これからの季節に親子でハイキング! >>

現在地区図書室でボランティアをしています。
ボランティアによる運営のためか、理由はわかりませんが
図書館司書はいないようです。
それならわたしが取ろうかなと思うのです。
短大卒なので、来年講座を受けたいのですが
価値のある資格なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

資格取得者です。

実際に司書資格を活用しているわけではないので確実なことはいえませんが、資格取得のさいにしっかり勉強したのでそれなりに知識はあるつもりです。
司書資格が将来、たとえば就職のさいに役に立つかどうかと言われれば残念ながら有用性はほぼゼロです。
将来性を考えたうえでの資格取得を目指すなら今の時代、資格はたくさんあるのでもっと別の資格取得を目指すべきです。
図書館司書は期間にしてがんばれば夏休みを全部つぶせば誰でも取れる程度の資格です。ただ、そこまでしてとる価値がある資格かと言われれば非常に疑問ですね。

今の図書館は、基本的に司書資格がなくても働けます。日本という国自体が残念ながら、図書館で働く人を本の貸し出し係ほどにしか見ていないという現状もあり、決して図書館員が日本全体の中で高度な専門員とは見られていません。ですから、資格がなくても働けるのです。反面で、昔は手作業でこなしていた多くの業務も今はパソコンが主体になってきました。これも図書館にとって致命的なものです。人が十分たりています。

実際の図書館業務は、多岐にわたる利用者のニーズを口頭でうまく聞き出しながら、その人の要望に見合った最適な本を紹介するレファレンス業務など、専門資格がないと難しい業務もありますが、それさえ利用者にはほとんど認知されていない仕事なのでさほど必要視されていないのです。

昔はこの限りではなかったようです。ただ現在の図書館は、入れ替わりが非常に少なくて、たまに司書資格保持者を募集する若干名の枠に数百人が応募するのも珍しくないほどの難関ですし、多くの場合、アルバイトやパート、小さな図書館であればボランティアなどで占められ、資格は必要なく、当然給与面もあまり期待できないです。

私が資格を取得したのは大学を卒業したわずか数年前のことですが、この資格をとるためにかけた労力を別の分野で注ぎたかったです。
今、図書館でボランティアをしているということですが、そこでどうしても必要だと感じるなら取得を目指してもいいと思います。確かに専門知識を有した人は他のボランティアとは知識も行動面でも必ず違いがでてきますし重宝もされることでしょう。ただ、裏を返せばただのボランティアでそこまで本気になる必要があるのかどうかです。
一般の企業の多くは司書資格の有用性をまったく見ません。せいぜいこじつけで情報収集力をアピールする材料になったり、たまに企業の資料関係を管理統括するような特別なポジションを司書資格があるからということで任されることもあるようですが、それも稀な話です。

また私の場合、大学在学中にたまたま司書資格講座が開講されていたのでそれに便乗する形で取得したことにより自分の大学が開校している講座だからと受講費2万円ほどで済みました。ですが、司書講座を開講していない他大学や、社会人が受けようとするとけっこうな費用がかかるはずです・・・。詳細は個別なので存じませんが費用を調べてからのほうがいいですよ。科目も必要科目選択必須科目合わせて20科目ほどあったはずですし、別に教科書代、参考書代などかかってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2007/07/10 16:03

司書にならなければ価値がほとんどない資格です。

直営図書館が減る中で、司書もアウトソーシングが増加しています。就職口も少ないです。
 ただ、司書の仕事が好きなら、取ればいいと思います。
    • good
    • 0

昔の会社の先輩が図書館司書をしています。


パートなのですが、短大の国文科の頃に、司書の資格を取得しておいて、会社員時代を経て、現在の仕事に就いています。
結婚されても、仕事したいと言う時に生かせる資格なので、取得しておいた方がいいと思います。
卒業した後でも取得できるのですか。
私も短大卒なのですが、資格を与える勉強は一切させないと言う大学だったので、教員資格も司書資格も何も持っていません。
国文科なら、持っていたほうがいいと思います。

この回答への補足

卒業後でもとれるみたいです。
また国文科でなくても、指定の講座や、通信制大学等で単位を取れば資格をとれるようです。
わたしは生活科学科でした。

補足日時:2007/07/06 18:26
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今から図書館司書の資格を取って就職する事は可能でしょうか?

