出産前後の痔にはご注意!

チオ硫酸ナトリウムの標定をヨウ素還元反応を用いて行ったのですが
いくつかの疑問ができたので、教えて頂きたいです。

(1)まずヨウ素酸カリウムにヨウ化カリウムと希硫酸を加えたのですが、この時酸化還元反応が起こり、ヨウ素が発生したと考えています。
そのため溶液は褐色になりました。ですがヨウ化カリウムを加えた時点で
溶液は淡黄色を示しました。これもヨウ素によるものだと考えたのですが、
この酸化還元反応は硫酸酸性化でしか起こらないのではないんでしょうか?

(2)その後発生したヨウ素をデンプンを指示液としてチオ硫酸ナトリウムで滴定を行ったのですが、
そもそも最初から直接ヨウ素とチオ硫酸ナトリウムの二つを用いて滴定することは不可能なのでしょうか?

(3)同様の操作を最初のヨウ素酸カリウムを用いず(代わりに蒸留水)に空試験を行った
のですが、この時もデンプンを加えると淡青色を示しました。
ヨウ素酸カリウム無しでヨウ素が発生する事などありえるのでしょうか?

疑問が多く申し訳ないのですが、調べても見つからなかったので回答が頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(2)…そもそも最初から直接ヨウ素とチオ硫酸ナトリウムの二つを用いて滴定することは不可能なのでしょうか?



ヨウ素の定量としてなら可能でしょう。
いまは、「チオ硫酸ナトリウムの標定」ですから、一次標準として、揮発性、かつ腐食性の強いヨウ素を天秤で秤量することは誰しも避けたいと思うでしょう。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
わかりやすい回答ありがとうございました。
確かにヨウ素を精秤する事は難しいですね…
疑問が解けました。

お礼日時:2007/07/03 21:10

1.べつに硫酸じゃなくて塩酸とかでも大丈夫だと思います。


なぜ酸性にするかはヨウ素酸イオンの反応式をかいて考えましょう。
プロトンに注目

2.よくわかりません。ヨウ素の標準溶液があればできると思いますが…
私もこのような標定を学生実験で行ったのですがそのときは
ヨウ素酸カリウム標準溶液を使ってチオ硫酸ナトリウムを標定できないのかな?と考えました。ちなみにこれは無理です。

3.ヨウ化物イオンが不純物とかによって酸化されればヨウ素となります。
酸性が強い場合には空気の酸素によって
4H+ + 4I- + O2 → 2I2 + 2H2Oという感じに酸化されるそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
1,3共にわかりやすい回答ありがとうございました。
疑問が解けました。

お礼日時:2007/07/03 21:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヨウ素滴定の実験で

ヨウ素実験での質問なのですが、KIO3とNa2S2O3の作り方が違うのは何故なのですか??KIO3が一次標準液で、Na2S2O3が二次標準液だということは分かるのですがそこから先の詳しいことが分かりません。
あと、KIO3 + ヨウ化カリウム + 酢酸 の溶液にNa2S2O3をつかって滴定していくときに、なぜ淡黄色になってからデンプン溶液をいれて、さらに青色が消えるまで滴定するのは何故ですか??よかったら教えてください。

Aベストアンサー

ヨウ素酸カリウムは純度が高いものが作れる。吸湿性が少ない。チオ硫酸ナトリウムは吸湿性(潮解性)あるので秤量中に空気中の水分を吸い正確な秤量ができません。故に、ヨウ素酸カリウムを一次標準液とする訳です。また、ヨウ素酸カリウムの価格はチオ硫酸ナトリウムより高いので価格の安いチオ硫酸ナトリウム溶液を大量に作成できるので二次標準液とします。

でんぷん指示薬を終点間際に加えるのは
 最初からでんぷん指示薬を入れておくと溶液が酸性のためでんぷんがある程度加水分解されて分子量が小さくなり、終点間際のヨウ素でんぷん反応の発色が赤紫~赤になり見にくくなります。赤紫→無色の変化より青→無色の変化の方が見易いので溶液の色が淡黄色になってからデンプン溶液をいれます。

Qチオ硫酸ナトリウム液調製時に炭酸ナトリウムを加える理由

こんにちは。
「チオ硫酸ナトリウムを加える理由を答えよ」という課題が出されました。初歩的な質問かもしれませんが、理由がまったく分からないので教えて下さい。

Aベストアンサー

この場合、状況は関係なく、チォ硫酸ナトリウム液を作る場合の一般的事項です。

アルカリ性にしないと、チオ硫酸ナトリウムの水溶液は、
硫黄が遊離してくるため、調整した液の濃度が経時的に変化します。

それを防ぐために、炭酸ナトリウムを入れます。

販売されている規定液は、安定化剤として、イソアミルアルコールが添加して有ります。

Q本試験と空試験

容量分析における、この2つの用語のきちんとした説明ができません。
できる方、おしえていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは 何方からも解答が無いので、浅学を省みず、、、
 容量分析で言う空試験は、2つに大別されます。
 まず、「逆滴定」の場合
 過剰な反応試薬を加えて一定時間置き、次いで反応し残った反応試薬を滴定するものですが、この場合の「空試験」は、試料を加えない、反応試薬のみの分析をいいます。「本試験」は試料を加えた場合です。
 一方、普通の滴定では、試料を加えたものを「本試験」(と言う言い方は、自分には馴染みが無いのですが)と言い、この場合の「空試験」の意義がaitatataさんには解からないのでしょうか。
 試験に用いる試薬に不純物が有り、本試験に対してマイナス又はプラスに作用する場合が、まま有ります。
 この、不純物によるズレを補正するため、「空試験」を行います。 つまり、試料を用いないで、「本試験」と全く同じ操作を行う訳です。
 

Qヨウ素価分析・チオ硫酸ナトリウムのファクターの求め方

ヨウ素価に使用するチオ硫酸ナトリウム(ハイポ)のファクターの測定、算出方法の原理がわかりません。

(1)KIO3(99.96%)を乾燥、放冷後1.7833g量り、500のメスフラにて水でメスアッフ(0.1Nヨウ素酸カリウム標準液)
(2)(1)を25mlをフラスコにとり、KI 2g、17%硫酸5mlを加え5分放置
(3)(2)を0.1Nハイポ溶液で滴定(デンプンを指示薬)
(4)同時に空試験を行い、ファクターを算出する

計算方法:ファクター={KIO3秤量値(g)×25ml×6×1000ml}/{KIO3希釈量(ml)×KIO3分子量(214)×(滴定量ml-BL滴定量ml)×0.1}

化学がとても苦手です。
大変申し訳ありませんが、どなたか回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

話を分かり易くするためにとりあえず空試験を無視して「BL滴定量」を0とします。

fをファクタとしてハイポ水溶液の濃度を[Na2S2O3]=0.1f(M)とします。

KIO3 + 5KI + 3H2SO4 → 3I2 + 3H2O + 3K2SO4
I2 + 2Na2S2O3 → Na2S4O6 + 2NaI

2つの反応式から1molのKIO3に対して、3*2=6molのNa2S2O3が反応します。すると、

{KIO3の質量(g)/分子量}*{取り出した量(ml)/希釈量(ml)}*6
=(反応するNa2S2O3の物質量)=0.1f*{滴定量(ml)/1000(ml)}
が成り立つから、fについてまとめてみましょう。

理解できたら空試験を考慮した場合を考えます。
これはKIO3により生じたものではないI2を考慮する為に行うと考えてくらさい。

Qチオ硫酸ナトリウム溶液の調製方法について

0.1Mのチオ硫酸ナトリウム溶液の調製方法について、2点質問があります。

 (1)無水の炭酸ナトリウムを添加しますが、これは何のためでしょうか?
 (2)0.1Mの溶液を調製するために必要な、チオ硫酸ナトリウム5水和物及び、無水炭酸ナトリウムのg数はいくらですか?算出方法がわかりません。

以上、2点について、どなたかわかる方がいらっしゃいましたら、
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)炭酸ナトリウムを加えて液をアルカリ性にするためです。アルカリ性にしないと、経時的に硫黄が遊離し、濃度が変わるためです。

(2)チオ硫酸ナトリウム五水和物24.8 g及び無水炭酸ナトリウム0.2 gに新たに煮沸して冷却した水を加えて溶かし,1000 mLとする。
ただし、標定して、正確に濃度(ファクター)を求める必要があります。

Qチオ硫酸ナトリウム溶液の標定

チオ硫酸ナトリウムを標定するために、ヨウ素酸カリウムにヨウ化カリウム溶液を加えました。この際黄色になりますよね?この色になる物質って何になるんですか?あと、一回目と二回目の色の濃さが違いました。二回目の方が明らかに濃かったのですがこれはどうしてでしょうか?滴定量としてはあまりかわりはなかったのですが…教えてください!

Aベストアンサー

ヨウ素滴定と呼ばれるものなのでヨウ化カリウムがヨウ素酸カリウムで酸化されて出てきたヨウ素の色ですね。色は結構微妙なのであまり気にしないでいいと思うんですが、そんなに明らかだったならでんぷんがちょっとついていたとかですかね。

Qチオ硫酸ナトリウムと希硫酸の化学反応について

チオ硫酸ナトリウムと希硫酸が化学反応すると何ができるのでしょうか?化学反応式を教えてください。ちなみに、できた液体は白濁しており、刺激臭がありました。危険性がわからないので、対処に困っています。どなたかぜひお教えください。

Aベストアンサー

チオ硫酸イオンは酸性化では分解してイオウの沈殿と亜硫酸水素イオンになります.
白濁は沈殿したイオウです.
刺激臭は強酸性にしたために亜硫酸イオンからさらに亜硫酸ガス SO2 が遊離してきたのでしょう.

S2O3(2-) + H(+) <=> S↓ + HSO3(-)
HSO3(-) + H(+) <=> H2SO3 <=> H2O + SO2↑

したがって,チオ硫酸塩は通常はアルカリ性で使います.弱酸性くらいなら,亜硫酸塩を高濃度に共存させることで,一番目の式の平衡を左に傾けてやればイオウの遊離を抑止できます.しかし強酸性下では分解を抑止することはほとんど不可能です.

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Qチオ硫酸ナトリウム標準溶液の調整

質問は二つあります。

一つ目は、ヨウ素適定において、チオ硫酸ナトリウムで滴定する際に、直接ヨウ素を加えるのではなく、ヨウ化カリウムからヨウ素を遊離させるのはなぜかということです。ヨウ素が水に難溶でイオンの形になりにくいからなのでしょうか。

もうひとつは、チオ硫酸ナトリウムを調整するときに、炭酸ナトリウムを加えたり、二酸化炭素を含まない水に溶かす理由はなにか、ということです。どちらも「炭酸」が共通するので、炭酸と反応して別の物質にでもなってしまうのでしょうか?

図書やウェブで調べてみましたが、納得のいく答えは導き出せませんでした。回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヨウ化カリウムを入れる場合は、
酸化されて、ヨウ素になった量を測定するためで、
それにより、酸化性物質の量を知ることが出来ます。

チオ硫酸ナトリウムは、酸性では、硫黄を発生し、濃度が変化するためです。希釈する際に加える水は、溶存酸素を抜くためです。

Qチオ硫酸ナトリウムとヨウ素の反応についてなんですが、ヨウ化カリウムが褐

チオ硫酸ナトリウムとヨウ素の反応についてなんですが、ヨウ化カリウムが褐色で、しばらくチオ硫酸ナトリウムを滴下すると色が薄くなりますよね。このタイミングでデンプンを入れるって書いてあるのですがなぜ最初からデンプンを入れちゃダメなのですか?

Aベストアンサー

ヨウ素はデンプンの鎖の中に巻き込まれる付加物を作ります。
…と書こうと思いましたが、良いサイトがあったので引用します、↓
http://www.jsac.or.jp/bunseki/pdf/bunseki2007/200705kougi.PDF


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング