主人が労働災害で手術・入院し、自宅療養も含めて2ヶ月あまり会社を休んでいました。
その間の給料は、(会社がコンピュータ処理できた額)プラス、(後日労災保険法で入金される額の一時立替金)で(手書き明細書の額)になるように、支払いを受けました。
会社からは、個人口座に労災補償(休業補償・休業特別支給金)が入金されたら全額を会社に返すように言われたので、その通りにしました。

ところが、一時立替金を合算したところ、会社に返した上記の金額よりも少ないのです。
これはどのようなことが考えられるのでしょうか?
また、労災の補償金は課税対象になるのでしょうか?
なんだか損しているような気がして、詳しく知りたいと思っています。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

休業補償給付金は、次のような計算で支給されます。



休業補償給付は、業務上負傷し、又は疾病にかかった労働者がその療養のため働くことができず、そのために賃金を受けていない日が4日以上に及ぶ場合に休業4日目以降から支給される。
なお、休業の最初の日から3日間については、事業主が労働基準法上の休業補償を行う。

休業補償給付の額は、休業1日につき原則として給付基礎日額(原則として平均賃金相当額)の60%。(ただし、所定労働時間のうち一部休業した場合には、給付基礎日額から実際に労働した部分についての賃金額を差し引いた額の60%)したがって、請求に対する支給額は、次のように計算される。

○支給額=(給付基礎日額×60%)×休業日数(ただし、休業初日から3日間は含まない。)
○スライド制
休業補償給付にはスライド制の適用があるが、スライド制の適用があるときの支給額は、次の計算による。
支給額=(給付基礎日額×スライド率)×60%×休業日数
○最低補償額
労災保険における給付基礎日額の最低保障額は、平成8年12月現在、4,240円とされているところから、平均賃金に相当する額が4,240円に満たないときの給付基礎日額は、4,240円とされるため,1日当たりの休業補償給付の額の最低額は、4,240円×60%=2.544円となる。
○療養開始後1年6ヶ月経過者には、年齢別最低・最高限度額制が適用になる
療養開始後1年6カ月を経過した者に支給する休業補償給付に係る休業給付基礎日額については、年齢階層別最低・最高限度額制度が導入されている。
なお、この場合の年齢は、休業補償給付を受けるべき労働者の支給事由が生じた日の属する四半期の初日における年齢による。

○休業補償給付の受給権者には、休業の4日目から「休業特別支給金」の支給がある。

つまり、給料と同額にはならないのです。
会社が、どのようにして立替額を計算したのか、差額はどうなるのか、聞かれたほうが良いでしょう。
会社によっては、仕事の上でのことなので、休業補償との差額を何かの形で補填してくれるところもあります。

それから、労災の給付金には税金はかかりません。

不明な点は、補足願います。
お大事に。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変詳しく教えていただき、ありがとうございました。
会社によって対応が違うこともあるんですね。
やっぱり、きちんと会社に聞いてみようと思います。

お礼日時:2001/02/02 11:28

どのようなことかと言えば,「会社と労基署との計算が違った」ということ以外あり得ないです。



労基署の計算方法は労基署から通知が来たはずです。会社の計算方法は会社に聞くしかないです。

返す前にチェックすべきでしたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
しっかり確認することなく手続してしまったことが問題でした。
今度、会社に聞いてみようと思います。

お礼日時:2001/02/02 11:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労災保険の休業補償給付と傷病補償年金の支給要件

労災保険の休業補償給付と傷病補償年金の支給要件の違いについて教えてください。
休業補償給付の支給要件は、療養のため、労働することができないために、賃金を受けない日となっています。
一方、傷病補償年金は、療養開始後1年6月後以降に、負傷等が治癒せず、傷病等級に該当すれば、休業補償給付に代えて支給されることとなっています。

休業補償給付では必要なる要件「労働することができないために賃金を受けないこと」は、傷病補償年金では要件とならないのでしょうか?つまり働いて賃金を受けても傷病補償年金が支給されるということでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

少々専門的になりますが、傷病補償年金について、簡単に説明します。
この年金給付は、昭和51年に新設された保険給付で、従来の3年以上の長期傷病者に対する補償としてあった「長期傷病補償給付」の年金部分を発展させたものです。
すなわち、長期傷病者の症状は各々異なるのに、休業補償給付は給付基礎日額の60%の一律であり、これは障害の程度に応じている障害補償給付に比べ不均衡であること、また長期傷病者の実情から3年の経過は長すぎるとして1年6ヶ月の経過にされたのです。厚生年金保険の障害給付が1年6ヶ月であることにも合わせたのです。
この給付は休業補償給付に代えて支給されるものではなく、別個のもので、要するに重篤かつ治癒困難な長期傷病者に対して手厚い保護をしようとするものです。ただし、これが支給される間は休業補償給付は支給されません。

打ち切り補償は労基法の定めです。労災保険法ではこれに対応させて長期傷病補償給付があったのですが、傷病補償年金の新設により、この給付を3年受けると労基法の打ち切り補償があったものと見做されます。
ただし、労災保険給付は継続されます。

以上のように休業補償給付と傷病補償年金とは、その主旨が異なりますから、支給要件も異なります。傷病補償年金は傷病の療養のために失った労働能力をその程度に応じて填補するものですから、必ずしも「労働することができないために賃金を受けないこと」は要件になりません。現実としては、傷病等級に該当すれば、働いて賃金を貰うのは難しいでしょう。No.2さんのとおりです。
なお、傷病補償年金は月を単位として支給されますから、傷病等級に該当した翌日の1日から支給されます。それまでの半端な日については、休業補償給付が継続して支給されます。

少々専門的になりますが、傷病補償年金について、簡単に説明します。
この年金給付は、昭和51年に新設された保険給付で、従来の3年以上の長期傷病者に対する補償としてあった「長期傷病補償給付」の年金部分を発展させたものです。
すなわち、長期傷病者の症状は各々異なるのに、休業補償給付は給付基礎日額の60%の一律であり、これは障害の程度に応じている障害補償給付に比べ不均衡であること、また長期傷病者の実情から3年の経過は長すぎるとして1年6ヶ月の経過にされたのです。厚生年金保険の障害...続きを読む

Q労災保険「休業補償」の会社負担がある場合について 

休業期間中の最初の3日間は、会社が平均賃金の6割以上支払。
4日目以降、平均賃金の2割を支払続けています。
会社が6割以内なら支払っても休業補償が支給されると聞いておりますが(会社6割+政府6割+特別支給金2割=140%)

9月~休業
12月に賞与を支払う予定です。
満額支払った場合休業補償は打ち切られるのでしょうか?
6割以内ならOKなのでしょうか?

■賞与支給した場合の関係がわかりません…
どうぞよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

休業補償給付の額は、休業日1日につき給付基礎日額の100分の60です。
さらに休業給付基礎日額の100分の20の休業特別支給金が併給されるので、実質的な給付の総額は給付基礎日額の100分の80となりますが、これは休職されている間にまったく給料が支払われていない場合の給付率です。

当然給料が支払われていれば、その分を差し引いて支給しますので、受給できる金額は支給された給料を含めても100分の80を超えることはありません。

休んだほうが給料が高くなるのであれば、みんな業務中に怪我をして休んでしまいますよね。

なお、賞与についてはまったく関係ありません。
支払われる金額が、給付基礎日額という『事由の発生した日以前3ヶ月間に支払われた賃金総額』を、『事由の発生した日以前3ヶ月間の総日数』で除した金額ですので、賞与とはなんら関係ありません。支払われてもその分を労災の休業補償から差し引かれることはありません。

Q労災の休業補償給付(休業特別支援金)80%と会社の関わり方

只今、通院中で、自賠責の120万円の枠が切れそうなので、労災に切替えました。
休業損害についてですが・・・
労災からは労災の休業補償給付60%と(休業特別支援金)20%=80%、自賠責から40%の休業損害支給。
労災の休業損害は1ヶ月単位の請求になるわけですが・・・
(1)請求してから、一週間位で、支払われますか?
(2)労災の休業補償適応開始日と、休業補償の金額の確認は、
会社?労災基準監督署?どちらに確認でしょうか?

Aベストアンサー

1週間では支払われません。申請を出してからきちんと審査がありますから。。審査の上特に不可解な点などなければ請求してから約1ヶ月で支給です。でも年末年始がひっかかった今の時期のような場合1ヶ月以上かかる事もあります。でも必ずはがきでの通知がありますよ。通知が無いか切りは振り込まれていない事になります。


2の確認は労働基準監督署に聞いてください。会社に聞いても会社が再度労働基準監督所への問い合わせになりますから。

Q労災保険休業補償給付金の取扱いについて

御世話になります。

労災保険休業補償給付金の取扱いについて教えていただ
きたいのですが,この給付金は給与収入として取り扱わ
れるのでしょうか?
それとも,その他の雑収入として扱うのでしょうか?
ちなみに受給者は,パートタイマーです。

御存知の方がいらっしゃいましたら,御教授ください。

Aベストアンサー

>健康保険の標準報酬を算定するにあたり,
>該当月に支払われた給与を調べているのですが,

標準報酬月額は休業していればその月はそもそも算定根拠から外しますよ。

「報酬が支払われる日数が20日以上の月を算定の月に入れる」

です。該当しなければそもそもその月は排除します。

給付金は報酬ではありません。

Q労災の休業補償期間は医師の診断書通りでしょうか?

医師の診断で全治3か月の場合、
労災の休業補償も3か月と考えてよいでしょうか?

現在労災休業中です。
診断書を作成してもらい、全治3か月と書いて頂いたのですが、
これは労災も3か月間、休業補償が受けられると考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

診断書が限度ではありませんし、診断書に書かれている日数で完全に治るわけでもありません。

治療が終わった時、若しくは症状が固定された時、までが労災の担当範囲になります。

一般的に全治3ヶ月は、3ヵ月後から働けるではなく、1週間ほど安静にして、それ以降は制限を付けながら徐々に復帰して行くと言うものもありますし、3ヶ月と書かれていても、1年治療に掛かる事もあります。

労災の休業給付は、全治ではなく、働けない期間です。

Q労災→休業補償→障害補償給付について教えてください

二年前に仕事中ケガをしてしまいました。

現在、入院はもうしていませんが通院をしています。仕事も休んでいるため、休業補償給付を受けています。

そこで質問ですが
ケガをしてもうすぐ2年になりますが、休業補償給付は2年経過すると支給は停止されますよね?

現在、まだ治療進行中ですが、障害補償給付は受けられるのですか?
申請をしなくても所轄の労働基準監督署から申請用紙が送られてきますか?

Aベストアンサー

休業補償給付は、業務上災害での疾病で療養し、
働くことができず賃金を受けていない場合に給付されます。
2年というのは、請求しないでいると時効になってしまう期間のことです。

治療を続けているものの、1年半経過後ある一定の障害にある場合、
休業補償給付にかえて、傷病補償年金に切り替わることがあります。
そのため1年半経過時報告書を提出、
そして上の年金給付にあたらない場合、
その後毎月また別の報告書を提出することとなっています。
送られてもいないなら、労基署から取り寄せてください。

障害補償給付は治療がおわったときのお話です。
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/dl/040325-8.pdf

それぞれ、参考URLにあるパンフをご覧ください。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/040325-13.html

Q労災休業補償の待機期間について

労災休業補償の待機期間について

Aベストアンサー

休業補償給付は、
休業した日の第4日目から療養のため休業を要する期間支給されます。

休業初日から通算して3日間の待機期間は、
休業補償給付は支給されません。

http://rousai.mints.ne.jp/kyuugyou4.html

Q通勤災害(交通事故)で休業補償は、労災?任意保険?

現在も通勤災害で療養中です。10:0での被害者です。
10月の事故で即労災申請をしたのですが、審査中とかで労災がおりず(何度も当方から連絡しました)、今年になって1/5再度連絡したら2週間後に折り返しで労基から連絡があり、相手任意保険から休業損害がでたので、労災からは特別支給金(20%)のみ保険会社の支払った日数分を支給します、その後の支払いも保険会社の支払いを確認してから払うとの事でした。(労基からは本日初回分がやっと10月11月分のみ振込がありました。)
ちなみに保険会社も一切の支払がなかったため弁護士を通じてやっと1月8日に10月11月分のみの入金があった具合です。相手保険会社は不払い有名な所です。
まるで労基は相手保険会社が払うのを待っていたかのようです。
治療にはまだ時間もかかりそうなので、労災先行でスムーズに済ませたかったのですが、労基がこのような対応です。収入が全く無くなった昨年10月から今年1月入金までは本当に大変でした。

休業損害の支払はこのまま任意保険で、労災からは特別支給金の支払いにしておいてもよいのでしょうか? 
病院の支払いは労災で申請しています。

保険会社からの支払いは結局今年1月8日に10月11月分のみの支払いのまま、以降の支払いは案の定ありません。
労基へは毎月休業損害請求書(16号-6)は送付しています。
現在も復職できる状況ではなく1月末で解雇されてしまいました。今後のこともあり不安ですので、アドバイスお願い致します。

現在も通勤災害で療養中です。10:0での被害者です。
10月の事故で即労災申請をしたのですが、審査中とかで労災がおりず(何度も当方から連絡しました)、今年になって1/5再度連絡したら2週間後に折り返しで労基から連絡があり、相手任意保険から休業損害がでたので、労災からは特別支給金(20%)のみ保険会社の支払った日数分を支給します、その後の支払いも保険会社の支払いを確認してから払うとの事でした。(労基からは本日初回分がやっと10月11月分のみ振込がありました。)
ちなみに保険会社も一切の支払が...続きを読む

Aベストアンサー

>その後の支払いも保険会社の支払いを確認してから払うとの事でした。

であればこそ、保険会社の支払いを確認してからの支給です。このお役所の姿勢は、お役所に問いただしてもらうしかないでしょう。弁護士立てたならもう一仕事してもらいますか?

任意保険加入している加害者であれば、自賠責温存など意味がありません。窓口が任意保険会社なら、自賠責基準で立て替え払いして自賠責に求償するのでしかないからです。任意保険加入してない加害者であれば、労災も生きてくるのですが。すなわち、労災が治療費を含む面倒見て、加害者に求償します。今後とも任意保険会社が自賠責をこえた分を最終的に負担するので、労災は先行などせず模様眺めを決め込んでるのです。

特別支給金も、会社からの給与が出ない期間(もう解雇させられたのでこれから先いつまで給付されるのかは労基署に問い合わせてください)、かつ平均賃金の20%が対象でしょ。この分は、加害者(または保険会社)に求償対象でないなら、質問者さんへの給付は労災基準で続きます。

Q労災、休業補償について質問お願いします。

質問があります。
1・労災は申請してから何日くらいで認定されるんですか?
2・労災認定ならないと休業補償はもらえないんですか?認定まで半年かかったら半年間は無収入ってことになりますよね?
3・休業補償は怪我して休んだ次の日からの分がもらえますか?それとも病院に行った日からですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1について。
まず認定されるなら書類を提出すれはすぐにでも認定されます。
2について。もちろん認定されなければ休業補償はもらえませんよね。。

もちろん認定まで半年1年とかかる場合がありますがその間は
収入は0と言うことになります。
でも普通の怪我なら認定されないなんてことはありませんけどね。あるとすれば椎間板ヘルニアや精神的病などの場合です。明らかに仕事が原因だという証拠がありませんし、提示もできないですからね。要は遺伝的要素のあるものは認定されるまでにものすごく時間がかかるか認定されないかのどちらかです。
ちなみに私の弟ですが明らかに仕事が原因で椎間板ヘルニアになりました。
もちろん労働基準監督署も仕事の内容を見にきて納得の上でしたが結局認定されるまでに1年かかりました、。

3について怪我して休んだ日からではなく「待機3日」をおいてからです。
例えば今日怪我して仕事を休めば今日、明日、明後日は含みません。

Q労災休業補償もらえない

本当に困っています。どうか力になってください。

今年5月に工場で夜間作業中に感電し、病院に運ばれました。
気がついたらICUにいて、そのまま入院することになりました。
1週間ほどして病院のほうから労災の手続きをしてほしい。
と言われ 会社に連絡をとり 手続きをしてもらいました。
その後の診断の結果 左手が電撃症による神経麻痺!
ようは左手が動かないと言うことです。

その後社長から「首になりたくなかったら出勤しろ!」と言われ
出勤したのですが、会社に着くなり 怒鳴られ
社員全員に謝れと言われ謝り 仕事をもらえず 一日立ち尽くしていました。
さらには、リハビリにも行かせてもらえず、
ほかの社員から話を聞くと労災保険は使ってはいけない暗黙のルール
があったのです。
「ふざけんな!」と思いつつも動かない左手では、どこも雇っては
くれないと思い、ましてやこれから子供も生まれてくるので
耐えようと思いましたが、まだ手の皮膚が出来ておらず
痛みが強いのと、毎日社長からのいじめ.........
その日 嘔吐し、早退しました。
医師に相談したらリハビリに集中しないと「一生動かなくなるぞ!」
と言われ診断書にリハビリが必要な理由を書いてもらい
会社に提出し「リハビリに専念さしてください!」とお願いし休職し
現在{10月15日}もリハビリ中なのですが、
休業補償がもらえず困ってます!
会社に問い合わしたら社労士に聞いてくれと言われ 連絡をとり
休業補償の話をしたら「ずうずうしい」と言われ
処理をしてくれませんでした。
自分で調べて労基署に行き事情を話したら労基署の方が
会社に問い合わせてくれたみたいで 会社はすでに休業補償の書類を用意が出来てるとのことでした。
「???」
不思議に思いもう一度社労士に連絡をとったら
「勝手なことをするな!」と怒られ「2度と労基署にいくな!」と言われました。
休業補償の手続きはするから待て!と言われましたので待ちました。
{このときは、7月中旬でした。}
しかし1ヶ月経っても休業補償がもらえず もう一度社労士に
連絡をとったら激しく怒鳴られ 「まだ欲しいのか!」といわれました。
「手続きはしてくれないんですか?」と聞くと
「してやるから 待て!」と言われました。
なぜこんなに嫌がるんだろうと思い
他の社労士に相談に乗ってもらいました。

次の日すぐ連絡がきて、
するとこんな答えが返ってきました。
「手続きはしてあるみたいですが ちょっと問題が...」
出勤日数が会社の書類と自分の給料明細書で違う
だそうです。
ここでやっとわかりました!
ワークシェアリングです!
タイムカードを打っていい日と打っちゃだめな日があったのを
思い出しました。
「これがばれると困るから手続きが出来なかったんだ!」
と理由はわかったのですが 社労士に聞いても「難しいから
この件は、あきらめたほうがいいかも知れない」
と言われました。
{会社はワークシェアリングを利用し不正に助成金もらってました。
と言うわけがないから}


「とても悔しいです.....」


この5ヶ月生活費がなくて貯金をすべておろし 車も売り
正直もういっぱいいっぱいです。
いまだに手は動きません


もう打つ手はないのでしょうか?
アドバイスありましたらどうかお願いします。

本当に困っています。どうか力になってください。

今年5月に工場で夜間作業中に感電し、病院に運ばれました。
気がついたらICUにいて、そのまま入院することになりました。
1週間ほどして病院のほうから労災の手続きをしてほしい。
と言われ 会社に連絡をとり 手続きをしてもらいました。
その後の診断の結果 左手が電撃症による神経麻痺!
ようは左手が動かないと言うことです。

その後社長から「首になりたくなかったら出勤しろ!」と言われ
出勤したのですが、会社に着くなり 怒鳴られ
社員全...続きを読む

Aベストアンサー

法テラス(公的機関です)へ相談してください。
そして労働事件に強い弁護士を探してください。
(弁護士なら誰でも良いわけではない。それぞれ得意分野がある。
仕事が欲しいだけの無能弁護士には特に気をつけて)

法テラスではあなたにかわって弁護士に支払いをしてくれます。
そしてあなたは法テラスへ分割で費用を返すので、月に1万円でも弁護士への依頼が可能です。
これは重大な労働事件です。
泣き寝入りせずに、早く法的な手続きを取ってください。

また、リハビリは早期でないと効果がありません。
状態が分かりませんが、右手で左手の動作を補助しながら自分で動かそうと毎日やってください。(自動介助運動と言います)
こうすることで改善するはずです。実際のリハビリも同じようなことをするはずです。
皮膚ができていないなら無理せずに痛みのない範囲でやってください。

最悪の場合は、身体障害者手帳を取得して、身体障害者枠での就職を考えてください。

参考URL:http://www.houterasu.or.jp/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報