【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

マイナビから応募しました。
書類選考を行うの4、5日待って欲しいと返信が来たのですが、
これに返信すべきなのでしょうか?それとも書類選考の結果を待っているべきでしょうか?

返信すべきでも、内容は、「書類選考の件、わかりました。宜しくおねがいいたします。」程度しか思いつかないのですが、如何なのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (4件)

返信がないからといって書類選考の結果が変わることはありませんが、返信しておいても良いでしょう。

メールを読んだか読んでないか相手はわからないので。
内容が自分に伝わっていることを書けばよいので「ご連絡ありがとうございす。書類選考の件メールを確認いたしました。よろしくお願いいたします」程度の内容で大丈夫です。「わかりました」は少し表現として拙いので使うのであれば「承知いたしました」の方が丁寧ですね。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

ありがとうございます。
アドバイスを参考に返信をしました。
そしたら、先程、応募企業から書類パスし面接へとメッセージが来ました!

お礼日時:2007/05/28 14:52

この場合は念のため、届いたことを返信されるほうが丁寧な印象をもっていただけます。



先方も仕事をする社会人ですので、マナーが分かっている方のほうが安心はされます。

例文ですが、

「お忙しい中、ご連絡をいただきありがとうございました。メールにて書類選考の実施を確認させていただきました。よろしくお願い致します」

というような簡潔な内容でしたら、しつこい印象も持たれず問題ないと思います。
    • good
    • 1

専門家紹介

専門家プロファイル_瀧本博史

職業:転職アドバイザー

ベストアンサーを複数いただいているのでご安心ください。現在、年間約2000件の職業相談を行なっている現役のキャリアコンサルタントです。国家資格2級キャリアコンサルティング技能士(熟練者資格)をもち、国立大学の特任講師、ハローワーク職員、自治体の職業相談員、就職指導や職業訓練校講師などの業務に携わってきました。

25年以上の実務経験をもとにした「時代の流れをくむ転職・就職・面接指導」を得意とし、これまでの相談実績は4万件超。

心の状態に不安が残る方には、産業カウンセラーと心理相談員の視点から「心の問題」もケアしてきました。学生の方へは「進学・就職・面接」指導と講演、公務員試験対策(筆記・面接・論文)を行なっています。

現在は、国家資格キャリアコンサルタント希望者育成のため、厚生労働大臣認定講習キャリアコンサルタント養成講座の講師も担当しています。

◆著書:オンライン就活は面接が9割(青春出版社) https://amzn.to/3uNw7X0
◆寄稿:ロジカル面接術 2023年度版(ワック)
◆番組監修:ラランドのコワくない。オンライン面接(NHK総合)

詳しくはこちら

専門家

ビジネスマナー講師をしております。

その立場からご回答します。
ビジネスでは「確認」が大切です。そのため、今回のような場合は、返信をするのが基本です。
また、お願いをしている側が、受信したものに返信をしないのは、マナー違反です。そのため、今回は「応募者」、つまり、「お願いをしているあなた」が、メールのやり取りの最後のメールを書いている状態が望ましいです。
つきましては、シンプルな内容で良いので、返事をなさることが通常です。

「かしこまりました。4,5日間程で書類選考をしていただけるとのこと、誠にありがとうございます。ご連絡を、お待ちしております」程度で構いませんので、お送りしましょう。
    • good
    • 0

専門家紹介

中川裕美子

職業:研修講師

人材開発コンサルタント、研修講師、キャリアアドバイザー、ヒプノセラピスト、地域創生コンサルタント。有限会社SONORI 代表取締役。会社は東京都中央区銀座、自宅とHealingのSalonは、山梨県北杜市小淵沢の八ヶ岳エリア。都会と田舎の二地域活動を実践する移住・田舎暮らしアドバイザーとしても、活動をしています。

●有限会社SONORI HP
http://www.sonori.info

詳しくはこちら

専門家

「承知致しました。

宜しくお願い致します。」ぐらいであれば返信しておけば丁寧ですね。
    • good
    • 4

専門家紹介

中島靖友

職業:転職アドバイザー

初めまして中島靖友と申します。
私は現在、リクルーティング業界において前々職から13年目になります。外資日系企業問わず、20代から50代の幅広い方々を200名以上、入社まで転職支援してきました。まだまだ発展途上ですが、一人ひとり丁寧なコンサルティングを心掛け、企業のニーズもしっかり把握して“良縁”を提供できればと思っております。
また、2級キャリアコンサル技能士(国家資格)、GCDF-Japanキャリアカウンセラー(米国CCE, Inc.認定)などの資格を保有し、キャリアカウンセリング業界でも「職業紹介を超えたキャリアとは」を理解するため、幅広い活動をしております。

詳しくはこちら

専門家

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング