人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

はじめまして!27歳、社会人の男です。以前の職場で、経理及び管理の仕事をしていたのですが、簿記などの資格はなしで行っていました。

現在転職をし、社内の総務として働き、すでに1年くらい経つのですが、上司から「経理の女性が辞める事もあり、ぜひ前職での経験も活かしながら経理をしてみないか?」と言われました。僕自身とても興味もあり、是非してみようと思っているのですが、やはり自分自身のレベルアップのためにも、日商簿記の2級を勉強してみたいと思っています。

そこで質問なのですが、僕は工学部の大学卒という事もあり(ただたんに前職では引継ぎ関係で僕が経理をしばらくしていただけ)、簿記なんて全くわかりません。どんな問題なのかすらも、解いた事もなければ問題を見たこともありません。

難易度と、勉強期間(どれくらいの期間まじめに勉強すれば合格できるレベルに持っていけるのか)、また、お勧めの参考書や問題集などがあれば、是非教えて下さい。
試験は11月に受けようと思っています。(難易度的に絶対的に時間が足りないようでしたら先延ばしで受けますが・・)

特に難易度については本当に全くわかりません。一般的に勉強して受かるレベルなのか、みっちり一日2時間くらい勉強しても半年じゃ足りないくらいの難度なのか・・。
自分自身、簿記を今からゼロから始めるという状況ですので、質問ばかりで大変申し訳ないのですが、教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 同じく社会人で、3年ほど前になりますが、日商簿記3級(第107回)を1ヵ月程で取得、その年の11月に2級(第108回)をいずれも独学で取得した者です。


 仕事をしながらの勉強でしたので、夜9時以降と早朝しか学習時間は取れませんでしたが、とにかく毎日簿記に触れるように心懸けていました。
 全経は受験経験がないため、日本商工会議所主催の簿記検定に限ってお話させて頂きますが、狙われる出題の傾向はある程度同じです。読みやすい参考書を用意して、問題集はあれこれ手を出さずに、過去問を繰り返し解くのが手っ取り早いです。私の場合、参考書は中央経済社でしたが、実用書といった感じで、学習簿記にはやや難解でした。受験生向きに有名専門学校が出版している本が無難でしょう。
 また、この試験は回ごとに問題の選出にカラーがあり、出題者の性格にもよるでしょうが、残高試算表など計算量の多い体力勝負の内容だったり、凝った仕訳を書かせるような電卓を叩く回数より論理的思考力を問うものが中心だったりします。
 日商簿記検定では、2級の試験は午後からですが、先に3級の試験が午前中にあります。例年、3級と2級の難易度の波は連動しているようなので、3級を受験してみて手応えをみるといいかも知れません。
 自分が初めて3級を受験した第107回は、2級の合格者率が1級合格者率(1級合格者は受験生総数の上位10%前後の成績を修めた者とされる)を下回る、ここ数年にはないというレベルの高さでした。易しいとされる3級の試験問題の内容も、過去問で難易度が高い部分を選り好んだような内容で、合格者も例年より1割減でした。
 第107回終了後、商工会議所に抗議の電話が殺到したとの噂も聞きましたが、次に受験した第108回の2級は、受験生には良心的な骨抜き問題ばかりで、40%は合格していました。この回に2級を受験した者はラッキーだったはずです。
 私の体験は極論に過ぎませんが、こういった場合も実際あったように、問題作成者によって、その回ごとに難易度の波は、確かにあるように思われます。合格者のかたの話を聞き、学習量の目安を立てられるのはもちろん重要な事ですが、一概に、これだけやれば大丈夫。とも言い切れない部分は、当然出て来ますので、その点はご用心くださいね。
 時間と予算が許すのであれば、出来れば独学より専門学校の講座を受講された方が、効率よく中身ある学習が出来ると思います。2級(3級)は飽くまで簿記の全体像の一部をかじるに過ぎず、よって学習する内に「なんでこうなるの?」「じゃあここは?」と次々に疑問が湧き出てくるのが簿記の勉強です。簿記カテゴリーの投稿数の勢いを見ても、そのことは判ると思います。一度「なんで?」というツボにハマってしまうと、2時間なんてあっという間に経ってしまうものです。
 3級、2級、1級と段階ごとに、ここまでが押さえるべき重要点、ここからは範囲外なので未だ考えなくてよい、という一種の「力加減」が必要になってきたりしますし、例えば精算表は縦より横に仕上げた方が点数を稼ぎやすいなどの試験テクニック、1級まで進むのであれば、企業会計原則などの法律改訂に伴って憶えておくべき論点の優先順位(法律は、2級までなら特に大きな影響はありません。)などは、独学ではカバーしきれないものがあります。私は無理に独学を続けたばかりに、無駄な労力や誤解を積み重ねてきてしまい、今、後悔している部分もあります。
 独学で得た分、合格の喜びは大きいとは思うのですが、出来れば要らぬ苦労はして欲しくないなと思います。
 と、あなたに回答しているこの自分こそ、11月に日商簿記1級の受験を考え、準備中の段階の青二才です。生意気なこと書いてごめんなさい。
 頑張りましょう^^
    • good
    • 26
この回答へのお礼

ありがとうございます!やはりその年その年の傾向もあり、一概には言えない部分もあるのですね!それにやはり独学より専門学校などに通った方がよさそうですね。しかし時間と料金の問題もあり、独学でがんばってみます!お互いがんばりましょう!ありがとうございます

お礼日時:2007/05/28 20:44

こんばんは。


私は理系出身なので簿記とは無縁でしたが、ある経緯から簿記の資格を取得しようと思いました。
本屋で簿記のテキストをみてもさっぱり理解できなかったので専門学校のように資格取得に力を入れているところに通いました。短期間で覚えられるし、分からない箇所は講義の後に質問できるしよかったです。
私自身、いきなり2級はキツイと思います。でも、6月から始めても11月まで5ヶ月もあるのですから、3級2ヶ月、2級3ヶ月で十分合格圏だと思います。専門学校に通うとすると予算は3級と2級で6万5千円くらい必要です。
    • good
    • 23
この回答へのお礼

やはりいきなり2級は厳しいようですね。時間をかけて克服していかないといけませんね。今のところ専門学校は全く考えてはいないのですが、たいへん貴重なご意見をありがとうございます。

お礼日時:2007/05/28 22:15

理系で大卒だったら2級は余裕です。


しかし3級、2級は簿記の概念を身につけるという意味で重要な範囲なので、あまり独学はしない方がいいでしょう。
間違った考え方を身につけてしまったら、そのあと修正するのが大変です。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。大卒ですと余裕・・。その励ましの言葉はとても勇気をもらえます!専門学校などに行く時間もないため、どうしても独学になりそうですが、ガンバッテみます!

お礼日時:2007/05/28 18:50

私は、高校普通科卒で簿記など全く縁がなかったのですが、いつごろからか簿記に興味をもち通信教育で勉強しました。

(これは卒業していませんが)
最初は商業高校長協会の簿記検定を受けましたが、これは水準的には日商簿記よりワンランク下です。その後日商簿記検定に2級と3級を同時に受験して運よく両方合格しました。
私も一日二時間程度の勉強だったように思います。最低その程度は必要でしょう。
他の方もおっしゃっているように2級は工業簿記(原価計算)があります。これは製造業の会計ですから少々厄介です。ので、やはり3級程度をみっちりやって自信をつけてから2級に進まれるのがいいのでは。
参考書は私の時代は「沼田簿記」という当時としては有名なものがありましたが、今はいろいろ出ていると思いますので、問題集とともに書店で実物を見たほうがいいと思います。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

そうですね。やはり書店で実際に見て、自分に合ったものを購入するのは重要ですよね!しかしまだ問題すら見てないので、3級も2級も難易度がまだわかりません。ゆっくり時間をかけて突破していきます。貴重なご意見ありがとうございます。

お礼日時:2007/05/28 18:52
    • good
    • 7
この回答へのお礼

とても参考になります。疑問に思ってた事がいくつも解決できました。ありがとうございます。

お礼日時:2007/05/28 18:59

商業高校を出たものです。



日商3級は高校に入ってすぐ試験を受けて合格できるほど
だったので、ご自分で勉強されるのでも大丈夫だと思います。

日商2級は未だに取っていないのですが(^_^;)
大学の資格を取る講座でも週2の2時間を半年という
感じだったので、ご自分で半年の勉強でも取得できる
範囲まで学べると思います(´▽`)

他の方も書かれていますように、日商2級には商業簿記
プラス工業簿記が入ってきますので、過去の問題を何度も
解いて、パターンを掴んでください。

まずは3級から頑張ってみてください!
2級も取得できますように^^
    • good
    • 15
この回答へのお礼

そうですね!まずは3級からですね!何事も基礎から始める事は大切ですし!2級は工業簿記かぁ・・。不安もありますがとにかくやってやろう!と思っています。わざわざ貴重なご意見をありがとうございます。

お礼日時:2007/05/28 18:54

私は高校の普通科卒業ですが、あなたと同じ状況で日商簿記の2級を合格したものです。



私の場合は、本当の基本となる参考書のような本、3級レベルを理解できる本、2級レベルを理解できる本、それと、3級と2級の過去問をまとめた、確かA4サイズの問題集(結構分厚かったはず!)を買い込みました。

基礎から始め、だんだん3級、2級とこなして行き、試験は両方受験し、3級は一度で合格し、2級は4点足らずで2度目に合格しました。
2級の合格率は3割だったと記憶しています(もう10年以上前のことですが…)
2級になると、工業簿記(原価計算)も入るため、ちょっと難しくなるのです。
勉強時間は人それぞれだとは思いますが、一日2時間くらいで十分ではないでしょうか?

但し、問題集は最近のものからやった方がいいかも知れません。
問題の傾向が違ってきている可能性があります(私はそれで失敗しました)。

こんなところでどうでしょうか?
    • good
    • 9
この回答へのお礼

一日2時間くらいの勉強でも可能なのですね!しかし、簡単に言ってはみても一日2時間、仕事から帰って勉強するのって意外と大変ですよね。継続する根気が問われそうです。しかし、やはり三級から始めないことには無理そうですね。欲張るより、急がば回れって気持ちで三級から攻めてみます。とても参考になるご回答をありがとうございます。

お礼日時:2007/05/28 15:24

ではまず3級の勉強から初めて下さい。

11月に3級、その次に2級を受けて下さい。
簿記2級まではあくまで私の経験ですが、そんなに根をつめて勉強しなくても合格できます。本当に毎日少しずつでも勉強出来るなら、3ヶ月もあればいいかも…(但し、基本的な3級程度の知識を持っていることが条件)。
ただ、簿記の知識が備わっていても、時間内に解くという練習をしないといけません。ノロマな私の場合はそちらの方が大変でした。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

そうですよね。まずは基礎固めの意味でも三級から勉強するべきですよね。しかしどの試験も、内容を理解し解けるようになっても、時間内に解く。という最後の難関がありますものね・・。僕も結構ノロマな方なので苦労しそうです。まずは三級の問題集でも探してみます。貴重なご意見ありがとうございます。

お礼日時:2007/05/28 15:22

 こんにちは。

私は日商簿記2級の資格を持っています。ちょうど質問者さんのご計画と同じように、毎日2時間ほどの通信教育を半年やって試験に受かりました。
 
 その時点で私は銀行員を10年ほどやっていたこともあって半年で充分でした。経理のご経験がおありだとのことですので、半年のご予定は無理なものではないと思います。過去の問題を見てもオーソドックスなものがほとんどですから、地道な勉強が実を結ぶと思います。

 いずれにしろ、「級」のある国家資格はやはり1級を持って一流だと思います。まだお若いのですから是非そのあと1級にも挑戦なさってください。応援申し上げます。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございます。やはり一級を取得して一流ですよね。そのためにもまずは三級の問題集から時間をかけて見ていこうと思います。回答とても参考になります。ありがとうございます。

お礼日時:2007/05/28 15:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記2級、どれくらいで受かりましたか?

11月の試験に何がなんでも簿記2級に受かりたいと思っているものです。
インターネットを見ると、簿記2級なんて、1週間勉強して取れるくらい簡単な試験だよというのを見たりとか、1年しっかり勉強しないと、どんどん難しくなっているからというのを見たりとかしましたが、実際、教えて!gooを閲覧している方で、こんなに短期で受かったよ、もしくは真面目に勉強して1年くらいかかりましたなどの情報を頂けたら、幸いです。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

私は8年ほど前に、参考書と問題集の独学で、期間3ヶ月ほどで合格しました。商業簿記と工業簿記が選択制だと試験四日前まで勘違いしており、商業簿記しか勉強していませんでしたが、四日間で工業簿記を勉強(通勤時間、昼休み、仕事後の時間全て勉強)し、合格しました。

人それぞれですが、必要なのは集中力でしょう。
応援しています。頑張って下さい。

Q簿記三級はどれくらい勉強すればいいの?

現在、大学一回生の娘のことなのですが将来は会計事務所への就職を希望しております。そこでまず日商簿記検定3級合格を目指そうと考えている様子なのですが実際にはどれくらいの勉強時間がかかるものなのでしょうか?また、もし3級に合格した後二級を目指そうとするとどれくらいの時間をようするのでしょう?どうかお教え願います。また勉強方法のコツなども教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

まず日商簿記検定の日にち等はもよりの商工会議所に問い合わせされると良いとおもいます。3級程度でしたら独学も十分可能だと思いますが、できれば受験専門に簿記を教えている専門学校(電話帳等で調べられたら、たいてい近くの駅前あたりに教室が見つかるはずです。その時に授業料等も問い合わせされておけばよいとおもいます。お勧めは大原、大栄、TACあたりです。)へ入られるのが手っ取り早いと思います。この方法はコストはかかりますが確実に合格できて時間的な無駄がはぶけます。以下受験校に入られるのを前提にアドバイスさせていただきます。3級レベルでしたら3ヶ月程度で合格できる水準に到達できます。大学と専門学校の勉強の両立はこのレベルでは全く問題ないと思います。2級レベルも専門学校で学ばれるなら4~5ヶ月もあれば問題なく合格できると思います。えらく簡単そうに合格できるような書き方をしましたが、あくまでもまじめに手抜きせずに勉強することを前提にしていますのでそこのところは誤解なさらないでください。勉強さぼったらどんな受験でも落ちますよね。勉強のコツですが簿記に関しましては、ひたすら繰り返し、問題を解くことをお勧めします。問題を読んだらすぐ解答に取り掛かれるくらいまで繰り返しが必要です。問題を何度読んでも意味がわからない。あるいは
問題の意味は解るが答えに自信がもてない。などということのないようにしてください。とくにこの簿記は条件反射的に答えが一発で頭に浮かぶくらいの繰り返しが効果的です。一度問題が解けて正解だったとしても2~3週間後に同じ問題が解けなければ話になりませんから。それから簿記を勉強されるのであれば電卓が速く正確に打てるほど受験に有利です。これは会計事務所に勤務されても必須の物ですのでお金ケチらずに良い物を買って下さい。専門学校などで推奨している電卓などは使いやすい物が多いようです。とりあえず合格されるようがんばってください。ただし、いま大学一回生とのことですが2級まで合格された後、就職されるまで随分時間がありますので簿記のチカラを保持し続けることができるか。そちらの方が心配なんですが。

まず日商簿記検定の日にち等はもよりの商工会議所に問い合わせされると良いとおもいます。3級程度でしたら独学も十分可能だと思いますが、できれば受験専門に簿記を教えている専門学校(電話帳等で調べられたら、たいてい近くの駅前あたりに教室が見つかるはずです。その時に授業料等も問い合わせされておけばよいとおもいます。お勧めは大原、大栄、TACあたりです。)へ入られるのが手っ取り早いと思います。この方法はコストはかかりますが確実に合格できて時間的な無駄がはぶけます。以下受験校に入られるのを...続きを読む

Q就職に簿記二級は有利ですか?

 就職に簿記二級は有利ですか?勉強を進めるにつれて思っていたより難しくないので心配になってきました。簿記二級を取ることで、企業の経理部に就職することは容易になるんでしょうか?
 
 それと、社会人になっても資格スクールに通って簿記一級や税理士、その他色々な高度な資格を取ろうと頑張っている方は、けっこういらっしゃるんでしょうか?
あと、経理部のような仕事でも英語のスキルをアップさせることは、重要ですか?

 質問ばかりですが、体験談なんかも交えた回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 体験談なんですが、今年新卒で就職しました、去年の就職活動では日商簿記1級の助けもあってか就職試験1社目で内定しました。去年の今ごろは内定でていて、他の人より楽をしていました。会社はいちよう上場企業なんですが、配属先は販売でした。逆に彼女は公務員になったんですが、日商簿記2級で、経理課に配属になりました。販売いをしていても、お店のお金の流れがわかるので簿記を勉強していて、良かったと思います。会社に入ってからの経理部の人からの見られ方も違いますし、店長なんかも経費や収益成立などで相談にきます。入って4ヶ月で相談されるのはやはり異例だとおもいます。それからわが社では働きながら資格をとるのは不可能です。時間が無いです。1級はかなりの時間をついやさないと取れませんから。宅建なんかですと、働きながらでも半年あれば取れるかな。資格手当てもたかいですしね。簿記2級は資格手当てでないですよ、ちなみに。

Qインフルエンザの検査、発熱から何時間後が妥当?

先週の木曜から微熱があり、金曜の夜には39.3度にまでなりました。
あまりにインフルエンザの症状に酷似(高熱・筋肉痛・関節痛)しているので
土曜午前中、検査をして頂きましたが
A型B型共に陰性と出ました。

そこで、先ほど検索をかけてみると
発症後まもなくだと、陰性と出る場合が多いと知りました。

私の場合、発症から15時間ほどで
陽性なのに、陰性と出てる可能性がありそうでしょうか。

抗生物質、鎮痛剤2種の処方で、
飲めば熱は微熱に下がりますが、きれれば38度以上になります。


今日で発熱3日となるのですが、
風邪でこんな最悪な状態は経験した事がなく
育児もままならず、困ってます。。。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

インフルエンザの検査キットはウィルスの量に反応して結果が出るものです。
ですから仮にインフルエンザに罹っていたとしてもまだ初期の微熱の段階ではウィルス量が少なくて検査結果は陰性を出ることが多いようです
もちろん微熱の段階でも陽性と出ることもありますが。

できましたら高熱が出てから24時間経過後に検査を受けることをお薦めします。
発熱3日目ということですので感染していれば陽性に出るでしょう。

タミフルはウィルスの増殖を抑える薬ですので
インフルエンザを治す薬ではありません。
発症後48時間以内の内服が効果的ですので質問者が今から内服をしても期待した程の効果が得られることは少ないように思います。
風邪にしてもインフルエンザにしても対処療法が主となりますので
熱が上がれば鎮痛解熱剤を内服する・・ということで良いのではないでしょうか?
もちろん抗生剤はキチンと飲んで頂いた方が良いです。

育児も家事もある中での高熱はとてもお辛いことだと思います。
早く良くなると良いですね。
お大事になさってください

Q日商簿記2級をゼロから2ヶ月で取得できますか?

訳あって今年の6月上旬に行われる日商簿記2級を全く予備知識の無い状態から独学で取らなければいけなくなりました。

実際たったの2ヶ月で取得は可能でしょうか?
ちなみに勉強時間は最低400時間、多く見積もれば500時間ほど取れるかと思います。

当方の計画としては2週間で簿記3級の合格圏内程度の知識を目指し
その後2級の勉強に移ろうかと考えています。
独学ですが、大学生ですので、教授に本だけでは分からない部分は教えてもらえると思います。
電卓は一応キーを見ないでも打てる程度の技術はあります。

もし良ければオススメのテキスト等も教えていただけるとありがたいです
どうかお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

さあ??いずれにしてもやらなきゃならないんでしょ。
じゃあやりましょうよ。

そんなに頭がよくない子でも取れる資格ですから
それなりに壺にはまれば2ヵ月みっちりやれれば
大丈夫だと思います。

ちなみに、私の場合、経理経験10年程度でしたので、
3.2級とも4.5日から1週間程度の
講習で通りました。(社会人なんで勉強している暇はなし)

テキストはどれも似たり寄ったりで大差ないと思います。
それより、まずは過去問をやることですね。
どういう問題が出るのか。ここを押さえないと
簿記の世界は広いですから、無駄骨を折ることになります。

どういう問題が出るか→どういう知識を必要とするか
→試験に必要な簿記の知識とは何か。という具合に進んで
最後は、簿記の試験に通るにはどうすればいいか。
までわかればまず間違いなく通ります。

Q日商簿記2級、3級の合格率が30%前後の理由は?

「1ヶ月もあれば合格出来る」「2級から受けて合格しました」などの意見を聞きます。
受験者数が多いメジャーな資格だと思います。
定員は関係なく合格点数に達すれば合格出来たと思います。
合格率が30%前後で推移する理由は何なのか皆様の考えを教えてください。
受験者数が多いのでユーキャンなどの通信教育も充実していると思います。それに書籍も沢山あると思います。
1級の問題が2級にも入っていると聞いた事があります。年々試験が難しくなっているからでしょうか?もう8年ぐらい前に2級に合格しました。その後実務に使う事が無くすっか内容を忘れている私です。
単なる試験対策不足なのでしょうか?
実務経験が豊富でも試験と仕事は勝手が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

試験日までに実力が付くだろうからと申込したが、思ったほど力が付いてないという方が「せっかくだから受ける」とした場合には、合格率は低くなります。
合格率の分母を、申し込んだ者にしてるか、実際に受験した人にしてるかも確認したいところです。

質問後半は、質問の要点がぼやけてますが「簿記2級合格者でも実務にほとんど使うことなく、8年たったら合格する自信がない。問題が難しくなってるのだろうか。」という意味でしょうか。
問題レベルは変わらないでしょう。
減価償却の方法に変更があったので、その点は昔の知識だと誤ります。

「実務経験が豊富でも試験と仕事は勝手が違うのでしょうか?」
23年度の簿記2級の模擬問題を見ました。感想は
「こんな仕訳が必要な事例が、実際に起こりえるわけがない。」ものが数点。
「実務的に使用されるのは、全国の企業のうち10件はないのではないか」というような事例の仕訳を求めるもの。
でした。2級認定されるためには、このぐらいの問題を解けないと駄目だという意味もあるのでしょうが、現実とかけ離れた事例の仕訳を求めるのが「試験」のもってる特性なのでしょう。

鉱山の全採掘量から、全てを掘り出す期間を計算して、それを基準にして資産の減価償却をするという問題がありましたが、このような減価償却を必要な企業が日本にどれだけあるかです。
特殊な処理が出来ないと2級認定は無理だというのは理解できますが、百年実務をして、一度あるかないかの仕訳をせよという問題もあります。
合格のためにそれを一生懸命勉強するのは必要ですが、実務では役にたつ機会がないに決まってます。

試験日までに実力が付くだろうからと申込したが、思ったほど力が付いてないという方が「せっかくだから受ける」とした場合には、合格率は低くなります。
合格率の分母を、申し込んだ者にしてるか、実際に受験した人にしてるかも確認したいところです。

質問後半は、質問の要点がぼやけてますが「簿記2級合格者でも実務にほとんど使うことなく、8年たったら合格する自信がない。問題が難しくなってるのだろうか。」という意味でしょうか。
問題レベルは変わらないでしょう。
減価償却の方法に変更があったので、...続きを読む

Q簿記3級は本当に誰でも取れるのですか?

簿記全くの素人で、簿記3級を取得したものです。

受ける前は、「勉強すれば誰でも受かるよ」「簡単」と言われていました。実際、学校にも通い、試験が近づくと必死で勉強し、なんとか83点で合格できましたが・・・私は少なくとも「簡単」とは思えませんでした。また、先日受けた試験の合格率は50%くらいだったと思います。

私としては、「誰でも受かるほど簡単」とは思えません。皆さんはどうですか?

Aベストアンサー

たくさんの回答が寄せられていますね。
質問者さまの声と、回答者の皆さまのご意見を読んでいて、
共感を覚えた者です。私も、ぜひ、参加させて下さい。

私も、質問者さまと同様、社会人になってから、簿記3級に挑戦することとなりました。
6月受検のための勉強を始めたのは、5月、GWの頃。
学生の頃から、算数&数学が苦手だった私は、簿記3級にも抵抗を覚えたものです。
高校進学後の数学に至っては、赤点続きで、先生からよく叱られました。
『数字を見ただけで、頭が痛くなる』タイプだったのです。
そんな私が仕事のためとはいえ、簿記を勉強することには、周囲から『無謀だ』と猛反発を受けました。
しかし、職業柄、どうしても受からねばならない事情があったのです。
私にとっては、初めて独学で、本格的に目指す資格試験。
大学受験以来のプレッシャーでした。
手の使い過ぎで腱鞘炎になるし、
本試験日までは、寝不足や食欲不振に悩まされる日々が続きました。
試験会場には、商業高校生らしき若者が大勢詰め掛けていて、
教師らしき人々の励ましを受けていました。
制服姿の学生に混じっての孤独な社会人受検。気後れしたものです。

そして無事、簿記3級に合格したものの、
父親からは『なんだ、まだ3級か』
『うちの会社の経理のコは、みんな持ってるよ』と云われて
何となく、カチンときたのを憶えています。
会社の同僚からも、『あら、なぁに?2級じゃなかったの?』との声。
不思議だったのは、簿記を勉強した経験のある人からは
『頑張ったね。大変だったでしょう?』と、労いの言葉を戴いたことです。

質問者さまの、簿記3級に合格したものの、
3級って、大したコトないの?自分は3級でも、けっこう大変だったんだけどな…。
という今の心境は、何となく、お察しいたします。
当時の自分を見ているようです。

今思えば、周りからの"簿記3級は簡単!”という批評は、
簿記3級なんか…と軽視する意図などは、一切なしに、
また、簿記3級だから云々…という理屈も抜きにして(簿記って何?という輩も少なくない)、
俗に言う"検定試験を履歴書に活かせるのは、何でも2級レベルから”という認識の強さが、
無責任に、口にさせた台詞だったのかもしれません。
(会社によっては、何級からでも、ひとつの資格として認識されますが。)

他のかたが仰るように、周りの言葉に、変に過敏にならず、
努力した自分を一番よく知っている自分が、今までの努力を褒め称えてあげればよいのです。
お仕事されながらの受検は、大変だったことでしょう。
苦境を乗り越え、合格を勝ち取ったことは、自分の中で、ひとつの自信になったはずです。

しかしながら、国家試験を目指す人などが、これから簿記にチャレンジする初心者相手に、
訳知り顔で『日商簿記くらい簡単に取れないとね。』と、
あからさまに、上から物を見た言い方をするのを、巷で耳にするたび、
『たかが簿記で、そこまで偉くなれるのか?人間が小さい奴だな…』
と、(失礼ながら)私は、醒めた目で見ることにしています。
たまに、『自分には簿記のセンスがない。向かない。』と悲観的になる人もいますが、
センスの有無とは、個々の五感に係わる問題です。
誰しも、電卓片手に、生まれてきたわけではありません。
簿記で扱う数字は、算数とは違って、公式だけの感覚で解くものではないし、
簿記の根底に在る理論は、国語のように、日常生活に当たり前に転がっているものではないため、
わざわざ勉強時間を作って、一歩ずつ知識を身に付けてゆくしか、方法はないのです。
3級でも、2級でも、1級でも、センスなどに頼らず、こつこつ努力しないといけないのは、みんな同じです。

ただ、補足するとしたら、
簿記1級の資格試験や、税理士・会計士等の国家試験は、
簿記の知識を問うものでも、2級までの資格試験とは、採点方式等が異なるため、
合格のためには、個人の努力だけでなく、試験戦略・運の要素も絡んでくることになります。
簿記3級は、過去問題を制限時間内で70点取れる練習を、何度も積んでいれば、
本番での過度の緊張やケアレスミスに襲われない限り、充分に合格圏内を目指せるかと思います。

簿記2級となると、試験員が、ごくたまに、範囲外のようなイジワル出題をすることがあったり、
さらに、簿記1級では、周りの受験生の出来具合により、採点箇所が変化するらしいため、
死ぬほど努力していても、時として、その実力が充分に発揮できない状況が、足を引っ張ります。
人格が変わるぐらい勉強し、恋人を捨て、人生をかけて挑戦してさえも、
合格の実現が厳しい難関試験の前に、打ちひしがれる人を、私は、目の当たりにしています。
そのような『勉強しても受からせてもらえない、リスクの大きい試験』から比べれば、
簿記3級は、努力すれば受からせてもらえる良心的な試験だと言えるのかも知れないな…とは思います。

『簿記3級なら、がんばれば、誰だって合格できる』という言葉の裏には、
簿記3級は、ひとりひとりが実行可能な労力を惜しみさえしなければ、
誰にとっても、その努力が充分に報われる要素のある試験なんですよ。って気持ちが込められています。
私が友人に、受検を励ます意味で、その言葉をかけるとしたら、そうした意味を込めて用います。

簿記を好きになれると、自信を失くす時があっても、また立ち直って頑張れます。
華やかな勉強ではないし、あまり理解を得られない面もありますが、
私自身は、簿記学習を通じて、『算数キライ』の苦手意識を克服でき、根気や忍耐力もついて、よかったかな?と思います。

身の上話が長くなり(苦笑)、申し訳なかったですが、
あなたに簿記の勉強を続けてみようというお気持ちがあるのならば、
何とか、自信を持って、ご自分の道を歩んで頂きたく、この回答を書きました。

たくさんの回答が寄せられていますね。
質問者さまの声と、回答者の皆さまのご意見を読んでいて、
共感を覚えた者です。私も、ぜひ、参加させて下さい。

私も、質問者さまと同様、社会人になってから、簿記3級に挑戦することとなりました。
6月受検のための勉強を始めたのは、5月、GWの頃。
学生の頃から、算数&数学が苦手だった私は、簿記3級にも抵抗を覚えたものです。
高校進学後の数学に至っては、赤点続きで、先生からよく叱られました。
『数字を見ただけで、頭が痛くなる』タイプだったのです...続きを読む

Q絶対受かりたい簿記2級 むずかしすぎ できない 

簿記2級は、簡単2か月とかでとれたとか
いわれてますが、私にしたらすごーく難しい

とおるテキストをみてのっている問題をとこうとしてもとけないし、
理解できません
答えからみて解き方を考えてもわからないことおおいですし

一日かけてもほとんどすすまないです。

このままで過去問題集に突入してもいいでしょうか

でないと11月試験に間に合いません。
基礎学力がないのでしょうか
絶対うからないと就職がかかってます

Aベストアンサー

私は、学校に通ったり問題集を解いたりすることはお勧めしません。
そんなことしてたら何年もかかってしまいますよ。

理解できない、なかなか進まない人に、一番効果的な学習方法をお教えします。

まず、あれこれ問題を解かないで、とにかくテキストに載っている例題を、自分で何度も何度も書いて覚えることです。答えを見なくても書けるように、覚えてしまうくらいに何度も書いてください。
まずたった一つの例題を、覚えるくらいに書きまくること。
商簿も工簿も同じです。
理解できてないならなおさらのこと。

簿記というのは、「帳簿を記入する際の決まりごと」というだけのことなのです。
学問というほどのものではありません。
どんなバカでも、毎日英語をしゃべっていれば英語ができるようになるのと同じです。
経理職は資格よりも実務経験重視と言われるのは、そこが理由なんです。
理解できてなくても、毎日帳簿をつけている人なら帳簿の書き方くらいわかりますよね。
ですからまずはひとつの例題を徹底的に覚えて、帳簿の書き方をマスターするのです。

多くの人が陥っている失敗は、あれこれ問題集の問題に手を出していることなんです。
問題集を解いて、答えが合っていればそれでよしというものではありません。
答えが合っていないから解説を読みながら理解した、これもそれでいいわけではありません。
そんなことしてたら永遠に応用力はつきませんよ。
簿記の勉強の真髄は、答えが合うことでも理解することでもなく、「帳簿の書き方に慣れる」ことなのです。

ですから、理解などしなくてもいいのです。
とにかく書きまくってください。
書いてるうちに理解します。
例題を覚えるくらい完璧になったら初めて、ほかの問題に手を出して、そこでまた「書きまくる」。
学校に通う必要などないことは、おわかりいただけますでしょうか。
工業簿記は確かに理系的センスがないと難しいですが、これも理解できないならば「覚える」でいいのです。
覚えたらいつのまにか理解もできてます。
「この帳簿にはこう書く」という書き方を覚えればいいのです。
書き方を知っている帳簿が増えること=応用力です。

ご参考までに。

私は、学校に通ったり問題集を解いたりすることはお勧めしません。
そんなことしてたら何年もかかってしまいますよ。

理解できない、なかなか進まない人に、一番効果的な学習方法をお教えします。

まず、あれこれ問題を解かないで、とにかくテキストに載っている例題を、自分で何度も何度も書いて覚えることです。答えを見なくても書けるように、覚えてしまうくらいに何度も書いてください。
まずたった一つの例題を、覚えるくらいに書きまくること。
商簿も工簿も同じです。
理解できてないならなおさ...続きを読む

Q「御中」の使い方

「御中」の使い方について教えてください。

送り先に「○○係」までと書いてある場合、「御中」に直しますよね?この場合の「御中」の使い方は、
1.「○○係 御中」
2.「○○ 御中」
のどちらなんでしょう?こんな質問をするのは恥ずかしいのですが、いつも迷って困っているので教えてください。

Aベストアンサー

○○係 御中  です。
御中とは、会社など、直接誰宛かわからないが、「その中のどなたか」に出すときに使います。

だから、その係の誰に出すかがわかっている場合は、
「○○係 △△様」となるのです。

Q『のれんの償却』の仕訳について

連結決算の勉強をしています。

のれんの償却を行う仕訳では、
(借方)利益剰余金 ○○○ / (貸方)のれん ○○○
というパターンと
(借方)のれん償却 ○○○ / (貸方)のれん ○○○
というパターンがあるようです。借方勘定の『利益剰余金』・『のれん償却』はどのような根拠で決定されるのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。No.1です。

>ちなみにのれん償却に関する問題の解答としては問題文中に、
>『当期におけるのれん償却仕訳』とあったら
>⇒(借方)のれん償却 ○○○ / (貸方)のれん ○○○
>『当期以前におけるのれん償却仕訳』とあったら
>⇒(借方)利益剰余金 ○○○ / (貸方)のれん ○○○
>でよろしいのでしょうか?

はい、それで合ってます。

のれん償却額だけに限らず、当期以前に行われた収益・費用についても「利益剰余金期首残高」で処理します。
(少数株主損益、本支店間での貸倒引当金繰入・減価償却費の相殺消去など)
これは当期以前の貸借対照表の科目は個別財務諸表との合算にて計算できるのに対し、当期以前の損益計算書の科目は各決算時に純利益として利益剰余金に組みこまれているからなんですね。

ですので当期の財務諸表を基準に考えると、連結損益計算書にて計算された当期純利益はそのまま利益剰余金として次期に繰り越されますよね。次期の決算時にはもう当期の損益計算書は存在しませんので、直接利益剰余金を増減させるというわけです。

仕訳で考えると前期以前の処理は、

(1)(借方)利益剰余金 ○○○ / (貸方)のれん ○○○

となっていますが、取引の順序を考えて仕訳をすると、

(2)【前期以前】(借方)のれん償却額 ○○○ / (貸方)のれん ○○○
【当期】(借方)利益剰余金期首残高 ○○○ / (貸方)のれん償却額 ○○○

この(2)の仕訳を合算したものが(1)の仕訳として表示されていることになります。
当期の損益は普通に仕訳しますが、前期以前の損益処理はすべて「利益剰余金期首残高」に振りかえるということです。

開始仕訳や連結決算処理はややこしいように思えますが、順序立てて仕訳をしてみると、ただ単純に連結開始からの仕訳を再度行っているだけにすぎません。
「利益剰余金期首残高」も、前期以前の連結損益計算書の結果を修正するためだけのものですので、いったん通常の仕訳をしてから「利益剰余金期首残高」に置き換えてみるとよく分かると思います。

連結決算は、慣れれば1級試験の問題でも比較的点数の取りやすい部分ですので、ぜひ練習して自分のものにして下さい。

こんにちは。No.1です。

>ちなみにのれん償却に関する問題の解答としては問題文中に、
>『当期におけるのれん償却仕訳』とあったら
>⇒(借方)のれん償却 ○○○ / (貸方)のれん ○○○
>『当期以前におけるのれん償却仕訳』とあったら
>⇒(借方)利益剰余金 ○○○ / (貸方)のれん ○○○
>でよろしいのでしょうか?

はい、それで合ってます。

のれん償却額だけに限らず、当期以前に行われた収益・費用についても「利益剰余金期首残高」で処理します。
(少数株主損益、本支店間での貸倒引当金繰入...続きを読む


人気Q&Aランキング