位置情報で子どもの居場所をお知らせ

はじめましてよろしくお願いします。
タイトルにあるとおり月額変更届に関する質問です。

従前 9等級 ←今年8月まで適用
4-6月 10等級 ←今年9月以降に適用(算定基礎届)
5-7月 10等級 ←5月に昇給差額が支給された(遡って昇給∴変動月?)
6-8月 11等級 ←6月から実際に新基本給を適用

算定期間、つまり起算月が5月~か6月~で月額変更届の提出の
要不要が異なりますよね?5-7月で算定されたほうがいいですよね?
ご意見、ご教授お願い致します。

A 回答 (5件)

ANo.1です。



私も乗りかかった船なので、社保のことについて書いてあるサイトとか見てみたんですが・・・

質問では、昇給がいつか、5月に支給された差額がいつのものかがわからなくて、また、固定賃金以外の例えば残業手当とかあればそれも考慮しなきゃならないだろうし・・・ということで、ちょっと考え込んでいます。。。

ただ、私が勝手に想像すると、
4月昇給だけれども実際に基本給が変わったのは6月。
で、4・5月の昇給差額を5月にもらったと。
だとすると、5月の差額は形は「差額」だけれども、報酬として算定対象とするのではないかと。
とすると、変動月は5月なので、5月(4月差額分は差し引く)~7月の平均から出した等級が、以前の等級(9等級)より2等級以上差が出たとき、月額変更届を出して、保険料は9月から適用、ではないかな、と。
でも、これが、差額がいつのものかが違ってたら、また変わるだろうし、手当とかで賃金に変動あったりするとまた変わるだろうし。。。

う~ん、おチカラになれずスイマセン。
社会保険事務所にお尋ねになることをお勧めします。今、電話つながりにくいかもしれないけど。

ただ、以前、私が算定基礎届に、4月から給料が大幅に変わった(2等級差があった)従業員を含めて提出したとき、その人は7月から保険料が変わる、つまり定時決定対象外の人だったけど、算定基礎届に「7月改変」ってスタンプ押されて、月額変更届は出さなくても受理されましたよ。
そんなこともありました。参考まで。

ほんと、いいアドバイスできずにスイマセン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

気に掛けていただいて嬉しいです。
また詳しく説明までありがとうございます。

「昇給差額の支給」についての説明が不足していたのでご回答者の
皆様を混乱させていたのですね。どうもすみませんでした。

改めて昇給、昇給差額の支給について説明させていただきます。
・昇給は5月に認められました。
・昇給は今年1月まで遡りました。
・今年1月分から5月分の昇給差額を支給しました。
・昇給差額を5月に支給しました。
・昇給差額は固定賃金、基本給のみの適用です

thelastloveさんのご回答を参考に考えてみますと
(1)5・6・7月の月額で算定
(2)昇給差額から5月分を除く →5月分給与に5月分の差額を足す
(3)これで2等級以上の差ができたら随時改定が必要

このように「5月を変動月」と解釈いたしました。
次の問題は、昇給差額の5月分を5月分給与に含めるか否かですね。
含めなければ1等級、含めれば2等級上がります。

ところでthelastloveのご回答にありましたが
「定時決定対象外の人だったけど、算定基礎届に「7月改変」って
スタンプ押されて、月額変更届は出さなくても受理されました」
このようなこともあるのですね。
私の場合は4・5・6月で算出すると1等級上がるだけなんですよね…
そうすると必然的に月額変更届は出さずに済みそうです。

お礼日時:2007/06/14 10:39

ANo.1 訂正です。


>変動月は5月なので、5月(4月差額分は差し引く)~7月の平均から出した等級が、以前の等級(9等級)より2等級以上差が出たとき、月額変更届を出して、保険料は9月から適用、ではないかな、と。

の「保険料は9月から適用」は、保険料は「8月から適用」ですよね。

あ、でも、どうでもいい訂正だったかな。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいます。
したのご回答にて補足させていただきます

お礼日時:2007/06/14 10:13

#2です。

すみません。
実際の昇給月は6月ですね?
でしたら4~6月で算定(昇給差額を本来の支給月に修正)、
6~8月で随時改定となります。
随時改定に該当した人は、随時改定により9月より標準報酬を変更、
しなかった人も算定により、9月から変更になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に詳しい回答ありがとうございます。

要点はgyoumu-tantoさんの仰る昇給月をいつにするか?なんです。

5月の会議で昇給が認められ、ただちに昇給差額を5月に支給しました。
もちろん記録も残っております。
支給の内訳は、今年1月まで遡り、5月分給与の支給日後のことでした
ので5月分の差額も含めた5ヶ月分です。

『社会保険の事務手続き』を参考にしますと下記にも述べましたが
「昇給が遡って行われ昇給差額が支給された場合は、差額が支給された
月を変動月として差額支給月とその後の引き続く2ヶ月で2等級以上
差が出たとき、月額変更届を提出する」とありました。

差額が支給された月=5月(変動月)
差額支給月とその後の引き続く2ヶ月=6・7月

このように仮定し算出すると「1等級の差」となりました。この場合は
随時改定を行わず、従来どおりの定時決定のみ行うと解釈して問題
ないでしょうか?

お手数をお掛けいたしますがどうぞご教示下さい。

お礼日時:2007/06/14 09:42

昇給差額は、実際に昇給のあった月に戻して額を修正し、


この月を変動月として起算し、随時改定するのでは?
5月に昇給差額が支給されたとありますが、本来の昇給月は4月ですよね?
でしたら差額を4月に支給されたものとして4月の額に加算し、4~6月で計算します。
たまたま算定と同じ月ですが、月額変更に当たりますから、2等級以上の差が出たときは
9月まで待つことなく7月より随時改定となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
上のご回答の方で補足したいと思います。

お礼日時:2007/06/14 09:20

これ社会保険料のことですよね。

。。
社会保険なら、年1回の「定時決定」は、4~6月の給与の平均で出すって決まってるんじゃないですかね。例外はあるけど。
で、4~6月の給与の平均額から等級が決まりますよね(算定基礎届で手続きされますよね)。
で、その等級での納付は9月分からですよね。

その後(7月以降)、給料の金額がもし変わって、変わった月から3ヶ月の平均に2等級以上差がでたら月額変更届を出すと思いますが。

質問者さんの場合、多分この基本の届出の仕方でいいのではないかと思うので、算定する月は選べないんじゃないかと。。。
参考まで。
間違ってたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
仰るとおりだと思います。定時決定は4-6月でされます。
このとき例外になる場合がありますよね?

※1
4・5・6月の大幅な昇(減)給により7・8・9月に月額変更(随時改定)
される人は、定時決定の対象外です

また随時改定に関しては
※2
「差額を除いて2等級差が出たら月額変更届を提出」
昇給が遡って行われ昇給差額が支給された場合は、差額が支給された
月を変動月として差額支給月とその後の引き続く2ヶ月で2等級以上
差が出たとき、月額変更届を提出する。

※1、2を踏まえると2つの場合が考えられます。

5-7月で算出∵5月に昇給差額を支給した(遡って昇給∴変動月?)
       ⇒従前と比べ1等級あがる
       ⇒月額変更届不要
       ⇒定時決定の対象となる

6-8月で算出∵6月から実際に新基本給で支給
       ⇒従前と比べ2等級あがる
       ⇒月額変更届必要
       ⇒定時決定の対象とならない

「差額が支給された月を変動月として差額支給月とその後の
引き続く2ヶ月で2等級以上差が出たとき」と考えると、今回の
場合は前者5-7月の報酬で判断し、定時決定を行い、随時改定は不要
と考えればいいのでしょうか?

長くなりましたが是非、補足お願い致します。

お礼日時:2007/06/13 17:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q差額遡及支払いと算定基礎

算定基礎の時期ですが・・・
私の会社では、4月度昇給で実質5月度から適用、4月度の昇給差額は5月度に支払います。
で、算定基礎は4・5・6月の給与で計算しますが、そのとき平均を出すのですから、特に5月に上乗せされている4月昇給差額は、4月に移して計算せずともいいですよね。基礎日数は日給月給者ですので30日か31日です。
月額変更届ですが、これは、昇給支払い月の5月からの3ヶ月で出すよう説明があったですが、間違いないですよね?
ってことは、7月度給与支払いの後、2等級以上上がった人の分を報告ですよね。もちろん5月に上乗せした4月昇給分は除いて。
なぜ、4・5・6月で月額変更出しちゃいけないんでしょう?
余談ですがFD提出だと、チェック用の紙を印刷すると大変膨大になりませんか?去年すごかったんですけど。手書きは大変だけど、あんなに紙は使わなかった・・・。

Aベストアンサー

まず算定基礎届について

4月昇給であるものの、実際に昇給したものが支払われた月が5月であり、なおかつ4月に支払うべき昇給分も遡及して5月に支払っているわけですから、修正平均を出さなければなりません。

例1
1万円昇給したものが、5月に支給され、4月分までさかのぼったものとする。

4月 180,000円
5月 200,000円
6月 190,000円
遡及支払額 10,000円
昇給差額  10,000円

合計   570,000円
平均   190,000円
修正平均 186,666円

修正平均に基づき、標準報酬月額は190千円

となります。


次に月額変更届ですが、月額変更届を5・6・7月で提出するという根拠は法律にあります。

健康保険法
第43条 保険者は、被保険者が現に使用される事業所において継続した3月間(各月とも、報酬支払の基礎となった日数が、20日以上でなければならない。)に受けた報酬の総額を3で除して得た額が、その者の標準報酬月額の基礎となった報酬月額に比べて、著しく高低を生じた場合において、必要があると認めるときは、その額を報酬月額として、その著しく高低を生じた月の翌月から、標準報酬月額を改定することができる。

となっていますので、「その者の標準報酬月額の基礎となった報酬月額に比べて、著しく高低を生じた場合において、」と言う部分は、「固定的賃金が変動したものが実際に支払われた場合において」という意味合いに解釈されています。
ですので、ご質問の場合は昇給した賃金が、実際に支払われた月は4月ではなく5月ですので、5・6・7月にて平均をとらなければなりません。
そして、その平均が従前の標準報酬月額よりも2等級以上あがった場合は、月額変更の対象となります。

例2
従前の標準報酬月額が180千円とし、2万円昇給したものが、5月に支給され、4月分までさかのぼったものとする。

5月 220,000円
6月 200,000円
7月 200,000円
遡及支払額 20,000円
昇給差額  20,000円

合計   620,000円
平均   206,666円
修正平均 200,000円

修正平均に基づき、標準報酬月額は200千円
となり、8月分の標準報酬月額から変更となります。
なお、月額変更の場合は、この3ヶ月間の支払基礎日数は20日以上でなければなりません。

参考URL:http://www.otasuke.ne.jp/jp/kihon/roumu_getsuhen.html

まず算定基礎届について

4月昇給であるものの、実際に昇給したものが支払われた月が5月であり、なおかつ4月に支払うべき昇給分も遡及して5月に支払っているわけですから、修正平均を出さなければなりません。

例1
1万円昇給したものが、5月に支給され、4月分までさかのぼったものとする。

4月 180,000円
5月 200,000円
6月 190,000円
遡及支払額 10,000円
昇給差額  10,000円

合計   570,000円
平均   190,000円
修正...続きを読む

Q定時改定と随時改定、どっちをとる?

H24年度の定時改定で標準報酬月額が15万円となった社員がいます。以降、その社員の給与は基本給15万円のみで、その他の変動給は一切ありません。
H25年になり、4月、5月に超勤手当(変動給)がそれぞれ3万円支給されました。
6月には、超勤手当3万円のほか、4月に基本給が17万円に定期昇給したということで、4月、5月分の差額各2万円の遡及支給を加え、結局6月の給与は24万円(=17+2+2+3)となりました。

この場合、7月初旬に提出する算定基礎は、
・4月=18万円(=15+3)
・5月=18万円(=15+3)
・6月=24万円(前掲)
・平均=20万円
となり、定時改定により9月から標準報酬月額が20万円となることが予定されます。

一方、当該社員の7月、8月の給与は、超勤手当が無かったため、それぞれ17万円でした。
ところで、この社員は、6月に定期昇給の差額を遡及支給されていますので、9月の月変に該当するかチェックする必要があります。
・6月=20万円(=24-2-2)・・・遡及支給分は除外する必要がありますね。
・7月=17万円
・8月=17万円
・平均=18万円
となり、従前の15万円と比較して3等級のアップとなりますので、9月の月変に該当し、標準報酬月額は18万円と計算されます。

そこで質問ですが、この社員の9月からの標準報酬月額は20万円なのでしょうか、それとも18万円なのでしょうか。
多分20万円が正解だと思うんですが、根拠(条文)はどこにあるのでしょうか。
ちなみに、7月、8月に多額の超勤手当が発生すれば、今度は逆に月変による標準報酬月額の方が20万円よりも高くなりますよね。

定時改定と随時改定のタイミングのガッチャンコ(一般的には9月)、いずれのケースも、「高い」方を採用するんでしょうかねぇ?。そしてその根拠はいずこに・・・?

実務経験者もしくは専門家の方、よろしくお願いします。

H24年度の定時改定で標準報酬月額が15万円となった社員がいます。以降、その社員の給与は基本給15万円のみで、その他の変動給は一切ありません。
H25年になり、4月、5月に超勤手当(変動給)がそれぞれ3万円支給されました。
6月には、超勤手当3万円のほか、4月に基本給が17万円に定期昇給したということで、4月、5月分の差額各2万円の遡及支給を加え、結局6月の給与は24万円(=17+2+2+3)となりました。

この場合、7月初旬に提出する算定基礎は、
・4月=18万円(=15+3)
・5月=18万円(=15+3)
・6月=24万円(前...続きを読む

Aベストアンサー

横から失礼します。
なんかバトっているようなので・・

H25の算定基礎届は、
4~6月の支給額を基に決定された「20万円」=H25.9定時決定

H25.6に遡及昇給があったことで、随時改定の対象。
6~9月の支給額を基に計算すると「18万円」=H25.9随時改定

随時決定の該当・非該当は、
従前の月と2等級以上の差があるときなので、
従前H25.8の「15万」(H24の定時決定等級)と比較して2等級あがっているので該当。

よって、
H25.9は、定時決定より随時改定が優先され「18万円」になるハズです。

※質問者さんのおっしゃるとおり、
 遡及昇給した場合は、実際の昇給月(4月)ではなく、実際に支給した月(6月)を固定給変動とみなし、そこから3カ月で月変計算。
 遡及昇給の分(6月に支給した4・5月の差額分)は、6月賃金からはもちろん除いてOK。
 という認識でOKです。


年金事務所へ問い合わせればすぐ教えてくれると思いますので、
疑問点は、年金事務所や健保組合等へご確認ください。
(引続きの回答はしないつもりです)

Q算定基礎届と月額変更届について

5月に昇給しました。5月、6月、7月で2等級以上上がるか下がる(月変対象者)か計算してみないとわからない場合は、算定基礎届をとりあえず全員分提出しないとならないのでしょうか?

Aベストアンサー

とりあえず4・5・6月の算定基礎届を提出してください。
その後、5・6・7月で2等級以上上がるか下がる人がいる場合は8月に月額変更届が必要となります。
ただし、このときに算定基礎届の取り消しの届出が都道府県によっては必要となりますので、一応管轄の社会保険事務所に聞いてみたほうがよろしいかとおもいますよ。

補足として、下記に該当される方が月額変更届に該当します。

1.固定的賃金が上がって、その後の3ヶ月間の給料の平均が2等級以上上がっている方
2.固定的賃金が下がって、その後の3ヶ月間の給料の平均が2等級以上下がっている方

該当しない方は
1.固定的賃金が上がったにもかかわらず、その後の3ヶ月間の給料の平均が2等級以上下がっている方
2.固定的賃金が下がったにもかかわらず、その後の3ヶ月間の給料の平均が2等級以上上がっている方
3.月額変更届に記載すべき3ヵ月のうち、一月でも支払基礎日数が20日未満の月があるとき

こちらに該当する方は算定基礎届での改定となります。

Q65歳以上失業保険と厚生年金同時にもらえますか

失業保険がもらえるのでしょうか?
減竿65歳ですでに年金をもらいながらパートで働いています4月の契約更新で更新が出来ないと言われました。
65歳までは失業保険をもらうと年金が停止されるとの事ですが65歳以上でも同じでしょうか?
そして半年ほど前から失業保険料が給与より引かれていません、厚生年金は引かれています。

Aベストアンサー

・65才以上で退職された場合は、失業給付は受給できませんが
 高年齢求職者給付金が一時金として支給されます
 その場合、老齢厚生年金は通常通り支給されます
・高年齢求職者給付金の支給については、下記を参照して下さい
http://tt110.net/13koyou2/P2-kourei-kyuusyoku.htm

Q10進法で時間の計算で30分が0.5だったら、その計算方法が分かりませ

10進法で時間の計算で30分が0.5だったら、その計算方法が分かりません、教えてください。

Aベストアンサー

例えば、180分は何時間でしょうか?
60,60,60で3時間。つまり、180÷60で3時間と
やりませんか?

分が60より小さくても同じことです。60で割れば分の単位から
時間の単位にかえることができます。

ただ、6の倍数になってない10分とかは割り切れないので、その
ようなときは普通、分数で 10÷60→10/60→1/6 の
ように表すことが多いと思います。

Q健康保険は何歳まで払うのでしょうか?

年金は60歳まで払えばいいのですよね?

例えば、60歳になって会社を退職した場合
健康保険はもう払わなくていいのでしょうか?

退職後誰かの(息子など)の扶養になれば払わなくていいけど
誰も扶養してくれないなら、死ぬまで払わなくちゃいけないですか?

Aベストアンサー

正確には、年金保険料の納付義務が60歳で終わるのは国民年金だけです。
厚生年金保険の年金保険料は70歳迄納付義務があり、60歳超で加入しながら受給する場合在職老齢厚生年金として併給調整を受けます。
健康保険については生涯何等かの保険制度に加入し、その保険料を負担します。通常、退職した場合国民健康保険に加入します(退職から2年間を限度に職域の健康保険に任意加入出来る制度もあり、退職金等で国保保険料が跳ね上がる危険に備える事が出来ます)。また75歳になると後期高齢者医療制度に全員加入します(引き続き継続して就労していても強制移籍。但し傷病手当金の規定が無いので75歳以上継続雇用の場合注意が必要です)。


人気Q&Aランキング