今から図書館司書の資格を取って就職する事は可能でしょうか?
現在25歳のアルバイトです。
大学在学中からある病気で入院し、諸々の費用の問題から大学は中退しました。
その後、何度か入退院しながら通信制の大学をなんとか卒業出来ましたが就職活動はしていません。
現在も通院は続けていますが出来ればきちんと就職したく、自分に出来る事、また、したい事を考えた結果、司書を目指したいと言う結論になりました。
しかし、以前司書について質問させて頂いた際に就職口が全く無いと知ったので、夏中に図書館司書の資格を取りたいと考えているのですが費用が20万程かかるので躊躇しています。
今の所、通信大学の学費や入退院費の返済生活費などで厳しい状態なので迷っています。
勿論司書の費用は自分で出すつもりですが、資格を取った後に就職出来なかった場合を考えると悩んでしまいます。
また、取得には二ヶ月程かかる為、その間バイトは辞める形になり収入が無くなるので貯金だけが頼りになると言う状態になります。
学費や治療費の大半を両親に手伝って貰っているので、これ以上は負担はかけられません。
就職出来る可能性の低いやりたい仕事を目指すか、それても他の就職先を探した方が良いでしょうか?
司書資格を取って就職出来る可能性がどれくらいあるのかが知りたいです。
どうぞ宜しくお願い致します。

今から図書館司書の資格を取って就職する事は可能でしょうか?
現在25歳のアルバイトです。
大学在学中からある病気で入院し、諸々の費用の問題から大学は中退しました。
その後、何度か入退院しながら通信制の大学をなんとか卒業出来ましたが就職活動はしていません。
現在も通院は続けていますが出来ればきちんと就職したく、自分に出来る事、また、したい事を考えた結果、司書を目指したいと言う結論になりました。
しかし、以前司書について質問させて頂いた際に就職口が全く無いと知ったので、夏中に図...続きを読む

Aベストアンサー

地域によって違うでしょうが、今は図書館は派遣登録(つまりは派遣職員)として
の募集がかなり多いみたいです。公共図書館よりも大学図書館の募集が多いような印象を
自分は受けていますが・・・。
都市部では都道府県や市町村の専門職(司書)の正職員の採用もあるのですが
このご時世、かなり公募は減ってきているようです。あるいは一般の(行政系の)職員から異動で
ってパターンも。専門職採用の場合は(いずれ図書館異動を希望して行政職を受験する場合も)
おそらく年齢制限があります。

こちらのサイトは司書の求人に関する情報が豊富ですよ。
他の求人サイト(または派遣会社等のサイト)と並行してご覧になることをおすすめします。

われわれの館
http://www5b.biglobe.ne.jp/~wir/
われわれの館分館・ブログ(こちらは図書館・司書の仕事に関するイベント情報)
http://librarian.at.webry.info/

参考URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~wir/

Q大学での図書司書の履修(長文です)

 私は、30~40歳ぐらいになって図書館でパートができればいいなと思って図書館司書の資格をとろうと思い大学で今履修しています。私の学校では司書の授業の課題が毎週あって、4月からも司書だけで週3回課題が出ます。
 
 司書の科目は4月からかなり多くなり、去年の冬には、なぜ自分が日文学科でもないのに図書館司書の資格をとっているのか分からなくなってしまい、授業も大変なので、4月からはやめようと思いました。

 しかし他大学の私の友達の中で、取れる資格はとる!!という子に出会いその子の話を聞くうちに、自分も図書館司書は大学でしかなかなかとれないし、とれるものは大変であっても頑張ってとるべきだという考えが出てきました。

 しかし今バイトを全くやっておらず、就活のためにもバイト経験がなければ採用されないと聞いたのでバイトを探しているのですが、4月から図書館司書の資格をとると本当に時間がなく、(課題が多いため)バイトも出来なくなってしまうかもしれません。短期なら出来るかもですが(>_<)

 図書館司書の資格をとっても、就活には役に立たないと思うし、とる時間を他の時間に当てられる(例えば、バイト、他の資格の勉強。。秘書検定、簿記、など)のでないかと思うと、本当に4月からも続けて履修するべきか迷ってしまいます。

 私は図書館司書をとり続けたほうが良いのでしょうか?何か思われることがあればなんでも教えて下さい。

 私は、30~40歳ぐらいになって図書館でパートができればいいなと思って図書館司書の資格をとろうと思い大学で今履修しています。私の学校では司書の授業の課題が毎週あって、4月からも司書だけで週3回課題が出ます。
 
 司書の科目は4月からかなり多くなり、去年の冬には、なぜ自分が日文学科でもないのに図書館司書の資格をとっているのか分からなくなってしまい、授業も大変なので、4月からはやめようと思いました。

 しかし他大学の私の友達の中で、取れる資格はとる!!という子に出会いその子の話...続きを読む

Aベストアンサー

司書の有資格者は多数存在しますので、非常勤・パートでも
”経験・スキルがあるか”あるいは”年齢が低く単価が安いか”
という点が採用のポイントになります。これは公共・大学・専門図書館
いずれでも同様です。
もし、”結婚し子育てが一段落、30過ぎて初めて図書館パートに
応募”程度の気持ちでいるのならば、採用する側からすれば
履歴書を見た時点で落としてしまうと思いますよ。

大学選択の時点で、4年間あるいはそれ以上(修士等)を
専門で、図書館学・図書館情報学を専攻する学生もいるので、
そのどちらの学科でもないという時点で、道がすでに
ずれています。(日文学科ですらずれています
/あなたの大学図書館司書に採用された以外に、
司書になった日文科卒業生はごく少数では)

それでも、図書館に職を得る可能性は0とは言えません。
運もありますから。。
時間がないなか、続ける覚悟があるなら勉強を
続ければ良いです。

将来あなたが”何の職種を目指したいか”の
気持ちを固めれば、どうすればよいのか決められると
思います。

Q教職に就かない人の教員免許の必要性について

来年度大学卒業予定ですが、教員免許を取得するか辞めるか決断を迫られています。(提出物の関係で)
これまで教員免許の取得を目指して来ました。
教員になるつもりはなく、卒業に必要なわけでもなく、取れるものは取っとけという気持ちからです。

大学の教授や教職関係のスタッフからは、「なるつもりがないならやめた方がいい」という意味のことをよく言われます。教員になりたくてそれを最優先できる人こそ受けるべき、就職したいならそれを優先させるべきだと。
友達も、教員になる気のない人は次々とやめていき、そういう人で取っている人はほとんどいません。
一方、親世代は「取れるものは取っとけ」みたいな感覚があるようで…。
気持ちとしてはやめたい方向に傾いています。
10年経つと失効しますし、今後やりたいことや人生計画(笑)を考えると、10年以内に教職に就くとも思えません。
資格なら他に取りたいものもたくさんあります。
あまり良いことではないと思いますが、建前上でも「教員になる!」という意志を表明すれば実習も免許の取得も許されはするみたいです。ただそこまでして取りたい気もしません。

現代において、教員にならなくても教員免許を持っていた方が有利な場面ってあるのでしょうか。
もしそういう場合があり、必要性を感じられたら続けたいとも思っています。

来年度大学卒業予定ですが、教員免許を取得するか辞めるか決断を迫られています。(提出物の関係で)
これまで教員免許の取得を目指して来ました。
教員になるつもりはなく、卒業に必要なわけでもなく、取れるものは取っとけという気持ちからです。

大学の教授や教職関係のスタッフからは、「なるつもりがないならやめた方がいい」という意味のことをよく言われます。教員になりたくてそれを最優先できる人こそ受けるべき、就職したいならそれを優先させるべきだと。
友達も、教員になる気のない人は次々とやめてい...続きを読む

Aベストアンサー

元大学関係者です。みなさんが書かれていることについてですが、No6さんの
おっしゃっていることが全てです。

以前は教員免許は取得すればそのまま有効だったのですが、現在では10年た
てば失効します。失効を防ぐためには免許状の更新講習を受けなければなりま
せん。これは前の安倍内閣のときに改正されました。この更新講習は普通は5
日間、大学等の所定機関において講習を受けなければなりません。当然費用も
自己負担です。

それに受講対象者が限られています。普通運転免許状のように免許をもってい
るものが全て受けられるわけではありません。受講対象者は下記の通りです。
(以下文科省hpより)

4.1 受講対象者(※新免許状・旧免許状共通)

 更新講習の受講対象者(講習を受講できる者)は、普通免許状又は特別免許
 状を有する者で、以下に該当する者です。
(1) 現職教員(校長、副校長、教頭を含む。ただし、指導改善研修中の者を除く)
(2) 実習助手、寄宿舎指導員、学校栄養職員、養護職員
(3) 教育長、指導主事、社会教育主事、その他教育委員会において学校教育
    又は社会教育に関する指導等を行う者
(4) (3)に準ずる者として免許管理者が定める者
(5) 文部科学大臣が指定した専修学校の高等課程の教員
(6) 上記に掲げる者のほか、文部科学大臣が別に定める者
(7) 教員採用内定者
(8) 教育委員会や学校法人などが作成した臨時任用(または非常勤)教員リスト
    に登載されている者
(9) 過去に教員として勤務した経験のある者
(10) 認定こども園で勤務する保育士
(11) 認可保育所で勤務する保育士
(12) 幼稚園を設置する者が設置する認可外保育施設で勤務している保育士

です。ですから普通で言えば一般サラリーマンは更新講習すら受講することが
できません。教員になりたいという意思が強ければいいのですが、そうでなけ
れば、時間の無駄です。

教員免許更新制(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/08051422.htm

参考URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/08051422.htm

元大学関係者です。みなさんが書かれていることについてですが、No6さんの
おっしゃっていることが全てです。

以前は教員免許は取得すればそのまま有効だったのですが、現在では10年た
てば失効します。失効を防ぐためには免許状の更新講習を受けなければなりま
せん。これは前の安倍内閣のときに改正されました。この更新講習は普通は5
日間、大学等の所定機関において講習を受けなければなりません。当然費用も
自己負担です。

それに受講対象者が限られています。普通運転免許状のように免許をもってい
る...続きを読む


人気Q&Aランキング