠となる圧縮強度の確認をもって、せき板の脱型を行う運びとなる協議をする事が多いのですがその話しは前回の補足です。

もう一点補足をしたいのですが、質問者さんの地域が、江別・恵庭よりなら心配は頷けます。19日の朝、寒くなかったですか?札幌の気温を調べるついでに、付近のデータベースも見たのですが、最低気温がマイナスでした。
平均気温は8.9℃なので、打設時は、2℃以上になっていたでしょうが、もし、打設後その温度になったのに、ほったらかしでしにされていたのならば、僕の意見は非常に厳しいものになっていたでしょう。
    • good
    • 1

仕様書では3日-8日は型枠外しちゃダメってなってますので、気温が3度ほどまで下がるということでしたら、8日(工期的に詰めても)ないしは5日は守ってもらうよう指示しています。


今の時期で3日で外させるのは、建築士としてはお奨めしません。
(3日で必要な強度は出ていると思いますが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

taka0507 さん回答ありがとうございます。

8日間は守ろうと思います。
ただ23日の予報ではー2度となっているのでチョット心配しています。

ありがとうございます。

お礼日時:2006/10/23 00:18

心配ですよね。


せき板(側面や上面の型枠のこと)の最小存置期間は、漠然と「これで良いのじゃないか」ではなく、しっかりと決まってます。
普通ポルトのコンクリート(間違いなくこれと思いますが、早強コンクリート等だと日にちが違ってきます。)で、存置期間中の”平均気温”が15℃以上なら『3』日間、5℃以上なら『5』日間、0℃以上なら『8』日間、存置しなければなりません。その日にち以降に型枠解体となります。
ただ、圧縮強度試験により5N/mm2以上の強度の発現を確認できた場合は解体できます。
コンクリートの為には保湿の観点からも、なるべく長く存置した方が良いのは確かですが、そんなまってはいられないので、普通は後者を選択すると思います。どの強度で打ったかによっても違いますし、なんせ数値の確認ですから、一概には言えませんが、今時期なら二日目位で強度はでますかね?工期と金に余裕があればなるべく長く取り散水養生でもした方が良いでしょうが、あまりコンクリートの養生に気をとられていると、すぐ雪がきますよ。降雪・しばれる前にどこまで進めれるかの方が今時期は大切なような気がします。
材齢による決まりで28日存置するのは梁やスラブ(スラブは平均温度による日にちの変動あり)などの底のパイプサポートで受けている部分(宙に浮いている部分)です。
基礎立上りなので、多分そんな所はないですよね?ピットスラブがあるなら、そのスラブ枠だけ28日おけばよいです。

で、今後の降雪や気温の低下によるコンクリートに与える影響ですが、
今時期のコンクリートなら心配する必要はありません。
11月も中旬になってきますと、寒中コンクリートの適用期になってきますが、それでも、考え方は初期凍害の防止で、5N/mm2の圧縮強度が得られるまでの凍結を防げれば良いのです。初期強度発現期間を守れば、硬化不良せずに、時間はかかりますが、ゆるやかに強度は上昇します。
管理上も所定の材齢で設計基準強度に達していれば良く、それから逆算した採暖養生期間を取ります。最初の数日(計画により決定)ある一定の気温を保っていれば、あとは外気温でも大丈夫なのです。
真冬の凍結作用期でもそんな感じなので、安心して下さい。
因みに、色々な工法があり僕が無知なだけかも知れませんが、厳寒期でも、蒸気を吹きかける養生というのは僕はした事がありませんので、必須ではないようです。多分No.1さんは、PCコンクリートの常圧蒸気養生と勘違いされているのではないでしょうか?

心配されている大断面のコンクリートの型枠解体も同様の日数でよいです。
ただ、その断面はマスコンクリートに近いです。断面が大きい故に、水和熱による温度上昇でひび割れが置きやすく、内部温度を抑える必要があるので、逆に夏より今時期の方が良いかもしれません。内部温度と表面温度の差を抑える養生をするなど、本来やろうと思えばやる事は沢山あるのですが、まあ大丈夫な範疇と思います。しかし、そのコンクリートが”見せるコンクリート”だとしたら表面温度の降下を抑え、熱割れを防ぐ養生をすべきです。

ここからは、厳密に言うとの話です。住宅メーカーがそれを一般的に行っているかどうかは判りません。僕等にとっては一般的ですが、民間工事で監理者の許可の元で違う事を行う場合もあります。
10月19日は微妙な日にちです。道内でも地域によりますが、+6Nの補正を行わなければいけない時期に多分入っています。
21N/mm2の設計基準強度なら27N/mm2、24N/mm2の設計基準強度なら30N/mm2のコンクリートを打つ必要があります。但し、詳しく説明すると長くなるので省きますが、これが必ずしも良いコンクリートにならない可能性もある場面もありあます。だから協議の上決める事もでてくるのです。全てがそうじゃないでしょうが、工務店クラスだと、案外知らないで普通にそのまま打ってたりする事もあるようです。

お役に立てましたか?

この回答への補足

akkolikkuさん 詳しい回答ありがとうございます。

詳しい説明 よく分かりました。
回答を読み安心したのですが。。。。。。

akkolikkuさんが言われる
「今後の降雪や気温の低下によるコンクリートに与える影響ですが、
今時期のコンクリートなら心配する必要はありません。」

とのことですが・・・・
生コン打ってから今日で3日目です。。。しかし明日(4日目)の天気予報では最低気温がー2度となっています。
マイナス気温でも大丈夫なのでしょうか?

天気予報を聞いて不安がよぎってしまいました。

補足日時:2006/10/22 23:54
    • good
    • 0

 通常のコンクリートは3日で90%くらいの強度がでますから、どうしても必要なら3日後に形枠を除去しても大丈夫です。

ただ、その後の強度を出すために必要な水分が蒸発してしまっては困るので、あまり乾燥がひどい天候の場合は駄目です。この時期、北海道は晴天がつづくということはないと思いますからこの点は大丈夫ですよね。また凍結はコンクリートの大敵ですから、それからの保護という意味で形枠をはずさない方がいいのです。保証付きではずしていいのは1ヵ月後ですね。凍結のおそれがある場合は蒸気養生と言って蒸気を吹き掛けて固まりかけているコンクリートの凍結を防ぐ手当は必須ですよ。これは形枠をはずす、はずさないの問題に関わりなく必要です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Willytさん回答ありがとうございます。

「3日で90%くらいの強度がでますから。。。」
安心しました。

お礼日時:2006/10/22 23:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q基礎の型枠はずしと養生期間について

現在の状態ですが、5日に基礎コンクリを流し、その日のうちに雨が降り流したコンクリの上に水が溜まっていました。そして6日(昨日)には型枠がはずれ、台風直撃でしたので大雨でした。昨日見たときは型枠はずした面に小さい気泡みたいなのがみられました。

色々調べると最低3日は型枠はつけたままがよいとかかれています。当日は雨が溜まっている状態で(これは夏場だしよいことなのでしょうか?)翌日には型枠はずし。はずした面には小さい気泡みたいなもの(大きくボコボコではありません)がみられました。まだ全周チェックしてませんが、明日もう一度確認しようと思っています。私は素人ですがなんだか型枠は素人ながらもうはずしてよいの?と不安になり、色々検索してみたら3日はあけたほうが…というのが多くて、とっても不安な今現在です。来週早々には立ち上がり部分をうち、終わったら建て方がはじまります。当初の予定では14日に建前(上棟っていうんでしたっけ?)の予定が根切りが地面硬くてなかなか進まず少し遅れるかもとのことでしたが・・・大体そんな感じな予定です。明日打ち合わせなのでちゃんとした日程など確認してきますが。工事は木造でたしか1日くらいで形になるらしいです。

そんな訳で、現状態で問題あるのかということと、もう立ち上がり部分をやって平気なのか?と、立ち上がり部分をうった日からは何日くらいあけてから建て方をはじめてよいのか。ちなみに立ち上がり部分を打つときも型枠みたいのをつけるんですよね?それも何日くらいまつのが一般的なのか。今うってある部分は水分?は台風もありとれていたのかと思いますが、急激に乾燥はさけられたが逆に水につかりすぎなんでしょうか?今日は雨降ってませんでしたが…立ち上がり部分はうってから水分とか今時期どうしたらよいのでしょうか?
基礎なんてやり直しきかないもんでしょうし、大事な部分ですよね?これから屋根(瓦)が乗ったりするのに大丈夫なのかとても心配ですが建築側にただ大丈夫ですか?ときいても、大丈夫といわれたら何もいえないし、明日打ち合わせなので私も少し知識をつけて一般的にはこうみたいだけど大丈夫?と確認したいんです。

よろしくお願いしますm(__)m

現在の状態ですが、5日に基礎コンクリを流し、その日のうちに雨が降り流したコンクリの上に水が溜まっていました。そして6日(昨日)には型枠がはずれ、台風直撃でしたので大雨でした。昨日見たときは型枠はずした面に小さい気泡みたいなのがみられました。

色々調べると最低3日は型枠はつけたままがよいとかかれています。当日は雨が溜まっている状態で(これは夏場だしよいことなのでしょうか?)翌日には型枠はずし。はずした面には小さい気泡みたいなもの(大きくボコボコではありません)がみられました。ま...続きを読む

Aベストアンサー

コンクリートの配合次第だろうけど
翌日ばらしはちと早いんじゃないか。。
夕方撃って次の朝一番バラシダト17時間だよな。。
バラシテ土台引いてボルト仮締めで不安なんだけどね。
基礎部分に打撃与えたら(ボルト部分とかね)内部は亀裂いくわな。
まー現場見ないと分かんないけど。。

現場の基礎よく見てみれば分かるけど細かい亀裂や欠けがなければいいんだがね。。

基礎天は多少の欠けはしょうがないけどね。。。


打ち合わせで
通常基礎のコンクリの流してからどれ位でバラすか最初に聞いてみたらいい。
明日の打ち合わせで納得出来ないなら
納得できる資料の提出頼むことだな。。

打ち合わせで工期などに基礎の工事日程表とかあれば
養生の期間の矛盾つけばいいし・・

まー明日ズバっと聞くべきだわな。

Qコンクリートの養生期間について

早速質問させて頂きます。
コンクリートの養生は季節によって期間が違ってくるのでしょうか?
私は12月から家の方が着工しております。
基礎のコンクリートはこの時期、どれ位養生期間が必要ですか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

これについては種々実験されて、色々な基準も決まって
居るんですが、一般的に、良心的な施行者なら一週間
程度取るでしょう。(特に、今のような寒い時期は
尚更)

なお、この種の施行を行う者のバイブル(のような)存
在として、土木学会コンクリ-ト標準示方書というのが
あるのですが、その中では、普通ポルトランドセメント
(要は普通のコンクリ)で5日、早強セメントで3日と
なっておった筈です。
(筈...と云いますのは、今手元にそいつが無いからで
 すが、先に書いた"一週間"は、施行屋の良心として
 安全率を見込み、かつ、出来る限り工期を短縮して
 お客様の経済的負担を減らすという、二つの観点の
 中庸を取ると、大体この位になるでしょう。)


蛇足ですが、養生について少し。
養生ってのは、単なる放置じゃないんです。
もし、単に放置しているだけなら(極論すれば)いくら
放置していても駄目です。

【コンクリートの強度(実験結果より)】
 は打設(コンクリートを打ことです。)後1年の物の
 強度を100%としますと、約1ヶ月で80%、約3ヶ月で
 90%の強度が出ます。パーセントの強度が出ます。
 (それ以後も徐々に強度は上がります。 また、1年
  経過後も徐々に強度は上がります。)
 しかしそれも、その期間中に正しい環境条件としてい
 た場合。 コンクリは、85%以上の相対湿度で硬化が
 始まり、乾燥に伴う収縮も小さくなります。
 ですが、もし打設後直ぐの強度が十分に出ていない
 時期に、湿度が低すぎる状態にさらしていると、急激
 な収縮が発生して、コンクリの割れ・ヒビ(=基礎強
 度低下)が起きます。
 

そこで、養生期間中の注意点を少々。

【正しい養生(簡単に....)】
1.湿潤養生をする。(急激に乾燥させない)
 打設後、例えば乾燥しないように散水をする、表面から
 急激に水分が蒸発することを防ぐために、養生シート
 をかぶせる等。
 (高価な施行では、シートの代わりに"膜養生剤"と
  いうものを塗布する方法もありますが....)
2.温度保持
 養生中は、コンクリート温度を5度以上に保つように
 します。(保温・防湿シートによる養生等)
 もし日平均気温が4度以下になるようなら、凍害と
 いって、コンクリートの凍結(厳密にはコンクリ中
 の水分の凍結)が発生し、基礎強度低下の原因と
 なりますから、寒中コンクリートという施行方法
 (凍結しない、しにくいコンクリを用いる方法)
 を採ったり、気候を見てやったりします。


まとめますと、養生ってのは期間を取れば良いという
訳でなく、有る程度の強度が出てくる期間、すなわち
施工屋の基準なら一週間程度は、十分な養生をしてやる
事が肝心です。
ちなみに、季節によっても(コンクリ温度によっても)
若干変わりますが、冬だから劇的に短くなるって事は
ありません。

 ※私も専門はエネルギ・環境系で、この部門では
  2年ほどしか飯を食っていませんから、もし
  念を入れられるなら、町の設計士事務所等で
  依頼して、施工中の視察やアドバイス等を
  受けられることをお勧めします。

これについては種々実験されて、色々な基準も決まって
居るんですが、一般的に、良心的な施行者なら一週間
程度取るでしょう。(特に、今のような寒い時期は
尚更)

なお、この種の施行を行う者のバイブル(のような)存
在として、土木学会コンクリ-ト標準示方書というのが
あるのですが、その中では、普通ポルトランドセメント
(要は普通のコンクリ)で5日、早強セメントで3日と
なっておった筈です。
(筈...と云いますのは、今手元にそいつが無いからで
 すが、先に書いた"一週間"は、施行屋...続きを読む

Qコンクリート打設後の養生について質問です。明日ミキ

コンクリート打設後の養生について質問です。明日ミキサー車を呼んでdiyにてコンクリートを初めて打設します。ガレージのベタ基礎風で面積は約10m2で厚さ120mm(ワイヤーメッシュ入り)です。この時期に必要な養生はありますか??立ち上がり配筋があるためブルーシートをかけることによるトラブルもゼロではないことも予想されます。場所は正午を挟み4時間ほど日は当たりますがその後は日影(打設時間以降ほぼ日影)。雨は降りそうにないです。ブルーシートはかけるべきでしょうか??それと、散水はするべきでしょうか?また、散水は表面を濡らす程度ですか?それとも型枠内に浅いプール(数cm)ができる程度ですか?打設後どの位して散水するのでしょうか?
コンクリートは業者に相談して、21ー18ー20Nとのことです。

ご回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ポイントは次の通りです。
・どんなコンクリートでも凍ればアウト。 打ち直しです。
・保温はある程度あった方が固まるのが早いです。
 しかし自分でもしばらくは熱を出すので、昨今の気温では必要なし。
・固まるのはセメントの化学反応によるもので、必要な水分が関係します。
 水は過ぎると表面のセメント分が流れ、そこの部分は砂になります。
 また、風が当たり水分が不足するとひびが入りやすいです。
 (一度入ったクラックは部分強度的に保証されるようには治りません)
・シートで覆う方法は、仕上げた面に早期に接触すると、明らかに表面に痕が付きます。
 (場合によっては、密着してはがれにくい時が多いです)

・表面が乾かないうちに翌日から1週間程度は、散水管理をした方が良いと考えます。
 (プール状にすることはいけません。常時濡れた状態が理想です。)
・指触乾燥になるまでの間は、雨は水滴痕がつき表面が砂になります。

以下は標準生コンでの目安です。
・人が乗っても大丈夫のようになるまでに大体2-3日くらいかかります。
 型枠を外すのは7日後くらいが目安です。でも車の乗り入れは出来ません。
 車は4週間見ないと角が欠けるとかの万が一ということもあります。

追伸、排水が上手くなるように表面に一定の勾配をつけて、凹凸が部分的にないように
仕上げるのは左官の腕次第です。
(後日モルタルで修正しなくてもよいように頑張って下さい=その場合部分的に薄くは出来ません) 

ポイントは次の通りです。
・どんなコンクリートでも凍ればアウト。 打ち直しです。
・保温はある程度あった方が固まるのが早いです。
 しかし自分でもしばらくは熱を出すので、昨今の気温では必要なし。
・固まるのはセメントの化学反応によるもので、必要な水分が関係します。
 水は過ぎると表面のセメント分が流れ、そこの部分は砂になります。
 また、風が当たり水分が不足するとひびが入りやすいです。
 (一度入ったクラックは部分強度的に保証されるようには治りません)
・シートで覆う方法は、仕上...続きを読む

Q基礎の養生が中1日ってありますか?

いつも参考にさせていただしています。

新築中の者です。
土曜日に基礎の立ち上がり部分のコンクリートを入れました。
過去の質問を見ても最低で中3日養生とあったと記憶しています。

ですが、今日(月曜)見に行ったら、すでに立ち上がり部分の型枠が外されていて、左官屋さんが手作業で上部を平らにするためのコンクリートを塗っていました。

基礎のコンクリートの養生が中1日ってありえますか?
その左官屋さんは「品のいいもの使っているんじゃないか?」と言ってました。使っている品でそういうこともありえますか?いい品を使ってるかもわかりませんが・・・。

我が家は在来工法とパネル工法を合わせたものの2階建て木造住宅です。
今週の金曜と土曜でパネルの会社の人が来て、パネルをいれるそうです。
というと、その前に当然柱を立てますよね?

であれば、今日左官屋さんが塗ったコンクリートの養生はなく土台にかかる?と心配になりました。

建築をお願いした会社に聞けばよいのはわかっているのですが、大丈夫と言われるだけと思い、質問させていただきました。
緊急にストップをかけなくてはいけない状態か教えていただきたいです。

いつも参考にさせていただしています。

新築中の者です。
土曜日に基礎の立ち上がり部分のコンクリートを入れました。
過去の質問を見ても最低で中3日養生とあったと記憶しています。

ですが、今日(月曜)見に行ったら、すでに立ち上がり部分の型枠が外されていて、左官屋さんが手作業で上部を平らにするためのコンクリートを塗っていました。

基礎のコンクリートの養生が中1日ってありえますか?
その左官屋さんは「品のいいもの使っているんじゃないか?」と言ってました。使っている品でそうい...続きを読む

Aベストアンサー

 厳密な事を言えば、中1日で脱型という行為はコンクリート工学の専門家などに言わせると話にならないレベルであると思います。
 しかし、現場における現実的な話をすると、翌日脱型などもありえる状況です。また、意外と現物をコア抜きしても4週で指定強度が出ているのも現実です。気をつけたいのは、余計な衝撃などを加えてはいけないことです。※コンクリートは打設してから4週間は指定強度まで成長しているようなものですので、阻害するような行為はいけません。

 そのような状況を踏まえて、言えることは振動や極端な荷重を加えなければ大丈夫であろうという事ですが、ここでお叱りを受けるような気もしますので、参考程度にお考え下さい。

 左官屋さんは、土台の下を水平にするためにモルタルで均していたのでしょうね。コンクリートの品質に良いも悪いもありません。プラントでいい加減なものを出さない限り品質は確保(設計図書と、プラント工場の出荷伝票を確認)されていますが、それよりも現場での施工による品質の確保のほうが重要です。

 つまり、今回のようなコン打設の作業や養生などを現場監督がしっかり管理しているかがカギです。左官屋さんなどの職人に言っても無駄なことですので、これからいろいろな工種が入ってきますので、心配な事は直接建設会社に回答をいただき、その根拠(いろいろな指針や法的根拠)も明示していただければ納得がいくと思います。

 どうしても、心配であるなら4週間後に基礎の一部をコア抜きし圧縮破壊試験で強度が確保されているか確認する方法もあります。もちろんその部位はマシコンなどで補強する必要もありますので、構造計算をしていただくようになると思われます。
 それがいやなら、簡易ではありますがシュミットハンマーという機械でコンクリート構造物に機械をあてるだけで簡単に強度を測る手段もあります。

 厳密な事を言えば、中1日で脱型という行為はコンクリート工学の専門家などに言わせると話にならないレベルであると思います。
 しかし、現場における現実的な話をすると、翌日脱型などもありえる状況です。また、意外と現物をコア抜きしても4週で指定強度が出ているのも現実です。気をつけたいのは、余計な衝撃などを加えてはいけないことです。※コンクリートは打設してから4週間は指定強度まで成長しているようなものですので、阻害するような行為はいけません。

 そのような状況を踏まえて、言えるこ...続きを読む

Q駐車場のコンクリート打設後の養生期間

駐車場のコンクリート打設後の養生期間はどれ位取れば十分なのでしょうか。
今月26日に引越しをしますが、4トンクラスのトラックが来ると思います。
あと1週間位しかないので、引越し後にしてもらった方がいいのでしょうか。
場所は九州で零度以下になることはないと思います。

Aベストアンサー

後1週間で、今からコンクリート打設。
4トントラックを乗せるのはやめたほうがいいと思います。

実際問題としては2~3日すれば割れることはないと思いますが、用心のためには普通車でも1週間は置きます。

といいながら、なかなか難しい状況も多いので普通車クラスでしたら2日くらいで乗ったりしますし、きちんと施工していれば割れたという話もあまり聞きません。

でも、4トントラック。
もし後回しでもどうにかなるのなら、後回しにしたほうが安心ですね。

Q車庫の土間コンクリートの施工方法について教えてください。

自分で車庫の土間コンを施工しようと思います。あとはワイヤーメッシュをスペーサーで浮かして固定し、生コンを流すだけです。生コンは生コン屋さんにもってきてもらう予定です。そこで簡単に施工手順を教えてください。トンボで均一にならしてからどれくらいで木ゴテや金ゴテで仕上げるとかの生コンの目安、時間などです。道具は一通り揃っています。左官屋さん等で詳しい方宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

プロではありませんが、土間コンクリートは何度か経験していますので。
まず、生コンですが、「土間用」と言って注文すると、スランプの小さいものを持ってくるので、「土間に打つけど、素人だから、スランプの大きめのもの」と言って注文します。(スランプの大きいものの方が、流動性が高く、作業がしやすいけれど、強度が同じなら、値段が少し高い)
生コン車が届く前に、打設する部分(下はたぶん、砕石、あるいは土でしょう)に、十分散水をしておきます。
生コン車のシュート(コンクリートを流す樋)が、打設する部分の奥まで届かないときには一輪車で運ぶことになります。後は、ジョーレンやスコップ、そしてトンボで均一にならしますが、均しただけでは内部に気泡が入り、いわゆる「豆板」になりますから、全体にバイブレーターをかけると良いのですが、お持ちじゃないでしょう。で、代わりに棒で、突いて行くのです。(特に、基礎や、型枠の周辺を重点的に、型枠は、金槌で、こんこん叩いて振動を与えてやる)トンボで均した面は砂利が飛び出しているので次に、この砂利を沈めるために、角材(10cm角で、長さは2~3メートル)に足を付けて平均台のようなものを作り、これをひっくり返し、二人でそれぞれの足を持ち、息を合わせて打設したコンクリート面に打ち下ろして(バチャバチャという感じで)行きます、こうすると平らになりつつ飛び出していた砂利が沈み、代わりにモルタルが浮いてきますからその後のコテで均すのが楽になります。
一人でするなら専用の工具が売ってます(名前は知りません。土間均し専用工具で、長方形の金網に取っ手を付け、金網の横にゴムシートが取り付けられている形のもの)
木ゴテだけでも慣れれば砂利は沈んで行くようですが・・・・。
金ゴテ仕上げをしたいのであれば、木ゴテで均した後、表面に浮いた水が引くまでしばらく待ちます。(この、水の引き加減を見分けるのが素人には難しい)
金ゴテで撫でているときにコテが砂利に引っかかると石が浮いてきてきれいに仕上がりませんから、そうならないように、砂利はしっかり沈めて表面にはモルタルの層が出来るように木ゴテで均しておくのです。
金ゴテを使うときは、自分の足形が出来ないようにコンパネを敷いてその上に乗って作業をしますが、可能であれば空中に足場板を渡せるようにしておき、その上に乗って作業が出来れば最高です。
なお、金ゴテで均すときに「表面硬化剤」を使うと、コンクリートに色が付けられてしかも、硬くなり、ほこりが立ちにくくなります。
がんばって、すてきな車庫に仕上げてください。

プロではありませんが、土間コンクリートは何度か経験していますので。
まず、生コンですが、「土間用」と言って注文すると、スランプの小さいものを持ってくるので、「土間に打つけど、素人だから、スランプの大きめのもの」と言って注文します。(スランプの大きいものの方が、流動性が高く、作業がしやすいけれど、強度が同じなら、値段が少し高い)
生コン車が届く前に、打設する部分(下はたぶん、砕石、あるいは土でしょう)に、十分散水をしておきます。
生コン車のシュート(コンクリートを流す樋)が...続きを読む

Qコンクリートの打設直後に雨が降ってしまい心配です。

農業用倉庫を建設中なのですが・・・。コンクリートの基礎についてお伺いしたいのです。コンクリートの打ち込みの日、表面を仕上げて(ならして?)いる最中に雨が降ってしまい、表面がぼこぼこになってしまったところがあります。また、所々表面が粉のようになってしまっています。この場合強度は問題ないのでしょか?業者の方は問題ないですとの事ですが・・・心配で。
補修もきちんとしますとの事ですが、こちらとしても知っておきたいと思いまして・・・。補修方法として、どんな方法があるのか教えていただきたいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

コンクリートは水和反応という化学反応により硬化します。
必要以上の水分はコンクリート強度の低下となります。
でも、硬化に必要な水分は実際混ぜられる水分より少なく、硬化に必要以上の水が使用されています。これは、コンクリートを流し込むために必要な施工性を確保するためです。水分が少ないと施工性が悪くなり、きちんと回り込まない箇所があると施工欠陥になりますので。

このようにコンクリートの水分量は、施工性と強度を考慮して配合しています。また配合をするためにコンクリート技師という資格がもうけられています。

雨水が浸入すると配合計画以上の水分が入ることになり強度低下のおそれがあります。
しかし、打設後しばらくすると、余分な水の多くは型枠から流れ出したり、表面にあがってきます。

表面をならすのはこのように不要な水分が抜けてきている段階にあると思います。このような状態になると雨水による影響は表面に限定されてきています。

ならしの段階ということは、表面はまだ柔らかい状態なので雨の落下衝撃により表面がでこぼこになったり、表面部分のコンクリートに浸入して強度の低い部分を作ります(実際は雨が降らなくても浮き上がってきた水分で表面にはそのような部分ができます。この部分をレイタンスと呼びます)。

でも、施工用の水が分離して表面をならす段階ですと、雨水が深く浸入することはほとんどありませんので、基礎の強度が落ちるということはないと考えられます。

元々レイタンスは雨が降らなくとも発生するものであり、この部分は強度が低いので正しい施工をする場合、除去する必要があります。
レイタンス除去後、雨ででこぼこになった部分と併せてモルタルなどで表面をならしておけば、大丈夫だと思います。

コンクリートは水和反応という化学反応により硬化します。
必要以上の水分はコンクリート強度の低下となります。
でも、硬化に必要な水分は実際混ぜられる水分より少なく、硬化に必要以上の水が使用されています。これは、コンクリートを流し込むために必要な施工性を確保するためです。水分が少ないと施工性が悪くなり、きちんと回り込まない箇所があると施工欠陥になりますので。

このようにコンクリートの水分量は、施工性と強度を考慮して配合しています。また配合をするためにコンクリート技師という資...続きを読む

Qコンクリートの単位容積重量はいくらぐらい?

一般的なコンクリート塊の単位容積重量はおよそどれぐらいですか。
できたら、Kg/立方mで教えてください。

Aベストアンサー

コンクリートの単位容積重量(正式には単位容積質量)はコンクリート中の
砂、砂利、の質量とコンクリートの乾燥具合によって変わってきます。

現在日本で使われてるセメント、砂、砂利の比重から考えて2300~2400Kg/立方m
と考えて良いでしょう。

特殊な用途があれば軽いコンクリート、重いコンクリートも作ることが出来ます。
元生コンクリート技術に従事していました。

Qセメントと砂の配合について

モルタルを作る際のセメントと砂の配合についてなんですが、
一般的に1対2から1対3といわれてますがこれらはどういう違いが出てくるのでしょうか?
もし1対1とかにするとどうなりますでしょうか?

Aベストアンサー

no2で回答したものです。

ご質問の主旨がイマイチ解りませんが、
砂・セメントの調合比率と強度の関係を知りたいのでしょうか?

まず最初に、調合比率ですが、概ねセメント1に対して砂2~最大4ぐらいです。
この調合比率は 強度では無く用途で調合割り合いを変更するケースがほとんどです。

では次に、強度ですが、残念ながら1:2の場合は○○Nとか1:3の場合いには○○N と決まっている訳ではありません。 おそらく大学の研究室で実験しないと解らないと思います。

ちなみに、国土交通省が建築工事改修基準書という本を出していますが残念ですが その本にも強度は記載されていません。

では、どの様な基準があるか? となりますが、普通コンクリートの場合(コンクリートミキサー車で運んで来るものです) スランプ率15~18が一般コンクリート強度と表されています。
 しかし、普通コンクリート強度は、中に入れる鉄筋の太さ、数量などで強度が変わって来ますので、それ自体では強度の計算も確認もできないのが実際です。

ゆきつくところ、実際 砂セメントの調合比率・添加する水の量でどれだけの強度となるのかを知っている人は居ないということですし、調合比率で A+B=C みたいな計算式は成り立たないということです。

例えば、厚さ15センチのモルタルの板でも、ごく普通のサラリーマンでもハンマーで割ることが出来ます。

ですので、砂・セメント・水の調合比率で強度を計算することは不可能です。 どうしても知りたければ、大学の研究室に依頼して実験をしてもらう以外にないと思います。

最後に、最初に調合比率は用途でほほ決まると書きましたが、これも左官屋さんの経験値で変わります。
例えば、壁とかを塗る場合には、1:2 ぐらい
土間などを打つ時は(駐車場など)1:3 ぐらい
捨てコン とか、敷石などを固定するときなどは 1:4ぐらい
が一般的です。
『ぐらい』としか書けないのは、その時の施工条件、気温、湿度、施工部位、目的、砂質などで毎回変わるからです。そしてそれらを決めるのは左官屋さんの経験値と腕です。

いずれにしましても、大工にしても、塗装にしても左官にしてもそうですが、職人は今の時代でも 大工10年 左官7年 塗装3年 ぐらいの修行は最低して来ないと一人前と認められません。
つまりは、『こうすればこうなる』などという簡単な公式はありませんので それだけ経験して、実際に勉強してやっと一人前になるぐらいの難しさがあるということです。

no2で回答したものです。

ご質問の主旨がイマイチ解りませんが、
砂・セメントの調合比率と強度の関係を知りたいのでしょうか?

まず最初に、調合比率ですが、概ねセメント1に対して砂2~最大4ぐらいです。
この調合比率は 強度では無く用途で調合割り合いを変更するケースがほとんどです。

では次に、強度ですが、残念ながら1:2の場合は○○Nとか1:3の場合いには○○N と決まっている訳ではありません。 おそらく大学の研究室で実験しないと解らないと思います。

ちなみに、国土交通省が建築工...続きを読む

Qコンクリートの型枠の剥離材を塗るタイミングは?

コンクリートの型枠に剥離剤(灯油でいいと聞いたので灯油をぬります。)をつけるタイミングが分かりません。

コンクリートを打つ○日前とか○時間前とか・・・・決まりがありましたら教えてください。


また型枠の木の種類にNGな木はありますか?ホワイトウッドとかOKでしょうか?

Aベストアンサー

型枠の剥離剤は、安く済ませたいなら、車のエンジンオイルと灯油を混ぜてお使いください
エンジンオイルは廃油で構いません(車屋から貰えるはずです)
たっぷりとエンジンオイルを混合すれば、2、3日前に塗っておいても大丈夫です

ただ、新品の型枠は剥離剤なしでも大きな問題は発生しません
半年前に友人の協力得ながら、自分で5間半×3間のガレージを建てましたが
その基礎の自作の型枠は剥離剤を塗らずに済ませましたが、問題なく剥がれました
あまり長く型枠を外さないでおかないようにすることがポイントですが

この使用済の型枠は、擁壁を造るために残してありますが、2回目からは剥離剤を使用しないと使えません

経験に基づいたコメントです
参考にしてください


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング